BrickBlock (ブリックブロック) ICO

BrickBlock と不動産ブロックチェーンプロジェクトの比較まとめ

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

 

こんにちは。今回は不動産ブロックチェーンプラットフォームの比較まとめです。

トークンセール開催中のBrickBlock中心に比較してみたいと思います。

BrickBlockについて

BrickBlock は、ブロックチェーン上の取引プラットフォームであり、不動産やETFなどの現実資産をトークン化して資産管理し、暗号通貨のボラリテリスクを回避する目的があります。

さらに、法定通貨との繋がりも強め、法的な枠組みの中で未来の取引プラットフォームを構築することを目指しています。

詳細はこちらでご覧ください

BrickBlock(ブリックブロック)はブロックチェーン上の未来の取引プラットフォーム

不動産プロジェクトを比較する上で重要となる項目

不動産マーケットはヨーロッパ、アメリカで顕著に拡大していますが、アジア圏ではまだまだ伸び代のある市場です。

PWCによると以下のような未来が予測されています。

2020年にかけて世界の不動産資本需要は急上昇する

Real Estate2020(JP)

このレポートによると、特に機関投資家向けの優良不動産投資は2012年と比べて、2020年には約55%も増加することが予測されてます。

依然として地域別の割合としては、北米とヨーロッパがかなりの割合を占めます。

また、未来の不動産のあり方として2020年以降の時代における5つの予測がされています。

  • 世界の不動産投資は拡大し、特に新興経済圏では機会が大きく拡大する
  • 都市部の成長により、リスクとリターンの機会をより広範囲でもたらす
  • 技術革新と持続可能性が重要な価値の源となる
  • 政府や規制当局との連携がより重要視される
  • 優良資産を巡る競争がより激化する

不動産に参入している機関はこれらの重要要素を意識したプロジェクト開発を行っていくことが求められます。

今回はこのような不動産マーケットを踏まえて、以下のような項目で各プロジェクトを見てみたいと思います。

  • 開発チームの背景
  • プロジェクト内容
  • トークン特性
  • 技術
  • エスクローサービス
  • セキュリティと透明性
  • プロトタイプのや存在
  • ロードマップ
  • 法的な枠組み

不動産プロジェクトの比較

今回中心的に比較したいのはBrickBlockプロジェクトです。

BrickBlockは大きく現実資産のトークン化というテーマですが不動産投資がプラットフォームの初動ではメインとなります。

そこで不動産に関するいくつかのブロックチェーンプロジェクトを競合的存在として比較します。

BlackMoon

ATLANT

REAL

Caviar

他にもたくさんありますが、比較的コンセプトが近く、注目されているプロジェクトです。早速比較していきます。

開発チームの背景

BrickBlock:ブロックチェーン、ビットコイン支払いサービス、セキュリティ、ソフトウェア開発において専門家からなるチーム

  • BlackMoon:BlackmoonFinancial Group、国際的なベンチャー企業から250万ドル調達、ICO30000000$調達済み、ローンプラットフォームの取引実績
  • ATLANT :銀行や投資経験が豊富なチーム、ICO6,663,530$調達済み
  • REAL:不動産関連の戦略的パートナー(Urbania、Pirtblue Hotels、Micasalnn、NouVastor、Norway)、ICO10,604,571$調達済み
  • Caviar:Caviar Capital LPのチーム。5年以上の不動産貸付と20のプロジェクトに資金提供をしてきた実績のあるチーム

BrickBlock のチームは業界最先端のビットコイン支払いプロバイダーを創業したメンバー、Coinbaseのためのソフトウェア開発に携わったメンバー、マッキンゼーでチームを引率したメンバー、Kaspersky Labでのセキュリティ向上を担ったメンバーなどブロックチェーン業界で信頼のおけるキャリアを持つ多様で多彩なメンバーで構成されています。

なお、トークンセールでは4596641ドル、約5億以上を調達経過済みです。

プロジェクト内容

BrickBlock:現実世界の資産(ETF・CMF・CTF・REF)と暗号通貨の取引を可能にする資産のトークン化プロジェクト

BrickBlock のプロジェクト内容としては、現実世界の資産をトークン化することで、リスク分散と効率のいい収益性の確保を目指すものであり、類似としてはBlackmoonと似ています。

  • BlackMoon:暗号世界と法定世界の橋渡しとして、さまざまな現実世界の資産をトークン化する
  • ATLANT :P2Pの分散型の不動産レンタルプラットフォーム
  • REAL:小規模投資家が直面する不確実性を排除するシンプルで透明な不動産投資を提供し、事実上誰でも不動産ベースの投資ポートフォリオを構築して、一貫した収益機会を提供する
  • Caviar:不動産や暗号資産に対するトークン化アプローチにより「非流動性の障壁」を解消するプロジェクト、米国不動産貸付によりリスク分散を提供する
 

ATLANTやREAL、Caviarは不動産投資を中心としており、暗号通貨やトークンを介した不動産収益の機会を提供するものです。

トークンの特性

BrickBlock:プラットフォームへのアクセストークンの生成、資産証明

  • BlackMoon:、BMCトークン手数料分配
  • ATLANT :プラットフォームのアクセス権利、分散型投票権利
  • REAL:財産の経済的権利、物理的な不動産やプラットフォームで投資をトレードできる
  • Caviar:プラットフォームのアクセス権利、収益分配

BrickBlock は、3つのトークンが存在します。

  1. ACT:プラットフォームにアクセスするためのアクセストークン
  2. BBT:アクスストークンを生成するためのブリックブロックトークン
  3. POA:現実世界の資産証明として有価証券の形で受け取るPOAトークン

技術

BrickBlock:完全自動の資産証明スマートコントラクト、tangle ネットワークとの統合(スケーラビリティの拡張)、複数のブロックチェーン、ShapeshiftBotなどのAPI

BlackMoon: イーサリアムスマートコントラクト
ATLANT :イーサリアムスマートコントラクト
REAL:イーサリアムスマートコントラクト
Caviar:イーサリアムスマートコントラクト

BrickBlock の特徴としては、IOTAのTabglenetworkの無限のスケーラビリティに着目しており、実世界との取引において応用できないかと考えています。

Brickblockとnakamo.toは、IOTAのTangle Networkの可能性を現実世界の資産取引と融合させるためのパートナーシップを発表する

とくにこのネットワークを専門的に研究しているNakami.toチームとパートナーシップを結んでいます。

対応通貨

BrickBlock:BTC,ETH,DASH,LTC,GNT(暗号化基金)、BBT,ACT(プラットフォーム)

BlackMoon:ETH,BTC
ATLANT :BTC,ETH
REAL: REAL ETH
Caviar:ETH、BTC

法定通貨のサポート

BrickBlock:POAトークンとして法的にリンク

  • BlackMoon:あり
  • ATLANT :なし
  • REAL:ETH/Fiat(銀行または証券口座を開設済み)
  • Caviar:あり

プロトタイプの存在

BrickBlock:プラットフォームα版

BlackMoon:BlackmoonCrypto Lendingプラットフォーム、ウェブAPP
ATLANT :分散型取引所デモ、プラットフォームデモ
REAL:TBA
Caviar:Caviar Capital LPの5年以上の貸付サービスに基づく

BrickBlock はプラットファームのアルファ版でトークン化のデモを行うことができます。

また、簡単なETFやREFの資産予測も公式サイトで可能です。あくまで予測程度です。

エスクローサービス

BrickBlock:あり(スマートコントラクトが有効の場合のみ)、専用のデジタルウォレットAPI

  • BlackMoon:なし
  • ATLANT :ウォレット
  • Real:なし
  • Caviar:マルチシグウォレット

セキュリティと透明性

BrickBlock:デジタルトラストファンドによる管理、分離保管口座UNTS、専門家による適性評価とスコアリングシステム

  • BlackMoon:法律顧問による監査、レポート調査
  • ATLANT :SAFTlaunchによる専門的なKYC/AML監査システム、デューデリジェンス
  • REAL:スマートコントラクト監査
  • Caviar:スマートコントラクト監査、独自のインテリジェンス分析(CAView)、評価専門家による財産検査、デューデリジェンス、マルチシグウォレット、KPMGの会計監査

BrickBlock では、本人以外証券口座を要求できないようになっており、ファンドは分離されています。資金は安全に保護されます。

さらに専門家による評価やランクづけも行われるため比較的透明的になります。

法的な枠組み

BrickBlock: 第三者監査人の配置、ファンドマネージャーとの法的契約

BlackMoon:法律顧問による監査
ATLANT :各国での法的枠組み作成
REAL:TBA
Caviar:国際的なKYC/AMLに完全準拠、トークンは一般的にはミューチュアル・ファンドには該当しないため、CIMAのミューチュアル・ファンド法への準拠は必要なし

不動産業界でも法的な枠組みはひじょうにじゅうようであり、BrickBlock では、投資家、トレーダー、マネージャーに規制当局と連携した法的な枠組みを提供しています。

特にcaviar は法的なコンプライアンスが白書でもボリュームが多く、強調されており、資産のトークン化において法的な面が重要であることを認識しています。

その他の法的なリスクや枠組みに関しては、詳しくは白書をご覧ください。

ロードマップ進捗

BrickBlock: トークンセール開催中、プラットフォームのα版リリース、12月にトークン化されたマンションの販売

BlackMoon:ICO終了、ウェブアプリリリース
ATLANT :ICO終了、2018年3月プラットフォーム開始予定
REAL:TBA
Caviar:トークンセール開始前

現実世界との橋渡し

BrickBlock:あり(ロードマップ上)
BlackmoonCrypto:あり

BrickBlock は最終的には法的に現実世界と接続したトークン化エコノミーを構築する予定です。

そのためにも今後、法的な枠組みも世界展開して強化していく予定です。

まとめ

どのプロジェクトも法的な枠組みが強化されており、主要なプロジェクトでは大差ないかなと思います。

あとはアドバンテージとしてIOTAのネットワークを利用するBrickBlock が技術的な面ではあると思いますし、プラットフォームリリースも早いです。

BlackmoonCrypto に関しては、強力なチームの背景と実績が、アドバンテージとしてあると思います。

トークンセール参加はこちらからできます。

参加方法はこちらの記事を参考にしてください。

BrickBlock のICOのトークンセールがまもなく開始

関連リンク

ICO参加ページ

白書

twitter:https://twitter.com/brickblock_io

facebook:https://www.facebook.com/brickblock.io/

telegram:https://t.me/joinchat/AAAAAERj-_1p8AktrkESlQ

記事についてもまとめましたので、参考にしてください。

概要について

競合性について

Bountyについて

プラットフォームの流れ

最新情報

パートナーシップについて

  • この記事を書いた人

BAB

暗号通貨にどっぷりはまり、日々勉強中。専らトレードで日々収益を得ています。 当サイトではビットコインからアルトコインなどの暗号通貨の他、最新投資案件やビジネス情報をマイペースに配信中。 一般公開できないICO,アルトコイン、案件情報は公式Line@でのみ配信します。

おすすめ記事はこちら

1

目次1 はじめに2 全体概要-Sparksterとは?3 プラットフォームの大きな特徴3.1 クラウド界に混乱を起こす3.2  IoTと分散型クラウド3.3 大幅なコスト削減3.4 シンプルで直感的な ...

2

目次1 Quarkchainプロジェクトの背景と概要1.1 背景1.2 ビジョン2 プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引2.1 二層ブロックチェー ...

3

目次1 QuardrantProtocolの全体概要2 ビジョンー何を解決したいのか2.1 Quardrantの解決策3 アーキテクチャと技術3.1 PoA アルゴリズム4 技術ロードマップ4.1 現 ...

-BrickBlock (ブリックブロック), ICO

error: Content is protected !!

Copyright© BAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.