ArcBlock(アークブロック) ICO

ArcBlock(ABT)分散型ブロックチェーンアプリケーションを構築および展開するためのプラットフォームおよびエコシステム

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 27 分です。


ArcBlockとは

ArcBlockは、分散型ブロックチェーンアプリケーションを構築および展開するためのプラットフォームおよびエコシステムです。

このプラットフォームは、ブロックチェーンを使用して複雑なビジネスルールを強化するために必要な基本コンポーネントを提供します。これによって、既存のシステムをブロックチェーンネットワークに接続し、既存のシステムに関連するデータとIDを使用してビジネスプロセスを自動化することができます。

ArcBlockの主な目標は、ブロックチェインの採用を一般の人々に遅らせる障壁を取り除くことであり、そのためのアプローチとなるものを構築します。

業界が直面する5つの問題点

ブロックチェーン技術は未だに初期の段階で、ユーザーと開発者を妨げる多くの問題があります

現時点では、広範で分散したブロックチェーンアプリケーションを作成することはできません。

パフォーマンス不振

パフォーマンスは、現在のブロックチェーン技術が直面している主な課題の1つです。 Bitcoinが使用するブロックチェーンは、1秒あたり7回のトランザクションを処理するように設計されており、Ethereumはほんの数回しか処理できません。

一つの良い例として、2017年12月現在、シンプルなCryptoKitties1アプリケーションはEthereumネットワークをを遅くし、取引手数料を劇的に増加させる可能性がありました。

今日の消費者アプリケーションは、毎日何千万ものアクティブユーザーを処理できる必要があり、プラットフォーム自体は、多数の同時ユーザーを処理できる必要があります。

優れたユーザーエクスペリエンスに関しては、遅延解消だけでなく、信頼できるフィードバックが求められます。遅延が長くなるとユーザーは不満になり、ブロックチェーン上に構築されたアプリケーションは、既存のブロックチェーン以外の選択肢との競争力が低下します。

専門的知識が必要

今日のブロックチェーンアプリケーションは、消費者の主流ではなく、それらを使用する方法を知っている数少ない技術者のために作られています。ほぼすべてのブロックチェーンアプリケーションでは、ユーザーがブロックチェーンノードを実行するか、または「軽いノード」をインストールする必要があります。学習曲線とその努力により、一般の人々の採用が遅れています。

たとえば、前述したEthereumベースのゲームCryptoKittiesはこれまでに構築されたユーザーフレンドリーな分散アプリケーションの一つですが、Metamask light wallet2ブラウザー拡張機能をインストールする必要があります。ユーザーは、イーサリアムを安全に購入し、Metamaskでそれらを使用する方法も知っておく必要があります。

多数の人々を引き付けるためには、ブロックチェーンアプリケーションは、今日のウェブアプリケーションやモバイルアプリケーションほどシンプルである必要があり、

それと同時にブロックチェーン技術は、消費者にとって完全に透明でなければなりません。

高いコスト

ブロックチェーン技術を使用するコストは非常に高く、主流の採用に大きな障壁となります。また、自由なサービスを構築する柔軟性が必要な開発者も制限されています。今日のウェブアプリやモバイルアプリと同じように、ユーザーはマイナーアクションごとに料金を支払う必要はありません。インターネットと同様に、ブロックチェーン技術は無料のアプリケーションをサポートできるはずです。

コストを削減して、ブロックチェーンを自由に使用することは、普及するための鍵と言えま。また、フリープラットフォームにより、開発者や企業は、ユーザーがブロックチェーンネットワークの使用料金を支払うのではなく、収益化できる貴重な新しいサービスを作成することができます。

プラットフォームロックインリスク

あらゆるコンピューティングテクノロジーの初期の時代と同様に、ブロックチェーンは重要な「プラットフォームロックイン」問題を抱えています。開発者は、サポートするブロックチェーンを決定してから、後で別のブロックチェーンにアプリケーションを切り替えることを非常に困難にするプラットフォーム固有のコードを実装する必要があります。

開発者は特定のブロックチェーン技術に取り組んでいるわけではないため、オプションの評価、使用、および切り替えの柔軟性をよく必要とします。いくつかのアプリケーションは、最高のユーザーエクスペリエンスを提供するために複数のプラットフォームで実行する必要がある場合もあります。

機能の欠如

人々はブロックチェーンに対する高い期待を持っています。ニュースメディア、エバンジェリスト、ジャーナリストは、特に暗号通貨の価格の高騰に伴い、分散型アプリケーションのための明るい未来を描いています。

しかし、現実には、ブロックチェーン技術は未だに初期の段階であり、ほとんどのブロックチェーンサービスには豊富な機能がなく、コミュニティが機能スタックに貢献するような仕組みがありません。

ブロックチェーンのインセンティブメカニズムは、まだブロックチェーン技術スタックへの貢献を促進するようには設計されておらず、分散型のアプリケーション開発には以上のような問題点が残されており、障壁は未だ高いままです。

このような問題点が残っており、同プロジェクトであるOPENMONEY も同様の課題を懸念点として挙げており、ソリューションを提示しています。

(こちら参照)

OPENMONEYが可能にするブロックチェーンと集中インフラストラクチャの橋渡しの未来

ArcBlockの技術構成要素とソリューション

上記課題を解決するために、ArcBlockは完全なブロックチェーンの統合、およびクラウドコンピューティング技術だけではなく、個々のパッケージやAPIセットを提供する予定です。

さらに、ArcBlock独自の通貨のあるプラットフォームを取得するために展開される新しいサービスやアプリケーションの開発を計画しています。

ArcBlockはコミュニティ全体で構築されたブロックチェーン3.0 アプリケーションプラットフォームです。

ソリューションとして重要視されるのが、チェーン上に接続することであり、

このうち、「オープンリンク・アクセス・プロトコル」の導入は、既存の「プラットフォーム・ロック」リスクを改善するためのものであり、ビットコイン、イーサリアム、Hyperledgerブロックチェーンと非常に多くの異なるプロトコル(オープンチェーンアクセスプロトコル)を接続します。

いくつかのアプリケーションをチェーン全体に構築して、開発者とユーザーエクスペリエンスを劇的に向上させることができます。

技術内容は以下で構成されています。(詳しくは白書参照)

オープン・チェーン・アクセス・プロトコル

オープン・チェーン・アクセス・プロトコルは、基盤となるブロックチェーンにアクセスするための抽象レイヤーを提供するオープンソース・プロトコルで、Bitcoin、Ethereum、Hyperledgerなどのさまざまなブロックチェーンでアプリケーションを動作させることができます。

プラットフォームロックインの問題を解決し、アプリケーションを複数のブロックチェーンファブリック上で実行できるようにし、開発者とユーザーエクスペリエンスを大幅に改善します。ブロックチェーンコミュニティに参加するすべての人は、貢献をしたり、エクステンションを作成したり、改善を加えたりすることができます。 

Blocklet(ブロックレット)

BlockletはArcBlockのコアです。ArcBlockのオープチェーンアクセスプロトコルを介してブロックチェーンと通信するさまざまなタイプのアプリケーションを実行するためのサーバレスコンピューティングアーキテクチャです。

既存のデータソースにも接続され、オンチェーンとオフチェーンの両方の計算を実行します。ブロックレットは、スマートコントラクト、Oracle、リソースおよびアセット処理、さらにはオフチェーンのビジネスロジックにも使用できます。

分散型Pub / Sub Gateway

Decentralized Pub / Sub Gatewayは、pub / subをサポートし、BlockletのAPIゲートウェイとして機能する分散型メッセージングシステムです。

これにより、アプリをWebブラウザとモバイルアプリの両方で実行できるようになり、インタラクティブでリアルタイムのエクスペリエンスをユーザーに提供します。

ゲートウェイは、WebSocket、DDP、HTTPS、MQTTなど、さまざまなネットワークプロトコルをデフォルトでサポートしています。上級開発者は、新しいネットワークプロトコルを使用してゲートウェイを拡張し、ニーズに合わせることができます。

トークンエコノミーサービス

ArcBlockは、トークン経済によって駆動される市場です。ArcBlockの「Miners」は、コンピューティングリソースをシステムに提供するだけでなく、再利用可能なコンポーネント、新しいサービス、またはすぐにデプロイできるアプリケーションにも貢献し、トークンの報酬を獲得します。

リソースやサービスに貢献する人にはトークンが与えられ、自ら進化し続ける積極的な自己成長プラットフォームを形成します。ArcBlockはArcBlockコミュニティ全体で開発されました。新しいブロックチェーン革命を開始するだけです。

 

 

これらのユニークなデザインは、高性能で使いやすい、コスト効率の高い、プロトコルに依存しないプラットフォームを提供することを目指しています。

それゆえ、ArcBlockは、3.0世代のブロックチェーンと言われています。

ARCBLOCKマーケットプレイス

ArcBlock Marketplaceは、ArcBlockプラットフォーム自体に構築された分散型ブロックチェーンアプリケーションです。

このアプリは、Chain Adapters、Blocklets Components、アプリケーションなどの再利用可能なコンポーネントの一覧表示、検索、評価、使用、およびランキングのマーケットプレイスとして機能します。

また、コンポーネントの品質とその開発者の評判、その他の情報についての一般的なフィードバックを維持する責任があり、この情報は、ユーザーが再利用可能なコンポーネントを評価するのに役立ちます。

すべての市場情報は、透明性と信頼性を確保するために、ArcBlockのブロックチェーンテクノロジによって提供される公的元帳に記録されます。

ArcBlockの強み

コミュニティ人気

コミュニティ人気はかなり高い方です。

2018年1月15日時点です。

Twitter:6312

Telegram:23564

こちらはテレグラムの参加人数をまとめたものですが、上位の数を誇ります。必ずしも、トークンの価格に影響するわけではありませんが、コミュニティ支持はホルダーの握力を強め、ゆるやかな安定した価格上昇が期待できます。

パートナー提携

パートナーにはIBM、LINUXなどに加えブロックチェーン企業も提携しています。

Linuxは、オープンソース(OS)であり、様々な企業が使用しています。OSシェア率はwindowsが高く、有名ですが、Linux は独自の技術によって近年急速に拡大しています。

Linux財団メンバーには、IBM、Intel、HITACHI FUJITSU INTEL SAMSUNG ORACLE MICROSOFT が含まれています。

ブロックチェーン企業の提携先は以下です。

HyperLedger:Linux財団によって開始されたオープンソースのブロックチェーンプラットフォーム。初期メンバーにはJPモルガン、IBM、CME、FUJITSU、SWIFTも含まれる。

CyberMiles:ブロックチェーンエコシステムですによるマーケットプレイスプロジェクト。2830万ドル調達し、Binance、Biboxなどに上場済み。

トークンについて

ArcBlockトークン(ABT)は、ArcBlockプラットフォームのネイティブ通貨です。

高性能なトランザクションを実現するために、ArcBlock独自のトークンサービス専用の最適化されたブロックチェーンと公的元帳を構築しており、設計目標は、 100,000 Tx / s以上を達成することです。

幅広いアプリケーションに適しており、将来、このブロックチェーンは、より広い目的のために改善される可能性があります。

シンボル: ABT

価格: 1 ETH= 1900ABT(0.00053 ETH)

期間:2018年2月3日CST 19:00-2018年2月10日

調達目標: 45,000,000 USD

総供給: 186,000,000

トークン販売: 45%

個人キャップ: 0.1 ETH / 50 ETH

受け入れ通貨: ETH, CMT

調達目標は少々大きめですが、期間が短めなので十分に満たされない可能性があります。

トークンホルダーのメリット

トークンは、さまざまなシナリオで使用できる汎用トークンとして設計されています。

ArcBlock内では、ABTの基本的なユーティリティ機能は、ArcBlockシステムを使用する手数料を支払うことです。クラウドコンピューティングサービスと同様に、ABTは、サービスの使用に関連するコストを支払うユーティリティトークンとなります。

ArcBlockは、ユーザーが一般的にトランザクションごとに料金を支払うEthereumまたはBitcoinとは異なり、アプリケーションプロバイダがエンドユーザの取引手数料を支払うことができるように設計されています。

これは、ユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させるためであり、開発者は月単位で支払いを行い、小規模なユニットを追加してお金を節約することができます。

ArcBlockトークンはERC20トークン1:1にマップされます。これにより、トークン交換が簡素化され、Ethereumコミュニティに結びつけるアプリケーション開発者は、ERC20トークン上に構築された既存のエコシステムを活用しながら、高性能でフル機能のトークンサービスを活用することができます。

そして、プラットフォームにリソースまたはサービスを提供したマイナーにはトークンの報酬が与えられます。

マイナー

ArcBlockでは、貢献者(「鉱夫」)がArcBlockプラットフォームサービスを実行し、サービスネットワーク全体に参加することができます。 ArcBlockコミュニティ内での鉱夫の役割は、BitcoinとEthereumの貢献者とは大きく異なります。

リソースマイナー

リソースマイナーは、コンピューティングリソースをシステムに提供します。クラウド・コンピューティング・リソースを提供し、クラウド・ノードとして実行したり、自己ホスティング・コンピューティング・リソースを提供することができます。

ArcBlockの設計では、Minersは専用のコンピューティングリソースを提供したり、複数の関係者間で共有したり、他の人と共有したりすることがあります。モデルの選択は完全に鉱山者に任され、必要に応じて変更することができます。

コンポーネントマイナー

コンポーネント・マイナーは、新しいチェーン・アダプター、ブロックレット・コンポーネント、またはすぐに展開可能なアプリケーションなど、ソフトウェア・コンポーネントをシステムに提供します。

このコンポーネントは、別のアプリケーションによって再利用および展開できるパッケージ化されたコード、または単にBlockletインターフェイスを通じて公開される一連のサービスである可能性があり、

たとえば、深い学習ベースの画像認識サービスでは、独自のサービスを他の場所で実行することができますが、他のArcBlockアプリケーションで使用できるようにサービスをBlockletとして提供します。

そして、スマートコントラクトにやってコンポーネントが複数の当事者によって開発されている場合、鉱夫の手数料がどのように分配されるかを定義されます。コンポーネントのコードがどのようにフォークされるかの規則も定義されます。

アプリケーショントークンの作成

ArcBlockでは、開発者は独自のトークンのすべての機能を継承する独自のカスタムトークンを作成することもできます。

ArcBlockを使用すると、独自の経済を簡単に構築できます。トークンは暗号化のためだけではなく、ユーザーID、証明書、ドキュメントから実世界のエンティティまで、さまざまなものを表現できます。 ArcBlockを使用すると、アプリケーションのすべてをトークン化できます。

資金調達(ICO)

近い将来、ArcBlockを使用してアプリケーションを構築して展開すると、ArcBlockのアプリケーショントークンで初期コインオファー(ICO)を作成することもできます。

トークンセール参加方法

トークンセールは2月3日からですが、ホワイトリスト登録が必要です。

公開セール登録とKYCはすぐに始まります!!!🔛🔛🔛

🌎公売
最小0.1 ETH /最大50 ETH

1. 1月15日午後7時(CST.2018)、登録セクションは当社のウェブサイトに登録されます。
2. KYCの提出とレビュー
3.公開販売開始の承認待ち
4.公開トークン販売イベントは2018年2月3日から開始されます。午後7時、終わり、2018年2月10日午後7時

CST =中央標準時(米国)
すべての手順は公式のウェブサイトをご覧ください:
arcblock.io

詐欺師に注意!
管理者として、私たちは決して資金を求めません!!電子メールを信用したり偽装したり、電報アカウントのPMメッセージを偽造したりしないでください。

4週間以降、トークンがリリースされ、交換情報が発表されます。

このようなアナウンスがあってます。日本時間では1/16/10:00ごろから登録が可能です。期間もありますので、急ぐ必要はないでしょうが、早めにすませておきましょう。

こちらから参加すると、➕2%のボーナス付きで参加できます。

ArcBlock参加

具体的な手順です。

  • 公開セール:2018年2月3日午後7時CST開始
  • 公売登録:2018年1月15日、CST午後7時 - 2018年1月28日、午後7時CST

1. ArcBlockの公式サイトarcblock.ioにログオンし、メインナビゲーションの「サインアップ」ボタンをクリックします。

2.アカウントを登録し、電子メールの確認を待ちます。

3.電子メールが確認されると、KYCプロセスを開始することができます。

4.国籍、氏名、Eメール、パスポート写真ページスキャン/政府発行の写真IDスキャン(正面&背面)、KYC目的のセルフマネー写真を提出してください。

5. KYCの承認を待つ。

6. KYCのレビューを待ってください。

7. KYCを完了した後、ICOの公開を待ちます。

8. ICOが開かれた後、ETH / CMT寄稿アドレスを見ることができます。あなたのETH / CMTを住所に転送してください。

9. ArcBlockは、公開販売終了後4週間以内にABTトークンを配布します。

よくある質問

最大、最小購入額を教えてください。

→ETH:0.1〜50ETH、CMT:200 CMT 150,000 CMT.

ABTトークンを採掘できますか?
→いいえ、ABTトークンはすべて事前に作成されています。

「マイニング」は、ArcBlockでは非常に異なる意味を持ちます。 ArcBlockプラットフォームの「Miners」はコンピューティングリソースをもたらし、さらに再利用可能なコンポーネント、新しいサービス、さらにはアプリケーションの配備の準備を提供することで、プラットフォームを構築するのに役立ちます。リソースやサービスに貢献した人には、トークンが与えられます。

ArcBlockは独立したソフトウェアパッケージですか?
→ArcBlockは、ソフトウェアパッケージまたはAPIセットではなく、プラットフォームサービスです。 ArcBlockは、ブロックチェイン技術とクラウドコンピューティングを組み合わせた包括的なソリューションです。 ArcBlockは、再利用可能なサービス、コンポーネント、さらにはアプリケーションのインセンティブドリブンマーケットです。

ArcBlockはオープンソースプラットフォームですか?
→ArcBlockはオープンソースプラットフォームでも、オープンソースプロジェクトでもありません。 ArcBlockは商用ソフトウェア開発の実践とプロセスとして開発しています。特定のマイルストーンに到達する時点で、いくつかの重要なプロトコルとその参照実装をソースに公開します。

ArcBlockはオープンソースプロジェクトではありませんが、ArcBlockはオープンスタンダードで構築されています。当社のコアコンポーネントをオープンソーシングすることに加えて、我々はブロックチェーンテクノロジーコミュニティの多様化に積極的に貢献する。

ArcBlockはパブリックブロックチェーンですか?
→いいえ、 ArcBlockは本質的に、他の多くのブロックチェーンテクノロジのブロックチェーンアプリケーションの構築と展開のためのコンピューティングプラットフォームです。

ArcBlock自体は、組み込みのブロックチェーンテクノロジによって強化されています。

他のプロジェクトでArcBlockで独自のトークン生成イベントを作成できますか?
→はい。 ArcBlockでは、ネイティブトークンABTのすべての機能を継承する独自のカスタムトークンを作成することもできます。

近い将来、ArcBlockを使用してアプリケーションを構築して展開すると、開発者はArcBlockのアプリケーショントークンで独自のトークン生成イベントを作成できます。

ArcBlock(ABT)のエアードロップについて

バウンティプログラムがありますので、ぜひ参加しましょう。

プログラムは、

A.Bitcointalk.org signature campaign and referral program: 23% —46000 STAKES;
B. Content (blogs and media publications): 16% — 34000 STAKES;
C. Twitter Bounty: 14% — 28000 STAKES;
D. Reddit Bounty: 8% — 16000 STAKES;
E. Translation Bounty: 7% — 14000 STAKES;
F. Facebook Bounty: 14% — 28000 STAKES;
G. Instagram Bounty 8%: -- 16000 STAKES;
H. LinkedIn Bounty 8%: -- 16000 STAKES;
I. Moderation Bounty 2%: -- 4000 STAKES

9つあります。

Bitcointalk 署名プログラムに関しては、友人を招待するたびに、ステークスが追加されていきます。友人のBitcointalkユーザー名をフォームに入力してもらいましょう。

Bitcointalk signature bounty form

私の場合は@babbit43です。

まとめ

分散型のアプリケーションプラットフォームということで、テーマは非常に期待値が高く、面白いですが、競合プロジェクトは多いです。

一つ注目していたOpenmoney も良いなと思いますし、ArcBlock も注目しています。

トークンセールに参加するかはわかりませんが、ホワイトリスト登録はしておきたいと思います。

関連リンク

公式サイト:https://www.arcblock.io/ja/

白書:https://www.arcblock.io/file/whitepaper/WhitePaperEnV2_en-US.pdf?v=4

Twitter :https://twitter.com/ArcBlock_io

facebook:https://www.facebook.com/arcblock.io/

  • この記事を書いた人

BAB

暗号通貨にどっぷりはまり、日々勉強中。専らトレードで日々収益を得ています。 当サイトではビットコインからアルトコインなどの暗号通貨の他、最新投資案件やビジネス情報をマイペースに配信中。 一般公開できないICO,アルトコイン、案件情報は公式Line@でのみ配信します。

おすすめ記事はこちら

1

目次1 はじめに2 全体概要-Sparksterとは?3 プラットフォームの大きな特徴3.1 クラウド界に混乱を起こす3.2  IoTと分散型クラウド3.3 大幅なコスト削減3.4 シンプルで直感的な ...

2

目次1 Quarkchainプロジェクトの背景と概要1.1 背景1.2 ビジョン2 プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引2.1 二層ブロックチェー ...

3

目次1 QuardrantProtocolの全体概要2 ビジョンー何を解決したいのか2.1 Quardrantの解決策3 アーキテクチャと技術3.1 PoA アルゴリズム4 技術ロードマップ4.1 現 ...

-ArcBlock(アークブロック), ICO

error: Content is protected !!

Copyright© BAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.