この記事を読むのに必要な時間は約 30 分です。

 

こんにちは。今回はCappasityとAR業界についてです。

まもなくトークンセールが終了するARトークンですが、ブロックチェーン技術によるAR業界の未来についてみてみます。

仮想現実(AR)業界の傾向

PWCの調査レポートによると

Augmented reality(AR)は、物理的領域とデジタル領域を統合し、特にゲームで際立っており、トレーニング、デザイン、コラボレーション、メディアやエンターテインメントにも大きな影響を与えるとされています。

AR市場は成長しており、PwC / CB Insights MoneyTree™レポートは、2016年に71件の取引で15億ドルのベンチャーキャピタル投資を記録しています。

どの業界で最も投資が行われているか?

業界別のAR技術への投資割合をグラフ化したものです。

現時点:

  • 自動車:18%
  • 情報技術・メディア:15%
  • ヘルスケア:11%

航空宇宙および防衛、ならびにソフトウェアおよびインターネット/情報技術企業は、ゲーム業界は比較的早い段階にあります。

そして民間銀行、航空会社、エンジニアリングおよび建設会社、小売業者、卸売および流通会社は3年間でARに投資する予定と予測されています。

特にAR対応のスマートグラスにより、倉庫作業者はより高い精度で注文を満たすことができ、航空会社は航空機を組み立て、電気工事業者は修理を行います。

エンタープライズでは、ARは保守、マーケティング、カスタマーサポート、およびその他の多くの機能で、従業員にジャストインタイムの情報を提供することができます。

AR投資家は何に焦点を当てているか?

今日、デジタル文化の発展は最重要課題であり、ユーザーエクスペリエンスの向上は今後3年間の追加目標となっています。

そして、膨大な量のIoT収集データをコンテキストに入れるために、AR技術がますます重要視されています。

PWCの新興技術調査によると

この調査レポートでは重要な8つの技術枠組みを設定しています。

業界の重要な8つのフレームワークを理解するための枠組みの1つは、入力、処理、または出力のように分類することで、広義には、物と無人機のインターネットは入力に関するものです。人工知能とブロックチェーンは処理ツールです。バーチャルリアリティ、3D印刷、ロボティクスが出力を生成します(ただし、ロボット工学は3つの領域すべてを組み合わせることができます

調査回答者には、投資から得られる価値をはじめとするこれらの重要な技術に関する計画を立てました。また、業界別、企業規模別、その他の変数別に投資を検討しました。広義には、自社または他の業界を混乱させることに関心を持つ企業、および収益の成長を望む企業は、新興テクノロジーにもっと集中しています。産業界は自らのニーズに対応する分野で支出しています。メーカーはロボットにもっと興味を持ち、金融サービスはブロックチェーンに注目しています。

IOTへの技術投資は全体の70%以上を占め、3D技術やAR技術も10%以上を占めています。

このレポートにおいて、企業間で明らかな1つの一致した発見は、企業内で潜在的な技術開発を行う人材が不足していることです。

AR投資家はどのような価値を期待していますか?

AR業界は今後さらに発展していく見込みであり、それに伴い現時点での早期投資による収益は成長の形を取ると予想されています。

AR技術がもたらす業界の未来

Cappasity社はすでに同分野で実績のあるプロダクト開発を行なっている会社であり、さらなる業界での発展のため暗号通貨トークンを発行して既存のプラットフォームを拡張するためにICOを行っています。

業界ではブロックチェーン技術を統合する数少ないプロジェクトです。Cappasity社がこの業界にどんな未来を描いているのか具体例とともにご紹介します。

エンターテイメント業界の未来

VRは、エンターテイメント業界の未来を形作ることが期待されており、没入型劇場、3D映画、VRテーマパーク、エスケープルームでは、誰もが楽しめるエンターテイメントを提供します。

特にVRエスケープルームは、人気のエンターテイメントの特定の形式で、プレイヤーはVRヘッドセットを装着することで魅力的な新しい世界に飛び込むことができます。プレイヤーは、飛行、探検、コミュニケーション、そして冒険の道を進むことができます。

また、VRクエストでは、仮想世界への前例のない没入感を提供するユニークな新しい体験を体感できます。

しかし、いまだ多くの課題が残されており、特に重要視されているのが

”高品質かつ魅力的なコンテンツの欠如”

です。

高品質のVRコンテンツが欠如しているという別の問題は、業界全体で重視されており、CappasityプラットフォームではツールはAR / VRと3Dコンテンツの制作と交換を容易にするため、Cappasityエコシステムはソリューションを提供します。

つまり、コンテンツ制作者にインセンティブを与えることでより高い品質のコンテンツを生み出します。

航空業界の未来

AR技術は、宇宙旅行を含むすべての産業にも新しい変化をもたらしています。それは、訓練、制御、エンジニアリングへと進んできています。

航空業界の具体例

たとえば、ISSは今日、宇宙飛行士にVRベースのトレーニングシステムを提供しています。モバイル仮想エンジニアリングセンターでは、開発中にまだ建設中であり、デジタル次元で作業しているインテリアのさまざまな要素を修正し、調整する宇宙船やモジュールに「入る」ことができます。

2015年にSpaceVRは、スマートフォンとVRヘッドセットの助けを借りて、あらゆる人が宇宙空間に移動できるようにするプロジェクトを開始しました。同社は12度のGoProカメラをISSに送り、360度のビデオを地球に送信しました。チームは月と小惑星にカメラを送って衛星と火星からの送信を手配する予定です。

NASAは、宇宙飛行士が宇宙に入ると経験する状況に、宇宙飛行士がよりよく慣れ親しむように、バーチャルリアリティを広く採用しています。NASAのバーチャルリアリティ研究室では、宇宙船での宇宙飛行士のトレーニングを行っています。過去に、宇宙戦争の問題は、あなたが以前に経験したことがない限り、何を期待するか分からなかったことでした。1980年代半ば、NASAの研究者たちは、事故を減らすために、ここで地球上での宇宙探査を体験する方法を研究し始めたのです。現在、ISSに配備されているほとんどすべての宇宙飛行士は、衛星外に出るときに何を期待するかを知っています。VRラボラトリーは、ISSの3Dモデルを提供します。ヘッドセット、触覚フィードバックグローブ、モーショントラッカーの組み合わせを使用して、宇宙飛行士に宇宙空間にいるという仮想体験を提供します。ステーションの各セグメントは完全にモデル化されています:すべてのケーブルとコンポーネントが付属しています。だから、宇宙飛行士が装備を着用すると、彼らは仮想宇宙飛行に行き、物体をつかんで宇宙ステーションを詳細に探検することができます。

これにより、彼らはISSの外部構造に慣れることができるので、実際の宇宙探査中により容易に方向を変えることができます。

このように航空業界ではすでにバーチャルリアリティ(VR)技術を利用している経験があり、最近のプロジェクトでは、NASAは、Unreal Engine 4、コンシューマーグレードVR、物理モックアップとモデル、ウェアラブルテクノロジー、ルームスケールトラッキングと組み合わせたNVIDIA GPUテクノロジーを使用して、いわゆる「ハイブリッドリアリティシステム」を作り出しています。

このNVIDIAの高性能GPUにより、NASAは文字通り、ハイブリッド現実体験を創造して没入型で現実的なトレーニングを従来のフィールドテストよりも低コストで実現します。NASAは、Hybrid Realityが達成できるものを紹介する一連の技術デモも作成しています。

CappasityはNVIDIAと協力し3Dビューと3Dホログラム作成のための技術的ソリューションを最適化する

一方でCappasityは、NVIDIAのCUDA ToolkitとNVIDIAの最新シリーズのグラフィックカードのユニークな機能に依存するEasy 3D Scan(R)ソフトウェアの特別バージョンの開発に着手しました。

「AR / VR市場は急速に発展しており、コンテンツ制作のための新しい技術的解決策を求めているため、Cappasityはこの障害を克服する独自のアプローチを打ち出しています。さらに、サーバサイドの計算にNVIDIAのGPUを使用する可能性も検討しています」

と、Cappasityの創設者兼CEOであるKosta Popov氏は述べています。

小売業とファッション業界の未来

デジタルブリッジの調査によれば消費者の69%は小売業者が今後6ヶ月以内にARアプリを発売することを期待しています。

今後数年間にどのテクノロジーがファッションと小売業界を進化させるのかを見てみましょう。

AR技術の役割は、現実世界を変革し、拡大するためだけであり、それが特に小売業やファッション業界で使用される理由です。

Googleの分析によると、34%のユーザーが買い物中にARを使用し、61%がARを提供する店舗で買い物をすることが好ましいと回答しています。ARは、物理的およびデジタル的なリテールを再接続するように設定されています。

既に、導入している企業も多く、.IKEAとAnthropologieは、Appleの最初のパートナーの一員であり、ARkitを使ってアプリに機能を追加することで、自分の部屋にあるかのような家具のイメージを見ることができます。

Googleは、以前のTango ARプラットフォームを通じてPottery BarnとGapのようなものとすでに協力しており、ファッション小売業のUniqloは、顧客が衣服のバーチャル版を試すことができるAR対応の交換室を導入しました。顧客はタッチスクリーンを数回押すだけで色々な数の衣装を試すことができ、マジックミラーでどのように見えるかを見ることができます。

一方で、ARの使用は物理的な店舗に限定されておらず、中国のオンライン食料雑貨店Yihaodianは、駐車場から観光スポットへの様々な場所でバーチャルスーパーマーケットを開くためにARを使用しています。Gapでは、消費者が衣服をデジタルで試着できるARドレッシングルームも開設されています。

一般的に、ARはVRよりも採用の障壁が低く、コストがかかり、消費者にとって習熟度が急上昇するという特徴があります。最近では、ファッションブランドや小売業者がこの傾向に加わっているため、ほとんどの場合、洋服を着用するためのARアプリケーションが比較的急速に普及しています。

Cappasityは、AR / VR業界が伝統的な小売業やファッションの経験をどうやって解決するかに興奮しており、小売業におけるAR / VR / 3Dコンテンツの重要な問題、すなわち何千もの3D画像の急速な生産を解決します。

音楽業界の未来

音楽業界では2016年にストリーミング技術が音楽の救世主として位置づけられましたが、業界が本当に進展するには、リスナーがデジタル技術を通じて魅力的で感情的な体験を提供されなければなりません。そこで、AR技術の出番です。

ハリスの研究では、新世紀世代では人々は思い出やオブジェクト上の経験にお金を費やすようになると言われています。ユーザーの体感的技術の向上が今後も求められていきます。

ARは、ミュージシャンがビデオを観客に届け、リスナーをビデオの一部に入る権限を与えることができます。あなたのスマートフォンや特別な眼鏡で見たときにアーティストがあなたの前で直接歌を演奏しているように見える世界を想像してみてください。

VRに関しては、音楽は現在VRの中で最も人気のあるコンテンツタイプであり、技術的にも優れています。Taylor SwiftやBjörkのようなポップスターたちは、360度のミュージックビデオ、Tupacのホログラフィックバージョン、そして架空の日本のアイドル初音ミクなどがコンサートに出演しています。

有名なGoogleの企業は、音楽業界へのAR / VR導入に関しては例外ではなく、Google Cardboard用のBohemian Rhapsody Experience VRアプリを開発しました。これは、今後のミュージックビデオの作り方の鮮明な例ですこのBohemian Rhapsody Experience では、さまざまなエフェクト、明るいイメージ、さまざまな音楽スタイル(オペラからロックまで)により音楽ユーザーを誘致できます。これは単純な360度のビデオではありませんが、インタラクティブな要素を持つ3Dオーディオシステムで3Dリアルタイム体験を視覚化しています。

VRムービーやビデオを制作する会社内では、ユニバーサルミュージックグループに加わり、AR / VRをミュージックビデオ制作の初期段階に統合します。これにより、アーティストは傑出した印象的なビデオを制作することができます。

Cappasity社ははすでにUnder The LightのためのVRビデオの制作とOneRepublic for Kidsの The Chemical Brothersと提携しています。特に、このパートナーシップは、「録音スタジオからリリースパーティー、コンサートステージまで、そして新しい音楽トラックの制作、制作、マーケティング、プロモーション全体でこの技術を統合することを目指しています。

ビジネス業界の未来 

ARの開発は、特定の問題を解決したり、全体的な効率を向上させるために、さまざまなアプリのビジネスへの導入を促進しています。

AR技術のビジネス業界への革新については以下のような例が挙げられています。

ARはビジネスパフォーマンスを向上させる

ARアプリケーション

純粋に技術的な観点から見ると、すべてのARプロジェクトは同じ原則に基づいています。デバイスは、視覚探索アルゴリズム、GPSナビゲーションおよび特定の設定によって認識機能を起動します。迅速なデータ分析により、オブジェクトに関する情報の視覚化が可能になり、ユーザーの経験を向上させ、拡張します。今日のように、このようなアプリの最も一般的なバージョンは、ブラウザや専用デバイスで動作します。スマートフォンの中で最も適応性が高く進化しています。AndroidとiOSのARは非常に人気があり、膨大な視聴者にアクセスできます。

ビジネスユースケース

特定のARアプリケーションの開発は、ほぼすべての業界にとって潜在的な利益をもたらします。AR技術を勇気付けた先駆者は、エンジニアリング企業  でした。仮想モデルの助けを借りて新製品を設計し、多くのエラーを避け、時間を節約しました。例えば、ボーイング社の調査によると、AR はワイヤーハーネス組立の生産性を25%向上させました。その後、ARは他の分野での使用に適応しました。主な例を見てみましょう。

マーケティングと販売

企業向けに特別に設計されたARアプリケーションは、ブランドの認知度を向上させます。これらは効率的な販売ツールです。実際の製品に仮想情報レイヤーを重ね合わせることで、展示会や公開イベントでプレゼンテーションを行うことができます。これは顧客を引き付け、製品についてもっと知るために刺激します。AndroidやiOS用のARアプリケーションは、顧客の忠誠心を高める:彼らはデバイスにアプリケーションをインストールし、経験や意見を共有し、友人などを招待する。ARの導入が成功すると、販売数量が大幅に増加する。

識別

まだ市場に出回っていない企業は、ARアプリケーションの開発からかなりの利益を得ることができます。スタートアップが自分自身の名前をつけて、仮想空間内のターゲットオーディエンスに商品を紹介することは、往来より簡単です。たとえば、新しいカフェでは、ユーザーが街の地図で見つけられるようにするアプリを開発できます。

車の修理とメンテナンス

修理を容易にするように設計されたARアプリです。ユーザーがスマートフォンを車の前に置くと、アプリは何が間違っているのかを識別し、段階的な修復手順を提案します。サービス品質が向上し、処理速度と信頼性も向上します。

人材育成

ARは複雑な資料の提示と保持を容易にします。トレーニング中に、アプリは図面の要素や特定の文書の一部をリアルタイムで読み取ることで役立ちます。

Cappastity Blog:https://blog.artoken.io/ar-improves-business-performance-ef389a8b0f0a

上記の例に示されているように、ARは、現実の環境で関連するデジタルデータを表示する新しいマシンインタフェースを使用することによって、作業者の効率を向上させる可能性があります。産業企業は効率を高め、再作業を減らし、労働者の安全を向上させるために、ARを事業に導入することによって、今日のビジネス価値を達成することができます。

ゲーム業界の未来

VR技術を利用したゲーム内ではあなたは実際にビデオゲームの中にいるように感じます。マルチプレイヤーモードでは、ソーシャルな側面があり、セッション中に、プレイヤーはフルモーションアバターとしてお互いを見ることができます。戦略的なコミュニケーション、ヘルプの呼び出し、チームメートへの警告、またはちょっとした冗談に使うことができます。

ビジネスモデルにおいてはかなりシンプルで、必要なのは、プレーヤーの動きを追跡する数十台のカメラと部屋です。

オーストラリアは2015年以来VRゲームの最前線に立っており、現在業界で最も有名なZero Latencyはアメリカ、東京、スペイン、メルボルンなどに5つのアリーナを持っており、同社は2017年末までに世界で20のアリーナを予定しています。英国のエコーアリーナ、ロシアのアンヴィオVR、ドイツのバーチャルリアリティアリーナ、米国のVRcadeなど、他の企業も続いて行っています。

現在、VRビデオゲーム市場はAR / VR業界で最も有望であり、2020年には229億ドルに達すると予測されています。

バーチャルリアリティ技術は、ゲーマーの物理的存在を3D環境の一部としてシミュレートした仮想環境に、ゲーマーが潜入することを可能にします。VR機器や付属品を使用すると、ユーザはゲーム内のオブジェクトを見たり、移動したり、オブジェクトと対話することさえできます。いくつかの新興企業は、ビデオゲームでVR技術を使用するプロトタイプを開発しています。これは、今後数年間で好調な成長が見込まれています。

VRハードウェアとソフトウェアの進歩により、VRゲーム技術は強力で望ましいものになってており、VRゲーミングの持続可能性を確信しているゲーム企業は、その開発を真剣に受け始めています。ゴールドマンサックス報告書によるとゲーム業界は2025年までにAR / VR市場の3分の1を獲得します。世界にはXbox、PlayStation、Nintendo Wiiなど約2億3000万台のコンソールがあり、PCゲームをプレイするユーザーは1億5000万人です。専門家は、VRツールは、ゲームコンソールの所有者の30%を占める週15時間以上を過ごしているゲーマーに最も要求されると考えています。大まかに考えても、ビデオゲームは最も急速に発展している産業の1つと考えられ、高品質の多用途3Dモデルの需要は日々高まっています

Cappasityに関しても同じようにゲーミング市場へAR/VR技術を応用しよう試みています。エコシステムがその典型です。

Cappasityエコシステムは、ゲーム開発者とコンテンツ制作者の相互利益のための包括的なソリューションを提供します。プレイヤーを深く関与させるためには、開発者は優れた3Dコンテンツを必要とし、エコシステムマーケットプレイスはそのようなコンテンツの豊富な選択肢を提供します。実際にモデルを購入する前に、ゲーム開発者はリンクを介してサンドボックスエリアでそのモデルをテストして、必要なものだけを確認することができます。テスト期間中に、購入したモデルを関連するフォーマットでダウンロードし、開発フレームワークで使用することもできます。スマートコントラクトプロトコルは、3Dコンテンツメーカに収益を割り当て、その資金をそれらに転送する。開発者は、3Dモデルを使用してファイルを取得し、ゲームに使用することができます。

AR / VR開発者およびアクティブなコミュニティ貢献者は、専用のAR資金によってサポートされます。Cappasityは、AR / VRコミュニティとART / VRエコシステム開発にARTokenの販売に参加することで貢献する秘密のコミュニティを招待します。コミュニティの貢献は、AR / VRエコシステムの開発とCappasityのイノベーションパイプラインの加速に役立ちます。これに対応して、AR / VR / 3Dイノベーターと積極的な生態系寄稿者を支援するための寄付資金の形で、公平な寄付分を確保する予定です。AR / VR / 3Dコミュニティを支持するために、AR / VRイノベーション基金報酬基金の 2つの基金企業が設立されています。首尾よくトークンを売却すると、調達された資金の20%が前者に割り当てられ、10%が後者に割り当てられます。

このCappasityのプロセスは、ゲームのリリースを複数倍にすることができ、さらに、3Dコンテンツを公正かつ安全に取引する方法を提供します。

製造業界の未来

AR / VRツールとデバイスは、既存のデジタルエンジニアリング技術(生産プロセスの自動化、自動設計エンジニアリング)を改善するように設計されています。エンジニアは大量生産の前にバーチャルリアリティで新製品をテストし、コストを削減できます。この業界の収益は2020年に1.5億ドルに達すると予測されています。

AR / VRは、さまざまなパラメータと複雑さのプロジェクトのエンジニアリング作業を容易にします。必要に応じて、ユーザーはメカニズムの最小部分を調査したり、テスト手順を起動したりすることができます。複数の専門家が1つのプロジェクトで同時に作業し、デザイナー、エンジニア、メーカー、クライアント、顧客は、まるで文字通り彼らの前にいるかのように製品を体験することができます。

たとえば、フォード社は2000年に同様の技術を導入し始めており、ケルンのフォードデザインセンターには特別なスタジオがあり、設計エンジニアは材料のプロトタイプなしで新しいモデルをテストできます。これにより、作業が容易になり、作業が複数倍になるということです。

使用事例

大手家電メーカーはCappasity Easy 3D Scanを使用して、さまざまな形式のバーナー、色とサイズ、オーブン、グリルなどの炊飯器の異なる部分の3D画像を作成します。その後、カタログを作成し、顧客に新しいサービスを紹介します。彼らは好みの部品を選んで、夢の炊飯器の3Dイメージを「構築」することができます。たとえば、正方形バーナー付きでオーブンなしの赤色です。顧客が発注し、製造元の設計エンジニアが最初に仮想空間でモデルを組み立て、組立ラインでのみ組み立てます。これにより、メーカーは顧客に近づき、変化する市場のニーズに迅速に対応することができます。

CappasityのEasy 3D Scanを通して製造業界でも容易に3Dイメージ化された製品を作成することが可能になります。

日常生活にも影響する

拡張現実感は、バーチャルリアリティ(VR)を支えていると一般的に信じられており、その意見は、アナリスト投資家エンジニア未来の人々によって共有されています。ARによって提供される広範な機会の大半は5〜10年で開発(または一般公開)されるとされています。

前述したように、ARは多くの業界で利用される予定です。医師は、患者の体に直接重ね合わされたX線を見ることができ、実際に内部の器官を検査し​​、手術時間を短縮し、診断の信頼性を高めることができる。消防士は、階段、床、ガスパイプの正確な地図を取得します。メカニックは修理とメンテナンスのためにバーチャルスーパーモデルを使用します。

しかし、このようなビジネス効率の向上に限定されず、毎日の日常生活の作業をより簡単で便利にすることもできます。新しい家具を組み立てたり、ホームシアターの使い方を説明するためであったり、音楽ストアでは自分のプレイリスト内の音楽の選択に基づいて推奨アルバムのリストが表示されます。

究極の目標は、誰もが自分のニーズに合わせて自分のパーソナライズされた現実を創造できるようにすることで、CappasityのブログではARの家庭利用の可能性について考察がされていますので紹介します。

日常生活のためのAR

インテリアデザイン:部屋の変化を実際に適用する前に可視化します。壁にはさまざまな色を試して、別の場所に写真を置き、新しいコーヒーテーブルがコーナーに収まるかどうかを確認してください。

住宅コスト管理:IoT機器とエネルギー消費を監視する。効率を向上させ、毎月の経費の明確なイメージを得る。

クリーニングクリーニングが必要なゾーンをビジュアル化し、リマインダーを受信し、実際のオブジェクトに仮想 “ステッカー”を配置します。汚れたカーペットは赤色に、そして真空清掃後は青色に強調表示されます。

子供の保護:部屋をスキャンして、潜在的に危険な物体を特定し、子供たちの家を安全にする方法についての推奨を取得します。

Cappasity Blog:https://blog.artoken.io/ar-for-everyday-life-336fd3b6a101

AR技術では、私たちの生きる場所を変えるために増強された現実が設定されています。それが家に統合されると、私たちの生活をどのように送れるかを把握することができます。

まとめ

 AR技術は航空、自動車、美容、ゲーム、情報などの業界で特にその技術利用による進展が期待されており、一方で日常生活での利用も多くなっていくことは事実です。

しかし、実際に現実世界でAR技術による進展がみられるのは3~5年かかるともいわれており、長期的な技術発展の我慢が必要です。

Cappasityなどの企業が続々とこうした未来へ進んでいっていることは事実としてありますし、今回発売されているARトークンもAR技術に発展とプラットフォームの需要の増加とともに上昇する可能性が高いです。

ホルダーの方は長期的な投資で見ておきましょう。

関連リンク

Cappasity公式サイト

Cappasity ARトークンセールサイト

白書

My profile 

0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here