Bitcomo(ビットコモ)世界初のブロックチェーン上の次世代マーケティングシステム

0
621 views

 

こんにちは。今回ご紹介するのはBitcomoというICO案件です。

分野としてはアフィリエイト、マーケティングシステムです。

Bitcomoとは?

BITCOMOは、スマートコントラクトアルゴリズムを使用した世界初のCPAパートナーネットワークの分散型プラットフォームです。

Bitcomoはブロックチェーン技術による次世代のマーケティングシステムを構築するためのプロジェクトであり、今回11月からプレICO,その後ICOも予定されています。

CPAマーケティングとは?

CAPマーケティングとは、Cost Per Acquistionの略語であり、ウェブ広告の指標として使われています。

CPAとは、1件のコンバージョンを獲得するのにかかった広告コスト(成果単価)のことで、Web広告の指標の中でも最も重要視されています。Web広告で、効果があるとみなすためには、CPAの数値がかけているコストよりも下回っている必要があります。Web広告の目標設定にはこのCPAという指標が必要不可欠です。

引用元: https://dmlab.jp/words/a008.html

現状この伝統的なCPAマーケティングには以下のような問題点が存在します。

往来のCPAマーケティングの問題点とソリューション

効率が悪い

:従来のCPAマーケティングでは、ビジネスプロセスは、広告主 – 銀行運営者 – アフィリエイトプログラム – 支払いシステム – アフィリエイト

信頼性の欠如

:協力の各段階で費用が累積され、時間が増加し、人的ミスのリスクが高まり、伝送中に情報が失われるというリスクが伴う 

しかし、Bitcomoは依然としてCPAマーケティングネットワークが有効であることを知っており、今回ブロックチェーンによるソリューションで世界初のシステムを構築するつもりです。

CPAネットワークは、依然として最適なソリューションです。スマートコントラクトを使用すると、トラフィックがどこから来ているのか、誰が変換を行っているのかなど、アクティビティを監視できます。 各クリックとアクションを追跡できる完全に透過的なシステムでのみ、両当事者はマーケティングの機会の最適化に関心があります。

このような見解を述べています。

Bitcomoのソリューション

マーケティングパフォーマンスの向上

ブロックチェーン上では出版社から広告主への交換のサイクル全体は透過的であるため、すべてのクリックとリード(販売、行動、目標達成など)を追跡し、ノードにオープンで不変なコードを使用してこのプロセスを表示できます。

価格効率:CPAネットワークのブロックチェーンでは、ビジネスプロセスは、時間コスト、マネージャーエラーリスク、および伝送中の情報損失を除く、スマートコントラクトに基づいて構築され、各トランザクションのコミッションを最小限に抑える

→時間効率:伝統的なCPAでは、サイト運営者は猶予期間の支払いを受け取るが、Bitcomoではスマート契約確認時に支払いが行われるため時間が節約できる

  • 広告主:提供されたリードごとに小さな手数料を支払う(5%のみ)。 取引やコンバージョンを失うことはなく、 広告主は不正行為から安全である
  • ウェブマスター:不正な広告主から保護されている。 即時支払いを受け、リードの報酬費用は従来のCPAよりもはるかに高い。 偽造できない統計情報にアクセスする
  • CPAネットワーク:トラフィックの損失や嫌悪者のハッキングから保護されています。 広告主とウェブマスターの両方からの詐欺を除外します。 大勢の管理職を維持する必要はありません。 ウェブマスターへの支払いは自動的に行われます。 安全な分散プラットフォームで動作する

Bitcomoの強み

Bitcomoのメリットとしては開発チーム力にあります。Bitcomoは既に15万の関連会社とウェブマスターを通じて得られた収入を持つ、確立されたアフィリエイトマーケティング企業です。AdCombo.comのConstantin Gorshkov、MediaSniperのGlen Nikitin、AD.ruのOleg Donovan、AdNowのMaksim Mukhorrtovなど、成功したプロジェクトの幹部はアドバイザリーボードに参加しています。

 
Docomo の名前もあります。
 
一日当たりの売り上げは6万$、デジタル市場では12年の経験があります。
 

ロードマップ

ロードマップです。

 
  • 2017年11月:BMトークンのパートナーシップストアへの導入
  • 12月:メインプラットフォーム開発開始、α版テスト開始
  • 2018年1月:ユーザーからの投票機能開始、ICOは1月16日から開始
  • 3月:βテスト終了と正式リリース、トークンの取引所取り扱い開始
  • 4月~7月:各国でスケーリング拡大
  • 9月~2019年Q1:ホワイトラベルソリューション
 
1月にはメインプラットフォームがアルファ版に移行し、ユーザーは機能やシステムに対して投票できます。正式なプラットフォームのリリースは3月です。

BMトークンについて

Bitcomoの構造にはトークン “BM”があり、エコシステムにおいて全ての取引がこのトークンで行えます。

トークンセールの概要

  • ICOの日付: 18.10.2017 – 01.12.2017
  • トークンの配布: ICO中に25%が販売され、65%がエコシステムにインセンティブストックのために配分される
  • シンボル:«BM»(BITCOMO)
  • トークン価格:0,30 $
  • 預託: エスクローはありません。
  • 同意通貨: BTC、ETH、LTC、USD
  • ICO プレセールは10月28日から開始し、12月1日まで実行されます。ICO クラウドセールは1月16日に始まり、2月16日まで実行され、5日毎にトークンの価格が5%増えています。

トークン・資金分配

  • バウンティ&ボーナスプログラム : 8% | $4 080 000 | 13 600 000 BM
  • トークンセール : 72% | $36 720 000 | 122 400 000 BM
  • アドバイザー: 9% | $4 590 000 | 15 300 000 BM
  • チーム: 11% | $5 610 000 | 18 700 000 BM

トークンホルダーのメリット

トークンホルダーのメリットとしては、エコシステム内の内部ストアの利用権利です。
 
 

Bitcoin、Etherium、および他の暗号通貨を所有する人は、同社のプラットフォーム上のトークンストア内でいつでもパートナーシップ取引の1つを通じて、Bitcomoサービスを使用することができます。

具体的には以下のようなメリットが考えられます。 

 

BMトークンの異なる通貨への変換

 
  • システム内のリードとトラフィックは、トークンBMの場合のみ購入できる
  • トークンは、プラットフォームや多くの取引所で簡単に購入して販売することができる
  • ICO後のトークンの販売による資産は、店内のETHとBTCのトークンの購入できる

トークンのシステムの売上高に伴う価格上昇

 
  • 広告主はBitcomoプラットフォーム内でリードを支払うためにトークンBMを購入する
  • 売上高が大きいほど、広告主やアフィリエイトの手にかかるトークンが多くなる
  • 投資家と一部のウェブマスターは投資としてトークンを保持する

つまり、システム自体が普及するにつれ、トークンの需要ももちろん高まり、価値が増大する可能性が高まります。

さらに、Bitcomoは、ICOを準備しているブロックチェーン関連企業を自社の大規模なアフィリエイト広告ネットワークに誘致できる機会があると述べています。

ICOでは、マーケティングが重視されますので、デジタル広告は非常に大きなメリットになるはずです。今後、ICOも増えていくと思いますが、Bitcomoのマーケティングシステムを利用したい様々なプロジェクトと提携していく可能性もあります。

よくある質問

私は中国または韓国の市民ですが、BITCOIN Crowdsaleに参加することは合法ですか?

→BITCOMO プレセールおよびクラウドセールは、米国証券取引委員会(SEC)、中華人民共和国または韓国政府によって制限および/または禁止されていません。 BMトークンは、実際にはBITCOMOプラットフォームの使用ライセンスです。 したがって、BMXのコインランドリーで販売されることは、BITCOMOが今後BMコインの所有者にそのサービスを提供する義務である。 これは、いわゆるユーティリティトークンです。 一方、これは投資家が私たちのトークン(義務)を推測することを妨げるものではありません。 しかし、BMユーティリティトークンの主な利点は、既存の法律や規制にしっかりと基づいていることです。

あなたはどんな支払い方法を受け入れますか?

→PayPal、SEPA送金、SWIFT送金、または銀行カードを使用して受託通貨でBMを購入することができます。 また、EtherまたはBitcoinで暗号化方式で支払うこともできます。 MetaHashによって構築された即時変換サービスShapeshiftまたは直接内部のトークンストアは、サービスで使用される他の暗号化方式の通貨で支払いを行うパートナーにも提供されます。

トークンの取引所上場?

→BMは取引所と当社独自のトークンストアプラットフォームで取引可能となります。 現在、Bittrex、CoinOne、Huobiと話し合っています。

まとめ

マーケティング部門のICOということで、実際にシステムが稼働すると、需要は増えていくと思いますし、今後が面白い分野です。

特にICOプロジェクトがBitcomoのシステムを利用するとなれば、トークン自体の価値も大きくなることが期待できます。

既に実績のある企業なのでその辺りも、信頼度は高いと思います。

関連リンク

公式サイト:https://ico.bitcomo.com/

白書:https://ico.bitcomo.com/storage/source/1/SGw7HeEcWWleZrmZ6I1brn93wi2WbfRl.pdf

twitter:https://twitter.com/bitcomo

facebook:https://www.facebook.com/Bitcomo-167760920458985/

telegram:https://t.me/adbitcomo

My profile 

0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here