Effect.AI ICO

EffectAI(AIX)NEOプラットフォーム上の分散型人工知能AIネットワーク

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 26 分です。

 

こんにちは。今回は、NEOプラットフォームのICOでもあるEffectAIについてまとめたいと思います。

情報がまだ少ないですが、ICOは3月に予定されています。

EffectAIとは

EffectAIは分散型の人工知能ネットワークです。

Effect.AIは、アムステルダム中心部から運営されており、2015年に設立されたオランダのソフトウェア会社です。

チームの大半は、ほぼ10年の価値を持つ会社であるItsavirus HeinekenやShellのような大規模な国際企業向けに複雑な技術ソリューションを開発しています。

Blockchain技術と暗号化通信がBitcoin(最初に広く採用されている暗号通貨)の打ち上げに成功した後、Itsavirusのコアチームは、Effect.AIを作成することに決めました。

この新しい会社の主な目的は、AIの開発とさまざまなAIサービスの作成を促進する分散プラットフォームを構築することです。

EffectAIの特徴

Effectネットワーク

プロジェクトでは、人工知能市場でサービスを提供するオープンな分散型ネットワークを導入しており、このプロジェクトは、効果ネットワークと呼ばれています。

このネットワークはNEOブロックチェーン上でシームレスに実行され、ネットワークNEP-5トークンによって強化されることが大きな特徴となっています。

Effectネットワークは、流動性を提供し、効果ネットワークの導入を促進し、ネットワーク料金を安定させるために、トークンプールとの分散型の交換を維持する機能を持ちます。

このプールはGalaxy Poolと呼ばれ、AIX、NEO、GAS、BTC、LTCおよびその他のトークンが混在しています。

Galaxy Pool

Galaxy Poolは、プラットフォームのユーザーにとって常に安定した為替レートを保証します。ギャラクシー・トークン(Gトークン)は、プラットフォームリクエスタに購入または提供され、プラットフォームからの取引はできないため、ギャラクシープールはデイトレーダーには適していません。 Gトークンは、エフェクトサービス契約を介してそれを使用することによって、通常のトレード可能なトークンに変換されます。これらは、タスクおよびサービスレジストリからのサービス契約です。これにより、外部操作からギャラクシープールが保護され、労働者やサービスプロバイダにとって安定した為替レートが維持されます。

そして、ネットワークは以下の3つのフェーズで構築されます。

料金は不要で、エントリーの障壁が低く、ユーザーの急速な成長をもたらすことが可能です。

フェーズ1-Effect Mechanical Turk(効果的な機械的な労働)

Effect Mechanical Turkは、世界の誰でもAIアルゴリズムを教えたり開発したりするタスクを要求または実行できるようにするオンデマンドの労働力です。

世界中の誰もが幅広い業務を行い、公正な支払いを受けることができ、 AIの開発者や企業は、人工知能の大規模な人員にアクセスして、AIアルゴリズムを訓練することができます。

作業者がタスクを完了すると、ネットワークNEP-5トークンで支払われます。

使用例

タスクを読み取る

AIアルゴリズムをトレーニングするために使用したいデータセットをロードし、それらのタスクを作成します。 暗号通貨の報酬を自分で決めてください。これは分散プラットフォームなので、追加料金はかかりません。

結果を取得する
あなたの仕事のために労働者からの結果を取得し、結果を使用してAIアルゴリズムをトレーニングします。

興味深いタスクを見つける
エフェクトプラットフォームでタスクを検索し、興味のあるものを選択してください。タスクを受け入れ、指示に従います。作業が終了すると、結果はブロックチェーンに送信されます。

お金をもらう
リクエスタがタスクの結果を承認した後、タスクに結び付けられた暗号通貨報酬は、ブロックチェーン上で直接あなたに転送されます。

 

フェーズ2-Effect Smart Merket

エフェクトスマートマーケットは、人々がAI / MLサービスとアルゴリズムを提供し購入することができる分散型エクスチェンジです。

このフェーズは、ネットワークの自然な進行としてAIアルゴリズムをサービスとして提供するためのオープンマーケットとなります。

つまり、機能的アルゴリズムを備えたAI開発者が、エフェクトトークンを使用してシンプルで簡単な支払いを行うためにサービスを販売、レンタル、または提供することができる場所です。

各アルゴリズムには、トランザクションを簡単に受け入れるための独自のウォレットがあります。また、このマーケットプレイスでは、アルゴリズムは、他のアルゴリズムと通信したり連携したり、お互いにサービスを購入する能力を持っています。

アプリケーション登録者はアプリケーションの公開エンドポイントを指定し、データ交換フォーマットに従って、消費者に使用料を指定することによって、交換に登録することができます。

フェーズ3-Effect Power

 

フェーズ1、2ではAIアルゴリズムのデータ収集と使用の分散化であり、最後の段階では、深い学習フレームワークや他のAIアルゴリズムを実行するために必要な計算力を分配します。

この効果的な分散型コンピューティングエンジンは、Caffe、MXNet、Tensorなどの一般的なディープラーニングネットワークに基づいています。

また、ブロックチェーンプロジェクトのGolem のようなスーパーコンピューターとのパートナーシップや、自分自身でフレームワークを作ることで、これを実現できます。

市場分析-暗号通貨とAI業界

まず、AI業界に関してですが、過去5年間で人工知能AIアプリケーション数は急速に増加しました、

自動車・携帯電話の認証・音声認証・画像トランスフォーメーションなどのサービスは日常生活で重要な役割を担っています。

明らかにこれは機械学習とクラウドコンピューティングの進歩によって、説明することができます。

PWCによると"AIは2030年には最大15.7兆ドルに貢献する可能性があると言われています。

2030年までにAIによって世界のGDPは14%増加します。GDP増加分の55%が労働生産性の向上によるものであると推計されます。

その効果が最も大きいのは中国で、AIによるGDP押し上げ効果は26%、金額にして7兆米ドルに相当すると予測されます。次いで北米が15%、3.7兆米ドルとなっています。

日本におけるAI活用の現状として、実証実験は多く行われているものの、実用化に向けてはまだ時間を要する状況であることが多いです。

国内外におけるAI活用の現状を踏まえ、日本企業が直面するAI実用化に向けた課題を考察するとともに、日本企業独自のAI活用の可能性を探ります 。 

 

2025年頃までは北米が市場をけん引すると予測されるものの、その後は製造技術に関するAIを中心に中国が北米に追いつき、AIが組み込まれた製品を輸出することで、GDPの拡大が加速することが予測されます。

さらに中国は、「深層学習」の論文数や資金投入量、国内でのデータ収集や戦略的なデータガバナンスなど大きな強みがあり、先に行く北米に肉薄しています。

AIの活用は製造、労働力などの業務効率化・高度化が中心となっており、業界別では「ヘルスケア」「金融」「小売」が大きな規模を占めます。

そして、暗号通貨業界において日本は主導的な立場になると言われており、事実国別取引量では2016年5〜6月ごろにアメリカを抑えてシェア率1位になりました。

現在は圧倒的なシェア率を維持しています。

そんな日本のAI業界に関してです。

日本におけるAI活用の現状

北米や中国でAIの活用が進む一方、日本を含むアジア先進国のAIによるGDP押し上げ効果は、10.4%、金額にして、0.9兆米ドルと、北米・中国のわずか10‐20%程度となっています。

日本企業においても、AIの活用領域は、マーケティングや品質管理・予知保全などといった従来から分析が行われていた領域の高度化から、人事戦略、投融資判断と言ったこれまで分析が行われていなかった領域へと広がりを見せています。

 

日本企業におけるAI活用の可能性

海外の先進事例からの学びを発展させ、AIの日本独自の活用のあり方を探る

短期的には、AI研究で先行する米国、中国と同等レベルに達するのは難しいと考えられますが、人材育成、先進事例の応用など、多面的な取り組みでAI領域のケイパビリティを拡充すれば、AIの利活用で日本も巻き返しを図ることは十分に可能です。

 
早ければ2030年には15.7兆ドルになると予測されており、人工知能市場は世界で最も重要で最も重要な市場の一つになると見込まれています。
 
輸送から商工業、コミュニケーションまで、より強力な新型の人工知能の開発は、私たちが進歩するにつれて、人間の経験のほぼあらゆる面に大きな影響を与える可能性があります。
 
 
悪い点は、現在のところ、これらの開発に必要なAIアルゴリズムを開発する立場にいる少数のプレイヤー(名前はあなたがすでに馴染み深い人)しかいないという点です。
 
分散化AIプロジェクトに共通する課題は以下3点です。
 

1.有効なAI相互コミュニケーションがない

AIがデータを互いに通信し、処理を調整する方法はありません。すべてが手作業で行われなければならず、本当に高価です。

複雑なアルゴリズムを開発する際の障害は、現在のドメイン外の世界の一部と対話する必要があることです。たとえば、自転車を操縦することを学ぶ自走車でも、世界中の道路標識を特定する必要があります。この状況は、サインの分類が外部アプリケーションによって行われる知識システムとして最もよく扱うことができます。これにより、必要な作業量が急速に増えます。

2.AIの有効な発見方法がない

AIサービスを見つける方法はなく、AIサービスを使用せずにAIサービスの品質を判断する方法もありません。これにより、不要なリスクが発生します。

データ処理インテリジェントアプリケーションは、従来から人間のフィードバックが必要なタスクを実行します。このようなタスクには、構造化されていないデータを処理し、有用な出力を提供できるパターンを見つけることが含まれます。これらのアプリケーションは、注釈付きの大規模なデータセットで訓練されています。注釈付きデータセットを取得することは些細なことではなく、多くの時間と費用を必要とします。

3.高価な使用である

AIを作成して他の人に接続して市場に出すことができる人はほとんどいません。これは、AIをあまりにも高価にし、複雑すぎるようにします。

さらに、計算コスト大規模なAIの開発と訓練は、計算に集中する作業です。これには、テラバイトのデータを処理できる技術インフラストラクチャ、複数のGPUでバッチ処理を行い、結果を調整することが必要です。

 
以上の問題点を解決するために、必要なのは、大小両方のエンティティがAIの作成に貢献するだけでなく、これらのアルゴリズムの恩恵を受けるとともに、実際にこれらのアルゴリズムを使用できるようにする実行可能な代替方法です。
 
これを、Effect.AIは可能にします。
 
 

人工知能市場の分散化のメリット

AI市場はブロックチェーン特有の技術によって相互作用間で恩恵を受けることができます。

分散化アプリケーション(DAPPS)には透明性や固定履歴などNO独自の特性があり、人工知能市場でも分散化させるプロトコルを提案することで、参入障壁を下げ、市場成長を促し、使用コストを大幅に削減できます。

前述したEffectAIのMechanical TurkはAIアルゴリズムをより簡単により早く、安価にトレーニングするためのものです。

これによって大規模なデータセットやネットワークにアクセスできないユーザーはAIアルゴリズムを簡単にトレーニングできます。

問題点はEffect Networkによって解決されます。

他の分散アプリケーションと同様に、効果は仲介パーティーを必要とせずに需要と供給を直接結びつけます。これには多くの利点があります。 •

アクセシビリティ

マイクロタスキングプラットフォームを使用して需要と供給を直接結びつけることにより、Mechanical TurkはAIアルゴリズムをより簡単に、より速く、安価にトレーニングします。これにより、大規模なデータセットや大規模なネットワークにアクセスできないユーザーは、AIアルゴリズムをトレーニングできます。 

正確さ

効果交換は、専門AIアプリケーションの豊富なオントロジーとの交換です。個々のアプリケーションは、セクション3で指定されているように、情報を購入または販売するためにお互いを見つけることができます。この交換を通じて、ユーザはAIアルゴリズムを訓練するためにかなり複雑なデータセットを使用できます。

パフォーマンス

ユーザーはEffect Exchangeで既存のデータセットを直接購入したり、Effect Mechanical Turkプラットフォームでマイクロタスクを作成して、独自のデータセットを素早く作成することができます。ユーザーに正確なデータセットをすばやく取得できるようにすることで、これらのデータセットをすぐに使用してAIアルゴリズムをトレーニングできます。

相互運用性

AIアルゴリズムをブロックチェーンに置き、これらのAIアルゴリズムが遵守しなければならない標準を作成することにより、AIを分散させ、個々のAI間の相互運用性を実現することができます。複数のAIアルゴリズムを組み合わせることで、単独のAIアルゴリズムでは実現できない強力な機能と緊急の知性がもたらされます。

 

競合分析

Effecet.AIはAIのためのオープンソースの分散型プラットフォームです。

主にAIアルゴリズムを開発したりするための分散型プラットフォームになります。

SingularityNET(AGI)

SingularityNETはAIアルゴリズムを大規模に調整、発見、および処理するためのプロトコルです。 SingularityNETはパーティーが独自のデータを所有するAIサービスのための分散型グローバル市場を可能にします。 また、AIを使用するハードルを大幅に低くします。SingleularityNETのAIアルゴリズムをラップすることで、アルゴリズムと対話するためのシンプルでオープンな標準を作成します。 オープンソースの開発者はアルゴリズムを使って収益を上げることができますが、世界全体でそれらを利用できるようになります。

Neuromation(NTK)

Neuromation Platformは分散型コンピューティングとブロックチェーンPOWトークンを組み合わせて、AIモデルの開発に革命を起こします。

ディープラーニングは非常に大きな静電容量の人工ニューラルネットワークを採用しているため、非常に正確なラベリングが必要です。 大量の画像、テキスト、音声のデータを収集するのは簡単ですが、データを記述して注釈を付けて使用できるようにすることは困難でコストがかかる作業でした。 クラウドソーシングは、数年前にデータセットの作成とラベリングの問題に適用され、数多く人力を使用して間違いを訂正し、精度を向上させました。 それは遅く、高価で、人間の偏見を導入した。 また、オブジェクト間の距離の推定、シーン内のライティングの定量化、テキストの正確な翻訳など、人間がうまくできなかった作業もありました。

SingularityNETはICOを完了しており、3285万ドル調達済みです。取引所はKucoin・TIDEXに上場しています。

チーム力として

  • 50人以上のAI開発者
  • 10人以上の博士号

アドバイザーもAI専門家が多く、豊富です。

NeuromationはICOでこの分野にしては結構な額を短期間で調達したことで話題となりました。7000万ドル以上を調達しています。

 

  Effect.AI SinguralityNET Neuromation
 トークン  AIX  AGI  NTK
 トークン特性 ユーティリティ   ユーティリティ

 ユーティリティ

プラットフォームの価値交換・手数料

 チーム力  標準的

 高い

多数の専門家チーム

Hanson Roboticsとの提携

 

 標準的

エストニア拠点

幅広い分野の専門家チーム

Taas・Hacken提携

技術特徴

相互運用性

アクセシビリティ

データプライバシー

Mechanical Turk(データセットとトレーニング)

Effect Exchange(パフォーマンスと互換性)

民主化ガバナンス

相互運用性

データプライバシー

スケーラビリティ

モジュール性

分散型自己組織化協調性SinguralityNET

 

ニューラルネットワーク

大型深層学習モデル

ノード分析

マーケットモジュール

 

       

 調達額

未定   3600万ドル  7167万ドル

取引所

 未定

kucoin

Tidex

 未定

コミュニティ

 テレグラム

16366

 デレグラム

15562

テレグラム

5722

外部評価

4.3(8人の評価者)

3.8(10人の評価者)

singuralityNETは高いチーム力が評価されており、ICOの段階からかなり注目されていました。その点、EffectAIも注目度は高いです。

競合的なメリットは以下です。

 

チーム力

チームに関してはかなり高いというわけではありませんが、明確な強力なアドバイザーやパートナーは現時点ではオープンソースの情報では見受けられませんでした。

コミュニティ支持

ICOの段階での支持は比較的高いです。

Telegram(16366)

Twitter(5234)

テレグラムに関しては立ち上げ時期にキャンペーンを行なっており、積極的な支持が見られます。

技術

データセット

データセットは、しばしば大きく、さまざまなタイプのメディアで構成されます。ブロックチェーンは、この種の情報を格納するのに適したデータベースではありません。 BitTorrent5やIPFS6などの他の分散ストレージオプションは、これらの種類の資産に特化しています。このため、ネットワークは、各メディア資産を単一のハッシュで参照できるようなハッシュベースの分散ファイルストレージを使用します。

タスクのフィードバックには、イメージのセグメンテーションなどのタスクにメディア資産を格納することも含まれることに注意してください。この場合、評価資産は分散ストレージに格納され、評価のハッシュとチェックサムがブロックチェーンに格納されます

リクエスターは、Amazon S3、Google Cloud Storage、FTPなどの従来のチャンネルを通じてデータセットを提供することもできます。

プライバシー

ブロックチェーンは分権化されており、性質上オープンしています。これらの特性は、プライバシーが懸念される場合など、必ずしも望ましいとは限りません。エフェクトネットワークを機密情報として使用できるようにするためには、いくつかの対策が必要です。

ネットワークは、以下の場合にプライバシーを提供することができます。

  • データセットリクエスタは、データセットを暗号化された形式で提供でき、選択されたユーザーだけがデータを解読またはアクセスできる
  • パブリックキー暗号化を使用するネットワークスマートコントラクトによって決定される
  • パブリックキー暗号化では、選択したユーザーがデータセットの資格情報を復号化できる
  • ユーザー評価作業者が実行したタスクの評価は、公開キー暗号化を使用してブロックチェーンに保存される
  • 所有者の公開鍵は評価に署名するために使用されるため、タスクの所有者のみが評価を見ることができる
  • プライバシ機能を含むタスクは、計算コストが高くなるため、ネットワーク料金も高くなる

     

アプリケーション呼び出しと発見

アプリケーションは、ブロックチェーン上のスマートコントラクトを通じて呼び出すことができます。契約の呼び出し元は、契約の所有者に必要な資金を移して、アプリケーションと対話できるようにする許可トークンを取得する必要があります。 アプリケーションレジストリのおかげで、アルゴリズムはブロックチェーン上で可能なコラボレーションを探索することができます。

また、他のアプリケーションとの相互運用性は、より多くの対話、すなわち財政的インセンティブを意味するため、データ交換フォーマットの標準化を促進します。

アプリケーションレジストリ

ネットワークは利用可能なアプリケーションのレジストリを維持し、このレジストリは、アプリケーションとその入力と出力の技術スキーマを記述する意味論的オントロジーで充実しています。

エンドポイント

エフェクトAI Exchangeのアプリケーションエンドポイントは、HTTPプロトコルを使用して通信します。データはJSON形式で交換され、定義されたRDFスキーマを強く確認する必要があります。

購入者の秘密鍵で署名された要求は、エンドポイントによって受け入れられます。認可トークンを発行し、それらの妥当性をチェックすることは、ブロックチェーンの部分インデックスを保持する公開APIによって行うことができます。彼らはこのサービスを提供するための少額の料金を請求することができます。

ロードマップ

2018年Q1

トークンセール

Q3

EffectAI M-Turk完全リリース

2019年Q2

effect Smart Market完全リリース

Q4

EffectPower 完全リリース

 

トークンについて

シンボル:AIX

プラットフォーム:NEO

調達目標:1810万ドル

総発行数:6.5億枚

最小最大キャップ:50〜25000ユーロ

受け入れ通貨:ETH NEO

AIXトークンはユーティリティです。

トークンセール参加方法

トークンセールは3月からです。

賞金プログラムに参加できます。

Join Bounty

 

総括ーEffectAIの投資判断

すでに同時期に有望なプロジェクトが存在するAI分野ではありますが、NEO×AIという点では話題にはなってくるかなと思います。

個人的には、まだ情報が少ないので、まとめながら参加を検討したいと思います。

関連リンク

公式サイト

https://www.effect.ai/

白書

https://effect.ai/download/effect_whitepaper.pdf

Twitter

Facebook

https://www.facebook.com/effectai/

telegram

https://t.me/effectai

  • この記事を書いた人

BAB

暗号通貨にどっぷりはまり、日々勉強中。専らトレードで日々収益を得ています。 当サイトではビットコインからアルトコインなどの暗号通貨の他、最新投資案件やビジネス情報をマイペースに配信中。 一般公開できないICO,アルトコイン、案件情報は公式Line@でのみ配信します。

おすすめ記事はこちら

1

目次1 はじめに2 全体概要-Sparksterとは?3 プラットフォームの大きな特徴3.1 クラウド界に混乱を起こす3.2  IoTと分散型クラウド3.3 大幅なコスト削減3.4 シンプルで直感的な ...

2

目次1 Quarkchainプロジェクトの背景と概要1.1 背景1.2 ビジョン2 プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引2.1 二層ブロックチェー ...

3

目次1 QuardrantProtocolの全体概要2 ビジョンー何を解決したいのか2.1 Quardrantの解決策3 アーキテクチャと技術3.1 PoA アルゴリズム4 技術ロードマップ4.1 現 ...

-Effect.AI, ICO

error: Content is protected !!

Copyright© BAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.