Decent bet(ディセントベット)ギャンブルに特化した暗号通貨

6
40,814 views

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

 

こんにちは。今回は9月下旬から新しく始まるICO案件のご紹介です。ICOから1000%以上の上昇を見せているStratis(ストラティス)や、Neo(ネオ)などを手がけた世界最大級の暗号通貨チームが今回新たに仕掛けるICOです。そのような急成長を続けている通貨同等またはそれ以上のの可能性を秘めている新暗号通貨です。

 

Decent bet(ディセントベット)

Decent.bet

Decent.betは、Ethereumブロックチェーンのスマートコントラクトでホスティングされている透明かつ検証可能なスポーツ賭博およびギャンブルプラットフォームであり、カジノや宝くじ、ゲームなどのギャンブル要素に特化した暗号通貨です。将来的にはcryptocurrency price bet、craps、ルーレットなど、プラットフォームの一部として他のゲームもリリースが予定されています。

簡単に言うと、暗号通貨を用いてギャンブルの未来を変えるべく始まったICOであり、単純にギャンブルで賭けやゲームをしたりトークンを所有することで報酬を得ることができます。

 

DBETs(トークン)について

Deccent.betは自身のERC-20標準トークンであるDBETsを発行します。 EthereumとBitcoinを利用する他のプラットフォームとは異なりDBETはギャンブルのために使用されます。
DBETハウスクレジットの購入、カスタムハウスの購入、宝くじ購入など様々な利用用途があり、EthereumはDecent.bet契約でのみ処理されます。
 
そしてICOとして将来的にプラットフォーム構築や運用のために利用されます。

 

Decent betのメリット

我々がDecent betのICOに参加してDBETトークンを保有するメリットは以下です。公式サイトの内容から抜粋します。

カジノの株式分配(DBETハウスクレジット)

トークン保有者は、四半期ごとにDBETをカジノ胴元に預けることで、カジノの株式分配を受けることができます。(いわゆるトークンロック)

ユーザーは、毎四半期の終わりの1週間前に、次の四半期に株式を買い取るか、または現在の株式を次の四半期に振り替えるかを選択できます。すべての株式は、四半期ごとの利益をプラットフォーム内のすべての株主に分配されます。

要点は以下です。

※株式は、分散型プラットフォーム内の「株式交換」で売却も可能であり、四半期中はいつでもDBETやEtherで他のユーザー間で事前に決められた金額で売買することができる

※四半期の終わりに、分配から利益を分割するために株式を交換することができる

※株式分割のリターンは、四半期内のカジノ胴元の収益性および各ユーザーが保有する株式の割合に依存し、もちろん、比率と収益性が高いほど、ユーザーの収益率は高くなる

受け取った株式はユーザー間でDBETやEthereumに変換でき、新たに買取もできるということですね。MASTERNODESを使用することなく、DBETは、一般ユーザーがにホストになる機会を提供することによって、利益の可能性が大幅に向上すると考えています。

ゲーム賭博

Decent.betプラットフォーム上のトランザクションは、ERC-20標準トークン(DBET)を使用しており、このDBETを使用して、Decent.bet契約上で利用可能なゲームに我々はベットを行うことができます。参加できる予定のゲームは以下です。

  • ブックメーカー
  • スロット
  • クラップス
  • ルーレット

ベットをする際の手数料は無料

Ethereumのガス料金とは別に賭け金を支払う手数料はありません。ここも大きなメリットです。

ゲームの結果の信頼性が高い

すべてのスポーツベット結果は、ブロックチェーン上に公開されるため、すべての結果が正確であることを確認することができる利点があります。現在のところ、複数のプラットフォームが複雑な問題に取り組んでいる中で、安定したリリースはまだない一方で、

Decent betのプラットフォームはホワイトラベルの胴元から複数の中央ホストするため、すべてのユーザーの賭けのオペレータの選択肢が増えます。プラットフォーム上で何らかの結果が間違っていると判明した場合、競合する可能性があり、成功した場合、結果がロールバックされる可能性もあります。

他の集中型/分散型スポーツ賭博プラットフォームにはないメリットがある

Decent.betはブロックチェーンで検証可能なスポーツ賭博を提供する最初のプラットフォームです。当社のERC-20標準トークンであるDBETは、Decent.betプラットフォーム内にDBETを再投資するための複数の選択肢も提供し、ホワイトラベルソリューションとカスタムを導入することにより、時間の経過とともに価値が高まるような仕組みになってます。

宝くじのチャンス

カジノにて上がった利益の5%が四半期(3ヶ月に1度)ごとに計算され、宝くじとなります。当選者は無作為に選ばれ、選ばれた場合は利益を得る事が出来ます。

四半期ごとのDBET利益

四半期(3ヶ月に1度)の終わりに、DBETで出た利益を計算し、DBET保有比率に対して利益が分配されます。透明性と信頼性を確保するためのスマートな契約によって引き起こされます。

 

Decent betの特徴

以下、特徴をあげていきます。

透明性が高い

イーサリアムのブロックチェーン上に契約の取引が記録されるので、Decent.betが公正な状態を保ち、悪意のある行為をしないように契約上の取引を追跡することができるので、透明性が高いです。

カジノオーナー(胴元)になれる

DECENT.BETの購入者は、四半期ごとにカジノ(胴元)の利益に対したの分配を受ける事ができ、 さらにカジノ(胴元)にある持ち分は好きな時に、好きな価格での売却が可能となります。

​Decent.C(慈善寄付)

Decent Cはdecent.betからの慈善事業のことです。Decent.betは創業者の株式から出た利益の10%を世界中の貧しい人々や慈善団体に寄付します。 各四半期に創設者の株式から生み出される利益の10%($ 50,000を未満)が、選ばれた慈善目的に寄付され、すべての寄付は公的な検証のためにブロックチェーンに記録されます。

ホワイトラベルソリューション

Decent.betは、ユーザー誰もが使える形でAPIを公開し、 これによりDecent.betが提供するプラットフォームを利用するユーザーに恩恵がもたらされます。

このホワイトラベリングにより、外部企業またはプロバイダーは当社のテクノロジーを活用し、Decent.betプラットフォーム内での賭けやゲームの成果を実装し、プラットフォームにブロックチェーンを利用することができます。つまり、decent.betによってサポートされるゲームプラットフォームは、利用する他の企業がそれを開発したかのように見せかけるために、ブランド変更することが可能です。

また、このホワイトラベルのソリューションでは、企業が最低預金を保有し、ホストの入札と株主投票を行い、すべての法的要件を満たしていることを確認したうえで株主がプラットフォーム上で審査することが求められます。

 

Decent betのICO概要

ERC20標準トークン(DBETs)は、ICOの期間を通じて配布されますが、DBETは、Decent.betプラットフォーム上のすべてのトランザクションに使用されます。

分配割合は以下参照。

全発行量:350M(3.5億枚)

  • 70%:ICO
  • 10%:ハウスファンド
  • 18%:開発チーム供給(1年後に引き出し可能)
  • 2%:bounties(bitcointalk署名キャンペーン、ソーシャルメディアキャンペーン、ブログ投稿、翻訳などDBETの宣伝活動)への賞金割り当て

Decent.betは、ICO中に総供給量の70%を占める250MのDBETトークンを配布します。残りの30%のDBETsは、初期ハウスファンドロック(10%)、創業者のチームへの供給(18%)、賞金(2%)を考慮して、ICOの最後に発行される予定です。

そして利用用途としては、ICO中に調達されたEtherは、開発に40%、マーケティングに25%、運営に25%、法律面に10%として割り当てられます。

  • 開発 -40%は スマート契約のためにチームに開発者を雇うために使用されます。ロードマップの発表とともに革新的なアイデアを持ち込み続けるプラットフォーム構築をサポートします。
  • 法務 – 15%は必要とされているライセンス、弁護士費用およびその他の法的仕事やプロセスにより合法的にギャンブルのプラットフォームを実行するために割り当てられます。
  • マーケティング – 25% はマーケティングキャンペーンを使用してユーザーにもたらすために割り当てられます。
  • 運営 – 15% 必要とされるであろう他のすべての運営費に割り当てられ、日常業務や長期的な成長への一日を確保するためのプラットフォーム構築に役立ちます。

DBETのICO参加方法

DBETはEthereumでICOに参加することで得ることができます。ICOの後、パートナー取引所だけでなく、プラットフォーム上の賭けやゲーム、家計簿、宝くじの獲得から得ることができます。

※詳しい参加方法は公式サイトからご覧ください。例のようにイーサリアム専用ウォレットが必要になります。

 

Decent.betのICO概要

 DBETの取引所上場に関して

公式サイトによると主要取引所への上場は予定であり、交換リストは、確認された時点で発表されるとのことです。公式サイトでもアナウンスがあるかと思いますが、最短で数日、1か月以内にはされる予定のようです。(9月末〜10月下旬予定ですが、遅延の可能性もあります)

 

プラットフォームやトークン価値の短期的および長期的な目標

プラットフォームの全体的な目標/ビジョンは世界中の人々に長期的なソリューション提供を行うことにあり、往来のブロックチェーンを用いたプラットフォームとは違い最小の対価で効率的なリターンの生成が可能な点に大きなメリットがあります。

また、Decent betは様々な戦略により、自身のカジノプラットフォームや発行するDBETトークンの価値の底上げを計っています。

以下、詳しくみていきましょう。

ホワイトラベルソリューションによるプラットフォームとしての価値

Decent.betは完全カジノと宝くじを提供する予定であり、すべて公平かつ、分散的で、ブロックチェーンに基づいています。さらに、Decent.betチームへの直接的なクレジット提供を必要とせずに、ほかの企業がこのプラットフォームに基づいて自分のカジノを簡単に運営する機会を提供することができます。

より良いマーケティング戦略を持つ他のチームがDecent.betのプラットフォーム上で独自のカジノを立ち上げたい場合は両社にとって好都合ですし、Decentにとってもプラットフォームとトークンの価値がさらに高まるため、大きな武器となり得るということです。

取引所への即リスト化

カジノプラットホームでは安全性を確立することが課題であり、やはりリスクもあるため少額で賭ける機会が多いと思いますが、この点においてもトークン購入者にとってより良いメリットを提供します。

その1つとして、取引所がDBET ERC20トークンをすぐにリストすることにあります。

これにより、ユーザーが早期にトークンを選択でき、流動性を高めることで、トークンをカジノでロックする前にトークン自体の価値を高めていく目的です。

トークン自体の汎用性

トークンを保持する我々投資家は、Decent betが提供するプラットフォーム上で、ゲームやカジノなどにDBETで自由に賭けることができますが、それだけでなくホスト自体に投資することで、株式の分配利益も得ることができます。

さらには、トークンの保持数を増やしたい場合は、市場でEtherのために他の人と売買することができます。

これにより、実際にカジノなどで損失を被るリスクも抑えることができ、トークン保有することで効率よく収益化が計ることができると思います。

 

考えられるリスク

成長の可能性がどこまであるか

マーケティングチームと周りの人間が十分な魅力を生み出し、十分な成長がその周りに起こることができれば、前述した通り、トークンの価値は上昇していくでしょう。

しかし、同じカジノプラットフォームではDAO.Casino(ダオカジノ)トークンがありますが、こことの競合としてもありますのでトークン自体の価値もDecent betの今後のプロジェクト展開にも大きく左右されていきます。

Decentbet 関連リンク

公式サイト

https://www.decent.bet/

ホワイトペーパー

https://www.decent.bet/whitepaper/

最後に

今回のICOは、今年一番の話題となるICO案件
または取引所登録案件になると考えられてます。個人的にもかなり期待している案件ですが

なぜかというと、手数料が一切かからないカジノの新しい仕組みを暗号通貨を用いて可能にしようという取り組みであり、他にもホワイトラベルや株式分配によるホスト制度など
この暗号通貨自体の価値を高める要素が揃っており、多岐にわたって、汎用性やみりょくがつまっていると感じてます。

カジノ自体も規模が世界中で拡大してますので、ユーザーの注目も集まりやすいかなと思います。

さらに、今回の案件を仕掛けているのはStratis(ストラティス)やNeo(ネオ)を手がけている暗号通貨界隈でも世界最大級のチームであり、話題性も含めて初期上場時から時価総額をあげてくる可能性もあります。

その上、今回のICOはおそらく数分、数秒で売り切れてしまうと思いますので、買える方はごく一部と思いますが、トークン割合のうち2%はBounties(賞金プログラム)に割り当てられるためそこで参加してDBETを受け取ることもできます。

方法はツイッターやフェイスブック、ブログ、ビットコイントーク署名、ホワイトペーパーの翻訳など様々あるので、それだけでもチャレンジしてみる価値が大いにあると思います。

バウンティプログラムに関してはこちらを参考

Decentbet(ディセントベット)のエアードロップについて。バウンティプログラムに参加

私もブログやツイッターにて参加しますので、また結果などシェアしたいと思います。取引所上場すれば、買いも殺到することが予想されますが、良きタイミングで保有しておくと良いかもしれませんね。

是非、このチャンスをものにしてみてください。

これまで参加して来たICOの中では一番高い額を投資する予定ですが、あくまで可能性の上での話もあるので、ICOに関しても一点集中より分散投資が賢明と思います。

 

6 コメント

  1. はじめまして。
    daisukeと申します。
    ディセントicoに参加したいと考えていますが手順や方法がわかりません。可能な範囲で教えていただきたくご連絡しました。

    • コメントありがとうございます、

      購入方法はまだ公式側からアナウンスされてませんが、中旬あたりには公式サイトや、登録したメールに届くはずです。

      おそらく、サイト経由でイーサリアムで購入する形になるので、MyEtherWalketなどを準備しておいてください。

  2. お忙しいところ恐れ入ります。
    ディセントベットからメールが届くようにするにはどうしたらいいのですか?
    ディセントベットに参加するにはどうしたらいいのですか?
    お手数ですが教えていただけますでしょうか。

    • こちらの公式サイトからアクセスしてホームにメールアドレスを入力する部分がありますので、そちらからできます。
      https://www.decent.bet/ico

      参加方法は、正式にアナウンスがありますが、公式サイトに表示されるdecentbet指定のイーサリアムアドレスへETHを送金する形になります。
      イーサリアムウォレットは予め作成しておいてください。

  3. ホワイトリストの登録とありますが
    具体的にどの様に行なえばよいのでしょうか?
    教えて頂ければ幸いです。
    宜しくお願いします。

    • ホワイトリストの登録方法は、まだ公式からアナウンスありませんので、公式ツイッターや公式サイトからのメールアドレス登録をしておいてください。

      そちらからICOが始まる前にアナウンスがあるかと思います。

      ホワイトリストが必要な組と必要でない組とに分けられ、販売がされると思いますがどちらも即売が予想されます。また、そちらの情報も記事にします。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here