【ICO】SapienNetwork(SPN)真の分散型のソーシャルニュースプラットフォーム

0
250 views

目次

 

SapienNetworkとは

Sapienネットワークは分散型のソーシャルニュースプラットフォームです。

Sapienネットワークは、SPNトークンによって強化され、Sapienプラットフォーム、分散型マーケットプレイス、統合されたサードパーティのアプリケーション、デジタルコンテンツクリエーター、およびメディア出版物を含みます。

独自通貨のSPNは、質の高いコンテンツをインセンティブにし、すべてのプラットフォームのアクションを強化し、トークン化された経済のバックボーンとして機能する柔軟性のあるERC20準拠の暗号化方式です。

SPNは、高品質のコンテンツを共同で区別する能力からその価値を引き出します。質の高い貢献を促進し、それに応じてユーザーに報酬を与える仕組みを実装する。寄稿はネットワーク全体で評価され、ドメイン特有の評判スコアが累積されます。 Sapien内では、評判はトローリングを緩和し、偽のニュースの普及を軽減します。評判はSPNトークンに固有のものであるため、プラットフォームに限定されません。

プロジェクトの目的 

プロジェクトの中心価値は以下です。

ユーザーは地域社会に対して最終的な意見を述べるべきであり、貢献するようインセンティブを与えるべきである 

プライバシー – ターゲット広告は利益を上げますが、ユーザーデータを利用し、ユーザーのプライバシーを侵害するため、本質的に欠陥がある

フリースピーチ – 破壊的なツールでオンラインで保護されるべき基本原則。

カスタマイズ性 – 各ユーザーは好みに合わせてソーシャル体験を調整することができます。

ソーシャルメディア業界で特に重要視されているのが、インセンティブ化とプライバシー保護の問題です。

これに基づき、以下の目的があります。

価値合意プロトコルの証明を確立する

プラットフォームの中核となるSPNトークンは、サピエンネットワーク全体で高品質のコンテンツをコラボレーションで区別する能力からその価値を引き出しています。

価値の証明のメカニズムは、質の高い貢献を促進し、それに応じてユーザーに報酬を与えます。

ユーザーの貢献度はネットワーク全体で評価されるため、評判を反映したスコアが蓄積されます。これにより、ユーザーのドメイン固有の専門知識をコミュニティに反映させることができます。 Sapien内では、評判はトローリングを緩和し、偽のニュースの普及を軽減します。評判システムはSPNトークンに固有のものであるため、Sapienプラットフォームに限定されません。

世界初の民主化自律型プラットフォームを開始

自律的なソーシャルプラットフォームを作成するためには、ユーザーはプラットフォームの方向性に真の力を持たなければなりません。

したがって、SPNトークンの機能の1つは、革新的な提案システムを通じてユーザーに声を与えることです。

これにより、ユーザーは組織の意思決定、機能開発、および市場報酬に参加することができます。

SPNのステークホルダーは、プロジェクトロードマップのマイルストーンを提案し、優先順位を付ける独特の立場にあります。最初の自律的なソーシャルプラットフォームを使用することで、時間の経過とともに価値を変える能力を持った情熱的で魅力的なコミュニティを育てることができます。さらに、SPNはユーザーがブランチ内の提案に投票できるようにし、コミュニティレベルでの民主的な決定を容易にします。結局のところ、これにより、似たようなプラットフォームで標準的な権威のモデレーターを必要とせずに、支店が自己穏健化することが可能になります。

堅牢な市場を構築し、ユーザーの貢献を高める

コンテンツクリエイターは、自分の時間とプラットフォームに追加する元のコンテンツについて公平に報酬を受け取るべきです。

ユーザーは、投稿やコメントのためにお互いにお互いに助言をしたり、SapienからSPNの支払いを受けて、定量可能な価値を持った投稿を受け取ることさえできます。ユーザーがこの方法でお金を支払うことができるようにすることで、質の高いコンテンツをサポートする環境を育て、コンテンツ制作者が広告収入に依存しないようにすると考えています。ロードマップでは、SPN所有者がテーマ、インテグレーション、および機能を含む排他的なプレミアムコンテンツ、サービス、物理的商品、仮想商品を購入できるように、分散型のマーケットプレイスが計画されています。

Sapienネットワーク上の将来のパワーアプリケーション

ブロックチェーンアプリケーションが新しい標準になるにつれて、Sapienはユーザーに多種多様なアプリケーション統合を提供し、外部アプリがユーザーベースを活用できるようにSPNの開発プラットフォームを構築します。

SPNを、統合されたアプリケーション上のすべてのアプリ内購入の統一通貨として機能させるつもりです。新しいアプリケーションは、ユーザーがSPNと交換して購入できるように、Sapien APIを通じてSPNと簡単に統合することができます。

SPNによって作成された統一市場は、統合アプリケーション内で購入された仮想アイテムをSPNの現実の価値に結びつけ、SPNに統合されたアプリケーションでユーザー間の新しい相互作用の次元を作り出します。最後に、私たちの目標は、世界中の偽のニュースと戦うために、すべてのSPN統合プラットフォームでグローバルな評判ネットワークを確立することです。

Sapienエコシステム 

エコシステムの構成要素は以下です。

Sapienプラットフォーム

Sapienプラットフォームは、Ethereum Dapps(分散アプリケーション)の推奨フレームワークであるMeteor.jsで構築された分散型ソーシャルニュースプラットフォームです。

ブランチ (支店)

支店はSapien内のコミュニティです。ブランチは、プライベートまたはパブリックのいずれかになり、特定のトピックまたはテーマに焦点を当てます。ユーザーは、参加している各ブランチに関連する評判を得て、ブランチ内のコミュニティに影響します。

SPNトークン

SPNは、Sapienで使用されたERC20準拠の暗号通貨であり、ユーザーの貢献に対して報酬を与えます。この文書の残りの部分では、SPNはSPNトークンを参照します。 Sapien内のユーザー間でSPNを自由に交換し、取引所で取引することができます。 SPNは、ソーシャルアクション(投稿、コメント、投票など)、Sapienマーケットプレイスでの物理的または仮想的な商品の購入、およびプレミアムコンテンツの購入に使用できます。 SPNはSapien内の高品質のコンテンツ制作者に授与され、その貢献度が評価されるとユーザーの評判を追跡します。

SPNトークンには2種類の特性があります。

トークンの2つの特性

①ステークされたSPN

Sapienの寄付に報いを受けるには、ユーザーはSPNを賭けている必要があります。未処理のSPNは、1年間の一定期間、それを別のスマートコントラクトにロックすることによって踏み込むことができます。ステークス契約が完了すると、SPNは未記帳の形に戻ります。ユーザーは、ソーシャルアクション、ユーザーからユーザーへのヒント、およびプラットフォームやコミュニティの提案への参加のために、SPNトークンを再度ステークすることを選択できます。 賭けられたSPNはSapienエコシステム内で使用され、取引所には掲載されません。

②ステークされないSPN
流動性を確保するために、未処理のSPNは複数の取引所に上場されます。ユーザーは、自分のデジタルウォレット内でトークンとステークのトークンのポートフォリオを管理できます。

プラットフォームで使うユーティリティトークンか単なる流動性のためのトークンかです。

Sapienの重要な特徴

パブリック/プライベートブラウジング

パブリックモードとプライベートモードをシームレスに切り替えて、本物の身元または匿名でSapienを体験してください。

定期購読(サブスクリプションモデル)

ブランチに登録すると、世界中の友人や人々からの最新の投稿を最新の状態に保つことができます。

友人、グループ投稿(シェアリング)

友達を追加したり、グループを作成したり、投稿を共有したり、コメントを書いたり、視野を広げることができます。

機能豊富なチャット

私たちの強力なチャットインターフェイスでテキストと音声チャンネルに参加し、よりダイナミックで魅力的なユーザーエクスペリエンスを提供します。

暗号化

オンラインプライバシーを保護します。 Sapienは、お客様の個人情報を保護し、暗号化されたチャットの会話を提供します。

高度にカスタマイズ可能

すべての人がユニークです。あらゆる機能をコントロールし、自分のソーシャル体験を調整します。…他にも多くの機能があります。

 

Sapienの利点

プロジェクトチーム力

チームは各分野での専門的なチームで構成されています。

比較的強力で、アドバイザーも優秀です。

BancorやTokencardの資金調達を支援したBlockone ventureの創立者やeNay indiaの創立者、ETHLENDのアドバイザーなどです。

 機能的なベータ版

ベータ版がリリース済みです。

Sapienの現在の実装は、Meteor.jsというオープンソースのフルスタックJavaScriptフレームワークで構築されています。フレームワークは高速かつクロスプラットフォームであり、すぐに多くの機能を備えています。

さらに、MeteorはDappsを構築するために使用される最も一般的なフレームワークで、これは強力なコミュニティサポートと頻繁な最適化により、MeteorはSapienを迅速かつ確実に構築するための完璧なフレームワークでした。

同社のチャットソリューションでは、Meteorで構築された別のオープンソースのチャットソリューションであるRocket.Chatのフォークバージョンを使用しています。

Rocket.chatは高度に設定可能で、チャンネル、グループ、ビデオ、オーディオサポートなどの標準が付属しています。 Rocket.Chatは中央集中型プラットフォームには最適ですが、Sapienの分散リリースでは、Whisper通信プロトコルで構築された別のチャットDappが必要になります。

技術的な開発計画

SapienとSPNトークンが安定に近づくにつれて、チームは、ロードマップに示されているように、ソーシャルプラットフォームのより多くのコンポーネントの分散を開始します。

はじめは、検閲に対抗し、コンテンツのウェブ不滅性を保証するために、Sapienは中央の権限を持たない投稿、コメント、メディアを保管するためにSwarmやIPFS(Interplanetary File System)システムに最初に移行します。

現在、アプリケーションは分散されておらず、チームがエコシステム内でトークンがどのように機能するかをよりよく理解し、支払いシステムを操作しようとする試みを慎重に緩和することができます。

さらに、Vitalik ButerinはEthereumに関していくつかの改良を約束しており、その大部分は何百万人ものユーザーに拡張する必要があります。

メトロポリス:スマートコントラクトとユーザビリティの改善

シャーディング:スケーラビリティ改善

ウィスパー:DAppsの相互通信プロトコル

ライデンネットワーク:パフォーマンス改善

プラズマプロトコル:トランザクションの負担軽減

Ethereumブロックチェーンは、Redditと同じ規模で分散型ソーシャル・ニュース・プラットフォームの考えを楽しませるためにも、これらの実装によって、トランザクション速度を速くし、価格を下げる必要があります。

技術的な改良がなされると、コア開発チームはSapienプラットフォームを完全なDappに移行します。

高い専門家評価

ICObenchでは、16人ものの評価を受けながら、4.7という高い評価を維持しています。

評価の声

→この2人の創業者は若くて、最初の主要な製品を作りましたが、私は彼らを直接目で見てきました。 Ankitはこのプロジェクトに心と魂を注いでいます。ヴィタリクは若い頃、イーサリアムのビジョンで現状を取り、それを構築して世界を揺るがしていたのは忘れないでください。さらに、ドットコムとウェブ2.0の製品は、まだ大学にいる人から来ています。Facebookを見てください。

→ビジョンは明確です。現在の集中化されたソーシャルネットワークを裏返し、人々と言論の自由を最優先にすることです。 Steemitが提供しているものをはるかに超えており、より経済性の高いIMOを備えています。 Steemitユーザーとしての私の経験に基づいて、うまく実行されたSapienは非常に人気がある可能性があると思います。

→私はベータサイトを試してみましたが、彼らはすでに多くの作業をしています。ちょうどユーザーが必要であり、もちろんそれは拡張の準備が必要です!

→素晴らしいチームと優れたプロジェクト。私は徹底的な見直しの後でSapienを再評価しました。

→プロジェクトは市場/ユーザーの採用に左右される。

→私は、チームからのフィードバックとより深い洞察を得た後、評価をアップグレードしました。チームはプロジェクトと製品開発に専念しています。がんばろう!

→素晴らしいチーム、ビジョン、製品!運が良かった!

→チームは未経験ですが、アイディアとアプローチは興味深いものです。

→チームは未加工、若く、証明されていませんが、良いチームには過去のicoの経験以上のものがあるはずです。このチームは専念していると思われ、相応の顧問がいます。 

この製品は、私たちが社会にある偽のニュースの問題に対処するユニークなビジョンを持っています。私はこの製品がSteemitをさらに一歩踏み出し、ユーザーにもっとコントロールを提供することを目指しているという、他の評価に同意します。

→それは普及したネットワークである可能性があり、pre-icoの数は今のところかなりの関心を示しています。

競合となりうるsteemとの比較上の利点やチーム力、ベータ版について言及してあります。

基本的には、評価者が増えれば増えるほど評価は相対的に低くなり標準化されますが、それでも4.5以上ですので、割りかし高い方です。

同等の評価を受けているプロジェクトは以下です。参考までに。

ソーシャルメディアの市場規模拡大

現在、23億人以上のソーシャルメディアユーザーがおり、2020年までに30億人以上が利用されると予測されています。

人類は本質的に社会的種なので、ソーシャルメディアの一部のフォームは重要な役割を果たし続けると言う需要の支えがあります。

Statistaによると、商品やサービスをオンラインで購入する人の数は、2015年の16億6000万人から2020人の20億人に増加すると予測されており、ブロックチェーン、IoT、クラウドコンピューティングなどの技術は、消費者の未来の取引の仕方を急速に変化させています。

ロードマップ

2015年 – サピエンの背後にある考えが構想され、開発が始まります

2016 – クローズドアルファが起動され、フルスタックのJavaScriptで書かれています

2017年第1四半期 – プライベートベータが統合されたチャットと音声チャネルで開始

2017 Q2 – エンドツーエンドの暗号化プラットフォームからブロックチェーンアプリケーションへの移行

2017 Q3 – SPNホワイトペーパーを完成し、Ethereumスマート契約開発を開始

2017 Q4 – Sapienにテストネットの蛇口とショーケーストークンを起動する

2018年Q1 – トークンセールフェーズ#1、クリエイターとキュレーターのための支払い

2018年第2四半期 – ブランド意識を高め、SapienプラットフォームをDappに移植し始めます。

2018年第3四半期 – トークンセールフェーズ2、暗号ノベル用のUI / UXの改訂

2018年第4四半期 – マーケティング活動を加速させる。毎月10kの新規ユーザーを獲得する

2019年第1四半期 – 民主化された自律型プラットフォームのインフラ構築

2019 Q2 – 市場、プレミアムコンテンツ、機能を展開

2019 Q3 – 開発者のプラットフォームをサードパーティ製のアプリケーションおよび統合にオープン

2019 Q4 – プラットフォームを最適化して、月に1万人の新規ユーザーを追加して追加する

2020年Q2 – ユーザーデータをトークン化し、トークンの使用を他のウェブサイトに拡張する

2020年Q4 – 月間1,000万人の新規ユーザーを追加する

SPNトークンについて 

SPNはユーティリティトークンであり、複数の機能が存在します。(後述)

 

 

トークン用途

提案されたユーティリティは以下です。

ユーティリティI:Sapienプラットフォームに電力を供給するためのSPK

SPNトークンの安定性、プラットフォームの長寿命、良いコンテンツのキュレーションを促進するために、Sapienはトークンをプラットフォーム上のソーシャル機能にアクセスするための踏み台にすることを許可します。

SPNトークンは、1年間の間ステークでき、ステークトトークンは、コンテンツのアップヴォート、提案に対する投票、新しい提案の提出、ヒント、プレミアムブランチへのアクセスなどに使用できます。一方、未処理のトークンは流動的です。未処理のSPNはSapienから容易に転送可能で、取引所で取引可能です。

ステークされたSPNトークンは、必ずしもプラットフォームトランザクションで消費されるとは限りません。むしろ、プラットフォームアクションのためにそれらを「ロックアップ」していると考えることができます。

たとえば、プラットフォームは最初に新しいポストを作成するために10個のSPKを設定する必要があります。最初は、投稿の投票期間の終了時に、正確に10のSPNがユーザーに返却され、SPN支払いが統合されると、ユーザーは10個以上のSPKを受け取ることができます。

ただし、ユーザーが違法なコンテンツを投稿したり、コミュニティのガイドラインに違反したりすると、SPKを凍結して悪意のあるユーザーにペナルティを科す可能性があります。

ユーティリティII:評判ネットワークに組み込まれたSPNトークン

Sapienプラットフォームでのユーザー、出版社、および企業の貢献は、本質的に評判スコアを持つSPNトークンに格納されます。すべてのユーザーは評判スコア1で始まります。

ユーザーがプラットフォームに追加する値によっては、このスコアにプラスまたはマイナスの影響を与えることができます。

品質貢献度が積極的に評価されると、コミュニティ内のユーザーの評判が高まります。品質の低い投稿やコメントはユーザーの評判を低下させます。評判の高いユーザーは、プラットフォーム上でより多くの「権限」を委任され、それぞれのコミュニティ内で貴重な貢献となる資格を得ることができます。

ユーティリティIII:民主化自律型プラットフォーム(DAP)提案

SPNトークン所有者は、Sapienの提案を作成して投票することができます。提案は、理論的には、組織の決定から機能要求、市場報酬の変更まで、何でも構いません。

提案はDAPの中核となり、ユーザーは自分のコミュニティを自己組織化し、自らモデレートすることができます。これはコミュニティの自律性を高め、ユーザーが積極的にコミュニティに参加することを可能にします。悪い者たちは、裁判所で裁かれ、支店内の不適切な行為のためにフラグが立てられます。仲裁裁判所は、コミュニティが協力して、ユーザーがペナルティを科すべきかどうか、またその程度を決定することができます。評判は、コミュニティ組織とDAPの実行に密接に結びついています。

ユーティリティIV:コンテンツペイアウトとユーザーからユーザーへのヒント

Sapienの質の高いコンテンツをさらに奨励し、育成するために、SPNトークンは支払いのバックボーンとなり、ユーザーからユーザーに転向します。

コンテンツを作成するための支払いは、ユーザーに報酬を与え、質の高いコンテンツの作成を促進するための主な仕組みです。

ユーザ間トランザクションは、投稿、コメント、ポッドキャスト、ビデオ、ミームなどのために、作者および元のコンテンツ作成者に選択的に報酬を与える利他的環境を作り出す。トランザクションコストの除去およびトークンの有用性(有形Reddit goldとは違った報酬)は、元のコンテンツを投稿するためにユーザーに十分なインセンティブを与え、SapienプラットフォームとSPNトークン値の両方を増加させるはずです。

ユーザーは、暗号化やトークンの操作について十分な知識を持っている必要はありません。 Sapienは、ユーザーのスキルレベルに合わせてカスタマイズできるさまざまな設定を提供します。

単発支払いのインタフェースはドルで表示され、SPNトークンはバックグラウンドで使用されます。上級ユーザーには、SPNアドレス用の独自の秘密鍵を管理するオプションがあります。また、プレミアム定期購読の定期支払いを設定することもできます。私たちの目的は、資格や暗号の専門知識にかかわらず、誰にでもSPNのメリットを提供することです。

ユーティリティV:統合市場向けの標準化されたトークン

前述のDAP提案システムは、市場の発展の多くを推進するために使用される。開発者にプラットフォームを公開した後、コミュニティの創造的な想像力からインタフェースが恩恵を受けるでしょう。

Sapien市場は、SPNを管理し市場の流動性を加速する究極のポータルになります。 Sapienでは、ユーザーはトークンを転送/購入し、市場を見て、ポートフォリオを管理することができます。

トークンホルダーのメリット

ユーザーのプライバシー保護

ユーザーのプライバシーはSapienの哲学の重要な部分であり、ユーザーはSapienの広告との関係を完全に制御することができます。

デフォルトでは、ユーザーには広告が表示されず、ユーザーの知識なしに個人ユーザーデータは収集されません。

ユーザーが望む場合、SapienがSPNトークン値を収集してそのデータに割り当てることをオプトインすることができます。

ユーザーは、SPNトークンと引き換えに、広告主と情報を共有することができます。ユーザーが保持しているSPNが多いほど、広告を有効にするSPNトークンが多くなります。 

広告有効収入(50%)

広告の購入により得られた収益の大部分は、広告を有効にしたユーザーに配信されます。ユーザーは、広告購入による収入の少なくとも50%を受け取ることになります。分配される収益の比率は動的であり、プラットフォームを浮かせるために調整されます。すべての広告取引は、etherscan.ioで一般公開されます。このように、Sapienは透明性を保証することができ、ユーザーはプラットフォームでの経験を完全に制御できます。

広告主の購買とインセンティブ化

広告はSPNトークンを持つSapienで購買可能となり、それらを有効にしたユーザーに配信されます。広告主はSPNトークンを使用して広告を購入するとかなりの割引を受けます。

広告主は、ターゲットオーディエンスと合致する公共支店に広告を掲載することができます。広告の収益の大半はユーザーに与えられることを除いて、広告エクスペリエンスは既存のソーシャルプラットフォームと同様です。

他のウェブサイトに拡張する

中心にあるSPNトークンは、常に市場の需要と供給によって管理される本質的な価値を持ちます。 SPNの普及を促進するために、Reddit、Slack、Twitchなどでトークンを純粋にチップまたは支払いメカニズムとして統合して、トークンの流動性を向上させることができます。

各コミュニティの開発者は、オープンソースのチッピングシステムを構築してSPNを各サービスに合わせる ことができ、より多くの人をEthereumブロックチェーンにさらすことができます。

トークンセール参加方法

プレセールが開催中です。

こちらから参加できます。 

SPNトークン購入

推奨ガス上限:21,000
推奨ガス価格:50GWei
CoinbaseやPoloniexのような取引所の資金を使ってETHをポータルに寄付することができます。ただし、WITH DRAWALアドレスはERC20準拠のウォレットでなければなりません。
crowdsaleが始まる前に資金を送ってはいけません。あなたの取引は拒否されます。
Smart Contractは、トークンセールフェーズ1が完了した後にトークンを配布します。

ボーナスレートです。

ステップ1:まずは登録します

メールアドレスとパスワードを生成

次にテレグラムアカウントを認証します。

/startと入力します。

ステップ2:KYCプロセス

KYCプロセスを開始します。

次に、ID認証を提出します。

こちらから提出します。

認証方法は3つです。

完了させます

 

ステップ3:トークンを購入します。

KYCが進行中でも参加できますが、セール前に完了させないと資金が返ってきます。

 

ステップ4:デポジット

なお、KYCが完了するとすぐにメールが届きます。

総括 

ソーシャルメディアプラットフォームは、ブロックチェーンで言うとsteemが有名ですが、実質インセンティブは不公平になっており、様々な参入障壁が改善されずにいます。

その点、Sapienは真の民主化の自律型のプラットフォームを目指すということで、プラットフォームがリリースされれば需要はあると思いますし、遂行力もあると考えられます。

関連リンク

公式サイト:https://www.sapien.network/

白書:https://www.sapien.network/assets/SPNv1_2.pdf

Twitter:https://twitter.com/sapien_network

Facebook:https://www.facebook.com/sapien.network/

Telegram:https://t.me/SapienNetwork

ANN:https://bitcointalk.org/index.php?topic=2739033.0

Authorship

 BABbit43

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here