レッカー車業界初のブロックチェーン導入を試みるCarTaxi(カータクシー)のトークンセールが開催中

0
331 views

 

こんにちは。今回はCarTaxiというICOについてです。

日本でもやや認知度もあり、人気も高い案件ですので、今回取り上げてみてみたいと思います。

CarTaxiとは?

CarTaxiは自動車業界にブロックチェーン技術を導入する世界初のオペレーションプラットフォームです。

イーサリアムを基にするブロックチェーンにより、世界初の自動化されたレッカーサービスを提供することが目的であり、すべてのレッカー車を オンラインネットワークに結束し、世界いつでも、どこからでも安全で早くレッカー車を輸送することが出来ます。

 
暗号通貨投資家にとっては 市場占有率が高く、爆発的な成長の段階で既存のプロジェクトのトークンの所有者になるチャンスであると述べています。

詳しくは動画をご覧ください。

問題点とソリューション

既存のレッカー車業界の問題点としては、いくつか挙げられます。それに対するCarTaxiのソリューションは以下です。

  • 車の牽引ビジネスはまだグローバルに自動化されていない: 古い伝統的なスタイルに固執しており、効率が悪い

ブロックチェーンにより、顧客と請負人の取引を分散システムに統合して、速い取引を実現できる

  • ユーザーに親しいアプリが少ない:自由にどこからでも呼び出せる用途が少ない

CarTaxiは、グローバル基準のモバイルアプリでどこでもアクセスできる機会を提供する

  • 高い余分な費用がかかる: 異種のレッカー者の注文は公平ではなく、時間や順番にも左右され、余分な遅延金なども発生する

仲介者を排除して、画期的な地理位置情報システムで解決できる

  • 支払いセキュリティ: 安全な資金の移転ができない場合がある

支払いをブロックチェーンとスマートコントラクト上で行われ、顧客とサービスプロバイダ間での資金移転を安全に行なう事ができる

  • キャリア訴訟問題: 輸送者に対する保証がない場合もあり、しばしば訴訟問題が発生する

第三者であるグローバルサービスプロバイダが常に貨物の保証を行うため、安心して輸送ができる

白書を読む限りは、 ざっとこんな感じでしょうか。実際、タクシー会社を呼ぶためのアプリは既にいくつかあるわけで、ブロックチェーン技術との統合が今後の課題となります。

CarTaxiエコシステムの流れ

  1. スマートフォンにモバイルアプリケーションをダウンロード
  2. 貴方の自動車に関する情報を入力する
  3.  カードまたは現金を選択する
  4. システムは、適切なトラックを定める(自動車の重さ、クリアランス、故障に従って)
  5. 2 つのステップだけで注文が完了する(貴方は概算費用と到着予想時刻を知ることができる)
  6. 「新しい注文」ボタンをクリックすると、最寄りのレッカー車は貴方の方に向かう。

このような流れで、レンタカーを呼ぶ事ができます。

このシステムは実際に稼働しており、アプリをダウンロードすることもできます。

CarTaxiの強み

サービスが開始している

前述したように、アプリが開発されており、サービスは、グローバルリーチを持っており、すでに正常に最初の都市ロシアで開始されています。

CarTaxi 会社は、サンアントニオ (米国)、モスクワ (ロシア)、香港(中国)のオフィスからグローバルにビジネスを展開している専門家の卓
越したチームで構成されており、既に世界展開に向けてテスト実証を重ねているようです。

また、暗号通貨市場の規模拡大は言うまでもありませんが、牽引車業界の市場は、米国市場調査によると、2016年は米国だけで$60億の価値があった(2.5%)としており、各国での動力化の割合に基づき、専門家は世界市場を $260億以上の価値があると見積もっています。

CarTaxi の戦略的目標は、5年間で世界市場の 20% までを獲得し、2022の収益で $9億7000万を生成する事です。

ロードマップ

  • 2016 – 1Q 2017
    • ソフトウェアが開発 され 、デバッギングされました。
    • サービスの原型から アルファとベータ版までチェーンを終了しました。
    • 強い本社のチームと開発チームが結成されました。
    • サービスは、最初のテスト市場 (ロシア市場)で 実行されました。
  • 2Q 2017
    • サービスを開始し、正常にロシア市場で働います。
    • ロシア市場での 執行者の 50% に及んでサービスに接続されています。
    • 爆発的な成長とロシア市場獲得のためにインフラストラクチャが準備されています。
    • 米国と中国のオフィスで執行者の手早く接続するためにパートナーを選びました。
  • 3Q 2017
    • Pre-ICO とICO期間
    • ロシア市場浸透が続いています 。
    • 米国と中国 にて営業活動 を開始するためにインフラストラクチャの準備が続いています。
  • 4Q 2017
    • 運送される自動車の保険制の導入
    • CIS, 中国, 米国の保険パートナーの選択
    • ブロックチェーン技術を 体制構築に導入
    • 各国の新しく接続した都市に 関税領域のベースの拡充。
    • プラットフォームのサポート (新しい地域でロード テスト)
  • 2018
    • 米国 + 中国市場に大規模なプロモーション
    • インド、南米、東南アジア、東欧、西欧 にて代行機関を樹立して、パートナーの検索
    • プラットフォームのサポート
    • システムのスケーリング
  • 2019
    • 接続した市場に大規模なプロモーション
    • CIS における優位性の維持
    • プラットフォームのサポート
    • システムのスケーリング
  • 2021
    • 世界な市場成長の維持
    • 関連システムのスケーリング と システムのサポート
    • すべての作業地域に優位
    • 目標収益の9億7000万 USDの達成

    このようなロードマップになっており、今回ICOをする意図としては、ロシアから米国、中国への拡大とブロックチェーン技術のさらなる統合発展です。

    CTXトークンについて

    CTXトークンは、CarTaxiのプラットファーム参加を引きつけるために存在しており、投資家に配当型の利益分配を行います。

    トークン販売:9月29日〜10月29日

     
  • ティッカー: CTX
  • トークンのタイプ: ERC20
  • ICOトークン価格: 1 CTX = 0.14 USD(0.0004 ETH)
  • 資金調達目標: 65,000,000 USD
  • 販売前: 914,400 USD
  • 合計トークン: 750,000,000
  • トークンセールのために利用可能: 65%
  • ホワイトリスト:いいえ
  • あなたの顧客を知る(KYC):いいえ
  • 最初のボーナス:最大30%(画像
  • トークンの問題:トークンセールの後
  • 受け入れ: ETH

1 CTX = 0,000443 ETH
1 CTX ~$0,155 (on date 2017/09/07)
1 ETH = 2255 CTX

となってます。

トークンホルダーのメリット

今回のトークンには利益分配権利が含まれます。

投資家に考えられるメリットは以下です。

会社からの利益分配権利

企業収益の1.25%はトークンホルダーは月一回配当分配されます。 最初の配布は、2017年9月15日に行われ、(締め切りはUTC +0 00-00)。 トークンホルダーへの転送は、見越し後の週に行われます。

市場での売買収益(買い戻し)

利益の2.25%は、市場価値を高めることを目的として市場でトークンを購入することになります。 市場にトークンが不足している場合、未使用利益は追加利益とみなされ、それに応じて配当が増額されます。

配当型トークンですので、やはり会社の収益自体に依存し、今後の展開に大きく左右されます。

参加方法

公式サイトにアクセスします。

GO TO TOKEN SALE PAGE

通貨を選択します。ここでは、ETHを選択

こちらのアドレスへ送金します。

よくある質問

CarTaxiはどのように収益を上げていますか?

シンプルです。サービスは、レッカー車のサービスのために手数料を介して収益化されます。地域によって異なり、サービスの費用の10から15%です。ロシアは15%

売れ残ったトークンはどうなりますか?

燃焼されます。

最後に

CarTaxi は、牽引車業界へのブロックチェーン導入の初の試みであり、プロジェクトの中では珍しく機能しているプロトタイプが存在し、市場ではアプリが機能している点では、実用が近いかなと思います。

その点も海外で人気の案件になっているようですが、

さらなるグローバル展開で、ICOをしているわけですが、調達資金の使い方が重要であり、あくまで白書の予測は予想段階ですので、今後の発展に期待したいところです。

まもなくトークンセールは終了します。

関連リンク

白書: https://cartaxi.io/#dl-whitepaper

公式サイト: https://cartaxi.io/

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here