BANKEX(バンクエックス) ICO

BANKEXに関するいくつかの内部質問のまとめ

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

 

BANKEXはトークンセールなどについて、クリプトコミュニティからの質問に答えています。

BANKEXに寄せられた質問

ソウルに拠点を置くコミュニティー・マネージャーのキム・ヨンキムは、コミュニティの質問に応えるために何日も過ごしました。

そして、読者に、BANKEXトークンセールに関連するいくつかの問題を明確にするために、より直接的かつ包括的なアプローチを提供することを決めました。

キムは、BANKEXのチーフ・ストラテジー・オフィサーであるConstantine Kurbatoffを頻繁に聞いて質問に多くの時間をかけて応募しました。

なぜBANKEXが二段階でトークンを発行することに決めたのか?

ヤング:みなさんこんにちは!私たちはBANKEXストラテジーオフィサーであるKostya KurbatoffとSkypeで話し合い、皆様の心に残っている質問をいくつか聞いてきました。

コスタ、そこにいますか?ボストンはどうですか?

コンスタンティン:こんにちは!ボストンは素晴らしいです!天気は良いです、BANKEXトークンセールと同じくらい良いです!あなたは何を考えてますか?

ヤング:あなたが知っているように、多くのトークン購入者と利害関係者は、BANKEXが2段階でトークンを発行することを決めた理由を尋ねてきました。

コンスタンティヌス:私は質問に答えることができて嬉しいです。私たちのビジョンを説明し、人々をヘッドスペースに含める大きなチャンスです。

この質問への答えにはいくつかの部分があります。

まず、アセットのインターネット化ほど複雑なエコシステムを一度に実現することは容易にはできません。それは通常何年もかかります。1つの会社が世界中の何千もの企業のウェブサイトを作成してこの資産ウェブを作成するよう依頼されたのと同じようなものです。

BANKEXチームはこれを理解しており、将来のビジョンの一部としています。そのため、トークンに対する需要は時間の経過とともに増大し、BANKEXのサービスを利用する人へのコミットメントは、すべてのトークンを一度に流通させることは賢明ではないという結論に至ることになりました。

このため、BANKEXはトークンの発行を2つの段階に分割することにしました。

最初のトークンセールは、このエコシステムの初期段階でBANKEXの能力を促進するために必要です。独自の技術を開発し、最高の開発者、エコノミスト、科学者、および他の業界の専門家とだけチームを成長させるのに十分な資金を調達する必要があります。これらのタスクを処理するために必要なトークンの数を推定しました。

また、システムを動作させるためにはデジタル資産の重要な量をよりよく理解するために、顧問およびコンサルタントに頼っています。

ご存知のように、BANKEXの公式トークンセールは11月28日に始まり、12月11日現在で、31668000ドルを調達しています。

サポーターはただちに資産を購入するだけでなく、資産売買のための金融商品のツールキットでもあります。資金、預託金、および暗号化をヘッジするためのものです。

また、BANKEXのビジネスモデルは、既存の金融機関との緊密な連携を目的としているため、多くのニーズに対応できる幅広いサービスを提供します。小規模の銀行がサービス提供の面で大手銀行と競争できるようにするモジュラー型Bank-as-a-Serviceを提供します。

これらは高い需要のサービスであり、我々の提供はより包括的な銀行業の景観を変えるだろう。これらのサービスコンセプトのいくつかは、BANKEXウェブサイトのロードマップに記載されています。銀行やBANKEXソリューションを統合した他の金融機関は、資産の早期インターネットのバックボーンを形成します。これは私たちのトークンを使って起こります。

将来的にサービスの数やエコシステム参加者の数が増えることを考慮すると、トークンの量も増加するはずでしょう。

また、トークンの供給が限られていると、他の暗号化通貨と比較してトークンの価格が望ましくない急速に上昇する可能性があります。トークンはユーティリティトークンとして設計されており、それらの主要な使用は流通しています。

後日、同社はより多くのトークンを分散させる戦略として、価値の重視としてエコシステムの成長を維持することを意図しています。    

トークンの価格上昇について

ヤング:BANKEXはトークンの価値の急速な成長を目指していませんか?それはトークンのためのものではありませんか?

コンスタンティヌン:それほど単純ではありません。もちろん、トークンの値の成長は望ましいものですが、私たちが守るべき警告があります。需要の増加により、他の暗号化通貨に関連するトークンの価格が急上昇すると、トークン所有者とBANKEX開発チームの両方に問題が発生する可能性があります。ユーティリティー・トークンの価値の急速な増加は、トークンが使用するサービスがより高価になるだけでなく、トークン・ホルダーが財務またはサービス操作の価値を十分な精度で予測できないために望ましくない結果となります。

このような状況を打破するために、スパイクをスムーズにし、他の暗号通貨に対するトークンのボラティリティを減らすための戦略を策定しました。これは、トークンのより緩やかな分散です。

とあるように、トークン価格の短期間での上昇は売り抜けしたい方にとっては絶好の機会となりえますが、プラットフォーム開発の途中段階で高価なトークンとみなされるのは、需要供給のバランスを壊す結果でしかありません。

最初のトークン販売は、開発のための資金を作り出すことで、2回目のトークンセールは、市場を均等にするためのBANKEX戦略の一部となります。

BANKEXチームが主要なトークン・グループを代表していることを明確にする必要があり、コミュニティがトークン価格の上昇を期待しているとも事実です。

BANKEXはこのことが推測ではなく、2018年1月からの需要の高い技術とサービスの実装の努力の結果であると考えています。

理想的には、金融機関を通じたシステムのトークンの段階的な増加を見たいと思っています。彼らは、当社の製品やサービスの主なユーザーであることを期待しているトークン所有者です。これらの機関を私たちが提供するサービスに関心があるのではなく、投機的な機会に関心を持つ通常の寄稿者とは別に設定するために、2018年に2番目のトークンの分散購入にいくつかの制限を課しました。

トークン購入の制限について

ヤング:まさにトークンの購入に関する制限はあなたが話していることですか?

コンスタンティン:まず、購入可能な最小限のトークンを設定することにより、BKXトークンの購入を促進することを願っています。

その論理は、金融サービス部門の機関投資家は、BANKEXの製品やサービスを操作するために、かなりの量のトークンを手に入れたいと考えているということです。

専門家は、私たちが金融機関に提供したいサービスが包括的に市場に魅力的であると見ています。これらの製品およびサービスの構造には、トークンで支払う必要がある相当量の金融取引が含まれています。機関投資家は予想される価格でこれらのサービスを購入することに関心があり、したがって、今後のためのコスト計画を行うことができるように、大量のトークンを固定価格で購入することに関心があります。

Young:地下鉄を個別に利用するためのチケットを毎回買う代わりに、一年分をまとめて買うようなことはBANKEXにもありますか?

コンスタンティン:はい、それは完全な類推です。チケットの価格が変更された場合でも、1年のパスを購入して、1年中の固定料金を保証します。 BKXトークンの場合、最小必要トークン量を購入する金融機関は、トークンの潜在的な価格変動から保護されます。

Young:BANKEXは2回目のトークンセールでトークンを購入する際に他にどのような制限がありますか?

コンスタンティン:個々のトークン購入者を含む、エコシステム全体のセキュリティを提供するため、2回目のトークンセールで購入したトークンの再販に1年間の制限を課す予定です。この制限は、BKXトークンの大量購入や販売を通じて、大きな財源を持つ投資家が市場に影響を与える可能性があるという仮定に基づいて、個々のトークン所有者を保護することを目的としています。

ヤング:なぜちょうど1年ですか?なぜもっと長いのですか?

コンスタンティン:私たちのウェブサイトにはロードマップがあります。これは誰でも一見見ることができる私たちの行動計画です。この行動計画では、今後作成したいサービスのタイムラインがあります。私たちは、1年以内に、トークンの需要と供給のバランスを取る十分な量のサービスを提供し、大量のトークンを取引する結果として変動する可能性のあるトークン価格に影響を与える外部の試みに耐えるように働くと確信しています。

以上のような戦略的な制限構造によって、ユーザーはより安定したトークン価格を保証することができ、妥当な期間にわたってBANKEXサービスの予測可能な運用コストを保証できるようにシステムを構築しています。

タイムラインに従ってサービスが提供されると仮定すると、トークンに人為的な制限は必要ありません。

BANKEXは投機を含むより実行可能で信頼できる手段としてサービスを提供する意欲を持ち、トークン購入者は投機的ではなくエコシステム内でトークンを保持する意欲を持っています。このようにして、誰もがトークンの流通から恩恵を受けるでしょう。

BKXトークンソフトキャップについて

ヤング:関連する文脈では、BANKEXのソフトキャップ2,000万ドルは、2つのトークンセールスに関してどのように正当化されていますか?

コンスタンティン:BANKEXのソフトキャップの金額は、今後2年間の当面の見積費用から導き出されます。我々は多くの技術を実装する予定であり、私たちを注意深く見守っている人たちは、初期のプロトタイプが既に稼動していることを見ています。

同社の見積もりによると、来年に向けて展開する予定の技術は、実現するために約6〜7百万ドル必要になります。これはあらゆる種類のハードルが確実に発生することを考慮に入れています。

また、医療現場や不動産分野などブロックチェーンに基づいた特定のテクノロジの統合を必要とするソリューションを要望のあるクライアントが要求する可能性も考慮しています。当社は、これに別途3百万ドルの積立金が必要であると見積もっています。そのため、BANKEXは、来年には私たちのプラットフォーム開発のために最低1,000万ドルを手に入れる予定です。

さらに、当社はすでに2年目の事業計画を立てています。この期間がより生産的になることを期待して、すでにすべてのコミュニティプロジェクトにとって非常に価値のあるかなり豊富なインフラを構築するためです。

2年目に開発しようとしているツールは、大規模なコスト削減を達成するのに役立ちます。たとえば、ある国から別の国に金融資産を移動する場合など、ゼロコストパラメータを達成するためにも役立ちます。

20万BKXのソフトキャップは、今後2年間に必要とされる運営と開発に必要な金額であり、目標と目標を達成することが保証されます。この金額を超える金額を集めれば、より興味深く、より有望な技術を提供する機会が得られます。

同社は、伝統的な銀行機関にブロックチェーン技術を提供していますが、保険業界や医療業界にも多くの機会があります。これは、経済学者とBANKEXの両方のコミュニティにも当てはまります。より多くの人々がトークンを使用すればするほど、その価値はその背後にとどまります。

ヤング:BANKEXの資金調達に関連する別の数字がありますか?

コンスタンティン:はい、14万ETHに設定された2番目の「ソフトキャップ」額があります。これはまた、運用コストに関連しています。

BANKEX技術はスマートな契約に基づいて構築されており、これらのスマートな契約を有効にするためには、大量のガスが必要です。

14万ETHの目標は、プラットフォーム全体の運用に必要なガス量とトークン数、およびスムーズに動作する環境のすべてのユーザーに基本的なものです。

同社はこの量のETHトークンが今後数年間でシステムをサポートすることを意図していることを指摘しており、今日の投資で、トークンを使用しようとする人は、価格が変動し始める前にこの点を注意する必要があります。

早期採用者は、エコシステム内の事業がガス価格、ETHの価格またはトークンの市場価格さえも含んでいることが重要です。

ヤング:いくつかのトークンが残っていると何が起こるかを多くの人が尋ねました。これについての計画はありますか?

コンスタンティン:BANKEXのDNAのような構造、個々の製品、ブロックチェーンとスマートな契約を結ぶ地方分権の機会のために、我々はこれらのトークンを拒否したり燃やしたりする必要がありません。

他のプロジェクトと同じように、私たちはそれらを 凍結しません。私たちは、私たちの技術を使用することを目指しているトークン購入者が迅速な実装に興味があり、それを支払う準備ができている場合、削除されるわずかな制限を加えます。

このように、機関投資家が1000 ETH以上に相当する金額のBKXトークンを購入したい場合、彼らは私たちに直接アプローチし、必要に応じて開発したい新技術のトークンを必要な分だけ購入することができます。

BANKEXは、大きな需要があると思われるソリューションを作成しようとしていますが、これらの前提をアクティブユーザーの要望の形ではまだ提供していません。

大規模な企業や顧客が特定の新しい技術を開発したい場合は、大量のトークンを購入し、使用価格を固定し、BANKEXに資金を提供することで、それを実現できます。

BKXトークンを購入した、または購入しようとしている個人や機関が、このProof-of-Asset技術に対する信頼と、世界的な資金調達の可能性を共有してくれることを非常に誇らしく思うはずです。

皆さんの一部がBANKEXチームに開発者として参加したり、他の役割を果たしたり、将来の技術開発の恩恵を受けることを同社は、非常に願っています。

価値観と透明性、安全性、信頼性の価値を共有することが大切であり、最も重要な言葉は、新しい業界の基盤となる透明性です。

トークンセールについて

 

参加方法はこちらも参考にしてください。

BANKEX(バンクエックス)がICOで約26億円以上を調達する

関連リンク

公式サイト:https://bankex.com/

白書(日本語):https://drive.google.com/file/d/0B_uZXQa5G7nVMGdDX3daQ0JSOUE/view

Twitter:https://twitter.com/BankExProtocol

Facebook:https://www.facebook.com/BankExchange/

telegram:https://t.me/bankex

  • この記事を書いた人

BAB

暗号通貨にどっぷりはまり、日々勉強中。専らトレードで日々収益を得ています。 当サイトではビットコインからアルトコインなどの暗号通貨の他、最新投資案件やビジネス情報をマイペースに配信中。 一般公開できないICO,アルトコイン、案件情報は公式Line@でのみ配信します。

おすすめ記事はこちら

1

目次1 はじめに2 全体概要-Sparksterとは?3 プラットフォームの大きな特徴3.1 クラウド界に混乱を起こす3.2  IoTと分散型クラウド3.3 大幅なコスト削減3.4 シンプルで直感的な ...

2

目次1 Quarkchainプロジェクトの背景と概要1.1 背景1.2 ビジョン2 プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引2.1 二層ブロックチェー ...

3

目次1 QuardrantProtocolの全体概要2 ビジョンー何を解決したいのか2.1 Quardrantの解決策3 アーキテクチャと技術3.1 PoA アルゴリズム4 技術ロードマップ4.1 現 ...

-BANKEX(バンクエックス), ICO

error: Content is protected !!

Copyright© BAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.