この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

メディア市場の傾向分析

近年、ブロックチェーンが有効になっているほとんどのメディア企業は、コピーライトアトリビューションや分散型などの分野にすでに重点を置いています。

そして、このうちほんの一部がソーシャルメディアと広告のインセンティブ化に注力しています。

メディア市場景観分析では、いくつかのメディア関連のトークンがすでにあり、最新のブロックチェーンプロジェクトのcurrentのコミットメントとビジョンに影響を与える傾向が明らかになっています。

currentは、デジタルランドスケープの時間、注意、データを交換する方法であるデジタルトークンとプロトコルが作成されています。メディアから始まり、Spotify、YouTube、SoundCloudなど、好きなネットワークからストリーミングを受けることをユーザーに報酬を与える、オールインワンのパーソナライズされた体験を提供します。

currentに関してはこちらを参照

Current(CRNC)ブロックチェーンによりインセンティブ化される次世代のメディアストリーミングプラットフォーム

 

ソーシャルメディア&広告のインセンティブ化の風景

この市場セグメントのプロジェクトは、既存のブロックチェーン対応製品の主流採用に関連する共通の問題点である障壁と技術的な複雑さを排除することを目的としています。

単純なユーザーエクスペリエンスと毎日の習慣を組み合わせた既存のメンバーの問題点に対するソリューションを網羅しています。

ソーシャルメディアと広告のインセンティブ化に取り組んでいるプロジェクトはすでにいくつかあります。以下です。

Kin、Kik Interactive

メッセージングプラットフォーム内で非ブロックチェーンのデジタル通貨を使用したKikの成功した実験では、非集中化された通貨もまた有効になることが立証されています。

この実装後、毎月のトランザクション量は、Bitcoinのグローバルトランザクション量の約3倍に達しました。ユーザーは、通貨を迅速に採用して使用する能力を証明しました。

Kinトークンは、ユーザーがエコシステムへの貢献に対して報酬を与えるために使用されます。 Kikは、何百万人ものユーザーがいる確立されたプラットフォームとして、Kinの迅速かつ幅広い採用から利益を得ます。

 

currentのトークンと同様、クリエイターに報酬を与えたり、プレミアムコンテンツにアクセスしたり、エコシステム内で商品やサービスを支払うために使われます。

currentは、メディアストリーミングのインセンティブ化であり、異なる市場セグメントではありますが、侵入障壁の低いデジタル通貨を採用する意欲が強いことを証明しています。

Basic Attention Token(BAT)/ Brave Internet Browser

Javascriptの創始者であるBrendan Eich
Mozillaの共同制作者が、広告を容易にするためのブロックチェーントークン(BAT)です。

 Basic Attention Tokenはサイト運営者、広告主、ユーザー間の新しい交換単位を作成することで、デジタル広告の効率を向上させます。 すべてがイーサリアムブロックチェーンに基づきます。 トークンの価値はユーザーの注目(人の集中する精神的関与)に基づいてます。

セキュリティとプライバシーに配慮したデスクトップのインターネットユーザーを活用しながら、彼らはまた、ブロックチェーンの早期採用者の控えめなユーザーベースを成長させ、成功したICOの勢いから$ 35Mを調達しました。

BATがWebとパブリッシャのコンテンツを使用して「ユーザーの注目」を商品化し、報酬を支払うのと同様に、Currentはマルチメディア消費に直接適用されます

Steem

SteemはRedditに類似したインセンティブを与えられたソーシャルメディアプラットフォームであり、独自のブロックチェーンとプロポーショナルトークンを使用してディスカッションに報酬を与え、議論を簡潔にしています。

彼らのプラットフォームは、コア暗号化のデジタル通貨への関心の高まりからブロックチェーン技術を採用します。

Steemのコミュニティ報酬制度は、Current’sに似ていますが、報酬制度には、読書の内容、投票、コメントなど、ユーザーからの入力が必要です。currentのユーザーは、プラットフォーム内の消費パターンからトークンを得るだけです。

ALIS

ALISは信頼性の高い情報・人に素早く出会え、 誰もが報酬を得ることができるソーシャルメディアプラットフォームです。

プロジェクトは類似サービスのsteemが300億円以上の評価を得ていることに感銘をうけ、 より分かりやすい形のメディアを日本に作ることをミッションにしています。 従来のメディアにありがちな広告のためのコンテンツ、ステルスマーケティング、信頼性の低い情報に うんざりしている人々を解放することがALISの目的です。 

分散型メディアストリーミングプラットフォームの現状の比較

ブロックチェーン技術は、デジタル録音やインターネットが行われている中で、メディア業界にとっても混乱を招く恐れがあります。

分散コンピューティングとそれによって実現される分散型モデルは、新規参入者と既存のクリエイターの両方が繁栄できるように競技場を平準化します。

より多くの視聴者とより透明な支払いは、クリエイターと消費者に利益のリストを提供します。

しかし、Ujo、Opus、JAAK、SingularDTVなどの新しい分散プラットフォームは、業界のロビー活動、採用率、以前の暗号保持、制限されたコンテンツライブラリ、技術的なハードルなどの問題に直面しています。

Opus

仲介手数料を確保しながら、音楽の収益をアーティストに配分できる、公正かつ使いやすい分散型音楽共有プラットフォーム

SingularDTV

SingularDTVは、「スマートコントラクト管理プラットフォームを備えたブロックチェーンフィルム&テレビエンターテイメントスタジオ&ディストリビューションポータルのためのイーサリアムベースのトークン」です。

最初のプロジェクト計画はオリジナルテレビシリーズ、ドキュメンタリー部門、イーサリアム上に構築されたDRM(Digital Rights Management)プラットフォーム、イーサリアムをベースにしたビデオオンデマンドポータルなど、いくつかの部分から構成されます。

Moozicore

ブロックチェーン上の分散型の音楽ストリーミングサービスプラットフォーム

同社のサービスはバックグラウンドミュージックをインタラクティブな顧客提供のプレイリストに変換します。 Moozicoreの目標はバー、レストラン、ジムなどのエンターテイメント施設を顧客ごとにパーソナライズされたソーシャルミュージック体験を提供することです。 Spotify、Tidalまたは他の非営利サービスとは異なり、Moozicoreは完全に認証され、合法です。

Pindify

Pindifyは音楽、芸術、メディアのプロバイダー向けのブロックチェーンベースのオンライン市場プラットフォームです。 Pindifyは音楽、芸術、メディアの「アマゾン」になることを目指しています。 プロバイダーはPindify市場で店舗(ポートフォリオ)を開き、コンテンツとリレーションシップの収入を得ることができます。

 すべてのアーティストとプロバイダーは、ファンを招待し、コンテンツを販売し、ファンやフォロワーの購読収益を得て、YouTubeやSpotifyで得る収益よりもさらに多くの収入を生み出します。 何千人ものミュージシャンとそのファンがすでにプラットフォームを愛しているため、Pindifyは規模拡大とグローバル化を進めています。

簡単な比較ですが、分散型のメディアストリーミング業界へのブロックチェーンソリューションを主に比較しています。

 

  current singular.     DTV OPUS Moozicore    
シンボル CRNC SNGLS OPT MZI    
トークン特性 ユーティリティ ユーティリティ ユーティリティ ユーティリティ                 ①購入割引(80%)           ②投票    
通貨対応 イーサリアムベース イーサリアムベース イーサリアムベース イーサリアムベース    
プラットフォーム開発

フェーズ1.    既存のプラットフォーム  (完了) 

フェーズ2       ウォレットとプロトコル開発(進行中)

 11のモジュール開発中

(リリース済み)

①TOKIT

②DEX      

③CODEX

④パッド

⑤レポジトリ        

⑥ イーサ版      

2018年以降に残り。プロダクトサービスもリリースされる予定

 プロダクト開発

2018 Q2.     製品開発完了  サービスライセンス            技術統合       コンテンツ配信設定      

Q3                アメリカでリリース          

 Q4日本でリリース   

   
ビジネスモデル

マルチメディア・音楽・暗号通貨業界

音楽業界・芸能

特にアーティストの需要拡大

音楽業界

音楽業界

   
チーム力  Bancor      Loci.      Zerion   本社チューリッヒ    50名以上のチーム   世界各国内に配備  専門的開発チーム JohnMcafeeがアドバイザー    
調達額  未定  750万ドル  580万ドル  1660万ドル(プレセール)    
取引所 未定 Binance.       HitBTC.       Bitfinex.       Liqui.           Livecoin.     OKEx HitBTC 未定    
             

 既存のメディアストリーミング企業に基づくCurrentの財務予測

白書には、currentの財務予測モデルに関して詳しく説明がしてあります。

Spotifyの場合

Spotifyの財務報道によると、ルクセンブルグの親会社に報告がされており、

Spotifyは2016年に1億2,600万人の月間アクティブユーザーを獲得し、フリーティアユーザーは7800万人(62%)、有料ユーザーは4800万(38%)となっています。

しかし、収益の89.9%(ユーロ)は、有料購読によるものです。売上原価のため、プレミアム・サブスクリプションの売上総利益は483.8百万ユーロでしたが、Spotifyの広告支援事業は33.3百万ユーロの総損失を計上しました。

収益の原価は、再生レーン、演奏会、バックオフィス・サービス、および出版社へのストリーミング・ロイヤリティが、プレイごとに概算されていることを前提としています。( EUR-USDの換算レートは1:1.2です。)

総売上原価

  • プレミアム:2,640 – 483.8 = 2,156百万ユーロ
  • フリー:295 – ( – 33.3)= 328.3m

年当たりのユーザーあたりの収益予測コスト:平均的なプレーでロイヤルティ(業界eCPM)が0.006ドルになると仮定します。

年平均ユーザーあたりのプレイ数:
Spotify Premiumの消費者評価は、広告の回避によってのみ行われると仮定します(モバイルアプリケーションの使用やオーディオ品質の向上など)。

年平均ユーザーあたりのプレイ数:
したがって、Spotify Premiumユーザーは、フリー層ユーザーと比較して各ストリームを約35%超過すると見積もります。

Pandoraの場合

Pandoraは、SpotifyやCurrentのようなストリーミングミュージックプロバイダとは対照的に、インターネットラジオプロバイダとしての役割を果たします。ロイヤリティと配信モデルは多少異なります。正当な再生回数ではなく、リスナーの時間を追跡します。これらの数字は、財務諸表から引用されています(2016 10-Kおよび2016 Q3 10-Q.22)

Spotifyと同様に、フリー層よりも多くのPandoraユーザがいます。 2016年には74.5Mのフリー・ティア・ユーザーと4.39Mの加入者があった。サブスクリプション・ベースのサービスは、無料の広告層の19.17Bと比較して、合計2.79Bのリスナー時間を記録した。

※Pandora 10-Kで提供されているRPM測定基準(1000時間あたりの収益)は、RPM測定基準が2016年第3四半期以降放棄されたため、最初の9か月のみが含まれています。

Currentの場合

チームはこれらと、比較して サブスクリプション契約者の聴取時間あたり約39.4%の収入増加になると見積もっています。

currentのRPMはPandoraのRPMと若干異なります。というのも、リスナーの時間を数えるときは、1トラックにつき30秒の最小値が適用されます

行動力学に従う

ユーザーが広告を削除するために定期購入の料金をさらに支払うのはなぜでしょうか?

1.精神的学論  2.一回限りの報酬

この二つの原則に基づき、広告は注目に値する継続的な需要ですが、第一に報酬はそれほど顕著ではなく、一回限りの報酬です。

フリー層のユーザーが常に加入者よりも多いのはなぜでしょうか?

1.消費者は、コスト便益の差に関わらず、より高い価格を自由に見ており、自由に使えることによって、現在の「無料」効果が利用され、全員が加入者になることになる。

2通貨取引には、クレジットカードの有効性確認やサービス料などの支払いのための摩擦が存在します。 CRNCトークンを使用すると、小額の支払いの摩擦がなくなります。

currentのネットワークでは、指数関数的な成長率を近似することで、内部予測からの数字を使用して、毎日の再生時間の大まかな予測を計算しています。

すべてのユーザーによる毎日の再生時間は180時間、最初の2カ月では指数関数的な増加、最初の1年間では月に25%という大まかな予測から始めており、

ブロック報酬は、より多くのトークンが採掘されるにつれて時間とともに直線的に減少し、ブロックリワード方程式を用いてブロック報酬の変化を推定し、成長プールが採掘されたトークンの4%にとどまっていると仮定しています。

マイニングされたブロックの合計が時間とともに指数関数的に増加するにつれて、ストリーミングのブロック報酬は指数関数的に減少します。

その後、リスナー1時間あたりのトークン報酬を推定するわけですが、Spotify平均プレイ収益の見積もり(eCPMは0.006ドル/正当なプレイ)、分の長さ(3分)、平均寄与係数(0.5)を使用して、平均リスナーが聴く1時間あたりの平均トークン報酬を見積もります。

Spotifyの正当なプレイの収益($ 0.12)を平均トークン賞(0.25)で割った値を使用して、トークンごとに$ 0.48の開始価格見積もりになります。

1トークンは、1時間のリスニングがもたらす経済的価値の大きさを大まかに表しているため、トークンの価格は、Spotifyリスナー時間に相当する収益と同じであると見積守られています。

Spotifyサブスクリプションの平均価格が$ 5.78,25であるとすれば、消費者がサブスクリプションを獲得する正当なリスニング時間は43.7時間と推定されます。

Currentの権利は、権利帰属、限られた数の暗号解読者、または限られたコンテンツライブラリによって妨げられることはありません。

すべてのユーザーがストリーミングメディアですぐにCRNCを獲得できるため、プラットフォームでは暗号の所有者が不足することはありません。コンテンツライブラリおよび権利帰属の問題は、当社の外部メディアパートナーによって処理されます。

まとめ

Currentプロジェクトはまだ開始したばかりであり、既存のメディアストリーミングプラットフォームに基づいた見積もり予測がされています。

すでにSportifyやyoutubeなどとプラットフォームは統合されており、初期はこららのプラットフォームで稼働しています。(2017年〜)

2018年以降が勝負の年となるでしょう。

間も無く、トークンセールも開催されます。

関連リンク

Tokensale Website: https://tokensale.current.us/index.html

Roadmap: https://tokensale.current.us/index.html#roadmap

Whitepaper: https://cdn.current.us/whitepaper.pdf

Twitter:https://twitter.com/Current_CRNC
Medium blog:https://medium.com/current-crnc
Facebook: https://www.facebook.com/pg/CurrentCRNC/
Reddit: https://www.reddit.com/r/CurrentCRNC/

BitcoinTalk Thread: https://bitcointalk.org/index.php?topic=2831598.new#new
Bounty group: https://t.me/current_bounty

Author

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here