この記事を読むのに必要な時間は約 26 分です。

 

Datareumプロジェクトの概要

Datareumは個人が個人データを収益化し、研究者、企業、その他の関係者に直接販売することを可能にする分散型の市場です。

Ethereumパブリックブロックチェーン上に構築されたDatareumのプラットフォームは、ハッキングのリスクを伴わずに機密情報の安全なピアツーピアトランザクションを容易にします。プラットフォーム内のインセンティブメカニズムを活用することにより、Datareumは優れた品質のカスタムデータを確実に利用できるようになり、研究者にとって不可欠なツールとなります。

プロジェクト名 Datareum
 分野  データ
 技術  ブロックチェーン
プロダクト あり
トークノミー DTNトークン

 

問題点と解決策

データブローカーに関する問題は様々です。

データセキリュティ

2017年9月にEquifaxがハッキングされた際には、ハッカーは1億4300万人の重要な個人情報を盗むことに成功しており、集中的なデータベースで消費者情報を1つの企業に保管しておくことは安全でないことを示しています。

データブローカーの不透明性

このような「データ提供・調査」の多くは目立たないところで行われており、データブローカーは消費者に関する個人情報を集めて保管し、マーケティング戦略の策定に必要としている組織に売ります。

2014年の米連邦取引委員会の報告によると、データブローカーは「消費者の知識を持たずして、莫大な量の消費者情報を取得し共有している会社である」と評価されています。

データ価格の差別化

自分のデータをコントロールできないということは、ハッキングリスクをはるかに超えており、データ保管者が私たちにとって利益にならない方向性でデータを使う可能性にも直面しています。

一例として、保険会社は集まった既存顧客データを利用して、似通った新規顧客に対する価格設定モデルを創ります。同様に、オンライン上の売り手は、例えば「顧客が郊外または市内中心部に住んでいるか」に基づいて顧客をプロファイリングして表示価格を調整します。

データ品質の低さ

botによって生成されたデータおよび報酬にのみ関心のある人による低品質/不正なデータは、市場を機能させるために排除しなければならない。

「いかにしてリクエスターが信頼し進んで支払いをしたいと思うような高品質なデータを提供/生成するか」という課題は、いくつかの潜在的な解決策を有している。

これらの問題を解決できるのがブロックチェーンであり、分散型のp2P取引市場を構築することです。

  • 「信頼不要」と改変不可能な情報
  • 大幅に改善されたセキリュティ
  • 従来と比較して摩擦のない金銭的価値の交換

 

したがって、ブロックチェーン技術の基本的な機能は、以前まであまりにもリスキーだった取引や完全に不可能だった取引を可能にします。

Datareumプラットフォームの特徴

Datareumが想定しているデータの市場は、Webブラウジング・ソーシャルメディアの使用・オンラインショッッピングで生成されるあらゆるデータから、IoT対応デバイスによって生成されたデータまで全てを網羅することを理想としています。

これは、プラットフォームの長期的な目標です。

Datareumは巨大なデータ市場において「オンライン調査」が適切な出発点であることと確信しています。これは以下のような流れで行われます。

  1. リクエスターは年齢・性別・地域・給与などといったターゲットのデモグラフィックを示す調査を発行します
  2. 調査の条件は、データ市場のスマートコントラクト条件となります。リクエスターはプロバイダーの回答に対する十分なDTNトークンを預けます。DTNトークンはスマートコントラクトでエスクローに保存されます。
  3. データ市場に入力されたデータは分析され、調査に対して役割を持つスマートコントラクトのルールに従い、データはリクエスターに渡されるか許否されます。条件が満たされた場合、結果は引き継がれ、支払いはエスクロー内からデータプロバイダーに転送されます。DTNがエスクローから放出されると、少額の手数料がDatarerumに支払われます。この手数料はDatareumの主な収入源です。

データ提供者:

  • あなたのデータを管理する
  • あなたの情報を貨幣化する
  • あなただけが望むものをリリースする
  • アンケートに記入してお金を稼ぐ
  • あなたのデータに残余収入を得る

データリクエスタ:

  • カスタム調査を行う
  • 仲介者を排除してコストを削減する
  • atareum Marketplaceで結果を再販する
  • お客様の製品を顧客に直接販売して顧客の研究に資金を提供する
  • 企業、研究者、学者などのデータリクエスタ

技術特徴

データ検証に関する技術採用

FacebookかGoogle

キックスタート時の最初に、多数のユーザーが使い始めるようになるためには「使い勝手」が重要です。したがって、基本的な検証はFacebookaや広く利用されているGoogleなどのソーシャルネットワークと統合してシンプルに行います。

Datareumはユーザーがプラットフォームを使う前に、現在広く利用されている基本ステップを実行することを要求します。

顔認証

ユーザーの基本情報を認証し、データの価値を高めるために使うことのできるもう一つのツールが、デバイスカメラからのライブイメージとユーザーのアップロードしたID写真を照合するツールです。

このようなツールは、基本情報となる肌や目の色、かなり高い確率で性別も判断することができる。

データプロバイダーの認証情報を保護するために、上記の方法で認証された情報はブロックチェーン上で永久的に署名された後、アプリのMy DataVaultコンポーネントに含まれている実装されたスマートコントラクトロジックに基づいて自動的に削除されます。

現在のブロックチェーンソリューションの技術的な制限により、プロフィール情報はBigchainDBなどのデータベースインフラストラクチャに最初に格納されます。

このアーキテクチャは、進化しつつある分散型ストレージソリューションに基づいて容易更新できます。

進化するオンライン個人識別認証のエコシステムとの統合

身分証明は着実にデジタル化されていっています。

違う種類のグローバルレジストリを統合する方法の問題は残っていますが、部分的には分散型エコシステム開発者助けを借りつつ解決できる見込みがあります。

Uportはスイスの都市Zugでパイロットプログラムを運営しています。

こちらは、市民が行政機関で身分認証をした後は、Ethreumのパブリックブロックチェーン上で認証できるというものです。市民はサービスにログインし、必要な分だけの身分認証をし、残りの個人情報は匿名のままにしておくことができます。

  • レベル1:Facebook/Googleのみ
  • レベル2:UportやCivicなどの第三者機関を通じて確認が取れている政府による公的な認証
  • レベル3:UportやCivicなどの第三者機関を通じて確認が取れている住所の証明
  • レベル4:UportやCivicなどの第三者機関を通じて確認が取れている収入の証明
  • レベル5:Indorseなどの第三者機関を通じて確認が取れている職業の証明
  • レベル6:Attoresなどの第三者機関を通じて確認が取れている卒業証書の証明

 

マイ・データボールト

これは、データプロバイダーがプラットフォーム上で利用可能にしたい情報を格納し、管理する場所です。

まず、データプロバイダーはデータを手動で入力します。

プラットフォームに認証レイヤーが追加されると、プロバイダーはデータに相対的な価値を持たせるために認証フープを通過することが出来ます。

Datareumは、最終的には、Amazon、Facebook、Twitter、Airbnbなどのレガシーなプラットフォームと統合することを理想としています。

データプロバイダーは、利用できるものを正確に指定するオプションとして、彼らのマイ・データボールトからアカウント情報をリンクする選択肢を持つことを想定しています。

データプロバイダーは、データが再販されないという条件で、公認されている非営利調査機関にデータを無償提供したい場合もあります。

トークン・ウォレット

このアプリには、トークンを保管するためのウォレットが内蔵されています。

このウォレットはプラットフォームの機能と統合され、以下を可能にします。

データプロバイダー側

  • DTNを仮想通貨取引所か自分のERC20規格対応のウォレットに送ること
  • バウチャー(引換券)市場にDTNを送りリクエスターが利用可能にしている商品やサービスを受け取ること

データリクエスター側

  • 自分のERC20規格対応ウォレットまたは仮想通貨取引所から、DTNトークンを受取または送信すること
  • データを購入するために、データ市場のスマートコントラクトにDTNトークンを送ること
  • 使用されていなDTNトークンをデータ市場のスマートコントラクトから回収すること
  • バウチャーをバウチャー市場に送り、バウチャー購入者からDTNトークンを受け取ること

 

ロードマップ

      2017年11月:開発研究と思案(完了

      2018年3月:調査システムのα版の完成(完了

      2018年4月:DTNのプレセール(完了

      2018年5月:ホワイトリスト向けパブリックセール

      2018年6月:DTNトークンのパブリックセール

      2018年7月:KYC後にトークン発行

      2018年8月:取引所にトークン上場

2018年Q4:スマートコントラクト支払いとデータ取引サービスの完成

2018年Q4:ウォレットシステム

2019年Q1:プロバイダーとリクエスターのWebポータルがローンチ

2019年Q2:プロバイダーとリクエスター双方向けのiOS/Androidアプリがローンチ

2019年Q3:世界的にビットコイン・ブロックチェーン・フィンテックテクノロジーを採用あるいは成長のサポートに対して戦略的買収と投資を継続

2019年Q4:データ市場のローンチ

2020年Q1:DTNで支払うことが出来る、リクエスターの製品リストのE-コマースプラットフォーム

2020年Q2:ヨーロッパ、アメリカにマーケティングキャンペーンを開始

 

市場と競合分析

データ市場の簡単な市場傾向です。

個人データは21世紀の新たな原油である

多くの人は個人データが21世紀の新しい原油であると考えています。個人情報の収集と分析は、今日の新しい経済の推進に役立つ燃料です。生データは収集、処理、輸送する必要があります。 100年前の石油ブームの時代と同様の原則に従っています。 1人は、彼らから利益を得るために、できるだけ多くの情報源からデータを集めようとします。典型的なアプローチは、多数のタッチポイントを分析し、得られたデータを使用して実行可能な予測を生成し、結果として新しい製品およびサービスを導出することです。

個人データによる予測

個人データの収集と分析により、企業は消費者の行動や傾向をよりよく予測し、より良い製品を継続的に反復することができます。購買力、旅行習慣、モビリティの好みやフィットネス/ウェルネス、ヘルス、環境などのトピックに対する態度の予測可能な変化は、車、新しい旅行タイプ、根本的に異なるホテルコンセプトなどの新しいコンセプトを思い付くことを可能にします。

これにより、企業は、予測が最も厳しい5年から10年という新しい目標を早期に実行するなど、R&D予算をより適切に配分することができます。

GDPR(一般データ保護規制)への準拠の重要性

OpiriaとPDATAは、個人データに関する消費者への支配を主にし、国際ビジネスの規制環境を簡素化することを目指して、今年EU全体で展開する新しい一般データ保護規制(GDPR)法改正に完全に適合します。

これらには、以下が含まれています。

  • 消費者は個人データの処理に同意する必要があります
  • 個人データは偽名化され、暗号化された方法で保存されなければならない
  • 消費者は個人データにアクセスする権利を有する
  • 消費者は、誰が自分の個人データを処理するかを知る権利があります
  • 消費者は個人データを訂正し、消去する権利があります
  • 個人データ処理活動を記録しなければならない
  • データは設計によって、またデフォルトで保護されていなければなりません

 

データブローカーの市場規模

データブローカーは、消費者の最も敏感な個人データを収集し、分析し、相互参照し、梱包し、保管し、相互に、広告主に、政府に直接商品として販売する。

2012年、データ仲介業界は、米国政府の全知的財産予算の2倍の1500億ドルの収益を生み出しました。 2015年には、データ仲介業界の収益はすでに2,000億ドルに達しており、CNN10のJason Morris氏とEd Lavandera氏によれば、絶えず成長しています。

Acxiom、Corelogic、Datalogixなどの企業では、平均して1人あたり1,500データポイントが、米国のすべての家庭についての非常に詳細な情報を持っています。 Gartner11は、全世界で最大5,000のデータブローカーが存在すると推定し、消費者データを彼らの知識や許可なしで絶えず収集しています。

チームは白書で、競合となるデータブローカーの存在を指摘しています。一部紹介します。

データブローカー市場は、包括的なデータの価値を評価するための指標とみなすことができるのですが、およそ200億ドル規模の市場と推定されています。

市場は、Axciom、Equifax、Experianといった大規模なグローバル企業によって寡占されており、それらの企業が最も洗練されたデータを提供しています。

  • Equifaxは、世界中の8億人の個人情報を有しており、2016年には31億ドルの収益を上げているといわれています。
  • Acxiomは、マーケティングキャンペーンや不正検出のための消費者データと分析を提供します。そのデータベースには、世界中の約2億5,000万人の個人データが含まれており、米国のほぼすべての消費者に1500を超えるデータセグメントがあります。
  •  Corelogicは、主に不動産情報、消費者および財務情報に基づいて、企業および政府にデータおよび分析サービスを提供しています。そのデータベースには、7億9500万件以上の歴史的不動産取引、9300万件以上の住宅ローン申請、米国住宅不動産の99%以上を占める不動産特有のデータが含まれています
  •    Datalogixは、米国のほぼすべての家庭にマーケティングデータを提供し、1兆ドル以上の消費者取引を企業に提供します。 2012年9月、FacebookはDatalogixとの提携を発表し、Facebookの10億人のユーザーがソーシャルサイトに広告を出した後、レンガや迫撃砲の小売店で購入を完了する頻度を測定しました。

データの収益化と売買プラットフォームですが私は以下を競合として挙げます。

Datum
  

Datumはブロックチェーン上の分散型高性能NOSQLデータベースです。この技術により、ソーシャルネットワークデータ、ウェアラブル、スマートホーム、その他のIOTデバイスのデータなどを安全かつ匿名でバックアップすることができます。Datumは、ユーザーが自分でデータを共有または販売できるマーケットプレイスを提供します。

Datumネットワークは、データ所有者が設定した条件を遵守しながら、データの安全な取引を提供するためにDATトークンスマートコントラクトに依存しています。

  • データ所有者は少量のDATトークンを払ってデータを保存します
  • ストレージノードのマイナーは、データの保存と送信のためにDATトークンを獲得します
  • データは、DATトークンを所有者の条件で使用し、購入することができます

Hurify 

Ex-Intelのベテランによって創設されたHurify Inc.は、IoT開発者がスマート契約を通じてIoTハードウェアリソースとサービスを収益化することを容易にする、Ethereumベースの分散型プラットフォームです。 HurifyはEthereum ERC20標準HURトークンによって強化されています。

DatabrokerDAO

DataBroker DAOは、IoTセンサーデータの最初の市場です。センサー所有者をデータの購入者と直接接続し、GSM、LoRa、SigFoxに基づくセンサー接続ネットワークを操作する通信プロバイダーの既存のインフラストラクチャーを利用するか、センサー所有者の専用ゲートウェイを介します。 ある意味では、DataBroker DAOはIoTセンサデータの「セカンダリ市場」に相当し、IoTセンサデータの「eBayやAmazonに相当します。

OpiriaPDATA

現在、Opiriaの消費者調査プラットフォームは、世界中のトップ企業が消費者のニーズと要件を理解するのを支援しています。

Opiriaは現在、顧客のデータニーズに合わせて世界中の何十もの企業が使用しています。これらには、アウディ、BMW、メルセデスベンツ、フォルクスワーゲン、ゼネラルモーターズ、日産、インテル、プロクター&ギャンブル、Freightlinerなど世界的に認められている多くのブランドも含まれています。

チームについて

チーム化と戦略的提携により、そのプラットフォームとサービスが大衆によって採用されることを理解しています。このため、最近、英国に本拠を置く市場調査機関Worldlinkと提携し、世界中の顧客の関連データを収集しています。パートナーシップは、900万ドルの取引で構成されています。 Datareumのアプリを通じて、Worldlinkは顧客向けのマーケティング調査と研究プロジェクトを開催することができます。

パートナーシップにより、DTNトークンの自動要求が作成されます。すでにデータバイヤーを搭載していることで、データ売り手がプラットフォームに追い込まれます。 DatareumのICOからの販売の20%はマーケティングの目的で設定されており、プラットフォーム上でマーケットリサーチサービスが開始されると、少なくとも1億米ドルの売り上げがWorldlinkの顧客に値引きされます。これは、プラットフォーム広告の大きなコストが節約されるだけでなく、プラットフォームの成功に集中するために開発者に多くの時間を与えるので、健全なマーケティング戦略です。

コミュニティ

テレグラム参加者数 28670
ツイッターフォロワー数 7454
Bitcointalkの閲覧数 4315
Alexaのランク 1755833

 

テレグラム参加者数は非常に多いですが、サイト訪問数は少なくなっています。単純にエアードロップ目的のユーザーが多いように感じ、トークン購入に対してどれだけのユーザーが意欲があるのかはわかりません。

トークンとホルダーのメリット

トークン名 DTN
ICO価格 4000 DTX = 0.03USD
プラットフォーム EThereum
受け入れ通貨 ETH
ハードキャップ 1800万ドル

 

 

トークンの用途は以下です。

プロバイダーがDTNトークンを稼ぐ方法

  • フォームに記入する
  • データの再販による残余収入を通じて得る

プロバイダーにとってのDTNの使い道

  • オープンな仮想通貨取引所で他通貨と取引
  • リクエスターのプロダクトから引換券を購入する

リクエスターがDTNトークンを得る方法

  • 暗号通貨取引所の市場価格でDTNトークンを購入する
  • プラットフォーム外で引き換えられる製品の引換券を売る
  • 既にプラットフォームに支払い済みのデータを再販する

リクエスターにとってのDTNの使い道

  • データ提供の報酬として直接支払い
  • 再販データを購入

トークンの将来価格について

DTNトークンはプラットとフォームのユーティリティですのでプラットフォームの需要に依存します。

Datareumはデータ市場が市場を開拓するためにプロバイダーとリクエスターの基盤が必要であることを認識しており、報酬キャンペーンや広告など標準的なコミュニティ構築手法に加えて、以下の戦略も採用します。

プロバイダーは初期のネットワーク時ではDTNを簡単に稼げる

Datareumはコミュニティ成長と初期のパートナーに対してトークン配布量の15%を用意しています。

これらのトークンの1部はプラットフォームの初期採用者に与えられます。この目的のために容易されたDTNトークンは、以下の初期データプロバイダーに配布されます。

  • ソーシャルメディアと他のアカウントを当プラットフォームに接続した人
  • 他の人を招待した人
    • データプロバイダーが招待したユーザーが、少なくとも1回の調査を完了するとボーナストークンを獲得することができます

リクエスターを奨励するマーケティング戦略

  • リクエスターの大きなキャンペーントークン
  • 一定の額に達した際にセットアップ料金の割引

具体的な価格は予測しづらいですが、データ市場の全てのスマートコントラクトには、DTNを用いたデータ取引が成功したあらゆる場面において取引手数料が徴収されます。

したがってトークン価格に影響する要因としては

  • プラットフォームがローンチしてDTNトークンが十分に循環する
  • DTNトークンを購入できる取引所と多く接続する

必要があります。

トークン購入方法

開催中です。メールアドレスとパスワードでポータルに登録します。

メールを確認します。

ログインしましたらKYCを実行します。

KYCプロセス画面

メールアドレス

誕生日

居住地

寄付額¥

次にイーサリアムアドレスを入力します。

まとめ

プロジェクトのメリット

  • チームの経験
  • 市場の成長
  • 簡潔なユーザーインターフェイス
  • IOS、Androidのアプリ
  • Facebookログインプロフィール

デメリット

  • 長期的な開発計画(データ市場ローンチまでが長い)
  • 競合の存在

関連リンク

 

 Author

BABbit43

For every campaign, someone is trying to participate  by my site article, name, profile, please record the following.

User BABbit 43’s site is bab-global.net only. And the receiving ETH address is only

0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here