CarryProtocol Data(データ) ICO

CarryProtocol-韓国最大のブリック・アンド・モルタル報酬プラットフォームであるSpoqaがしかける個人データ収益化プロジェクト

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 24 分です。

 

6月に入ってコミュニティをのばし続けているICOプロジェクトを今回取り上げました。

ICOdropsさんのソーシャルステータスではグングンのばしてきています。

個人的にはデータ系では注目しているプロジェクトです。

 

プロジェクトの全体概要ーCarryProtocolとは

このプロジェクトは消費者、マーケッター、商人のために個人データを公平に扱えるようすにためのプロジェクトです。

韓国最大のブリック・アンド・モルタル報酬のプラットフォームSpoqaの共同設立者が立ち上げたCarryProtocolは、新しいプロトコルで、オフラインで小売向けに次世代のアプリケーションに利用されています。

新しいCREブロックチェーントークンは、消費者をキャリー商店に誘導するインセンティブとして機能するように設計されています。

システム全体は、消費者、商人、および広告主の両方を可能にするためのものです。プロトコルは以下を提供します:

プロトコルが提供するもの

  • オフライン企業向けの暗号化対応の決済端末。( Spoqaにより実際のオフライン支出で20億ドルを追跡している10,000以上の端末)
  • オフラインブランドやショップのブランドトークン - 将来の「ロイヤリティポイント」
  • 消費者が独自のプライバシーを管理し、オプションで取引データで収益を得ることを可能にする支払い用ウォレットAPI。
  • オプトイン取引データブロックチェーンに基づくターゲット広告システム。
  • 消費者、商人、広告主の両方に共通のインセンティブ

 

ビジョンー何を解決したいのか

伝統的な小売店は25兆ドル規模の業界で、小売費全体の少なくとも90%を占めています。 これにより、多くのデータが生成されます。

キャリープロトコルは、

1)商人が顧客を理解してコミュニケーションをとるプラットフォームを提供する

2)消費者が独自の取引データを管理し情報を収益化できるようにする

3)新しい広告チャネルを提供する

という3つの目的でこれらの問題を解決することを目指します。

 

CarryProtocolの下では、取引データはあなたが管理する商品になり、Carryは、消費者、商人、広告主の両方に共通のインセンティブを提供します。

商人の利点

  • ブリック・アンド・モルタル・ショップで暗号通貨を受け入れる
  • 迅速な支払い処理
  • デジタルクーポンとカスタムブランドトークンを使用して再帰顧客をインセンティブ化する

消費者の利点

  • 自分の取引データを所有する
  • 匿名で収益を得る
  • デジタルクーポンとロイヤリティポイントを収集する

これらのすべては安全に保護されており、決済、クレジット決済または暗号化決済とシームレスに連携します。

広告主の利点

  • 統合オフライン支払いデータの活用
  • 広告料金なしで視聴者にアプローチする

このようなメリッとが生まれます。

プラットフォームの仕組みと技術特徴

プラットフォームの4つの要素を説明します。

  1. Carryトランザクションデータベース
  2. Carryスマートコントラクト
  3. CarryウォレットAPI
  4. CarryデバイスAPI

キャリートランザクションデータベースとは、トランザクションデータがコンシューマによって生成されてアップロードされるブロックチェーン上の仮想データベースを指します。

キャリー・スマート・コントラクトは、キャリー・プロトコル上のトークン(CREおよびBT)の発行および使用をサポートする。

キャリーウォレットAPIは、ウォレットアプリケーションがキャリープロトコルをサポートできるようにし、消費者が暗号の管理を行い、トランザクションデータとプライバシー設定を制御できるようにします。

キャリーデバイスAPIは、ストアのデバイスがキャリープロトコルをサポートできるようにするAPIであり、暗号化を使用して支払いを行う機能を提供し、消費者のウォレットに支払いデータを送信します.

 

スマートコントラクトによるBT(ブランドトークン)の発行

キャリープロトコルの多くの機能には、スマート契約を通じてアクセスできます。

BTは、Carry Protocolの最も基本的で重要な機能であり、加盟店はスマートコントラクトを通じてさまざまな種類のBTを発行することができます。持ち運びはスマート契約を通じて店舗レビューを含む多くの機能を引き続き追加します。

スマート契約を使用する主体(主に加盟店)は、スマート契約を使用するたびに、

1)キャリー・プロトコルに関する一定のクレジット(CRE)をクレジットする

2)クレジット・ベースのペイ・アズ・ユー・ゴーをクレジットする

必要があります。

固定量のCREを課すことで、スマート契約(すなわち、1日あたりのBTトランザクションの数)のための特定の使用レベルが可能になります。毎日の使用量が設定レベルを超えた場合、ユーザーはCREの使用ごとに料金を支払う必要があります。

これは、Smart Contractを実行するには、キャリープロトコルのリソースが必要となり、コストがかかるからです。これはまた、ブロックチェーンに対する攻撃(悪用、DoS攻撃など)からシステムを保護します。

スマート契約の1回の使用料は、CREステークの機会費用よりも高い価格帯に設定することができ、商人や広告主にCREをより多くステークするよう促します。加盟店がCREステークよりも多くの取引を行うことを希望する場合、顧客などの他の参加者に特典や特典を提供し、CREを代理して預け入れることもできます。

 

ビジネスモデル

キャリープロトコルは、クレジットカードやキャッシュなどの決済代金をサポートしています。

商人には、キャリープロトコルを使用するためのタブレットのようなインタラクティブデバイスが装備されている必要があります。ほとんどの加盟店にはすでにPOS(POS)デバイスがあり、それ自体がキャリープロトコルデバイスとして機能したり、タブレットのような別個のデバイスを必要とする可能性があります。デバイスは、POSから顧客に取引データを送信し、顧客がブロックチェーン上でこのデータをアップロードするのを助けます。

主な収益タイプです。

1.BT(ブランドトークン)ーロイヤルティシステムからの収益

キャリープロトコルは、各加盟店にブランド化されたトークンを提供することにより、インセンティブを与えます。 BTは、顧客がブロックチェーン上で支払いデータをアップロードするかどうかにかかわらず、商人によって発行され、顧客に提供されます。

ブランドトークンは、加盟店によって消費者に発行される債権として機能し、それによって、加盟店に商品、サービス、またはその他の利益を適切に提供する義務を課す。 BTには​​、他の多くのプロパティと用途があります。

2.CREートランザクションデータの収益化

店舗での取引が完了すると、消費者はウォレットアプリで取引データを受信します。トランザクションデータを受け取るには複数の方法があります。

1つはデバイスに電話番号を入力する方法、もう1つはウォレットアプリを使用してデバイスからQRコードをスキャンする方法です。

消費者は、トランザクションデータをブロックチェーンにアップロードするかどうかを決定できます。

「消費者データ所有権」の使命を実現するために消費者にデータの完全な権限を与えます。消費者が取引データの一部または全部をアップロードすることを選択した場合でも、プライバシーは匿名性シールドによって保護されます。

キャリープロトコルは消費者にブロックデータのトランザクションデータをアップロードする報酬としてCREを与え、アップロードをさらに促進します。消費者に与えられたCREは、ブロックチェーン自体の膨張から構築されたキャリートークンプールから取得されます。(後述)

3.BT(ブランドトークン) - 広告収益

BTをロイヤルティシステムとして使用することに加えて、BTは広告としても使用できます。 

ブロックチェーンに格納されたトランザクションデータは、主にターゲット広告に使用されます。広告主は利用可能なデータを処理し、マーケティングニーズに適した消費者を絞り込み、キャリープロトコルで広告をターゲティングすることができます。広告主が取引データ自体を処理することが困難であると判断した場合、「広告サービスプロバイダ」は広告の適切なターゲットを特定する手助けをすることができます。

広告は、キャリープロトコル上のBTの形式で送信されます。そのプロパティに基づいて、BTは、次回訪問時に使用されるクーポンまたは単純な広告表示とすることができます。

広告を受け取ることを選択した消費者は、広告露出の報酬としてBTの上にCREを受け取ることになります。消費者は、CRE報酬のレベルの最小閾値を設定できます。

 

市場と競合性

Carryが参入する市場は主にデータの収益化です。

伝統的な小売店は25兆ドル規模の業界で、全小売業の少なくとも90%を占めていますが、それにもかかわらず、電子商取引にはいくつかの欠点があります。

  • 無駄なマーケティング費用
  • 需要が増加しているにもかかわらず、暗号化の支払いはまだ不便である
  • 膨大なデータ使用量
  • Amazonのようなオンライン巨人が買収しているほど価値がある
  • データが使用される場合、プロセスは通常消費者に不透明であり、返品に価値がほとんどない

データ市場の問題点は浮き彫りです。

ブロックチェーンによる分散型データ交換プラットフォームの競争率は激化

有力なデータサービスプロジェクトは多数出てきています。

  • Streamr
  • Datablockchain
  • Datareum
  • Dataeum
  • DatablockerDAO
  • OpiriaPDATA
  • QuardrantProtocol
  • OceanProtocol

今年あったICOでもかなりあります。

同分野としては同時期のAirBlockQuardrantProtocolと似通っています。

AirBlocAIRBLOCは、分散された個人データプロトコルです 個人が自分のデータで収益を上げることができる場所、 広告主はこれらのデータを購入して実施することができます 。

AirBlocとかなり類似しており同社の親会社であるab180は、Ebay Korea、GS Shop、Woowa Brothersを含む300以上の企業にサービスを提供する韓国のトップデジタル広告会社の1つです。

出資先もICON FoundationXなど優秀です。Carryにも出資しているSIGNUM CAPITALとも提携しています。

開発計画

2018H2:スマートコントラクトAPI

2020年に広告管理プラットフォームが完成する予定です。

開発計画の詳細はわかりませんが比較的遅めです。

チームとアドバイザーおよびパートナー

チームは比較的しっかりした背景を持っていると思います。

チームはSpoqaの成長を7年間経験しており、報酬は年間20億ドルの取引で有効になっています。当社のテクノロジーパートナーであるLine @とカカオは、アジアで最大のメッセージングアプリケーションの1つで、CarryのAPIテクノロジを開発するのに役立っています。 

チームの背景はSpoqa

キャリープロトコルは、韓国最大のブリック・アンド・モルタル報酬プラットフォームであるSpoqaの共同設立者によって運営されています。 

Spoqaの実績は以下:

  • 国内の10,000店舗に顧客向けのタブレットをインストール
  • SMB加盟店向けの顧客向けタブレットベースのロイヤリティプラットフォームであるDodo Pointを運用
  • 過去7年間、Spoqaはオフライン市場の商人と緊密に交流し、ニーズに合ったサービスを構築し、目覚しい成果を収めた
  • Dodo Pointは現在、1,500万人の消費者と1万の商人を抱えており、図13に示すようにさまざまな分野で広く使用されている

 

ForbesのCTOなどの拡張チーム

一部紹介します。

JC Kim-開発者
フォーブスの元CTO、30秒未満のアジア、韓国初のTwitter SMSクライアントの開発者、10年以上の開発チーム管理経験

Google、Facebook、DigixGlobalからなるアドバイザー

サイモン・キム
Simon Seojoon Kimは、韓国を拠点とする主要な暗号基金であるHashedのCEO兼パートナーです。 Blockchainのエバンジェリストであり、最高のBlockchainソウル・ミートアップコミュニティであるHashed Loungeの主催者です。 Hashedの前に、Simonは連続起業家であり、数多くの企業を共同設立しました。 Fast Companyの教育における世界のトップ10の最も革新的な企業の1つに選ばれた革新的な創業者、KnowreでChief Product Officerを務めました。

ライアン・キム
Ryan Sungho Kimは最高責任者であり、Hashedのパートナーですこれまで、Ryan氏は100社を超えるオンライン小売業者向けのモバイルアプリビルダーを設立し、同社をユニコーン企業に売却しました。この後、彼は韓国最大のリコメンデーション・エンジン会社のアルゴリズムチームを率いていました。

デビッドパーク
David ParkはFacebook、Nextdoor、McKinsey&Companyを含む大手企業や企業の製品リーダーおよび経営コンサルタントとして20年以上の経験を有しています。最近では、Facebookのプロダクトマネージャーとして働いていました。そこでは、年間収益が数十億ドルのモバイルアプリの世界最大のユーザー獲得チャンネルであるFacebookのモバイルアプリインストール広告の製品チームを率いていました。

リリー・リュー
Lily LiuはCoarnbaseによって買収されたEarn.comの共同設立者です。以前は、中国初の民間外資系総合病院を設立し、KKRとマッキンゼーで働いていました。彼女はスタンフォード大学とハーバード大学で学んだ。

ダレンルイス
Darren Lewisはスタンフォード大学でコンピューターサイエンスの学士号と修士号を取得していましたが、以前はGoogleのGmailチームのシニアエンジニアとして働いていました。

Shaun Djie
シンガポール経営大学の同窓生であるShaun Djieは、DigixGlobalの共同設立者であり、6,800人以上のメンバーを抱える世界最大のエテレアム・シンガポール・ミート・アップ・グループの創始者でもあります。Shaunは、Blockchain and Distributed Ledger TechnologiesのIT標準委員会の技術委員です。

複数の主要な企業からの投資支援を受けている

 
投資家からの支援も豊富で、リスクも低いですね。
 
  • HASHED
Hashedは、韓国のトップクリプトファンドとアクセラレータ、KyberNetwork、OmiseGO、EOS、ICONなどのグローバルプロジェクトの早期支援者
  • KeneticCapital

ケネティックキャピタルは、投資、アドバイザリーサービス、コミュニティ、テクノロジーを通じてブロックチェーンプラットフォームの開発と導入を拡大することを約束している香港に本拠を置くブロックチェーン会社です。

  • Signum Capital

Signum Capitalはシンガポールに本拠を置く企業であり、Blockchain対応企業のみに関与し、Aelf、Sentinel Protocol、OmiseGOなどのトークン生成イベントおよびEquity投資の事前販売段階に参加しました。

  • XSQ

XSQはシンガポールに本拠を置くチームであり、経験豊かな投資銀行家や金融機関の経験豊かな人で構成されています。一連の起業家を率いるX Venturesは、インターネット革命の次の波を先導することを目指しています。

DraperDragon

DraperDragon Innovation Fundは、Draper Venture Networkの中核メンバーであり、歴史的には米中の国境を越えた新興企業への投資に重点を置いています。 DraperDragonは、現在、いくつかのRMB、米ドル、およびデジタル通貨基金を管理しています。 Blockchain部門では、DraperDragonはVeChain、Aelf、Ledger、telegramなどの初期投資に参加しました.DraperDragonは中国で長年にわたり強固なブランド名とネットワークを誇​​っています。

LedgerCapital
Ledger Capitalは、実体経済のブロックチェーンを可能にするフルサービスデジタル資産投資会社です。当社のコアチームは、経験豊富な技術起業家、ブロックチェーンと暗号化プロジェクトのリーダー、トップ投資会社の役員で構成されています。

投資先は申し分ありませんね。

 

コミュニティ

twitter 14884
telegram 34444
facebook 10406
alexa 714433

 

HYPEはめちゃくちゃ高い訳ではありませんが、比較的高めです。ホワイトリストに向けてテレグラム数ものびてきています。

外部評価

ICOdropsMedium interest

そこまで高くはありませんが徐々に評価も増えてきました。

 

トークン分析ー構造、用途、ホルダーのメリット

CREはキャリープロトコルの主なトークンです。

シンボル CRE
トークンタイプ ERC20
価格 1 CRE = 0.0075 USD (0.00001538 ETH)
調達目標 23,600,000 USD (48,000 ETH)
ホワイトリスト あり (6月14日 –6月21日参加する)
受け入れ ETH

 

 

用途としては以下です。

  • 消費者:キャリーエコシステム内の商人に支払うためにそれを通貨として使用
  • 加盟店:ブランド化されたトークンまたはスマートな契約を作成するために使用

消費者は、消費者のトランザクションデータブロックチェーンにアクセスするための支払いとして、第三者の広告主からCREを受け取れます。

 

1店舗で支払う
CRE、ETH、BTC、クレジットカードまたは現金で支払う。 
2あなたのデータを共有する
匿名の取引情報を共有するか、非公開にするかを選択します。
3報酬を受け取る
データを共有する報酬としてCREまたはBTを受け取る。

このような流れです。

トークンの将来価格

CREは、キャリープロトコルの成長に伴いインフレの影響を受け、このようなインフレは、上記のようにブロックチェーン上の取引データをアップロードする消費者に報酬を与えるために使用されます。

前述のように、スマートコントラクトを実行するには、CREステークまたは1回の使用料を支払う必要があります。 CREで支払われた使用当たりの手数料は、キャリー・プロトコルのメインCREプールに蓄積されます。そして、 取引データをアップロードする消費者に報酬を与えるときに、CREプールを介して行われます。

従ってキャリープロトコルの成長とトークンの価格はブロックチェーン上のトランザクションデータの蓄積と密接に関係します。

ロードマップ上は2018年内をめどにスマートコントラクトプロトコルAPIが完成します。

 

トークンセール参加方法

 

ホワイトリストが間もなく開かれます。

2018/6/14 11am〜

ホワイトリストは2段階ですが早めの方かもちろんメリットが大きいです。参加予定の方は逃さずやりましょう。

総評

個人的には、似通った内容のプロジェクトの中でも期待できるプロジェクトと思いました。ホワイトリストが間も無くですが、入れたら投資します。

何より、チームの背景がしっかりしている印象です

ビジョン-2

この手のプロジェクトは沢山ありますが、ビジョンは明確です。

技術-1

特質すべき点はありません。

プロダクトー2

プラットフォームは存在しますがスマートコントラクト統合はまだです。

市場と競合性-1

やや競合が激しく、プロダクト的には大差ないです。優位点としては、やはり顧客基盤とマーケティングでしょうか。

チーム-3

チーム力は高いと思います。パートナー、アドバイザーも優秀です。

外部評価ー2

中等度の評価です。

トークンのROI-1

現時点では、トークン販売への参加は多少期待はできるかと思いますが、短期的な目線ではトークン販売の行われ方次第と思います。

リスク-1

最低限のリスク把握はできてるかなと思いますが、開発が長期なのがマイナスです

 

短期的な投資

プロダクトは既存のモデルがあるもののトークン自体の利用価値は現状ありませんし、2019年からといったところなので、投機的な目線になります。取引所やトークン販売方法に依存します。

長期的な投資

長期的には開発チームやパートナーシップ、顧客基盤からトークン野需要は伸びる予測が強くできます。

関連リンク

公式サイト

白書

twitter

telegram

facebook

  • この記事を書いた人

BAB

暗号通貨にどっぷりはまり、日々勉強中。専らトレードで日々収益を得ています。 当サイトではビットコインからアルトコインなどの暗号通貨の他、最新投資案件やビジネス情報をマイペースに配信中。 一般公開できないICO,アルトコイン、案件情報は公式Line@でのみ配信します。

おすすめ記事はこちら

1

目次1 はじめに2 全体概要-Sparksterとは?3 プラットフォームの大きな特徴3.1 クラウド界に混乱を起こす3.2  IoTと分散型クラウド3.3 大幅なコスト削減3.4 シンプルで直感的な ...

2

目次1 Quarkchainプロジェクトの背景と概要1.1 背景1.2 ビジョン2 プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引2.1 二層ブロックチェー ...

3

目次1 QuardrantProtocolの全体概要2 ビジョンー何を解決したいのか2.1 Quardrantの解決策3 アーキテクチャと技術3.1 PoA アルゴリズム4 技術ロードマップ4.1 現 ...

-CarryProtocol, Data(データ), ICO

error: Content is protected !!

Copyright© BAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.