CobinHood(コビンフッド)は手数料ゼロを実現する取引所ソリューション

0
4,453 views

目次

この記事を読むのに必要な時間は約 29 分です。

 

こんにちは。今回はCobinHoodについです。

トレンド系の取引所ソリューションでもありICOに関しても独自のソリューションを提供するということで、取り上げてみました。

一体どのようなソリューションなのか、詳しくみていきます。

CobinHoodとは?

CobinHoodは、ブロックチェーン時代において、金融センターになることを目指しており、世界中のトレーダーにとって最高の取引環境をつくることが当社の目的です。

最初のサービスとして取引手数料ゼロの取引所を提供し、これにより世界中のトレーダーが利益率を最大化することがソリューションとなってます。

会社名: COBINHOOD Ltd.
設立: 2017年5月
資本金: 1000万米ドル
本社所在地: 台湾台北市信義区信義路五段108号6F
お問合せ: support@cobinhood.com

 

https://cobinhood.com/

既存の問題点とソリューション

Cobinhood が指摘している既存の暗号通貨取引所の問題点は以下です。

手数料が高い

: BittrexやHitBTCなどの主要な海外の取引所は0.2〜0.25%と比較的日本と比べても安い手数料で知られていますが、これらの率はトレーダーの取引率が非常に高い敷居値に達した後にのみ適されると指摘しており、問題点として取り上げています。

Exchange War によると、トップ30の暗号通貨取引所では、平均してトレーダーの収益率に 大きな影響を与えているという。

リアルタイムの取引ができない

レート制限された取引API、非リアルタイム取引確認、および遅延された注文書更新のため に、トレーダーはリアルタイムで取引することができません。

セキュリティ問題

: 暗号通貨市場は参入者が年々増えており、市場も加熱しているがゆえ、常にハッカー の標的になっています。2014年2月のBitcoin取引所Mt.Gox事件を知らない方は殆どいないでしょう。26億米ドル相当の被害を生み出しました。さらに、 2016年8月には世界で トップ10の仮想通貨取引所の1つであるBitfinexがハッキングされ、120,000 ビットコインが失われました。

資金の流失も問題ですが、投資家が常にセキュリティ問題を懸念することは、取引市場全体の成長の妨げともなります。また、保証制度を取るところも少ないのも問題点です。

ICOトークンの流動性の少なさ

 : ICOにとって最も深刻な問題は、流動性の極端な少なさであり、ICO後すぐにICOトークンを取引所で取引できないことで す。確かに、トークンロック解除され、取引が開始されてもいざ売買しようとすると十分な量を売らずそのうちに価格も下がるなんてこともよくあることです。

ICOトークンの流動性が低いということは、その価値はさらに低下させ、 さらに、世界の上位10の取引所の1つにトークンを上場させるには、しばしば500から1000 ビットコイン程度必要だという。 その結果、トレーダーは流動性が低く、スプレッドが大きい取引所で取引するしか術がありません。

通貨や言語サポートの少なさ

もちろん、他にも種々考えられますが、主に重視しているのは手数料・取引・ICOトークンの流動性の少なさです。

そこで、Cobinhoodは以下のようなソリューションを提案しています。

取引所ソリューション

取引所に関するソリューションは以下です。

取引手数料ゼロ

 : COBINHOODは世界中のトレーダーの収益を最大化するために、最10倍レバレッジでスポット取引とマージン取引を、取引数料ゼロで提供します。

高いセキュリティ

: COBINHOODに保管されたあらゆる種類の暗号資産は、オフラインのマルチシグナルウォレッ に保管されます。資産の98%はオフラインで保管され、資産の2%はオンラインの財布に 残っているため、ユーザーの入出の操作性が向上すると推定されています。

各オフラインマルチ署名ウォレットは、8つのHSM(ハードウェア・セキュリティ・モ ジュール)で構成されています。つまり、マルチ署名ウォレットを使用するトランザクショ ンでは、8つのHSMのうち5つが必要になります。HSM管理者の1人が侵害された場合でも、 マルチ署名ウォレットは安全です。さらにCOBINHOODのセキュリティシステムに加えて、HSMの管理者は様々な国に配置されています(地理的に分散しています)

分散注文マッチングエンジン

: COBINHOODプラットフォームは強力な一貫性と水平自動スケーリング機能を備えたGoogle Cloud Platform上に構築されるため、取引記録はデータベースのSpanner DBに保存されており、高い同時性を実現するためにGolangでプログラミングされています。

設計上、各取引ペアは専用の注文照合エンジンを介して送信され、 次の照合速度を保証します。COBINHOODのオーダーマッチングエンジンは、フロントエンド、APIバックエンド、オーダーマッチングシステム、DockerとKubernetesと共に配備されたジョブ/メッセージキューサービスなどのマイクロサービスで構成され、高い可用性と高いスケーラビリティを実現します。

さらに、トランザクションおよび注文帳の更新は、Webアプリケーション・メッセージング・プロト コル(WAMP)を介して送信され、毎時の情報をリアルタイムで更新します。ストレステストでは、COBINHOODは1秒間に1,154,284件の注文を処理し、各取引ペアごとに平均10,142 件の注文帳の更新を処理できます。これにより、世界初の高頻度取引が可能な暗号通貨取引所が実現します。

COBINHOODでは、ソフトウェア開発はテストドリブン開発(TDD)を 行っています。 DockerとKubernetesをCircleCI、継続的デリバリ(CD)、継続的インテグレーション (CI)と組み合わせることで、システムの安定性と強度を確保できます。

多種の通貨サポート

以上の 17種の通貨をサポートする予定のようです。また、COBINHOODは様々なフィアット通貨をサポートします。ユーザーは、ファンドの入出金の際、希望する通貨を選択することができ、 サポートするフィアット通貨はUSD / EUR / JPY / KRW / CNY / HKD / CAD / GBP / AUD / NTDです。

国際的な暗号通貨取引所

COBINHOODのウェブサイトとモバイルアプリは、世界言語の98%をカバーする10の主要 語をサポートしており、最も国際的な仮想通貨取引所となります。 COBINHOODがサポートする語は、中国語/ 本語/韓国語/英語/ロシア語/フランス語/ドイツ語/スペイン語/ポルトガル語/アラビア語です。

分散型取引所

将来、COBINHOODは分散型仮想通貨取引所を構築する予定です。ブロックチェーン技術の コンセンサスアルゴリズムが進歩するにつれて、分散型の頻度の高い取引とリアルタイムオーダー ブックマッチングシステムが実現します。

こちらからデモを見ることができます。

オンラインカスタマーサポート

COBINHOODは、24時間年中無休のオンラインカスタマーサービスを提供します。ユーザーが問題に遭遇したり、サポートが必要な場合は、COBINHOODのウェブサイトとモバイ ルアプリからサポート担当者に連絡できます。ユーザーがお問い合わせを送信すると、サ ポートチームが1日以内に応答します。COBINHOODの 標は、 貫して優れた顧客サポー トを提供することです。

ICOソリューション

そして、ICOに関してもソリューションを提供しています。

COBINHOODは、専用のICOレビューチームによる厳重なデューデリジェンス、スマートコントラクト、コードレビュー、法令遵守審査を通過した、 品質で有望なものを厳選します。さらに、COBINHOODのICO Spark ProgramTMは、有名な企業または、成功したスタートアップ企業がICOを立ち上げるのに役立ちます。 

ICOデューデリジェンス

: ICO投資家にとって、ICOプロジェクトが有望か否かを判断することは非常に困難です。 COBINHOOD ICOレビューチームがこの問題を解決します。チームは、プロジェクト実現可 能性、アイデアの新規性、財務上の正当性、法令遵守など、さまざまな側 でICOプロジェ クトを検討する予定です。

スマートコントラクトのコードレビュー

: 2016年6月にDAOは短期間で1億5,000万米ドルを調達しましたが、スマートコントラクトのコードの欠陥のために、ハッカーから50Mドルも盗まれました。COBINHOODの経験豊富な技術チームは、ICOのスマートコントラクトをレビューして、エラー、バグ、バックドアを排除します。

法令遵守審査

: COBINHOODは高い水準のコンプライアンスを達成することを約束しています。 COBINHOODの法務チームは、証券法および銀行法の経験が豊富なため、すべてのICOプロ ジェクトのホワイトペーパーとICO条項は、法的規制の遵守について審査されます。

ICO Spark ProgramTM

: COBINHOODのICO Spark Programは、企業がブロックチェーン技術を使して製品やサー ビスを統合するのを支援するサービスとしてローンチされます。ブロックチェーンとの統合は課題でもありますが、競合として有名なものとしては、

Funfairは、 Ethereumのスマートコンタクト技術を駆使するプレイヤーに公正なギャンブル環境を提供するものであり、FUNトークンの時価総額は、2017年8月には98百万米ドルになりました。

もう1つは、コンピュータ学習AIアルゴリズムであるLampixです。機械学習アルゴリズムはあらゆる表をスマートサーフェス化します。2017 年8月には、イメージマイニングのブロックチェーンであるPIXトークンのICOを開始しまし、ICOは8時間以内に14.2Mの USDを上回って成功しています。

そして最近のICOの中でも既にプラットフォームが存在し、ブロックチェーン技術と統合するものがいくつかあります。

Domraider/オークション

MiniApps/AIチャットボット

ARToken / AR、VR

こうしたブラックチェーン技術との企業のプラットフォームとの統合はトレンドであり今後不可欠な要素になりつつあります。

Cobinhoodのビジネス要素

CobinHoodと年間契約を結んでビジネスメンバーになることで様々なメリットが受けられます。

①マージン取引ローン金利

:ユーザーは証拠金取引のローン提供者になり、アセットデポジットで利息収益を受け取ることができます。COBINHOODは、マージン取引ローンの需要と供給に基づいて金利を自動的に決定します。利払いから発生した収益の一部は、COBINHOODによって回収されます。

②COBINHOOD Prime

:COBINHOODは2018年に個々のトレーダー向けにCOBINHOOD Prime TMサービスを開始する予定あり、トレーダーは、このCOBINHOOD PrimeTMサービスに加入することで、マージン取引のレバレッジを高め、レイテンシーティッカーを低くし、COBINHOOD取引所でのトレーディングAPIレート上限を上げることができます。また、COBINHOOD PrimeTMの加入者は、カスタマーサポート、専用電話サポート、顧客成功アカウントマネージャー、100% 稼働率SLAのエスカレーションが可能です。 COBINHOOD PrimeTMサービスは年間契約料 の対象となります。

③COBINHOOD高頻度取引サーバー

:COBINHOODは、投資銀行 、ヘッジファンド、機関投資家向けの高頻度取引サーバー購読サービスをローンチします。これらのサーバーはCOBINHOODオーダーマッチングエンジンを使用して同じネットワーク上でホストされ、COBINHOOD取引所で超低遅延ティッカーと 無制限APIレートを提供します。 高頻度アルゴリズム取引のためにこれらのサーバーに取引アルゴリズムを導入することができます。 高頻度取引サーバは年 間契約料の対象となりま す。

④ICO引き受けサービス

:COBINHOODが引き受けるICOトークンの割合は、引受手数料として回収されます。

⑤COBINHOOD・ファイナンシャル・センター

:COBINHOODは、株式、外国為替、コモディティ、市場指数、先物などを扱う暗号資産な
ど、将来的にはより多くの⾦融商品やサービスを提供する予定です。さらに、COBINHOOD
は仮想通貨ウォレットと決済サービスも開始する予定です。

 

ロードマップ

重要部分は以下です。

  • 2017/11 : Cobinhood 取引所オープン
  • 2017/12 : マージン取引/ 資金調達およびFIAT取引オンライン
  • 2018Q1 : オンラインICO引受サービス
  • 2018Q2 : 分散型取引所オンライン
  • 2018Q3 : 株式/外国為替/貴 属/商品/ 市場インデックス/ 先物を使った暗号資産の取引

今年中には、取引手数料ゼロの取引所をオープンする予定であり、来年には分散型の取引所の開設目標もあるようです。

開発チームとアドバイザー

CEO Chen Tai -Yuan

– (連続起業家、COBINHOOD Financial Groupの創設者、17 Live Streamingの共同設立者)
Chen Tai Yuanは、 24歳で、毎5百万以上のアクティブユーザーを抱えるアジア主要のライブストリーミングプラットフォームである17 Live Streamingをローンチしました。3ヶ月で17 Live Streamingは10Mドルを調達し、エンジェル投資家は1 以内に20倍の投資益を得ました。台湾で最初のスタートアップインキュベーターである AppWorks創設者のJamie Linは、Chenを「起業家の中の天才」と名付けています。

Tony Scott – 戦略アドバイザー

-Tony Scottは、2015年から2017年にかけて、3番目の連邦最情報責任者(CIO)であり、在任中には、さまざまなデジタル化やブロックチェーンをテーマにしたプロジェクトの指導、政府のサイバーセキュ リティの向上に携わっていました。彼の情報技術分野における40 のキャリアは、VMware、Microsoft、The Walt Disney CompanyのCIO としての役割を含みます。現在、彼はTony Scott Groupを率いており、公共および 間部 にITコンサルティングとアドバイザリーサー ビスを提供しています。また、グローバルナレッジネットワークであ るBlockchain Research Instituteのリサーチディレクターも務めてい ます。

 Brendon Hogger – アドバイザー

財務、健康、テレコム、メディアなどの業界全体で、ソフトウェアアー キテクトとして働き、15 年間、スタートアップでシステムを構築をして きました。彼はラフコンセンサス&ランニングコードを信条としていま す。過去3 間、アジアを代表するフィンテック企業でチーフアーキテ クトを務め、バックエンド開発やアジア9ヶ国以上の銀行や送 パート ナーとのパートナーシップをリードしてきました。

技術チーム

COBINHOODの技術チームは、Google、Microsoft、Lenovo、Cheetah Mobile、Mozilla、および17Mediaの従業員で構成されています。 彼ら のほとんどは、スタンフォード大学、MIT、カーネギーメロン 大学、 UCLAなど、世界トップクラスの 大学の卒業 です。 チーム全体が Google Cloud Platformインフラストラクチャ、ブロックチェーンテク ノロジー、 融取引FIXプロトコルの実装についての確固たる知識があ ります。

チーム力としては、各分野の経験豊富なチーム構成であり、特にTonny氏の存在やMicrosoftの存在も大きいと思いますし、信頼度は高いです。

CobinHoodの強みと競合

取引所系のICOはいくつかありますが、それらと比較した場合の強みはどこなのか、考えてみます。

開発チーム力

今回のCOBINHOODに関しては、Google,Microsoftの従業員やサイバーセキュリティ、ブロックチェーン技術などの各分野での専門家が集まっています。ブロックチェーン技術との統合の点に関しては、より深い専門性が問われますが彼らなら可能ではないかと思います。

トレンド系のICOの複合であること

今回私が注目したのが、取引所とICOの複合ソリューションであることです。取引所に関しては、流動性や高い手数料などの問題、ICOに関しては詐欺や法の問題などそれぞれにどちらも今後の課題があり、COBINHOODはそれらに対して明確なソリューションを提供しています。ICOソリューションに関しては日本でもCOMSAやSBIなど注目されていますし、今後法律の動きとともに欠かせない課題となると思います。

競合の存在

取引所系のソリューションはいくつかあり、特に今後期待されているのが、分散型取引所の0x(ゼロックス)、KyberNetwork(カイバーネットワーク)、そして今後出てくるものとしてOmegaone(オメガワン)などがあります。

これらと比較してもCOBINHOODはプロジェクトや開発など実現性の高いものと考えます。こうした競合の存在は比較される意味でも話題にはなりますのでマーケティング的にも後押しになるかなとは思いますが。

COBトークンについて

COBトークンは、Ethereum ERC20トー クン標準に基づいており、2017年11月にオープンするCOBINHOODの取引所にて、取引することができます。トークンは有価証券ではありません。

  • ICO期間: 13.09.2017 – 22.10.2017
  • 総発行枚数: 10億COB
  • ICO販売数:5億COB
  • ICO価格:レートは以下のように変動します。
  • 13.09 – 19.09: 1 ETH =5600 COBs (40% ボーナス)
  • 20.09 – 26.09: 1 ETH =5200 COBs (30% ボーナス)
  • 」27.09 – 3.10: 1 ETH =4800 COBs (20% ボーナス)
  • 4.10 – 10.10: 1 ETH =4400 COBs (10% ボーナス)
  • 11.10 – 22.10: 1 ETH =4000 COBs
  • 受け入れ通貨:ETHのみ

トークンホルダーのメリット

配当権利はありませんが、COBINHOODのICO参加者にはいくつか特典があります。

①マージン取引ローン利息の50%の利用権利

②COBINHOODが引き受けたICOへの低いレートでの参加権利

個人的にはどちらも魅力的です。ICOの割引に関しては、具体的には以下のように計算されます。

(COBINHOODがICO引受サービスから受け取ったICOトークン)*(COB所有量)/
(COB総額)

COBトークン所有者は、COBトークンスマートコントラクトでバインディング機能を呼
び出すことにより、COBトークンを保持している⾃分のEthereumウォレットアドレスを
COBINHOOD取引プラットフォームアカウントにバインドできます。バインドが完了し
た後、COB保有者は、COBINHOOD取引所でより低いレートでICOトークンを取得する
ことができます。

例えば、COBINHOODはXYZというトークンに対してICOを引き受けます。 ICOに
よるXYZトークンの発⾏総額は100Mであり、COBINHOODは引受⼿数料として5%を要
します。10M COBトークンホルダーは、より低いレート、すなわち:
5M * 10M / 1B = 50k XYZトークン

COBINHOODはCOBトークン所有者の利益を最⼤化するよう努⼒するため、将来COBトー
クン所有者にはさらに多くの特権があるかもしれません。

詳細は動画をご覧ください。

トークン・資金分配について

  • ICO: 50%
  • Cobinhood Ltd: 40%
  • プライベート募金: 10%

  • プロジェクト開発:40%
  • 管理:20%
  • マーケティング:20%
  • セキュリティ:10%
  • 法務:10%

ICO参加方法

まずは公式サイトにアクセスします。

ICOに登録するをクリックします。

利用規約を読んでCONTINUEをクリック

指定アドレスが表示されますのでイーサリアムアドレスから送金します。

よくある質問

どの通貨で購入することができますか?

ETHのみ受け付けております。

COBトークンはどこの取引所に上場しますか?

ICOが終了してから、Cobinhood の取引所で取引することができます。11月オープン予定です。長期的には、いくつかの取引所にも上場します。

売れ残ったトークンはどうなりますか?

ICOで販売されないトークンは、COBINHOOD社の基金に戻されます。これらの残りのトークンの価値に関して、COBINHOOD社のすべてのトークンは10年間の年間10%の厳しい権利確定期間を必要とします。したがって、これらのコインを投棄することはできません。

ICOスパークプログラムは2018年に開始予定です。

ICOの後、私たちの収入は、filecoinやKyberのような大規模なICOプロジェクトの引受サービスを提供することから来ます。これにより、取引所を維持し、サービスの開発と改善を継続することができます。
暗号通貨市場とICO市場が成長するにつれて、COBトークン所有者は、追加のタイプのトークンを受け取るかもしれません。その結果、COBトークンの市場価値も上昇する可能性があります。

引受手数料は将来変更される可能性があります。COBINHOODのICO引き受けサービスは、2018年に開始される予定です。

EtherをCOBINHOODの契約アドレスに送って取引が成功した場合、それは自動的に記録されます。詳細情報を参照して、トランザクションがどのように行われたかを検証できることを意味します。Etherscanを使用すると、トランザクションを確認および確認できます。トランザクションが成功したかどうかを確認する手順は次のとおりです。

ステップ1:(EtherscanのWebサイトにアクセスしてくださいhttps://etherscan.io)とCOBINHOOD契約アドレスを確認してください* https://etherscan.io/address/0xb2f7eb1f2c37645be61d73953035360e768d81e6

*アドレスが0xb2F7EB1f2c37645bE61d73953035360e768D81E6であることを確認してください

ステップ2:[スマート契約の読み込み]をクリックします
ステップ3:“9. balanceOf”にあなたのウォレットの住所を記入し、“Query”をクリックしてください

注目度や評価は?

ICOサイト

ICOrating

注目度低め、リスク中等度の評価です。詳細レポートはありません。

各種メディア

メディアでも多数取り上げられています。

マーケティング

マーケティングに関しては控えめな印象を受けますがFacebookのフォロー数はかなり多いです。

Twitter:1909

Facebook:14606

telegraph:2846

また既にEtherdeltaには上場しています。

 

COBINHOODの総評

個人的には取引所ソリューションとICOソリューションの融合という点で期待して投資したいという印象を受けました。ICOへの参加基準としては、ジャンル・チーム力など私の中ではクリアでしたが一つICO中に上場させてしまったことは残念ではあります。

早くに上場させることはいいことですが、せめてICOが終了してからでいいのではと感じました。COBトークンに関してはホルダーのメリットが大きいため、ICOで購入した分は所有しつつ枚数を増やしていこうかと考えています。

関連リンク

公式サイト:https://cobinhood.com/ja-jp/

ホワイトペーパー:https://cobinhood.com/assets/whitepaper/whitepaper_ja.pdf

Twitter:https://twitter.com/cobinhood

Facebook:https://www.facebook.com/cobinhood.exchange/

Telagraph:https://t.me/cobinhood

My bitcointalk profile:https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here