BitRewardsが投資対象になるいくつかの理由

0
664 views

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

 

今回は現在トークンセール開催中であるBitRewardsが投資対象になるであろういくつかの理由についてまとめました。

BitRewardsについて

小売業界のブロックチェーンソリューションであり、AIによる新たな報酬とロイヤリティプラットフォームであるBITrewardsは、トークン販売を開催中です。

詳細はBitrewardsカテゴリー記事をご覧ください

BitRewardsが投資対象になるいくつかの理由

今回はオープンソースの情報や個人的な観点から投資対象になるいくつかの要因を見て見たいと思います。

 

①プロジェクトや視点が簡潔で明確である

プロジェクトの塩店は小売業者と顧客の相互リワードにあります。BITトークンが主軸通貨として機能しますので、顧客は商品を購入し、業者はBITで報酬を与えることでトークン経済が循環します。

ユーザーのための:

  • 事業者の成功に依存しない暗号化リワード
  • 消失するというより感謝するリワード
  • 他の流動資産に簡単に償還または交換できます
  • 高度にパーソナライズされた、カスタマイズされたレコメンデーション、リワード& 割引(BitRecommendationsを参照)

事業者向け:

  • 手数料が無料のプレミアムソフトウェア。ユーザーと販売のロイヤリティが向上します
  • 卓越したロイヤルティプログラムとストア固有のトークン生成プラットフォームのトークン化
  • 独自のロイヤリティプログラムを BitRewardsトークンまたはその他のロイヤルティおよび報酬プログラムに無関係に接続するための APIの使用
  • IPFS上のDAOによって管理されるブロックチェーン上で 動作する無料のBitRecommendations API

ビジネス開発とセキュリティのための:

  • BitRewardsネットワーク開発の効率を保証するDAO
  • 事業者が自身の生データからの利益と事業者自身を保証する事業者データ管理
  • BitRewardsネットワークの 採用を奨励する、成功したソリューションと事業者や顧客を作り出す開発者のリワード

注目すべき点は、このプロジェクトはすでに技術的な準備が整っており、上記のエコシステムのサービスに加えてモジュール、プラグイン、ロイヤリティ管理のインフラストラクチャ、ウォレットを提供します。

B2B2Cプラットフォームであり、トークン経済とブロックチェーンの採用は、このプロジェクトには完全に一致しており、理にかなっていると考えることができます。

②堅牢なビジネスモデルが存在する

第二に、プロジェクトの背景には2012年に創立されたGIFTDに基づいています。数字で見てみましょう。

1 000 000+
オンラインストアは私たちのパートナーとしてBitRewardsに接続できます 
500+
 GIFTD またBitRewardsプラットフォーム利用する事業者数
100+
オンラインストアは独立的に 接続する BitRewardsに払わなければなりません。

17%

  平均的な事業者の収益の毎月の増加

24

   常勤の従業員

 

③専門的なチーム構成

ビジネスモデルの項で先に述べた通り、チームは報酬とロイヤリティソフトウェア市場で5年間働いており、500以上の顧客基盤を持つ実績があります。

何よりチームメンバーは豪華なメンバーばかりです。それぞれ業界で豊富な経験を持つメンバーで構成されています。

アレックス エゴロフーCEO

モスクワ国家準備銀行バイスプレジデントなど銀行、財務、債券発行15年間従事する。その後連続起業家、投資家として6年間、複雑なプロセスを組織しアイデアを共有して有用で美しいIT製品に実装するシャープで聡明な人々のチームを管理する優れた才能を有しています。

アレクサンダー ネビディモフーCTO

ACM-ICPC / のオリンピックプログラミング(5年)IOI選手権の優勝者。最大のビットコインマイニングプールの一つのリード開発者。GIFTD CTOを4年間務める。 バックエンド開発(3年フルスタック)で12年以上の経験を持ち、多様な開発チームを6年以上リードしてきました。

 

Co-founder,CMOのSally氏は技術革新、デジタル交換、緊急技術、特にブロックチェーン、人工知能、機械学習、ロボット工学などの分野で賞を受賞しており、Forbes Technology Councilの一員でもあります。

また、採用技術であるAIやビッグデータの専門チームも存在します。

アドバイザーには以下が含まれます。

グローバルスケーリング顧問;アイルランドブロックチェーン協会(Blockchain Association of Ireland)、GDPR認識連合(GDPR Awareness CoalitionNSAIナショナルミラー委員会(National Mirror Committee)ISO TC 307に所属しています

技術顧問;Treascovery、Chidopi、TimeBox、Giza、Micro BTC、EZPOS、Suchappの共同設立者、そしてアドバイザーです。 

ICO顧問;ICOBoxのマーケティングマネージャ。 ICOマーケティングエキスパート、グローバル企業で5年間、デジタルマーケティングで3年以上の経験 総額120万ドル以上の11のICOに参加しました(Cybertrust、Genie、Ponder、GMT、Shping、Darenta、Bubbletone、Silica Nexus)

財務顧問;25年以上の 国際金融および決済システムの 経験を持つ 著名な国際的な銀行家。英国、米国、EUの 多数の金融機器のレベルCエクゼティブで、ヨーロッパで最もダイナミックに発展している銀行の1つ、Expobank、CZ(プラハ)の設立に参加した

ビジネス顧問;20年にわたるエンタープライズITおよびビジネス開発を、ナイスシステム、IBM、EMC、HPなどについて造詣の深いリーダーとともに最前線で活用してきました。

法務顧問;ロシアの最も革新的な中心地であるスコルコボ財団の Cryptocurrencies&Blockchain(RAKIB)ロシア連盟の諮問委員会のメンバー

トークン経済と戦略顧問;連続起業家とブロックチェーンの専門家で、現在ICOBoxの リードビジネス開発マネージャーの役職を務めています。 彼は Seopult、Uptopromo、SatangDee、ICOyardなどの企業の共同創業者と共同制作者です。 成功した10以上のICO(Pluscoin、Crypterium、Medichain、Nvb.digital、Nwpsolution、ICOS、Mulaahなど)のトークン化と戦略的管理に携わりました。

各顧問では専門的な人材が光っています。

このようにBitRewardsは、暗号通貨、ブロックチェーン、デジタル通貨の専門家、そして熟練したビジネス開発者のチームによって率いられています。

このプロジェクトは、業界では近い将来に期待されているブロックチェーンプロジェクトの1つであり、チーム力は開発を遂行できるチームで構成されていると考えることができます。

④強力なパートナーシップ

Bitrewardsには強力なパートナーシップが存在します。

最も印象的な提携として、以下3社です。

TUI Group

以前は英国のトムソン休暇およびドイツのTUI AGとして知られていた親会社(TUIグループ)は、数十か国に分かれている多国籍旅行コングロマリットです。 同社は6つの航空会社、300のホテルとリゾート、クルーズ、67,000人以上の従業員、185億ユーロの収入を管理しています。

TUI Groupは、 GIFTDの顧客としてBitRewardsのパイロット、 ブロックチェーンをベースとしたロイヤルティおよび報酬制度を導入し、数多くの割引と休暇のボーナスを家族や友人に与えることを可能にしたクリック数 チームは、TUI Groupと緊密に協力して、顧客が愛する報酬とロイヤルティ・スキームを提供したいと考えています。

EventBrite

Eventbriteは、毎年300万件を超えるミーティングやイベントを開催するグローバルイベントテクノロジープラットフォームです 。 サンフランシスコに本社を置き、オーストラリア、ブラジル、ドイツ、アイルランド、オランダなど12カ国にオフィスを構えています。

BitRewardsはEventbriteチケットの購入者にロイヤリティポイントを発行する準備ができており、2社間で深いAPI統合が行われます。 イベント市場は巨大です:300億ドルの産業です。 これは、最先端のロイヤルティソフトウェアでそれを揺るがす絶好の機会です。

Gopro

GoProは、BitRewardsチームが発表したことを誇りにしているもう1つの有名なグローバルブランドです。 GIFTDの顧客として、世界中の何百万ものカメラ、ドローン、アクセサリーを販売しているGoProは、暗号補償オプションをロイヤリティ制度に組み込むことを望んでいます。

GIFTDの動機づけの報酬とマーケティングプラットフォームは、しばらくの間GoProの結果を生み出しています。 GoProで作業する場合、BitRewardsはIA推奨システムをテストして、消費者とブランドがシステムによって生成された推奨事項から利益を得ることを保証します。 テストとコメントの結果は、このサービスがどのように拡張され、改善されるかを形作るでしょう。

 

ブロックチェーン企業でも印象的な提携があります。

ADHIVE

AI駆動のインフルエンサーマーケティングプラットフォームと提携しました。

さらに、AdHiveは、データを活用する中小企業向けのBitRecommendations AIドリブンシステムのBitRewardsとAIの実装について相談し、分散型元帳技術とAI(人工知能)によってバックアップする予定です。

両社は、電子商取引ブランドが、同盟を通じてインフルエンサーマーケティング、新規顧客および市場シェアの獲得を享受する立場にあると主張している。

以上のようにすでにあるビジネスモデルに加えてブロックチェーン稼働のBitRewardsプラットフォームを受け入れたい企業が続々と出始めています。これはトークンの将来価格に大きく影響し得ます。

⑤制限的なトークン配布構造と供給量

 20億トークンを発行する可能性があり、同社はそれより少ない枚数を発行します(ETH価格に応じた 現在の見積もりは 約10億BITのトークンです)

ICOの全ステージで販売されたBITトークンの総量が総トークンの64%を占めることになります。

ICOが終了すると、残りの36%が発行され、トークン購入者、アドバイザー、チーム、BitRewards 財団にすべてのトークンが配布されます。

さらに、売れ残ったトークンはバーンされるため、その場合希少価値は上がります。

トークン価格は上がるのか?

BITトークンは、単なる取引所での用途だけでなく、小売業者のためのプラットフォーム上のユーテリティートークンです。

プラットフォームがリリースされると、実需を伴うことになります。

トークン価格に関してですが、こればかりは、その時の相場状況や取引先、さまざまな要因に依存しますが、現時点での情報によると以下の要因が考えられます。

  • トークンの発行枚数に対して単価は安くなっている

BITトークンのトータル供給量は不変です。また、BITを「マイニング」することはできません。 総供給は、最大20億トークンまたはそれ以下で固定される為、需要が上がる限りトークン価格も比例して上がります。

発行枚数はIOTAの28億枚に近く、これはXRPの発行枚数のわずか30分の1程度です。

XRPの価格が90〜100円程度、IOTAの価格が200円程度としても、BITの初期価格は約1.5-2円と非常に安いです。伸び代はあります。

  • 実業に基づく、デモ版プラットフォームが稼働済み

このデモは我々の成功して販売されているリワードプラットフォームに基づいています。このプラットフォームは4年間以上開発していたものです。GIFTD

このデモ版では、参加すると無料でトークンがもらえます。ステップは簡単で、メール登録するだけです。

  1. BitRewardsロイヤリティプログラムに 登録する  – 登録時に100ポイントを獲得します。
  2. より多くのポイントを獲得して、あなたのイーサリアムウォレットに引き取ることができます。*
  3. トークンの販売が 終了したら、BITトークンを受け取ることになります。

 

  • 取引先は確定ではないが6-7月に主要取引所に上場予定

現時点では取引所名は未発表ですが、夏頃に主要取引所に上場する予定です。

  • コミュニティは比較的多い(上場戦略にも役立つ)

コミュニティは比較的大きいです。

テレグラムの人数は特に上場に関して効果を発揮することが大きいです。Binanceの上場条件を見て見ましょう。

  • 公式サイトの存在
  • コインの価値:どんな問題を解決するのか?なぜ、価値を持つのか?なぜ今後価値が上がる可能性があるのか?
  • チーム構成:どんなチームで何人いるか
  • 開発部分:開発の戦略は?githubで利用可能なソースコードについて
  • ICO:ICOを経ているか?どんなプラットフォームを使っているかなど
  • ホワイトペーパー提示
  • コミュニティの人数と参加方法
  • 時価総額情報(MarketCap)
  • 流動性:他の取引所で扱っているか、日々の取引高はどれくらいか
  • ポラリティ:コインの価値の推移、チャートどこで見れるか
  • 他の要素:できるだけ多くのコインに関する情報を提供すること
  • ウォレットに関して
  • ブロックチェーンエクスプローラはどこにあるか
  • ウォレットのフォーマットについて。Linixウォレットはあるか
  • 膨大な数のアドレスをどうやって作成するか
  • 膨大な数のアドレスへのデポジット機能をどう試すか
  • トランザクションオフラインにどう署名するのか

さまざまな項目があり、申請を通るのは難しいですが、他社と優位性を得ることができるのは赤文字の項目です。Bitrewardsは比較してクリアしていると判断はできますが、緑文字の項目にあるようにまずは常駐規模の取引所で板を育てて地道に取引量を増やしていくことが重要です。

 

  • 長期的な開発次第でトークン価格が大幅に上昇する可能性がある

プロジェクトの観点からも今後Bitrewardsの革新的なソリューションを利用したいと考える企業からの需要は増えていくばかりです。

市場分析では電子商取引業界は今後成長が予測されています。

さらに前述した通りチームメンバーの経験は豊富でパートナー先も優秀なのでプロジェクトは問題なく進んでいくことでしょう。

 

30%ボーナスでICOが開催中

トークンセールは、5月まで開催中です。

現在は、約2億枚が配布されており、仮に売れ残った場合、残りはバーンされるため、かなり稀少性が高くなる見込みとなってます。

こちらからトークンを購入できます。

日本国内での縁故販売詐欺に要注意

CentralityやPlugにしかり、最近は購入難易度が高い案件に関して一部の販売代理から購入するケースが増えて来ています。

我々一般人でもそのルートを介することで、購入できる機会が増え、貴重なトークンを入手できる方法ではありますが、

基本的に縁故で募集している案件はレートが高くなっていたら、中にはトークン自体が諸事情で配布されないトラブルが多いです。(安いレートで良心的なものもあります)

特にShivomに関しては、ポジトーク満載で通常レートの4倍近くで売りつける者が多数いたようです。(1ETH=2000OMX)

ICOでは、通常レート(1ETH=7000OMX)に加えて+ボーナスで購入できました。

Bitrewardsに関しては、縁故募集はありませんでした。

こちらから参加できます。

テレグラムに参加してください:t.me/BitRewards
最新のニュースや開発については、FacebookやTwitterでフォローしてください。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here