暗号化銀行プロジェクトのCrypteriumのCOOがインタビューで未来について語る

0
472 views

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

 

暗号化銀行を目指すブロックチェーンプロジェクトのCrypteriumのCOOが最近インタビューでいくつかの視点について述べました。

Crypterium は世界初のグローバルな暗号化銀行を目指す

非接触型の決済プラットフォームを目指す、暗号化銀行プロジェクトのCrypterium はICOを開催しており、

既に35億円程度を調達達成しています。

トークンセールは1月14日まで継続される予定です。

同プロジェクトは、金融ITによるデジタル銀行部門でトップ50のうち37にランクインしており、最も堅実なフィンテック企業の1つにノミネートしました。

Gleb Markov、COO、Crypteriumの共同設立者とのインタビュー

同社のCOOとのインタビュー記事をご紹介します。

Crypterium の概念について

Q:クリプテリウムのアイデアがどのように現れたか教えてください。

A:私たちのチームは実験的なフィンテックと呼ばれるものに関わっており、私たちは常に革新者でした。これまでのプロジェクトで授与された賞は、自分自身のためです。

トレンドを分析し、市場ニーズを決定し、そのニーズを満たすための技術を開発します。これは、クリプテリウムを開始した種です。

Bitcoinは8年ほど前から存在していましたが、暗号通貨は過去2年間で大きな勢いを得ました。

同社は、独自のビジョンを構築し、ブロックチェーン関連のソリューションを作成することを決めました。

常に非接触決済(NFC、QR)を意識しており、現在、実用化に向けて暗号化を使って実験しています。また、市場の役割としても聴衆の特別なニーズを満たすことを目的とした製品を開発し始めました。

クリプテリウムが生まれ変わりました。これは、新しいデジタル資産の時代における市場の要求に対する私たちの答えです。

まず、これらのスキームの法的および組織的側面に焦点を当てており、徐々に、製品はより大きなものに変わり始めています。

フォーカスグループテストは、私たちのアイデアに大きな関心を示し、さらに発展させるよう促しました。それはすべて暗号の獲得から始まり、ブロックチェインと暗号通貨の時代に銀行業界の見解を完全に反映した暗号化銀行というアイデアに変わりました。

 

なぜブロックチェーンか

Q:なぜ、ブロックチェーンを使用することにしたのですか?他の技術ではできないものは何ですか?

A:このように見ていきましょう。私たちは革新者です。そして、私たちは今、法定世界への自分の態度を持っています。ブロックチェーン技術により、私たちは最高レベルに分散させることができます。私たちのcryptobankがどの国に登録されているのか、私たちがどこにライセンスを持っているのか聞かれると、私たちはショックを受けます。

新しい時代がここにあります!ブロックチェーンをベースにした製品は特定の国にリンクすることができない、ということを意識して理解しなければなりません。収益、賃金などがすべて暗号化され、すべての契約がデジタル形式(スマート契約など)で行われている場合、法人を設立する際のポイントは何ですか?
クリプテリウムは法的実体を全く伴わないことがあります。世界のすべての企業が閉鎖したとしても、クリプテリウムは残るでしょう。法廷関連の機能の実行を停止するだけですが、すべての暗号化関連の側面を保持します。私たちが望むなら、私たちは月や火星に登録される最初のcryptobankかもしれません。それが私たちが望む普遍的な管轄の一種です。しかしもちろん、現時点では法的実体を設定する必要があります。これらは、「暗号 – 暗号化」な通信で重要です。

暗号通貨は、現状各国で法整備が整い始めており、政府の政策と協力して取り組まなければなりません。

一部の国では、暗号通貨の法的地位は未定義ですが、シンガポールのように一部の国ではすべて問題ありません。他の国では、中国のように、禁止されるわけでもなく、むしろ後押ししている国もあります。

Crypteriumは実際にその法的課題が同社にとって問題だとは思っていません。

暗号通貨を匿名化することは技術的に不可能であり、それらを完全に禁止することは長期的には非常に貧しい決定になるでしょう。

ブロックチェーン内では、誰でもトランザクションをロールバックしたり、ユーザーを特定したり、ウォレットをブロックすることはできません。

すべてが分権化されており、匿名で永続的な世界です。

プロジェクトのリスク

Q:金融サービス業界で問題に直面しましたか、またはCrypteriumの市場のギャップが埋まっていましたか? Crypteriumが今後直面する主な障害は何と思いますか?また、可能な解決策は何ですか?

A:当社のプロジェクトのリスクは、革新的な新興企業の典型的なリスクの範囲内である。いくつかの難しさにつまずいて、同じ種類の他の誰かのプロジェクトのために道を舗装する危険性が常にあります。
いくつかのリスクは、一般的に新しいコンセプトであるということです。同時に、私たちがこれまでにやってきたことはすべて革新的で以前は聞いたことがありません。

今、私たちは新しい市場でパイオニアになる機会を得ました。似たようなプロジェクトもたくさんありますが、すべて同じレベルにあります。

暗号化市場では、JP Morganのような人はまだいません。クリプテリウムは市場のリーダーになるチャンスがあります。私たちは他の暗号化銀行と比較されるべきですが、そのセグメントは現在かなり空です。

もちろん、ブロックチェーンによる暗号化銀行プロジェクトは長期的なものであり、今後直面するべき課題はたくさんあります。

しかし、どのプロジェクトに比べてもCrypterium は同等かまたはそれ以上である可能性があります。

暗号化バンキングサービスのCrypteriumの競合上の優位性について

Q:クリプテリウムを他の部分から目立たせるには?

A:似たようなプロジェクトが多く、明確な指導者がいないので、誰もがお互いをよく見ていて、他の人の経験から学びたいと思っています。同時に、他人が複製できなかった技術はありません。したがって、どのプロジェクトも相違ありません。

現在、100〜200件の同様のプロジェクトがあります。今月の数字は500を超えているかもしれません。彼らの大半は私たちのような1〜2の競争上の利点を持っているかもしれませんが、Crypteriumが誇ることができる機能は持ってません。

成功への鍵は、できるだけ早く市場セグメントを引き継ぐことです。特定のプロジェクトの名前を「cryptobank」という用語に関連付けるとすぐに、それ以上は重要なことはありません。私たちはそのようなプロジェクトになる可能性を秘めていると述べてます。

チームは、10年以上にわたりfintechで働いてきた経験豊富な側面を持っており、完成したプロジェクトの広範かつ容易に利用可能なポートフォリオを持っています。

これはプロジェクトの基本的な利点の1つであり、技術に関係なく、成功のチャンスが大きく向上します。

技術的な優位性

Q:あなたの技術的優位性はどうですか?

A:私たちは、あらゆる種類の暗号化通信で動作し、他のプロジェクトのICOトークンを受け入れることさえできます。彼らがトークン市場で取引されている限り、十分です。

まず第一に、決済サービスのエコシステムだけを持つ他の多くのプロジェクトとは異なり、支払いサービスと私たちのコンセントの2つのエコシステムがあります。前者は誰にでも簡単にアクセスできます。後者はユニークで、自分自身とパートナーだけがアクセスできます。さらに、そのエコシステムをさらに発展させ、拡大することができます。

第一の利点としては、エコシステムが複数あることです。

これはわかりやすい領域です。たとえば、PayQR(Crypteriumのチームによる別のプロジェクト)は、独自のエコシステムに基づいていました。そして今後、世界規模に展開する予定です。

第2の利点は、銀行の決済サービスからの独立性です。同社は、銀行サービスによらない非接触型の支払いを目指しています。

第3の利点は、商業的な柔軟性が高く、マージンが向上し、顧客にとってより便利で、アウトレットの取り扱いが安価な最適化されたユーザーシナリオです。

さらに、当社のエコシステムの独占的な特徴は、コンセントが暗号通貨を受け入れる意思がある場合の暗号化ユーザーと顧客が決済を受け取り、コンセントが暗号通貨を受け取る場合の独特の支払いスキームを許可することです。

支払いサービスのインフラストラクチャについて言えば、ほとんどの同様のプロジェクトはプラスティックカードで動作します。私たちはそれを離れ、仮想カードだけで作業したいと思っています。

当社の仮想カードは、Apple Pay、Samsung Pay、Android Payなどのさまざまな支払いサービスにリンクすることができます。カードが決済サービスにリンクされると、すぐにオフラインで使用することができます。支払う必要があるのはスマートフォンだけです。または、現金を機械から引き出すことができます。支払いカードは特定の支払いサービスの規定に従って発行されるため、問題はありません。このシナリオにも素晴らしいボーナスがあります。物理カードを使用して待っている間は、すぐにオフラインアウトレットで支払いするために仮想カードを使用することができます。

多くのサービスでは、独自の識別されたカードを使用しています。おそらく主な懸念点としてあるのが、かなり厳しい制限がユーザーに課せられていることです。  

Crypteriumは解決策を提供します。上限に達すると直ちに新しいカードを発行するので、すぐにリンクしてサービスを継続することができます。人為的な制限を取り除くことができ、それは完全に合法です。

Crypterium の今後の目標

ICOの終了後の主な目標は、cryptobankの最初のバージョンをリリースすることです。

ICOの実際の結果は本当に重要ではありません。良い成果は確かに大いに役立ちますし、悪かったと言って、何もCrypteriumアプリの開発を止めるものではありません。

調達額で見ると、大型の案件となってます。

また、プロダクトの最初の数回は、アプリはテストモードで実行されます。初めに、ユーザーは暗号アカウントを持っています(法廷アカウントを結びつける機会があります)、支払いシステムへのアクセスに加え、収益性の高い為替レートが提供されます。

第2部の取得システムは、たとえそうであっても、プロジェクトの最大かつ最も難しい部分ではありません。同社の計画はアルゴリズムをテストし、小さなショッピング・スポットや電子商取引に適用することから始めます。次に、事業主向けのNFCソリューションに移行する予定です。

第3部のクレジットシステムは最も簡単な部分です:シンプルで効率的で分かりやすいクレジットシステムを構築することです。

簡単に言えば、Crypterium は限られた期間だけ融資して通貨を交換できるクレジットトークンを発行する予定です。

もちろんその後、あなたはそれを返さなければならず、一定の金利がありますが、伝統的な銀行ほど高くはありません。

おそらく、為替レートも上昇するでしょうが、それをコントロールするために全力を尽くすと述べてます。

同社の目標は、あなたが数十億の借金​​で一日も起きないようにすることです。

第4部の長期計画に関しては、これまでのすべての部分では、トランザクションバンキングの典型的な機能について説明していますが、Crypteriumの最終目標は、これ以上のものになることです。

伝統的な銀行という概念をすべての可能な方法で、より速く、スマートにしたいと考えています。これは暗号化を使用して行うことができ、このチャンスを十分に活用します。

なお、トークンセールにはこちらから参加できます。

トークンセール参加

参加方法はこちらを参考にしてください。

Crypterium(クリプタリウム)新たな暗号化バンク系ICOソリューションが始動

関連リンク

公式サイト: https://crypterium.io/

トークンセールページ: https://tokensale.crypterium.io/

白書: https://crypterium.io/wp/index.html?v=0.72

my profile

0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here