この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

 

エアードロップが開催中ですので、この記事で簡単にご紹介します

データ系プロジェクトです。

Dxchainとは?

DxChain ネットワークは、ビッグデータや機械学習に特化したスケーラブルなパブリックで拡張可能なブロックチェーンです。

このプロジェクトは、ネイティブのプロトコルトークンを持つコンピューティング中心のブロックチェーンによって強化された、大規模なデータおよび機械学習ネットワークを構築します。

ビジョン

GoogleとFacebookのモデルをValue 1.0のインターネット、BitcoinとEthereumのモデルをValue 2.0のインターネットとして定義すると、

Value 3.0のインターネットはオンライン世界全体の情報の格納と使用を分散するものでなければなりません。

プロジェクトDxChainは、Value3.0 of Internetというビジョンを実現することを約束しています。

 

BitcoinとEthereum

BitcoinまたはEthereumレジャーのデータ処理能力は、現在のインターネット容量に比べて非常に不十分です。これまでのところ、そのアプリケーションは、アカウント転送やロジスティック情報の追跡などの領域に限られていました。

依然として実需を伴うものは少ないです。

現在のインターネットを実際に変更する前に、ブロックチェーン上のデータストレージと計算のボトルネックを解消する必要があると考えています。

最も賢明なアイデアは、効果的な仕事に応じて鉱夫に報酬を与えるインセンティブメカニズムであるPoW(Proof of Work)でした。新しいブロックチェーン経済モデルの技術的根拠を提供します。

しかし、Nakamotoのコンセンサスプロトコルは、大部分の計算能力をブロックチェーン自体の維持に割り当てているため、システムの計算能力は厳しく制限されています。

PoWの高い待ち時間と低いスループットの限界を解決するために、より多くの合意と技術が出現しました。例えば、dPoS(proof of Stakeの委任)は、スーパーノードを中心に部分的に導入し、オフチェーンは高周波トランザクションをサイドチェーンに持ち込みます。

いくつかのソリューションもあります。plasmaはこれらの概念に基づいて別のタイプのチェーンを開発しました。問題は、依然としてPlasmaがトランザクションの処理に重点を置いていることです。

Morpheoは機械学習をサポートするためのプラットフォームも作成しましたが、設計自体は集中化されています。

業界は、ビッグデータと機械学習をサポートする分散型並列コンピューティング環境を提供するための単一の満足のいく解決策をまだ見ていません。

DxChainのアーキテクチャ

DxChainの設計は、分散型で自律的な大規模なデータ交換のためのプラットフォームを構築することを目指しています。

プロジェクトの特徴

無数のパーソナルコンピュータまたは特別に設計された鉱山機械で構成されている

データの保存と計算のコストを非常に低く抑えることができる

データが大企業によって独占されていないため、その価値はすべての所有者に均等に分配されるほとん

どのビジネスデータ交換およびデータ分析要件をサポートするように設計された、柔軟で強力なDxChainベースのシステムアーキテクチャ

DxChainは、データの計算、ストレージ、およびプライバシーの問題を解決するためのチェーン連鎖システムアーキテクチャを採用しています。

1.チェーン・オン・チェーン(チェーン連鎖)アーキテクチャ

このシステムは3つのチェーン、1つのメインコンピューティングチェーンと2つのサイドチェーンで構成されています。 

  1. マスターチェーン取引、領収書、契約などの資産情報を格納します。
  2. データチェーンP2Pファイルストレージシステム上に構築され、非資産データを格納します。
  3. 計算チェーンDxChain仮想マシン(DVM)上の特定のコンピューティングタスクをサポートします。

2つのサイドチェーンのうちの1つは、大規模データ用の汎用コンピューティングの問題を解決するために並列コンピューティングを実行します。最終的に機械学習を達成し、BIサポートを提供します。

もう一方のサイドチェーンは、主に大きなデータストレージを提供する責任があります。これは、計算チェーンの対応するサポートも提供します。

メインチェーンは、トランザクション関連のオペレーションを提供し、これらの2つのサイドチェーンを調整します。

2.Hadoop埋め込みによるアーキテクチャリファレンス

同社のモデルは分散型処理技術のHadoopアーキテクチャを指していることを強調する必要があります。

Hadoopとは

Apache Hadoopは大規模データの分散処理を支えるオープンソースのソフトウェアフレームワークであり、Javaで書かれている。 Hadoopはアプリケーションが数千ノードおよびペタバイト級のデータを処理することを可能としている

 

過去10年間、Hadoopは、組織や企業内のデータの分散ストレージにとって最適なソリューションでした。しかし、分散ストレージを実現するために、さまざまな組織と参加者間で信頼を得る方法の問題は、Hadoopでは解決できません。

過去10年間にわたって業界で繰り返し検証されているHadoopの技術的利点を利用して、センター環境で分散ストレージと計算の問題を解決するためのブロックチェーンの独自のメカニズムを組み合わせました。

分散ストレージと計算のための最も安定した汎用ソリューションを提供する、ブロックチェーン時代の将来のHadoopになることを望んでいます。

詳細なイノベーション

DxChainには技術的な観点から3つの大きな革新があります:

  • PDC:プロバブル・データ・コンピューティングと検証ゲームを導入する新しい分散コンピューティング・フレームワークであり、計算フレームワークのコンセンサスメカニズムは、検証ゲームが計算プロセスの検証可能性を保証する「検証ゲーム+提供可能データ計算(PDC)」メカニズムを採用し、計算結果の検証可能性を保証する。
  • PDP:DxChainのデータストレージのコンセンサスメカニズムは、鉱夫が継続的にストレージを提供していることを検証するために、「Spacetime(PoSt)+ Proable Data Possession(PDP)の証明」メカニズムを利用しています。
  • DxChainのデータモデルは、ストレージ上に構築され、データの意味を提供します。したがって、データは貴重な知識となり、データの計算が便利になります。さらに、データモデルは、データモデルベースの暗号化と、差分プライバシーの2つのプライバシー保護メカニズムを実現するのにも役立ちます。

DxChainは大量の個別データを収集し復元することができるため、各データにはより多くの価値が与えられ、より強力なプライバシー保護が与えられます。セキュリティ保護されたプライバシー環境では、個人は自分の希望にしたがって自分のデータを交換し、その恩恵を受けることができます。

例えば、医療分野では、患者情報は通常、重要な問題で、研究機関や製薬会社は研究を行うために患者のデータを必要とするが、プライバシーに関する懸念から十分なデータを得ることはほとんど不可能です。一方、個人データは価値がないため、患者は自分のデータからほとんど利益を得られません。

患者のプライバシーが完全に保護された状態で、患者のデータを蓄積、復元、交換することができるため、DxChain採用される結果になる可能性があります。

私たちは将来、DxChainが巨大企業の情報独占を破り、インターネットを新たな多次元および多極化の時代に導くことができると信じています。それは私たちが想像するバリュー3.0のインターネットです。

開発計画

2017

  • 識別された主要な技術とコンポーネント
  • 大きなデータの記憶と計算を研究
  • ブロックチェーンのコンセンサス技術

2018Q1

  • 白紙をリリース
  • 主要技術の設計とプロトタイプを完成

2018Q2

  • 最小限の製品ネットワークの立ち上げ現行ステータス

2018Q3

  • マスター/ DSCテストネットワークのベータ版発売

2018Q4

  • マスター/ DSCテストネットワークの立ち上げ
  • API / SDK /ライブラリのベータ版の起動
  • ウォレットのアルファプレビュー

2019Q1

  • マスター/データメインネットワークの立ち上げ
  • API / SDK / library publish   
  • ウォレットの発売

2019Q2

  • DSC打ち上げのためのデータモデル
  • DVMプレビューの開始

2019Q3

  • DVMベータ
  • CSCプレビューの開始

2019Q4

  • マスター/ CSC / DSCメインネットワークの立ち上げ

市場と競合分析

Dxchainの参入分野は一概にはいえず、データ交換、データストレージ、並列コンピューティングなど多種に及びます。

競合をあげるとすれば、データ交換プロトコル系やデータストレージ系のプロジェクトです。

同時期にもかなりのICOがスタートしており、激化している分野です。

データ交換プロトコル

  • OceanProtocol
  • CarryProtoocl
  • Quardrantprotocol
  • Airbloc
  • Fysical

データストレージ

  • Storj
  • Filecoin
  • Siacoin

データ交換プロトコルやマーケットプレイスとは競合というよりパートナーとして見なされる場合が多いと思いますので、重中型のAmazonやGoogle、Facebookなどのサービスや分散型のストレージサービスが直接的な競合になるかと思います。

チーム

チームは中国系のメンバーで構成されています。

コアメンバー 職務 領域 経歴&資格

Allan Zhang

Co-founder ブロックチェーンとネットワークセキュリティの専門家 Trustlookの創設者
Wei Wang Co-founder&chief Scientist データ科学、ビッグデータ、人工知能

コロンビア大学を卒業

ブロックチェーン技術に関するAT&Tの研究の主任科学者

大規模なデータや人工知能に関するHortonworksの研究の主任科学者

James Li

Co-founder ブロックチェーンシステムの設計とアーキテクチャ Tripwireプリンシパルセキュリティアーキテクト
Taosheng Shi Blockchain Engineer 分散システムの研究開発の経験が10年以上 NOKIAの元システムアーキテクト&イノベーションマネージャー
Maizie Feng 製品&コミュニティマネージャー 製品の設計、運用、コミュニティの成長 TencentとXunleiの元シニアプロダクトマネージャー
Chaowen Li 広報 テクニカルレポートとPRで9年の経験

CBN WeeklyとBloomberg Businessweek Chinaの元チーフ・ライター

シリコンバレー事務所のJiemianの上級ジャーナリスト。

Sunny He 投資関連&BD 資産管理、投資

CKCICのパートナー。

China Telecom Americasのグローバルアカウントマネージャー。

コロンビア大学MIA。アドバイザー

Claire Yu デジタルマーケティングマネージャー コミュニティ管理

アカデミーオブアート大学での広告のMFA

アドバイザーとパートナー

顧問アドバイザー  経歴 ポートフォリオ
Leo Wang

アジアで有名な暗号通貨投資家

PreAngelの創設パートナー

NEOのエンジェル投資家

Yan Gong

CEIBSの教授

不明
Fan Zhang

vancoinのパートナー

Sequoia Capital Chinaの創設パートナー

不明
     

投資家

SIGNUM Capitalからも投資を受けています。数というよりVCは強力と思います。

SIGNUMはこれまでに以下のようなプロジェクトに投資してきています。

Quarkchainやデータ系のFysical、carryProtocolにも出資しています。

 

コミュニティ

Twitter

20835

Telegram 

23098

Facebook

66

Alexa

1771772

 

コミュニティに関しては、エアードロップのおかげで、テレグラムツイッター数は伸びてます

外部評価

評価は多くは上がっていませんが、ICOdrops に掲載されてから、エアードロップもあるためテラグラム数は伸びてきています。

Medium
trackICO 3.7
ICOrating no Rated

 

トークン販売について

未発表です。

エアードロップに参加しよう

さて、本題ですが、500万ドル相当のDXCトークンは、このAirdrop中に配信されます!各メンバーは友人を紹介して無制限のボーナスポイントを得ることができます!*

  • 最低10,000points必要
  • 100 points = 1 DXC
  • 最大500DXCまで

手順はこちら

テレグラムに参加します

Bounty Telegram bot

  1. 参加したら/startと入力します。
  2. ツイッターをフォローします
  3. Retweetしたリンクを提出します
  4. テレグラムの招待リンクをシェアします
  5. 招待者ごとに1000P獲得できます。

微々たる数ですが、ぜひ参加してトークンを無料で獲得しましょう!

DxChainの未来は?

 DxChainは、さまざまなマシン学習およびデータマイニングアルゴリズム、データストレージ、音楽/ビデオストリーミングなどの多くのアプリケーションをサポートするように設計されています。さまざまなセクターの開発者がDxChainをさまざまな方法で活用できます。

DxChainで動くエコシステムの3つのユースケースが以下に説明されています。

スマートシティ: DxChainユーザーは、センサが毎日生成するデータセットで機械学習分析を直接実行し、ビジネス上の日々の意思決定を導くための実用的なビジネスインテリジェンスレポートを作成できます。 Googleのエコシステムデベロッパーは、自らの機械学習アプリを構築するために活用することができます。

健康管理: データとトラフィックを格納するためのコストを削減します。データを暗号化し、ブロックチェーンで扱いやすく安全な方法で保管します。 DxChainのデータモデルを使用してデータを標準化することにより、データの交換と共有が可能になります。機械学習により、医療ベンダーは患者の健康状態を監視し、重要な生命信号を送信するためのAIを構築することができます。

AIモデルトレーニング: 分散型の大規模なデータと機械学習のブロックチェーンであるDxChainは、AIベンダーにさまざまなメリットをもたらします。エコシステム開発者は、DxChainを活用してDappを学習する独自のマシンを構築できます。

Dapps開発やデータ企業だけでなく、医療やioTセンサーなどの身近な実生活でも使用されるようになると非常に期待できますね。

 

総評

情報がやや少なめですので評価はできませんが、個人的には期待したいプロジェクトです。競合がやはり多いですが、チーム力やビジョンから期待値は高めです。また詳しい情報が掲載されましたら追加でコメントします。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here