Domraider(ドムレーダー)

Domraider(ドムレーダー)のオークションの流れとDRTトークンの用途について

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 22 分です。

 

こんにちは。今回は、ドムレーダー社が提供するブロックチェーン技術を用いたオークションの流れやトークンの用途について、見ていきたいと思います。

ドムレーダーに関してはこちらの記事を参考にしてください。

ドムレーダーの概要について

ドムレーダーの優位点について

ドムレーダーのソリューションについて

また、公式の概要は以下です。

公式サイト


前提として

まず、オークションの流れの前提として、ドムレーダーのプラットフォームにはBigChainDBという技術が用いられてます。これは、スケーラビリティと復元力を高めるために用いられます。

そして、オークションには買い手と売り手、オークション主催者としてのオーガナイザーが存在します。

DRTトークンはオークションへのアクセス権利として利用されます。

オークションの流れ

一般的なオークションの過程は以下です。

オークション開始前

オークションに参加する際は以下の手順でアクションを行います。

①オークションオーガナイザーは、販売を開くためのBigchainDBアセットを作成します。
②ユーザーはDRTデポジットを配置して、デポジットの数にリンクされたクレジット検索を開きます。このデポジットは、次の2つの方法で作成できます。

  • DRTトークンジェル
  • Bitcoin支払い、EthereumからDomRaiderボットへ、寄託アドレスを生成し、ユーザーアカウントのDRTトークンジェルを実行します。

また、SHAYPSHIFTサービスによりDRTトークンだけでなくほかの暗号通貨での参加も可能です。

Shapeshiftサービスを使用することによって、この操作は他の暗号通貨を使用して可能になることが重要であり、オークションボットはデポジットを登録し、BigchainDBデータ内に情報を記録します

オークション開催中

オークション中はユーザーは入札を行い、その単価はBigChainDBにより管理され、ボットにより更新されます。手順は以下です。

③ユーザーは、BigchainDBトランザクションを使用して、「対象」資産に入札単価と入札単価を上げます。オークションルールは資産の構成データに従って検証されます。

④より高い入札価格の有効性は依然として十分な入金に結びついています(情報はボットによって更新されます)

オークション終了後

オークションが無事終了すると、落札者が決定し、支払が行われます。また、ほかのユーザーの支払い撤回も同様に行われ、終了します。

⑤勝者が宣告され、操作を終了するには支払いを行わなければなりません。 DRT以外で支払いが行われた場合、オークション主催者はこれをシステムでメモする必要があります(暗号化の支払いはDomraiderのボットによって自動的に登録されます)

⑥他のユーザーは、DRTトークンを撤回するか、他のオークションの保証として残すかを選択できます。

⑦ボットはトークンを解放し、各参加者の「クレジット検索」を更新します。ユーザーのDRT預金保証の取り消しは、オークションが進行中でない場合にのみ許可されます。

ノードの管理

最初は、少数のBigchainDBノードを使用してシステムを起動します。これらのノードはすべてDomRaiderによって管理されます。それにもかかわらず、サービスの分権化の程度を広げるために、ネットワークを運営する当事者の数を多様化するためのプログラムを立ち上げます。さまざまなインセンティブによって、オペレータは新しいノードを設定することができます。

オークション内のインセンティブにより、ノードを新しく設定でき、以下のようなプログラムを実行できます。

  • オークションネットワークユーザーのネットワーク遅延の最適化と制御
  • オークションセクター運営者とのパートナーシップ
  • サービスの品質と可用性の長さに応じて、TOP 100 DRTノードの月額スポンサーシッププログラム(サーバーによって運ばれる参加費):このプログラムはわずか12ヶ月間にリリースされ、DomRaiderが終了すると、複製する価値があるかどうかが決定されます。

最良の長期的解決策を決定する概念の証明

プラットフォームのバージョン1を開発するのと並行して、R&Dチームはさまざまな技術の進化に対応するためにいくつかの個別のProof of Concept(POC)に取り組んでいます。
この段階では、ドムレーダー社は、次のPOCが最も関連性が高いと想定しています。

  • ブロック時間の制約なしにタイムスタンプをテストするためのByteball

  • セグメンテーションをテストするためのサイドチェーン

  •  ERC20トークンを使用したマイクロペイメントチャネル:スケーラビリティを評価し、この原則を使用して取引コストを管理しているかどうかを確認します。

しかし、事態の進展の仕方によっては、評価される解決策が本書で想定しているものとは異なる場合があり、技術的な解決策が開発や生産での関連性よりも高い場合は、ユーザーインターフェイスを変更しないという条件で、ドムレーダーのプラットフォームから移行する計画を作成(および伝達)するようです。

このオンチェーンまたはオフチェーンソリューションに関してはこちらの記事を参考にしてください。

ソリューションについて

 

DRTトークンの用途

DRTは、DomRaiderテクノロジーを使用して設定されたオークションに参加してアクセスするためにのみ使用できます。このオークションネットワークが作成されると、DRTは以下のようにネットワーク上で使用されます。

※DomRaiderがオークション販売のブロックチェーンテクノロジを開発する前に、DomRaiderトークンを使用することはできませんが、利用可能になったらプラットフォーム内で自由に交換することができます。

要約すると、DomRaiderによって設定された入札システムは、以下を可能にします:

(オーガナイザー)オークションで商品や商品を販売することによってオークションオーガナイザーは、通貨で決済するのではなく、売り手にDRTの売り上げを直接提供することを選択することができる

(プロの売り手)熟練した売り手は、売り手と主催者の両方として行動することもできる

このようにして、彼らはオークションを完全にコントロールすることができます。

また、各ユーザーはプラットフォーム内でトークンを獲得することもできます。

トークンを獲得する

オークション内でトークンを以下の方法で獲得できます。

販売手数料を受け取る
主催者は、発注したオークションの落札額から差し引く手数料のレベルを自由に設定することができます。 DRTで支払われるこの手数料は、初期設定に沿って、販売価格から加算または控除されます。

主催者が最初の設定でこれを許可した場合、ビジネスプロバイダ、プラットフォーム、さらにはモバイルアプリケーションプロバイダは、落札者がこの仲介者を経由した販売に関するDRTに手数料を受け取ることがあります。

関連ネットワークサービスの販売:補完オークションサービスを提供したいサービスプロバイダは、計画された取引に参加し、DRTの顧客から支払いを受けることができます。例えば、オークション中のボラティリティに対する保証金を保証している金融サービス提供者は、DRTのサービスに対して請求することができます。

オークションの編成:ネットワーク上に新しいオークションを発行するには、主催者の直接取引費用は含まれませんが、最初にDRTに預金保証を提供する必要があります。これは、すべての販売取引費用が販売価格に加算されるため、完了した販売終了時に完全に払い戻されます。売却が完了しなかった場合、または主催者が取り消した場合、または当選者が直接支払い(主催者の顧客または販売パラメータ)から免除されている場合、取引金額を補填するために、いつでも、セキュリティデポジットを部分的に保持することができます。

トークンを使用する

DRTトークンの使用用途は以下2つです。主に主催者が保証金を必要とするオークションの場合です。

認定オークションの保証金として:オーガナイザーが保証金を必要とするオークションでは、入札者はDRTの関連する保証金で入札を体系的に「カバー」しなければなりません。この入金は、オークションが有効な期間中のみエスクローで行われ、すぐに解除されます。銀行カードの口座振替による事前承認と同じ仕組みです。

入札を落札するための保証金として:主催者が保証金を必要とするオークションでは、入札を獲得すると入札者が保有する対応する金額が保証金に振り替えられます。その合計は、バイヤー、主催者、および仲介業者の間で分配されます。売却期間中に発生する可能性のあるオークションの通貨とDRTの間の為替レートリスクをカバーするために、保証金が少し高い場合を想定するとき、これに該当する場合、買い手は販売終了時に残りの金額を払い戻します。

取引量の増加効果のため

DomRaiderネットワークは立ち上げから、DomRaiderが直接組織したオークションからのすべての取引を非常に迅速に処理する必要がありますが、すでに高い成長率が達成されているため、ネットワークが即座に有効に使用され、大規模かつ迅速な摂取の可能性が高まります。

さらに、DomRaiderは、できるだけ早く、主要なオークション主催者と最初の統合契約を成立させるためにすべての機能を配置します。

取引量の増加は以下のようなメリットをもたらすことが述べられてます。

グローバルトランザクションの量の増加は、3つの本質的にリンクされた要因の相関関係に直接依存します。

  • 新しいオークションを発行している主催者の数の増加
  • 主催者によるオークション数の増加
  • 利用可能なオークションに続いて参加する潜在的なバイヤーの数の増加
  • オークションを促進しアクセスツールを提供する仲介業者の数の増加
  • 主催者とバイヤーのためにネットワークの機能を拡張する補完的なサービスプロバイダーの数の増加

発行されたDRTトークンには上記のようなDomRaiderからの「行動要求」があり、公開オークションのブロックチェーンを開発することです。

トークン販売期間とプロセス

トークンは、2017年8月16日から2017年10月11日までの2段階で販売されます。

  • プレセール:16/08/2017から0800 UTC / GMTから2011/11/09まで(08:00 UTC / GMT)
  • セール:2011年9月12日の08:00 UTC / GMTから2011年10月11日までの8時00 UTC / GMT

事前販売期間中に販売されたトークンの総数は、ICOによって最初に販売された総トークン数の75%を超えることはなく、最大262,500,000のトークンです。プレセー期間中に受け取ったリクエストの数がこのレベルを超える場合、リクエストは設定された限度に沿って時間順に受領され、超過注文はクライアントに返されます。

トークンの可能性

販売期間が終了すると、スマート・コントラクトを介してトークンが発行され、7日以内に、つまり18/10/2017までにトークンが発行されます。

トークンホルダーの可能性は以下です。

  •  販売されたトークンは、割り当てられた時点から使用され、転送されることがあります。
  • 業務の成功に寄与したステークホルダーに無償で配布されるトークンの20%は、すぐに使用可能かつ譲渡可能となります。残りの80%は、最初のトークンが発行された日から毎月合計10%で徐々にリリースされます。このようにして、このカテゴリから得られたトークンの所有者はすべて、そのトークンの発行から8ヶ月後にこれらのトークンを完全に無料で使用し、譲渡することになります。
  • DomRaiderが予約貯蓄しているトークンは、予約金の90%のレベルでロックされ、月に合計予約額の5%で徐々にリリースされます。それらの使用については後述します。

※ロック解除は、トークンのスマートコントラクトに設定されたルールに従って自動的に実行されます。

取得価格と条件について

ICO(Initial Coin O ering)の販売期間中、トークンは€0.10 / DRT($ 0.117 / DRT)の単価で提供されます。

※注文の支払いが複数の通貨で行われるため、注文中に事前に割り当てられたトークンの数は、顧客の支払いが受け取られた瞬間の有効な為替レートに基づいて計算されます。
注文が顧客によって検証され、顧客の支払いを受けた瞬間から、顧客にあらかじめ割り当てられたトークンの数の増減につながる可能性のある為替レートの変動が存在する可能性があります。

トークンの支払いは、クレジットカード、SEPA(シングルユーロペイメントエリア)口座振替、SWIFT銀行振込またはPayPalで行うことができ、支払取引が15分以上有効であれば、それは遵守されているものとみなされます(使用されているブロックチェーンとネットワークの輻輳レベルによって、取引ブロック数が異なる場合があります)

いかが公式からの注意点です。

選択されたレートはクラーケン交換プラットフォームによって供給されるレートとする
取引手数料(ガス)はすべて追加され、顧客が支払うものとする

ほかの暗号通貨でも支払い可能

瞬時変換サービスShapeshiftは、サービスで使用されている別の暗号化通貨でお支払いをご希望の方にも提供されます。 Etherでの支払いに使用されているのと同じ計算方法を適用して、事前に割り当てられたトークンの数を設定します。表示された価格は、すべて税抜きで、特別に記載されていないサービスは免除されます。

※注文金額の全額は、注文の瞬間に支払われなければなりません。順序付けられたトークンは、支払いの受領時にのみ割り当てられ、配送されるものとします。

資金の管理

注文の支払いとトークンの配送の間に、顧客が支払った資金または暗号通貨はDomRaiderによって保管されます。以下の注意点を必ずお読みください。

DomRaiderが有効な代金を現金化した場合に支払われたものとみなされます。支払い義務を認識したタイトルの送金は、有効な支払いではありません(事前に送金証書を受理しておく必要があります)早期支払いは割引につながるものではありません。
指示者が最終顧客でない場合、顧客は、下請けに関するフランスの法律第75-1.334号の手順に従っていることを確認しなければならない。これは、一般販売条件の条項顧客がDomRaiderに対する注文を申請することができなくなった場合(例えば、仕様に関する不適合に関する申し立ての場合など)、提示または承認がない場合。それにもかかわらず、お客様は、チェーンの第三者との契約上の義務を履行することに拘束されます。当社のサービスにアクセスする際に発生する電気通信費は、お客様が支払うものとします。

 

購入の手順

購入の流れはこちらで確認してください。

Domraider(ドムレーダー)はリアルタイムのオークションのための分散型プラットフォーム

※フィッシングの危険を避けるため、ブラウザに表示されるアドレスは、接続または購入を試みる前に、一意かつ独占的(https://www.domraider.io/)であることを確認してください。特に、接続が保護されていること(緑色の南京錠)と、「.io」ドメイン名の拡張子が正しいことを確認してください

トークンのバイバックプログラム

さらに、DomRaiderは、独自のトークンの貯蓄が使い尽くされた場合、前項で説明したアクションを実行するために、継続的な買戻しプログラムを設定すると書かれてあります。

DomRaiderは、ICOの販売期間中に販売されたトークンがすべて売り切れた場合、商業運転中に発行されるDRTの総数を増やす権利を留保します。
ICOの販売期間中にいくつかの連続した変更がある場合、追加のフリートークンの分配は各所有者ごとに累積されます。
計算は、将来の保有者の性質に関わらず、商業活動に貢献したステークホルダーとその所有権に関してDomRaiderを含めて同一でなければならない。

ICOで発行されるトークン数は決まっていますが、継続的な買戻しプロセスもあります。

トークン販売終了後

売却期間の終わり、つまり2017年10月11日に未売買トークンが残っている場合、DomRaider、Eefficiency、Inovaaの2大株主が余剰分のトークンのの購入を引き受けています。

一方、販売期間の終了時に、注文が使用可能なトークンの数よりも多い場合、これらは注文の時間順に顧客に割り当てられます。受領されなかった注文は、元の支払い方法(銀行振込、クレジットカード、PayPalまたは暗号通貨)を介して、週内に当該顧客に払い戻されます。

資金の用途

トークンの販売による利益は、DomRaiderが資金を提供できるようにするものとします。

  • DomRaiderの事業の成長
  • オークション専用ブロックチェーンの開発
  • ネットワークとその機能の利用を発展させるための戦略的目標におけるステークの取得

主にこれらの要素に資金が割り当てられます。

予備のトークンの使用用途

DomRaiderは、計画されたトークンの予備貯蓄を次の目的で使用します。

  • ネットワークの可視性と普及を促進するためにプロジェクトを促進するため:コミュニティのための賞与と賞金や広告の視認性とメディアの購入に充てられます。
  • 使用拡大のためのインセンティブの支払いのため:賞金、オープンソース寄稿者への資金提供、オークション主催者とのパートナーシップ、追加のサービスプロバイダとのパートナーシップのために充てられます。
  • DomRaiderネットワークを開発するために、プロジェクトの新たな側面や新たな買収資金を調達するための追加販売:ドムレーダー社のチームビジョンとしては、自立した新興企業という意志のもと、会社の成功に貢献することがあります

ユーザーをあらゆるものの中心に置くこと、そして分権化された意思決定のアプローチは、「解放された企業」の指針、つまり各従業員が会社の成功に全力を尽くすのを助けることからインスピレーションを受けています。

2017年に創業した新興企業の1つとして、チームの各メンバーは自律的で、自分の仕事を担当しています。各従業員を株主にするフリー・シェアの配分プログラムのおかげで、労働の成果は共有されます。

このように述べられています。

最後に

今回は、実際のオークションの流れとトークンについて見て見ましたが、ICOも順調に調達して行っており、取引所の整備も進んでいるようです。

取引所に関しては、新たにニュースがありました。

DomRaiderトークンはHitBTCとEtherDeltaに上場する

DomRaider(DRT)は現在、HitBTCとEtherDeltaの2つの主要なグローバル暗号暗号交換でサポートされていることが知らされました。
DRTは、DomRaiderトークンセールが10月11日に終了してから1週間後、2017年10月18日にHitBTCで取引可能になるようです。

これは、とてもいいニュースです。トークンの拘束期間も短く、Bittrexとも交渉しているようなので、トークンの価値に追い風となりますね、

参加はお早めに

ICO参加はこちら

公式サイト

ホワイトペーパー

  • この記事を書いた人

BAB

暗号通貨にどっぷりはまり、日々勉強中。専らトレードで日々収益を得ています。 当サイトではビットコインからアルトコインなどの暗号通貨の他、最新投資案件やビジネス情報をマイペースに配信中。 一般公開できないICO,アルトコイン、案件情報は公式Line@でのみ配信します。

おすすめ記事はこちら

1

目次1 はじめに2 全体概要-Sparksterとは?3 プラットフォームの大きな特徴3.1 クラウド界に混乱を起こす3.2  IoTと分散型クラウド3.3 大幅なコスト削減3.4 シンプルで直感的な ...

2

目次1 Quarkchainプロジェクトの背景と概要1.1 背景1.2 ビジョン2 プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引2.1 二層ブロックチェー ...

3

目次1 QuardrantProtocolの全体概要2 ビジョンー何を解決したいのか2.1 Quardrantの解決策3 アーキテクチャと技術3.1 PoA アルゴリズム4 技術ロードマップ4.1 現 ...

-Domraider(ドムレーダー)
-

error: Content is protected !!

Copyright© BAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.