DECOIN(ディーコイン)シンガポール発の新規取引所が配当型トークンDTEPを発行する

0
2,863 views

この記事を読むのに必要な時間は約 33 分です。

 

暗号通貨の市況が低迷するなかで取引所系トークンの上昇率と注目度は高まっています。

FCoinは、立ち上げから60倍以上になり、先日CETトークンが800%をマークしたことは印象的でした。

今回ご紹介するのも配当型の取引所トークンになります。

DECOINプロジェクトの全体概要

DECOINは、独自のデジタル通貨であるDECOINを含むBlockchain技術に基づいたオープンソースのピアツーピア・デジタル・エコシステムです。

DECOINは、収入をコインホルダーに再分配する配当型の分散型コイン&トレーディングプラットフォームでもあります。

 

  • プラットフォーム:DECOINは、独自のデジタル通貨であるDECOIN(DTEP)を含むオープンソースのピアツーピア・デジタル・エコシステムであり、収入をDECOIN保有者に再配分する交換&トレーディング・プラットフォーム(D-TEP)D-TEP暗号インデックス(DCI)があります。
  • 技術:ステーク(POS)ブロックチェーンプロトコル、透明性、トップレベルセキュリティ、24時間365日のライブサポートを組み合わせることで、DECOINは分散した世界の次世代プラットフォームを開発しています。DECOINは、暗号化されたユーザーのための完全に安全な技術システムであり、ユーザーはブロックチェーン自体の分散化の性質に合わせて、コインの可能性を十分に引き出すことができます。
  • ビジョン:DECOINは、世界的に有名な世界的なオンライン顧客サービスを構築し、暗号化とブロックチェーン技術の導入を促進することを目指しています。

プラットフォームおよび技術特徴

具体的な特徴です。

 

大きな特徴

安全 – 金融業界標準に準拠したD-TEPは、プラットフォームに格納されてい る機密データのすべてを保護します。マルチレイヤリアルタイム認証は、当社の取引プラットフォームを包含し、取引所からの取引および引き出しを保護しながら、ユーザーベースに最大限のセキュリティを提供します。

 

スケーラブル – 1秒間に最大100万件のマッチを実行でき、大量処理が可能になる

 

速い- D-TEPは、遅延の無く、迅速に売買注文を実行できる革新的な技術を使用している

 

ソーシャルトレーディング – D-TEPの大手トレーダーの動きは、他のトレー ダーが知識や経験から学ぶことができるように追跡され匿名で表示され、DECOINでインセンティブもうけられる。

 

トレーディングツール – D-TEPは、差金決済取引(CFD)などの金融ツー ルの提供も計画しているため、トレーダーは価格上昇や価格下落を利用することができます。DECOINSのアナリストチームは、市場の動向/注目点にある新しいICOとデジタルコインについて定期的なレポートを提供します

 

暗号通貨インデックスDCI – DECOIN / D-TEPは、取引体験をできるだけシームレスで楽しく収益性の高いものにするために、最初の仮想通貨インデックス(DCI)を立ち上げています。D-TEPを通してコインを取引する企業は、DECOINの価値の上昇に直接影響を与え、D-TEPプラットフォームを介して取引されるすべてのDECOINメンバーの収益を作り出す事が可能です。 また、インデックス投資キャッシュアウトによる追加収入を得て、DCIに記載されているICOと企業の間で投資資産の分割を完全に管理することができます。

 

速い取引はもちろん、大量注文やコピー取引、取引ツール、そして最近話題になったインデックス管理も行うようです。市況にあったハイブリッドな取引所を目指しており、一番重要なセキュリティ面でいうと以下の技術特徴があります。

オフライン管理

97%の資産はオフライン管理で残り3%が保護されながらトレード資金として使用されます。

DECOINプルーフオブステーク・コンセンサス・アルゴリズムに基づいて、取引を検証し、「ステーキング・プルーフ」として保持し、最終的により迅速かつ信頼性の高い方法で分散コンセンサスを 達成することによって、「ミンティング=鋳造」によって新しいコインを作成します。

PoSコンセンサスアルゴリズム採用

PoSシステムでは、ユーザーが取引を検証し、一定量の計算作業を実行して新しいブロックを作成するプルーフオブワーク(PoW)プロトコル(ビットコインなどで使用される)とは異なり、ユーザー は通貨単位での特定の数の所有権を表示する必要があります。 目的はPoWと同じですが、 目標に到達するプロセスはかなり異なり、はるかに効率的といわれています。

以下の表を参照。

  • バリデータと投票 – 検証する人は、最小限の量の通貨を保持していれば誰でもなる事が出来ます。
  • ステークス:バリデーター(検証人)になるために、ユーザーは、ブロックチェーンに通貨の金額を預金し、ルールが破られた場合にその預金全てを失うことに同意します。このデポジットは、バリデーターのステークを表します。
  • 年間利率:バリデータの年間利子率は、コインアルゴリズムの供給時間を6.2(DECOINの年間利率)に比例します。

 

手数料関連

取引手数料

1取引あたり最大0.25%

DECOINホルダーは0.15%(40%割引)

出金手数料 1出金あたり最大0.03%
スポット取引 買い価格と売り価格の差額をスプレッドといいます。
その他 自動化されたアルゴリズム注文などの様々なサービスに対して徴収される可能性があります。

 

初期取引通貨

D-TEP取引プラットフォームの第1段階では、 以下のコインを交換することができます:

  • DECOIN (DTEP)
  • Dash (DASH)
  • Bitcoin (BTC)
  • Litecoin (LTC)
  • Ethereum (ETH)
  • NEO (NEO)
  • Ripple (XRP)
  • Cardano (ADA)
  • Bitcoin Cash (BCH)
  • Stellar (XLM) 

 

その他のサービス

クレジットカードサービス

クレジットカードサービスがあり、DECOINのすべての所有者が自分自身のトレード により、またはDECOINの投資収益によって自分が受け取った収益を楽しみ、アクセスできるようにするビジョンんおために採用されました。

  • 同社のカードホルダーは、一部の店舗、娯楽施設および他の消費者向け店舗での割引、およびその他のコスト削減にもアクセスできます。
  • DECOINは5種類のクレジットカードを提供しています
  • DECOINへの投資額によってランクが変わります。

多言語サポート

すべてのユーザーインターフェイスで、英語、日本語、ロシア語、イタリア語、フランス語、アラビア語をサポートしま す(最初のリリースは英語のみです) これから更なる言語が追加されます。

専門のアナリスト

DECOINの各アナリストは、金融市場で10年以上の経験を持ち、デジタル資産経済分野では5年以上の経験があります。

年中無休サポート

トレーニングを受けた専門家によるオンラインカスタマーサービスは、24時間365日待機しています。ご質問、ご要望は、チャット、電子メールなどでオンラインカスタマーサー ビスがお答えします。

優れた専門家とのWebセミナー

仕事場や自宅で受講できる、あなたの多忙なスケジュールに合ったWebセミナー

市場と競合分析

現在の市況の低迷の原因の一つに暗号通貨取引所に関する度重なるハッキングの問題があります。日本ではCoincheckが今年1月に大規模なハッキング被害にあったことは最近のことであり、韓国最大のBithmbも約35億円のハッキング被害にあっています。

世界最大級の取引所でさえハッキングされるなかで、未だに安全に取引できる環境が整っておらず、ユーザーも日々セキュリティ対策を求められます。

ユーザーエクスペリエンスだけでなく、セキュリティの問題は最重要課題です。

競合プロジェクトとの比較

暗号通貨取引所のうち24時間取引量ランキング上位3は以下です。

  1. Binance
  2. OKEx
  3. Huobi

やはり中国の取引所は優秀ですね。日本もがんばってもらいたいですが。。

上位取引所とのサービスや技術的な比較は以下:

 
拠点 マルタ 香港・シンガポール 香港

シンガポール

イギリス

開始 2017/7 2013   2017Q4
チーム 中国 中国 中国

シンガポール

セキュリティ A+ A A B
技術 140万件/秒     PoS(100万件/秒)
トークンモデル BNB HT OKB DTEP
通貨種類 100以上 90以上 170以上 10〜
取引手数料(割引時) 0.1%(0.05%) 0.2%(0.1%) 0.2%-0.02%(BTC取引量に依存) 0.25%(0.15%)
インデックス   HB10 OK06ETT DCI
紹介プログラム 50% 30%  
ICO引き受け    
モバイル ×
日本語サポート × × △(追加予定)

 

DECOINはシンガポール発の取引所ですが、取引手数料はやや高めですが割引があります。

huobiやOKEx同様にインデックスサービスも予定してあります。

全体として、技術やサービスの面では最大級の取引所と比較して大差のない内容になっています。

自社トークン割引モデル

トークン 割引率 ランキング ROI,USD(2018/6/22時点)
 DTEP 40%
  BNB 50% 15 +1200%
 HT 50% 55 +214%
OKB 50% +216.64%
BIX 50% 73 +137.80%
 KCS 50% 51 +215.53%
 FT   +500%
ZB   +123.12%
JEX 50% -2.58%
SWTH   414 -53.4%
 KNC 50% 80 -140%
AST   260 -100%
COSS   336 -1.31%

 

割引率は通常%0%前後になっていますが、DTEPの場合は低めの40%です。

ランキングはBNBが最も高く、スタートの速かったKCSや取引所ランキング第3位の自社トークンHTが続きます。

ROIで見るとほとんどのトークンが100%以上達成しているなかで、分散型取引所トークンは取引量が少ないため初期価格を下回る結果となっていますが、平均して+191%の上昇率です。(あくまで上記のトークンのみ)

BNBトークンのチャート

 

2017年7月に開始したBinanceは、わずか6ヶ月24時間ごとに平均20億ドルの資産が取引される世界最大の暗号化交換にまで成長しました。 Binanceが一時的な新しい会員凍結を解除したとき、先月1時間で240,000人が毎週何百万人ものユーザーにサインアップしています。

BNBトークンは、Binanceエクスチェンジで取引され、使用されます。 BNBの価値は、昨年のICO以来、交換プラットフォームの価値を背景にして着実に増加しています。 BNBは現在、世界でトップ20の暗号化通貨になっています。

BNBトークンのビジネスモデルにおける重要な動きは簡単でした。現金をBNBに簡単に変換し、コインの購入を促すことで価値を生み出しました。 BNBを使用して、Binance交換で手数料を支払うことができます。また、交換している暗号通貨で手数料を支払うこともできますが、BinanceはBNBで料金を支払うインセンティブとしてリベートを提供します。

Binanceメンバーシップの初年度には、BNBでの支払い時に手数料が50%割引されます。この割引により、Binanceは業界で最も低い報酬を簡単に得られます。

現在、BNBの主な価値は交換の範囲内です。これがBNBを最も新しいコインの中でユニークなものにする理由です。実用的です。ほとんどの投資家は、BNBの払い戻しで最大のROIを得ることができます。しかし、将来的には、BNBの価値が資産として成長する可能性があります。

同社CEOのChangpeng Zhao氏はLinkedInの記事で、最初の数か月で7.5百万ドルの利益を上げ、ICOで調達した1500万ドルと比較していました。

Binanceがこのレベルで成功を収め続ければ、より多くの機能やプログラムを実装する必要があります。これらの新しい機能とアドオンはBNBコインを使用する可能性が高く、価値をさらに高めます。最も早い投資家のために、彼らはすでにBNBに大きなリターンを見てきました。

2017年8月にBNB ICOでわずか1,000ドルを投資した場合、2018年1月末までに最大112,500ドルの収益が見られました。これはわずか6ヶ月です。

 Cossのチャート

 

COSSは、シンガポールを拠点とする国際的な暗号交換プラットフォームであり、2017年8月にICOを開始しました。

COSSコインは、Binanceのように、トークン所有者へのCOSS交換手数料から得られる配当を生成する、EthereumベースのERC20トークンです。

この構造は、BinanceとKuCoinの配当トークンが最初から人気を集めているため、生態系の交換プラットフォームで非常に人気があります。

これは、ユーザーがCOSSを保有するための配当金を受け取るだけでなく、トークン価格も着実に上昇し、すべての利益を増加させることを意味しました。

Binanceの収益性を示すために同じモデルを使用した場合は、2017年8月にCOSS ICOで1000ドルを投資した場合、2018年2月の初めまでに28,666ドルの収益を上げることができたことになります。

しかしながらこれは当初は非常に有益な動向でしたが、実際には、残念ながらCOSSは支配的な取引にはなっておらず、トークン価格はICO価格を下回っています。

顧客サポートの欠点や市場競争からBinanceはもちろん、Kucoinにも及んでいません。

 

HuobiToken(HT)のチャート

 

今年初めのHuobi取引所の自社トークン発行も印象的でした。トークン販売は数秒で売り切れ、その注目度や期待度が伺えました。このトークンも、イーサリアムベースでBNBと似たような機能を持ちます。

手数料半額、投票機能、そして20%のトークン買い戻しプログラムがあります。

始まったばかりですが、4月時点でトークン価格は徐々に高騰しており、発行元のHuobi.pro取引所の取引量は世界第3位まで上り詰めました。

今後も、トークンの需要が上がっていくことが期待されます。

Bibox Tokenのチャート

Kucoin Shares (KCS)のチャート

 

Kucoinは、2017年末に運用を開始した新しい暗号化交換方式で、「世界でもトップ10のホットな交換プラットフォームの1つになる」という最終目標を掲げています。

Binanceと同様のビジネスモデルで、KuCoinは比較的低い取引料金とインセンティブを提供し、そのネイティブ暗号化(KCS)を保持(または取引)します。

KuCoinのユニークな点は、取引費用収入の50%をESCを保有するユーザーと共有することです。したがって、取引されるコインの量と量が増えると、KCSを保有するボーナスも増加します。

Binanceと同様に、最も初期の投資家には最大の報酬が与えられています。比較するために、ICO中に$ 1,000USD相当のKuCoin株式を投資したトレーダーは、2018年1月末までに36,045ドルの収益を得ることができました。

Kucoin Exchangeはまた、自社のアフィリエイト紹介プログラムをビジネスモデルから切り離しており、投資家には警告が表示されました。

これは、Kucoinがプログラムを切断する前に、他の人をプラットフォームに紹介したユーザーの紹介料を支払っていないという事実と関連しており、ユーザー離れの要因となりました

残念ながら、この執筆時点ではKuCoinは38位までに落ちました。

それ以来、その数量は減少しており、過去1ヶ月間で24時間で1億ドルを下回っています。

KuCoinの欠点は、Binanceの最強の競争として、別の暗号化交換が市場に突き当たり、市場に差が出てきたことも考えられます。

分散型取引所は現状、取引量が少なくトークン自体の価格も厳しい状況です。しかし、Kyberはメインネットが稼働しており、6月にはICO中継プラットフォームのKyberGo上の初プロジェクトのtrustPlatformも立ち上げられています。さらにKyerSwapの実装やスケーラビリティソリューションのGormosも予定されており、依然として期待できるプロジェクトです。

分散型取引所トークンの需要はこれからでしょう。

 

配当型モデル

最近話題になることの多いのが配当型のモデルです。FCoinが採用して高騰してから第二の、第三のトークンを探す傾向が強くなってきています。

さらに世界一位のBinanceも配当型モデルを採用することが発表されています。

トークン種類 配当種類 リスク
BNB(Binance) 予定(100万BNB条件)

OKB(OKEx)

収益分配50%

HT(Huobi)

還元率20%

KNC(Kybernetwork)

還元率80%

FT(FCoin)

収益分配80%→100%

BIX(Bibox)

還元率45%

BKK(BKEX)

  • 収益分配100%(USDT)
  • 取引マイニング40%

CET(CoinEx)

配当分配80%(7月1日から)

Trade-Diven-Mining(取引手数料の100%還元)

JEX(JEX)

 

将来的に実装

ZB(zb.com)

 

ONE(BIGONE)

  • 取引マイニング51%配分(6月28日)
  • BIGトークン保有者に49%配分

OCX(OCX)

収益分配80%

58B(58COIN)

収益分配

DTEP(DECOIN)

  • PoS年利6.2%
  • DTEPの手数料収益分配10-20%
  • インデックスDCIによる収益

 

配当に関しては、FTやなどの高還元モデルは崩壊しやすいスキームですのでリスキーですが,CETトークンは7月のトレードマイニングおよび配当分配に向けてまだ激しく値動きがあるかと思います。(小額投資推奨)

DECOINの場合は収益分配モデルが多彩であることです。年利や配当還元比率も的確で、高還元モデルと比較してリスクは抑えめと思います。また、インデックスを使用するとそれに相応する収益分配も得られます。

開発計画

開発計画です。


Q4 – 2017

  • 6.2%金利のPOSコンセンサスアルゴリズムを用いたDECOINの開発
  • DECOIN保有者と新しいDECOIN採用者を促進し、サポートする多言語サポートとマーケティングの役割を果たすために、10のグローバルオフィスを設立。

Q1 – 2018

  • プライベートセール; 早期鳥インフルエンザのマーケティングとプロモーションを開始するイニシャルコインオファリング(ICO)

Q2 – 2018

  • Exchangeプラットフォームベータテスト(D-TEP)。
  • ICO前ステージとICOステージ; 複数の取引所にDECOINを追加する。
  • Wallet Launch +デコインの配信開始

Q3 – 2018

  • Exchangeプラットフォームの立ち上げ(D-TEP)
  • トレーディングプラットフォーム発売(D-TEP)

 

2018Q3には取引プラットフォームD-TEPが立ち上げられ、取引が開始します。

トークンの取引所上場は8月頃予定です。(変更あり)

 

チーム

チームメンバーは

コアメンバー DECOINの担当 領域 経歴

Shay Perry

CEO
  • ロジスティックシステムと輸送プロセスの特性評価、計画、管理
  • 予算とビジネスプランニングとプロジェクトの収益性分析
  • 投資ファンドと有力ベンチャーの優れた知識
  • 環境問題と代替エネルギーソリューション
  • 外国為替のトレーディングスペシャリスト

CEO-Decoin (DTEP)

 – 現在 (11ヶ月)
  • Trading Specialist-FOREX

     – 現在 (4年 6ヶ月)
  • Founder & CEO-Take It IzI

     –  (3年 9ヶ月)Tel aviv, israel
  • Founeder & Coo-Trustmed

     –  (1年 10ヶ月)
  • product manager-green point ltd

Nadav Moshe

創業者兼CTO 不明 不明
yuval Cherbis
 
CMO ビジネス交渉、顧客およびポートフォリオ管理
  • Investing.com
    メディアセールスおよびディレクターのディレクター
  • WFS
    アフィリエイトマーケティング&ビジネス開発ディレクター

  •  OMNITelecom
    営業部長
    と政府

Michale Kogan

COO  
  •  RCMサービス株式会社
    VPセールス&マーケティング
  • TOYGA
    シニアトレーディングアナリスト
  • Cigareta Tobacco&Liquor Boutique
  • 共同創立者

 

アドバイザーおよびパートナー

アドバイザーはICObenchの専門家が多いです

 

顧問メンバー 専門分野 職歴
Vladimir N アドバイザーICO(マーケティング、財務)コンサルティング
 

MyCryptoBank

Bitex Global Co., Ltd.

Bitex Global Co., Ltd.

 

VolAir

 

WhenHub

 

アドバイザー

会社名Cremit Coin

 

上級関連

Malta Blockchain Association

Didi

  • 起業家
  • (ICO)マーケティングアドバイザー
  • 冒険家
  • 暗号エバンジェリスト&ライフインスピスト

ICOマーケティング顧問

DEEP AERO UTM

ICOアドバイザー

The Given Foundation

Sydney
  • Crypto&ICOコミュニティエキスパート
  • FXコンサルタント
  • デジタルマーケティングスペシャリスト
  • ICOアドバイザー

 

CEO-The Currency Analytics

 

ICO Expert-ICObench

 

Advisor-U.S. Blockchain Association(米国ブロックチェーン協会)

 

Advisory Board MemberーIDACB(暗号化とブロックチェーンの国際分散協会)

 

AdvisorーNevada Blockchain Association

 

     

 

コミュニティ

ソーシャル

人数 HYPE
twitter 5341
telegram 7514
facebook 4410
bitcointalk 3989views.53pages
alexa 142153

 

コミュニティに関してはBountyプログラムのおかげもあり、やや高めです。

賞金プログラムではDTEPトークンのエアードロップも行っています。

外部評価やメディア

掲載なし
4.4
ICOholder 4.2
   

 

評価は高めですが、あまり多くはありません。日本語の記事も多く見かけるようになりました。

そして、有名な暗号通貨情報配信サイトのコインテレグラフの記事はよくまとめられていますので参考に。

Cointelegraph

 

トークン分析

DECOINはプラットフォーム上で課金された収益をその所有者に還 元する取引プラットフォームであるD-TEPによって提供されています。

トークンセール概要は以下:

シンボル DTEP
タイプ ERC20
価格 0.60USD~0.9USD
総供給 140,000,000DTEP
調達目標  3000万ドル
受け入れ通貨 BTC/ETH/クレジット
最小投資額 500ドル

 

期間は段階的に分けられています。

期間 1DTEPあたりの金額
第一次PRE(~6月6日) 1DTEP=0.60USD
第二次PRE(6月7日~7月7日) 1DTEP=0.65USD
第三次PRE(7月8日~7月15日) 1DTEP=0.70USD
第四次PRE(7月16日~7月23日) 1DTEP=0.75USD
第五次PRE(7月24日~7月31日) 1DTEP=0.80USD

 

トークンの用途は以下。

6.2%すべてのステークホルダーへの年間運用益の保証 – 年間利回りは、当社がコインに組み込んだ技術の不可欠な部分です。技術は、作成されたDECOINの数が固定数になるように開発されており、POSコンセンサスアルゴリズムで、可能になる。

D-TEP仮想通貨インデックス(DCI):ICOや企業に投資し、D-TEPプラットフォームを介して取引するすべての DECOINメンバーの収入を作りだし、すべてのユーザーがインデックス投資キャッシュアウトからDECOINでボーナス収益を受け取れるようにする。

デジタル資産交換: D-TEPはDECOIN通貨を他の形式のデジタル資産と交換することを可能にします。また、

法定通貨交換:Crypto-To-Fiat取引を可能にする予定です。

トークンの将来価格について

トークンの将来価格についてですが、これまでの取引所トークンのROIは平均して6倍というデータが出ています。

プラットフォームが開始する2018Q3をめどにトークン自体の需要は伸びて、

さらに配当種類も豊富でリスクも低く、インデックスもあるため無事成功裏に立ち上げられた場合は、需要は高まるはずです。

しかし、HuobiのHB10やOKExのなど、既に最大級の取引所が取り組み始めているので、上位のシェアを獲得できるには長期的な忍耐が必要かもしれません。

トークン価格はやはり取引所自体の取引量とユーザー数に依存します。

あとは様々なキャンペーンを利用してマーケティングを積極的に行うことも効果的ですし、がんばってもらいたいです。

DTEPトークンの購入方法

プレセールのステージ2です。39%ボーナスがつきます。

DTEPトークン購入

こちらから登録します。

Buyをクリックします。数量を入力

送金アドレスは表示されますので正確に送金します。

総評

評価項目

コメント

評価(/3)
ビジョン ビジョンは明確ですが競合取引所が多く存在します。 1

 プロダクト

 取引所のβ版はまだありません。

1

技術開発計画  取引プラットフォームは2018Q3-4に予定されています。 2
チーム チームの総合力は標準的。 2
コミュニティ コミュニティ支持は比較的高いです。 2
外部評価 比較的高めです。 2
トークンROI 発行枚数に対して単価は安いと思いますが、現在の市況ではICO価格を割ることも十分考えられます。プラットフォームが立ち上げられ、配当もスタートするとトークンの需要も伸びてくると思いますが、中長期的な忍耐が必要そうです。 2
リスク 配当系トークンは高還元が特徴ですが、DECOINの場合は10-20%と控えめです。また、シンガポールの規制された市場オペレーター規則のRMOにも承認を申請しています。 2
総点 HYPEや外部評価でもさほど高い訳ではありませんが、トレンド的な取引所トークンであり、配当もあるので投資したいと思います。 14/24

 

 

関連リンク

公式サイト

ホワイトペーパー

twitter

facebook

telegram

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here