ETHLendが現在開発しているものについて(パート2 )

0
638 views

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

その他の開発要素

信用リスクを予測する予測市場

ETHLendは、特定の基準に達している貸出金について予測市場を導入するものとする。信用リスクを評価するための予測市場は、大規模なローン取引に関する実用的なツールです。GnosisAugurを使用するか、独自の予測市場プロトコルを作成するという。

人工知能と元帳の信用リスクを予測するための大きなデータ

ETHLendは、Ethereum分配元帳データを評価して信用リスクを予測するための人工知能(AI)ボット作成者のためのプロトコルを提供します。AIボットは、取引の質を評価し、与信決定に融資者を援助するために、Ethereumのアドレスに関するデータを収穫し、検査するものとする。

簡素化されたユーザーエクスペリエンス

ETHLendは、分散化されたアプリケーションがメインストリームにアクセスするための、よりユーザーフレンドリーなインターフェースを開発しています。融資プロセスは5ステップから2ステッププロセスに簡略化されています。さらに、ETHLendは、借り手に特定のトークンを要求したり、貸し手が融資のためのEtherを送信することを要求する代わりに、「承認」機能を使用して、ユーザーの財布からこれらの資産を回収し、不要なステップを排除します。

貸し手間の金利に対する競争入札

ETHLendは、借り手のための金利に関する最良の市場金利を提供するために、分散アプリケーションのオークションのような入札機能を開発します。逆オークションの形です。

分散保険政策

信用リスクに対する保険を提供することです。ETHLendは、分散型信用政策の市場を提供したいと考え、目的としては、保険者が保険契約のリスクと費用を計算するのに必要なデータを評価できる方法を提供することであり、そのようなオファーを貸し手に提供することです。

為替リスク管理(法定ペッグ通貨)

ポラリティリスクの問題は、取引がETHで行われていたとしても、融資の量が法定通貨で表される法定通貨ベースの融資を提供することによって解決することができます。 法定ペッグ通貨はまた、投資目的のためにETHを融資するための幅広い機会を創出します(取引所からのICOまたはトークンへの投資など)

洗練された担保管理(ボラティリティリスク軽減)

ETHLendは、担保価値(トークンの価値)が特定の基準を下回った場合、この洗練された担保管理を適用することで、最も一般的なトークンの価格に対してフィードを使用します。その場合、借り手は担保を貸し手に履行しなければならず、貸し手は担保を市場で売却することができます。また、売却する代わりに、売り手が手数料により担保(トークン)を揮発性の低いトークンにスワップ(交換)することができる場合には、担保交換が導入されます。さらに、価格フィードは、借り手に請求する接費を計算します。

レンタルボットを作成するためのAPI

ETHLendはボット作成者が貸し借りを自動化するためのAPIを提供します。

ビットコインやアルトコイン、およびトークンの貸付

分散アプリケーションの普及拡大のために、ビットコイン(アルトコイン)の貸し出しを導入します。さらに、短期売却や分散などの追加融資戦略をカバーするために、ERC-20互換用トークンの貸し出しも導入します。

LENDトークン

ユーティリティー機能1:ETHLendの料金に関する割引チケットとしてのLENDトークン

ETHでの支払いと比較して、プラットフォーム料金(ローン申請手数料、融資手数料など)において、25%の価格割引を受けることができる。

ユーティリティー機能2:エアードロップでアクティブな貸し手および借り手に報酬を与える

ETHLendは市場からLENDを購入するために分権化された申請手数料の20%(ローン申請手数料および資金調達手数料)を使用し、ETHLend上のすべての貸し手および借り手に対してLENDを前年度の量に基づいてエアドロップする。

ユーティリティ機能3:LENDトークンでのみアクセス可能な特集機能

ETHLendは、LENDを使用してのみアクセス可能な機能を提供します(LENDで支払うことができます)。これらの特集された機能には、新規ローン申請のための特集ローン一覧と電子メールマーケティングキャンペーンが含まれます。

ユーティリティ機能4:紹介者にLENDで報酬を与える

ETHLendは、新規参加者を分散型貸出プラットフォームに招待する貸し手、借り手、および第三者機関に対して報酬を与えるために、追加のLEND(2018年第1四半期に決定される予定)を購入する予定です。

ICOは11月25日からを予定しております。

関連リンク

公式サイト
ホワイトペーパー

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here