この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

暗号通貨市場を牽引する2大国

アジアは特に暗号通貨市場が活発であり、中でも日本と中国がその大きなシェアを握っていると言っても過言ではありません。

中国で言うと、中国の中央銀行は2013年に、いったんは金融機関でのビットコインの使用を禁止する警告を発し、その影響で価値が約50%急落するということがありました。

その後、中国市場は規制により、一時活発さを失い、この中国の規制の動向のおかげで、日本での取引が急増することになり、日本の取引高が中国を抜いて一位になっています。

9割が中国という市場だったのですが、中国政府の規制によって実際に取引していた方々が市場を離れてしまったという結果です。

しかし翌年の2014年からはデジタル通貨の研究チームを発足して、ビットコインを意識した独自のデジタル通貨作成について前向きな態度を示しています。

日本ではまだまだ普及が進んでいるとは言えませんが、様々な国で国家戦略に生かす方向での取組が始まっています。

いずれにせよ、世界の経済に強い影響力を持つ中国の動向に注目する必要がありそうです。

中国はグローバルな経済戦略を持つ、世界第2位の経済大国です。それをリードしているのが中国最大手、世界最大級の取引所であるBinanceの存在です。

実際に規制強化で中国のビットコイン市場が縮小すると考えた人はたくさんいたのですが、その逃げ込む先が日本であることを予想していた人は少ないと思います。アメリカといった国を予想していた人は多かったようですが、こうなることは予見できなかったのでしょう。

Fortysevenbankは、中国メディアに多数取り上げられる

 

フィンテックでは、これは特に中国で大きな可能性を秘めた緊張の興味深い分野です。

中国のメディアが引き続き盛り上がることを期待しています。金融セクターの景観を変えることは、企業の社会的責任の重要な一歩です。革新的な開発として、中国のCSRがメディアに取り上げました。

GTX news、CSR 、XYXWWでの文面

金融技術の分野では、コンプライアンスとイノベーションは、特に中国において、潜在的な面で興味深い分野です。中国のメディアが引き続き私たちに続くことは素晴らしいことです。最新の中国の記事をお読みください。

最新の金融技術は従来のシステムを変え、消費者の生活を改善する可能性がありますが、有望な小規模な新興企業は複雑なコンプライアンス法、規則、規制が運用を開始する前に妨げられています。新しいヨーロッパの新興企業が、このグローバルな問題に対する解決策を提供しました。これはまた、中国市場の重要な要素です。

金融技術は魅力的ではありませんが、規制を遵守することは不可能な問題に直面しています。才能のある小規模な金融技術開発チームは画期的な技術を思いつくかもしれませんが、市場に出す前に、国家の財務法や消費者法を遵守するために弁護士チームを雇う必要があります。国境を越えた新たなベンチャーは、新しい市場や経済圏に入るたびに、このプロセスを経なければなりません。

Alexander Mullinsは問題を発見し、それについて何かをすることに決めました。彼の会社であるForty Seven Bankは、開発者が保護された新しいテクノロジを作成し、すべての銀行ライセンスにアクセスできるようにして、動作する市場の規制に完全に準拠できるようにします。エンジニアや創業者は、コンプライアンス、リスク管理、顧客サービス組織の構築などに集中すべきではありません。マーリンズは言った。

China Money Network、Sohuニュースでの文面

最近、40のセブン銀行がSohuニュースのウェブサイトに掲載されました。中国の読者の方はこちらをご覧ください。

伝統的な銀行業務は、遅く、効果がなく、停滞しています。業界は時代遅れだが収益性の高いビジネスモデルに固執することを熱望しており、それらを脅かす可能性のあるイノベーションに抵抗しています。これとは対照的に、Forty Sevenなどの若い金融新興企業は、最新の技術を完全に採用しており、顧客を最優先にしています。

フォーティーセブン銀行CEOアレクサンダー・マリンズ(Alekandrsマリンズ)と言うように:「私たちがやっている、考慮に安定性と利益の他の重要な値をとるには、具体的な成果を達成することは可能である世界を示すことですまた、最新の技術を使用することで、2018年に期待するべき経験をお客様に提供し、市場シェアを積極的に拡大することができます」

Forty Seven Bankが常に最新かつ最高のテクノロジーを使用するために、Forty Seven Bankは、Forty Seven Bankの保護下で、世界中の開発者に新しいアプリケーションを開発する機会を提供しています。マリンズは言った:「私たちにとって、これは小さな独立した開発者は、私たちの目標は、より多くを提供するために、革新することです最高レベルで競争するために最低限の投資機会を提供する一方で、中国の素晴らしい人材プールを活用する方法です。優れた効率的で顧客中心のサービス。

 

日本のメディアにも多数登場する

JiJi Press

2018年3月、フォーティセブン銀行は日本市場進出を発表し、日本のフィンテック界に改革をもたらすためのミッションを公にしました。

日本のフィンテック界になぜ改革が必要なのでしょうか?日本のフィンテック界は、現状として、残念ながら未だ勢いの波に乗り切れていません。それには、国内最大規模の企業が独占的に業界をリードしているという背景があります。優れたアイデアを抱えたスタートアップ企業がこれら大企業からのサポートを受けることは、短期的には良い結果をもたらすことでしょう。しかしながら、長期的にはフィンテック界全体の成長に更なる歯止めがかかるというリスクを抱えているのです。

当行が日本のフィンテック界のためにできること、それは「革新的フィンテック・ソリューション」の提供です。独立系のフィンテック・デベロッパーおよびエンジニアが当行傘下で働けるようサポートし、ローカルの金融サービステクノロジー系スタートアップ企業が、自らの商品を開発し市場へと届ける機会を提供してまいります。我々が最終的に目指すもの、それは「既存のコーポレート・ヘゲモニーの打破」です。

フォーティセブン銀行はヨーロッパ発のスタートアップ企業として誕生し、現在ICOにも参加中です。なお、ICO参加後わずか数時間でソフトキャップを達成し、ニュースにも数多く取り 上げられました。フォーティセブン銀行のICOは3月後半の終了を予定しています。

産経ニュース

フォーティセブン銀行が日本市場進出にあたり、目指すものの一つに、日本のフィンテック界における優秀な人材の海外流出を防ぐための解決策を提供することが挙げられます。

そして、それを実現するためには、若く才能ある人材にいち早くビジネスチャンスを提供することが必要であると認識しています。

日本のフィンテック界において、インターネット技術に精通した人材および高技術/高資格者の海外流出が止まらないのは何故でしょうか?

その背景には、より高給の待遇、より魅力的な二次的労働条件に加え、昇進のチャンスが大きいこと、そして個人のスキル養成に貢献するインセンティブがより充実していることが挙げられるでしょう。

当行CEOのアレクサンドルス・マリンスも次のように述べています。

「日本では、エンジニアが本当の意味で開花できるレベルの役職に到達するまでの時間があまりに長い。他市場では、雇用主が年功序列を重視する傾向は存在しない。シリコンバレーに限らずヨーロッパおよび南アジアにおいても、年齢ではなく、如何に優れたアイデアを持っているかが重視される。」

フォーティセブン銀行は、このような人材流出の風潮を逆進させ、フィンテック界の秀逸な人材を自国に留めさせるためのプラットフォームを開発してきました。

優れた人材に地元市場で革新を生むために必要な要素へのアクセスを提供していきます。決して高額の投資でなくても、才能ある独立系デベロッパーに投資することによって、大規模の金融機関に依存しない商品開発が可能となります。そしてその結果、金融市場を根底から揺るがす新商品の誕生につながるというポテンシャルが秘められているのです。

Infoseek News

調査によると、昨年のICOの59%が失敗したことがわかります。彼らは間違って何をしているのですか他の41%は何をしていますか?

日本のニュースサイトInfoseek(楽天のインターネット巨人の一員)は、成功したICOを例にしてこれを検討しています。ここをクリックするか、下記をお読みください。

フォーティセブン銀行は現在ICOを絶賛実施中です.ICOウォッチャーでも優秀なレビューを獲得し、テレグラムのような大規模ICOでないことに関わり、最近のその他のICOには見られないマイルストーンを成し遂げ、数多くの投資家とメディアからもご興味を頂いております。皆様からのサポートに心よりお礼申し上げます。

本ICOには、当行は初期段階でオーガニックにソフトキャップを達成することができました。このように大規模の献身的なサポートコミュニティを獲得でき、当行CEOのアレクサンダー・マリスも次のようにコメントしています。「我々のビジネスモデルが暗号通貨コミニティとされに先の世界に共鳴していることを確認することが非常に満足しています。人は私たちの商品が金融世界に変革をもらすそれを認知して、長期にわたって我ががコミットしています様子を思い描くことができているものです。」

フォーティセブン銀行が本ICOを通じて掲げるミッション、それはスタートアップ企業とエンジニアが大型投資に依存することなく、当行下でのフィクション商品を開発するための可能性を提供してくれることになりました。今年末までロンドン本社をローンチ予定とし、フォーティセブン銀行所有の銀行業ライセンス、法令や規制の枠組み、専門知識を活用することで、小型のデベロップメントがホワイトレーベルの金融商品をリリースできるように、サポートしてまります。

Excite News、President

40セブン銀行のICOが成功裏に進行しており、日本のフィンテック市場における革新的な変化をもたらす試みが注目されています。今日、私たちは著名な日本のニュースポータルであるExcite Newsの特集を受けました。

日本の読者のために、同社のICOが特別なケースである理由を執筆しています。

ICOという言葉に接する機会が増えた昨今、今こそが、昨年実施された全部のICOのうち59%は失敗であったとの調査結果が存在しているのをご存知でしょうか?さらには先月末、Bitcoin。 comは独自に調査を行い、全体のうち3分の1に近い数のICOが失敗に終わっている旨を発見しました。なんと46%はすぐに失敗し、残りは徐々にページダウンしていった模様です。このデータについて、皆様はどう思っますか?

フォーティセブン銀行のCEOアレクサンダース・マリンズも「59%が失敗とは、これは衝撃的に高い数字」とコメントしています。現状としては様々な規制の存在がICOに対して警告メッセージを発つつき、さてにはメディアによるICO関連の様々な報道が続きます。その中、投資家はポンテシャルルある投資先を見極めるための審美眼を鍛えつつするあるです。

フォーティセブン銀行は、現在実施中のICOにおいて、初期の段階でオーガニックにソフトキャップを達成し、投資家グループからのサポートを得ることができました。マリンは「投資家たちは信託票を投資します得られた証と言えるだろう。日本を含む、様々な国では規制当局は消費者を守るためにICOに介入している。私たちの成功に向かって一歩一歩が、教養があります慎重なオーディンはは適切なプロジェクトを認識して正しい決定を下すことができるという旨を証明している」と述べています。

さらに、日本の著名なWebパブリケーションのプレジデントニュースによって特集されています。

フォーティセブン銀行が現在絶望実施中のICOも残すところ15週間となりました。開始後間もなく無し、オーガニックにソフトキャップを達成し、目利き投資家の支持と強力な投資家コミュニティのサポートを得ることができますできました。これは最近の他のICOには見られないマイストーンであると認識し、我々一同関係者の皆様に心よりお礼申し上げます。

ところで、昨年実施された全部のICOのうち59%は失敗であったとの調査結果が存在しているのをご存知でどうか?さらに先月末Bitcoin.comは独自に調査を行い、全体のうま3分の1に近い数のICOが失敗に終わっている旨を発見しました。なんと46%はすぐに失敗、残りは徐々にページダウンしていった模様です。このようにICOの失敗例が多発する中、当行CEOアレクサンダース・マリンズは「人もポテンシャルある投資先をより正確に見極めることができるように」、と述べています。

フォーティセブン銀行が大規模の献身的なサポーターコミュニティを得ることができるのは、当行のビジネスプラン、それを当然に支えるチャームとアドバイザーのおかげと言えることです。マンスは次のように分析しています「我々のビジネスモデルが暗号通貨コミニティとされたことに先の世界に共鳴していることを確認することが非常に満足しています。人は私の商品が金融世界に変革をもらすことを認知しますてい、長期にわたって我ががコミットしています様子を思い描くことができているものです。」

フォーティセブン銀行のICOはICOウォッチャーでも優秀なレビュウの数々を獲得しています。より詳しい情報は当公式サイトをご覧ください

MarkeZineでの紹介文面

 

40セブン銀行は、マーケティングを専門とする日本のオンラインメディア、MarkeZineに最近掲載されました。私たちは、日本のfintech市場における深刻な頭脳流出の解決策を提供する意向を発表しました。

日本の読者のために、同社が提供したいと考えている「解決策」について書かれています。

フォーティセブン銀行が日本市場進出のニュースを発表以来、非常に数多くのメディアにサポートをしました、誠にありがとうございます。皆様に厚くお礼申し上げます。

当行のミッションは、日本のフィンク界で、若く優秀な人材が大規模な金融機関に依存することなく自分の新しいプロダクトを開発し、市場へと届けるための環境を提供することです。精進した人材と高技/高資格者が海外へと次々と流出していますが、それに確実にして理由があります。

海外市場ではより高給の待遇、より魅力的な二次的労働条件を得ることができます。されには昇進のチャンスも大きく、個人のスキル養成に寄与するインセンティブがより充実していることも挙げられるでしょう。では、人材流出への対策として何をしていけばよいのですか。

「フィンテック市場に進出するときにぶつかりがちな物資を取り除くことで、若い優秀な人材が母国で才能を発揮する、彼等自身の才能の認知を求めて他の国へ移住する必要性もないでしょうろう」と当行CEOのアレクサンダース・マリンズは述べています。

「若い才能ある人材に、当時のすべての適切なライセンスに完全準拠した環境の下、業界を激震させる技術を開発するための機会を提供しています。比較小規模の投資であってもそれは世界的競争力を秘めた技術を誕生させることになるはずだ。さらに、日本のフィンテックシーンの鈍い動向に活力を与えてくれるだろう」とマリンは続ける。

フォーティセブン銀行は、このような人材流出の風潮を逆進させたいと考えています。そのためにも、フィンテックス界の秀逸な人材を自国に留めさせるためのプラットフォームを開発してしまった。これによって、全世界の金融市場を根底から揺らすが新商品が日本から生まれるかしなかった。

FortySeven Bank について

FortySeven Bankは、ハイブリッドな暗号化バンキングプロジェクトです。

トークンセールは、市場の乱高下の影響のもと、ハードキャップが変更され、現在約半分調達しています。

こちらから参加できます。

公式サイト

白書

Twitter

facebook

telegram

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here