【ICOレビュー】Adsigma-デジタルディスプレイ広告のブロックチェーン革命

0
419 views

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

 

プロジェクトとICOの全体概要

AdSigmaトークン(ADSi)は、広告主がウェブ/アプリのプロパティでデジタルディスプレイ広告を購入できるユーティリティトークンであり、サイト運営者はAdSigmaプラットフォームを使用してアプリ/ウェブサイトから収益を得ることができます(ADSiトークンで支払いを受ける)。

このプラットフォームは、参加者(広告主と出版社)が設定したパラメータに基づいて安全なトランザクションを保証するEthereumのスマートコントラクトに基づいています。

問題点と解決策

現在、デジタル広告の重大な問題としては、これは、広告ネットワークによる委員会の不当な率、交渉の自由の欠如、無関係の広告です。

  • 多額の手数料

Ethereumベースのプラットフォームを構築しており、広告ネットワークの必要性を排除します。広告主とサイト運営者が直接通信できるシステムを提供します。中継料は市場の力によって自動的に発見され、サイト運営者は広告主に支払う手数料の高い証拠金を維持することになります。広告主は、より高い利益率を維持するようになるにつれて、より低い料金で恩恵を受けなければならない。 AdSigmaは、ADSiという名前のトークンを発行します。すべてのトークン保持者は、私たちのコミュニティの一員となり、私たちの優れたサービス品質を体験することができます。

  • 仲介者の存在による交渉の自由の欠如

Googleのプラットフォームでは、サイト運営者は独自の価格政策を選択する自由を持ち、仲介業者によって制限されたり妨げられたりしないものとします。また、広告主は価格と利用規約について交渉することができます。

  • 無関係の広告

AdSigmaプロトコルは、サイト運営者と広告主のコンテンツを分析することにより、より良いマッチメイキングプロセスを促進します。これにより、広告主は彼にとって重要な聴衆に手を差し伸べることができます。

 

プラットフォームの特徴

信頼と透明性

プラットフォームは、参加者自身が設定したパラメータに基づいて安全なトランザクションを保証するEthereumのスマートコントラクトに基づいています。

ブロックチェーン技術により、AdSigmaのすべてのトランザクションは透過的です。 広告主と出版社は、透明な公開履歴を持っています。

分散プラットフォーム

Blockchain技術は、1つのエンティティだけではプラットフォームを制御できないことを保証します。 この分散システムは、データ操作の可能性を防ぎます。

確保と検証

ネットワークが各参加者によって検証され維持されているので、誰も、ある広告主/発行者に別の広告主/発行者に優先権や特権を与えることはできません。

プラットフォームの流れは以下です。

  1.  広告主はトランザクションに署名し、それをすべてのリレーにブロードキャストします
  2. ユーザーがPublisherページを訪問する
  3. ADSigma SDKはリレーに接続し、最もマッチする広告をピックアップします
  4. Adsigma SDKがIPFSからアセットを取得する
  5. パブリッシャーはブロックチェーンにクレームを書き込みます
  6. スマート契約は証明を検証し、ADSiトークンをパブリッシャーに転送します
  7. 広告主はトランザクションを確認し、それを自分のトラッキングデータと照合し、サイト運営者にフィードバックと評価を提供することができます。

技術 

イーサリアムブロックチェーン

ブロックチェーンを介してERC20と互換性のあるトークンとして実装されています。 EthereumはAdSigmaにとって自然に適合しており、カスタムデジタル資産を発行する業界標準となりつつあります。 ERC20標準との互換性は、開発ツール、財布、取引所などのEthereumエコシステムの豊富な既存インフラストラクチャを活用します。 Ethereum上で信頼できないスマートコントラクトをTuring-完全な言語でプログラミングする能力は、完全に分散された方法で、AdSigmaネットワークのドメイン特有の要件に対する暗号化の堅牢で安全なカスタマイズを可能にする。

所有権とトークンの使用

各ADSiは、デジタルディスプレイ広告を購入する能力を表します。 ADSiは、次の目的でAdSigmaプラットフォームで使用されます。

●デジタルディスプレイ広告の購入と販売
●Ethereumに手数料を支払う
●プラットフォームオペレーター(中継者)に料金を支払う
●AdSigmaによって作成された将来のサービスおよび機能の支払い。

所有権とアクセス権

個人は、AdSigmaプラットフォームを通じてデジタルディスプレイ広告を購入するためにADSiを購入することができる。個人がもはやADSiを使用したくない場合、個人は独立した暗号化交換によってトークンを販売、譲渡、取引することができます。 ADSiを購入しても、AdSigmaの株式を所有する権利はありません。

Bancor Protocol

ADSiはスマートトークンとして実装され、Bancor Protocol を使用して流動性を維持します。 Bancorは、ERC20と互換性のあるトークンテンプレートであり、オンチェーンのマーケットメーカーを通じて継続的な流動性を提供します。 Bancor Smart Contractは、ADSiの時価総額の別の通貨(BNT)の積立金を保有しており、BNTとADSi間の適切な為替レートを決定し、BNT保有を保証している。 ADSiを購入または売りたい個人は、現在の価格でマーケットメーカーから購入または販売します。マーケットメーカーは、ADSiを購入することができるBNT準備金を保有しており、売ることができるADSiを作成する唯一の許可を得ているので、いつでもその取引のカウンターパーティーとして行動することができます。

キャンペーン管理と入札プロセス

リアルタイム入札プロセスの透明性は、誰にとっても公正な手数料分配を保証します。スマート契約の出現により、複数の当事者が広告ネットワークのような信頼できる第三者を必要とせずにブロックチェーン資産を交換することが可能になりました。リアルタイムの入札(RTB)プロセスは、取引所をブロックチェーンに実装することで、広告主とサイト運営者には完全にトランスペアレントにすることができます。 Googleでは、広告主様が取引所で署名された取引で要件をフローティングできるようにします。

RTB交換を構築するためのスケーラブルな手法(0xプロトコルに基づく)を使用して、マッチングプロセスをリレーと呼ばれる第三者に委任します。 RTBの注文簿はブロックチェインで管理する必要はなく、ガスコストを削減し、入札プロセスをスピードアップし、ブロックチェーンでの膨張を排除します。

0xプロトコル

0xは、オフチェーンオーダーリレーとオンチェーン決済によってイーサリアムブロックチェーン上の分散型エクスチェンジを操作するオープンプロトコルです。これは、状態チャネルの効率性と、オン・チェンのオーダー・ブックの即時決済とを組み合わせたものです。このアプローチでは、暗号で署名された注文はブロックチェーンから放送されます。興味のある取引相手は、これらの注文の1つ以上をスマートな契約に注入して、信用せずに取引をブロックチェーン上で直接実行することができます。インテントがオフチェーンで通知されるため、フリクションコストが最小限に抑えられ、バリューが転送されるときにのみトランザクションが発生します。

Ethereumの作業証明からステークの立証までのアップグレードにより、ブロックチェーン上のスマートコントラクトのトランザクション速度が大幅に向上することが期待されています。これにより、私たちのプラットフォームがさらに改善されます。

リレー
マッチメイキングインフラストラクチャをホストできる第三者は、リレイヤーになることができます。中継者はサイト運営者と広告主を一致させ、誰にでも公開されている料金を徴収します。取引先は公的に委託を指定し、その基準を満たす取引をフィルタリングすることができます。これにより、かなりインセンティブを与えられ、迅速で信頼性の高いリアルタイムの入札交換を提供するために競争するリレーの市場が開かれます。中継者は、サイト運営者のコンテンツを分析して最も適切なユーザーと広告主を一致させることで、マッチメーキングプロセスをさらに改善するインセンティブを得ます。

ロードマップ

Q4 2017:Adsigmaのコンセプト開発

Q1およびQ2 2018:AdSigmaホワイトペーパーのリリース。 AdSigmaトークンの事前販売とクラウドセールの開始

2018年第3四半期:リアルタイムの入札取引を構築するためのリレーのプロトコルのリリース

2018年第3四半期:AdSigma広告主のサイト運営者ネットワークの決済スマート契約の導入

Q4 2018:Alphaの起動 – プロトタイプのテスト、Adsigma SDKのパイロットインストール

Q1 2019

ベータ版の開始 – 広告主は広告キャンペーンを設定でき、サイト運営者は自分のアプリやウェブサイトから収益を得ることができます。

Q2 2019

主要なメディア出版物や広告主と緊密な協力関係を築いています。 契約書署名

イーサリアムブロックチェーンとは統合されてませんが、プラットフォームの単なるデモ版はあります。

 2018年第4四半期にアルファ版をリリースする予定で、AdSigmaプラットフォームを通じてデジタル広告スペースを購入することができます。

トークンについて

 
トークン:ADSi
PreICOプライス:1 ETH = 3,750 ADSi
価格:1 ADSi = 0.0003 ETH
 プラットフォーム:イーサリアム
受け入れ:ETH
ソフトキャップ:2,850 ETH
硬質キャップ:19,000 ETH
国:インド
 

AdSigmaトークン(ADSi)は、Web /アプリのプロパティでデジタルディスプレイ広告を購入するためのユーティリティトークンで、AdSigmaプラットフォームを使用してアプリ/ウェブサイトで収益を上げることができます(ADSiトークンで支払いを受ける)。
このプラットフォームは、参加者(広告主と出版社)が設定したパラメータに基づいて安全なトランザクションを保証するEthereumのスマートコントラクトに基づいています。

市場分析

白書によると、2015年にインターネットにアクセスしたユーザー数は32億人を超え、ITUのように2000年の7億3,800万人に比べて非常に高いです。 104カ国で、青少年の80%以上がオンラインです。先進国では、15〜24歳の若者の94%がインターネットを利用しています。

SmartInsights.comによると、電子商取引は毎年23%増えています。マーケティング担当者の53%は、ブログコンテンツの作成がトップインバウンドのマーケティングの優先事項であると言います。

2017年、デジタル広告収入はテレビ広告収益を上回り、テレビの支配は終わりました。デジタルメディアは、他の広告プラットフォームに対しても引き続き増加すると予想されます。

emarketer.comによれば、インターネット広告収入は2017年にテレビ広告収入を上回り、米国だけでもインターネット広告収入は830億ドルで、前年比で14%増加しました。インターネットベースの広告の流行が増えているため、出版社にとっては魅力的な機会となります。

世界の広告費は2017年に5,300億米ドルを超えており、 7年前、2010年の世界の支出額は4,125億4,000万ドルでした。成長は安定しており、一貫しています。 また、デジタル広告への移行の大きな流れがあります。 紙ベースの広告は近年急速に減少しています。

競合分析

2013年から5年間で、広告ネットワークの収益は1,000億ドル以上増加しました。
この理由は多岐にわたっています。主な理由のいくつかは次のとおりです。

手数料率の上昇
●広告ネットワークへの広告主とサイト運営者の依存性
●競争力のある代替プラットフォームの欠如
●市場における少数の企業の支配

それゆえ、Adsigmaでは広告ネットワークの必要性を排除するプラットフォームを提供します。

業界には巨大な企業による支配に言及する必要があり、様々な問題が発生しています。

GoogleやFacebookなどの広告ネットワークが、出版社に大量の手数料を請求しており、これは30%の手数料率です。

これによって、GoogleとFacebookは合わせて2017年に1000億ドル以上の広告収入を得ました。

一方で、広告ネットワーク業界全体で年間2,000億ドル以上の収益を上げているため、ビジネスモデルに革命を起こす必要があります。

デジタル広告に関するブロックチェーンソリューションは、多数存在し、分散型広告ネットワークとしてAdSigmaのように、最近「スマート契約を結ぶ広告」に関連する他の同様のプロジェクトが発表されました。

ブレイブソフトウェアのベーシックアテンショントークン(BAT)、AdEx、NASDAQのNYIAX、qChain、adChainなどが挙げられます。

BATは、0.035$から0.20$(現時点)まだ成長していますが、本来の問題点を完全に解決できているわけではありません。

これらた比較した場合のAdsigma のメリットは以下が考えられます。

  • 30カ国以上の広告主から月間7,000万回以上のインプレッションを持つ500の出版社と提携
  • 機能しているプロダクト
  • チームの経験とよく知られているアドバイザーの存在
  • 明確なビジョン(オープンソース)

デモ版はありますので、試してみることはできます。

広告ダッシュボードではキャンペーン作成やレポート分析の機能があります。

以下のような画面で広告主はキャンペーンをさくせいできます。

トークンの将来価格とホルダーのメリット

ADSiは、盛んなデジタル広告市場に基づいており、この市場は引き続きサイズが拡大し、ADSiの価値が急上昇します。 ADSiの価値は、デジタル広告市場とネットワーク内の活動に基づいています。これにより、ADSiは、さまざまな世界経済における外部および地方の規制要因の影響を受けないため、Ethereumエコシステム内で最も強力な仮想トークンの1つになる可能性があります。

投資判断とリスク分析

デジタル広告分野はすでに参入プロジェクトが多いですが、どのプロジェクトにも成功できる可能性があります。Adsigmaは競合上でもメリットは大いにあるプロジェクトともいますので、投資対象にはなると思います。しかし、明確なプロダクトが未だ存在しないことには注意が必要であり、チームは早急に公開する必要があります。

トークン購入方法

こちらからトークン購入ができます。

トークン購入

メールアドレスとパスワードを入力します

メールを確認します

ICOに参加するための情報を入力します

関連リンク

公式サイト

白書

Twitter

facebook

telegram

medium

bitcointalk

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here