この記事を読むのに必要な時間は約 24 分です。

 

DICEプロジェクトの要点

  • 暗号通貨、法定通貨のための新世代の資金調達プロジェクト
  • 分散化された自己資金調達モデル
  • クラウドマイニング

 

DICEプロジェクトの全体概要

DICEは、現在存在する暗号化通貨と伝統的な通貨の両方の特性を持ち、あらゆるビジネスのためのまったく新しい資金調達ルートを作成するためのプロジェクトです。

DICEは、単一の地球規模の生態系内で動作する多数の未接続のピア(「オペレータ」と呼ばれています)に基づいて、「クラスタモデル」経済を導入しています。これらのネットワークピアは、それぞれ独自の小さな国であり、それをサポートするDICE鉱夫はバーチャル市民です。

「投資鉱業」は、クラスタモデルが提供するもう一つの画期的なものです。鉱夫は新しいDICEを所有していますが、鉱工業生産全体に伴って各事業者の資本金は増加します。

これは投資家をあらゆる鉱夫から引き離し、誰が自分のために鉱山運営者になるのかを決めることは完全に個人的な決定です。

したがって、すべてのオペレータは、事実上、原因やビジネスベンチャーの周りに構築された自己資金調達社会構造です。

問題点とソリューション

ブロックチェーンや暗号化採用の問題点

ブロックチェーン技術の採用は困難であり、実際にその技術を活用できている企業は少ないです。

DICEでは、ブロックチェーンを新たなカスタマーモデルに置き換えます。

DICEは、シンプルで簡単な暗号化通貨エクスペリエンスを提供し、無制限のシナリオに対応し、アプリケーションに非常に柔軟性があります。

マイニングの問題点

通常、マイニングのデータブロック作成には膨大な計算力と時間、そしてコストがかかります。

同様に、DICEブロックを作成するプロセスは「マイニング」と呼ばれ、有効なDICEに必要な要件を刻むデータブロックを生成するには、かなりの計算力と時間が必要です。

ブロックの生成に使用される電力は、中央銀行によって発行された硬貨および紙幣が発行銀行によって保証された本質的価値を保有するのと同様に、その本質的な最小金額を保持します。

したがって、DICEデータブロックは、通常のお金とまったく同じ方法で、商品やサービスの交換媒体として使用できます。

DICEブロック(別名「DICEユニット」)が採掘されると、それを格納し、後に何か他のものと引き換えに使用することができます。

新しい所有者は、次に、別のものを支払うためにそれを順番に使用することができます。それはデータの小さなブロックであるため、DICEは電子メールで簡単に送信することも、一部の資料にスタンプまたは印刷することも簡単です。

必要に応じて電話で音声で綴ることさえできます。

資金調達の不平等問題

平均的な人/組織は株式の資金調達にアクセスできません。

個人は、企業への投資によって状況を改善するために、しばしば十分な可処分所得がありません。

この解決策となるのが、DICEクラウドマイニング モデルです。この原則は、DICEをローカルで生成するソフトウェアをダウンロードする代わりに、個人が資本を投資しないという違いがあります。

クラウドファンディングプラットフォーム(1600億ドル市場)に似ています。

このプロセスはマイニングと呼ばれます。 採掘されたDICEは、集団鉱業の終了時に組織によって公平に変換されます。

プロジェクトの特徴

 完全な透明性または完全なプライバシーのために、すべてのオペレーターのレベルで完全にカスタマイズ可能です。

  • オンライン取引とオフライン取引の両方で使用できる
  •  特別なソフトウェア財布の必要性がない

真の地方分権化

DICEには、典型的なブロックチェーンアーキテクチャに存在する単一の元帳がありません。代わりに、世界の生態系には運営者と同じくらい多くの元帳があります。そのうちのいくつかは公開されており、他のものは非公開です。

強化されたセキュリティ

DICEをハックして盗むことを実質的に不可能にする新しい通信プロトコル。 DICEの物理的性質には、実際のデータ構造のコピーが必要です。

オフラインマイニング

DICEをマイニングするプロセスは、本質的に、有効なデータブロックが見つかるまで多数の試行が行われるループです。そのためには、フリーソフトウェアとコンピュータだけが必要です。

または、短時間でより多くのユニットを生産できる高出力システムである特別に建設された鉱業設備が必要です。マイニングDICEは誰でも行うことができます。

鉱山設備は、オフラインで鉱山している間に多数の新しいユニットを保存し、オンラインで掘り下げたときに一度にオペレーターと確認することができます。採掘されたDICEはすべて、関連するオペレータのアドレスのアドレスを保持しており、将来のいつでも、検証および評価のために完全に自立しています。

スピードとスケーラビリティ

多数の接続されていない小さなノード上に構築されたモデルは、最大限の並列化と無制限のスケーラビリティを実現します。各ノードは、全体のトラフィックのごく一部しか処理しません。

絶対無料

取引手数料の概念は、DICEモデルには存在しません。両者へのインセンティブは、手数料ではなく他の場所から来ます。

社会経済

DICEの最大の進歩の1つは、投資鉱業というアイデアです。これは、特定のビジネスや資金のために資金を調達し、同時に自分自身を鉱山していく社会的結合の機会です。

仲介者の排除

交換や特別な財布を必要としない真の “ピアツーピア”モデルです。

決定論的で予測可能

DICEは投機的資産ではなく、ショックのない実装で伝統的なお金を置き換えるように設計されています。

DICE の採用技術

DICEはブロックチェーンよりもセキュリティを高めるために、単元帳はありません。単一取引の公的元帳の代わりに、より効率の高い単一の地球規模のエコシステム内で作業する未接続のピア(「オペレータ」)の新しい「クラスタモデル」を導入します。

DIgital CErtificate(DICE)

 

概要新しいモデルの中核要素はDICE(DIgital CErtificate)です。

DICEは、特定の組の規則に従う1024ビットのシーケンスで、トレーディングと呼ばれるプロセスにおいて、有効なDICE単位を保管し、後で物理的商品、サービス、またはデジタルコンテンツと交換することができます。

新しいDICEユニットを作成するプロセスは「マイニング」と呼ばれ、コンピューティングパワーは有効なDICEと見なされる1024ビットのブロックを生成するために使用されます。

DICE経済はブロックチェーンに基づいていません。代わりに、DICEユニットの検証を実行し、その特定のオペレータに関連付けられたDICEユニットのデータベースを維持することを目的とするオペレータ – ITハブと呼ばれるエンティティの周りに集まったマイナーの小さなクラスタで構成されます。

デジタルアドレス

デジタル署名は、誰かが誰であると主張しているかを識別するために使用される一連のビットです。

DICE認証は、ユーザーとオペレーター間のすべてのメッセージの非対称暗号化によって処理されます。 すべての鉱夫やオペレータは、公開鍵と秘密鍵の2種類の鍵を持っており、公開鍵は、ネットワーク全体が知っている(すなわち公開されている)ものであり、秘密鍵は鉱山者/オペレータだけが知っているものである(すなわち完全に秘密である)

鍵ペアの初期登録中に、ユーザは秘密であるパスワードを選択し、そのプライベートパスワードを使用して、160ビットのパブリックキーを生成します。

パブリックキーは、DICE経済での個人アドレスとIDとして機能します。

ユニット構造

1024ビット(128バイト)のバイナリブロックです。最初の4つのフィールドは、検証要求時にオペレータに送信される360ビットの「DICEヘッダ」を形成します。フィールド「オペレータ」と「マイナー」は、特定のオペレータに代わって鉱業を行う特定の鉱夫の範囲内では変更されません。

このユニット生成によって新たなマイニングプロセスが発生します。

DICE単位は、常に2乗として表される値を持ちます。これは純粋に、採掘が行われる方法での技術的な理由によるものです。

有効なユニットの可能な値は、11024,21024,41024,81024,161024,321024,641024,1281024,2561024,5121024,1,2,4,8,16,32,64,128,256,512または1024です。

DICE。分数には、 “4 mibiDICE”(41024 DICE)のように接頭辞 “mibi”があり、さらに短く – “256 mDICE”(つまり2561024 DICE)などです。

重要な詳細は、すべてのDICEが完成です作品の一部。一度採掘されると、決して変更することはできません。

ブロック内の単一のビットを変更するだけで、ユニット全体が有効なDICEではなくなります。値も一定のままです。

したがって、可能な数を達成するために、1つ以上のユニットを使用する必要があります。

例:ハンナはマイケルに11 DICEを送る必要があります。 11 DICEユニットが存在しないので、11 DICEの値を達成するためには、複数のユニットを組み合わせる必要があります。

DICE Hannahの内容に応じていくつかの方法があります。 1つの方法は、1つの8Dユニット(8 DICE)、1つの2D(2 DICE)、および1つの1D(1 DICE)を使用することです。

しかし、彼女は1Dユニットを持っていないかもしれないが、代わりに残りの1 DICEを作るために512mD(512mibiDICE)の2つを使用するかもしれない。

要約すると、DICEは硬貨や現金と同じように使用されます。

トレーディング取引

DICE経済におけるトレーディング取引は、活発な取引よりも所有権請求に基づいています。取引の元帳はネットワークのどこにも存在しません。

このプロセスは、いくつかの一般的な順で記述することができます。

1.現在の所有者は、DICEユニットを新しい所有者に提供します。これは、デジタルコンテンツ(バイナリファイル、電子メール)、または物理的な形式(紙のメモ、ファイルストレージデバイス)の形式である可能性があります。ユニットは新しい所有者の公開鍵でエンコードされます。

2.現在の所有者は、取引で使用されている特定のDICEユニットを扱うオペレータに新しい所有権の申し立てを行い、ユニットのハッシュを提供する。

3.新しい所有者はDICEを検証し、DICEのオペレーターに新しい所有権を請求し、提供されたユニットのハッシュを提供します。

4.オペレータは、ユニットと2つのクレームの正当性を検証し、プライベートデータベースに新しい所有者のアドレスを、DICEの登録所有者として、提供されたハッシュで保存する。

5.オペレーターは、ユニットの所有権の変更について通知する応答メッセージを両当事者に送信します。これは、取引に関わるすべてのDICEユニットについて繰り返されます。

オペレーターの役割、メッセージプロトコルに関しては、白書をご覧ください。

DICEウォレット

ウォレットは、ユニットが保管される任意の形態の記憶装置を取ることができます。

例えば、USBフラッシュドライブ(ファイル用)、インボックス(電子メール用)、または物理的な財布(印刷されたメモ用)などです。いずれの場合も、有効なDICEユニットは、関連する演算子で正常に検証できる完全な1024ビットブロックとみなされます。

IDO(Initial Dice Offering)

イニシャルDICEオファリング(IDO)イニシャルDICEオファリングは、企業がその運用のために資金を調達するための簡単な方法を提供します。

ICOやIPOなどの他の資金調達方法と比較して、IDOに関連する費用はごくわずかであり、オペレータのサーバー機器やサポートソフトウェアのコストになっています。

IDOとは、新しいオペレータがDICE経済にどのように参入するかということです。企業が最初にIDOを実行してオペレーターになると、新しいオペレーターに関連付けられた既存のDICEはまだ存在しません。

技術まとめ

  • 個々のユーザーと中小企業のクラスタに基づく自立分散型インフラストラクチャ。
  • 所有権の静的証明と新しい所有権の主張で動作し、複数のコピーや二重支出の影響を受けないモデル。
  • 紙と暗号化されていないトークンの本質的な許容誤差。
  • 信頼性の範囲を狭める「限定信託締約国」の導入。
  • すべての当事者がまだインセンティブを与えられている間は、完全に手数料無料。
  • すべての鉱夫はまた、自分の選択したビジネスの投資家でもある
  • 鉱業は、新規事業の主要な価値創造資産になります。

ビジネスモデル

DICEマイナーになれる

誰もが「マイナー」になり、DICEの新しいユニットを自由に作成することができます。

そのためには、必要なフリーソフトウェアとコンピュータだけで十分です。

すべてのお金が特定の国に関連付けられているように、DICEユニットは特定のエンティティに関連付けられています。

それは、会社、病院や学校、地方議会、銀行、さらには国のようなものでこのエンティティは、それ専用に採掘されたすべてのDICEユニットを結合します。

本質的には、それはコンピュータにインストールされたソフトウェアの一部、またはインターネットに接続されたあらかじめ構成されたデバイスに接続されるため、オペレータが行うことは、それに関連付けられたユニットに対してのみ連絡先の中心点を提供することです。

オペレータの役割は、関連ユニットの検証を提供し、それらのユニットが使用されている取引で「証人」として働くことです。すべてのオペレータは、人のデジタルアドレスとDICEの「プロトタイプ」から構築された元帳も保持しています。プロトタイプはDICE自身ではなく、有効なユニットの署名です。

したがって、オペレータは実際のDICEを持っていませんが、他の人がそれを持っているかどうかを安全に確認することはできます。全体的な構造は、グローバルネットワーク内の多数のノード(演算子)から構成され、各ノードはそれ自身の小さなネットワークであるため、「クラスタモデル」と呼ばれます。

クラウドマイニング 

クラウドマイニングは、DICEで導入された新しい用語です。それは人のグループの意味でクラウドファンディングに類似している特定の原因のための資金を接続し、調達します。

 DICEシナリオでは、クラスター内の特定の演算子に関連付けられたDICEをマイニングして、これらの資金を調達しています。

興味深い点としては、オペレータとその鉱夫の両方にも同様にインセンティブを与えます。

ロードマップ

2018 5月: ICO

11月:利用可能なマイニングソリューションへのオペレーターとユーザー統合

2019 6月:DICEカードプロトタイプ

11月:企業へのソリューション

ICOについて

 DICE Moneyへの資金提供のためのICOは、ブロックチェーン市場で別個の資産として取引できる「Dicet」(交換記号「CET」)と呼ばれる別のEthereumベースのERC20ユーティリティタイプトークンの形式になります。

トークンDICET
PreICO価格1 CET = 0.0005 ETH
価格1 CET = 0.001 ETH
プラットフォームEthereum
ETHを受け入れる
最小投資額0.1 ETH
ソフトキャップ3,500 ETH
ハードキャップ91,300 ETH
国イギリス
ホワイトリスト/ KYC KYC

DICE Moneyは、Ethersで価格設定された1億ドルのDicetsで構成され、6つのステークホルダーグループに割り当てさられています。 この配分計画の外でDicetsは発行されません。

市場分析

ICO市場は、近年ハイテク企業の資金調達モデルとしては人気の高い方式となっており、2017年の参入企業数とその調達金額を見ると、一目瞭然です。

しかしながら、ICOキャンペーンを開始することは、ほとんどの初期段階の企業にとってすでに非常に高価なプロセスとなっており、さらに言えば非フィンテック企業が暗号化モデルを適応させて成功したICOにすることは通常、困難です。

実際に、星の数ほどあるICOプロジェクトの中で、真の暗号化または分散化に成功したものは現状、ほんの一握り、または皆無に等しいです。

DICEプロジェクトは、DICEエコシステム用のエンドユーザー向け製品とソリューションの開発と流通に特化した商業エンティティです。

DICE MoneyのICOの目的は、既に確立されているBlockchain技術を使用して、DICEの初期市場への浸透を確実にすることです。 第2の目標は、事業資金とDICEグローバルエコシステムのさらなる開発です。

成長しているICO市場自体は、プロジェクトの成功を後押しする可能性があります。そのほかにもプロジェクトを後押しする要因がいくつかあります。

  • 実用的な日常使用のためのショックフリー採用
  • 暗号通貨市場への明確なポイントをまだ持っていない「現実の」ビジネスの未開拓市場
  • セクターにおける比類なき成長
  • 南米、東欧などの新興地域では、政府によって厳格な通貨換算規制が実施されているため、店舗や富や投資のために暗号化資産を採用する意欲が高まっている

競合分析

資金調達モデルを提唱するプロジェクトは多数あります。

クラウドファンディングに関して特にブロックチェーンに依存するものはThe Abyss、COMSA KICKICO などが有名です。

しかし実際にプロダクトが稼働しているものが少ない現状があります。

そして、マイニングソリューションも沢山ありますが、モバイルマイニングに特化したのがElectroneum です。

Electroneumを使用すると、ビットコインなどのすべての利点を備えた超セキュアな仮想通貨に簡単にアクセスして使用できます。 Electroneumの取引はより早く行われ、より匿名です。公開ビットコインウォレットアドレスを持つ人はどれくらいのビットコインを持っているのかが確認できません。そして取引履歴全体を見ることもできません。 Electroneumは取引履歴と財布の内容を保護し、目に見えない取引を認証するために公開されているトランザクションハッシュを利用できるようにします。

しかしながら、DICEは資金調達と投資マイニングという新しい形のクラスターモデルなので、直接的な競合の存在はまだいないとも考えることもできます。

DICEのメリットは、以下です。

  1. マネジメントの専門知識、知識
  2. 創業チームの経験
  3. 最初の種類の「クラスターモデル」社会経済
  4. リーンビジネス構造
  5. 手数料のかかっていない取引は、より広いユーザー成長の点で明らかな競争上の優位性
  6. 鉱業と投資の組み合わせは、最新の暗号化された貨幣の揮発性に幻滅を覚える鉱夫を引き出すのに役立つ
  7. 電子とハードの両方を容易にする能力
  8. 通貨(身体的)の表現
  9. 複数の収入源と業種
  10. 政治的/法的認知の高まりによる業界の信頼性の向上
  11. 新興企業や企業が資本を調達して、強力なコミュニティと資本資産を同時に創出する新しい方法

その他にも、エアードロップ(すでに終了)によって、コミュニティ構築も積極的に行なっており、テレグラムメンバーは3万人を超えてます。

さらに外部評価も比較的高めです。

トークンとホルダーのメリット

DICEのトークンは、ユーティリティ要素であり、保有者はDICEエコシステムに参加して、クラウドマイニングやIDOでのマイニング投資や資金調達が行えます。

さらに、トークン価格は市場での取引による上昇期待もあります。

トークンの将来価格に関する情報

トークンの将来価格は、DICEソリューションを利用したい企業のエコシステムへの参加数に依存することが考えられます。

したがって、ロードマップに沿って、2019年ごろに大幅な上昇が期待されます。

しかしながら、市場リスクと開発リスクは依然として伴いますので、必ず上がるとは限りません。

投資判断とリスク分析

投資判断としては、ICOの早期段階での参加はボーナスがかなりありますので最低コストでの参加はメリットはあります。

しかし、市場回復の時期と取引所との接続の関係次第では、そのボーナスよりも低くなる可能性がありますので、注意が必要です。

リスクに関しては、

  • 立ち上げと成長の段階である
  • 小さなコア開発段階
  • マーケティングオプションの欠如
  • ユーザーに与えられた追加的な昇進と教育を必要とするまったく新しい経済モデルへの挑戦である
  • ニッチ市場に参入する新しいプレーヤー
  • より広い経済または消費者/企業感情における不安定性または悪化
  • 英国および他の市場の規制における規制
  • 後の競合他社や悪意のあるハッカーからの潜在的な攻撃の発生
  • 安定性を確保するために十分なノードが参加する前の、初期の生態系における主要な技術的混乱

これらが考えられます。

ICOはやはり、開発の初期段階で投資するため様々なリスクを伴います。市場状況を考えた上で、期待できるのであれば投資しても良いかなと思います。

トークンセール参加方法

 トークンセールは、4/12-5/03まで開催されます。

こちらから登録はできます。

関連リンク

公式サイト

白書 

Twitter

telegram

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here