【ICOレビュー】DatabrokerDAOーブロックチェーン技術を使用したIoTセンサデータの分散型市場

0
458 views

この記事を読むのに必要な時間は約 21 分です。

 

 

IoTセンサの世界市場は、センサの購入、設置、メンテナンス、データの解釈と豊富化を目的としたソフトウェアパッケージの購入など、年間6000億ドルを超えています。

DatabrokerDAOプロジェクトの概要

DataBroker DAOは、IoTセンサーデータの最初の市場です。センサー所有者をデータの購入者と直接接続し、GSM、LoRa、SigFoxに基づくセンサー接続ネットワークを操作する通信プロバイダーの既存のインフラストラクチャーを利用するか、センサー所有者の専用ゲートウェイを介します。 

ある意味では、DataBroker DAOはIoTセンサデータの「セカンダリ市場」に相当し、IoTセンサデータのeBayやAmazonに相当する可能性があります。

プロジェクト名 DatabrokerDAO
 分野  データ
 技術  ブロックチェーン
プロダクト  β版
トークノミー DATトークン

プラットフォームの特徴-ブロックチェーン技術を使用したIoTセンサデータの分散型市場

DataBroker DAOは、センサデータを売買する最初の市場です。 Blockchain技術を使用したIoTセンサデータの分散型市場として、Databroker DAOはセンサの所有者が生成されたデータを収益の流れに変えることを可能にします。これは、様々な産業のための豊富な機会を開くでしょう。データが使用され、より効果的になります。

Ethereumネットワーク上でスマートな契約ベースのマーケットプレイスを使用することで、この価値を解くことが可能になります。センサの所有者は、ゲートウェイオペレータを経由して、センサによって生成されたデータを販売し(DTXトークンの一部を賭けて)、買い手は同じDTXトークンを使用してデータへのアクセスを発見して購入することができます。

ゲートウェイオペレータは、独自のEthereumメインネットブロックチェーンノードを実行し、オープンソースのDataBrokerDAO dAPI(分散API)を一番上に実行します。クライアントのセンサによって生成されたデータは、(同じデータセンター内で)dAPIに送信され、誰がアクセスを購入したかを確認し、購入時に購入者が指定した場所に直接データを送信します。

ゲートウェイオペレータは、クライアントが生成したデータを処理するように既に設定されているため、購入したデータストリームをインターネット上のある場所にルーティングすることは簡単な拡張です。

そのために、ゲートウェイオペレーターにはDTXトークンの各取引の10%が与えられます。プラットホームも10%の利益を得ており、最も重要なことに、シェアは、収益の80%を受け取るセンサーの所有者に行きます。

ローカル市場からグローバル市場に移行するために、DataBroker DAO実装は世界中の多数のゲートウェイ事業者に複製されています。

これにより、データの世界市場へのアクセスが許可されます。世界中の誰でもどこでも利用可能なデータを購入することができ、真に「ローカルデータのグローバル市場」となります。

広範囲の当事者が当社プラットフォームから大きく利益を得ることができます。

センサーの所有者

データを収益化し、沈没費用を潜在的なマネーメーカーに変え、少なくともIoTセンサーへの投資の一部を回収する機会を得ることができます。

ネットワーク事業者

接続された通信事業者がエンタープライズアカウントに勝利を返すことができるように、ネットワークの導入における規模とスピードを向上させることは、明確なUSPです。

センサーメーカー

生産のための「最下位への競争」を止め、リソースと資本を製造から引き出し、これらを有益なSaaS製品に割り当てることができます。

スマートシティの取り組み

十分なセンサーで町を人口化するための先行コストを制限し、その後2  –  3年の投資回収期間とその後の継続的な収入の流れで費用を投資に変えることができます。

農業部門

今日のベルギーの農業部門では、農民の10%が「技術者」であり、彼らは、風、温度​​、気圧、湿度、土壌中のPHレベルのセンサーを配備しています。プラットフォームは、このコストの一部を回収する可能性を提供します。

学問

何千ものセンサーにアクセスすることができ、市場で直接かつより安価にデータを購入することができ、確立されたデータプロバイダを切り離すことができます。

以上のように、DataBroker DAOは、センサの所有者とデータの購入者を結合するIoTセンサデータの市場です。これは、GSM、LoRa、SigFoxに基づくセンサネットワークを維持している通信サービスプロバイダのインフラストラクチャまたは独自のゲートウェイを介して行われます。

プラットフォームは次の点に焦点を当てています。

プラットフォームの主なコンポーネントは、センサーとパスワード/ファイルのレジストリです。センサーからのIoTデータのすべてのストリームは、DataStreamRegistryに保存されます。

センサーの識別を制御するためにuPortが使用されます(プラットフォームは「管理されたプロキシID」契約で動作します)。 

技術特徴ープロジェクトのエンジニアリング機能

このプラットフォームは、dAPIとスマートコントラクトを使用したブロックチェーンテクノロジに基づいて構築されています。

dAPIは、各共有ノードにデプロイされたAPIアプリケーションです。 dAPIの主な用途は、購入者側のゲートウェイオペレータ、データプロセッサ、および大規模なデータセットとの連携に焦点を当てていますが、センサーの所有者側または小規模のバイヤー側ではありません。後者は、ゲートウェイ・オペレーターまたはDataBroker DAO dAPPによって提供される(既存の)インターフェースを使用します。

将来的にはSwarm.cityが提示したGasStationコンセプトを導入して、ユーザーベースを増やす際の取引コストを削減する予定です。

プラットフォームは次のサービスを提供します:

  • IoTセンサーの所有者:IoTデータの収益化。所有者はサービスの販売から80%を受け取り、センサーをプラットフォームに追加するための小規模な定期支払いを行います。
  • データの購入者:データの購入と使用、または付加価値のあるデータの再販(つまり、変更の導入)。
  • データプロセッサー:入力と分析によるデータの改善。プロセッサは次のように分類できます。
  • データサービス – さまざまなソースから情報を収集し、それらをまとめて組織します。
  • データマイニングを提供するサービス – 分析ルールと計算を使用して見積データを処理します。
  • 適応型サービス – 特定の顧客データをリポジトリ内のデータとともに分析します。
  • ゲートウェイのオペレータセンサの所有者がプラットフォーム上でIoTデータを販売できるようにゲートウェイを開きます。事業者は、プラットフォーム上でのデータの販売から10%を受け取る。

このプラットフォームはまた、データ市場参​​加者のコミュニティであるDataBroker DAO Allianceを創設しました。コミュニティの主な目的は、相互に有益な協力とビジネスの統合です。現在、Allianceには以下の企業が含まれています。

市場と競合分析-IoTセンサー市場は成長中

市場および市場によると、IoTセンサーの市場は、2022年に384億1000万ドルに達し、2016年から2022年にかけて年間成長率42.08%に達すると予測されています。この成長はStatista分析機関によっても確認されています

プロジェクトチームの調査結果によると、IoTセンサーの市場規模は、2015年の6,000億ドルから2017年には9,000億ドルに増加した。市場は2020年に1,300億ドル、2024年に1,600億ドルに達すると予想される。

搭載されているIoTセンサの数は、2014年の97億台から2019台には256億台、2020年には300億台に増加する予定です。

IoTセンサーデータの販売市場については、2017年末に270億ドルと評価され、2024年には5000億ドルに増加すると予測されています。

DataBroker DAOマーケットプレイスは、IoTセンサーからのデータの販売のために形成されます。DataBroker DAO Allianceは、データを扱う企業のコミュニティも作成します。

これらの見積もりは、IoTセンサーの売上データに基づいているためこの見積りで、プロジェクトはその経済モデルを構築します。

WPでは以下の競合他社が見つかります。

Streamr  –  P2Pトラフィック用のプラットフォーム。

Streamrは、リアルタイムのデータをトークン化し、分散したP2Pネットワーク上でマシンと人がそれを交換する新しい方法を可能にします。Streamrは従来のデータ転送プラットフォームを採用しており、これを「ブロック化」しようとします。これらのプロジェクトの深い技術的分析には取り掛かりませんが、上から下へのIoTスタック全体をStreamrソリューションで置き換えることを目標とする

IOTA  – 企業はデータとサービスを共有できます。

IOTA独自のパブリック型分散台帳アーキテクチャはタングル(Tangle)と呼ばれ、有向非巡回グラフ(Directed Acyclic Graph)の一種です。タングルではすべてのトランザクションやデータの移転は2つの以前のものを検証します。それらはそれ以前の2つを参照しており、それが連鎖的に続いています。これは、ネットワークの検証がネットワークを使用する本質的な性質であることを意味し、通常のブロックチェーンアーキテクチャの場合のようにネットワークの使用から切り離されることがなくなりました

IOTA財団はこの今後2ヶ月間に亘って運営されるデータマーケットプレイスに数十の世界有数の企業が参加することを発表することができることを誇りに思います

OceanProtocol  – データおよび関連サービスの交換のためのエコシステム。

Hurify  –  IoTサービスの収益化のためのプラットフォーム。

Ex-Intelのベテランによって創設されたHurify Inc.は、IoT開発者がスマート契約を通じてIoTハードウェアリソースとサービスを収益化することを容易にする、Ethereumベースの分散型プラットフォームです。 HurifyはEthereum ERC20標準HURトークンによって強化されています。

Datum – 分散型データ市場。

さらに私はこれらに加えて以下のプロジェクトも追加します。

OpiriaPDATA

このようにデータ市場は競合の存在が大きいですが、同時に市場は成長するため十分なシェアを獲得できる可能性はあります。

                                                       

チームについて-ドバイのSettleMint社を拠点とする

DataBroker DAOは、Blockchainアプリケーションの作成を簡略化するツールを作成するスタートアップ企業のSettleMint社(ベルギー、UAE)に接続しています。プロジェクトのコンセプトは2016年末に開発されました。プロジェクトチームは現在ドバイのSettleMintに拠点を置いています。

DataBroker DAO ICOは、SettleMint法人によって実行されます。

アドバイザー:

  • ジョナサン・ジョンソン(LinkedIn) –  Overstock.comの取締役会メンバー、PeerNova Inc.、Bitt、SettleMint、Medici Ventures社長。
  • Richard Kastelein(LinkedIn) –  Blockchain Partnersの共同創設者兼マネージングディレクター、Blockchain Newsの編集者であるCryptoassets Design Groupの共同設立者、ShareRing諮問委員会のICObenchのICO専門家。
  • Patrick Byrne(LinkedIn) –  Centricutの会長兼CEO、Fechheimerの社長兼CEO、Overstock.comの創設者兼CEO。
  • Julien Marlair(LinkedIn) –  Proximusのビジネス開発およびイノベーションマネージャー。以前はASTRIDの無線ネットワークカバレッジおよびパフォーマンスエンジニアでした。

プロジェクトパートナー:

  • AmaZix  –  ICOを実施するのに役立つ会社。
  • Sigfox  –  IoT接続サービス。
  • Enterprise Ethereum Alliance  – 企業、新興企業、Fortune 500企業とエテリアムの専門家を結びつけます。

誘致された投資:このプロジェクトは、2016年9月に長期のトークンロックですでに最初のトークンセール(DATAティッカー)を開催しています。資金調達額は~960 ETHでした。

全体として、チームは優秀なパートナーとこれまでの投資実績に支えられています。

コミュニティ

Twitter 2869
Facebook 2736
Telegram 4851
Bitcointalk 10076
Alexaランキング  

 

Similarwebの分析によると以下のデータが出ています。

リファラル先はICOdropsからが多くソーシャル先はFacebook、Twitterからです。

国別で見るとベトナムからの流入が多くなっています。

プロジェクトの利用可能なデータに基づいて、ユーザーはプロジェクトに関心があると結論づけることができます。チームは、TwitterやFacebook上で広告キャンペーンを実施しており、当たり前にTelegramのユーザーと繋がっています。

ロードマップ

将来的には、技術とデータが開発されるにつれて、以下を実装する予定です:

Q2 2018:ネットワーク事業者の統合、メインネットのリリース。
Q3 2018:デザイン、Web開発、モバイルアプリケーション開発。
Q2-Q4 2018:ライブラリの実装と一般的に使用されるツールとの統合。
Q1 2019:豊富なデータの統合。

以下のアクティブなモジュールがオープンリポジトリに表示されます:

databrokerdao-dapp – アカウントデータを入力します。
databrokerdao-dapi – DataBroker DAO分散APIです。
crowdsale-contracts – ICOのスマート契約。
eth-contract-metadata – メタデータのethereum制御ポイントを表示します。
eth-phishing-detect – フィッシングドメインを検出するためのツール。
ethereum-lists – 悪意のあるURL、詐称されたトークンアドレスなどのリストの格納

プロジェクトには7つのオープンモジュールがあります。リポジトリはDataBroker DAOに属します。

 

トークンとホルダーのメリット

トークン名 DTX
ICO価格 4000 DTX = 1 ETH
プラットフォーム EThereum
受け入れ通貨 ETH
ハードキャップ 108000000 DTX
   

 

トークンの将来価格についてーIoTセンサー数に依存する

トークンの将来価格は、最終的にDataBroker DAO上にいくつのセンサーが搭載され、どのセンサー所有者が請求するかが決まります。最初の部分では、プラットフォーム上の2億2,500万個のセンサで2024台の目標を設定しており、その時点での市場占有率は1%未満です。

DTXの最適な価格設定は、1つのDTXトークンが1週間のセンサーからのデータの平均値を表す時点にあると判断します。これにより、マイクロペイメントを扱うのに十分な精度(18小数点以下)が得られ、価格設定の精神的枠組みに適合します。これは、2億2,500万個のセンサを対象とした2024年の目標と組み合わされ、DTXトークンの価格設定につながります。 

私たちは2024年の前のセクションで市場の予測を見て、トークンごとに対応する価格を決定します。その時点で、2.5億ドルが2億2500万のセンサーのプラットフォームを流れるようになると予測しています。平均センサは、年に~12ドル、月に~1ドル、または週に0.25ドルの値を持ちます。そのため、1 DTXトークンの値は当初この数に等しくなければなりません。 1000 USD / ETHのETH価格では、1ETHは4000 DTXトークンを手に入れます。発行されるトークンの最大数は、2024年のプラットフォーム上のセンサーの量である225百万であると判断されます。

ICOratingではこのように分析がされています。

したがって、初期価格はETH現在のレート(670ドル)で1DTX=0.16−0.17ドルです。2024年までにはトークンは安定して1ドルを目指しますので6−7倍の値上がりが予測されています。

DTXトークンおよび市場調査の詳細については、ホワイトペーパーを参照してください。

トークン購入方法

こちらから購入できます。

BUY DTXをクリックします。

 

KYCが完了すると送金アドレスが出ますので送金します。

 

まとめ

このプロジェクトは、IoTセンサの所有者とデータ購入者が取引を行うことを可能にする市場に基づいています。組織が共同開発のために相互にやり取りできるプラットフォームの周りにある企業のコミュニティであるDataBroker DAO Allianceもあります。

プロジェクトの強み:

  • チームが働いている市場は高い成長率を示している
  • 経験豊富なチームとアドバイザー。
  • 機能するベータ版

プロジェクトの弱点:

  • 多数の競合プロジェクトの存在
  • 長期的な開発計画

関連リンク

Website

Twitter

Telegram

Medium

Reddit

Linkedin

Facebook

Github

Bitcointalk

YouTube

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here