FuzeX(FTX)暗号通貨と往来の資産を一つのEカードに統合する支払いソリューション

0
1,174 views

 

FuzeXとは

FuzeXは現時点での支払方法に革命を起こすことを目指しています。

FuzeXのFuzeXカード、ウォレット、エコシステムでは、リアルタイムで暗号通貨を交換することができます。これにより、いつでもどこでも好きな場所で暗号を使うことができます。

問題点とソリューション

FuzeXプロジェクトが焦点にあてているのは、現在の暗号通貨に関するユーザビリティの問題です。

暗号通貨の購買、移転、交換の活動は複雑かつ遅く、不安定であり、現実的なユーザビリティの問題は、多くの企業がこの課題に取り組んでいます。

現に昨年だけでも数々のブロックチェーン企業が参入しており、一見論理的なプリペイドプラスチックカードソリューションでアプローチしていますが、その使用例は数少ない暗号化に限られており、少数の商人に限られているため、採用が妨げられています。

そこで、FuzeXは、標準的なアプローチを超えたソリューションを提示します。

FuzeXソリューションは革新的なユーザーエクスペリエンスの提供と改善を目指す

チームは、FuzeXエコシステムを導入してユーザビリティの問題を解決します。

FuzeXチームは、すべての形態の通貨支払いを安全で信頼性があり、ユーザー/商人にとって使いやすいものにするよう努めています。ブロックチェーン技術とその革新的な金融ソリューションが広く受け入れられるにつれて、暗号通貨はこれまで以上に「お金」として認識されるようになりました。

BitcoinやEthereumのような暗号通貨はすべて、「お金」を助ける以下の特性を共有します。しかし、「お金」の使いやすさという点では、暗号通貨は深刻な課題に直面します。

実際、ビットコインの送金手数料がかなり高くなっていることは明白であり、最近ではイーサリアムも送金つまりや送金手数料の高騰に悩まされています。

そこで、FuzeX Card&FuzeX Walletは、よりスマートな支払いソリューションを提供します。

プロジェクト目標は、暗号化、デビット、クレジット、報酬でより簡単に、はやく、支払いを実行することです。

FuzeXエコシステムの特徴

FUZEXエコシステムはユーザビリティだけでなく様々な特徴を持っています。

  • 簡単なストレージ
  • 代替可能
  • ユーザビリティ
  • 偽造困難
  • 希少性
  • 移転性
  • 分裂性

世界中いつでもどこでも使える

リアルタイムの為替レートは、いつでもどこでも好きな場所で暗号化を使うことができます。

シンプルである

支払方法としては、電子ペーパーディスプレイ上の暗号通貨、デビット、クレジット、およびアカウント内の報酬などが選択できます。

豊富な種類と利便性

最大15個の暗号化アカウント、10個のクレジットカードまたはデビットカード、5個の報酬カードをすべて1つの特有の電子カードに保存できます。

安全である

二要素認証、紛失防止、カード上のキーコードにより、安心してご利用いただけます。

リアルタイム交換

FuzeXエコシステムは、暗号通貨と現金通貨のリアルタイム交換を提供します。

つまり、オンラインウォレットとポケットに入れられている財布とのギャップを橋渡しできるようになります。

一般的な他のプロジェクト同等の機能が使えます。手順は以下です。

FuzeXカードでの支払い手順

ステップ1
あなたのFuzeXカードで希望の暗号化を選択してください。次に、口座残高とリアルタイムのコンバージョン率を通常の通貨で表示します。

ステップ2
あなたのFuzeXカードを商人に渡してください。商人はあなたのFuzeXカードを通常どおりに挿入し、POS端末は関連する発行者に要求を送信します。

ステップ3
発行者はFuzeX Exchangeを介して、お客様の口座に十分な金額のファンドをすぐにチェックします。十分な資金があれば、支払いは承認されます。そうでない場合、支払いは拒否されます。

ステップ4
商人は支払い承認を受け取り、支払いは完了です。 FuzeX Walletから礼儀購入の要約を受け取ります。

FuzeXのプロダクト

FuzeXカード

ユーザーがさまざまなアカウントを接続して、(クレジット、デビット、報酬または暗号通貨)をFuzeXのエコシステム内でFuzeX Walletアプリで送れば、簡単にFuzeXカードで支払いをすることができます。

さらに、FuzeXカードはFuzeX Walletとペアになってハードウォレットストアとして機能します。

最大30のクレジットカード、デビットカードを保管、管理、使用できます。電源オン/オフ、ピンコードの入力、選択、承認が可能です。

FuzeXカードの特長:

  • 支払いEPD(電子ペーパディスプレイ)
  • クレジットカードスキャンのバーコード
  • ブロックチェーンアドレスのQRコード
  • マルチ暗号化通信のEMV(IC Chip)
  • クレジットカード決済のためのフィールド通信(NFC)
  • 報酬の支払いのためのQRコード
  • 暗号化のためのコード
  • P2Pの転送のためのウォレットアドレス

FuzeXカードとFuzeX Walletとの間のBluetooth接続は、セキュリティを確保するためにFuzeXカードを安全にロックするための追加オプションがあります。

その他にもFuzeX Cardのバッテリーデータを45〜60日間保存するためのリモートワイプ技術プラス、スリムな充電式ポータブルバッテリバンクなどもあります。

目標は、通常のクレジットカードのように、ユーザーがFuzeXカードで暗号化を使用できるようにすることで、加盟店は現行の法定通貨(米ドル、ユーロ、円などの現地通貨)を受け取ることができます。

当社のFuzeXカードは、EMV POS端末規格と連携して動作します。そうすることで、各暗号化のために必要とされる不当なオーバヘッドを排除します。

FuzeX Wallet

FuzeX Wallet とFuzeXカードとアカウント管理のハブとして、FuzeX Walletを使用すると、ユーザーはトークンを保管、使用、受信、転送することができます。

Walletの特徴:

  • FuzeX エコシステムの登録(KYCを含む)
  • 様々な暗号化通貨の登録と管理
  • 暗号通貨の送信、受信、交換(量とそれぞれの法定通貨値はリアルタイムの為替レートで明確に表示されます)
  • アカウント残高、取引履歴、為替レートの確認
  • PINとパスワードを使用した安全な秘密鍵管理

こちらも一般的な暗号通貨ウォレット同等の機能ですが、

FuzeXでは、セキュリティ統合マップとアドレスを確認して、ユーザーが紛失したFuzeXカードをAndroidとスマートフォン用のiOSアプリケーションを見つけて検索できるようになります

FuzeX  Exchange

FuzeX Exchangeは、世界的な暗号化の採用を現実のものにする、コアバックエンドプラットフォームです。

FuzeX Exchangeの特徴

  • 暗号通貨と支払いトランザクションのための法定通貨との間のリアルタイム交換(集約された市場レートから換算された為替レート)を容易にするために、多数の予備の暗号通貨と法廷通貨を保持する予定
  • 3つのマルチ署名セキュリティーキー(ユーザーキー、交換キー、復元キー)によって安全化されたホストウォレット管理
  • ※3つのセキュリティキーのうちの2つがデプロイされている場合にのみトランザクションが実行されます。
  • 支払い中にユーザーのアカウントで相当の暗号化の残高を確認するには、発行者/レガシー支払いネットワーク(MasterCard、Visaなどを経由する
  • ユーザがFuzeXカード上の選択を告知するために関連するボタンを保持している場合、支払のために選択された暗号化を確認する

FuzeX Exchangeは、取引のための適切な準備資金を維持するために、当社から受け取った超過分の暗号通貨を市場に提供する(他の取引パートナーシップを通じて)予定であり、

FuzeX Exchangeの所有権の暗号通貨の販売および評価から受け取った収入は、為替変動リスクをヘッジするために使用されます。

FuzeXは、既存の取引所(Q2)および発行者(Q2)とパートナーシップを結ぶ予定です。パートナーエクスチェンジのために、FuzeXカードは、暗号通貨の採用を効率化し、ユーザーベースを増やす独自のソリューションを提供します。

また、FuzeX Exchangeのパートナーは、以下のようなトークン化されたサービスを提供します。旅行、宿泊施設、医療、法律、クーポンなどは、FXTトークンを使用して交換したトークンを持つことができます。

FuzeXの具体的な取引流れ

セットアップ手順

  1. ウォレットをダウンロードして、アカウント登録とカード申請をします。
  2. 外部ウォレットから必要な量の暗号化された通貨を転送します
  3. FuzeX Walletアプリを使用してFuzeXカードを受け取り、有効化します。

取引フロー

  1. ユーザは、カードの内蔵ボタンを使用して、FuzeXカードから暗号の選択を選択することで購入を行います。
  2. 値は、FuzeXカードのリアルタイム換算レートで与えられます。
  3. 暗号化が選択され、ユーザーによって(指定されたボタンを押し続けることによって)confrmedされると、選択情報がFuzeX Exchangeに直接送信されます。
  4. ユーザーは自分のFuzeXカードを商人に渡して、挿入またはスワイプします。
  5. 商人のPOS端末は、関連する交換会社または発行者に、ユーザーを確認し、EMV決済ネットワーク(VISA、MasterCardなど)を介して支払いを承認する要求を送信します。
  6. 十分な場合、発行者は、使用された暗号化の量をユーザーのアカウントから同時にロックする支払いを承認します。 (不十分な金額がある場合、発行者は支払いを拒否します。)
  7. ユーザが自分のFuzeXカード上でトランザクションを承認すると、暗号化された支払いはFuzeX Exchangeに転送されます。

FuzeX Exchangeには主に2つの機能があります。

  • 発行者との支払いを決済するには、指定された法定通貨でユーザが過払いした金額をその現金準備金から移転することができる。
  • 蓄積された超過分を他の取引所に売却することができる

FuzeXのメリット

プロジェクトチーム

プロジェクトチーム力は比較的高いと考えることができます。

アドバイザーには、TaaS財団やGSEC(セキュリティ)、KEYNOTEなど強力なバックが付いています。

 

パートナーも豊富です。

ブロックチェーン企業でいうと、有名どころが並んでおり

TaaS

利益分配型のスマートコントラクトトークン化クローズド基金

SwissBorg

イーサリアムスマートコントラクトによる資産管理プラットフォーム、高いチーム力、ICO成功

BitClave

分散型の検索プラットフォーム

GATCOIN

デジタルショッピングに革命を起こすブロックチェーンプロジェクト

TaaSに関しては、自身の公式ブログでも出資したことを公表しています。

TaaSは500 ETHをFuzeXに提供し、暗号通貨と従来の資産を単一のスマートEカードに統合する

2018年1月14日 – ウクライナのキエフ – ブロックチェーン資産専用のクローズド・エンド型ファンドであるトークン・アズ・サービス(TaaS)は、今日、システムであるFuzeXのトークン販売に500 ETHを寄与したと発表しました。

暗号化通貨と従来の資産を単一の支払いソリューションで結びつけることができます。

FuzeXは、革新的な電子カードを使用して支払いソリューション業界を混乱させる金融テクノロジー企業です。革新的なFuzeXシステムにより、暗号セット、クレジットカード、デビットカード、報酬カードが1つのスマートEカードに統合されています。 FuzeXカードは、為替レートをリアルタイムで暗号化することができます。

FuzeXエコシステムの一環として、FuzeX Exchange(またはサードパーティのパートナー取引所)は、地方の通貨で様々な暗号証明書と支払い発行者(販売者に支払う)を受け入れます。つまり、FuzeXカードを使用することで、お客様はいつでも、どこでも、その暗号セットを使うことができます。

FuzeXのCEO、Andrew Baeは次のように述べています。「TaaS基金の貢献に本当に感謝しています。プライベートセール期間中に合計2万ETHを調達し、TaaSをその一部にすることは素晴らしいことです。私たちは、チームのインプットとアドバイスを本当に大切にしているので、今後、TaaSと緊密に協力することを楽しみにしています。 TaaSとのコラボレーションは、私たちがコミュニティにもたらす価値を高めるのに役立ち、日常生活の中で暗号化通信の普及を広げることができます」

完全なビジョンとソリューションを市場に投入するため、FuzeXはトークン生成イベント(TGE)を開始します。 FuzeXのプライベートセールは、2万ETHを成功裡に上げました。 FuzeXの事前販売は、2018年1月15日00:00 GMTから開始されます。 FuzeXは、1ヵ月間のプレセールス期間中、4万ETHのハードキャップを達成することを約束しています。

TaaSの共同設立者兼社長であるRuslan Gavrilyuk氏は、「FuzeXチームはすでに、磁気磁気テープを含む3万件を超えるFuzeカードを市場に投入しています。新しいFuzeXカードには、暗号化の統合機能があり、初回の支払い方法としてその価値が加わります。この重要なプロジェクトに貢献し、TaaSファンドのポートフォリオにそのトークンを追加することは、最終的に私たち全員に利益をもたらすでしょう。

TaaSのFuzeXへの貢献は、TaaSの幅広いネットワークと暗号業界の知識がFuzeXの開発にとって貴重な貢献となるパートナーシップに入った直後に起こります。この合意は、TaaSチームのFuzeXに対する高い信頼度と新しい支払いソリューション、ブロックチェーン資産と従来の資金調達の結び付き、そして必要性の高い相互運用性の推進を反映しています。

これは、2018年2月1日に終了した第3四半期に、TaaS基金の5番目のトークンジェネレーションイベント(TGE)の寄付となります。この四半期中、TaaSはブロックチェーンベースの法的ソリューションの市場であるSmartOneに210 ETHを寄付しました。エスポートチームのためのブロックチェーンベースのオールインワンソリューションであるDreamTeamへの350 ETH、ニューラルネットワーク開発の普遍的なマーケットであるNeuromationへの300 ETHへの導入。

TaaSは、11月1日に終了した第2四半期に、6つのTGEに相当する合計100万米ドル(T)を拠出し、550万米ドル(T)相当のキャピタルゲインを生み出し、今回は72%のROAを達成しました。

TaaSは、8月1日に終了した最初の完全営業四半期中に11のTGEに相当する合計3百万米ドル(T)を拠出し、61%のROAを生み出しました。 TaaSトークンは現在、Livecoin、Orderbook、EtherDelta、HitBTC、Liqui、CoinExchangeをTAASあたり10.29米ドル相当の価格で取引しています。

TaaSはこれまでにも4つのプロジェクトに出資して来ました。

ロードマップ

2018 Q1:FuzeXカード(プロトタイプ)の完全な開発

2018 Q2

  • FuzeX Walletとパートナー取引所の統合
  • 支払いネットワーク(例えばVisaまたはMasterCard)からの証明書の受け取り
  • Bitcoin&Ethereum対応のFuzeXカード(ベータ版)とFuzeX Walletのベータテスト
  • FXTトークンをパートナー取引所にリスティング

2018 Q3

  • FuzeXカードとWalletの商用リリース
  • 追加の暗号化通貨の統合
  • 共同ブランドのためのパートナーシップの開始

2018 Q4:追加の暗号化通貨の統合

2019 Q1

  • 追加の財務ライセンスの取得
  • FuzeX Bio(バイオメトリック認証) – FuzeX Wallet 2.0

2019 Q2:追加の財務ライセンスの取得

2019 Q3 4:FuzeX Centralized Exchange(Alpha)

このような開発計画になっています。自社分散型取引所開発もありますが、他者取引所とのパートナー提携も視野に入れてあり、これは短期間で完了します。

そこで、トークンの交換も可能になる予定です。

FXTトークンについて

FXTトークンユーティリティ:これは当社の完全なFuzeXエコシステムを構築するまで、FXTトークンの短期的なユーティリティ的要素です。

  • ティッカー: FXT
  • トークンのタイプ: ERC20
  • ICOトークン価格: 1 FXT = 0.0885 USD(0.00008 ETH)
  • 資金調達目標: 42,500,000 USD(40,000 ETH)
  • 販売前: 26,312,306 USD(25%ボーナス)
  • 合計トークン: 1,060,000,000
  • トークンセールのために利用可能: 60%
  • ホワイトリスト:はい(期間は設定されていません)
  • あなたの顧客を知る(KYC):はい
  • 参加しない:米国、シンガポール、中国、韓国
  • 最初のボーナス:最大10%
  • 最小/最大パーソナルキャップ: 0.1 ETH / TBA
  • トークン発行:即時(ICO後4週間ロック)
  • 受諾: ETH、BTC

 

トークンホルダーのメリット

短期間では、FXTトークンの有用性はそのユースケースでは限られているため、最初はメンバーシップトークンとして使用されます。

FXTトークンを使用すると、トークン所有者は以下を行うことができます:

FuzeXカードの購入:FXTトークン所有者は、FXTトークンを使用してFuzeXカードを購入することができます。

会員年会費:当初発行者と提携する際には、BIN(銀行識別番号)の共有コストが発生しますが、FuzeXカードユーザーには年間会員費が少なく済み、この年会費は、FXTトークンを使用して引き下げて支払うことができます。

取引制限:FuzeXカードユーザーのトランザクションごとに合理的な制限が設定されます。この制限は、ユーザーが保持するFXTトークンの量に基づき、この制限は発行者によって暗号通貨から法定通貨への為替レートのリスクのために課されます。

プロジェクトと決済プラットフォームの重要な部分は、独自のFuzeX Exchangeを開発していますが、これには時間がかかります。

FuzeXカードで使用するために他の暗号化方式を採用し、FXTトークンのトークン所有者を最大限に活用するには、独自の取引所開発が必要です。

トークンセール参加方法

プレセールに参加できます。

プレセール終了しました。

が、ブロックチェーンラボ確保分から一部購入できます。(残り2200ETHほど)

こちらからトークン購入できます

http://globalasia.jp/l/c/DwJtzgZx/5VDHFkzv/

※6月ごろのカード発行には、10ETHの購入が必要です。

プレセール参加の特典としては、全員にカードが発行されます。

余力がある方は参加してみても良いのではないでしょうか。

 

情報を入力して登録します。

REGISTER をクリックします

ログインしましたら、KYCを進めます。

BASIS IDに基づいて行われますので、手順に従います。

個人か企業か選択します。

個人情報を入力します。

電話番号を入力して続けます。

ID認証を行います。

FTXトークンのエアードロップについて

バウンティプログラムに参加することで、トークンが無料で獲得できるチャンスがあります。

余裕のある方はぜひ参加しましょう。カテゴリーは、5つです。

詳細はこちら

紹介プログラムとしては、bitcointalk の署名キャンペーン(2chのようなスレッドで書き込みを定期的に行うもの)に招待することができます。

参加フォーム

私の場合は、babbit43と記入くださいませ。

まとめ

カード系プロジェクトは、TenX ・Monaco ・Centra ・Change など日本でも人気のプロジェクトが多く、競合も激しい分野です。

特に法規制のリスクが伴い、なかなか短期間ではプロジェクトは遂行できない点もあり長期的なロードマップが必要です。

FuzeXもこれらに同等の可能性を持つプロジェクトと思いますし、今後、話題性も付いてくると思います。

関連リンク

公式サイト:https://fuzex.co/

白書:https://fuzex.co/wp-content/uploads/2018/01/FuzeX_whitepaper.pdf

Twitter:http://www.twitter.com/fuzex_co

facebook:https://facebook.com/fuzex.co

telegram:https://t.me/FuzeX

Authorship

Bitcointalk(BABbit43)

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

Slack:babbit43

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here