Crypteriumが未来の暗号化銀行になりうる理由

0
516 views

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

 

伝統的な銀行とブロックチェーン

多くの人々のブロックチェーンバンキングは、Monopolyのゲームシリーズのようなものです。大部分の人々は、暗号化の機能がどのように機能し、政府の規制なしにそれがどのように存在するかを理解していません。

しかし、それは世界中からの暗号愛好家を止めるものでもなく、今では、約900以上の暗号化通信が利用可能であり、その数は指数関数的に増加しています。

いくつかの伝統的な銀行の暗号化への移行

いくつかの大手企業は既に暗号化に関心を示しています。

バークレイズのアショク・バスワニ最高経営責任者(CEO)はインタビューで、同銀行はBitcoinのような暗号化に関する規制当局と話していると語っています。

世界銀行は、国際決済銀行(BIS)によると、金融システムの安定性にリスクをもたらす可能性があるため、暗号通貨の成長を無視することはできません。

中央銀行は、現金の使用が減少しているスウェーデンのような国では、決定が最も厳しいが、デジタル通貨を発行するかどうか、その属性はどうあるべきかを把握する必要があると述べています。

イングランド銀行(Bank of England)では、マークカーニー(Mark Carney)は金融における潜在的な「革命」の一環として暗号化を引用してきています。

このシステムをよりよく理解するために、オランダの中央銀行は、内部使用のみであっても、独自の暗号化を作成しています。

そして、JPモルガンのジェイミー・ディモン最高経営責任者(CEO)は、ニューヨークで開催された銀行投資家会議で、「通貨は機能しません。あなたは、人々が薄い空気から通貨を発明し、それを購入している人々が本当にスマートであると考えることができるビジネスを持つことはできません。」と述べており

一方で、交換グループCBOEの会長兼CEOのエドワード・ティリーは、同じ会議でこれに対して次のように述べています。

「そうであってもいなくても、人々はビットコインに暴露される」

技術への巨大な依存にもかかわらず、銀行はデジタル要素の開発にはほとんど影響がない世界経済の一部の1つです。しかし、ブロックチェーンは遅かれ早かれその銀行業務を変更するでしょう。

伝統的な銀行システムは、金額のあるお金で動作し、必要に応じて、米ドルなどの通貨を印刷することができます。その数は無制限です。そして、これはインフレにつながります。

銀行システムは、高位の銀行家や政府の為替相場や不正行為に対応しています。多くの銀行は「小口リザーブ・バンキング」を行っています。この銀行では、特定の数の顧客に同時にサービスを提供するだけの現金しか保有していないため、すべての顧客が即座に資金を引き出そうとすると、銀行が破綻します。

銀行業務のICOプロジェクトの可能性

大手銀行は小規模な措置をとっていますが、ICOについては十数件の銀行業務があります。

暗号化バンキングサービスのCrypteriumの競合上の優位性について

普通の銀行の短所 として、 ブロックチェーンを利用することで高額金利での通貨交換、低金利でのクレジット獲得の可能性など、通常の銀行業務での短所となりうる点すべてのものを改善します。

また、銀行業務と提携していくつかのプロジェクトは、即時支払いピアツーピア、NFC支払いシステム(ApplePay、SamsungPay、AndroidPay)との容易な融資プロセスを提供しています。

一部のプロジェクトは文字通り「星に向かって」開発していますが、例としてCrypterium は、クレジットトークンとオープンプラットフォームを備えた最初のデジタル暗号トンネルを構築する段階に入っています。

間違いなく開発計画のための余地があり、プロジェクトはかなり大胆で現実的な目標を持つICOを開始しています。

これが歴史上のその場所を持つアイデアの1つであると考えるのは簡単です。

次は何が起こるのでしょうか?

かなり単純であり、最も人気の高いプラットフォームで快適で便利なソリューションが出現するとすぐに、人々は最終的に暗号通貨を使用し始めます。

なぜCrypterium が次の大きな暗号化銀行となる可能性を秘めているのか

ここではCrypterium トークンを購入した、または検討している方向けに、その利点と理由を説明します。

限定サービス

すべてのトークンはICO中にのみ発行されます。これはCRPTスマートコントラクトでコード化されているため、分散型ブロックチェーンプロトコルによって100%保証されています。 ICO後に発行されるトークンはありません。

一定の需要

すべてのソリューションはCRPTトークンを使用する必要があり、循環中のトークン量は常に減少します。 CRPTトークンは、Crypterium 取引処理のための燃料です。すべてのトランザクションで、少数のCRPTトークンが燃焼されるため、取引が増えるたびに、希少性も上がっていきます。これにより、需要供給のバランスが保たれます。

ロイヤルティ報酬

CRPTトークンを所有して取引を行うことにより、自動的にお客様の取引ごとに最大80%のキャッシュバックを提供するロイヤルティプログラムのメンバーになります。

SEC規制への準拠

ブロックチェーンの最高の弁護士の1人とSECの規制分野と緊密に協力しており、当社の法的見解は、CRPTトークンはユーティリティであり、セキュリティではないということです。これにより、ICO後の取引所での迅速なリスティングが保証されます。

技術的な輝き

CRPT Smart Contractを開発したチームは、ブロックチェーンソリューションで5年間の経験を持っています。 Ambisafeの技術監査を受け、スマート契約の品質とセキュリティを確認しました。

7年間の経験

同社は、7年前に最も有能で便利な決済処理ソリューションの開発に着手しました。Crypterium は、経験豊富なチームによって開発された最も効率的な技術を利用して、そのコラボレーションの累積的なピークです。

開発されたエコシステム

Crypteriumの目標は、別の暗号トークレットまたは銀行cryptocardを作成するだけではありません。当社は、非接触決済技術を使用し、本格的な銀行ソリューションを創出する、将来のテクノロジーおよびインフラストラクチャーにのみ重点を置いています。

最低および公平な為替レート

Crypteriumは、CrypteriumSXテクノロジーを使用して、最低の為替レートと即時取引を保証することによって、異なる通貨と暗号セット間の地理的および精神的境界を消去します。お支払いの転送やその他の取引は、ご自分の国の通貨での作業と変わらず、すばやく簡単です。

与信および貸出のソリューション

暗号通貨と法定通貨の最大の違いは、暗号通貨が銀行システムのように安定した標準利益を生み出すことができないことです。ブロックチェーンをベースとした世界で利益を生み出すソリューションを開発しています。

スマートフォンに全てを集約する

迅速かつ簡単にアクセスできない場合、さまざまなサービスを利用するメリットはありません。同社は、制限なく、規制や遅延なく、銀行サービスを提供するために、モバイル技術に注力しています。

以上のようなメリットが考えられます。

なお、トークンセールは1月まで開催中で、ハードキャップをすでに70%満たしました。

トークンセール参加

Crypterium(クリプタリウム)新たな暗号化バンク系ICOソリューションが始動

関連リンク

公式サイト: https://crypterium.io/

トークンセールページ: https://tokensale.crypterium.io/

白書: https://crypterium.io/wp/index.html?v=0.72

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here