ELF(エルフ)Binanceに上場している分散型クラウドコンピューティングサービスのAELF(ELF)トークンのエアードロップについて

0
261 views

 

既に世界最大取引所Binanceに上場している通貨のエアードロップがあるということで今回取り上げました。

AELFとは

Aelfは分散型のクラウドコンピューティングブロックチェーンプラットフォームであり、

中国産の通貨、プロジェクトです。

AELFの目的と特徴

AELFプロジェクトは、最も効率的なカスタマイズ可能なOSをブロックチェーン上に構築するために始まりました。

現在、急成長しているOSであるLinuxと同じ概念が組み込まれており、主流のチェーン(ビットコイン、イーサリアムなど)と相互作用できるクロスチェーンシステムがあります。

伝統的なシステムとは違い、トランザクションを並列処理することで、スピードを高めます。

効果的なブロックチェーンの初期設計は、すべてのスマート契約を1つのチェーンで結合するのではなく、特定のビジネスシナリオを解決することに焦点を当てるべきです。ビジネス要件に基づいて最適なパフォーマンスを提供するために、チェーンは、効果的でカスタマイズされたデータ構造、スマート契約ロジック、および合意された目的のための合意プロトコルを提供しなければなりません。そうすることで、チェーン内のコンポーネントとデータの管理が非常に簡単になります。

このように白書に述べられてます。

AWSに類似したクラウドコンピューティングプラットフォームを目指しており、特徴は以下です。

高性能

ノードがクラウドサーバー上でフルに実行

リソース隔離

各スマート契約が独自のブロックチェーン上で作動

ガバナンス&発展

トークンホルダーによる委託投票制度

AELFのビジネスモデル

Ælfチームには数年にわたるBlockchain開発経験があります。特に、いくつかの商業向けのエンタープライズプロジェクトに携わっています。

提案されている技術的ソリューションは、スケーラビリティ、セキュリティ、カスタマイズ、相互運用性など、ブロックチェーンをを商業的に採用する上での最も大きな障害を解決しようとしています。

将来的には、新しいプロトコルを採用し、あらゆる種類の商用シナリオをサポートするための非常に効率的なインフラストラクチャを提供します。

基本的には次世代のデジタルビジネスにおけるインターネットインフラを目指しています。

金融サービス

ブロックチェーンは、仲介業者を大幅に削減し、安全な取引を保証するため、金融サービス業界で多くの注目を集めています。

現時点ではクロスボーダー決済、貿易金融、サプライチェーンファイナンスなどの金融サービス向けに、AELFの複数のチェーンが特別に開発される可能性が高くなっています。

並列処理機能は、国際規模での取引を処理することができ、アセットの登録、口座管理、リアルタイムトランザクションとのスムーズな連携が可能です。

保険

保険業界はBlockchainによって混乱することが予想される別の非常に魅力的な分野です。

保険のための専用のAELFサイドチェーンは、保険のための様々なDAPPを統合し、ユーザーアイデンティティから保険契約の実行、請求処理まで、業界全体のバリューチェーンを変革します。

デジタル情報とIP

Ælfのマルチチェーン構造には、デジタルアイデンティティのためのチェーンが組み込まれています。これにより、別の側鎖が混雑状態である場合、そのような側鎖の性能が保証され、新しいトークンが他方の側鎖に発行されます

Ælf内では、デジタルIDは「メッセージング」を介して他のサイドチェーンによって使用されます。アダプタを使用すると、ÆlfはBitcoinやEthereumなどの他の確立されたチェーンから情報やデータを取得することもできます。

スマートシティ

政府は、Ælfに​​特定の管理業務を安全かつ便利に実行できるようにするため、Ælfに​​も関心を持つことになります。

政府または組織は、国家安全保障要件を満たすために合意プロトコルをカスタマイズすることができ、公共の記録、市民の身元、政府機関の情報開示、ポーリングなどの活動は、透明性と効率性が非常に高いエルフで実現することができます。

エストニア、シンガポール、中国などいくつかの国がこの分野で実験を行っています。

インターネットファッション

Ælfは、光ノードとクラウドサービスをサポートしており、高性能を維持しながら、接続されているデバイスの計算要件を削減します。

これは何十億ものデバイスを管理するうえで重要なことであり、それらを介したマイクロペイメントによりインターネットをリンクさせることができます。

以上のような産業で、基盤を強化し、それに取り組むためには、新しいビジネスチャンスとDAPPSを積極的に特定し、エコシステムの一部としていきます。

AELFのメリット

プライベートセールにて既に資金調達に成功

資金調達はプライベートセールで完売成功しており、ロックアップ期間もなく、一般向けのセールもありません。

約2500万ドル調達しています。

 

価格は現在1.5-2.0USD程度です。トークン価格は10倍以上です。

POWではなくDPOSを採用

POWにおいて、鉱山プールのパフォーマンスは依然として制限されています。したがって、1つのノードをアップグレードしても、ネットワーク全体の改善につながるわけではありません。

AELFのロジックは次のとおりです。

AELFメインチェーン自体は、システム全体のバックボーンとして機能する、AELF OSによって実行されるブロックチェーンです。メインチェーンは、サイドチェーンインデックスシステム、トークンシステム、DPoSコンセンサスプロトコルで構成されています。

ノードは、その役割に従って分類され、クラスタ上で標準的なサービスを提供する人はオープンソースであり、DPoSを介してメインチェーンのコンセンサスを達成しています。

委任されたマイニングノードは、サイドチェーンを最大限に保護し、メインチェーンの強力な合意を共有することができます。委任されたマイニングノードはクラスター内で実行できるため、この方法はサイドチェーンを追加すると効率が向上します。

サイドチェーンは互いに独立しているため、サイドチェーンを1つ追加することでシステム全体の効率が向上し、さらに、各サイドチェーンの効率も並列処理の恩恵を受ける仕組みです。

大きな顧客基盤と提携企業

存のチェーン上の既存のDAPPとの相互運用
BitcoinやEthereumなど、既存のチェーンには既にいくつかの実績のあるDAAPがあります。

Ælfは、相互運用性機能を活用してこれらのDAPPに接続し、資産交換を許可し、それらのDAPPからのトランザクションデータを取得します

開発チームとその顧問は、グローバルなブロックチェーンコミュニティにおける新しいアイデアの形成と商品化に深く関わっており、技術的および商業的アドバイスのために、新しいスタートアップと提携しています。

この強力なつながりを活用して、新しいスタートアップのアイデアを育み、それをエルフシステムに組み込むことができます。 

すでに、大きな顧客基盤と、現在のビジネスの実証済みの価値を持っており、Ælfは、より強力なインセンティブと報酬をもったより強力なモデルに変身させることができます。

マーケティング

マーケティングの一貫として、コミュニティの活動を高めるためにエアードロップが行われています。後ほど詳しく説明します。

コミュニティも急成長しています。

Twitter:30000以上

取引所のサポート

既に、9の取引所でトークンがサポートされており、世界最大の取引所である中国のBinance にも上場しています。

Binance に関してはこちらを参考に。

Binance(バイナンス)中国暗号通貨取引所とは?登録から上場予定アルトコイン一覧.

ロードマップ

2018年から、マルチサイドチェーンの実装やガバナンス構造、ビジネスシナリオのスタートが予定されてます。

始まったばかりであり、今後開発が進んでいくプロジェクトです。

ELFトークンについて

シンボル: ELF

ICO 価格: 1 ELF = 0.0990 USD (0.00022 ETH)

調達済み: 24,800,000 USD (55,000 ETH)  

トークンセールは終了しています。

ELFのエアードロップについて

エアードロップがコミュニティ向けに開催されています。

参加はこちらから

個人情報を入力します。

メールを確認します。

ログインします。

ログインしましたら、いよいよダッシュボードからトークンを獲得する作業を始めます。

トークンの獲得方法

獲得方法は二つあり、ポイント制で総ポイント数でトークン数が決まります。

  1. アサインメントポイント
  2. インフルエンサーポイント

の2つです。

友人を招待するだけでなく、様々なアクション(ツイッターやフェイスブックなど)を行うことで、無料でトークンがもらえます。

Assignment ポイントは1日に1000ELFまで稼げます。

アクションとしては、ツイッターやテレグラムがメインです。

そして、招待システムは8段階まで適用されます。

こちらから参加できます。

ただし、ELFの出金はポイントが発生してから1ヶ月後です。

まとめ

初期価格から既に数十倍になっているaelfコインですが、単価も安く、何より最大の取引所Binanceだけでなく複数の取引所に上がっているため流動性も確保しやすい通貨であると思います。

今後、まだまだ伸び代がある通貨が無料でもらえるので、もらっておいて損はないのではないでしょうか。

今後こうした通過のエアードロ情報も配信していければと思います。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here