ETHLendが現在開発しているものについて(パート1 )

0
545 views

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

白書によるとETHLendの開発概要は、2つのパートに分けることができるため、この記事では1つ目のパートについて説明します。

ETHLendのレンディング開発

分権型貸出のユースケース

暗号通貨市場でEtherを借りて、異なるICOに参加したり、トークンを売る必要なしに投資戦略のため取引所でトークンを購入することができる。短期売却または分散のために、アルトコインやトークンを貸与することができます。

取引の流動性やブロックチェーンスタートアップがICOで資金調達するためのマーケティング手段、そして任意の財務目標のためにENSドメインにロックされたEtherを解き放つこともできるという。

法定通貨市場では、ペッグ型通貨を使用することにより、ボラティリティを伴わずにあらゆる現実世界の財務目標を達成できる。

将来のユースケースは、現物資産ののトークン化です。不動産、株式、知的財産、物的財産(自動車、ボート、発電所、太陽光発電所、芸術など)

デジタル資産とENSドメインによる担保付貸出

ETHLendは、担保としてERC-20互換のトークンを使用した担保付貸付を提供しています。たとえば、トークン・ポートフォリオを持つユーザーは、流動性を受け取るためにトークンを販売する必要はなく、代わりに、より多くの流動性を得るためにトークンを誓約することができる。

また、ドメインが支払われた場合は、これらのドメインがEtherをロックすることになるため、ローンを保護する用途として、Ethereum Name Service(ENS)ドメインを使用することができます。

レピュテーションベースの貸出

ETHLendは、分散クレジット・トークン(CRE)からのデータ、uPortなどの分散型アイデンティティー、信用機関やソーシャルメディアなどの集中型サービスプロバイダからのデータフィードで構成される分散型信用格付けの助けを借りることで、第三者による評判ベースの貸付を作成します。さらに、Bloomなどのサービスは、集中型の信用スコアにデフォルトを追加するために使用されます。

地方分権型格付け(DCR)

一度、支払済ローン、金利、担保の可能性、貸し手の詳細(およびその取引データ)およびアドレスの取引データで利用可能なデータが得られると、信用履歴が生まれます。このデータを評価することで信用情報を構築します。さらに、データを他のアプリケーションやチェーンにエクスポートすることもできます。

DCRへの分散化アイデンティティのためのゲートウェイ

ETHLendはuPortのような自己主権的アイデンティティプロバイダーとBloomのような信用格付けプロバイダーのためのゲートウェイを追加します。これらの機能は、借り手が地方分権化信用格付(DCR)において、より完全な信用情報を作成するのを支援します。

信託:集中型プロバイダーからDCRへのフィード

これは、中央集権型の信用機関からのフィードバックのことです。ETHLendは、ユーザーの地方分権型格付け情報に信用情報と中央データを載せるためのゲートウェイを提供します。

さらに、この信託は、より完全な信用情報を作成するためにソーシャルメディアからのフィードバックを提供することに使用することもできます。

Status.imとのモバイルインタフェース

ETHLendは、Status.imモバイルブラウザを使用して、分散アプリケーションをモバイルから使用できるようにインタフェースを開発します。

イーサリアムネットワークを超えた分権型貸出および分散型信用格付けの拡大

ETHLendは、イーサリアムネットワークを超えて分散型貸出アプリケーションと分散型信用格付けを他の分散型元帳ネットワークに拡張します。

貸し手側のオファー(オンデマンド貸出)

貸し手が分散型アプリケーションに提供できるローンオファーを開発します。ローンのオファーは、流動性の大きさと、貸し手が流動性を提供するためにどの程度の価格で提供されているかによって示されます。貸し手は、貸し手が担保として受け入れるトークンの種類や、どのような信用格付けが満たされなければならないかを借り手に提示します。

パート2へ続く

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here