暗号化銀行のブロックチェーンプロジェクトは今年いくつも誕生してきました。

中でも代表格になりつつあるCrypterium は他プロジェクトと異なる優位性を持っています

Crypterium について

暗号化銀行を目指すブロックチェーンプロジェクトであるCrypterium は非接触型の取引が大きな特徴であり、仮想カードを開発しています。

Crypterium(クリプタリウム)新たな暗号化バンク系ICOソリューションが始動

 

コミュニティレベルの急速な増加

現在、154カ国から40,000人以上のトークンホルダーが200,000以上の登録ユーザーアカウントを持っています。

さらに、約19,000人がTelegramのチャットに参加しました。

これは、今年の最も大規模かつ重要なICOに沿ったものになっています。

「初期の結果を特に顕著にするのは、CRPTトークンの販売が世界中のトークンバイヤーの注目を集めたという事実です。ロシア、米国、ブラジル、イギリス、インドネシア、日本、マレーシア、南アフリカ、インド、ナイジェリア、オーストラリア、南アフリカなど多くの国からのユーザーは、トークン所有者になることでプロジェクトの支援を示しました。」

なぜ、世界が暗号化銀行を必要と考えているのか

 

クリプテリウムのIRディレクター兼共同設立者であるオースティンキム氏は、この記事にてcryptobankの構築が何を意味するのかについて語っています。

一部抜粋します。

日本は、暗号通貨は通貨ではないと述べており、韓国も共有しています。

また米国では、SECは、取引の操作や株価が1ヶ月間に2,700%上昇したため、年初までにThe Crypto Companyでの取引を中止しました。

シンガポールでは、購入者は暗号通貨をに「極度の注意」を払い、投機を警告すると述べている。急激な価格下落は、その国の通貨当局に警告した。

推論から商取引まで、暗号通貨から法定通貨まで

Bitcoinはおよそ8年間、Ethereumとそれ以外の数多くの暗号化通信を行っています。そして、その危険は価格の変動の中にあるかもしれません – 支持者たちは、人々の取引の仕方を変えることに約束していると言います。

Crypteriumは「全ての人のための非接触型暗号化銀行」として自ら命じ、11月に初期コイン・オファリング(ICO)をデビューし、実際の商取引でとりわけ流動性を高めることを目的とした仮想カードを開発しました。

デジタル専用のcryptobankとして、Crypteriumは非接触決済で暗号化通貨で支払い、現金登録ソフトウェアとQRベースのトランザクションとの統合という最終目標をもって支払いとサービスのインフラストラクチャを提供しようとしています。

同社は、世界中の4,200万台の決済端末を使って、かつプラスチックカードを必要とせずに、モバイル機器を使用して、クレジットを保管、使用、交換(そして最終的には借りる)して暗号と貨幣の瞬時処理と互換性を実現できると述べている。

IR取締役兼共同設立者のAustin Kimmとのインタビューで、執行役はPYMNTSに対し、暗号スペースには2つの部分があると語っています。

ビットコインとイーサリアムを含む、通貨として設計されたトークンがあります。そしてトークンの全面的なホストがあり、主な目的はそれを開発する企業内でユーティリティ機能を持つことです。

これらのトークンを魅力的なものにし、人々にそれらの企業に資金を投入させるために、キム氏はトークンが取引よりも株式市場に近い環境で取引していると語りました。

「そのダイナミックを変えることができるまで、私たちは選択されたグループを持っている暗号バブルの中にいます。この潜在的な利益のためにこの暗号資産を所有しているのは500万人、時間が経つにつれて価値が上昇する」と述べた。

しかし、再び、毎月約100社の新会社が独自のデジタル通貨を発行しており、そのトークンの多くは、「平均的な人のポケットに入っていく」とキム氏は述べている。

彼はすでにゲーム内に独自のデジタル通貨を持つゲームプラットフォームの例を挙げており、ゲームのエコシステム外でそのデジタル通貨を利用して暗号トークンを発行したいと考えています。突然、何百万人ものゲーマーがゲームの枠を超えて、ゲームを超えて暗号を使って作業しています。ロイヤルティプログラムは、ポイントの代わりに暗号トークンを発行する道を切り開いており、店舗内で実現する価値があります。

同社は、このような支配的な抱擁に着く前に、暗号通貨と法定通貨の間のギャップを埋めると付け加えた。彼はPYMNTSに語った。そのような日々の変動が市場で起こっていると、彼は言いました。

「商人としてあなたの商品をビットコインで価格付けすることはできません」キム氏は、暗号が自然価格を見つけるまで、ビットコインを瞬時にルピアから香港ドル、米ドルに至るまで、交換できる商人は快適な気持ちになります。

同氏は、「私たちは自分たちを暗号化銀行と呼んでいるが、実際には銀行ではない」と述べ、代わりに「人々が本当に自分たちの銀行になれるようにする」と述べた。

銀行は、消費者が支払いをしたり、追加のサービスを受けたり、通貨を保管したりすることができます。 「人々はそれを自分たちでやるように促している」と彼は語った。

ブロックチェーンを使用すると、デジタルウォレット内に資産を格納し、スマート契約を使用して、タイムベースのトランザクションを強制することができます。

別の例では、キム氏は、家に送金した移住労働者からのピアツーピア支払いを指摘した。現在、ウェスタン・ユニオンの取引は現金で処理されているかもしれませんが、ブロックチェーンとCrypterium を使用することで、取引コストはゼロになり、取引は瞬時に行われます。取引で使用されたスマートフォンを背景に、自分の銀行になることができます。

キム氏は、「デジタル時代を迎えていることを認めれば、デジタルマネーの概念を受け入れることができます」と言いました。

そして、暗号を金として受け入れることを認めれば、モバイルは取引の普遍的な選択肢になるでしょう。

彼は、ブラジルの医師の練習を暗号化実践に変えたことについて彼が読んだ逸話を提示した。暗号化を使用すると、より伝統的な銀行券や硬貨に支配される州/政府の影響を超えて、通貨や取引をコントロールできます。

そのような政府のコントロールは、Crypterium が政策と政府レベルでさまざまなレベルの暗号化を受け入れている市場にどのように移行しようとしているのかという問題を提起する。

一般的に言えば、「国別戦略が必要だ」と彼はPYMNTSに、暗号通貨と法定通貨までの両方の道を橋渡しし、プラスチックカードの発行によって消費者の行動や摂取が刺激されるかもしれないと話した。

Visaカードを発行することは、米国では複雑なプロセスではなく、バングラデシュではそうするのが比較的難しいかもしれない、と彼は言った。

しかし、純粋なデジタル経路を辿ると、キム氏は次のように付け加えました。「これは私たちの焦点です…真新しい通貨と新しいブロックチェーンを下って、旧世界の技術に戻ってしまうのは奇妙であり、プラスチック製のカードとすべての制限をもたらす。

会社はアプリケーション内で支払いカードを発行して仮想カードとして使用することができます。 Kimm氏は、「デジタルカードを利用している銀行の発行者は誰でも欲しい」とKYCなどの取り組みを採用しなければならない可能性が高いとしている。

このため、CrypteriumはNFC機能を持つ銀行と提携しようとしている。銀行はすでにデジタルVisaカードを発行することができます。

KimmはPayPalへのアプローチを、新しいユーザーベースを見つけるための伝統的な方法を使って、それが使用したインフラストラクチャを作成していないと考えた。次のように述べた。

「トークンの提供中に我々が何をしたのか?

すでにプラットフォームを使用して登録している15万人のユーザーがおり、近いうちに20万人が登録して使用する予定です。 

重要なのは、この種のサービスが必要な企業と提携して、暗号を他の人が受け入れることができる通貨に変更することです。」

焦点はやはり、プラスティックカードではなく、非接触的な決済、取引プラットフォームを目指すことであり、

そのためにも仮想カードやQR決済、アプリ、NFC機能などを備えたプロジェクトとなっています。

暗号化銀行プロジェクトで生き残るのは

競合プロジェクトとしては、Binance にも上場したMonethaといい勝負をするかなという印象です。

2018年以降、Binance取引所で注目されるであろう通貨

両者の比較

Crypterium 

決済:NFC QR

ウォレット対応通貨:BTC ETH XRP LTC DASH XMR IOTA NEO NEM

融資:あり(CRED)

手数料:0.5(ユーザー)、0.49(商人)

通貨交換機能:Crypterium SX

トークン供給:減少する

Monetha

決済:QR

ウォレット対応通貨:ETH ETHベーストークン

融資:なし

取引手数料:0(ユーザー)、1.5(商人)

通貨交換機能:なし

トークン供給:固定枚数

こうして見てみると、両者ともに利点があり、Crypterium は対応通貨の豊富さと融資、NFC、Monethaは低い手数料と分散型の評価システムが特徴です。

暗号化バンキングサービスのCrypteriumの競合上の優位性について

まとめ

暗号化銀行プロジェクトの中では、比較的有望であり、トークンセールは1月中旬まで開催されます。

ハードキャップの70%を満たしてます。

トークンセールは、こちらから参加できます。

関連リンク

公式サイト: https://crypterium.io/

トークンセールページ: https://tokensale.crypterium.io/

白書: https://crypterium.io/wp/index.html?v=0.72