ホーム ブログ

【注目】ステーブルコインが激化中。日本のGMOグループも参入する中、生き残るのはどれか?

  今回の記事は、Stablecoin(価値が安定したコイン)についてです。 2019年にはセキュリティトークンのSTOとともに、個人的には盛り上がる領域と思っています。 少なくとも執筆時点で、57種類のステーブルコインが開発中であるようです。ここ数ヶ月で見ても新たに9-10種類のステーブルコインが暗号通貨市場に参入しています。 この増加数には正直驚きを隠せませんが、一部有望なもののみをご紹介したいと思います。 ステーブルコイン-Stablecoinとは? ステーブルコインは、原資産の価値に固定されている暗号通貨のことです。 暗号通貨ですが、価値が原資産に関連して安定して保たれるので、通常ボラリティのある通貨とは異なり、価格が比較的安定したコインと捉えられます。 多くは米ドルと連動しているものが多いですが、様々な外貨と連動したステーブルコインが誕生しています。 米ドルペッグ型 米ドルは今でも世界的に浸透している通貨であるため、米ドル連動型のステーブルコイン は必然的に需要が高くなる傾向があります。 最も認知度のあるTether (USDT) 最も人気のあるステーブルコインは、時価総額で8番目にランクインしているTether(USDT)でしょう。日々の取引高はかなり高くなっています。 しかし、多くの論争がテザーを取り巻いており、同社はまだ透明な監査に同意していないので、本当に米ドルで裏付けされていないという疑いが生じています。 さらに、Bitcoinの価格操作を引き起こしたとして非難されています。 この結果として、Tetherは現状、打開策を練っており、 それとともに他のプロジェクトは、世界で最も人気のあるステーブルコインの位置を確立するために、開発に励んでいます。 Makerが発行するDAI 2番目に有名なのが2番目に有名なのが時価総額100位前後にランクインしているDAIでしょう。 現在、HitBTC  Ethfinex DDEX  AirSwap Kyber Biboxなどで取引可能です。   Circleが発行するUSD coin (USDC) Poloniexを買収したCircle が発行した米ドルペッグ型のステーブルコインです。 9月26日、暗号通貨金融会社のCircle Internet Financial LtdとCENTERオープンソースコンソーシアムが、米ドル建ての安定コインであるUSD Coin(USDC)を開始し、最初にパートナー機関にUSDCトークンを発行します。 USDCは、同社の取引所であるCircle Poloniexで取引できるERC-20トークンです。 USDCは、OKEx、DigiFinex、CoinEx、KuCoin、Coinplug、およびXDAEXなどの他の多くの取引所でも利用可能になります。 USDTとの違い サークルCEOのJeremy Allaireはインタビューで、USDCがTetherとどのように異なるのかを説明しました。 ステーブルコインのような市場インフラストラクチャは、あらゆる金融アプリケーションをサポートする基本層であり、正当な、信頼できる、オープンスタンダードに基づいて構築されている必要があります。 これらの根本的な問題の多くを解決しています。これはTetherのようなものと大きな違いがあり、我々は市場が非常に迅速にそれに惹かれると考えています。 サークルは、プロフェッショナルサービス会社のグラントソーントン(Grant Thornton)を使用して、サークルの米ドル準備金を確認する管理を支援します。 ウィンクルボス兄弟によるGemini USD (GUSD)   ニューヨーク州金融局によって承認され、規制されている、米ドルペッグ型のERC-20ステーブルコインです。 大きな特徴都市では、ニューヨーク州という世界最大の規制を受けた唯一のステーブルコインであり、安定した経済指標でもある点です。 これは、界隈では有名なウィンクルボスの双子によって運営されているデジタル通貨交換および保管機関ジェミニ・トラスト・カンパニーによって開始されました。 ジェミニのCEO、タイラーウィンクレヴォスは、プレスリリースで次のように述べています。 私たちは、米ドルの信用力と価格安定性とブロックチェーン技術とNYDFSの監督を組み合わせた安定した取引であるジェミニドルを市場に持ち込むことに興奮しています。 発行された1 GUSDごとに、ステートストリートバンクアンドトラストカンパニーでは1ドルが保持されています。毎月、預金残高はBPM会計とコンサルティングによって検証され、正確性が保証されます。これらの独立した報告書は、レビューのために公的に利用可能にされる。 GUSDスマート契約のコードは、セキュリティを確保するためにBITのTrailによって監査されています。 GUSDは現在、Bibox、BTEX、HitBTC、DigiFinexなどの取引所で取引されています。 GUSD同様に金融局に認可されたPaxos Standard (PAX) GUSD同様にPaxos Standard(PAX)は、ニューヨーク州金融局に規制されている米ドルペッグ型のステーブルコインです。 パクソス・トラスト・カンパニーが9月10日に開始したPAXトークンは、1:1からUSDに完全に担保されています。 パクソスのCEOで共同設立者のチャールズ・カスカリヤ(Charles Cascarilla) パクソススタンダードは、金融市場にブロック・チェーン技術と金融監督当局からの監督の恩恵を受け、完全に米ドル建ての資産で取引する権限を与えます。 Paxos Standardは、伝統的な金融システムの監督と安定性を活用し、摩擦のない世界経済を可能にするデジタル資産の大幅な進歩を表していると考えています。 PAXトークンが流通している場合、対応するドルは複数のFDIC被保険米国銀行の分離口座に留保されます。ドルで償還されると、PAXトークンはすぐに破棄されます。 PAXはERC-20トークンです。つまり、Ethereumウォレットを持つ人は誰でもPAXを送受信できます。確認されたパクソスのお客様は、Paxos.comを通じて直接トークンを購入して交換することもできます。さらに、itBit交換機またはOTCデスクを使用して取引する投資家は、PAXを使用して暗号保持を即座にキャッシュアウトすることができます。 HederaHashgraphのハイブリッドアルゴリズムを採用したCarbonUSD (CUSD)   Paxos StandardとGemini Dollarがリリースされてから1週間も経たないうちに、もう1つの安定したコインが発表されました。 今回は、Cryptocurrency Start Carbonによって発表されました。 CarbonUSD(CUSD)は、Ethereumネットワークに基づいたドル建ての安定したコインであり、CUSDは取引所、トレーダー、ヘッジファンド、機関投資家に利用可能なようです。 CarbonUSDを他のUSDの安定取引の海から離れて設定するのは、CarbonがHedera Hashgraphで独自のハイブリッドアルゴリズムモデルを採用する予定であるということです。 Carbonの共同設立者であるMiles Albertは、CoinDeskに次のように語っています。 モデルの復元力をテストするために、すでにアルゴリズムを実装しています。  CarbonUSDが十分な規模と流動性を達成した後、私たちはアルゴリズム安定版を「メタトケン」構造にホワイトリストする予定です。 しかし、ハイブリッドアルゴリズムモデルへの移行は、CUSDが10億ドルの時価総額に達するまで行われないことに注意です。 HavvenによるEOSネットワーク上のnUSD 地方自治体の決済ネットワークであるHavvenは、6月に最初に安定したnUSDバックを開始しました。 米ドルに固定されたnUSDは、もともとEthereumネットワーク上に立ち上げられた。しかし、Havvenは8月に、「cross-blockchain stablecoin」を提供するために、2018年末までにEOSネットワーク上でnUSDを発行する予定であることを発表しています。 特徴的なのが、Havvenは、nEUR、nAUD、nJPY、nGBPなど、今後さらに安定したコアをリリースする予定です。 Stellarネットワーク上のStronghold USD Stronghold USDは、Stellarネットワーク上で最初にベンチャー支援された米ドルペッグ型ステーブルコインです。 金融機関Strongholdは、7月17日にStronghold USDのトークンに関する情報を公開しており、米ドルに対して1対1で固定されているこの安定したコインは、投資家がStronghold USDと他のStellarベースのコインをStrongholdカストディアンとして交換できます。 さらに、IBMはStrongholdと提携して、Stronghold USDの金融機関の顧客とのさまざまなユースケースを探求しています。 現在、機関投資家は、Stellarルーメン(XLM)およびStellarネットワーク上の資産をStrongholdプラットフォームを使用してPrime Trustを保管会社として交換することができます。 IBM Blockchainのグローバル・バイス・プレジデントのJesse Lund氏は、次のように述べています。 ブロックチェーンを使用した実際の資産のデジタル化は、世界中で行われている多くの金融取引を劇的に変えることができます。  StrongholdのUSDトークンのような新しいタイプの法定通貨に裏付けされた証券は、銀行が国際的な銀行運営と支払いのバックボーンを向上させる可能性を秘めているため、銀行はコア・バンキングやコンプライアンス・インフラストラクチャに大幅な変更を加えることなく公的なブロックチェーン・ネットワークと容易に統合できます。 これは、Stellarネットワークがより広範かつ大量に普及するための大きな一歩です。 Stronghold USDは小売顧客にはまだ利用できませんが、今後数ヶ月以内に出荷される可能性があります。執筆時点では、機関投資家だけがベータプログラムに登録することができます。 ゴールド、シルバー等の貴金属ペッグ型 ビットコインはしばしばゴールドと見なされることが多く、 7種類の貴金属と連動したスイス産のTiberius Coin (TCX)   スイスの資産運用会社であるTiberius Group AGは、10月1日に新しいステーブルコインの販売を開始しました。 ティベリウスコイン(Tiberus Coin)(TCX)の最大の特徴は、金や白金、スズ、ニッケル、コバルト、アルミニウム、および銅の7種類の貴金属の組み合わせによって安定した独特の通貨です。 ティベリウス・グループのジュゼッペ・ラパッロ最高経営責任者(CEO)はインタビューで次のように述べています 1つの商品のみでデジタル通貨を支えるのではなく、テクノロジーメタル、安定メタル、電気自動車メタルの組み合わせを選択しました。これはコインの多様化をもたらし、投資家にとってより安定的で魅力的なものにします。 TCXを購入して保持することは、ハイテクメタル市場に投資するようなものです。太陽光発電、電気自動車、ロボット、AIなど、TCXが支持する7つの貴金属を使用する技術が、時間の経過と共に採用されるにつれて、TCXの価値も高く評価されます。 このコインは、規制されていないICO売却の代わりに約0.70ドルでスイス法の下で売却される。ティベリウス・コインは、11月1日からエストニアのLATOKEN取引所で取引可能となります。 イギリスポンドGBPペッグ型     英国ポンドと連動した世界初のLBXPeg (LBX) イギリスのロンドン産のステーブルコインです。 英国では、ロンドン・ブロック・エクスチェンジ(LBX)が正式に9月29日にLBXPegと呼ばれる独自の安定コインを公表した。 LBXPegは、監査可能な英国の銀行口座に1:1で保持されているポンド・スターリング(GBP)の価値に結びつく最初の暗号通貨となります。 LBXPegを使用すると、ユーザーは分散型ネットワークを通じて、GBPのデジタル相当品をすばやく、簡単に、グローバル規模で転送することができます。 さらに、マーチャントへの支払いから、会社の株主のためのスマートな契約ベースの配当配当に至るまで資金の移転を追跡可能で信頼できないものにし、広範なユースケースを持っています。 LBXはまた、新しい「クリプトパウンド」を開発、配布、管理するためにイーサリアムブロックチェーンを利用していると述べています。LBXPegはERC-621トークンです。 彼らは、将来的に他のブロックチェーンで安定コインを発行し、コインの価値をその範囲と安定性を改善するために他の通貨(ユーロや米ドルなど)を保有する口座に結びつけることを検討する予定です。 オーストラリアAUDペッグ型 BitTrade」と、ブロックチェーン企業「Emparta」は、連携してオーストラリアのAUDペッグ型のステーブルコインの開発に取り組んでいることが発表されています。 モンゴル トゥグルグペッグ型   モンゴル通貨トゥグルグと連動した世界初のステーブルコインCandy   モンゴル産のステーブルコインです。 モンゴル銀行は、モンゴル最大の通信会社であるムーボムに、国の通貨であるトゥグルグと同等の価値を持つ最初のデジタル通貨の「電子現金」ライセンスを付与しました。 彼らのプレスリリースによると、モンゴルの最初のステーブルコインはCandyと呼ばれ、もともとはMobicomユーザーだけが利用できるとされていました。 しかし、10月1日現在、携帯電話を持っているすべてのモンゴル国民は、新しい通貨を使って請求書の支払い、オンラインショッピング、資金の移転、マイクロローンの引き出しを行うことができます。 日本円JPYペッグ型   GMOのステーブルコインで注目を浴びた日本円ペッグ型ですが、実はいくつか存在します。 LCMEM 日本初のステーブルコインがこれです。 NEMブロックチェーン上の価格安定コインとして、日本円と連動しており、日本ではNEMの経済圏が盛んなため、価格変動型のNEM同様利用機会も多くなることが期待されています。 amazonギフト券などのポイント形式で利用できるようです。 これは前払式支払手段と言われ、現時点では交換業者としての金融当局の認可は非常に厳しく、法律的な対策からこのような方式をとったとしています。   大手仮想通貨交換業者のGMOグループによる日本産のGMO Japanease YEN (GJY)   最後に最新のステーブルコインといえば、日本円ペッグ型のGJYでしょう。 2017年に仮想通貨業界に交換業者として参入したGMOグループは、新たな戦略としてポラリティの観点からステーブルコインが重要であるとしてこのコインの発行を決意しています。 日本円とペッグされたステーブルコインは、2019年をめどにアジア圏に発行される予定とのことです。 生き残るのはどれか ステーブルコインにも様々なリスクが伴います。したがってそれぞれのステーブルコイン の特性を理解した上での投資が重要となります。 アーキテクチャやネットワーク ペッグする資産の種類 取引所との連携 金融庁認可 残念ながら、ほとんどのステーブルコインが現時点では規制当局に認可されておらず、認可されているのはGemini USD、PaxosTrust のみです。 デジタル資産の採用に対する最大の障害は信頼性とボラティリティなので、1:1のドル建ての安定したコインと規制された信用があることは、お金の有用性を向上させる資産を提供していると捉えることができます。 日本のGJYも金融庁の反応は厳しいとの声も多く、今後どのような展開になるのか注目です。 まとめ 今年に入ってかなり増えたステーブルコインですが、その特性から2019年以降も注目されるでしょう。 暗号通貨の弱点をカバーしつつ、資産を保証できるメリットがあります。 時価総額はわずか4000億未満のステーブルコイン市場のトップシェアを獲得できるプロジェクトはどれなのか注目です。  

ブロックチェーン業界において将来的に価値のあるインフラ5選

    暗号通貨取引をする上で、取引所とウォレットは最も重要なインフラの一つであり、取引所トークンの価値は大きく飛躍しました。 今回は、将来的な価値が大きくなるであろうブロックチェーンインフラをご紹介したいと思います。 様々なインフラがある中で、 暗号化ユーザーの大量採用という視点の上で、5つに絞っています。 ①個人および機関投資家のための暗号通貨取引所 取引所は今や欠かせないインフラであり、多くの暗号化ユーザーが開設しています。 Binance (BNB)  Binanceは世界最大級の取引所であり、取引所が暗号分野の中で最も収益性の高い分野であることはよくしられて Binanceは、2018年に最大10億ドルの利益を上げることが予測されています。様々なビジネス要因がありますが、興味深いことに、Binance従業員の90%がネイティブBNBトークンで給与を受け取っています。 さらに、Binanceは、包括的な暗号ユーティリティになるための準備を進めているようです。 マルタに事業を移管した後、チームはワンランプ、ブロックチェーン投資ファンド、さらには最初の「トークン化された銀行」を作成する予定です。 さらに、分散型取引所DEXも開発しています。 Binance Coin(BNB)は、世界最大の取引所であるBinanceをサポートするために使用されるERC-20トークンです。 手数料割引:ネイティブBNBトークンを使用した場合、交換手数料は50%割引されます。これは大量のトレーダーが循環させるための非常に強いインセンティブです。 特に弱気市場 で売りが誘発される状況下では、取引所トークンは、コインを売却する際に安い取引へのアクセスを提供するため、需要が生まれる傾向があります。 バーン:さらに、Binanceは、BNBトークンを四半期ごとに燃やします。これは、従来の株式市場で公開されている企業による「株式買戻し」を模倣しています。 この減少した供給は、トークン価格に上昇圧力をかけるため、定期的な価値の上昇も期待できます。 2019年以降も注目されて行くでしょう Liquid Platform(QASH) 個人投資家向けのトップが、BinanceとすればQASHは機関投資家向けのトップになる可能性があります。   QASHは、リテール機関投資家と機関投資家の両方の取引暗号の主要なプラットフォームであり、2020年までに取引所業界も大きく変革すると思われます。 フィアットゲートウェイでは、ますます多くの機関投資家は取引する 個人投資家のために分散型取引所が盛んに利用されるようになる この変革の中にも、大幅に過小評価されているプロジェクトQASHがあります。 2020年までに、QASHのLIQUIDプラットフォームは、小売業者と機関投資家の間で暗号を交換しようとする主要プラットフォームになる可能性があります。 その要因となる製品は、プライムブローカレッジなどの金融サービスと組み合わせて、主要取引所をすべて1つの取引プラットフォームに集約するLIQUIDプラットフォームです。 LIQUID交換の重要な特徴は、世界のすべての主要取引所を統一取引プラットフォームに集約するThe World Bookです。 これが正しく行われれば、LIQUIDは単一の大量の注文書を提供し、ユーザーは暗号市場全体を取引し、地方の通貨から出入りすることができます。 これには、現時点では暗号ゲートウェイを持たないアフリカおよびSEアジア諸国の新興通貨が含まれます。これらの新しい市場が容易に暗号通貨を取得できるようにすることで、グローバルな流動性の向上がさらに、見込まれます。 最後に、LIQUIDプラットフォームは、毎秒何百万件もの注文を処理することによって、銀行レベルの注文管理システムとマッチングシステムを処理するのに適しています。 QASHは単なる交換以上のものであり、開 また、往来のように取引所間でのBTC/ETH送金の手間が無くなります。 集中型取引所の保管リスクを軽減するために分散型取引所を使用することには賛成ですが、Goldman SachsのトレーダーたちがEtherDeltaやidexを積極的に使いこなすとは思えませんし、 その上で、QASHチームは、機関投資家向けにfintechスペースに深い歴史を持ち、必要な銀行ライセンスを取得します。 発者がQASHトークンを活用してアプリケーションを作成できるように独自のブロックチェーンを作成しています。チームはまた、PoSのいくつかの要素が保有者に配当を支払うことになると述べた。 QASHの学習を続けていくために、ここでは詳細な分析が必要です。 QASHの開発が順調に進めば、2020年までにトップ10のプロジェクトになることは可能性としてあります ②機関投資家のための送金インフラ 暗号化ユーザーの大量採用において、大きく資金が動く機関投資家向けのインフラもあります。 Ripple (XRP) XRPは、機関投資家のインフラを支配します。 リップルはウェスタンユニオンと提携している可能性があり、SWIFTネットワークを置き換える可能性もあります。 サービスの開発も進んでおり、弱気相場からいち早く回復を見せたのもリップルでした。 2019年以降も間違いなく時価総額ランキングトップ5に残る通貨と考えられます。 Stellar (XLM) 銀行、決済システム、および人をつなぐプラットフォームです。 ステラ・プロトコルは、クロスボーダー取引を迅速かつ効率的に完了するのに最適であり、その他にもICO、分散型取引所(DEX)、ホスト非集中型アプリケーション(dapps)を介してトークンを発行するためにも使用できます。 XRPよりも、XLMが長期的に送金市場を獲得すると信じているユーザーは多くいます。 その理由としては、 世界中の銀行と関係を持つIBMとの継続的パートナーシップ 米ドルと直結したステーブルコインUSD Anchorの発行 ライトニングネットワークの統合 ICOプラットフォームとしての需要 確かに、国際送金の面ではRippleやOmisegoが競合してきますが、Stellarには十分に市場シェアを確保できるインフラが整っています。 ③ゲームやギャンブルのためのDappsプラットフォーム 現在357のギャンブルDappsと403のゲームDappsがあり、月間アクティブ・ユーザーはそれぞれ17,600人と12,900人と推定されています。 そのうち、ギャンブルとゲームのDappsは過去30日間に100万件近くの取引を占めています。 しかし、最も認知度が高いDapps構築プラットフォームであるEthereumは、現在、ユーザー数やトランザクション数の大幅な増加に対処できていないという問題があります。 すでに多くの暗号化ユーザーが取引所や財布を保有していることを考えると、Dapps上のこの問題のソリューションはゲーマーやギャンブラーのユーザー数増加には不可欠です。 イーサリアム自身にも様々なソリューションが開発されており、EOSは言わずと知れたDappsのためのスケーラビリティソリューションで今後も主力通貨として活躍すると思いますが、 2018年には生産準備が整ったEthereumベースのスケーラビリティソリューションが新たに誕生しています。 Loom Network(LOOM) ゲームの分野で活躍するであろうプラットフォームが、Loomです。 このソリューションの一つはLoom Networkと呼ばれ、ネットワーク上で輻輳を起こすことなく、非常に高いトランザクション量のDappをEthereum上に構築できるため、EOS on Ethereumと呼ばれています。 Loom Networkは、Deleted Proof of Stake(DPoS)をレイヤ2のコンセンサスメカニズムとして使用しながら、EthereumのベースレイヤーのProof-of-Workブロックチェーンの保証を維持することによって、部分的に機能します。 これは、ETAより優れたEthereum + Loom Network複合ソリューションを構築するとも主張しています。 さらに、Loom Networkはトランザクション処理のスピードを大幅に向上させ、Dappsのセキュリティとユーザーエクスペリエンスを向上させるソリューションであるPlasma Cashを実装する最初のプロジェクトでした。 Loom Networkの共同設立者であるJames Martin Duffy氏は、ゲームをブロックチェインの大量採用の触​​媒にしようとすると、彼らが望む魅力的なケースを作ってくれるので、使いやすく、速く、安価にする必要があります。  Loom Networkのインフラストラクチャは、今日その可能性を秘めています。 ④ボラリティ回避のためのステーブルコイン 暗号通貨のボラティリティを考えると、商取引の媒体としてそれらを使用することは非常に困難です。 加盟店は、値が何秒も急落する可能性のある通貨を受け入れることを望まず、潜在的な消費者は、値が何秒も急増する可能性のある通貨での支払いを望んでいません。 そこで欠かせないのがステーブルコインというインフラです。 単なる投資家やトレーダーにとって、安定したコインは、利益を得る機会の欠如を考慮すると、それほど興味深いものではないかもしれませんが、 暗号化ユーザーの大量採用を達成するためには、日常生活で使いやすくするためのインフラも必要です。 最も有名なのがUSDTであり、法定通貨を担保として用います。 そして、暗号通貨担保型のステーブルコインが次に説明するDAIです。 MakerによるDAI   DAIと呼ばれる機能的に安定したコインを作成しようとする試みの中で、Makerはそこで最大の実験の1つです。 DAIのような安定したコインは、コインの価値を別の安定した資産に固定することによってその問題を解決しようとする試みです。この場合、DAIは1 DAI = 1 USDとなるように永久的に米ドルに固定されています。 Makerは、コインの担保を単に安全な場所に保管するのではなく、複雑な安定メカニズムを使用してDAIの循環供給全体に常に影響を与え、個々のDAIの価値が比較的一定に保たれるようにします。 メーカーDAIだけが長期的にリーダー的な存在になるとは言い難いですが、メーカーは現在、他の多くのプロジェクトが含まれている安定した硬貨で実験を開始しており、暗号市場と決済通貨市場のギャップを埋めるためのソリューションがこれまで以上に高くなっています。 その他にも、USDC やゴールドに直結したステーブルコインなど有望なインフラは数々誕生しています。 ⑤より幅広い投資機会のためのセキュリティトークン トークンの証券化は新しい時代の動きであり、暗号通貨投資家にとっては投資機会が大幅に広がります。 Swarm fund (SVM) 以前のエントリー記事でもご紹介したSwarmプロジェクトですが、 Swarmが開発しているインフラストラクチャは、暗号化の世界だけでなく、世界の金融部門全体にも大きな影響を与える可能性があります。 SwarmはEthereumベースの投資プラットフォームであり、株式や不動産などの従来の資産のトークン化を可能にし、よりトレード可能でより流動的なものにします。 重要なことに、Swarmは、トークン化された証券を世界中の規制に適合させるための法的枠組みを提供します。 最終的な目標としては、日常的な投資家と数兆ドルのプライベートエクイティセクターの間のギャップを橋渡しすることで、潜在的な利回りが最も高いインサイダーのみの投資機会を一般市民が参加できる機会に変えることです。 Swarmが開発しているインフラストラクチャは、何百万人もの人々の生活を変えることができると信じられないほど有望であり、そのすべてを実現するために暗号化が使用されています。 tZERO(TZRO)   tZEROはデジタル資産のニューヨーク証券取引所NYSEになります。 すべての金融証券(株式、債券)と多くの現実世界の資産(不動産、芸術)をトークン化するケースはかなり明確になっています。 トークン化された証券は、インターネット接続を持つ誰もが参加することができるため、手数料の削減、金融操作のリスクの低減、投資家へのアクセスの増加などの効率性の向上など、従来の金融商品に対していくつかの利点をもたらします。 2017年のICOブームが大きかったことを考えると、STOのブームも来ることが予測されます。 tZEROは2020年までに非常に貴重なトークンを作るニューヨーク証券取引所になります。 tZEROトークンは、取締役会の承認および募集覚書に記載されている前例の条件(または代替要件)に従って、四半期ごとに調整総収入の10%をトークン保有者に支払う予定です。 これにより、トークン所有者にトークンを一時的にロックして受け取るように促すことで、価格の安定性を促進します。 tZEROプラットフォームは、非常に野心的なウォール街の利益を直接目標としておりチームにも注目する必要があります。 注目すべきチームメンバーには以下が含まれます: Patrick Bryne  -  OverstockのCEO Joe Cammarata  -  NASDAQの市場受注および最初のオフエクスチェンジ電子取引システムのパイオニア Brock Pierce(顧問) - 会長Bitcoin Foundation、EOSの創設者、 Anthony Di Lorio(アドバイザー) -  JaxxのCEO、Ethereumを共同設立 Peter Diamandis(アドバイザー) -  X Prize Foundationの会長、Singularity Univesrityの共同設立者、NY Timesベストセラー著者 巨額の潜在的な市場規模と発行者と投資家にとって明白な利点を考慮すると、tZEROがトークン化された証券スペースを獲得できれば、大規模な拡大が期待されます。 まとめ ブロックチェーンと暗号通貨は、技術革新のパラダイムシフトの時期になる可能性のある非常に初期の段階にあります。 その上で、暗号化ユーザーを増やすためにもDappsのためのスケーラビリティソリューション、ボラリティ回避ソリューション、投資ソリューションなどが今後不可欠であり、 Loom Network、Maker、Swarmなどのようなプロジェクトだけでなく、その他にも多くの通貨の価値が未だ低い水準であることから、このようなプロジェクトは長期的な成長の可能性を秘めています。 さらに、すでに時価総額が大きい通貨の中でも、Stellarのような送金、取引所、ICO、Dapps、ステーブルコインなどの複合インフラを構築しているプロジェクトは非常に成長する可能性が高いと考えられます。

Polymath(POLY)とは?セキュリティトークンのためのイーサリアム

  Swarm fundと同様にセキュリティトークンのためのプラットフォームであるPolymathについてです。 今後何かと話題になるであろう両者ですが、今回はその相違点や優位性についてみていきます。 プロジェクトの簡単な概要 Polymathの主要な目的は、ICO市場の有利な資本と規制に従う金融証券とのギャップを橋渡しすることにあります。 簡単に言うとICOをより法的強化して伝統的な金融商品にもアクセスできるようにすることです。 この新しい形態の投資を伝統的な金融商品にもたらすためには、プラットフォームは単なるセキュリティ以上のものである必要があります。 伝統的なモデルでは、発行体が規制機関に登録し、広範な引受手続きを経て、KYCの規範を統合して投資することができますが、ICOモデルの動作は少し異なります。しばしば欠陥が見られます。 これを容易にするために、Polymathは法務代理人をエコシステムの特に重要なステークホルダーとして位置づけ、彼らにコンプライアンスプロセスを通じてトークン発行者を誘導する責任を持たせます。 投資家の側から、KYCの提供者は参加者の身元を確認して、特定の投資に対して認定されていることを確認できます。 ICOではイーサリアムがユーティリティトークンのプラットフォームとして成長しましたが、Polymathはセキュリティトークンのプラットフォームとして期待されています。 Polymathのエコシステムについて エコシステムは、投資家、トークン発行者、法定代理人、KYCプロバイダー、および開発者の5つのステークホルダーによって形成されます。 法的代理人、KYCプロバイダー、および主要な利害関係者によってサポートされている発行者と投資家が効果的に市場に提供するソリューションに組み込まれています。  ネットワークに貢献する経済的インセンティブもあり、法定代理人が非アクティブなセキュリティトークンを承認するのを助けるために入札し、KYCプロバイダが投資家の資格情報を確認すると、トークン値が上昇することが期待されます。 立ち上げチームについて Polymathは2017年に設立され、ICOを介して5870万USドルの資金を調達しました。 チームは約18名で構成され、同社は、それぞれCEOとCOOであるTrevor KoverkoとChris Housserによって設立されました。 Koverkoは、Digital Assets InternationalとLumenixで働いていて、財務とデジタル通貨に関する豊富な経験を持っています。  Housserは法律を卒業し、Bennett Best Burnで仲間を務め、証券、訴訟、雇用に関する法律を執行しています。 顧問のリストはチーム数とほぼ同数でウェブサイトには16人が掲載されており、Polymathが業界の似たような人々によってよく結びついて支持されているという強い印象を与えています。 アドバイザーのリストには、以下のような暗号ブランド名のリストが含まれています。 Factomの会長、David Johnston JaxxのCEO、Anthony Di Iorio Bitcoin FoundationのBruce Fenton ShapeShiftのCEO、Erik Voorhees Ethereumの共同設立者、Steven Nerayoff ShapeShiftの最高情報セキュリティ責任者、Michael Perklin また、パートナーにはSelfKEYなども含まれています。 POLYトークンについて   Polymathシステムを使用してSTO用に作成されたトークンは、EthereumのERC-20標準のエミュレーションですが、KYCが組み込まれたST20標準に準拠する必要があります。 KYCは、IdentityMindやAgrelloなどのプロセスに統合された企業によって容易になります。 POLYプラットフォームで発行されたトークンは有価証券であるため、議決権およびその他の特権を、同一ではないにしても、株式の所有に似ています。 競合他社と比較と優位性 セキュリティトークンの発行および構築プラットフォームや分野において競合他社としてよく挙げられているのが、Swarm fundです。 すべての企業がその分野でトッププレーヤーになることを目指しているはずですが、今後トークン化された証券が、ICOにかわって企業が資金を調達するための普遍的な方法論になるとすると、この議論はあまり意味がありません。 というのも、市場規模は拡大余地が非常に大きく、これらの3人のプレーヤーだけでなく、より多くの人が利益を上げる余地があると考えられています。 PolymathがHarbourまたはSwarm Fundやその他の投資信託に比べて特別な優位性を持っているかどうかは、現時点では判断がつきません。 まとめ 2017年に大きく拡大したICO市場も、今年は法的な構造の欠如から成功できたプロジェクトはほんの一握りです。 Polymathはこのような市場での必要性を明確に示しており、企業は規制を遵守しながらトークンの迅速な発行の恩恵を受けることができます。 このようなアプリケーションの潜在的な市場は巨大なものになる可能性があります。 Polymathのシステムは、通常の株式市場と比べて、トークンの所有権に関して補償された法的支援を提供することにより、参入障壁を下げるためにあると言えます。 これにより、SECコンプライアンスを取得する費用が安くなります。 この意味で、Polymathの成功は、POLYトークンを使って有価証券を発行し、その後どのような分野で成功を収めている企業と関連できるかに依存するものと考えられます。

Swarmについて知っておくべき9つのこと

  この記事の要点 ブロックチェーン技術によって、すでに機関投資家など巨額な投資資金を保有する人々のみしかアクセスできない高利回りの投資機会または商品に個人投資家でもアクセスできるような機会が誕生しています。 この個人投資家のアクセスを導いているプロジェクトの一つにSwarm fundというブロックチェーンプロジェクトがあります。 今回はSwarmに投資する上で知っておくべきことをまとめたいと思います。 簡単なプロジェクト概要 SwarmはEthereumブロックチェーン上に構築された分散型投資プラットフォームです。 オープンソース・コード、オープン・コミュニティ参加モデル、世界中の規制との互換性のための法的枠組みにより、Swarmは人々がプライベート・エクイティ部門に参加する権限を与えています。 トークン化と呼ばれるプロセスを通じて、従来の資産をよりトレード可能かつより流動性の高いものにすることができます。 同時に、Swarmのプラットフォームは、高い手数料と複雑な法的合意が、かつての大きな障害ではなくなることを確実にします。 ソース元:Swarm website Swarmについて知っておくべき9つのこと ①3つの投資家カテゴリー 実際には、Swarmが助けるために設計された投資家の3つの主なカテゴリがあります。 暗号通貨投資家  -  SwarmのAI駆動の投資機会は、投資家が不安定な暗号市場でリスクを軽減するための最善の方法です。 ウェルスマネージャーおよび投資家- ワークフローの自動化と代替プライベートエクイティの機会への摩擦のないアクセスにより、スワームはプライベートウェルスマネジャーやファミリーオフィスに強くアピールすることができます。 プライベートエクイティ投資家(主に機関投資家や日常的に投資する個人投資家 -  Swarmから最も利益を受ける顧客は、今度は深いポケットを持つプライベートエクイティ投資家のために予約された同じ高収入投資機会にアクセスできる日常的な投資家です。 これらのすべては、スワームが資産をトークン化し、独自のSRC-20トークンを使用して部分的所有権を売却することで最終的に実現されました。 ②トークン構造-SRC-20トークン標準 さまざまなユースケースでさまざまなタイプのトークンを作成するためのフレームワークを提供する、いくつかのEthereum ERCトークン標準があります。  Swarmでは、トークン化資産をより簡単にするために特別に作成されたSRC-20トークン標準が存在します。 SRC-20トークンは、Stellarプロトコルコードベースのフォーク上に構築されたプライベートブロックチェーン上に存在します。  SRC-20標準では、セキュリティトークンが遵守しなければならない共通ルールを定義し、開発者がトークン化された資産の機能を強化するSwarmエコシステムにアプリケーションを構築できるようにしています。 個々の投資機会のために新しいSRC-20トークンが発売されます。このようなトークンの所有権は、企業の株式のシェアと同様、原資産の部分所有権を表します。 保有者のメリット SRC-20トークンの保有者にとってのメリットには、標準的な投票プロセスを通じて原資産を管理する能力が含まれます。また、資産が収益の流れを生み出す場合、SRC-20保有者もその収益のシェアを得る権利を持ちます。 SRC-20トークンは、最近発売されたマーケットアクセスプロトコル(MAP)を介してスウォームプラットフォーム上で取引され、従来の株式シェアよりセキュリティトークンの取引を容易にします。 さらに、SRC-20は、地方自治体の規制に準拠した他のセキュリティトークン交換で相互運用可能に設計されており、トークンのトレード可能性と流動性をさらに高めています。 ③エコシステムの中心であるユーティリティトークンSWM Swarmエコシステムは、ERC-20トークンであるSWMによって実行されます。 SWMは、流動的民主投票モジュール(LDVM)に基づくコミュニティ管理に使用されるユーティリティトークンです。 この投票システムの特長の1つは、Range Votingと呼ばれるものが使用されていることです。 投票者は基本的な「はい/いいえ」投票ではなく、特定のイニシアチブに対する支持を正確に示すために、-3から3の範囲のスライダーを使用します。他のほとんどのブロックチェーンベースの投票システムの場合と同様に、個人の投票の重みは、通貨の総持分によって決まります。 ガバナンスに加えて、SWMはSwarm Invest Platformに記載されているさまざまなSRC-20トークンに直接投資し、プラットフォーム上で完了したトランザクションにガス料金を支払うために使用されます。 さらに、SWMは、ガバナンスシステムへの参加や、より大きなSwarmエコシステム内のインフラストラクチャとサービスプロバイダによるイノベーションへのインセンティブとして使用されています。   Swarmの背後チーム ソース:https://swarm.fund/team/ スウォームの有資格チームは、エンジニアリングおよびビジネス管理の経験を持つ熟練した起業家であるCEOおよび共同設立者のPhilipp Pieperによって率いられています。 PieperはDeutsche BankとAllianz Groupとのプライベート・エクイティ管理職を務め、2015年にcomScoreによって買収されたグローバルデータ・プロバイダーであるProximinを設立しました。 仲間の創設者でありチーフ・インベストメント・オフィサーのTimo Lehesは、20年以上にわたるソフトウェア企業の創業、経営、退職、投資から、彼自身の専門知識を活用しています。 COO Chris Eberleは、Facebook、Federated Media、AOL、Meebo(Google)のビジネスとテクニカルな役割を担当するグローバルチームを管理したうえで、彼が十分に備えているコミュニティ成長とエンゲージメントのプロジェクトのイニシアチブをリードしています。 Swarmは、Ethereumの共同設立者、Jaxxの創設者Anthony Di lorio、Sequoia Heritage Fundの共同設立者Mark Oeiなど、経験豊富な顧問グループの恩恵を受けています。 技術要素-Stellar との技術提携 7月に、Swarmは、プロジェクトの基本ブロックチェーン技術をサポートするためにStellarと提携すると発表しました。 このパートナーシップはスワンにとって理にかなっている理由は数多くあり、その中には次のものがあります。 法的構造の強化:ステラの既存コンプライアンスプロトコルは、AML / KYCに適する 取引機会の増加:Stellar分散ネットワークは、あらゆるタイプの資産を追跡、保持、転送するために使用できる分散型取引所として機能し、Swarmのトークン化イニシアチブに最適 取引量の増加:Stellarは、同様の機能を持つ他のブロックチェーンよりも比較的高速で安価なトランザクションで、Swarmプラットフォームからのトランザクション量を増やすことができる インセンティブモデル-マスターノード 2018年8月、チームはSwarm Masternodesのリリースでインフラ整備の大きなマイルストーンに達しました。 外部の当事者がSwarmノードを実行し、Swarmネットワークの分散化を促進するためには、強力なインセンティブモデルを設計することが重要でした。 このモデルをMasternodeソフトウェアと一緒に使用することで、Swarmの将来がより重要視されています。 ビジネス-OpenFinanceとの戦略的な提携 Swarmは最近、OpenFinance Networkと提携してSRC-20トークンを取引プラットフォーム上にリストアップしたことを発表しました。   OFNについて ベンチャーキャピタルや不動産などのリアル資産に投資するために暗号化を使用するプライベートエクイティのブロックチェーンとして知られているOFNはユーザーがセキュリティトークンを1か所で購入、販売、管理、調査することを可能にする、米国で初めて規制されたセキュリティトークン取引プラットフォームです。 彼らの目標は、「断片化した市場に効率性、透明性、相互運用性をもたらすこと」です。 OFNは急速に拡大しており、最近では、Polymath、Harbor、Securitize、Republicなどの暗号およびブロックチェーン業界全体で数多くの主要パートナーシップを確立しています。 Swarm Fundとの新しい契約により、OFNはSRC-20のすべてのセキュリティトークンを取引プラットフォームにリストアップするようになります。 Juan HernandezのOpenFinance Networkの創設者兼CEOは次のように述べています。 Swarm Fundとの契約は、現実世界の投資を表すセキュリティトークンのパイプラインにOFNを接続します。彼らの民主化とオープン・インフラストラクチャーへのコミットメントは、これを大きな関係にしており、プラットフォームへの多様な投資を歓迎することに興奮しています。 Swarm Fundの最高経営責任者(CEO)、Philipp Pieper(フィリップ・ピーパー この契約はまた、OFNが、Swarmの革新的な市場アクセスプロトコル(MAP)と統合する最初の取引プラットフォームとなることを意味します。  MAPは、規制遵守のプロセスを大幅に簡素化し、市場全体の効率を向上させる統合アーキテクチャです。 このパートナーシップは、セキュリティトークンのトレード可能性と流動性を直ちに向上させるため、大きなメリットです。   ビジネス-Robinhoodのトークン化 Swarmは既にIPOの前に人気のある投資プラットフォームRobinhoodをトークン化して動きが進行しています。 Robinhoodは現在、ベンチャーキャピタルで176百万ドル以上を受け取っており、同社に現在50億ドル以上の評価を与えており、Swarmのトークンは、Robinhoodの所有権を潜在的な投資家の幅広い新しい範囲に広げます。 例えば、Swarmネットワークのシンジケート・マネージャーは、元従業員、ブローカー、そして時には企業と直接的に連絡を取り、民間企業の株式を購入します。 そして、この機会はトークン化され、Swarmを経由して幅広い投資家に渡されます。  Robinhoodは、このプロセスのために選ばれる最初の企業の1つです。 ブロックチェーンへの投資家としてSwarmプラットフォームを使用してRobinhood Equity Token(RHET)を通じてRobinhood Inc.の株式を購入できることは、大変興味がある機会です。 Robinhoodの株式トークンSwarmが発行されているのは、公認投資家にのみ発行されるという理由の1つですが、小売投資家に利用可能にする計画もあります。 さらに、莫大な顧客ベースを持つコインベースやリップルをトークン化する計画も持っています。 年間報酬のあるファンドマネージャー あなたの中には、スウォームに資金を投入する方法を学ぶことに興味がある人もいます。スウォーム・ファンド・マネージャーは、SWMトークンで支払われる総額の1%に相当する年間報酬を得ることができます。 まとめ しばしば議論の対象となる資産のトークン化に関して、Swarmはこのブロックチェーンのユースケースの可能性をすでに示している興味深いプロジェクトの一つです。 プロジェクトのメリットとしては、主に以下が考えられます。 Stellarの技術も使用してSRC-20標準セキュリティトークンを構築できる ユーティリティトークンであるSVMは、手数料として需要がある SRC-20セキュリティトークンの取引場としてOFNが既に統合されている 人気ファンドのRobinhoodをトークン化している マスターノードと年間報酬のインセンティブモデルの存在 このように裕福な投資家だけでなく、個人投資家もアクセスできる点が重要であり、今後牽引して行くプロジェクトの一つとなると思います。 さらに、ICOに代わるSTO市場は今後一兆円規模にまで拡大すると言われています。 さらにSwarmが、OFNと協力して拡大する市場にセキュリティトークンをもたらすことは、今後5年間で個人資産業界を2兆5,000億ドルから5兆ドルに倍増する目標を確実にするとも言われています。 その中で今後セキュリテトークンの需要が上がっていけば、Swarmは2019年以降に間違いなく注目されるプロジェクトの一つとなるでしょう。 個人的には投資を検討しています。

ICOに変わるSTOとは?セキュリティートークンのプロジェクト5選の紹介

  過熱気味であったICO市場は整理が必要 2017年には、ICOを通じて膨大な資本(56億ドル)が調達されました。 この資本の大部分は、トランザクション暗号化トークンとユーティリティトークンによるものです。 規制が不確実なICO市場の最近の傾向は以下のような状況を作り出していました。 参加者は減少 調達額も以前ほど大きくない プロジェクト数は増えている 取引所上場の不確実性 高値での譲渡が未だ横行している 一般投資家はICOで利益を出すのは難しく、極めてリスクが高いと判断できます。 裏を返せば、これまでのような大規模な調達額を達成するプロジェクトは少なくなってきており、有望なプロジェクトにプライベートの初期価格で入ることができれば、利益を得られる可能性はあります。 STOの存在の認知 STO、つまりセキュリティトークンオファリングが今年は注目されると言われてきました。 ICO とは異なり、規制の複雑さのために、セキュリティトークンはこれまで投資資金を調達する新しい方法にはほとんど欠けていました。 しかし、世界には256兆ドル相当の実質資産があり、暗号化された有価証券の到着が待望されているのも事実です。 セキュリティトークンの潜在的な時価総額は、暗号業界がセキュリティトークンを容易にする方法を革新できれば、その市場は1兆ドルを超える価値があると言われています。 セキュリティトークンの考え方 セキュリティトークンの考え方は2017年初頭に現実的に導入され、このコンセプトはすぐに根付きました。 現在、起業家や投資家は、空で有望なトークン化されたセキュリティスペースに熱心に取り組んでおり、既にセキュリティトークン市場には十数人の重大なプレーヤーがいるとされています。 有価証券との違い ここで、有価証券は、ある種の金銭的価値を保持し、所有権(株式)、債権関係(債券)、または所有権に対する権利の表現(オプション)を表す金融商品ですが、株式の所有者に対して、株式、配当金、または利息など、さまざまな財務上の権利を提供することができます。 さらに、有価証券の投資家は、セキュリティ自体の価値が時間をかけて評価されることを期待しており、通常、別の資産からその価値を引き出します。 これらすべてに関して、セキュリティトークンは従来の証券とほぼ同じと捉えられます。 2つの主な違いは、スマートコントラクトとブロックチェーンインフラストラクチャに基づいて、後者のタイプがトークン化され、自動的に編成され、管理されることです。 今のところ、トークン化された有価証券は、基本的には非常に効率的な技術基盤に基づく従来の有価証券です。 セキュリティトークンの特徴 セキュリティトークンの対象は不動産、分数化された株式および企業、公的部門債(自治体、国家、国家債務)の発行、ETF、REITs(不動産投資信託)、インデックスファンドなどですが、以下のようなメリットが考えられます。 プログラム可能な証券-配当、有権者の権利、および利子など、証券に含まれる特定の権利は、証券自体にプログラムされ、完全に自動化される(例えば、毎月の配当)。 所有権と譲渡性:トークン化された証券の所有権は、根底にあるブロックチェーンテクノロジのため、分権化された元帳に不可避かつ不可逆的に格納されるため、比類のない低額手数料で異なる所有者間で瞬時に証券を転送することが可能になる 相互運用性:証券は、他の暗号化された資産、他のトークン化された証券と交換できる 流動性の向上:流通市場での取引が非常に早く、早期投資家の流動性プレミアムが低くなる(特に証券所有権の譲渡が容易であるなど)。 24/7/365取引:ブロックチェーンは一般的にダウンタイムの影響を受けず、デジタル資産の取引は常に可能 コストの削減:これらのプロセスの自動化により、発行、登録、交換、引受、決済、決済、報告、コンプライアンスのコストを大幅に削減できる 分数化:不動産や高価な株式などの大規模な投資は分数化することができ、大規模な資産に共同投資することができる 投資家プールの大幅な増加:転送可能性とブロックチェーン技術の境界がないため、トークン化された証券は世界中の人にアクセスできる 透明性:分散された元帳のため、第三者を使用する代わりに、セキュリティのすべてのトランザクションが表示され、操作や破損の余地が大幅に減る このように、トークン化された有価証券の効率は、主に、官僚的で厳格なセキュリティ手続きから仲介者を取り除いたことに起因し、 スマートコントラクトは、第三者を信頼することなくプロセスを自動化することができるため、コストと時間を大幅に削減できるメリットがあります。 セキュリティトークンは、資本や情報、投資家を組織するまったく新しい方法と同様に、資本調達と富の分配のための全く新しい手段を提示するとができます。 ICOとの違いから見る懸念点 ICO STO 法的規制が低い 高い 幅広い 限定的 投機的 投資   類似点としては、スマートコントラクトやブロックチェーンにいづれも基づく事ですが、 相違点として、ICOに比べ法的規制が高く、限られた投資家しか参加できなくなる点が存在します。 ICOはグレーゾーンな部分が多く、資金調達を容易に行えるメリットがありましたが、最近は規制も入り始めています。 STOでは、株式のような取引可能な金融商品に投資するためICOでありがちなトークンへの投機的な概念は少ないとされます。 規制に沿った有望なプロジェクトのみが行えるため、詐欺的なプロジェクトは淘汰される一方で、 デメリットとしては、プロジェクトが限られるように一部の投資家のみしか参加できない点です。 さらに、セキュリティトークンを起動して完全に規制準拠しているプラ​​ットフォームのための直接的なプロセスでなければなりません。 セキュリティトークンの発行を可能にするプラットフォームは、プラットフォームおよびスマートな契約フレームワークを通じてこれらのプロセスを促進し、確実にする必要があり、大きな責任を負う仲介者を完全に置き換える必要があります。 しかしながら、ブロックチェーン業界全体、つまりセキュリティトークン市場も、まだまだ初期段階にあり、多くのプラットフォームやプロジェクトが進化しているかなり厳しい進化段階です。 現段階で確認されているSTOプロジェクト セキュリティトークンとそのSecurity Token Offerings(STO)は真に1兆ドルの機会です。以下は、この価値を開拓しようとする最も有望なプロジェクトです。 Polymath (POLY) 執筆時点で最初に報告されているのは、Polymathというプロジェクトです。 Polymathは、セキュリティトークンのイーサリアムとして登場し、KYC Identity Awareトークンやプライベートエンティティ用の流動性などのプラットフォームに関するコンセプトを導入し、数分でセキュリティトークンを作成することができます。 Polymathでトークンを発行するために、チームは独自のST20トークン標準を作成しました。 Polymath自身のトークンPOLYは既に取引されており、プラットフォームにはtZeroやBlocktrade.comとの提携関係を含むいくつかの提携関係があります。 さらに、Polymathはプロフェッショナルで大規模なチームによって設立され管理されており、最初のプロジェクトは210百万ドルの累積投資目標で開始する予定です。 POLYの価格     Swarm Fund-スワームファンド セキュリティトークンのスペースに参入するもう一つの有名なプロジェクトです。 Swarmでは、プラットフォーム上で発行された有価証券のトークンとスマートな契約標準であるSRC20プロトコルに基づいて、実際の資産をトークン化することができます。 このプロトコルは、トークン化されたセキュリティを起動する前に、発行者が遵守しなければならない一連のルールを設定しています。 Swarmを通じてトークン化できる資産の例には、不動産、再生可能エネルギー、農業、ハイテク企業などがあります。 ERC-20プロトコルには、所有権表示、投票手続き、自動配当、収益の流れ、規制準拠取引などの機能が既に組み込まれています。これは、プロトコルに組み込まれる多くの機能、したがってSwarmを介して起動されるセキュリティトークンを可能にすることが期待されています。 SWTの価格   Tokeny -トークニー 安全なエンドツーエンドのセキュリティトークン化プラットフォームをです。 Tokenyは、セキュリティトークンの形で最高の投資機会に流動性をもたらすことを目指しています。 このプラットフォームは、セキュリティトークンを起動するあらゆる面でクライアントをサポートするように設計されています。 これには、トークンの販売、ライブ中のトークンの完全管理、スマートな契約、トークン、規制遵守に関するすべての技術が含まれており、プロジェクトがコアビジネスに集中することができます。 Luxembourgベースのセキュリティトークンプラットフォームは、競合他社に関するプロジェクトのUSPであるユーティリティトークンの公開もサポートします。 Tokenyの中心的な焦点は、機関レベルのソリューションをトークンセキュリティスペースにもたらすことです。 例えば、経験豊富なチームがあなたに持ってきた、これを保証するために、銀行グレードのKYC手順を組み込んでいます。 OpenFinanceNetwork (OPN)- オープンファイナンスネットワーク   財務の世界をトークン化するプロジェクトです。 このプロジェクトは、米国市場が投資家の巨大なプールを代表するものの、証券の立場から参入するのは複雑であるため、米国の規制を受けた最初のセキュリティトークン取引プラットフォームを構築し、競合他社に比べて強い優位性を提供しています。 OpenFinance Networkは、ブローカレッジハウス、カストディアン、移転代理店、銀行と協力して、すべてのプロセスが合理化され、米国の規制に合っていることを保証します。 このプラットフォームの潜在的可能性は、先進的な暗号化交換の1つであるHuobiから引き出した投資によって示されます。 これは、確立された取引所を米国とセキュリティトークンの両方の地位に与えるためのHuobi側の戦略的投資として、両当事者間の長期的な協力は、公式の戦略的パートナーシップによって盛り込まれた。 またSwarm fundとも提携しています。   TrustToken-トラストトークン   最近、米ドルに固定されたステーブルコインのうちの一つとして、TrueUSDが登場しました。 TrueUSD この安定したコインは、セキュリティトークンの発行と管理を可能にするプラットフォームであるTrustTokenによって開始されており、このプロジェクトは、大規模なチーム、経験豊富なアドバイザー、そして戦略的で非常に貴重なステーブルコインを享受しています。 このステーブルコインを投入する戦略的な動きは、トークン化された有価証券を従来の金融システムを経由することなく安定した資産に転換することを可能にします。 TrustTokenは、賃貸物件から特許まですべてをトークン化する予定であり、この壮大な野心をサポートするために多くのスマートな契約フレームワークを実装しています。 すべての所有権は、法的金融機関によって保証された賢明な契約によって管理されています。 まとめ  Bitcoinが通貨を変換したのと同じように、セキュリティトークンは株主に直接的、流動的な経済的利益と手取金の迅速な配達をもたらすので、株式を返還させる可能性もあります。  これは、数兆ドルに及ぶ大規模な市場です。 その点で、HuobiやCoinbase poloniexなどのような大きな取引所はすでにセキュリティトークンに関して早期に可能性を信じ、投じています。 有価証券は長年にわたって存在していますが、セキュリティトークンは全く新しいパラダイムパラダイムを導入する初期の段階にあると言えます。 セキュリティトークン市場の今後に期待です。 参考記事  

Invest in blockchainが厳選する2018 Q4に注目すべきアルトコイン10選

  ビットコインだけでなく、アルトコインやICOの分析を行う暗号通貨情報サイトであるinvest in blockchain によって、新たな通貨分析が出ています。 今回ご紹介するのは2018年第4四半期(10-12月)に注目すべきアルトコイン10選になります。 この記事では、アルファベット順にリストされた10種類のプロジェクトの基礎に基づいて 短期的に価格が急騰するかどうかではなく、2018年第4四半期に何が起こるかを見て、ビットコインに続く成長を起こす通貨を分析しています。 2018年第4四半期に注目するべき有望なアルトコイン Cardano(ADA)-エイダコイン ルネッサンスの有名なイタリアの数学者であるGerolamo Cardanoの作品を基にして作られた学術研究を使用して構築される最初の完全オープンソースのブロックチェーンです。 以前のEthereumのCEO、Cardanoの創立者であるCharles Hoskinson氏は、Dappsやスマートな契約のために科学的に健全で安全に設計された暗号プラットフォームを作り出した。 この野心的なプロジェクトを支持するのは3つの企業で、それぞれが全体的な使命に特化した役割を果たしています。 IOHK  - 技術とエンジニアリング会社のHoskinsonがリードし、カルダノは2020年まで設計、建設、維持する契約を結んでいる カルダノ財団 - 政府機関との業務を担当するスイスに拠点を置く非営利団体。グローバルな採用を促すために、オープンソースプロジェクトや企業との戦略的パートナーシップも構築している Emurgo  - カルダノのブロックチェーンにある企業の開発と統合を担当するインキュベートエージェント。 なぜADAが注目されるのか ✔Cardanoメインネットのアップデート Cardano 1.3.1は、2018年9月にリリースされる予定に続く、Chrome拡張機能のYoroiはテストネットモードからメインネット起動 2018年10月には、データの保存方法、変更の記録、ウォレットのバックエンドなど、膨大なアップデートであるCardano 1.4を実行するテストネットのリリースが予定されている これにより、ユーザーは、オープンソースのADAデスクトップウォレットであるDaedalusの初期バージョンをインストールして、バグを使用して確認できるようになる ✔レジャーの追加サポート 上記のアップデートに関連して、IOHKとEmurgoはLedgerと協力して、Nano SハードウェアウォレットにADAサポートを導入した Hoskinsonは、YoroiがLedgerの最初のCardanoインターフェースであり、両者間の確立された接続が既に存在すると考えている。 Cardanoの公式ロードマップによれば、チームは現在、Ledger Nano Sハードウェアの財布サポートを50%完備しており、Daedalus財布とのさらなる統合が進行中であると述べており、カルダノはコミュニティの相互作用という点ではトップにあり、プロジェクトを完成させるための優先順位の指標となるかもしれません。 大きくある要素はメインネットのアップデートであり、コミュニティ支持が非常に大きい点も価格に影響します。 2019年からはICOプラットフォームとしても機能する予定なので、年末にかけて価格は上昇予測されています。 DigiByte(DGB) 昨年注目を浴びた通貨の一つですが、 このプロジェクトはBitcoinに欠けていたセキュリティとスピードを改善するべくして2013年に開始し、最も高速で分散化されたブロックチェーンを目指すブロックチェーンでして制作されました。 これにより、DigiByteは20,000年に完全に採掘されるように設定された10万以上のノードと21億のコイン(Bitcoinの1000倍)を持つブロックチェーンとなり、様々なメリットが生まれます。 15秒のUTXOトランザクション時間とBitcoinの10分および5つの異なるコンセンサスアルゴリズムを組み合わせることで、BTCよりも安全です。 DGBが注目される理由 ✔自動の支払い予約と繰り越し機能 DigiByteはこの方向で次に目を向け、企業や個人が定期的に暗号を使用して毎月の支払いの繰返しをスケジュールできる 電話番号を保存するだけで、ウォレットのアドレスを保存するAndroidとiOS用のモバイルアドレス帳のリリース このようなシンプルで実用的なアプリケーションは、暗号業界をうまく評価しますが、採用が増えるにつれて期待されるようになります。 ✔複数の交換所でのFiat / USDTペアリングの追加 ✔ベネズエラ拡大 ベネズエラのような不安定な経済諸国では、その使用量はすでに増加しており、その認識が高まるにつれてその採用も拡大する予定 ✔開発者賞金プログラム DigiByteは2018年8月、DGBの報酬と引き換えにプロジェクトを改善するためにコミュニティ内のプログラマーに奨励する大規模な開発者の賞金の始まりを発表しており、第3四半期に開始された 以上のように、DGBが2018 Q4に注目される理由としては、 機能面の向上 取引所での法定通貨ペア追加 賞金プログラム が主に、考えられます。 以前の開発者の恩恵を受けてチームが果たしてきた継続的な成功は、ビジネスとコミュニティの間の強固な関係の可能性を示しています。 未だコミュニティ支持も高い通貨となっています。 EOS(EOS)-イオス EOSは、開発者がdappsを構築するための最上位のプラットフォームになるという野心的な目標を持つブロックチェーンプロジェクトです。 ブロックチェーンの起業家であるDan Larimerによって設立されたこのプロジェクトは、Larimer自身が作成した、委任された証拠証明(DPoS)コンセンサスプロトコルを使用してトランザクションを検証します。 このプロジェクトは、1年間のICO期間中に40億ドル以上を調達し、現在までに最も成功した暗号クラウドファンドとなっています。 プラットフォームの打ち上げは2018年第2四半期/第3四半期に始まったばかりで、成功していますが、まだ明確ではなく、時価総額では5位にとどまっています。 EOSが注目される理由 2018年7月のEOSIO 1.0の発売は、フェーズ3の終了をロードマップに示しました。フェーズ4は現在、2019年初めまで進行中であり、既存のものに触れながらいくつかの重要な機能が追加されます。 ✔パラレル実行 次の段階ではマルチスレッドエンジンが導入される 並列コンピューティングでは、複数のトランザクションを同時に実行できるため、EOSブロックチェーンを構築しようとする開発者がいる限り、プラットフォームを迅速に拡張することができる ✔エアードロップ EOSは新しいプロジェクトの成功のためにトークンを捧げることを目的としたエアドロップの面で先導しており、この点は、EOSブロックチェーンが開始された2018年6月の創世記スナップショット以来、EOSを開催してきた人にとって特に重要である Q4 2018のエアドロップは次のとおりです。 •Takafully •GiveyNation •AngelWings •Cadeos 機能面の追加 エアードロップ目的の投資 が考えられます。 Komodo(KMD)-コモド   Komodoは、ユーザーに完全なプライベートと匿名の取引を提供するために、最先端のzk-snark技術を活用するZcashフォークです。 プライバシーの暗号を作ることは独特の概念ではありませんが、コモドは単なるプライバシーコイン以上の機能を持ちます。 2016年2月にKomodoの創始者であるJames "jl777"が言い放った、デジタル資産をさまざまなプラットフォーム間で自由に移動できる暗号ソリューションを作成するという、Bitcointalkで発表された短い独立宣言に始まりました。 2016年9月までに、チームは継続的なブログ投稿を通じてコミュニティを更新し続け、現在、2018年末と2019年末の更新されたロードマップを作成中です。 KMDの価値が注目される理由 コモドプロジェクトは基盤を構築し、規模を拡大することを目指して、チームは進化の次の段階に移るとされています。 ✔コモド2.0のリリース コモドは、2015年7月のブログ記事「Blockchain Techの5つの柱」において、次の段階であるコモド2.0についての詳細を発表しており、同記事で、チームはアップデートが公開された時点で概説した ✔クロスチェーンスマートコントラクト  独自のバーンプロトコルを使用して、異なるブロックチェーンにわたってコインの供給の一貫性と代替性を維持する ✔遅延した実績のあるセキュリティサービス  すべての実績ブロックチェーンを51%の攻撃から保護する ✔UTXOベースのスマートコントラクト - スマートコントラクトをUTXOブロックチェーン上で実行できるBitcoinコード拡張。 Federated Multi-Chain Syncing  -Komodo v2.0は1秒間に20,000件以上のトランザクションを処理でき、2018年末までに1秒あたり100万件のトランザクションを実証する予定である PayPie(PPP)-ペイパイ   PayPieは、分散型信用リスクアセスメントを提供する金融会社です。 このプロジェクトは、フォックスとマイクロソフトのような大手企業と協力して経験を積んだNick ChandiとJag Barpaggaによって設立されました。 Chandiは、中小企業向けのオンライン会計ソフトウェアを提供するSlickPieのMBA保有者、シリアル起業家、共同設立者です。 BarpaggaはSME仮想システムを広く使用しており、データセキュリティの専門家です。 彼らの競争優位性としては、何百ものライブ金融データポイントをもたらし、それらをEthereumブロックチェーン上でハッシュするユニークな組み込みアルゴリズムが含まれる点であり、 このスマートな契約の力によってPayPieは、銀行、貸し手、請求書作成会社がクレジット・アカウントを獲得するためのより迅速で安全な方法です。 PayPieの価値が注目される理由 PayPieはまだわずか13.3百万ドルの時価総額しか持っていませんが、金融技術である大規模な業界に入っています。財務とソフトウェアの組み合わせは、ブロックチェーンが再考するために生まれたものです。 ✔早急に統合が進む PayPieアプリは既にQuickBooks Onlineとシームレスに連携しており、チームは現在サードパーティ製のプラットフォームをさらに活用させる ホワイトペーパーのタイムラインには、現在開発中のエンタープライズリソースプランニング(ERP)ソフトウェアおよびアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)が示されており、より多くのサードパーティに搭載することが簡単になる タイムラインには、2014年第4四半期にERPとAPIが完成し、地方分権会計システムの作成が始まる予定である ✔分散型会計システム(DAS)立ち上げ PayPieは2018年末の直後に分散型会計システム(DAS)の立ち上げを完了させる ✔ビジネスファイナンス 他の人がビジネスの信頼性をどのように認識しているかを判断する無料のPayPieリスクアセスメントツールを使用した後、中小企業は請求書のファクタリングを便利に申請することができる この機能のリリース日はまだありませんが、開始時に、中小企業は未払いの請求書を割引で販売し、キャッシュフローを増やし、PayPieユーザーの投資収益を提供することができます。 参入市場の割に、時価総額がまだ低い サードパーティとの統合が進む ビジネス拡大 分散型の会計システムの稼働 などが主な理由と考えられます。 Ripple(XRP)-リップル 2012年にOpenCoinとして設立されたRippleは、2015年に現在の名前を取得し、サンフランシスコのコンピュータソフトウェア企業Ripple Labsは、Ryan Fugger、Chris Larsen、Jed McCalebによって共同設立され、分散型の通貨システムを作成しました。そして、McCalebは2014年に分岐してStellarを作りました。 RippleをXRPというティッカーシンボルと同じにするのは一般的ですが、両者の違いとして、それが投資家のために何を意味するのか理解しておくことが重要です。 リップルは3つの製品で構成されていますが、XRPコインを実際に使用するのは1つだけです。 xCurrent  -  Ripple Labsが提供するコア製品。銀行は、ワークフローに影響を与え、リスクを導入する大幅なアップグレードを行うことなく、資金を送受信する時間と資金を節約できます。 Rippleのブロックチェーンを使用しますが、XRPは使用しません。 xRapid  - 銀行が暗号のような新興市場への参入を決定すると、流動性が向上します。欠点は、市場の変動にさらされていることです。 xRapidはXRPを使用する唯一のRippleNet製品です。 xVia  - 企業や支払いプロバイダが銀行から送金することを許可しますが、XRPは使用しません。 これは重要な違いです。リップルには1000以上の銀行パートナーシップがあるかもしれませんが、xRapidを使用するパートナーだけがXRPの価格にプラスの影響を与える可能性があります。 ここ1週間以内に、XRPはおよそ90%の急増を達成し、下落相場では間違いなく、市場の注目を集めました。 実際に、XRPは一時はEthereumを上回る時価総額で2位に入りました。 ここ最近の急騰の起因となる素材をまとめます。 XRPに注目する理由 ✔xRapid の商用化実現 Rippleの政府および規制関係者であるSagar Sarbhai氏は、CNBインタビューで、xRapidの発売は「10月に起こると述べ、xRapidの発売は銀行がXRPを直接使用できるようにすることを正式に発表した ✔サウジアラビアがRippleNetに参加する Rippleチームは、2018年9月中旬のブログ記事で、サウジアラビアのナショナルコマーシャル銀行(National Commercial Bank:NCB)と提携したことを発表しました。 この記事では、世界銀行を引用し、2016年には370億ドルがサウジアラビアから送られ、世界最大の送金市場の1つになったと述べています。 NCBは1953年に設立された最初の銀行であり、現在は世界中の500万人以上の顧客にサービスを提供しています。 Ripple Labsは特に中小企業(SME)を支援することを目指しています。 リップルチームは次のように述べました。 NCBに依存している中小企業や法人にとって、より効率的で透明な送金は安定性を提供し、ビジネスをより早く成長させるのに役立ちます。 NCBは2014年第4四半期末までにRippleNetの生産を開始する予定です。 SelfKEY(KEY)-セルフキー インターネットの影響がますます私たちの生活の中に浸透するにつれ、私たちの個人情報は同時により脆弱になり、脅威にさらされています。 日本でも、たびたび取引所のハッキング被害は重大な出来事になっており、ブロックチェイン技術の中心でもあり、かつ課題となっているのがセキュリティです。 SelfKeyは機密情報を保存する方法を再定義しています。 SelfKeyチームは、2018年1月にネイティブのトークンであるKEYを開始し、ICOが11​​分で完売した後、2200万ドル以上を調達しました。同年の第2四半期と第3四半期には、Binanceと他のいくつかの取引所に上場した後、プロジェクトのモメンタムが構築されました。 KEYに注目する理由 SelfKeyは、Q4 2018以降の生産性向上を目指しています。 2018年6月末のSelfKey Identity Wallet Betaのリリースによる、「Trezorハードウェア財布の統合される ✔SelfKey Marketplace-オールインワンプラットフォームで、10以上の市場分野で幅広い金融商品と暗号化サービスを提供しているため、ユーザーは既にウェブサイトに掲載されているような機能を探検してすぐに登録できる Exchangeアカウント 銀行口座 投資と起業家レジデンス 投資による市民権 設立 財団 信託 E-財布 貴金属 国際健康保険 などなど。 ✔ブラウザ拡張 「SelfKeyでログイン」ボタンとブラウザ拡張機能を使用すると、ユーザーは瞬時に安全に個人情報へのアクセスを委任することができ、KYCプロセス全体を数回のクリックで完了することができる この機能はKEYトークンのステーキングをサポートしているため、ユーザーはSybil攻撃から安全が保証される 機能面の向上 マーケットプレイスのローンチ が主な要素です。 Swarm(SWM)- スワーム Swarmは3つの異なるタイプの投資家のための機会を提供するプロジェクトです。 Swarmは2014年にTimo...

Modum(MOD)とは?長期投資にお勧めな理由

   今回は、実需を伴い、過小評価されているプロジェクトをご紹介したいと思います。 Modumとは? 簡単に説明したいと思います。 プロジェクト内容 Modumは、 ブロックチェーンとIoT(Internet of Things)技術によるサプライチェーンソリューションです。 企業が商品の輸送条件を保証するためのより優れた費用効率のよい方法を提供し、パッシブな監視ソリューションを提供し、多くの分野でサプライチェーンのプロセスを合理化しています。 これは特定の条件下で製品を輸送し、その条件が破られていないことを証明しなければならない製薬企業に特に適しています。 プロダクト Modumには、ハードウェアコンポーネントとソフトウェアインターフェイスがあります。 ハードウェア要素としてのModum IoTセンサデバイスは、MODsense TM温度ロガーとして知られています。 MODsense TMソリューションは、Modumの第1世代の温度ロガーを使用します。 これは、医薬品流通のためのGDPに準拠したソリューションの基本的な要素であり、ラストマイル物流における医薬品の大量出荷向けに特別に設計されています。 費用効果が高く、改ざんのない、業界最高水準の安全性を備えています。これは、記録されたすべてのデータポイントの信憑性を保証するために暗号的に保護されています。 さらに、MODsense TMには、ModumのWebアプリケーションへのアクセスが含まれています。それはあなたの好みのウェブブラウザを介してあなたのチームに簡単にアクセスすることができます。 ERPソリューションと連携し、データ処理を簡素化します。 これは、医薬品の大量出荷の信頼できる温度監視を可能にします。また、モーションなどの他のイベントも記録します。 ソフトウェア要素としては、Modum Webアプリケーションがあり、チームはMODsense TM温度ロガーを使用して監視プロセスを自動化できます。 出荷プロファイルを設定し、出荷状況を監視することで、製品を指定温度閾値に簡単に接続できます。納品時には、通知により検査と承認が容易になり、詳細な報告とは、安全なデータを簡単に分析できることを意味します。 Webアプリケーションでは、規制当局の報告義務を満たすレポートを生成することもできます。 ICO 概要 簡単なプロジェクトの経過と詳細を説明します。 スタート:2016年4月 国:スイス ICO:2017/091-22(終了) ICO価格:1$ トークン総発行枚数:3000万枚 プロジェクトチーム:13人以上 チームは2016年に結成され、最高経営責任者(CEO)は、GoProの前シニアマネージャであるSimon Dosseggerです。経営陣の他のトップメンバーには、Stefan M. Weber(COO)、Sacha Uhlmann(CTO)、Michael Taylor(Marketing and Communications)などです。 ICOパートナー:IOTA Lykke CryptoValley  取引所パートナー:Binance/Kucoin/Mercatox/Etherdelta/Nebula 競合プロジェクト:Vechain /Ambrosus トークン市場価格:0.6-0.7$(執筆時点) トークン価格に関しては、ICO価格を割っている状況ですが、市場全体が落ち込んでいるので仕方ないでしょう。 Modumに長期的な投資をすべき理由 さて、本題ですが、今回なぜ長期的な投資に向いているのか説明したいと思います 主に4つの要因が考えられます。 欧州連合の医薬品規制に完全に遵守している 少ない流通量と価総額 強力なパートナーシップ トークン所有者への利益分配 結論から言うと、実需が伴うプロジェクトととして、未だ評価価値が極端に低く、なおかつ株式のような受動収益が得られるため長期的な投資に向いていると考えれます。 この四つの要素に関してはinvest in blockchainによると次のような分析がされています。 1.医薬品に関する欧州規制への遵守 2013年11月5日、ヒト用医薬品(GDP 2013 / C 343/01)のGood Distribution Practiceに関する欧州委員会の規則が公表されました。この規制の第9章では、出荷された医薬品が品質を損なう可能性のある条件、特に温度に曝されていないという証拠が必要です。 この規制は欧州連合全体に適用され、製薬企業はこの規制を遵守するために高価な物流に頼っています。 製薬会社は、この規制要件を満たすために、薬品を温度安定化トラックやコンテナで輸送しています。温度に敏感ではないので、これらの高価なトラックで輸送する必要がない多くの医薬品があります。  しかし、規制が示すように、安定した温度の証拠を提供する他の方法はないため、これらの高価なトラックはModumまでの唯一の選択肢でした。 スイスのチューリッヒに本社を置くModumは、製薬企業がこの規制をはるかに費用効果の高い方法で遵守する方法を提供するための適切な立場にあります。能動的な冷却を必要としない薬用製品は、Modumセンサーで通常の方法で輸送することができ、GDP規制が必要であるという証拠を提供します。 センサーからのデータは、Ethereumブロックチェインに記録されます。これは、途中で絶対的な透過性とデータ整合性を保証します。製品が温度偏差に遭遇した場合、送信者と受信者に通知されます。 欧州連合(EU)で医薬品会社を運営するために作られたこのようなソリューションは、収益性の高い影響力のある業界向けに医薬品を輸送するための、より効果的でコスト効率の高い方法を提供するため、ダウンするのは難しいです。   製薬企業がこのソリューションを採用している場合、Modumの価値を高めるには長い道のりがあります。 さらに次のような見解もあります。 新しいEU規制によると、医薬品の流通に関して、製薬企業は、当局への出荷中に環境偏差(温度など)を監視し報告する必要があります。 EUでは、毎年2億件以上の医薬品の出荷が行われています。今日では、適切な実装は存在しません。 Modumの受動的監視ソリューションは、EU規制の遵守を保証し、業界内の物流サービスに毎年費やされる30億ドルの60%を大幅に削減する可能性があります。 Modumはこの市場のニッチを直接的にターゲットとし、2016年6月に試験的に試験運用されました。この画期的な技術は医薬品の出荷に限定されず、あらゆるものを文字通り監視するために使用できます。 2. トークン所有者への利益分配 MOD(Modumの暗号通貨)は、独自の機能を持つERC-20トークンです。 Modumが完全に運用可能になると、会社の取締役会は利益に応じて毎年配当を宣言します。この配当はETHに変換され、Modumスマート契約に送られます。スマート契約は各トークン所有者の保有を評価し、配当のシェアをETHに送信します。 この機能により、会社株式の仕組みと類似しているため、Modトークンはセキュリティトークンとみなされます。 MODトークンの所有権が、ETHの受動的な取得になるということは十分な投資理由になり得ますね。 3.わずか27百万枚の少ないトークン供給量 希少性はビジネスにおいて非常に重要な概念です。トークンの総供給量が少ないほど、価格の上昇に対する需要の影響が大きくなります。供給が大きすぎると、需要は価格にあまり影響しません。 ほとんどの暗号化通信の総供給は数億~数十億である。モドゥムは合計2700万件のトークンを提供しています。すでに1700万以上が流通しています。トークン経済学に関する詳細は、ホワイトペーパーを参照してください。 この少額のトークンの供給は、会社が完全に機能し、ETHで配当を支払う次の年に価格に重要な影響を与えます。このような将来の暗号暗号化の需要は、長期投資として検討する価値があります。 4.強力なパートナーシップ cryptocurrencyの採用は、強固なパートナーシップを持つことによって促進される可能性があります。 cryptocurrency形式を見ることで、企業との強力なパートナーシップにより、ブロックチェーンソリューションが意図したとおりに使用されるようになります。 学問の前では、Modumはチューリッヒ大学とSt. Gallen大学(どちらもスイス)とのパートナーであり、基本的には研究目的のためのものです。 業界では、Modumはスイスポスト(スイスの全国郵便局)とSAP(SAP VPによるこの記事では)とのパートナーシップを発表しました。ModumがDeloitteと提携中であることも発表されています。Modumは情報の伝達に注意を払っていますが、ノバルティスやロシュなどの大手製薬会社との提携に関する噂もあります。 Modumについてのもう一つの投機的なパートナーシップ事実は、取締役会のメンバーが、特に大手製薬会社との間で、ヨーロッパで良好に結ばれているということです。例えば、ModumボードのメンバーであるPascal Degenは、Novartisの無菌組立とパッケージングの責任者です。 Invest in blockchain の見解としても、 明確なパートナーシップ 市場参入戦略 現実的な製品 価値の過小評価 以上のような要因が長期投資に向いていると述べられています。 暗号通貨は、世界にお金の分配を民主化する機会を与えました。暗号世界のプロジェクトの多くは、将来的に価値の上昇傾向を示すものです。しかし、いくつかのプロジェクトは、今後何年にもわたって複数回折り返し返還を目指す予定です。それらがどれになるかを予測することは困難ですが、約束を示すプロジェクトについての良い洞察があれば、より正確な予測が可能になります。 この記事の「長期的」の定義は10年以上です。暗号業界全体が依然としてグローバルな検証を求めている間に、価格は確実に激減するだろうが、将来、暗号の現実が機関や一般人に受け入れられた場合、より安定性が高まる可能性が高い。 有望に見える1つのブロックチェーンプロジェクトはModumです。 最後に-筆者の見解 IoTとサプライチェーンに関するブロックチェーンプロジェクトとてしては、Vechainも有望銘柄として有名です。 同じく長期投資に向いていると考えられます。 冒頭でも書きましたが、長期の意味は数年もしくは数十年単位と捉えるべきと思います。 暗号通貨投資はしばしば株式と違って、短期的なリターンが得られることが多いと捉えられがちですが、今回の暴落でわかったように今後、明確な開発のないプロジェクトは淘汰されていく立場にあります。 やはり、有望プロジェクトに投資しないと大変なことになり兼ねますし、そのプロジェクトでさえ認められるには長期的な期間が必要です。 この具体的な期間の数字に関しては、暗号通貨市場自体の規模拡大予測や今後のプロジェクトの開発計画に依存しますので、その面ですでにプロダクト基盤があるModumプロジェクトの現在の姿から判断しても、数年以上はかかるということでしょう。 そして、Vechainに比べて、Modumが異なる点としては、法的な規制や医薬品に主に焦点を当てているという点です。 世界規模のサプライチェーン市場は今後大きく成長すると予想されますが、Modumはトークンホルダーへのリターンを容易に提供できる規模でビジネスモデルを運用しています。 この点もメリットです。 そういった面から、個人的には、Vechain同様に2019年を目安に大量に仕込んでおきたい銘柄の一つとなりました。 もう少し調べて、ポートフォリオに組み込むのか吟味したいと思います。 MODトークンはBinanceとKuCoinで購入できます。 免責事項:この分析記事は財政的な助言を意図したものではなく、投資教育のために書かれた個人の意見です。投資する前に必ず自分の研究をして投資を行ってください。 参考記事 その他にも様々な分析記事が上がってますので、投資の参考にしてください。 http://lhj.hatenablog.jp/entry/modum https://www.investinblockchain.com/

【月別注目通貨】9月に注目すべき通貨は?

  こんにちは。 今回は9月に注目すべき通貨を列挙してみたいと思います。 Steller($XLM) ステラの支払いシステムは、できるだけ迅速かつ効率的にお金を移動するために存在します。小額の手数料、3~5秒の確認時間、1秒あたりの数千件のトランザクションのスループットを誇るステラールは、市場における主要な支払い暗号の1つとして確立されています。 その最大の現在のユースケースは、金融機関と個人の両方が迅速かつ信頼性の高い支払いを行うことを可能にする、法廷通貨と暗号通貨の間の接続サービスとして機能しています。 興味深いことに、ステラは、海外に出稼ぎに行く出稼ぎ労働者に、開発途上国の家族にお金を送って返済するよう集中的に努力してきました。現実には、移民労働者を含む国際取引は数十億ドルの産業を占めており、移民労働者はブロックチェーン技術にとって最も重要な早期導入者の一人となっています。 もちろん、移住労働者は多くのユースケースの1つに過ぎません。ステラの範囲は送金支払い、国際決済、国境を越えた取引などを網羅しています。 市場は数十億ドルの価値があるので、ステラはまだ成長できる余地が非常に多いと考えられます。 Stellerに注目する理由 注目する理由は強力なパートナーシップ発表による上昇転換とバージョンアップデートにあります。 Stellarは、エキサイティングなパートナーシップ(IBM)と堅実なプロジェクト開発に支えられ、強力な最近の業績を達成し、現在の弱気市場で生き残り、長く成長することが可能な暗号通貨であることを証明しています。 9月には、ステラ・コアがバージョン10.0.0に移行し、ネットワークのいくつかの重要な変更が起こります。この変更の中には、Stellarのスマートコントラクトの機能を拡張するBumpSequenceの実装が待望されています。 一方、舞台裏で行われている開発作業には、ここ数ヶ月間に非常に奨励的な成長が伴いました。 一部の投資家はXLMの価格の上昇を望んでいますが、1,000,000口座のマイルストーンを賭けた壮大な計画においては、投機と誇大宣伝によって賞賛される史上最高の価格よりもプロジェクトの進行に実質的に意味があるといえます。 その短期的な進歩と成長をすべて、Stellarを優れた長期的な見通しにするための基本的な要素と組み合わせると、9月以降のStellarを目の当たりにする豊富な理由があります。 0xプロジェクト($ ZRX) プロトコル系のプロジェクトにはいくつか有望なものがあり、2017年から2018年にかけていくつか誕生しました。代表的なものにはethereumやNEO LSK EOSそして新しいものとしてZilliqa ICON Cardanoなどもあります。 このようなプロジェクトの1つとして、Ethereumトークンを交換するためのオープンソースで無許可のプロトコルである0xプロジェクトは2018年に特に注目されたプロジェクトでした。 0xプロトコルは、オフチェーンオーダーリレーを使用して、ERC-20トークンを信頼できない状態で取引するための、分散型で高速で拡張性の高い方法を提供します。 プロトコルを使用する独立したリレーは、トランザクションを容易にするためにZRXトークンで支払うことができますが、既知の取引相手との取引は無料で行うことができます。 Stellarと同様に、0xのユーザー数は増加し続けていますが、暗号市場全体が縮小し、この弱気市場での真の滞在力を示しています。 実際、ZRXは、Ethereumコミュニティーの増加した有用性と肯定的な評判の結果として、一年中上位のEthereumトークンの時価総額ランキングを着実に上回っています。 0xに注目する理由 最大の理由は0xプロトコルのバージョン2.0の起動です。 最終的に0xプロトコル2.0を起動する時期になるので、9月は0xプロジェクトにとって巨大な月になると予想されています。 V2は、いくつかのエキサイティングな新機能に加えて、v1よりも大幅に改善されています。その要点は、以前のバージョンと比較してセキュリティ、柔軟性、使いやすさが向上したことです。 ERC721トークンなどの新しいトークン標準のサポート 0xポータルでのユーザー教育、オンボード、リレイヤーの発見 取引やUIの改善 導入された新機能のうち、最もエキサイティングなのは、新しいEthereumトークン標準を統合し、現在トレード可能なERC-20トークンだけでなく、より簡単にスマートな契約アーキテクチャを再設計することです。 追加される最初の新しい標準は、オンラインゲームでの使用の可能性があり、アート、ヴィンテージワインなどの実世界の資産をトークン化するための潜在的可能性を持つ非交換可能なトークンの標準であるERC-721です。 現時点では0xのような具体的な使用方法があるプロジェクトはほとんどなく、今後の開発のアップグレードによってさらに未来が明るく見えています。   0xにいつ仕込むべきかー筆者の見解は 下落相場でもさほど下がらず固い底を持ち、上昇転換では上昇幅の大きな印象のある通貨ですので、タイミングよく仕込むことができれば大幅なリターンを形成できる通貨と思います。 最近ではCoinbaseがZRXを追加する意向を発表しており、ほぼ上場すると思いますが、0.00008-0.00010付近がここ数か月の底であることに着目しておくとよいと思います。 ビットコインの推移にも左右されてしまいますが、今月好材料があるものの、ビットコインが底を再度確かめるような動きになると0.0001付近は簡単に割れるでしょう。しかし長期的には有望なプロジェクトなので、全体的なトレンド転換前にナンピンしながら枚数を増やしておくことを私はします。 Enigma($) ブロックチェーンインフラの登場により、私たちは消費者のプライバシーの問題を一度に解決する機会を得ました。しかし、プライバシー機能は、単に古いブロックチェーンに含めるのは簡単ではありません。高度な能力を持つプログラマによって開発された複雑な暗号が必要です。 それを改善できるのがEnigmaプロジェクトです。 Enigmaは、スタンドアロンの暗号化またはスマートな契約プラットフォームではなく、プライバシ機能を持つ他のブロックチェーンを補強するプライバシープロトコルです。 ポイントは、プライバシーの問題です。 このプロトコルは、ノードがデータの実際の内容を見ることができずにデータを処理できるように、「スマートコントラクト」を「秘密の契約」に変換します。   Enigmaに注目する理由 9月はエニグマにとってマイルストーンの月となり、月末までにメインネットが稼働します。9月以降に注目する理由がこれです。 これは、2018年末に予定されているメインネットの発売のうちの1つです。これは、業界をリードするEthereumの開発コミュニティの証拠です。 個人データ、医療、ゲノミクス、クレジット、およびインターネットの事例を中心に、エニグマの最初の種類のソリューションは、真に世界を変える可能性を秘めています。 エニグマは、メインネットが起動する前にコンセプトの確かな証明を提供するアプリケーション、Catalystを既にサポートしています。 エニグマは今回の中でh最新のプロジェクトかもしれませんが、すでに暗号業界に大きな影響を与え始めています。 9月は明るく明るい未来の始まりです。 Lisk($ LSK) Liskは 暗号通貨プラットフォームというカテゴリに属し、ネットワークアーキテクチャは他のカテゴリとは異なります。 Liskプラットフォームの上に構築されたアプリケーションは、開発者が特定のプロジェクトのニーズに合わせて必要なパラメータを設定できるように完全にカスタマイズ可能なサイドチェーンに配置されています。 Liskの上での開発は、Solinity for Ethereumのような他のプラットフォームで使用されているプログラミング言語よりもはるかによく知られているJavaScriptで行われます。これにより、分散アプリケーションを作成するためのエントリの障壁がさらに低下します。   Liskに注目する理由 Liskは8月に大きく上昇しましたが、9月にも再び再上昇する可能性があります。 その理由としてあるのが、9月20日にあるコア1.1アップデートです。 Lisk Elements v1.0.0(JavaScriptコードライブラリ)のリリースや、Lisk HubとLisk Nanoの新バージョンが登場しました。その後、月はLisk Core 1.0のメインネットの打ち上げによって打ち切られました。これは3年のリリースです。 Liskはすでに業界で最も開発者に優しいブロックチェーンプラットフォームであると多くの人々に認められており、Lisk Elementsはそれを別のレベルに引き上げています。 一方、Lisk Core 1.0は、ユーザーが独自のノードを展開することを可能にし、よりアクセシブルなAPIを提供し、過去のv0リリースよりもいくつかの改良点を提供しています。 つまり、Liskにとっては開発計画は長期的には本当に重要なことであり、これらの最近の動向すべてが非常に励みになります。    まとめ 弱気相場が続いていますが、相場が下がることは何も悪いことばかりではなく有望なプロジェクトを安く仕込めるチャンスでもあります。 底を狙うことは難しいですが、上昇転換の初動でうまく乗ることができれば、大幅なリターンを形成できます。 したがって月別にもこうした材料のある通貨を追跡して、自身の投資に役に立てることは資産構築において重要なことと私は考えます。  

【ジャンルIoT】有望銘柄を紹介します

  こんにちは。 IoT(Internet of things)の市場規模は今後どんどん伸びていくといわれています。 この記事は、IoT市場のこれまでのデータに基づき、あくまで個人的な見解を述べたものです。投資助言ではないことに注意してください。 IoTの市場規模に関してはさまざまな分析会社による予測が行われており、一般的には その市場規模は2020年には数百兆円規模になることはよく言われています。ブロックチェーン同様に期待の高い技術となっていることは間違いなく、ブロックチェーンとIoT技術を組み合わせ開発を行う企業も増えてきました。 そこで今回は、そんなIoT系の通貨の中でも特に数年以内に期待ができるものをご紹介します。   IoT系のおすすめ通貨 IOTA 時価総額ランキング:11位 開始時期:2017年 おすすめ度: 国:アメリカ合衆国 企業名: 代表取締役: 提携先:富士通、マイクロソフト、ブロックチェーン企業、ポルシェ、テレコム プラットフォーム:Ethereum トークン:IOTA 取引所:Binance/FCOIN/hitBTC/Gate.io/Huobi/OKEx/COBINHOOD/Bitfinex IOTAはioTのアーキテクチャにアプローチする最初の企業としてICOを成功しました。多数の大手取引所にも上場しており、IoT系通貨の中では最も時価総額が大きい通貨でしょう。 企業提携も盛んで最近では日本の富士通と提携して価格も上がりました。古株のイメージがありますが、着実にビジネス実需を伴ってきている有望なプロジェクトです。 強みはビジネス基盤、チーム力、Tangleネットワークという独自の技術であり、ブロックチェーンに完全には依存しないことにメリットがあります。 チームは2018年末までに体制を強化し、プロダクト化に取り組んでおり、今後プットフォームを活用する企業がどんどん増えていけばトークンの価値も着実に上がることが予想できます。 ioT系は時間がかかる分野ではありますが長期投資にお勧めです。 Atonomi 時価総額ランキング:544位 開始時期:2018年 おすすめ度: 国:アメリカ合衆国 企業名:CENTRI(セキュリティ会社) 代表取締役:CENTRIのCEO 提携先:Ambisafe bancor プラットフォーム:Ethereum トークン:ATMI 取引所:Etherfinex Idex   良くも悪くも注目を浴びる結果となったのがAtonomi ですね。 新しいプロジェクトであり、ICO開催前から期待値がかなり上がっていました。しかし、上場戦略に失敗したことからICO 価格を大きく割り執筆時点ではかなり暴落してます。 ICO価格から大幅に下落してますが、2018年下半期から2019年にかけてネットワークは完成していくため長期的に見て今の価格(数円程度)は安すぎると思います。 同分野の通貨の中でも個人的な期待値は高めで私も実際仕込んでいます。 Jasmy 時価総額ランキング:未定 開始時期:2018年 おすすめ度: 国:日本 企業名:ジャスミー 株式会社 代表取締役:元ソニー社長 提携先:centrality、他日本企業 プラットフォーム:centrality/pl^g トークン:未定 取引所:未定   ジャスミーは元ソニー社長が数年かけて手がけてきたIoTプロジェクトであり、誰もが簡単に安全にそして安心してモノを使うことが出来るプラットフォーム構築を目指したものです。 日本発ということで、様々な日本企業も参入しておりIoT系では期待度がかなり高くなってます。 何より、プロダクトローンチが来年早期には行われるようで実需を伴う数少ないプロジェクトの1つとしてトークン価格自体の期待も高くなってます。 個人的には、地合いが地合いなのでICO、上場後半々の力で購入しようと思ってます。 2019年注目株になるでしょう。   まとめ ほんの一部ですが、実需を伴っているまたは伴い始めている有望なプロジェクトをまとめたつもりです。 競合プロジェクトも多いので、中途半端なプロジェクトは今後淘汰されていくと思いますので、少なくともこちらの記事で紹介したプロジェクトは動向を今後も追っていきたいと思います。 個人的注目はやはりAtonomiそしてJasmyですね。

MoneyToken(IMT)はいよいよ取引所上場か。最新の更新情報まとめ

  Moneytokenの最新情報です。   1.IMTトークンの取引所上場 IMTトークンが8月末までに取引所に掲載されることが正式に発表されました。ようやくです。 なお、取引先は未発表ですが、バイナンス申請は継続中のようです。 2.マーケティングキャンペーンの開始 できるだけ多くの新しいユーザーや同種の人々をプラットフォームに引き付けるために、IMTの上場と連携した重要なマーケティングキャンペーンを開始する予定です。 このキャンペーンには、MoneyTokenの広告と当社のサービスが含まれます:  主要な暗号メディアアウトレット  CoinMarketCapやEtherscanのような最も訪問された暗号化サイト 新しいAMAセッションとYouTubeの影響力のあるレビュー  Googleアドワーズ広告、Facebook、Twitter広告、CPAネットワークキャンペーンへの投資 追加の潜在的なAirdrop / Bounty / Tradingキャンペーン 3.ゼロ金利ローンの新メンバーシップ IMTの上場と同時に、ゼロ金利ローンのための新しいメンバーシップがIMTトークンを使用して購入できるようになります。 ゼロ金利ローンのすべてのメリットにアクセスするには、新規参入者は取引所を介してIMTを購入する必要があります。 4.コミュニティ開発 新しいオフィスからのビデオによると、 MoneyTokenが新しいバックオフィスを開設し、チームを強化するために20人以上の人員を雇用しており、ますます拡大してます。 当社のマーケティングと地域開発戦略の一環として、私たちは新しいオフィスをチェックアウトし、スタッフにインタビューできます。 5.AMAセッション チームは、定期的なAMAセッションを開始し、その間にコミュニティメンバーは質問に答えて、MoneyTokenで行われている最新のニュースや進歩へのアクセスを得ることができます。 最初のAMAセッションの日時と詳細については、メディアに掲載されます。 6.マネートークエンジェル 今回のアップデートで最も興味深いのが、MoneyTokenAngelsという新プログラムです。 MoneyTokenコミュニティ内の貢献を認識して、チームはMoneyToken Angelsプログラムを作成しており、リストアップが発表される前の数週間以内に公式のアナウンスがあるようです。 製品に精通したコミュニティの積極的なメンバーを探し、エンジェルとして私たちに参加するために、MoneyTokenの金融エコシステムの見解と概念を共有します。コミュニティの成長を助け、プロジェクトに関心を持つ人を教育することを目的としています。 MoneyToken Angelsには、以下が与えられるようです。 インサイダー情報 未発表情報へのアクセス さまざまなボーナスや特典が追加 MoneyTokenのイベント、ミーティング、会議への無料パス 公式の雑貨と商品へのアクセス オフィスを訪問する機会 チームに雇われる機会 エンジェルにはIMTトークンの価格にもつながるであろう貴重な情報やアクセスを受け取れる魅力的なないようになっており、さらに深いとこではMoneytokenチームの一員として仕事もできるようになります。 まとめ より多くのアップデートが起こっており、8月中に大きく動きそうです。 相場自体はBTCドミナンスも上がっており、アルトは厳しい状況ではありますが、BTC一旦大きく下げた後、上昇トレンドになると思いますので気長に待ちたいと思います。 MoneyTokenにとって巨大な月になるだろう。私たちはあなたのすべてを一緒に乗せてくれてうれしい。 ホルダーの皆さんは、Moonを期待しておきましょう。
error: Content is protected !!