Covesting(コベスティング) ICO

Covesting(コベスティング)暗号通貨のコピー取引を可能にするプロジェクト

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

 

こんにちは。今回ご紹介するICO案件は、Covestingという暗号通貨です。

最近、ICOのレビューや概要記事を書いていると、海外から要望がたくさん来るのですが

今回のCovesting に関してもそのうちの1つで、分野が面白く可能性のあるプロジェクトと個人的に思いましたので、取り上げて書くことにしました。

詳しく見ていきます。

Covesting とは?

Covesting は、暗号通貨市場へコピー取引のプラットフォームを導入するプロジェクトです。

つまり、Covestingプラットフォームでは、投資家とプロのデジタルアセットマネージャーが共存し、

世界中の投資家は、数百人のプロの暗号資産管理者の業績を比較しながら、取引を自動的にコピーしてそっくりそのまま反映することができます。

https://youtu.be/a5871zGqgPg

 

問題点とソリューション

暗号通貨市場は、ポラリティリスクが大きい反面、有望な収益化が可能であることも事実です。

しかし、実際に、このポラリティが大きい市場で、トレードをして収益を上げているのはほんの一部のユーザーであり、経験豊富なトレーダーだけが急速に成長する市場によって提供される機会を十分に得ることができるようになっています。

そこで、Covesting は以下のようなソリューションを投資家に提供します。

投資家へのソリューション

  • コピートレード: 最先端の技術により、選択した戦略の取引活動をCovestingの分離アカウントに直接複製することができる
  • トレード戦略の吟味: ユーザーは、プロのデジタル資産管理者が提供する数十のトレーディング戦略を簡単に閲覧し、目標に合ったものを購読することができる
  • レビューと質問: 投資家が各戦略の概要を把握し、リアルタイムおよび過去の取引パフォーマンスにアクセスし、レビューを読んだり、質問したりすることができる

トレーダー(モデルマネージャー)へのソリューション

  • トレーディングモデルを簡単に設定し、他のトレーディングをコピーできるようにして追加収入を得ることができる
  • トレーディング、収益、加入者のすべての側面について、リアルタイムですべてのレポートにアクセスできる
  • パフォーマンスを証明し、マネージャーの順位を上げ、世界中から加入者を獲得できる
  • あなたのモデルを購読している投資家が生み出したすべての利益から成功率18%を獲得できる

このように、モデルマネージャー(トレーダー)は新たな顧客と追加収入の源泉を得ることができ、投資家は、適切な投資判断を下すために過去の業績を分析する能力と幅広い投資戦略を選択できます。

投資家は資産運用会社の収益性の高いトレーディングによって得られる成功報酬の恩恵を受ける事ができます。

そして、トレーダーが成功すればするほど、獲得する加入者が増え、収益性の高いトレーディングからどれくらいの利益を得ることができるのかという可能性が高まります。

さらに、ブロックチェーン技術による以下のようなメリットもあります。

  1. 監視と制御 : ポートフォリオの管理、パフォーマンスの分析、モデルの登録をいつでもやめることができる
  2. 安全性の維持 : モデルマネージャーに資金を移す必要はなく、すべてのコピー取引はCovestingの個人アカウントで実行される
  3. 快適な取引 : 外部の暗号交換で既存のアカウントに接続することにより、取引モデルを設定し、毎日の取引を正確に保つことができる

ロードマップ

  • 2017年第1四半期
    コンセプトデザイン、研究、チームの形成。
  • 2017 9月
    ホワイトペーパーが公開、プロトタイプの開発
  • 2017年10月
    Pre-ICO、新しいチームメンバー
  • 2017年11月
    プロトタイプのバージョン
    プラットフォームがリリース
    ICO
  • 2017 12月
    最初のコピートレーダー、Apiテスト
  • 2018年1月
    交流リスト
  • 2018年2月
    ベータ版の発売、先導、コピートレード
    プラットフォーム完成

来年早期にもβ版とリリースとプラットフォーム構築がされる予定です。

マーケティング

マーケティングに関しては、その積極的な姿勢の反面、あまり注目はされていません。

プレセールという時期的なものもありますし、今後強化されていくでしょう。また、アジアが大事な市場であることは知っており、マーケティング的には日本や韓国に進出を考えているようです。

Covesting の強み

開発チーム力

まず、わたしが思うCovesting の強みは、チーム力にあります。オープンソースからの情報によると、チーム構成としては、CEOを筆頭にコアチームは8人で構成されています。

CEO-Dmitrij Pruglo

Covestingプロジェクトの創設者で思想家。株式、デリバティブ、FXで12年以上のトレーディング経験があり、金融市場の深い知識、仲介業界やマルチアセット・トレーディング・プラットフォー
ム開発に携わる。投資マネージャーや銀行の専門家でもあり、SEB銀行、サクソ銀行、Wisdom Bay HoldingのCEO

Timofej Voronin
Co-founder, COO

資産クラスの様々なオンライン取引の専門知識を持ち、12年以上の経験豊富なセールストレーダーそして、金融の強力なバックグラウンドを持つ幹部。スウェドバンク、サクソ銀行、オリオン証券

Sergey Sevantsyan
CIO、CTO


IT業界、IBWの共同創設者、コンサルタントで20年以上暗号資金、いくつかのICOのでプロジェクトマネージャを務める。

主軸となるのはこの三人であり、各分野で幅広い経験があります。また、アドバイザーもICOプロジェクト専門家など幅広く構成されています。

プラットフォームの開発に依存しますが、それを実行するだけの力があるチームと思います。

推定される市場規模と需要

Covestingプラットフォームのコピー取引量と相関しています。 2020年までに、コピー取引モデルを通じて5,000人以上のアクティブユーザーと50Mドルの資本が投資されると見積もっています。このような成長は、自動的にCOVトークンに対する強い需要を生み出し、複数桁の価格上昇のためにそれを位置付けます。

推定されたアクティブなメンバーの数

しかし、あくまで推定値ですので今後の誘致活動にも注目していく必要があります。

プロトタイプが開発進行中

すでにプロトタイプ開発モードに入っており、11月に誰もがインターフェイスや機能に登録して慣れ親しむことができる限られた機能のプラットフォームをリリースする予定です。

Ambisafeとのパートナーシップ

すべての貢献者への資金の安全かつ円滑な群衆の売却プロセスを提供するために Ambisafeとのパートナーシップを確立することを目指しています。

Ambisafeはブロックチェーンプロジェクトの中でも提携先として選ばれることも多く、第三者の監査が入ることは非常に安全性においてメリットがあります。

COVトークンについて

Covestingトークンは、Covestingプラットフォーム内のメンバーによって使用されるように設計されたユーティリティトークンです

ERC20標準に従い、このコービングトークン(CVT)はERC20互換の財布を使用してユーザーとプラットフォーム間で容易に譲渡でき、スムーズに取引所に統合することができます。

トークンセール概要

  • シンボル:COV
  • タイプ:ERC20
  • プレICO期間:10月20日~11月19日
  • ICO期間: 11月24日〜1ヶ月
  • ICO価格:1ETH=300COV(プレ)、1ETH=150 COV(ICO)
  • トークン販売総数: 1,500,000 COV  (プレICO開催中)+1,500,000 COV(ICO)
  • 総供給量: 20,000,000 COV
  • ゴール:2,000 ETH
  • ハードキャップ:5,000 ETH+5000ETH
  • 受け入れ通貨:ETH
  • 最低購入額:0.1ETH

公開ICOに先立ってCOVトークンを購入したいパートナーのためにプレセールが用意されています。Pre-ICOは、2017年10月20日〜11月19日に開催され、トークンの購入率は1 ETH = 300 COVに固定されており、ICOの平均レートは大幅に割り引かれ、1ETH = 150になります。

プレICOは最大2倍の大幅な割引でCovestingトークンを購入することができるため、Covestingプロジェクトに早期発見するメリットがあります。ただし、Pre-ICOラウンドでは購入可能な最低価格が制限されています。

トークン発行枚数自体はICO合わせてわずか3000000枚とかなり少ないです。

トークン・資金分配割合

資金分配: 

  • 40% - 約15-20エンジニアと開発チーム、プラットフォーム開発、新機能、HFT操作の
    ためのデータ・テスト、モバイルアプリ開発
  • 25% - マーケティング費、PRや顧客獲得、プレゼンテーションや地域固有のロードショー
    デジタル通貨取引展示会の参加など
  • 15% - 戦略的パートナーシップ。主に複数のパートナー、取引所からのB2B APIの統合に伴
    う大幅なコスト、レイテンシの最適化。
  • 12% 従業員、オフィス等の業務
  • 5% 法務、コンプライアンス手数料
  • 3% 所有者と開発者のボーナス

トークン分配: 

  • プレICO: 1500000
  • ICO: 1500000
  • 財団:2500000
  • バウンティ、アドバイザー:1000000

Pre-ICOを実施するために1.500.000、ICOを実施するために15.000.000を含む合計20,000,000のコービングトークンが生成されます。もう1つの2.500.000はCovestingプラットフォームの創始者の間で共有され、残りはアドバイザリー、バウンティ、PRプール用に生成されます。

また、保有分はスマート契約で3ヶ月間ロックされ、プレICOおよびICO中に販売用に作成された未回収のCOVは焼き尽くされます。

Covestingトークンは、ユーザーまたは他の企業によって採掘されません。

トークンホルダーのメリット

COVの市場での自然な需要に加えて、COV値を戻すために使用されるCovestingプラットフォームとCOVトークン保有者に報酬を与える2種類の手数料が存在します。

すべてのユーザーが任意の活動を行うためにプラットフォームに登録する必要があります。登録は電子メールで、またはFacebookの、グーグル、ツイッターを通じておよび標準的なプロセスです。

  1. 2%エントリー手数料 - 投資家がCovestingプラットフォームの口座に資金を入金するたびに請求される
  2. コミッション- コピー取引によって実現されるすべての利益の10%のプラットフォームコミッションがもらえる

所得分配は次のようになります。

モデルマネージャーの成功報酬として、すべてのマネージャーの購読者からの利益の18%は、モデルマネージャー用の財布プラットフォーム委員会に転送されます。

すべての利益の10%は、自動的にCOV資産契約ウォレットに入金されます。

72%は、最初の投資と共に投資家の口座に入金されます。

つまり、プラットフォームが時間の経過と共に発展し、メンバーと取引の数が増えるにつれて、Covesting Asset契約でより多くの手数料が発生し、これによりCOVトークン価格が上昇します。

ICO参加方法

プレセールが始まっています。

公式サイトにアクセスして、こちらのアドレスへ送金します。

MyEtherWallet から送金する方法

ウォレットがない方は作成します。

https://www.myetherwallet.com/

Create New Walletをクリック

Key fileを保存します。

こちらがご自身のウォレット情報です。

トークンの追加方法は、カスタムトークンからできます。

  • アドレス:0xe2fb6529ef566a080e6d23de0bd351311087d567
  • シンボル:COV
  • 小数点: 18

これで追加できます。

よくある質問

取引所上場はいつですか?また、どこに上場しますか?

→Covestingは積極的にリードする暗号通貨取引所とCOVトークンをリストするように取り組んでいます。COVはまもなくICO後に暗号取引所で取引になります。

バイバックについて教えてください。

→技術的に言えば、私たちは取引所でCOVトークンを体系的に購入し、それらを「燃やす」でしょう。 「燃え尽きる」とは、購入したトークンが市場から離れることを意味し、その結果、COVトークンの総供給量は減少する。これは長期的にCOVの価値を効果的に改善すべきである。

アメリカの市民がICOを成功させることができますか?

→他のトークンとは異なり、COVはHoweyテストに合格しました。 COVはユーティリティトークンであり、その目的はCovestingプラットフォーム上でのサービス(コピー取引)を容易にすることです。 COVは実際の資産(不動産など)によって裏付けされておらず、保有者にいかなる配当も与えません。しかし、すべての寄稿者は、群衆の売却に参加する前に、独自のデューディリジェンスを実施する必要があります。

Covestingプロジェクトの所在は?

→現在、当社のコアチームはモスクワのオフィスから常勤しています。当社の他のメンバーおよび顧問は、キプロス、コペンハーゲン、ロンドン、米国およびアジアにあります。プレICOの後、効果的なユーザー獲得のために主要な金融ハブに代表事務所のネットワークが開かれます。

まとめ

Covesting に関しては、個人的には実際に使用してみたい魅力詰まったプラットフォームであると思いますし、

トレードをする時間が取れない方にとっては、プラのトレーダーを厳選して、そのままコピー取引ができることはメリットも大きくあると思います。

さらに、Covesting 契約を結べば、手数料も入ります。

とはいえ、トークン自体の価値はプラットフォームのユーザー数に比例しますので、長期的な投資です。最近特に思いますがそもそも短期的な投資での参加自体が間違っているのかなと思いますし、長期的な目線での参加が望ましいと思います。

その辺も含めて、また詳しくレビュー記事を書きたいと思います。

関連リンク

公式サイト

白書

Twitter

Facebook

Medium

  • この記事を書いた人

BAB

暗号通貨にどっぷりはまり、日々勉強中。専らトレードで日々収益を得ています。 当サイトではビットコインからアルトコインなどの暗号通貨の他、最新投資案件やビジネス情報をマイペースに配信中。 一般公開できないICO,アルトコイン、案件情報は公式Line@でのみ配信します。

おすすめ記事はこちら

1

目次1 はじめに2 全体概要-Sparksterとは?3 プラットフォームの大きな特徴3.1 クラウド界に混乱を起こす3.2  IoTと分散型クラウド3.3 大幅なコスト削減3.4 シンプルで直感的な ...

2

目次1 Quarkchainプロジェクトの背景と概要1.1 背景1.2 ビジョン2 プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引2.1 二層ブロックチェー ...

3

目次1 QuardrantProtocolの全体概要2 ビジョンー何を解決したいのか2.1 Quardrantの解決策3 アーキテクチャと技術3.1 PoA アルゴリズム4 技術ロードマップ4.1 現 ...

-Covesting(コベスティング), ICO

error: Content is protected !!

Copyright© BAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.