FortySevenBankプロジェクトに関する重要なお知らせ

0
376 views

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

FortySevenbankについて


Forty Seven Bankは、ブロックチェーンによる暗号化銀行プロジェクトです。

一言でいうと、これまでのプロジェクトとは異なり、ハイブリットなバンキングサービスを目指しています。

特徴としては、従来のバンキングサービスをすべてユーザーに提供し、暗号化と銀行口座の両方の制御を可能にするプラットフォームです。

1つのプラットフォーム上で法定通貨と暗号化を組み合わせた新しいタイプのハイブリッドバンクとなります。

このプロジェクトの主なアイデアは、利益分配モデルを使用してfintechアプリケーションを配置できる開発者のためのプラットフォームとして銀行を確立することです。

変化する金融界のパイオニアの一人として、顧客に次のものを提供することを目指している、ブロックチェーン技術に基づいた革新的な金融テクノロジーのスタートアップです。

  • 透明性

  • セキュリティとプライバシー

  • すべての利害関係者のための利益

こららに着目しています。

重要な告知

1. 市場の状況とそれがプロジェクトや寄稿者にどのように影響しているか

皆さんが見てきたように、暗号の全体的な市場は今や停滞しており、特にETHは強い落ち込み傾向にあります。Forty Sevenの寄稿者のほとんどは、ETHが約850-1200ドルだったときにこのプロジェクトを支援しましたが、現在は400ドル以上です。

 

2.トークンの取引交換の開始延期

チームはコミュニティ全体の幸福と福利厚生、特に後援者が最優先事項と考えており、支持者がどんなお金も失うことを望んでいません。そのため、現在の市場状況を考慮して、ETHが少なくとも750-800米ドル以上になるまで取引を開始することを延期することにしました。

チーム内で約1週間話をしたことは非常に難しい決定でしたが、長期的には、すべてのトークン所有者にとって有益だと考えています。

3. ICOの延期

交換日を延期したため、市場が回復して正常に戻ることを願って、1ヶ月間プロジェクトのICOを延長しています。

この追加のICOラウンドは、4月末まで続き、デフォルトではトークンボーナスはありません。

しかし、このプロジェクトを支援してくれた支援者は、4月末まで10%のトークンボーナスをいただき、感謝の念を示しています。つまり、すでにICOに参加していた財布からの追加寄付はすべて、10%のトークンボーナスを受け取ることになります。

4.ハードキャップの変更

現在の市場状況を考慮し、現行の9 957 446 FSBTへの到達はそれほど現実的ではないと評価しました。

いくつかの議論の末、ハードキャップを5 000 000 FSBTに下げることに決めました。

これにより、生成されるトークンの最大量が5 555 555 FSBTになります。この動きは、1 FSBTの市場価値を高め、すべてのFSBTトークン保有者に利益をもたらすはずです。

それに加えて、近い将来に新たなベンチャーキャピタルを誘致する予定です。

5.ロードマップ

実際には、ICOを延長し、取引所への入場を遅らせているとはいえ、それ以外のものはすべて同じままで、計画通りに進んでいます。4月からは、EMI(電子マネー機関)ライセンス申請に必要な準備をすべて開始し、積極的なソフトウェア開発段階に入っています。いつものように、成功の最新情報をお届けします。

6.バウンティキャンペーンの延長

バウンシーキャンペーンは、追加のICOラウンドが終了するまで延長され、2018年4月末まで延長されます。

まとめ

今回の変更点は非常に重要であり、暗号通貨市場の低迷が大きな要因です。

結果的にチームは既存のトークン保有者に対するポジティブ要素と市場が回復する頃を考えたリスティング戦略を提供する結果となっており、我々投資家のことを考えた変更と思います。

ハードキャップは下げられ、期間も伸びましたので、チームがロードマップに十分な資金を調達できる可能性があることは良いことであり、開発計画はさほど影響は受けないでしょう。

トークンはこちらから購入できます。

関連リンク

公式サイト

白書

Twitter

facebook

telegram

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here