CrypteriumのICO経過報告

0
557 views

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 

大晦日まで残りわずかとなり、今年も終わりが近づいてきました。

今月はビットコインが高騰してから乱高下を繰り返していますが、徐々に過熱気味の市場に調整が入っています。その中でCrypteriumのICOは依然として継続中です。

Crypteriumについて

Crypteriumは暗号化銀行を目指すプロジェクトであり、10年以上のフィンテック業界の経験があり、フィンテック銀行部門でトップ50にノミネートしているプロジェクトです。

詳細はこちらの記事で。

Crypterium(クリプタリウム)新たな暗号化バンク系ICOソリューションが始動

同分野は競合プロジェクトも多く、その中でも特に私が注目しているのが、以下のプロジェクトです。

Monetha(MTH)

Change(CAG)

BANKEX(BKX)

特に、MonethaはBinanceに上場しており、トレンド的にも銀行系プロジェクトの中では注目され始めています。

又、同時期スタートのICOとしては、Change、そしてイーサリアムのプラズマ様プロトコルを最近開発し、話題となったBANKEXチームも優秀です。

比較に関してはこちらの記事で。

暗号化バンキングサービスのCrypteriumの競合上の優位性について

Crypteriumに関しても、優秀なチームで構成されており、非接触型(仮想カードやQR決済)に重きを置いている点が他との違いです。

ICO最新情報

マイルストーン目標3400万ドルに到達する

同プロジェクトは、最後から2番目の目標(3,400万ドル)に達しました。
 
 

1月の最初の週に最終的な調達ポイントに達することを目指しており、ハードキャップが迫っています。

CRPTトークンの購入方法はこちらのステップバイステップガイドをご覧ください。

テレグラムのコミュニティが18000人以上に

 

先週に、テレグラムのコミュニティは15,000人以上のメンバーに達し、そこでは、コミュニティの中で最も活発で熱狂的な部を見つけることができます。また、サポートチームについて問い合わせることができます。

このTGコミュニティは急速に成長しており、毎日400人以上の新しいメンバーが公式チャットに参加しています。チャットにはすでに18,000人以上の参加者がいます。

「初期の結果を特に顕著にするのは、CRPTトークンの販売が世界中のトークンバイヤーの注目を集めたという事実です。ロシア、米国、ブラジル、イギリス、インドネシア、日本、マレーシア、南アフリカ、インド、ナイジェリア、オーストラリア、南アフリカなど多くの国からのユーザーは、トークン所有者になることでプロジェクトの支援を示しました。」

強い背景を持つコミュニティの存在は何よりもプロジェクトの後押しとなることでしょう。バンク系プロジェクトでは期待できると思いますし私は2018年をめどに保有しておきたいと思います。

取引所との連携

取引所に関しては、トークンセールが終わる1月以降に発表があるかと思います。

やはり最近注目されており、資金が集まりやすいBinanceに上場することが一つ鍵となりそうです。

Binance(バイナンス)中国暗号通貨取引所とは?登録から上場予定アルトコイン一覧.

 

同分野でも、Monethaが上場して、価値を上げてきています。

こちらも長期的に注目しておくと良いでしょう。

同社の今後の計画は?

第1部 :暗号化銀行のアプリ開発

ICOの終了後の主な目標は、私たちのcryptobankの最初のバージョンをリリースすることです。 ICOの実際の結果は本当に重要ではなく、良い成果は確かに大いに役立ちますが、何もCrypteriumアプリの開発を止めるものではありません。

最初の数回は、アプリはテストモードで実行されます。初めに、ユーザーは暗号化アカウントを持っています(法定アカウントに紐付けする機会があります)、支払いシステムへのアクセスに加え、収益性の高い為替レートが提供されます。

第2部:取得システム

第2部では、アルゴリズムをテストし、小さなショッピング・スポットや電子商取引に適用することから始め、次に、事業主向けのNFCソリューションに移行する予定です。

第3部:クレジットシステム

第3部では、シンプルで効率的で分かりやすいクレジットシステムを構築することです。すでに解決策を進めており、限られた期間だけ融資して通貨を交換できるクレジットトークンを発行する予定です。

一定の金利がありますが、伝統的な銀行ほど高くはなく、おそらく、為替レートも上昇するでしょうが、それをコントロールするためにチームは全力を尽くします。

第4部:長期計画

これまでのすべての部分では、トランザクションバンキングの典型的な機能についてでしたが、Crypteriumの目標はこれ以上のものになることです。伝統的な銀行という概念をすべての可能な方法で、より速く、スマートにしたいと考えています。

これは暗号化を使用して行うことを可能にすることで、このチャンスを十分に活用します。

 

なお、トークンセールは1月13日までです。

なお、トークンセールはこちらから参加できます。

関連リンク

公式サイト: https://crypterium.io/

トークンセールページ: https://tokensale.crypterium.io/

白書: https://crypterium.io/wp/index.html?v=0.72


my profile

0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here