BANKEXは世界初のプラズマプロトコルをサポートするプライベートブロックチェーンを開発する

0
603 views

この記事を読むのに必要な時間は約 25 分です。

 

BaaSサービスとブロックチェーンのプロジェクトであるBANKEXは世界初、イーサリアムのプラズマ様のプロトコルをサポートするプライベートブロックチェーンを開発しました。

今回はこの話題についてまとめました。

イーサリアムが抱える重要な問題点

世界最大規模のブロックチェーンプラットフォームの1つであるイーサリアムは、スマート契約のスループットと価格の上昇においていくつかの問題を抱えています。

簡単に説明すると、スケーラビリティの問題は次のとおりです。

イーサリアムのトランザクション履歴をチェックする間、ユーザーはブロックチェーン全体のコピー、トランザクションの完全な履歴、およびすべての計算を保持する必要があります。「スーパーコンピュータ」の場合は問題ありませんが、ほとんどのユーザーはこの量のデータをデバイスに保存することはできません。

2017年8月11日に、イーサリアムの創設者であるVitalik Buterin氏とビットコインのオフチェーンスケーリング解決であるライトニングネットワークのJoseph Poon氏は、この問題を解決することを提案するPlasmaプロジェクトの作業草案http://plasma.io/を公開しました。

このPlasmaは潜在的に1秒間に数十億回のスマートコントラクトを自律的に強制実行することによりスケーラビリティ問題を解決するフレームワークです。Plasmaはイーサリアム財団が同時に取り組んでいるライデンネットワークと競合するスケーリング解決方法となっています。

BANKEXが、ETHWaterloo Hackathonにてプラズマ様のプロトコルを開発

BANKEXのチームは前述したPlasmaに関して興味深く有益な情報を見つけ、それに取り組んでいます。10月中旬のETHWaterloo hackathonで、BANKEXチームはこの分野での基礎を提示しました。

BANKEX、ETHWaterlooで36時間以内にプラズマ様プロトコルを開発

世界最大のイーサリアムハッカソンは終わりました。結果はここにあります。

今週末、カナダワーテルローで10月14日と15日に、世界最大のEthereum hackathon ETHWaterlooで、400人以上の開発者が参加しました。BANKEXチームが選ばれ、36時間のハッカソンの後、開発チームはプラズマに似たプロトコルを発表しました。

この大きな発表の前に少し、暗号通貨業界を振り返りましょう。

  • 4年間でBTCは1B $キャップに達しました。
  • 4年間でETHは30B $キャップに達した
  • 世界にはすでに50000人の開発者がいます
  • 中央銀行の63%がETHテクノロジーを利用しています
  • 44%の公共機関がETHに取り組んでいる
  • 300以上の企業が真剣にETHプロジェクトを開発している
  • 731 +のdappsが作成されているhttps://www.stateofthedapps.com/
  • 1500 +スタートアップはETHで動作する
  • 昨年上げた1.5億ドルは新しいVCです。仮想通貨は新しいベンチャーキャピタルです。

このハッカソンは、暗号化業界のパイオニアと、最大のプロジェクトイーサリアムの創始者であるVitalik Buterin、ライデンネットワークの創始者の共同設立者であるJoseph Poon氏、Consensysの創設者であるJoseph Lubin氏 Augurの創設者、Polychain CapitalのパートナーであるRyan Zurrerなどの著名人が集結し、 ETHWaterlooはEthereumコミュニティの最新の開発者を集めたものになっています。

もちろん、Ethereum Vitalik ButerinとJoseph Lubinの共同設立者も共に挨拶をしています。以下概要です。

Vitalik氏はブロックチェーンとプライバシーに関する非常に興味深い講演をしています。

Vitalik氏はブロックチェーンの長所と短所についての彼のビジョンを共有しましたが、この技術を使用する人にとっては必ずしもそれは明確ではありません。

ブロックチェーンが保証することが一番です。プロセスの透明性とは、口座にあるコインの唯一の金額ではなく、そのコインの仕組みを知っていることを意味します。不可逆性もブロックチェーンの利点の1つです。アプリケーション状態への変更があった場合、それは元に戻りません。Buterin氏は誰もがプライバシーに興味を持っていると強調しており、ブロックチェーンのこのような透明性は常にさまざまな点で優れています。

しかし、ブロックチェーンはスケーラビリティとプライバシーという2種類においてはあまり良くはありません。

例えばプロセスの完全性を保証するのに役立つなど、いくつかの弱い選択肢があります。誰かのアドレスを知ることで、どのようにしてお金を使うことができるかを知ることもできます。 

このように彼は、誰もがお互いのアドレスを見ることができるので、ブロックチェーンが真にプライバシーを守ってはいないと説明しています。

 

ミキサー(Helix)やプライベート・チェーンのように、この問題に対する解決策はいくつかあります。しかし、これらの方法には、それぞれ第三者や他の関係者を信頼する必要があるため、両方とも欠点があります。解決策として、Vitalik氏はサイドチェーン(プラズマなど)とリングシグネチャ暗号を使用することを提案しています。

一方で、Consensysのジョセフ・ルービン氏は地方分権化が世界をどのように変えるのか、分散型コードベースと暗号経済的インセンティブについて語っています。

ITの未来は、多くの民間企業のブロックチェーン、多くの民間コンソーシアムブロックチェーン、公的ブロックチェーンと他の分散されたリソースにあります。

ルービン氏はブロックチェーンが現在の共有経済を変えると考えています。

そして、Ledger LabsのJeff Colemanは、ブロックチェーンを使用することでメカニズム設計に大きなメリットがあると述べています。

現在、システムが十分に大きくなって正常に動作するのを待つ必要があります。

この例は、有名人がTwitter上に持っている膨大な量のリツイートで、コンテンツが有用であることを意味しています。ブロックチェーンがそれを変更します。それは、その作成からシステムの人々の行動に影響を与えます。

このHackathonでは、BANKEXはPlasmaプロトコルを使用するスマート資産交換のデモ版を作成しました。

BANKEXチームは、36時間という短期間でPlasmaを使用したスマート資産の作成と交換のためのプラットフォームをリリースしました。彼らは暗号コミュニティのための最も重要な問題を解決し、ガスの消費を最適化しました。

BANKEXチームの前例のないソリューションであるスピードと執行力は、世界中のチームを通じて最高のチームの1つとなっています。

コードは、BANKEX Github:https ://github.com/BankEx/ethwaterloo-hackathonから入手できます

BANKEXが開発したプライベートブロックチェーン

BANKEXの技術チームは、世界の最初のプライベートブロックチェーンを開発しました。

これは、ユーザーが異なる資産を直接に転送して、仲介者を残し、現在の暗号世界 における最も高いガス消費量の問題の解決を可能にする公開監査用のPlasma Protocolをサポートします。

Vitalik 氏からフィードバックもされています。

プラズマの実装は既に起きています。
 
BANKEXの技術チームは優れており、専門家です。プロジェクトの技術面を正確に実装しており、リスクはありません。BANKEX プレセールに参加しましょう。
 

プラズマブロックチェーンの可能性

プラズマブロックチェーンに関しては、BANKEXのブログで簡単に説明してあります。

プラズマブロックチェーンについて

技術的な観点から見ると、プラズマブロックチェーンは、もう1つのブロックチェーンに過ぎず、親Ethereumチェーンで効率的に解決できます。Ethereumのスマートコントラクトは、PlasmaオペレータとPlasmaブロックチェイン参加者の両方の不正行為から保護されています。

プラズマチェーン自体は非常に単純な構造であり、分割可能な資産を所有者から所有者に完全に移転させることができます。すべての取引には入力と出力があります。必要な機能に依存するトランザクションの種類はほとんどありません。

たとえば、2つの入力を1つの出力にMergeして、クライアントが追跡するUTXOの数を減らすための “Merge”タイプを提案します。設計がより安定している場合は、完全な説明を行います。すべてのチェーンロジックは、ethhereum暗号プリミティブ(sha3、secp256k1)とecrecoverを使用できる65バイトの署名を使用して作成されます。

メインのEthereumネットワーク上の「マスター」契約が適切な仕事をすることを可能にするために、ブロックのヘッダーは以下の構造でオペレーターによって提出されます。

ParentHash(数による)参照前のブロック、MerkleTreeRootこのブロック内のすべてのトランザクションのマークルツリーのルートハッシュであり、NumberOfTransactionsこのプラズマブロック内のトランザクションの総数です。

ヘッダはPlasmaネットワークオペレータによってEthereumチェーンのスマート契約に提出されます。ブロックは、契約によって強制される順序で、1つずつ送信することしかできません。Ethereumネットワークのユーザーは、ETHを契機として契約を締結することができます。これにより、トリガとイベントが発生し、PlasmaネットワークオペレータはPlasmaチェーンで資金取引を行うことができます。その後、ユーザーはEthereumの親契約にヘッダーをプッシュして、Plasmaチェーン内で自由に取引を行うことができます。

ユーザーがメインネットワーク内で自分のトランザクションの1つを決済したいとき、彼/彼女はトランザクションへの参照を提供することによって、Ethereumに対して引き出しを行うことができます。(BlockNumber、TxNumberInBlock、OutputNumberInTXの形式)、完全トランザクションとMerkle証明は、このトランザクションが実際にブロックに含まれているかどうかを証明します。親契約では、このブロックの根拠ハッシュと提出されたルートハッシュがチェックされ、合格すると撤回プロセスが開始されます。プロセスは24時間以内に完了することができます。Plasmaネットワークには特別な種類のトランザクションがあり、入力を効果的に焼く(0x0に送信する)ことでプロセスを加速することができます。このブロックがオペレーターによって公開されていない場合は、引き出しは通常どおりに行われます。

引用元:https://blog.bankex.org/bankex-developed-the-worlds-first-private-blockchain-that-supports-plasma-protocol-adaa1459039d?source=linkShare-8fc3431391d5-1512293677

そして、BANKEX開発チームは、Hackathon ETHWaterlooの間に初めて36時間でPlasmaのようなプラットフォームを作成しています。

短期間でPlasmaを使用したスマート資産の作成と交換のためのプラットフォームをリリースしました。

BANKEXのGITHUBコードでご覧できます。

https://github.com/BankEx/PlasmaETHexchange

簡単に説明すると、このプラズマ様ブロックチェーン交換ネットワーク開発で提案された挑戦としては2つです。

プラズマ様ブロックチェーン交換ネットワークの明確化

UIは、デモンストレーション目的のための純粋なデモです。バックエンドは、サーバー管理秘密鍵のレベルで機能し、トランザクションはREST APIを介して送信され、引き出しプロセスのためのまだ実装されていないチャレンジがあります。

提案された挑戦:

  1. 証明された二重費用(撤退を開始し、プラズマに費やされた、またはその逆)
  2. 撤回された取引の不正確な「新しい所有者」の証明

(通常の条件で)撤回プロセスの1つの提案された改善 – 0x0に特別なトランザクションを行い、このトランザクションのソースを直ちに撤回します。ブロックヘッダーがすでに主要契約に公開されている場合、払い戻しは瞬時に行われ、取引は1つ(ガス価格の点で)です。ブロックがまだ公開されていない場合(何らかの理由でオペレーターが 保留している時)、引き出しは以下の2つの手順で行うことができます。

プラズマにおけるブロックサイズの提案(トランザクション番号の観点から) – プラズマの最大ブロックサイズは、メインネットのメルクル証明の合理的なサイズによって制限されるべきである – もし512 + 4の限界(左/右のビットエンコーディング) + 96(この実装のtxサイズ、元のトランザクションを指定する必要があります)= 612バイト、512/32 = 16の深さ、つまり2 ^ 16 = 65536トランザクション、1ブロックのPlasmaあたり5秒ごとに〜 3つのヘッダーが同時にメインネットの連絡先に送信されます。すべての見積もりはエンベロープの元に戻っていますが、高速ブロックの伝播を持つPoAネットワークのスケーラビリティは、プラズマブロックあたり5秒とする必要があります。

プラズマとは?

このタスクは、あらゆるアプリケーションに事実上適用できるように、ブロックチェーントランザクションを高速にすることです。

どうやって?

可能な解決策の1つはPlasmaです – これは、Ethereumブロックチェインへの顕著なアップグレードです。私たちのアプローチはこの概念に基づいています。

デモプロジェクトのユーザーストーリー

特定のゲームに適用してみましょう。これは数千のアプリケーションのうちの1つですが、プロモーションキャンペーンのような場合にも直接適用することができます:デジタルアイテムコレクション交換ネットワーク

デジタル野球カードのようないくつかの限られたアイテムを集めなければならないとします。あなたはオープンマーケットでそれを購入することができますが、購入するコレクションの中の特定のアイテムを推測する能力はありません。また、他のコレクターとの間で繰り返しのカードを交換することができます。この交換手順はサイドブロックチェーンで行われます。

プラズマネットワーク技術コンセプト

プラズマブロックチェーンの技術的な観点からの視点 – 技術的な観点から見ると、プラズマブロックチェーンは、もう1つのブロックチェーンに過ぎず、親Ethereumチェーンで効率的に解決できます。Ethereumのスマートコントラクトは、PlasmaオペレータとPlasmaブロックチェイン参加者の両方の不正行為から保護されています。プラズマチェーン自体は非常に単純な構造であり、資産は分割不可能であり、前の所有者から次の所有者まで完全に移転される。

トランザクションには[BlockNumber、TxInBlock、AssetID、NewOwner、SenderSignature]のフィールドがあり、BlockNumberとTxInBlockは “NewOwner”フィールドが “Sender”に等しい以前のトランザクションを参照します。すべてのチェーンロジックは、ethhereum暗号プリミティブ(sha3、secp256k1)とecrecoverを使用できる65バイトの署名を使用して作成されます。

Plasmaネットワーク内のBlockは、Header:[BlockNumber、ParentHash、MerkleTreeRoot、PlasmaOperatorSignature]の構造を持ち、ParentHashは前のブロックを番号で参照し、MerkleTreeRootはこのPlasmaのtransacitonsのMerkleツリーのルートハッシュです。

ヘッダーは、プラズマネットワーク事業者からEthereumチェーンのスマート契約に提出されます。ブロックは1つずつ送ることができ、シーケンス番号は契約によって強制されます。Ethereumネットワークのユーザーは、0.1 ETH(この例では)を契機として、トリガーとイベントを行い、プラズマネットワーク事業者はPlasmaチェーンで資金取引を行うことができます。ユーザーはEthereumの親契約にプッシュされたヘッダーで、Plasmaチェーンで自由に取引することができます。

ユーザーは、メインネットワークへの取引を決済したい場合、トランザクション(BlockNumber、TxIdの形式)、完全取引、およびMerkle証拠を参照して、このトランザクションが実際にその取引に含まれていることを示すことにより、Ethereumネットワーク上での引き出しを開始します。親契約では、このブロックのプルーフセットとサブミットルートのハッシュを比較し、合格すればプロセスを取り消します。24時間後に確定することができます。

実装されていない重要な部分(自明ではありませんが、Merkleプルーフチェッカーではあまり難しくありません)は、撤回を挑戦し、二重支出を許さない方法です。これは、どのユーザ(プラズマ・チェーン・オペレータはこれを行うインセンティブが最も大きい)によって行われ、すでにPlasmaオペレータによって提出されたヘッダを持つブロックの1つで、撤回要求によって参照されたトランザクションがすでに費やされたという証明を壊すことによって、 プラズマネットワーク事業者自身の誤動作を処罰できるように、同じルールセットを実施すべきである。

PoCの技術

コンセプトはJSを使用して実装され、Web3での結合とバックエンドのEthereumjs-Testrpcで実装されます。簡単にするために、必要な機能はすべて、サーバー上の事前定義されたアドレスのセットに代わって署名を行うREST API呼び出しでラップされますが、適切な実装では、Metamaskなどのウォレットアプリケーションを使用して、通常のようにEthereumネットワーク上で親契約と対話することができます。

なぜプラズマか

BANKEXでは、プラズマオペレーターが適切に行動するための適切なインセンティブが存在する場合(特に、このようなインセンティブは、エンドユーザーを獲得するために他の事業者との仕組みでさえも可能です)、イーサリアムブロックチェーンからPlasmaチェーンへの一部の取引を効率的に行うことができます。 もう1つの利点は、親チェーンのコントラクトによって効果的にクロスチェックできる限り、Plasmaチェーンの実装の柔軟性です。メトロポリスフォークに追加された新しい暗号化機能により、エンドユーザーのプライバシー保護のためにzkSNARKのリング署名を利用するトランザクションと、より多くのお金のようなトランザクション構造(UTXOの1→2分割)を備えたPoCの実装が可能になります。

PoC DApp

代替テキスト

インストールと前提条件

システム要求:

 このプラズマ様のプライベートブロックチェーンにより、BANKEXではガス消費を最適化してスマート資産の作成と交換を往来よりも高速に行うことが可能になります。

vitarik氏が言うようにイーサリアムの課題を克服するプラズマの実装はすでにBankex開発チームによって証明されています。

その他の仕様コードに関してはこちらからご覧できます。

BANKEX Githubを見る

 

 まとめ

BANKEXは、インターネットオブアビリティ(IoT)と人工知能(AI)によって動力を与えられるEthereumビルディングインターネット(IoA)のBank-as-a-Serviceブロックチェーンプラットフォームです。

同社の使命は、古典的な金融市場の組織化により過小評価されている世界中の資産に流動性を提供することです。

そして、今回のプラズマブロックチェーン開発によって、暗号コミュニティのための最も重要な問題を解決し、ガスの消費を最適化するという希望を与えています。

トークンセールは継続中です。30億円を突破しました。

関連リンク

公式サイト:https://bankex.com/

白書(日本語):https://drive.google.com/file/d/0B_uZXQa5G7nVMGdDX3daQ0JSOUE/view

bitcointalk:https://bitcointalk.org/index.php?topic=2013627.0
Twitter:https://twitter.com/BankExProtocol
Facebook:https://www.facebook.com/BankExchange/
telegram:https://t.me/bankex

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here