DecentralizedID(DID)ブロックチェーン上のID保護のためのソフトウェアスキーマ

0
885 views

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

 

DecentralizedIDとは

分散化ID(またはDID)はソフトウェアスキーマであり、ブロックチェーン上のIDを保護するためのプロジェクトです。

DIDはあなたのIDをコントロール下に分散し、2017年9月に発売されたDIDには、モバイルウォレットとEthereumネットワークに基づいたソフトウェアスキーマが既にあり、ブロックチェーンでのID検証の実行方法を示しています。

DIDはこれを達成するための提案案を提出し、IDが暗号世界でどのように使用/転送されているかを監督する基盤を開始することを推奨しています。

このプロジェクトは、政府機関と緊密に協力して、ナショナルIDカードをブロックチェーンに設置するパイロットスタディを実施しています。

伝統的な課題とDIDの技術ソリューション

伝統的なシステムでは

  • 組織に支配されている
  • あなたのIDは追跡される恐れがある
  • IDの証拠がない
  • SSLが破られるリスクがある
  • インターネットでの要求
  • IDを安全に発行する方法がない

などのような課題があります。これに対するDIDのソリューションは以下です。

BOCA証明書-信頼契約

DID財団はインターネット上で利用可能な現在のSSL証明書システムを独占するつもりであり、世界の安全保障の権利を保有する商業団体ではなく、DID財団が担当する予定です。

現在のSSL 信頼モデルからのパラダイムシフトとSSLに関する問題:

  1. CAが多すぎる
  2. レジストラ
  3. ICANN(ルート)は政治的である
  4. SSLは弱く欠陥がある(NSAは必要に応じてSSLをハックすることができます)

BOCAがこれらの問題をどのように緩和するか:

  1. 基盤となる1つのCA
  2. 慎重な審査プロセス
  3. すべてのタイプのBOCAに対する1つのAPIスキーム検証
  4. レジストラは財団である
  5. 政治はなく、メンバー投票による民主的な意思決定のみ
  6. ブロックチェーンによる原産地証明書

DID財団は、地方自治体のネットワーク上での信憑性に対する加入者の信頼を想像して再設計します。 IDまたはデータを組織に提供する前に、要求されたトランザクションが検証済みのソースから取得された場合、分散ネットワークをチェックすることができます。

これらのスマートな契約は、IDの確認や発行に参加したいエンティティに属する真正性の反駁不能な証明書として証明されます。

今日のSSL証明書のように、これらのBOCA証明書には、割り当てられた当事者に関する詳細情報と、それに付随する有効期限およびその他の属性が付属します。ユーザーは、ID要求の発信元を安全に確認することができます。

トラストプラットフォーム

DID財団は、分散した世界でID /ログイン/クッキー要件を合理化するために、単一のプラットフォーム上でパブリッシャーとサブスクライバーを獲得したいと考えています。

これは、IDの使用方法、IDの格納方法、IDの取得方法、さらに人々のプライバシーを保護する方法に関する問題についてコンセンサスを得ることを意味します。 ID保護と共有の現在の状態は深刻です。

いくつかの政府機関と協議して、正式なIDの信頼が公的なブロックチェーンネットワーク上でどのように分散され、100%改ざん防止が可能かを確認しています。

匿名転送

ブロックチェーン上でユーザー送信アドレスが匿名であることを確認する必要があります。

これはHDウォレットによって実現されます。秘密鍵は常にユーザーによって保持されます。そのHDウォレットの下にある複数のアカウントを使用してID転送を実行します。

ID要求スキーム

ID請求機関にはHDウォレットもあり、拡張公開鍵は、DID基盤で利用できます。 ID要求機関は、DID / BOCAだけが発行されたプロバイダから来ると計算できるHDウォレットの下にランダムなアドレスを与えることができます。

 
暗号化

AESは、ユーザがID要求側の公開鍵で自分のデータを暗号化するために使用されます。したがって、ID要求主体のみが、ユーザによって送信されたデータのロックを解除することができる。

格納するのではなく、ロギングする

Ethereumネットワークでは、データを契約書に保存するよりもロギングが優れていることが分かっており、データを保存すると、大量のガスが燃えます。ロギングによってデータが転送され、トランザクションが不変になります。

完全なEthereumベースのマイクロシステム

以下のEthereumデザインアイデアを使用して、ソフトウェアをベースにしています。

  • スマート契約
  • ロギング
  • イベント
  • HDウォレット
  • 取引の領収書

このようにDIDシステムは、分散ネットワーク上でスマートな契約を採用することによって機能します。スマートな契約は、論理的なスキーマのプログラミング単位であり、 DIDソフトウェアは、次のブロックに分かれています。

1.モバイルアプリケーション:エンドユーザーがシステムと対話するため
2. DIDエンドポイント:ユーザーの指示をブロックチェーン上で安全に実行
3. DID API&Marketplace:開発者がDIDシステムでログインし、BOCA証明書を操作するため。
4. BOCAissuance:ID要求団体がエンドユーザーに真正性を提供するために登録するためのプラットフォーム。

現在Ethereum Mainnetに基づいて、DIDは試すことができる機能的なスキーマを持っています。 

しかし、以上のようなソリューションの背景には、現時点では解決すべき課題が残っています。

それが次です。

DIDスキームの課題

適切なブロックチェーンがない

現時点では、本当に公的で無国籍のブロックチェーンは存在しません。すべての現在のブロックチェーン技術は、データを格納することを意図しており、ID転送の受信を保存するだけで、データではありません。

IDトークンの転送に関しては、データの分散転送のみが必要です。

現在のブロックチェーン技術によって使用されるデータ構造は制限的であり、拡張または抽象化を許さないため、新しい無国籍のブロックチェーンを必要としています。

イーサリアムスマートコントラクトでは不十分である

Ethereumのスマートコントラクトは、基本的なものを超えた計算には適していませんでした。技術が育っていることは事実ですが、ブロックチェーンで計算(ハッシュなど)ができないことが大きな欠点であるとされており、グローバルな計算能力はまだDappsでは利用できません。(プロジェクトは多数あるが)

真の地方分権化のためには、取引はその基礎となる計算筋をノードから借りることができなければならない。

標準化と抽象化の欠如

現在のブロックチェーン技術は、疎結合されており、すべてが不変であるため、より抽象化するためにブロックチェーンテクノロジを提供する必要があると考えています。

所見として、現在の形式のDIDスキーマは、チームの審議の結果、次のような結論がなされています。

DIDスキームに必要な3つの要件

①ステートレスブロックチェーン技術の要件

すべての現在のブロックチェーン技術(少なくとも成熟したプラットフォーム)は、コインとトークンを会計処理する分散元帳で動作しますが、設定された時間制限に従ってデータが存在するブロックチェーンも存在する必要があります。

このような新しいブロックチェーンは、分散ネットワーク上でのデータ転送に使用できます。また、ID要求/応答が必ずしもブロックチェーンに永久に書き込まれる必要はありません。

②より速いブロックチェーンの要件

現在のモデルよりもはるかに速い新しいタイプの分散型ネットワークの要件を指摘する。毎日のインターネットログインのスピードを再現するために、私たちは現在、これを高速に処理するために多くのGasを消費しなければなりません。それでも、契約を公開してトランザクションを確認することで、基盤となるネットワークの速度が遅くなることがあります。

③ID認証のための無料分散ネットワークの要件

この発見は基礎に引き継がれました。財団は、すべてのユーザーに無料のID取引を提供する理由を追求します。

DID財団について

2018年第1四半期に成功したICOの後、トルコール・インベストメンツ・リミテッドは、ICO参加者から提供された予算に基づいて、英国法に基づくチャリティ・アンド・トラスティー投資法に従って財団を設立する予定です。

なぜ財団が必要なのか?

地方分権化された世界は、現時点で世界中の通信組織からの革命であると信じられており、間もなく、データは分散化され、それとともに、人々自身のIDになります。

提案された財団は、人々のIDとプライバシーが保護されることを保証するように役割を担う存在です。

私たちは現在、プライバシーとIDに関してインターネットの世界が混乱しているのを見ています。あなたのデータは、いくつかの企業や少数のサーバーで管理されています。 IDを管理することはできません。あなたのIDは、ウェブサイト上のログインやクッキーであり、悪用され、悪用されています。私たちは、ID要求団体とID保有者の間の橋渡しとして、会社ではなく組織を必要としています。

財団は、地方分権スキームでID検証の試みをリードし、あなたのIDがあなたの支配下にある将来を推進するつもりです。

ICOによって提出された総額は、提案されたDID財団に転送され、以下の3つの目標があります:

①分散化によるIDの保護

基盤の第1の目的は、IDをブロックチェーン上に置くことで、保護することです。核では、利益を守るために身分証明書を分権化するための基礎があります。

②信用の提供(トラストプラットフォーム)

基盤は、パブリッシャーとサブスクライバーが集まり、IDをブロックチェーンを通じて安全かつ双方向の信頼関係で転送するための信頼プラットフォームを形成します。

③暗号化

今日、暗号技術は新しい並列インターネットであると信じています。私たちは、人々が暗号の未来に向かう理由と最初のステップになりたいと思っています。

現在の財団のステータス

DIDシステムは、Torquesol UK Limitedによって管理されており、イングランドとウェールズで登録された会社です。(No. 07360412)

今後の計画としては、2018年第1四半期に成功したICOの後、トルコール・インベストメンツ・リミテッド社は、ICO参加者から提供された予算に基づいて、英国法に基づくチャリティ・アンド・トラスティー投資法に従って財団を設立する予定です。

この財団はTorquesol UK Ltdから独立しており、すべてのDID保有者を投票の投票会員として登録するように求めます。

そして、財団は、以下の唯一の主な議題に取り組む予定です。

1. BOCA発行
BOCA証明書を取得する組織の要求を確認する。これには、社内プロセスの徹底的な検証と、発行された当事者からの「テンプレート・スキーム」の遵守の保証が含まれます。

2.政府と協力する
世界各国の政府がブロックチェーン上でID発行を検討するようにする。この点で、財団が取り上げるために、いくつかの内向きのお問い合わせが既に保留中であるという。

3.技術の拡張
ソフトウェアとスキーマをさらに開発する。

4. DID取引のコストの削減:財団は、DIDトークンが取引手数料の観点から遠ざかることを確認するために、代替案やその他のブロックチェーンを検討します。

5.暗号正の未来を推進する:Blockchainと暗号世界の周りに積極的な意識を促進する。

以上が財団の役割であり、現実世界における適用に関しては、DID財団は既に次のように話しています。

1.地方自治体のID発行機関がパイロットスタディを実施し、そこに3,000人のIDを発行する。

2.プラットフォームに安全なログインを提供するカジノ会社を統合する

 

DIDのメリット

非常に実現可能なスキームである(ベータ版が機能)

ブロックチェーン世界の現在のプログラミング単位の制限があっても、チームは両者のために働く課題と解決策を思いついています。

DIDスキーム自体は比較的現実的です。

システムは最近、0.3アルファから0.1ベータに移行しており、この方式では、

  • IDトランザクションコストの削減
  • ユーザーのプライバシーをブロックチェーン上で確認
  • アドレスの匿名化
  • 暗号化の改善
  • イベントを観察することによる、より高速なデータ転送
  • テンプレートの導入
  • IDへの普遍的なアプローチ 

ベータ版ではこれらが確認されています。

プロジェクトチーム力

CEOは英国、アラブ首長国連邦、パキスタンで複数のITおよびメディアの保有およびパートナーシップを持つ熟練した、連続した起業家。です。

Naveed氏は、10年以上にわたるスタートアップの経験とスタートアップ経験を持ち、DID革命をリードする完璧な立場にあります。

財務コンサルタント&財団アドバイザーjaved@decentralized.idは英国で40年以上の会計と会社法の経験を持つAfzal氏は、ICAEWのメンバーであり、この分野で有名です。

そしてアドバイザーには有名なドレイク氏もついています。

彼がサポートしているプロジェクトには、

NAGA(アドバイザー)

Cappasity(アドバイザー)

ICObox(アドバイザー)

Quantastump(投資家)

そして、もう一つ特筆すべき点としてはDID財団のメンバーです。

 ロードマップ

2017年Q4:ソフトウェアの更新とベータランチ

DIDログインアプリと転送機能を備えたDIDアプリのベータ版を起動する。また、アプリのセキュリティを確定し、ユーザーの端末にIDを格納するためのさらなる方法を開発することもできます。 DIDネットワーク内のEthereumノードを保護する。

2018年1月:P2P IDの開発、スキーマ開発

P2P ID検証の作業スキーマを開発して提供する。 Govt ID発行機関と協力して実施することを検討する。また、IDの検証と発行に最適なネットワークを調査するため、市場にある他の分散型ネットワークにも注力します。

2018年2月:ネットワークキャリブレーション、レビュー

現在、Ethereumネットワークをベースにしていますが、積極的にステートレスなブロックチェーンテクノロジを探しており、利用可能なネットワークを見直し、提案を出します。

2018年3月3日:BOCAレビューと更新

2017年第3四半期現在、BOCAに対して、ブロックチェーンを介したSSLの置き換えとして適切な定義を与えており、業界およびピアレビューを含むBOCA-2の証明書を見直し、実施します。また、BOCA証明書の最初のバッチを組織に発行します。

2018年四半期:ソフトウェアの更新とリリース候補版

技術を完成させ、作成されたソフトウェアのリリース候補を提供します。さらに、デベロッパーAPIが完成し、ID検証と発行のための分散型ネットワーク上で実行されるエコシステムが完成します。

 

DIDトークンについて

DIDは、交換可能、譲渡可能および消耗可能であるERC20規格に基づく暗号トークンです。これらのトークンは、基礎のメンバーシップを証明します。

  • トークンシンボル DID
  • 価格 1 DID = 0.001 USD
  • プラットフォーム イーサリアム
  • 受け入れ通貨 BTC, ETH, BCH
  • ハードキャップ 75,000,000 USD
  • 国 UK

単価は安く、0.1円程度です。BCHでも参加できます。

トークンセール詳細です。

トークンを持つメリット

DIDは、DIDトークンの所有者が財団の投票会員になる民主的な基盤であり、提案された財団には2種類のメンバーがあります。

1.フルメンバー:すべてのDID保有者
2.常駐フルメンバー:DID保有者:英国の物理財団の常駐メンバーとして財団に参加する

フルメンバーはすべて、財団が投票したすべての提案書に投票できる権限を持ちます。

DID所有者は、英国のDID財団への参加を希望する者の氏名を記入することができ、英国のチャリティ委員会委員会とトラスティー投資法は、財団の全員が完璧な記録を必要としています。

これらの基準に合格したすべての応募者は、物理基金に参加するように招待されます。

まとめ

ID認証というトレンド的テーマであり、チームは非常によく自身のプロジェクトの問題点と課題を分析していると感じました。

機能的なプロダクトまたはスキームがあるため有望なプロジェクトではないでしょうか。

関連リンク

公式サイト:https://decentralized.id/

白書:https://decentralized.id/docs/DID-whitepaper.pdf

TWITTER:https://twitter.com/didFoundation

Facebook:https://www.facebook.com/decentralizedID/

Telegram:http://t.me/didfoundation

Author

BABbit43

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here