BANKEX(バンクエックス) ICO

BANKEX財団と日常生活へのブロックチェーン導入

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 

スマート資産プロジェクトであり、BaaSサービスを構築するBANKEXは、ある目的のためにBANKEX財団を設立しています。

ICOでの調達資金の用途と目的

BANKEXのICOにおける「調達資金の計画された使用の計画」の図表では、8%がフィンテック地域社会支出(BANKEX財団)に捧げられています。

この支出の目的は何ですか? BANKEX財団はどのようにこれらの資金を使いますか?

BANKEXは、銀行やフィンテック分野の技術を促進し、積極的な社会的インパクトをもたらし、世界をより良いものにするためにコミットしている人々のコミュニティを支援するために作成された共同作業のためのオープンソースプラットフォームを開発したいと考えています。

「ちょうど短い時間で、重いボタンの携帯電話は小さなタッチラップトップに変わりました。誰かがそれを信じることができますか?」

スティーブ・ジョブス

「今日、私たちは新しい未来を信じています。そしてこの未来はイーサリアムに基づいています。

私たちは働くイーサリアムの基盤を構築しています。技術を大衆にもっと早く持ちたいと思っています。さらに、私たちは、イーサリアムが、近い将来に人々が当然のように受け入れる簡単なものであることを願っています。今携帯電話でやっているように。」

BANKEX財団

BANKEX財団について

Ethereumの共同設立者であるVitalik Buterinは、以下のような発言を残してます。

数十のさまざまな科学を含むブロックチェーンのために、開発者や企業が間違いを犯すのは簡単であり、ブロックチェーンが大量のツールにならないようにするという問題です。

そのため、BANKEX財団を創設したのです。

BANKEX財団の主な目的は、すべての利害関係者に新技術を提供し、グローバルなパートナーシップを構築し、財務、銀行、インターネットの分野、ブロックチェーン、製造および技術分野のリーダーを支援することです。

開発者は、BANKEX 財団に接続し、最先端のブロックチェーン技術の開発に参加し、貴重な経験を得ることができます。

資産所有者であれば、財団は開発者の資格を持つチームであり、お客様の資産クラスに合わせて特別に作成されたスマート資産を作成することができます。

BANKEX財団の構成はこちら。

BANKEX財団のプロジェクト

BANKEX 財団は、組織の技術的コア、R&D、ブロックチェーン技術教育プログラムの3つの重要な方向性を開発しています。

スマート資産コア

他のすべての人が、Bankex流動性プロトコルを構築する技術の創造であるという主な任務(スマート資産コア)です。

これは、オープンソースのプロジェクトであり、開発の中心はすべての主要プログラマーの焦点です。

最終的にBANKEX Labは、銀行や大手金融機関などのパートナーと直接連携しながら、商用組織へのサービスの統合を開始する予定です。

研究開発

財団の仕事のもう一つは研究開発です。

最先端の技術を研究しており、時には新しいアルゴリズムの発明が必要です。たとえば、カナダのHackathonでは、Alexander Vlasovのチームリーダーが、Vitalik Buterinの発案者が言及したPlasmaの最初の実用プロトタイプを実現しました。

BANKEXは世界初のプラズマプロトコルをサポートするプライベートブロックチェーンを開発する

昨年の夏の初め、Vitalik氏はBANKEXチームを認め、授与しました。チームは、住宅ローンのためのfintechソリューションのためにカザン最大のロシアブロックチェーンハッカトンの賞を獲得しました。

このプロジェクトの透明性は、人々からBANKEXの活動への信頼を確立するのに役立ち、暗号資産の作成のための強力な統一プロトコルを作成するために世界中の経験豊富なプログラマーを引き出すチャンスを与えます。
財団の最重要課題は、優れた品質の製品を創出することです。お金を稼ぐためにラボで売ることができるもの。

ブロックチェーン技術教育プログラム

課題は以下です。

  1. ソリディティを使ってテクノロジーとプログラミングをブロックする人々を紹介する教育記事を書く
  2. BANKEXがサポートする教育コースの作成
    記事とブロックチェーン技術教育プログラム

レポートによると、ブロックチェーンの専門家の需要は過去1年間で10倍以上に増加しています。

しかし、市場には十分な専門家がいません。
この業界は、5〜7年前からモバイル開発業界を連想させています。

社会的影響

財団の活動の重要な部分は、誰もが使用できるような種類の技術を生み出す社会的影響に関連しています。どちらの銀行もテクニカルサポートを提供することができます。また、彼らのプロジェクトで使用するために単にコードを使用することができます。

2018年のプロジェクトは以下です。

1.スマートキャタピラー(詳細は白書参照)
2. イーサリアム財団とのコラボレーション

イーサリアム財団と緊密に連携しています。私たちが共通して持っていることの1つは、最近「ブロック」フィールドで大きな共鳴を引き起こした新しい「プラズマ」プロトコルを使用するということです。トランザクション1秒あたりのトランザクション数を大幅に増やし、トランザクション自体を安くすることができます。

3.チャリティーを開く

「オープンチャリティー」プロジェクトは、誰でもスマートな契約(資金が資金調達することを意図している)を通じて条件を定義し、その実施状況を監視できる、透明な取引で寄付と慈善団体のためのサービスを作成します。

まとめ

BANKEXは、POAプロトコルによる資産のトークン化技術により、次世代のBaaSサービスを提供する目的があります。

Proof-of-AssetからInternet -of -Asset への転換は容易いことではないですが、2018年、2019年が楽しみなブロックチェーンプロジェクトです。

トークンセールはこちらから参加できます。

BANKEX(バンクエックス)がICOで約26億円以上を調達する

関連リンク

公式サイト:https://bankex.com/

白書(日本語):https://drive.google.com/file/d/0B_uZXQa5G7nVMGdDX3daQ0JSOUE/view

bitcointalk:https://bitcointalk.org/index.php?topic=2013627.0

Twitter:https://twitter.com/BankExProtocol

Facebook:https://www.facebook.com/BankExchange/

telegram:https://t.me/bankex

  • この記事を書いた人

BAB

暗号通貨にどっぷりはまり、日々勉強中。専らトレードで日々収益を得ています。 当サイトではビットコインからアルトコインなどの暗号通貨の他、最新投資案件やビジネス情報をマイペースに配信中。 一般公開できないICO,アルトコイン、案件情報は公式Line@でのみ配信します。

おすすめ記事はこちら

1

目次1 はじめに2 全体概要-Sparksterとは?3 プラットフォームの大きな特徴3.1 クラウド界に混乱を起こす3.2  IoTと分散型クラウド3.3 大幅なコスト削減3.4 シンプルで直感的な ...

2

目次1 Quarkchainプロジェクトの背景と概要1.1 背景1.2 ビジョン2 プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引2.1 二層ブロックチェー ...

3

目次1 QuardrantProtocolの全体概要2 ビジョンー何を解決したいのか2.1 Quardrantの解決策3 アーキテクチャと技術3.1 PoA アルゴリズム4 技術ロードマップ4.1 現 ...

-BANKEX(バンクエックス), ICO

error: Content is protected !!

Copyright© BAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.