Authorship(オーサーシップ)

【ICO】Authorship(オーサーシップ)とは?無料で10$分のトークンが貰える暗号通貨について

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

こんにちは。今回は、無料でトークンが配布されているAuthorshipという暗号通貨のICOについてです。具体的なプロジェクト中心にいったいどんな通貨なのか、ホワイトペーパーの内容を噛み砕いて見ていきます。

Authorship とは?

書籍の分野において、最近ではオンライン市場やデジタル書籍が一般的になりつつあり、出版業界だけでなく我々読者や作家にも革命的と言える影響を与えてきていますが、

インターネットの集中化の元、著作権侵害などのプライバシー侵害の問題点があります。

そこで、集中型ではなく、分散型のインターネットを現代のブロックチェーン技術(イーサリアムプラットフォーム)を用いることで構築することを目的にこのAuthorshipが生まれました。

Authorshipは、著者、翻訳者、出版社、読者を1つのプラットフォームで結ぶことで、書籍の世界を再現することを目指す分散型プラットフォームの1つです。

Authorshipのメリット

現在の伝統的な出版業界では以下のような問題点・懸念点があります。

  • 出版者の事業利益と著者の目的との間のギャップ(出版業者が減るリスク)
  • 出版までのプロセスが長い(約18〜24ヶ月ほど)

一方、Authorshipでは、分散型のプラットフォームを通じて、著者は書籍の出版をより短期間です簡単にすることができ、また何十万人ものインターネット上の読者をターゲットに自身の著書を見てもらうことができます。

そして、翻訳者は人気のある書籍や自身の気になる書籍をすぐに見つけることができ、異なる言語に翻訳することができます。

著者、出版者、翻訳者、読者それぞれがお互いのメリットを分かち合えるような分散型のプラットフォームを構築します。

AuthorshipのICO概要

  • 開催期間  8/15-9/14まで
  • ティッカー ATS
  • ブロックチェーン イーサリアム
  • 総発行枚数 100,000,000
  • 総調達額   1948750$(9/4時点)
  • 総投資者数   1076人(9/4時点)

Authorshipのロードマップ

  • 5/1-プロジェクト設計
  • 5/15-βプロジェクト開始
  • 8/15-ICOトークンセール開始
  • 10/15-βプロジェクトテスト
  • 1/1-βプロジェクトラウンチ
  • 2/1-オフィシャルプロジェクト開始
  • 12/1-25000人の著者採用
  • 2019/6/1-50000人の著者採用
  • 12/1-100000人の著者採用

Authorshipトークン10$分無料配布キャンペーン開催中!

ICO期間中は無料でトークンが貰えるようです。

75ATSトークン=10$分

ですが、取引所での交換もICO終了後に可能になるようなので、無料で貰える分は貰っておくと良いでしょう。

さらに、Bounty(賞金プログラム)の一部として、Facebookページへのいいね、Twitterのフォローをすると10ATSトークンのボーナスも付くので、最大85ATS分無料でもらうことができます。

参加はこちらからできます。

AuthorshipのICO参加(無料でトークンをもらう)

手順は簡単です。以下のページを入力して次に進みます。

すると認証メールが届きますので、クリックして完了します

さいごに、自身のアカウントに反映されていればOKです。

同じように、紹介リンクでアフィリエイトが可能なので、こちらから登録してもらいましょう。

※アカウントのページやアフィリエイトのページはメールに送られてきますので、そちらから確認できます。

そして、無料配布だけではなく、一般的にイーサリアムを投資して参加することもできます。

参加方法は以下の表示アドレスへ自身のイーサリアムウォレット(MyEtherWalletなど)から送金します。

9/14にICO締め切られて以後、指定のアドレスへトークンが配布され、その他の通貨との交換も可能になる予定です。

Authorship関連リンク

公式ウェブサイト

http://authorship.com/

ホワイトペーパー

http://authorship.com/Authorship-White-Paper.pdf

さいごに

最近は特に、魅力的なアフィリエイトプログラムで投資家を募るパターンも増えてきましたが、今回は無料でトークンが貰え、交換も比較的早く、β版のlaunchも比較的早かったので、参加してみました。

また、出版業界という新しい分野でもあるので、こちらも今後のプロジェクトがどうなってくるのか楽しみです。

価格の上昇は下手に言えないですが、公式側からによると、

ATSトークンの将来の価値については推測することができますが、ほとんどの参加者は価値の500%-1000%の増加が予想されるとのこと。

ATSトークンは、ICOが9月14日に終了した直後にいくつかの暗号化交換に記載され、推奨開始取引価格は$ 0.15 / ATSのようです。

価格が将来的にみて数倍、数十倍になることがあれば、無料配布ぶんも馬鹿にならないので、こういうICOの参加方法も面白いかなと思います。

是非、参加してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

BAB

暗号通貨にどっぷりはまり、日々勉強中。専らトレードで日々収益を得ています。 当サイトではビットコインからアルトコインなどの暗号通貨の他、最新投資案件やビジネス情報をマイペースに配信中。 一般公開できないICO,アルトコイン、案件情報は公式Line@でのみ配信します。

おすすめ記事はこちら

1

目次1 はじめに2 全体概要-Sparksterとは?3 プラットフォームの大きな特徴3.1 クラウド界に混乱を起こす3.2  IoTと分散型クラウド3.3 大幅なコスト削減3.4 シンプルで直感的な ...

2

目次1 Quarkchainプロジェクトの背景と概要1.1 背景1.2 ビジョン2 プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引2.1 二層ブロックチェー ...

3

目次1 QuardrantProtocolの全体概要2 ビジョンー何を解決したいのか2.1 Quardrantの解決策3 アーキテクチャと技術3.1 PoA アルゴリズム4 技術ロードマップ4.1 現 ...

-Authorship(オーサーシップ)
-

error: Content is protected !!

Copyright© BAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.