ArcBlockと中国最新取引所Biboxはブロックチェーン3.0プロジェクトのために戦略的に提携する

2
866 views

この記事を読むのに必要な時間は約 42 分です。

 

ArcBlockとは

ArcBlock は、分散型のアプリケーション(DApps)を構築するためのコンピューティングプラットフォームであり、ブロックチェーン3.0型のプロジェクトです。

詳細はこちらで説明しています。

ArcBlock(ABT)分散型ブロックチェーンアプリケーションを構築および展開するためのプラットフォームおよびエコシステム

ArcBlockはBiboxと戦略的に提携する

中国の最新取引所であるBiboxは正式にArcBlockの戦略的パートナーになり、ArcBlockとBiboxはリソースを共有し、DAppsのArcBlockプラットフォームへの移植とアップグレードを加速するために協力しあうことを正式に発表しています。

 

DAppdsのためのブロックチェーン3.0を促進する

ブロックチェーン 1.0は、ビットコインでの先駆け分権化のトラストレス取引によって定義され、

ブロックチェーン 2.0は、スマート契約アプリケーションとICOの新興国、プログラマビリティと考えることができますが、

ブロックチェーン 3.0は、技術の質量実装とエコシステム構築と考えることができます。

ArcBlockは一般にブロックチェーン 3.0内蔵のクロスチェーンDAPP開発フレームワークであり、アプリケーション層の開発インターフェースを提供します。

既存のクロスチェーンプロトコルとは異なり、Arcblockプラットフォーム上のDAppsが相互作用し、並列レベルでブロックチェーンを接続しようとするのではなく、一般標準化を達成するために異なる下層のブロックチェーンを使用しています。

このソリューションは、現在のクロスチェーンの複雑さを巧妙に回避します。

DApps(分散型アプリケーション)のためのブロックチェーンプロジェクトの比較-ArcBlock

Biboxとは?

Biboxは2017年11月に中国で開始された暗号通貨の取引所サービスです。

Biboxは、世界初の人工知能デジタル資産取引プラットフォームでもあり、各国のトップ開発者とブロックチェーンの専門家によって構成されたブロックチェーン3.0デジタル資産交換を内蔵しています。OkcoinやHuobiの開発者も携わっており、技術的にも専門家で構成されています。

Bibox(ビボックス)-BIX-Binance、Kucoinに続く中国最新暗号通貨取引所

中国の取引所でもあり、同じ中国の最大級の取引所であるBinanceやHuobi、Kucoinに次ぐ可能性がある期待の取引所です。

ブロックチェーン3.0の時代には、今日人々がWebやアプリを使用しているような便利な方法でブロックチェーン技術によってもたらされるプライバシー、相互運用性、自律性を享受することができます。

 

そして、Biboxブロックチェーンは、世界初の人工知能、デジタル資産の取引プラットフォーム、オンライン取引量を構築するために、トップの技術チームと多くのよく知られた業界の専門家の外に国際協力を通じて、高品質のデジタル資産の取引プラットフォームの最先端でもあります。arcblock同様にブロックチェーン3.0型を目指しています。

Bibox取引所の魅力としては以下の点ではないでしょうか。

AI人工知能による安定性と透明性

独自で選定したマイナー銘柄の取り扱い

厳選されたICOトークンの早期上場

自社トークンであるBIXを発行している

Binance 同等のユーザーエクスペリエンス

個人的には現時点ではBinance取引所が取引高も多くユーザーエクスペリエンスの面でも優れているため、こちらで事足りると思いますが、Binanceにはない銘柄の取引ができる点や今後成長していく可能性を考えると開設しておくべき取引所の一つと思います。

開設はこちらから

 

ArcBlock の利点

分散化アプリケーションに関する一般的な問題の解決に加えて、ArcBlockを使用した分散型ブロックチェーンアプリケーションの構築と展開は、今日の市場で利用可能なベンダー固有のフレームワークに比べて大きな利点があります。

新都市経済のための自律型のエコシステム構築

ArcBlockは、1つの集中化された組織によって構築されたソフトウェアプラットフォームだけでなく、自己進化するエコシステムです。

ArcBlock Foundation LimitedとArcBlock Foundationは、プロジェクトを開始するだけです。プラットフォームは独自の開発と成長を続けます。 

つまり、エコシステム自体は分散化されており、それゆえ様々なメリットをもたらします。

ArcBlockサービス全体は、トークン経済によって推進され、ArcBlockは、基本的なサービスプラットフォームではなく、ブロックチェーンコミュニティが協力してより良いエコシステムを構築するよう促すインセンティブによって推進される経済です。

最高のユーザーエクスペリエンスのための最適化

ArcBlockプラットフォームは、ユーザーエクスペリエンスを中心とした「トップダウン」戦略を使用して構築されており、それとは対照的に、既存の多くのソリューションは、ユーザーフレンドリーさを犠牲にしてブロックチェーン技術自体に重点を置いています。

ArcBlockで構築されたアプリケーションは、反応的なリアルタイムのエクスペリエンスを提供します。ユーザーはウェブブラウザから簡単にアクセスできます(追加のプラグインは必要ありません)。または、アプリストアからモバイルアプリを直接ダウンロードできます。

いずれにしても、プロセスは簡単です。これによって、開発者の経験を劇的に改善し、低レベルのブロックチェーンプロトコルを扱う必要はありません。

モックブロックチェーンアダプタを使用することで、エンジニアはアプリケーションの開発とテストを開始するためにローカルブロックチェーンテストノードを実行する必要はありません。

クラウドコンピューティングプラットフォーム

ArcBlockはクラウド内でネイティブに動作するように設計されています。テストと開発のために1台のコンピュータで実行することもできます。

この設計原理は、ArcBlockをブロックチェーンの世界の他の多くのプラットフォームと根本的に異なるものにします。

ArcBlockでは、ノードは、1つ以上の仮想マシンで構成される「論理コンピュータ」、またはコンピューティング環境として連携するクラウドサービスのグループになります。このアプローチは、特許出願中の技術を含め、ブロックチェーンと分散型アプリケーションを次のレベルに高める上で重要な一歩となりえます。

ArcBlockは当初、AWSとWindows Azureの上に構築され、Google Compute Engine、中国の主要なクラウドコンピューティングプレイヤー、その他のプラットフォームをサポートするために拡張されます。

オープンスタンダード

ArcBlockはオープンスタンダードで構築されています。

これは、当社のコアコンポーネントをオープンソーシングすることに加えて、ブロックチェーンテクノロジーコミュニティの多様化に積極的に貢献することに取り組んでおり、

チームメンバーは、さまざまな標準組織、非営利団体、および委員会に積極的に参加しています。

現在、W3Cブロックチェーンコミュニティグループコミュニティグループ、IEEE標準協会のブロックチェーンコミュニティ、エンタープライズエテリアムアライアンス、Linux Foundation、Hyperledger Foundationなどが該当します。

このリストは時間の経過とともに拡張されます。

このオープンソースプロトコルは、基礎となるブロックチェーンにアクセスするための抽象的なレイヤーを提供し、Open Chain Access Protocolを使用すると、アプリケーションをさまざまなブロックチェーンで動作させることができます。ビジネスロジックを変更したり、複数のチェーンテクノロジを使用したりする必要はありません。

チェーンアダプターはコミュニティによって構築され、インセンティブメカニズムによって奨励されます。これにより、ArcBlockは多くのブロックチェーンプロトコルをサポートし、継続的に改善されます。

ブロックレット

Blockletは、さまざまなタイプのアプリケーションを実行するためのサーバーレス・コンピューティング・アーキテクチャー・コンポーネントです。スマート・コントラクト、オラクル、リソースおよび資産処理、オフ・チェーン・ビジネス・ロジックにはBlockletを使用します。

Blockletは、ArcBlockのOpen Chain Access Protocolを介してブロックチェーンと通信し、Algorandベースのコンセンサスアルゴリズムで調整することができます。

誰でもBlockletを使用してサービスとコンポーネントを構築し、インセンティブシステムの下で貢献することができます。共同体のメンバーは、他の人が自分の貢献を使うときにトークンを受け取ることができます。

ArcBlock開発の第1段階では、ローカルテスト環境とAWSを備えたBlockletを実装します。ローカル実装は、テスト目的のみのものです。プロダクションはAWSに基づいているため、AWSが提供する多くの先進的な設計機能を利用できます。

今後は、Windows Azure、Google Compute Engine、IBM Bluemixなどのコンピューティングプラットフォームをサポートしていきます。また、DockerとBlocklet用のオープンソースFasSソリューションをサポートし、ユーザーがクラウドサービスを使用せずに独自のBlockletを簡単に構築して展開できるようにする予定です。

Blocklet自体はアプリケーションプロトコルとアーキテクチャの一種であるため、異なる言語やフレームワークで実装することが可能です。最初の実装はNode.jsとGOに基づいています。

ブロック・コンポーネント

Blocklet Building Blocksは、ArcBlockプラットフォームの基盤と、トークンやユーザーIDサービスなどの機能のほとんどを提供する、あらかじめ構築されたブロックレットです。 Blocklet Building Blocksは再利用可能でカスタマイズ可能なコンポーネントです。

DECENTRALIZED PUB / SUB API GATEWAY

分散型メッセージングシステムは、pub / subをサポートし、BlockletのAPIゲートウェイとして機能します。 ArcBlockのゲートウェイは、分散設計と安全な通信チャネルを使用します。アプリケーションはWebブラウザーとモバイルアプリの両方で動作し、ユーザーは反応的なリアルタイムのエクスペリエンスを提供します。

ゲートウェイ

APIゲートウェイは、マイクロサービスアーキテクチャに不可欠です。 APIゲートウェイは複雑なサブシステムにシンプルなAPIインターフェイスを提供するファサードです。これは基本的な実装からクライアントに見えるインターフェース(この場合、モバイルアプリ、ウェブクライアント、シンクライアントなどのAPIコンシューマー)を本質的に切り離します。 ArcBlockでは、すべての機能がBlockletsで実装されています。 Blockletは、クライアントと直接通信するのではなく、API Gatewayを介して通信します。
ゲートウェイは、WebSocket、DDP、HTTPS、MQTTなど、さまざまなネットワークプロトコルをデフォルトでサポートしています。上級開発者は、新しいネットワークプロトコルを使用してゲートウェイを拡張し、ニーズに合わせることができます。

パブリッシュ/サブスクライブは、メッセージの送信者(パブリッシャ)が、パブリッシュされたメッセージを、どのサブスクライバが受信するかを知らずにクラスに分類するメッセージングパターンです。同様に、購読者は、自分が興味を示したクラスに割り当てられたメッセージを受信します。

パブリッシュ・サブスクライブ・パターンは、メッセージ・キュー・パラダイムの兄弟です。これは通常、より大きなメッセージ指向のミドルウェアシステムの中では単一のものです。ほとんどのメッセージングシステムは、APIのpub / subとmessage queueモデルの両方をサポートしています。このパターンは、ネットワークスケーラビリティとダイナミックなネットワークトポロジを提供し、パブリッシャとパブリッシュされたデータの構造を変更する柔軟性を低下させます(これはブロックチェーンアプリケーションでは不利ではありません)。

ブロック・コンポーネントとアプリケーション

Blockletコンポーネントは、ArcBlockプラットフォームの基盤を形成する、あらかじめ構築されたブロックレットです。

ArcBlockの機能(トークンサービス、ユーザIDサービスなど)のほとんどは、ArcBlockで実装されてており、Blockletコンポーネントは、再利用可能でカスタマイズ可能です。

あらかじめ構築されたBlockletコンポーネントをアプリケーションに組み込んで、迅速に稼動させることができ、ユーザーID管理、ユーティリティトークン、ウォレット、メッセージング、通知サービスなどのコンポーネントを提供しています。

Blockletコンポーネントは、コミュニティによって構築され、提供されることもできます。それらはArcBlock Marketplaceアプリを通じて管理されます。

オープンチェーンアクセスプロトコル

ArcBlockのOpen Chain Access Protocolを使用すると、Bitcoin、Ethereum、Hyperledgerなどのさまざまなブロックチェーンプロトコルにアプリケーションを適応させることができます。オープンチェーンアクセスプロトコルはMITライセンスで公開されているので、ブロックチェーンコミュニティの誰もが
拡張を作成し、改善を行うことができます。プロトコルをプライベートモードで開発し、公開候補マイルストーンに達すると公開します。

オープンチェーンアクセス層

オープンチェーンアクセスレイヤーは、オープンな接続とブロックチェーンプロトコルの範囲へのアクセスを可能にするハイレベルな汎用APIを定義します。レイヤーはチェーンアダプターの下のレイヤーでサポートされています。各チェーンアダプタは、特定のブロックチェーンプロトコル用に実装されています。

チェーンアダプター

ArcBlockのOpen Chain Access Layerにより、プラットフォームは複数のブロックチェーンプロトコルをサポートできます。アプリケーション開発者は、いくつかの異なるブロックチェーン、ノードタイプ、および展開タイプから選択できます。 ArcBlockのChain Adaptersは、Open Chain Access Layerを可能にする実装です。
チェーンアダプタは、レイヤチェーンプロトコルの下のブロックチェーンをOpen Chain Access Layerで定義された統一されたAPIに変換するデバイスドライバのように機能します。チェーン・アダプターの実装の中には、オン・チェーンとオフ・チェーンの実装を組み合わせて行う必要があります。チェーンアダプタには、実装しているOpen Chain Access Layer APIセットに基づいて、3つのカテゴリのいずれかが割り当てられます。
Bitcoin Blockchain、Ethereum、Hyperledgerのチェーンアダプタを実装する予定です。ソースコードを公開したら、誰もが貢献したり、プロトコルを改善したり、独自のコードを実装することができます。また、ブロックチェーンプロトコルも追加する予定です。

チェーンアダプター市場

コミュニティによって開発または改良されたチェーンアダプタは、ArcBlockマーケットプレイスで利用できるようになります。アダプターに貢献した人は、他の人がアダプターを使用するときに報酬を受け取るでしょう。インセンティブモデルは、コミュニティがより多くの優れたチェーンアダプターを開発するよう促します。時間の経過とともにArcBlockは、さまざまなブロックチェーンに高性能で高品質なチェーンアダプターを提供することができます。

BaaSサービスとしてのブロックチェーンとの関係

過去12ヶ月間にいくつかの大手クラウドプラットフォームプロバイダは、Blockchain as a Service(BaaS)と呼ばれる新しいタイプのプラットフォームを提供し始めました。

通常、BaaSプラットフォームはユーザーに許可済みまたは公開済みのチェーンを提供し、特定の展開またはノードタイプによって最適化されています。 IBMクラウド(別名Bluemix)Hyperledgerファブリックサービスを提供するBaaS3は、最も初期のプロバイダの1つでした。

Microsoft Windows AzureはBaaSプラットフォームも提供していますが、主にテスト環境をターゲットにし、開発者のスピンアップをスピードアップします。

Amazon AWSはまだ正式にBaaSを提供していませんが、ユーザーがAWS EC2インスタンスでブロックチェーンノードをすぐに導入できるようにするサードパーティのVMイメージがあります。

これらの既存のBaaSプラットフォームとArcBlockは完全に連携します。

ArcBlockは、ユーザーにブロックチェーンを配備するプロセスを簡略化しますが、ソフトウェアエンジニア向けにブロックチェーンアプリケーションを開発および配備するプロセスを簡素化します。 ArcBlockの実装の第1段階では、ユーザーがArcBlockアプリケーション内から直接BaaSサービスを管理できるように、AWS SDKなどのクラウドコンピューティングプラットフォームとの統合が含まれます。

デザイン性の原則

Open Chain Access Protocolを設計するために、我々は多くの既存の顧客ソリューションを調査し、実際の開発者と話し合い、コンピュータとデータベースシステムの進化から学んでいます。

たとえば、Open Chain Access Layerの構造は、データベースに見られるオープンな接続性の設計に触発されました。

データベースシステムとアプリケーションの開発を振り返ってみると、ブロックチェイン技術の進化には多くの類似点があります。

典型的なシステムにおけるブロックチェーンの位置は、データベースアプリケーションシステムにおけるデータベースと非常に同じです。

多くのシナリオでは、ブロックチェーンは実際には分散データベースとして機能していると言えるのは間違いありません。ブロックチェーンのほとんどは、BitcoinやEthereumなどのデータベースの上に構築されています。つまり、データベースシステムがどのように進化したかを知ることができます。

マイクロサービスアーキテクチャ

Microservice architectureは、ブロックチェーンアプリケーションに最適です。サービス指向アーキテクチャー(SOA)スタイルの変種であるマイクロサービス・アーキテクチャーは、疎結合サービスの集合としてアプリケーションを構成します。

サービスは細分化され、プロトコルは軽量でなければならないため、アプリケーションをさまざまな小規模なサービスに分解することにより、モジュール性が向上し、アプリケーションの理解、開発、およびテストが容易になります。

ArcBlockは、前述したBlockletテクノロジを使用してブロックチェーンの固有の制限を克服するイベントマイクロサービスとして設計されています。 BlockletはOpen Chain Access Protocolを介してレイヤー下のブロックチェーンと通信し、アプリケーションが外部データに安全にアクセスしながらデータの整合性を維持できるようにします。

オフチェーンおよびオンチェーンロジック

Blockletはネイティブのマイクロサービスであるため、ブロックチェーン以外のデータソースにアクセスできます。たとえば、データベース、外部の安らかなAPI、または他のデータソースに接続でき、ブロックレットは、ブロックチェーンに関係しないロジックであっても、あらゆるアプリケーションロジックを開発するために使用できます。標準的なアプリケーション開発のためのBlockletの使用にはオーバーヘッドはありません。

実際の分散型アプリケーションでは、多くの場合、オフラインでかなりの論理コンポーネントが実行されます。 Blockletは、アプリケーション開発のトータルソリューションを提供し、エンジニアはアプリケーションのさまざまな部分を処理するために異なるフレームワークを使用する必要はありません。

アプリケーションのビジネスロジックでは、オンチェーン処理とオフチェーン処理の両方を必要とし、それぞれのデータを接続する必要があります。

例えば、オンチェーンコードは、時間や市場などの外部データやイベントにアクセスすることはできません。チェーン内のスマートコントラクトやブロックチェーンの外部にあるコードやデータを呼び出すと、一般的な信頼の壁が破られ、トランザクションの信頼性が低下します。このような場合、オフチェーンのブロックレットは、オン・チェーン・ロジックとオフ・チェーン・ロジックを結びつけるブリッジとして機能し、完全なビジネス・ロジックを一緒にします。

資産とリソースの処理

アプリケーションは、通常、写真、ビデオ、音楽、文書などのリソースや資産を処理する必要があります。ブロックチェーンは大量のデータを処理するように設計されていないため、典型的なブロックチェーンアプリケーションは、オフチェーンソリューションでこれらのリソースと資産を処理します。これを達成するにはさまざまな方法がありますが、従来のソリューションではAWS S3などのサービスや、IPFSなどの分散型ソリューションを使用していました。

あなたのアプローチにかかわらず、Blockletはあなたの資産とリソースストレージシステムと通信することができます。時には、アセットチェーン上のトークンや識別子を使用してアセットをマッピングする必要がある場合や、ブロックチェーンのレコードを使ってアセットを検証する必要がある場合があります。 Blockletは、これらの種類のロジックにとって最適な場所です。

スマート契約

Blockletは、Open Chain Access Protocolを使用してオンチェーン・コードと安全に通信することにより、信頼性の障壁を維持しながらトランザクションの信頼性を検証しながら、高性能のスマート・コントラクトを実装することができます。

チェーン上で実行するロジックとオフチェーンで実行するロジックを決定するのはエンジニアの任務です。ある極端な場合、エンジニアはブロックチェーンをステートマシンとして扱い、ビジネスの大半を投入することができます。

オラクル

Blockletデザインでは、Oracleは単にイベント・トリガーとして外部データ・ソースを使用するスマート・コントラクトの一種です。 Blockletを使用すると、設計上Oracleを簡単に実装できます。

また、ブロックレットベースの設計は、エンジニアに、設計段階と開発段階でのオン・チェーンとオフ・チェインのロジックの分割を考慮することを強要します。これにより、セキュリティと信頼性を損なうことなく、これらのフェーズの効率が向上します。

世代交代と証券化

完全に分散された設計を使用して、クラウドサービスを実装し、簡素化します。

ArcBlockのAPI Gatewayはゼロ設定ですぐに使用でき、起動するだけで実行できます。また、名前ベースのアドレッシング、クラスタ(自動ロードバランシング)、完璧な秘密(すべてのネットワークトラフィックは暗号化されています)を備えています。

世代を超えたメディアと資産

ArcBlockのコアコンポーネントはメディアとアセットを処理するようには設計されていませんが、Blockletを使用して他のシステムのサポートを受けて処理することができます。 Blockletは、オフチェーンデータを作成したり、オンチェーンデータを使用してオフチェーンデータを検証したりするのに役立ちます。 。現在、ほとんどの分散アプリケーションでは、メディアや資産をオフ・チェーン・ロジックで処理しています。彼らは、AWS S3やMicrosoft Windows Azureのストレージサービスなどのクラウドベースの集中ソリューション、またはIPFS9やSwarm10などの分散ソリューションを使用します。

ホイールを再開発するのではなく、アプリケーション開発者がメディアと資産を処理するのに最適なソリューションを採用することを推奨します。ほとんどのアプリケーション開発者は、最もシンプルで成熟した集中ソリューションを使用すると予測しています。さらに、メディアとリソースは、ほとんどのアプリケーションでブロックチェーンデータと必ずしも関係しません。他の開発者は、IPFSまたはハイブリッドソリューションの使用を検討するかもしれません。 ArcBlockを使用すると、アプリケーションに最適なソリューションを決めることができます。これは、どちらの技術的アプローチでも機能します。

ArcBlockプラットフォームはAWSを使用して独自のメディアと資産を処理しますが、将来は分散システムに移行することを検討する可能性があります。

クライアントライブラリ/フレームワーク

ArcBlockは、クライアントアプリケーション開発のためのライブラリとフレームワークを提供します。これらのライブラリは、Web、iOS、およびAndroidプラットフォームをサポートしています。 Electron Framework11を使用すると、Webバージョンを簡単にカプセル化し、WindowsおよびMac OS用のデスクトップアプリケーションとしてパッケージ化することができます。

Webのバージョンは、HTTPSとWebSocketを使用してリアルタイムで反応的なユーザーエクスペリエンスを提供するシンプルな通信ライブラリです。 Meteor、VUE、Reactなど、あなたが作業したいフレームワークを選択できるように、ほぼすべての他のWebフレームワークで動作します。

これはアプリケーション開発にとって重要な利点です。エンジニアは、クライアント側とユーザーエクスペリエンスを処理するためにほとんどの時間を費やすことができ、ほとんどのコードをこのレイヤーに書き込むことができます。しかし、ArcBlockのおかげで、従来の非ブロックチェーンアプリケーションと同じ方法でクライアントアプリケーションを開発することができます。私たちの設計は、開発者が自分の好きなフレームワークやツールを使って共同体のリソースやサポートを引き出すことができるようにします。

Algorand(アルゴランド)

ArcBlockは、Algorandを採用する最初のブロックチェーンのスタートアップの1つです。

Algorandは、2012年のACMチューリング賞を受賞したSilvio Micaliによって設立されました。 Micaliは暗号化とブロックチェーン技術のパイオニアです。彼は、暗号化のビルディングブロックの多くを開発する上で重要な役割を果たし、ゲーム理論やビザンチン契約に関する作品を発表し、マイクロペイメントのスタートアップを開始しました。 MicaliがBitcoinを見たとき、彼はそれが改善できると思った。 Algorandはそのクエストの結果です。

Algorandは、次のブロックを担当する小グループのノードを突然かつランダムに選択し、ブロック・トランザクションのパーセンテージの形で報酬を受け取ることを含む。これは敵が操作できない方法で行わなければなりません。誰もグループを選択しません。代わりにハッシュで選択されます。 Micaliは、委員会を選択するのに必要なだけ事前に指定され、伸びる擬似乱数生成器を用意することを提案しています。グループは、リーダがグループから無作為に選ばれたビザンチンの合意を再設計して、次のブロックを決定する。

ArcBlockはAlgorandを使用して、スマート・コントラクトのBlockletが実行される場所と、ネイティブ・トークンを強化する高性能ブロックチェーンを選択します。リリース候補のマイルストーンに到達すると、ArcBlockにAlgorandを実装する方法の詳細を公開します。

ABT(ArcBlock Token)はBiboxに上場するか 

今回BIBOXと提携したことを発表したわけですが、これは、トークンの取り扱いではなく、ブロックチェーン3.0を促進するためのプロジェクト上の提携です。

しかし、ArcBlockが発行するABTトークンも取り扱われる可能性は高いと考えられます。

特に、Binance やKucoinには上場していない通貨も早期に取り扱うケースが最近見られますし、

ArcBlock が提携しているブロックチェーンプロジェクトであるCyberMiles のCMTトークンもBiboxでは取り扱いが開始されてます。

同時期に紹介プログラムも開始したことから、Bibox側も新規トークンの取り扱いを積極的に行う方針なのではないでしょうか。

トークンセール前にこうした材料があることは非常に好印象と思いますし、私は期待してます。

取引所に関しては正式に発表はありませんがトークンセールが終了して3月までには上場してくるかと思います。

Binanceまで上場させて来ることができると、トークンの価格もグッと伸びていくでしょうね。

トークンセールは、2月から開始

KYC期間は終了しており、無事通過された方は個人的にメールが届いているはずです。

上記のようなメールが届いており、2月3日からの公式セールに参加できます。

おそらくですが、コミュニティも非常に多く、一人当たりのキャップもかなり少なめに設定されていることが予想できますので、十分な量のトークンは購入できないのではと思っています。

KYC漏れで参加できない方もいるようですし、ICO 終了後も、取引所次第では多少価格も付いて来るのではと思っています。

ArcBlockに関する質問

最後に簡単な質問を載せておきます。

Q:ArcBlockとは何ですか?

ArcBlockは、分散アプリケーションの開発と展開に焦点を当てたブロックチェーンサービスプラットフォームとエコシステムです。

Q:ArcBlockはどのような問題を解決できますか?

ArcBlockは、分散型ブロックチェーンアプリケーションの開発と展開のためのスケーラブルでスケーラブルで使いやすいプラットフォームの作成に取り組んでいます。

ArcBlockの主な目標は、ブロックチェーン技術の普及を妨げる障壁を取り除くことです。私たちは、ブロックチェーンの開発を大きく進歩させる革新的な方法を見つけることに情熱を持っています。

Q:ArcBlockの競争相手は誰ですか?ArcBlockを目立たせるには?

現在のブロックチェーンは、競争力のある広大な新大陸です。多くの同プロジェクトはArcBlockで見つかった類似の問題を解決しようとしますが、それぞれ異なるアプローチと戦略があります。たとえば、EOSは新しいチェーンの周りに生態系を構築し、新しいブロックチェーン技術を構築しようとします。

ArcBlockは異なる戦略を、ゼロからスタートして、新しいチェーンを作成するつもりはありませんが、新しいプラットフォームの構築は、イーサリアム、ハイパーレジャー、ビットコインなどの既存の主流のブロックチェーンをサポートしている企業と密接に協力します。

ArcBlockプラットフォームを構築するには、トップダウンのユーザー中心の戦略を使用します。代わりに、多くの既存のソリューションの焦点または限られた思考の新しいチェーンを構築しますが、使いやすさを犠牲にして、アプリケーションArcBlockプラットフォームを通じてチェーン新世界を遮断するために、ユーザフレンドリーなリアルタイムの体験を提供します。

Q:ArcBlockとEthereumの違いは何ですか?ArcBlockはどのくらい速く安全ですか?

 ArcBlockがオープンコンピューティング・プラットフォームであり、ブロック・チェーン・アプリケーションを展開、イーサネット・スクエアは、両方の既存の連絡先も非常に異なっている、ブロックチェーン技術です。

リンゴとオレンジを比較するのと同じように、ArcBlockとEthereumを比較してください。

ArcBlock独自のトークン・エコノミー用に最適化されたブロックチェーンを開発し、多くのアプリケーションで十分な1秒あたり100,000トランザクションで設計された高性能トランザクションをサポートする公的帳簿サービスを開発します。将来、このブロックチェーンは、より多くのアプリケーションニーズとシナリオをサポートするように拡張されます。

Q:ArcBlockの機能は何ですか?

ArcBlockは、複数のブロックチェーンプロトコルを接続することを可能にする「オープンチェーンアクセスプロトコル」を発表しました。開発者は、独自のブロックチェーンアグリーメントの評価を選択する権利を得て、異なるチェーン間を行き来することさえできます。

Blockletは、最新のマイクロサービスアーキテクチャとサーバーレスコンピューティングをフルに活用する革新的なコンポーネントです。

また、リアルタイムメッセージングサービスの購読/公開をサポートし、BlockletのAPIゲートウェイとして機能する分散型メッセージングシステムを作成しました。ArcBlockアプリケーションゲートウェイは、分散型設計と安全なメッセージングチャネルを使用します。アプリケーションは、ブラウザとモバイルアプリケーション内のゲートウェイと通信し、エンドユーザにリアルタイムで応答性の高いユーザエクスペリエンスを提供します。

ArcBlockは、集中化されたソフトウェアプラットフォームだけでなく、自己進化するエコシステムです。私たちのArcBlockとArcBlock Foundationは、まもなく開始されており、将来的に私たちのコミュニティのサポートを受けて成長し、進化していきます。

Q:ArcBlockトークンとは何ですか?どのように機能するのですか?

ArcBlockトークン(ABT)は、ArcBlockプラットフォームサービスの使用料を支払うアプリケーショントークンです。プラットフォームにコンピューティングリソースまたはサービスを提供する「マイナー」は、トークンを得ることができます。

Q:ArcBlockトークンをマイニングできますか?

ABTトークンは、システムの作成時にプリキャストされます。ArcBlockプラットフォーム上の一般的な意味のArcBlockプラットフォームでは「鉱業」、「マイナー」は、プラットフォームとしてのコンピューティングリソースの寄与である、さらに、プラットフォームの構築を支援するために、再利用可能なアプリケーションコンポーネントであってもよいし、新たなサービスでも提供によって展開されます。リソースまたはサービスを提供する参加者は、トークン報酬を受け取ることがあります。

Q:ArcBlockは別のパッケージですか?

むしろ、個々のパッケージやAPIのセットよりもArcBlockサービスプラットフォームは、ブロックチェーンとクラウド・コンピューティングを組み合わせた完全なソリューションであり、ArcBlockも、アプリケーションモジュールを提供するために、再利用可能なコンポーネントを開発するために、参加を奨励するために、市場のインセンティブを構築されていますトランザクションを実行します。

Q:ArcBlockはオープンソースプラットフォームですか?

ArcBlock上のオープンソースプロジェクトやプラットフォームがない一般的な意味、我々は分散型ブロックチェーンアプリケーションの開発と展開を促進するための盛んなエコシステムを構築するために、ArcBlockプラットフォームを開発するために、商用ソフトウェアの開発とプロセスの実用的な操作をしているが、出産しました。したがって、ArcBlockプラットフォームは公共サービスチェーンの独自のトークン経済と公共図書をArcBlock専用のサポートが含まれ、それはまた、いくつかの主要なオープンソースのプロトコル参照モデルの重要なノードであると実装を開発します。

オープンソースではありませんが、ArcBlockの設計はオープンスタンダードに準拠しています。我々は、ストーブを再起動しないで、むしろ開発者のニーズを開発するために最善を尽くしています。その間、私たちは様々なブロックチェーン技術コミュニティにも積極的に貢献してきました。

Q:ArcBlockは新しいチェーンを作成することですか?

 ArcBlockたちはゼロからスタートするつもりはなく、異なる戦略を採用しながら、新しいチェーンを作成します。

新しいプラットフォームの構築は、既存の主流のブロックチェーンをサポートして、既存の技術と互換性のない新しいものを作るのではなく、主流のブロックチェーンテクノロジーと連携して開発します。

Q:他のプロジェクトがArcBlock Block Foundation Platformで独自のトークンを発行できますか?

はい。ArcBlockプラットフォームでは、独自のユーザートークンを作成し、ネイティブトークンのすべての機能に直接統合することもできます。

近い将来、開発者がArcBlockプラットフォームにアプリケーションをデプロイしてデプロイすると、ArcBlockアプリケーショントークンを使用してトークンを起動できます。

関連リンク 

公式サイト:https://www.arcblock.io/ja/

白書:https://www.arcblock.io/file/whitepaper/WhitePaperEnV2_en-US.pdf?v=4

Twitter :https://twitter.com/ArcBlock_io

facebook:https://www.facebook.com/arcblock.io/

Authorship

BABbit43

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

2 コメント

  1. こちらのサイトから初めてICOに挑戦しようとKYC通過まで済ませたものです。

    ですが、KYC時に設定するMEWのことが事前にわかっていなかったため、取引所で使っているような
    ETHアドレスを設定してしまいました。

    この場合、再KYCは実施されないので諦めるしかないのかなと思ってますが、何か対応策をご存知でしたらご教授ください。

    • まだ開始まで時間はありますので、サポートにメールするか、ダッシュボードで編集画面が出ていれば変更できると思います。試してみてください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here