ETHLend(ETHレンド) ICO

ETHLendがDigixとパートナーシップを発表

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

こんにちは。今回は、ETHLendに関する最新ニュースです。

 DigixとETHLendが分散型貸出に関する幅広いパートナーシップを発表

ETHLendは、Digixもパートナーシップを結ぶことを発表しました。両者の特徴を維持しつつ、お互いにメリットのある戦略的な提携を行います。その前に両者について詳しくみてみましょう。

Digixは資産をトークン化する

Digixは 貴重な現実世界の資産をトークン化する最初の概念実証の1つです。トークン化とは、価格がトレード可能かつ容易に転送可能なデジタル形式のトークンに変換されることを意味します。デジタルトークンは、商品、株式、財産などの現実世界の価値を表します。

すべてのDGXトークンには、監査された金庫に格納されている金1グラムまでの権利が含まれています。したがって、物理的なゴールド・リポジトリを移動することなく、トークン化された金の価値を融資に対して容易に取引または約束することができます。このデジタルゴールドスタンダードは、物理的な金で取引している投資家に、さらなる柔軟性を提供します。

さらに、ブロックチェーンの新興企業の将来の推測に基づく価値を持つ多くのデジタルトークンとは異なり、DGXトークンは実質金の価格の対象となります。したがって、これらのトークンは、デジタル製品を所有するというメリットがある一方で、投資家がボラティリティを回避することを目指す場合に、役に立ちます。

ETHLendとは?

ETHLendは、イーサリアムネットワーク上で実行されている分散型ピアツーピアアプリケーションです。 ETHLendは世界中の貸し手と借り手を結びつける世界的な貸出市場です。 ETHLendはERC-20互換のデジタルトークンを担保とした担保付ローンを提供しており、このアプリケーションは、流動性を必要とするトークン所有者や、無料の貸出市場に参加したいすべての人にとって理想的です。トークンを売買してポジションを解除する代わりに、借り手は容易にデジタルトークンにEtherを受け取ることを約束することができます。

また、ETHLendは、Etherchanを全ての人がボラティリティを回避し、融資契約のようなものを可能にするためにEtherローンと法定通貨を結びつける機能を追加し、その一方でブロックチェーン技術と従来の銀行とを区別する全てのメリットを維持します。(境界を越えた高速の取引、全当事者の透明性、スマート契約と呼ばれる自己実行契約を通じた安全な設計などです。)

相互パートナーシップの概要

DigixとETHLendは、”DGXトークン所有者のための新しいユースケースや投資戦略”と、個人または企業にかかわらず”ETHLendプラットフォーム使用者のための価格安定性や新しい機能を作成する”という相互パートナーシップを発表します。

このパートナーシップは、R&Dコラボレーションや製品と機能の共有、そしてブロックチェーン上のビジネスの可能性についてより多くの人々に伝え教育することを徹底するという取り組みで構成されており、ETHLendプラットフォームでのDGXトークンの適合性は、テスト融資が金のトークンによって担保されていることで、すでに正常にテストされています。

テストの流れ

①まず最初に、DGXトークンがアプリケーションの最初の固定トークンとして追加されます。これはつまり、ETHLend上でDGXトークンを誓約したい借り手は、トークンのスマート契約アドレスを提供する必要がないことを意味します。代わりに、そのような情報はアプリケーションですぐに利用できます。

②そして次に、ボラティリティフィードを導入します。デジタルトークンは、考慮に入れなければならないボラティリティを有するため、 ETHLendとDigixは、異なるトークンのボラティリティを分類し、使用者がボラティリティの固有のリスクを理解するための結果をマッピングします。

このような分類は、融資参加者の安全性に対して有益であり、DGXなどの資産裏付トークンの力を強調します。また、ETHLendは、担保価値が融資の途中で一定の閾値を下回った場合、DGXなどの低揮発性のトークンへプラットフォーム上で資産をスワップ(交換)するを可能にするために、担保スワップオプションを組み込む予定です。

③そして第三に、トークンとしてのDGXの役割です。ETHLendは、トークン貸付のトピックを研究するためには、Kovan testnet上でスマートな契約を開発するべきであると述べています。 ETHLendは、短期売却や分散などのさまざまな戦略のためのトークン貸出要求をこれまでたくさん受け取ってきており、DGXは安定した貸出基盤のための選択の土台となるでしょう。 ETHLendは、コミュニティが引き続きその必要性を表明している場合は、地方分権化されたアプリケーション上にトークン貸出を採用する予定です。

関連リンク

Digix
公式サイト : https://digix.global/

ETHLend
公式サイト: https://ethlend.io
Telegram : www.t.me/ethlend

ETHLendに関してさらに理解を深めるにはこちらの記事で。

ETHLend(ETHレンド)は融資を民主化することで金融格差を解消する

  • この記事を書いた人

BAB

暗号通貨にどっぷりはまり、日々勉強中。専らトレードで日々収益を得ています。 当サイトではビットコインからアルトコインなどの暗号通貨の他、最新投資案件やビジネス情報をマイペースに配信中。 一般公開できないICO,アルトコイン、案件情報は公式Line@でのみ配信します。

おすすめ記事はこちら

1

目次1 はじめに2 全体概要-Sparksterとは?3 プラットフォームの大きな特徴3.1 クラウド界に混乱を起こす3.2  IoTと分散型クラウド3.3 大幅なコスト削減3.4 シンプルで直感的な ...

2

目次1 Quarkchainプロジェクトの背景と概要1.1 背景1.2 ビジョン2 プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引2.1 二層ブロックチェー ...

3

目次1 QuardrantProtocolの全体概要2 ビジョンー何を解決したいのか2.1 Quardrantの解決策3 アーキテクチャと技術3.1 PoA アルゴリズム4 技術ロードマップ4.1 現 ...

-ETHLend(ETHレンド), ICO
-

error: Content is protected !!

Copyright© BAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.