Change(チェンジ)のICOとは?エストニア政府提携のグローバルバンクを目指す暗号通貨

0
1,154 views

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

 

こんにちは。今回は九月から新しく始まるICOのご紹介です。エストニア政府が関与するバンク系のものということで巷で話題になりつつある暗号通貨です。バンク系はすでにRipple(リップル)が有名ですがなぜこのChange(チェンジ)がいいのか詳しく見ていきましょう。

Change(チェンジ)とは?

Change(チェンジ)は暗号通貨を中心としたグローバルな銀行を目指したICOプロジェクトです。

世界各地の人々に革新的なサービスを提供する最初のグローバル・バンクを構築するために始まり、使命として、金融セクターの国境をなくし、すべての市民が代替金融サービスにアクセスできるようにすることを可能にします。

これにより、地方規制当局と伝統的な銀行が作り出した人工的な独占管理体制から解放させるという意図があります。

エストニア政府が手掛けるE-residencyプロジェクト提携

Changeはシンガポールで2016年第1四半期に設立されましたが、CEOはFinTechに焦点を当てたシンガポールのベンチャーファンドのCFOであり、在任期間中に金融サービスの新興企業が増えたことに気付き、ブロックチェーン技術の登場とともに投資のための分散型市場を創出する独特の機会を見出しました。

また、Changeは世界でも先進的なデジタル社会であるエストニア政府のe-Residencyプロジェクトと提携しています。

E-residencyとはエストニア共和国によって運営されている地球市民のための新しいデジタル国家であり、エストニアは、世界で誰でも利用できる政府発行のデジタルIDであるe-residencyを提供する最初の国となっています。E-Residencyは、信頼できるEU環境下でグローバルビジネスを容易に開始または実行するための自由権利を提供するものです。この予定されている1000万人の電子住民にもChangeが適用される予定です。

また、開発チームはChangeはKristjan Kangro(CEO)、ArturLuhaäär(Smartlyのパートナー、CEO)、Gustav Liblik(パートナー、First MetaのCEO)、Edgars Simanovskis(CTO、ブロックチェーン開発者)によって行われます。

ChangeはFinTechとcryptocurrencyの各分野の企業と定期的にミーティングを行っています。BitOfPropertyは不動産群集の投資プラットフォームである一方、SmartlyはシンガポールのRoboアドバイザーです。ユニバーサル・チェンジ・マーケットプレイスに入り、多数の投資機会と金融サービスを利用でき、これらのサービスのうち3つはすでに統合されています。また、これらのサービスが将来そのプラットフォームに実装される可能性があります。

Change(チェンジ)のサービス内容

ホワイトペーパーによるとすでに以下のサービスが実装予定だそうです。

グローバルオンボーディング:

Changeを使ってどこでも登録し、どこでも使えます。Changeのモバイルアプリは、Know・Your・Customer(KYC)プラットフォームから始まり、このアプリはトークン化されたKYC情報の共有を通じて、他のサードパーティのサービスプロバイダとのユーザーの取引を自動的に検証します。Onboardingプロセスを支援するためにも、Changeはエストニア政府のeレジデンシー・プログラムと提携しています。

ユニバーサル暗号化ウォレット:

Change crypto walletは、ユーザが最も簡単な方法で、暗号化された通貨を管理することを可能にします。Changeのアプリケーションでは、すべての主要な暗号通貨ポートフォリオの管理やユーザー間の資金移動も容易になります。将来的に、Changeはアプリに幅広い他のウォレットのような機能を追加する予定。

Changeデビットカード決済:

今日、暗号化のユーザは日常生活の中で商品やサービスのためにデジタルコインを交換するのに苦労する可能性があります。そのため、Changeは、ユーザーがクレジットカード/デビットカードを受け入れる場所にかかわらず、デジタルファンドをオンラインとオフラインで使うことを可能にするChange Cardを発行します。

料金体系:

チェンジは完全にデジタル銀行であり、これは従来の銀行よりも発生しうる負荷(障害)が少ないことを意味します。手数料に対する透明なアプローチを提供することを約束しています。

キャッシュバックの再定義:

ユーザーは、プラットフォーム上でChange Cardおよびその他のサードパーティのサービス(オンラインまたはオフライン)を使用することで報酬を受け取ることができます。彼らはチェンジコインの形で取引の一部を戻すことができます。

強化されたセキュリティ:

Changeは、ブロックチェーン技術を使用してプラットフォームを保護するため、いつでもアプリからChange Cardをロックする機能があります。

市場拡大:

チェンジは単なる銀行だけにとどまらず、ユーザーが株式、P2P融資の機会、不動産、旅行などに投資できる市場を導入したいと考えています。

オープンAPI:

世界中の有望なFinTech企業のネットワークが広がり、一貫して銀行業績を上回っています。ユニバーサル・チェンジ・マーケットプレイスに入ることで、多数の投資機会と金融サービスを利用できます。これらのサービスのうち3つはすでに統合されています。

Change coin(CAG)について

Change Coinは、Changeのエコシステムにおける主要通貨として設計された暗号化方式のことで、このエコシステムは、BTC、ETH、LTC、CAG(Change coin)、およびすべての主要な暗号化通信をサポートします。

Changeコインの用途はキャッシュバックプログラムです。つまり、ユーザーがChangeが提供するカードを使用してオンラインまたはオフラインで支払いを行うたびに、Change Coinの形で0.05%のリベートを受け取ります。ユーザーがChange Coinを使用している場合、そのリベートは2倍になります。

また、コインホルダーは、市場からの利益も受け取ります。具体的には、マーケットプレイスで商品とサービスを販売するサードパーティのサービスプロバイダは、収益の20%をユーザーと共有します。

Change Coinはユーティリティトークンでもあり、Change Banking Platform内で行われるトランザクションのバックボーンを形成します。

ChangeのICOについて

ICO概要は公式サイトから確認できます。

https://change-bank.com/

ICOは、シンガポール時間(UTC + 8)またはロンドン時間(UTC 0)の2017年9月16日、午後7時に予定されています。

ICO全体で250,000 ETHのハードキャップがあり、トークンの総供給量の40%がICOを通じて販売されます。1 ETHあたり500 CAGの購入です。投資家はEtherを使ってICOに参加することができます。以下詳細です。

  • 事前販売:ニュースレターにより9月の第1週目から
  • 販売期間:16/09/17 – 16/10/17
  • 販売条件:事前販売のために割り当てられた100,000 ETHのうち10 ETHの最小投資から可能
  • 為替レート:1 ETH=500 CAG
  • 総販売数:250,000 ETH(ハードキャップ)
  • 一般最小投資額:0.5 ETH
  • 販売ボーナス(メインセール):最初の24時間20%、第1週15%、第2週10%
  • 国籍:シンガポールと米国を除くすべて

※一般販売の最小投資額は0.5 ETHで為替レート1ETH = 500CAGの125百万チェンジコインが発行されます。

プレセール参加特典

初期投資家には、Change MakerのステータスとプレミアムChange Blackカードの割引と排他的アクセス権利が与えられます。また、最初の500人までの投資家は、30%の割引を受け取り、他の事前割引が発表される予定とのこと。

プレセールは招待状のみで行われ、招待状が付いておりChangeメーリングリストのメンバーに配布されます。
予約販売に参加するためにメーリングリストにサインアップすることで参加できますが、資格を得るには最低10 ETH(約0.8btc)を払う必要があります。そしてプレセールに参加した最初の500人の投資家には、ボーナス30%トークンが与えられます。
 

 

CAGトークンの利用用途(開発側)

開発:40%
35人の社内開発者からなるグローバルな専用チームを育成し、チームを設立するために調達資金を割り当てます。 残りは
その発展のために発生するその他の費用をカバーするために使用されます。
 
 
非技術的人材:20%
Changeでは、シンガポールだけでなく、潜在的に、世界をターゲットにしているため、拡大していくにつれ、他の非技術的
マーケティング、法務、財務、人事、管理、顧客などのスタッフサポートは世界中の多くの異なる地域で必要となりここにも割り当てられます。
 
 
マーケティング:20%
Changeのプラットフォーム、ユニバーサルカード&マーケットプレイスは
エンドユーザーのための非常に魅力的な価値提案であり、世界初の提供を広めるためには依然として相当なリソースが必要です。
そのため、マーケティング予算のうち約70%は継続して使用され、ダイナミックなデータ駆動のデジタルマーケティングキャンペーンを改善するため、PRのための伝統的なメディアチャネル(ビデオデジタルチャンネルのコンテンツ作成)にも割り当てられます。
 
マーケットメイク&ネットワークの流動性:5%
シームレスなクロスボーダー、クロスプラットフォームの支払いを容易にするために、Change自体がマーケット・メーカーとして動作する必要があります。多くのトランザクションのための時間の限られた量または流動性を高めるために割り当てられます。
 
ライセンス、統合&パートナーシップ:25%
Changecoinと伝統的な間のギャップを埋めるように投資・サービスを厳しく規制します。大規模な数多くのサービス・プロバイダー&パートナーと協力して、Changeは独自のライセンスを取得することが可能になります。
 
 

Changeのロードマップ

  • 2016 Q1:シンガポールでChangeプロジェクト誕生
  • 2016 Q2:200000米ドル分の検証
  • 2017 Q1:リーディングフィンテック企業の参入
  • 2017 Q2:Changeβ版テスト・2000人以上の初期ユーザーへのリストコインオファリング
  • 2017 Q3:Change coinの交換開始
  • 2018 Q1:Changeカードの発行 

詳細や更新情報は公式サイトを確認

https://change-bank.com/

同分野との競合性

金融サービス提供やカード事業としてはTenX(PAY)が競合として挙げられますが、ICOでも約70億円相当の資金調達に成功し、今では時価総額ランキングも20位まで上り詰めています。しかし、日本でもカードの規制が厳しくなり、今後changeがどのような形で広め行くかが重要です。

Change関連

関連リンク:

ホワイトペーパー

公式サイト

Changeの記事まとめ:

Changeのバウンティプログラム概要と参加方法について

Changeのプレセール概要とICO参加方法について

Changeのメインセールの概要について

さいごに

個人的にはエストニア政府が提携していることもあり、話題性や安心の部分では大きいと思いますし、同じような金融系サービスのICOはこれまで成功した事例も多いため(Omise goやTenXなど)期待値は高めです。

また、すでにエストニア政府が手掛けるe-residencyというデジタル国家の住民にChangeの導入が予定されており、デジタル国家の住民は数百万、数千万規模にも及びます。これだけの人数からも注目を浴び、国家規模でもあるのでChange自体の価値も上がりそうな気もします。

ですので、9月に同じく行われるDecent bet(カジノプラットフォーム)同様に注目を浴びるICOの一つになるかと思いますのでこちらにも参加したいと思います。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here