この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

BitRewardsはMARK SPACEと提携したことを発表

BitRewardsは、マークスペースプロジェクトと提携したことを発表しました。

 

MARK.SPACEは、3DおよびVR互換のWeb空間(Webサイト)とオブジェクトを作成するためのオープンソースのプラットフォームであり、ブロックチェーンを使用しています。
MARK.SPACEの最終目標は、あらゆるVR / 3Dプロジェクトを作成して立ち上げる簡単なツールを、大きなコストをかけずにすばやく実行できるようにすることです。プラットフォームで作成されたすべてのプロジェクトは、PC、ラップトップ、タブレット、スマートフォンなどのほとんどの一般的なデバイスから、Webブラウザを使用して、VRヘッドセットを使用する必要なくアクセスできます。同社は、インテリアの詳細や製品ラインのすべてを含む、ブランドの店舗で全ショッピングモールをデジタル化しています。

MARK.SPACEは、限られた数の仮想商業空間であるMARK.SPACEショッピング地区で、音楽、ビデオ、書籍、画像、実物などのデジタルコンテンツを販売することができるため、これらの電子商取引ビジネスを最先端のロイヤルティソフトウェアを導入し、売上を伸ばし、利益を上げることができます。

両社の相乗効果は、Win-Winの状況の良い例です。買い物客は買い物やその他の行為に対してBITトークン、暗号違反を受け取りますが、ショッピング地区にある商人は無料のブロックチェーンロイヤリティプラットフォームを取得します。
この契約により、BitRewardsのお客様は、営業事業を仮想化し、MARK.SPACEショッピング地区でその場所を予約することができます。ほとんどの企業にとって、仮想現実の生態系を確立するユニークな機会になるでしょう。

この協定はまた、プラットフォームのより良い協力と絶え間のない改善のために絶え間なく情報を交換することを可能にする。

私たちのパートナーシップは、市場全体よりも一歩前進しています。一緒に、私たちは電子商取引の未来を形作ります。

 

トークン販売構造の更正

 

BitRewardsは、わずかなマーケティング費用で$ 3Mのソフトキャップを正常に収集しています。

これは、コミュニティがエコシステムやプロジェクトを信じていることを意味し、電子商取引報酬ロイヤルティー市場に革命を起こす大きな可能性を秘めています。

現時点では、チームはコミュニティと大規模な投資資金の両方からBITトークンの需要が増えています。

そこで、この段階では、エコシステム系とコミュニティ全体の利益を保護するためにトークンセールのプロセスをより選択的にする必要があり、ホワイトリスト参加者のみにトークンを販売することに決めています。

CEO Alexander Egorovの公式発表は次のとおりです。

BitRewardsチームがホワイトリストを構築し始めました。一方、私たちはいくつかの大きなパートナーシップを準備しており、強くて大きなコミュニティを構築することを目指しています。ホワイトリストの登録は、3月14日20:00 GMTにオープンしました。
販売の仕組みは以下の通りです。
ホワイトリストの事前販売は、4月9日(GMT)午後6時に開始され、GMTの午後4時12分に終了します。
主な群集は4月12日18:00 GMTから始まり、5月9日18:00 GMTに終了します。

 

BitRewardsホワイトリストトークンの販売に参加したい場合は、ここにサインアップしてください。

Bitrewardsに関しては、公式サイトおよび公式テレグラムにて情報が受け取れます。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here