【ICOレビュー】CryptalDash:複数の取引所と接続する機関投資家向けの取引所が自社トークンCRDを発行する

0
593 views

この記事を読むのに必要な時間は約 28 分です。

 

暗号通貨のための取引プラットフォームの革命は2018年にブロックチェーン技術が飛躍的な進歩を遂げる可能性があることを考えると、必須の課題でもあります。

現時点では、信頼の必要のない分散型、流動性に極めて優れた取引所はいまだ存在しません。

今回ご紹介するのは往来よりも優れた取引所を目指す新たなプロジェクトです。

CryptalDashのプロジェクト概要

CryptalDashは堅牢な暗号通貨および取引プラットフォームです。 機関グレードのマッチングエンジンと第三者の仮想通貨取引の注文ルーティング機能を備えています。

交換取引サービスに革命を起こす

ブロックチェーンエコシステムは、暗号通貨支払いシステム、財布、集中/分散/ハイブリッド取引所、ピアツーピア融資、送金サービス、および期待される様々なアプリケーションなど、従来の銀行商品を置き換える、補完するアプリケーションが現在の金融サービス環境を混乱させています。

このようなアプリケーションは、幅広いリーチを可能にする分散型元帳技術に基づくフレームワークによってサポートされており、初期段階のエコシステムとして、現在の環境はさまざまなプラットフォームに分散しており、それぞれが非常に低いレベルの変換と合成で独立したサービスを実行しています。

今日では、簡単な交換取引(BTC/USD BTC/ALTなど)を行うために、3~4つのインターフェースを混乱させる必要があります。

したがって、現在では優れたアプリケーションを持つことに加えて、エコシステムには情報の集約と意思決定のサポートを可能にするソリューションが必要であると考えられています。

CryptalDashは、さまざまなプラットフォームでダッシュボードと金融商品の比較体験を可能にする一連のツールです。

人工知能とツールを使用して、従来の銀行が提供するユーザーエクスペリエンスを、集約価格フィードと比較から人工知能によってサポートされる意思決定に至るまで拡張されたサービスで実現する予定です。

CryptalDashプラットフォームの特徴

プラットフォームの主な特徴です。

第三者機関へのアクセス

 

CryptalDash Exchangeは、サードパーティの暗号交換注文ルーティング機能に統一されたアクセスを提供し、複数の取引所間のシームレスなナビゲーションをもたらし、より良い価格発見を実現します。

特にETH、BTC、Dash、XEM、XRPなどの5つの主流の暗号化市場で、Binance Bitfinex Bittrex などの巨大な取引所とユーザーを接続します。

これにより、トレーダーは一度にさまざまな市場を閲覧する機会を得ることができ、内部取引により、取引もできます。

そして他のどこかでより良い価格が見つかると、第三者のプラットフォームにアクセスして、取引ができます。 

簡単なナビゲーションとインスタントアクセスは、他のマルチトレーディングプラットフォームとは異なり、ゼロエラーを意味します。

ブルームバーグデータとの統合

 

機関投資家とリテール向けの流動性プールを集約することを目指す新しい暗号市場の抱える課題の1つは、ソフトウェアベンダーが投資を行って取引所や市場に接続する方法です。

CryptalDashは、Bloomberg、MetaTrader5、Trading Technologies、ORC、SUNGARD、CQGなどの主流市場アナリストやソフトウェアベンダーに複数の接続を既に統合しているため、この問題を解決します。

その結果、機関投資家の取引スペースが素早く導入されます。

TradingViewとの統合によるワールドクラスのチャート作成

CryptalDash Exchangeは、先進的な金融ビジュアライゼーションプラットフォームであるTradingViewを統合することにより、トレーダーと投資家にとって取引の決定をより簡単かつ迅速に行います。

CryptalDashは、基本的な価格表を探している場合でも、オーバーレイ戦略バックテストを使用して複雑なスプレッドシンボルをプロットしている場合でも、この統合によって必要な豊富なツールとデータを提供します。トレーダーは、世界中の数百万人のトレーダーとつながり、取引のアイデアを議論し、ライブオーダーを開始することができます。

クロスマーケットの実行とビュー

すべてのアカウントは、複数レベルのリレーションシップモデル内で動作し、会場、メンバー/ブローカー、およびエンドクライアントレベルでサポートされます。したがって、どのレベルでも未処理のポジションとコミットメントを総計することができます。分別された住宅および顧客口座、オンライン小売取引口座など、特定の規制または制限が適用される特定のグループの口座を自由に作成することができます。注文が受け取られると、取引口座はその口座に使用可能な口座と照合されます。

クロスマーケット裁定執行

今年の四半期は、CryptalDashエクスチェンジ取引と裁定取引のボットが目に見えて、取引所間の市場の非効率性をリアルタイムで享受し、クロスマーケット裁定取引を可能にします。

CryptalDash Exchangeは機械学習アルゴリズムや大量のデータに基づいてパフォーマンスを向上させているため、トレーディングシステムのコード化や複数のエクスチェンジとの統合が不要です。 AIベースの意思決定に裏打ちされた裁定取引の機会は、プラットフォーム間で簡単に決定し、ワンクリックでアクセスすることができます。

機関間取引ツール統合(MetaTrader)

MetaTrader 5は、MetaTrader 5によって提供される機関取引ツールを統合したCryptalDash Exchangeのような、Cryptocurrency Exchangesと同様に、主流市場における小売ブローカーの焦点となっています。 MetaTrader 5は、追加のソフトウェアを必要とせずに包括的な仲介サービスを提供するために企業が必要とするすべての要素を含むフルサイクルプラットフォームです。 MetaTrader 5プラットフォームはホワイトレーベルライセンスをサポートし、バックエンド機能の強化、取引所の接続ゲートウェイ、流動性プロバイダ、Webサイト、取引およびポストトレーディングシステムとの統合のためのさまざまなAPIを提供します。

低い遅延で毎秒1,000,000回の取引を可能にする

高頻度取引において、生じる問題の一つは遅延です。情報がトレーダーのコンピュータに到達し、その情報に応じて注文し、注文が取引所によって受け取られるためにかかる時間のことです。

CryptalDashは、1秒間に1,000,000件の取引が発生するという低遅延を利用しています。 CryptalDashシステムの最初のリリースでは、ユーザーに1,000,000件/秒の大量取引が提供され、毎秒1,500,000件の処理が可能です。

2018年に統合される100の新しいアルトコイン

CryptalDashチームは最近、CryptalDash Exchangeに掲載されている主流のコインの数に制限はないと発表しました。 2018年には、新コイン・リスティング・コンペティション(すでに2つの競技会が発表されており、こことここで確認しています)と統合され、トレーダーと投資家に投票の機会が与えられます。

その他にも以下のようなメリットがあります。

  • 取引を容易にし、流動性を高めるために、複数の取引所からの入札とオファーを照合する、高性能、低遅延マッチングエンジン
  • 小売および制度流動性プールを効果的に集約する
  • アービトラージ機会を活用するためのロボットアドバイザリアプリケーション
  • 低い手数料
  • CryptalDashトークンを使用してCryptalDashエクスチェンジを大幅に割引する
  • FIXおよびREST APIを備えた機関学習の取引ツール
  • サードパーティの交換注文ルーティング機能
  • ユニークなダッシュボード
  • 取引所間の裁定取引機会の効率的な実行を可能にする統合
  • 堅牢な収益モデル
  • 実際の作業成果物(ICO空間で活動する他の多くの企業とは異なり)
  • 1,000,000以上のトークンを保持すると、生涯会員となり、毎月の利益の50%を共有することができる

市場と競合分析

取引所のソリューション系のICOは様々です。特にBinanceに始まる自社割引トークンは画期的な開発であり、現在多くの取引所が採用しています。

  • Binance
  • COSS
  • Kucoin
  • Huobi
  • Bibox

2017年7月 – Binance(BNB)のケース

2017年7月に開始したBinanceは、わずか6ヶ月24時間ごとに平均20億ドルの資産が取引される世界最大の暗号化交換にまで成長しました。 Binanceが一時的な新しい会員凍結を解除したとき、先月1時間で240,000人が毎週何百万人ものユーザーにサインアップしています。

 

BNBトークンは、Binanceエクスチェンジで取引され、使用されます。 BNBの価値は、昨年のICO以来、交換プラットフォームの価値を背景にして着実に増加しています。 BNBは現在、世界でトップ20の暗号化通貨になっています。

BNBトークンのビジネスモデルにおける重要な動きは簡単でした。現金をBNBに簡単に変換し、コインの購入を促すことで価値を生み出しました。 BNBを使用して、Binance交換で手数料を支払うことができます。また、交換している暗号通貨で手数料を支払うこともできますが、BinanceはBNBで料金を支払うインセンティブとしてリベートを提供します。 

Binanceメンバーシップの初年度には、BNBでの支払い時に手数料が50%割引されます。この割引により、Binanceは業界で最も低い報酬を簡単に得られます。

現在、BNBの主な価値は交換の範囲内です。これがBNBを最も新しいコインの中でユニークなものにする理由です。実用的です。ほとんどの投資家は、BNBの払い戻しで最大のROIを得ることができます。しかし、将来的には、BNBの価値が資産として成長する可能性があります。

同社CEOのChangpeng Zhao氏はLinkedInの記事で、最初の数か月で7.5百万ドルの利益を上げ、ICOで調達した1500万ドルと比較していました。

Binanceがこのレベルで成功を収め続ければ、より多くの機能やプログラムを実装する必要があります。これらの新しい機能とアドオンはBNBコインを使用する可能性が高く、価値をさらに高めます。最も早い投資家のために、彼らはすでにBNBに大きなリターンを見てきました。

2017年8月にBNB ICOでわずか1,000ドルを投資した場合、2018年1月末までに最大112,500ドルの収益が見られました。これはわずか6ヶ月です。

 COSS(COSScoin)のケース-2017年9月

 

COSSは、シンガポールを拠点とする国際的な暗号交換プラットフォームであり、2017年8月にICOを開始しました。

COSSコインは、Binanceのように、トークン所有者へのCOSS交換手数料から得られる配当を生成する、EthereumベースのERC20トークンです。

この構造は、BinanceとKuCoinの配当トークンが最初から人気を集めているため、生態系の交換プラットフォームで非常に人気があります。

これは、ユーザーがCOSSを保有するための配当金を受け取るだけでなく、トークン価格も着実に上昇し、すべての利益を増加させることを意味しました。

Binanceの収益性を示すために同じモデルを使用した場合は、2017年8月にCOSS ICOで1000ドルを投資した場合、2018年2月の初めまでに28,666ドルの収益を上げることができたことになります。

しかしながらこれは当初は非常に有益な動向でしたが、実際には、残念ながらCOSSは支配的な取引にはなっておらず、トークン価格はICO価格を下回っています。

顧客サポートの欠点や市場競争からBinanceはもちろん、Kucoinにも及んでいません。

Kucoin(KCS)のケース-2017年10月

Kucoinは、2017年末に運用を開始した新しい暗号化交換方式で、「世界でもトップ10のホットな交換プラットフォームの1つになる」という最終目標を掲げています。

Binanceと同様のビジネスモデルで、KuCoinは比較的低い取引料金とインセンティブを提供し、そのネイティブ暗号化(KCS)を保持(または取引)します。

KuCoinのユニークな点は、取引費用収入の50%をESCを保有するユーザーと共有することです。したがって、取引されるコインの量と量が増えると、KCSを保有するボーナスも増加します。

Binanceと同様に、最も初期の投資家には最大の報酬が与えられています。比較するために、ICO中に$ 1,000USD相当のKuCoin株式を投資したトレーダーは、2018年1月末までに36,045ドルの収益を得ることができました。

残念ながら、Kucoin Exchangeの24時間制は、1月上旬に24時間の交換量でトップ20の取引所のリストに入って以来、大規模な被害を受けています。この執筆時点ではKuCoinは26位に落ちました。

それ以来、その数量は減少しており、過去1ヶ月間で24時間で1億ドルを下回っています。 

Kucoin Exchangeはまた、自社のアフィリエイト紹介プログラムをビジネスモデルから切り離しており、投資家には警告が表示されました。

これは、Kucoinがプログラムを切断する前に、他の人をプラットフォームに紹介したユーザーの紹介料を支払っていないという事実と関連しており、ユーザー離れの要因となりました

KuCoinの欠点は、Binanceの最強の競争として、別の暗号化交換が市場に突き当たり、市場に差が出てきたことも考えられます。

HuobiのHuobiToken(HT)のケースー2018年1月

今年初めのHuobi取引所の自社トークン発行も印象的でした。トークン販売は数秒で売り切れ、その注目度や期待度が伺えました。このトークンも、イーサリアムベースでBNBと似たような機能を持ちます。

手数料半額、投票機能、そして20%のトークン買い戻しプログラムがあります。

始まったばかりですが、4月時点でトークン価格は徐々に高騰しており、発行元のHuobi.pro取引所の取引量は世界第3位まで上り詰めました。

今後も、トークンの需要が上がっていくことが期待されます。

他にも、例えば世界第6位の取引量を誇る韓国大手のBithumbも最近自社トークンを発行することを発表しており、今後さまざまな取引所でも同じような動きが見られる可能性が高いです。

さらに言えば、取引所分野も競争が近年非常に激しく以下に示すような分散型やユニークな特徴を持つプラットフォームが誕生しました。

分散型取引所

  • Etherdelta (ローンチ)
  • Idex(ローンチ)
  • Kyber.Network(ローンチ)
  • AirSwap(ローンチ前)
  • Bidium(ローンチ前)

クロスエクスチェンジプラットフォーム

  • Fidelium
  • Quoinex

 

Binance、KuCoin、Cossなどの既存の取引所できることのすべてを行うことができるエクスチェンジプラットフォームがあるとすればどうでしょうか。

CryptalDashは既存の取引所には欠かせない問題点だけでなく、機関投資家向けのツールを提供しています。

  • 自社トークンのユニークな機能⭕
  • クロスエクスチェンジ⭕
  • 機関投資家向けのサービス⭕

CryptalDashのチームについて

チームは印象的な財務的、技術的背景を持っています。 CEOのAmine Larhribは、香港、ヨーロッパ、中東、アフリカの世界的な金融機関の資本市場幹部として豊富な経験を持っています。チーフエンジニアDuncan Symmonsは、1995年以来、取引所と取引システムを構築しています。Duncanとそのチームは、日本とアジアの7つの取引所に対して照合と清算のソリューションを開発しました。

CryptalDashのCEO、Amine Larhrib氏は、Cryptocurrency Exchange Operatorsの協会のリードメンバーでもある。

「FIXとREST APIを備えた機関グレードの取引ツールを提供し、低遅延実行を可能にする高性能マッチングエンジンにマッチすることで、暗号交換の世界に新しい人生を呼んでいるリテールおよび制度的流動性プールを効果的に集約し、独占的なダッシュボード・ビューと取引所間の裁定取引機会の効果的な実行を可能にする執行を提供します。他の多くのICO支援企業とは異なり、当社は堅実な収益モデルを有しており、とりわけ実際の作業成果物を有している。私たちは、暗号の世界でナンバーワンの交換になるという確固たる計画を持っています」

 

ロードマップーICO開催前にインフラ整備を行う

CryptalDasはすでに大幅な進歩を遂げており、ICOの前にインフラを整備する予定です。

ベータ版は早期にアクセスできるようになります。

既に、CryptalDashは、ブロックチェーンエコシステムの主要なプラットフォームとアプリケーションとのシームレスな統合を提供するために必要な技術とアレンジメントを備えており、摩擦のないユーザーエクスペリエンスを提供します。

さらに、リテール銀行の既存の顧客基盤に魅力を感じさせる主要なシングルアクセスインタフェースとツールを提供し、迅速な技術導入と大量のユーザー獲得を可能にし、CryptalDasは、ユーザーエクスペリエンスに焦点を当てるだけでなく、個々の顧客とビジネスの両方に革新的なソリューションを提供し、摩擦のないエコシステムと市場に貢献する価格と製品の発見を改善します。

CryptalDashのメリットは製品の存在だけではありません。小売や金融機関向けのユーザーフレンドリーなインターフェイスとシームレスに統合された堅牢な製品でバックアップされています。

CryptalDashはコミュニティの関与と透明性を得ています。

チームがやった別のエキサイティングな動きは、すべての投資家がCryptalDashのロードマップにアクセスできるようにすることと、フィードバック・ページへの参加の完全な可視性とフル・オプションのために、TrelloとZendeskを一般公開することによってスケジュールを開始することです。

現時点では、CRDトークン所有者は、取引プラットフォームとダッシュボードの設定を含む交換プラットフォームのテストを行っています。

さらに、ユーザー投票にて5月に追加する新しいペアを決定します。

2018年4月15日より、BTC / DASH、ETH / DASH、FIAT / DASH、5月に追加された5組の新しいペアを交換することができます。

この5つのDASHペアは、ユーザーがDASHとの「取引ペア」として選ぶために、コインで投票できることに意味がありました。

以下に示す表は、DASH市場に含めるために提案された新しいペアの概要を示しています。www.cryptaldash.com/dash-market

CryptalDashのDASHマーケットは、次の機能を追加します:

  • 5つの新しい取引ペアを追加することで、CryptalDashプラットフォームとして最高の実行可能性は、複数のExchangeへのシームレスなアクセスを可能にし、広範囲のグローバルプラットフォーム上で瞬間的な実行を容易にする
  • 市場で最も人気があり、市場で頻繁に取引されている新しい取引ペアを統合することにより、マーケットを推進する
  • 1つの市場でより多くのトレーディング・ペアを統合すると、次のような影響があります。
  • 流動性を集約してDASHに向ける
  • より良い価格発見を提供する
  • CryptalDash Meta Exchangeの取引機能を使用した内部取引
  • DASH価格設定間の不一致を最小限に抑え、より効率的な取引経験をもたらし、トレーダーの選択肢を増やすことができる
  • 効果的な市場形成を通じた流動的な暗号通貨としてのDASHの確立とサポート
  • 暗号流動性におけるベース/参照としてのDASHの流動性の確立と支援
  • DASHと他のトークンとの間に流動性ブリッジを提供する

これは、投票に参加するDASHコミュニティへの一般的な呼びかけでもありました。

 なお、投票は2018年3月31日に終了しました。

 

CRDトークンについて

CryptalDashトークンは「CryptalDash」という名前で、略語「CRD」を使用します。

トークン所有者は、CryptalDash Exchangeによって提供されるサービスの支払いにCRDを使用することができます(つまり、サービスを使用するプラットフォーム上のすべてのトランザクションはCRDで支払われます)。

CryptalDashトークン(CRD)は、以下の方法で購入できます。

Bitcoin、Ethereum、Bitcoin Cash、リップル、ダッシュ、Litecoin、Monero、NEO、IOTA、NEM、Qtum、Ethereum Classicなどがあります。

  • トークンセール
  • Pre-ICO:2018年2月7~14日
  • ICO:2月14日~3月14日
  • 総供給:1,000,000,000(他のCRDは発行されません)
  • お支払い方法:Bitcoin、Ethereum、現金、リップル、ダッシュ、LiteCoin、IOTA、EthereumClassic
  • トークン名:CryptalDash
  • トークン略称:CRD
  • トークンの種類:Exchangeトークン
  • スタートボーナス:50%

トークンの将来価格とホルダーのメリット

取引所系ICOソリューションではおなじみですが、自社トークンには様々な機能があります。

以下説明します。

ライフタイムメンバーになれる

ライフタイムメンバーとは、取引所上で1,000,000以上のCRDを保有するアカウントのことです。

ライフタイムメンバーが運営する分散型ブロックチェーンでは、多様な業務とのやりとりを支援する分散型システムを構築しています。ライフタイムメンバーは、生涯会員補償を通じて提供されるサービスに対して補償されます。

ライフタイムメンバーノードのオペレータは、次のようなさまざまな重要な機能を持つ効率的な分散型ネットワークインフラストラクチャの運用を担当しています。

  • ハイレベルトランザクションの確認
  • ゼロ知識証明システムによるセキュリティ貢献
  • CryptalDashのインフラストラクチャとプロセスの現在および将来の要件の改善に貢献するさまざまな他のタスク。利用可能なコンピューティングパワーのセキュリティまたはその他の操作上のユーザーのものです。

生涯メンバー要件:

•CryptalDashブロックチェーンにアクセスして操作するための開始コマンド

•スタートコマンド能力は、CRD 1Mの所有者に与えられます

•報酬は、表ごとに実現された取引の量に基づいて、当社のバリュー・メンテナンス・プランに従って行われます。

 

トークン価格は上がるのか?

将来を予測することはできませんが、同様のビジネスモデルのリターンを見れば、わかりやすい予測ができます。

CryptalDashトークンは現在、ICOでわずか0.015ドルで販売されています

平均的な過去の収益率では、CryptalDashにわずか1,000ドルを投資すると、2019年1月までに投資家が約50,000ドル(市場の高値と最低値を可能にする)になると予測されています。

HuobiのHTトークンやKucoinのKCSトークンが過去に値上がりした背景には、やはりBinanceのモデルに似通っており、取引所が使用される様々な要因があったからです。

今後は、分散型取引所もトレンド的なものになるため、KyberやAirSwap のトークンなどとも間違いなく競合していきますし、依然として市場の競争は激しくなります。

単価がまだ安いこと、β版に早期アクセスできること、通貨ペア数の投票に参加できることを考えると、ICO段階での取引所系トークンの購入は好ましいと考えられます。

また、取引所系トークンは同時期にもWowooのWWXトークンやCoinsExchangeのCXトークンなど他にも有望なものがたくさんありますので、少額で分散させるのも一つ手かなと思いますし、私はそうしています。

何より相場全体が回復していくことがまずは重要ではないでしょうか。

トークンの購入方法

トークンは、こちらから購入ができます。

右下のボタンから購入ページに移ります

登録します

 ログインします。

ログインしましたら、購入額を入力します。

 支払い通貨を選択します。

 支払い情報を確認したら、送金します。


関連リンク

Website

White Paper

Blog

Facebook 

Twitter

LinkedIn

Youtube

Telegram



author:BABbit43

telegram

0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here