この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 

こんにちは。今回は取引所に関する記事です。便乗記事第二弾です。w

既に自社トークンモデルを採用しているものでBinance、Cobinhood、QUOINEXについては書きました。いくつか書きたいと思いますが、今回はBit-Zについてです。

 

Bit-Zの公式サイト

Bit-Zについて

 

拠点 香港、シンガポール、北京
チーム 胴元不明
開始日  
独自トークン BZトークン

 

以下特徴を詳しく見てみましょう。

取り扱い通貨

取り扱い数は執筆時点で116銘柄(執筆時点)です。

古株から新規トークンまで多彩に取り扱っており、$APISなどの人気通貨も取り扱っています。

 

最近では、日本人もホルダーの多い$WWBが上場したことで一躍話題になりました。取引量はまずまずです。

 

手数料構造

手数料(最終決定:2018/4/27)

  • 取引手数料:一律0.1%
  • 入金:無料
  • 出金:通貨によって異なる

 

取引マイニング開始とともに24時間取引量は3位に急浮上

ビットコイン取引量はやはり100倍レバレッジが楽しめるトレーダー向けのBitMexが一位のままですが、執筆時点(2018/6/26)のBit-Zの取引量は一時3位をつけました。そして2位は同様のスキームを採用したCoinbeneでした。

これも取引マイニング効果でしょうね。

日本語は非対応

残念ながら日本語対応はまだです。

Bit-zにも日本進出をしてもらいたいですが、huobi.proが日本の法規制から撤退したこともあり、なかなか現状は難しいでしょうね。

技術要求

公式サイトでは以下の技術改善計画を宣言しています。

PHP

1.現在の製品を最適化し、新製品を開発する。

2.完璧なソリューションを追求し、技術的課題を克服する。

3.新しい技術と傾向を共同で研究する。

 
FE

1.会社の各製品ラインのフロントエンド機能モジュールの設計と開発を引き受けます。

2.モバイルブラウザのページ開発、特殊効果の実現、およびパフォーマンスの最適化。

3.新しいプロジェクトのフロントエンド開発。

 
C ++ \ GO

1.高頻度取引システムおよび戦略の開発、取引および最適化に参加する。

2.個人的な利点に応じてトレーディング戦略またはシステム実現に従事する。

3.ソフトウェアとハ​​ードウェアの最適化、データ解析など

独自通貨VTCによる上場投票機能

Bit-Zでは投票用の独自トークンを発行しており、これによって上場のコミュニティ投票ができます。

日本でも人気の高い$IXTも投票対象通貨でした。

詳細はこちら

VTCトークンのリワードイベントも開催中です。

  • 期間:2018/6/14-2018/7/15(ロシアワールドカップ期間)
  • 資格:すべてのBit-Zトレーダーが参加できますが、トレーダーはレベル3の検証を完了し、0.1以上を保持する必要あり
  • ボーナス:5,000,000 VTC
  • 分布:最終ポイントの割合に応じて
  • 報酬の分配:イベント賞はワールドカップ終了後3営業日以内にまとめて配付

ちなみにVTC取引も次に説明するマイニングの対象となっています。

アプリにも対応

アプリにも対応しています。ユーザーエクスペリエンスの面でもよいですね。

 

取引マイニングが開始

Bit-Zの自社トークンであるBZトークンの取引マイニング(取引手数料をBZトークンの形で還元)が2018/6/25にスタートしています。

取引量もそこそこある取引所ですので、注目している方は比較的多いです。

BZトークンについて

BZはBitZ取引所が発行するエコシステムトークンであり、BZと略されています。投資家から公的資金を調達していません.BZの初期段階は、Ethereum ERC20契約に基づいています。

将来的には、BZメインネットは、プラットフォームの開発を促進するために、よりエコロジカルなモデルを確立する予定です。 BZは、Bit-Zグループの世界的なエコ開発計画に基づき、資産価値の保全性、付加価値の期待される空間、市場流動性の安定性を確保していきます。 BZの値空間を想像することができます。 BZはBit-Zグループに一連の生態学的コア福祉上のメリットをもたらしています。

 

つまり将来的には、BZトークンはグローバルパートナーの参加の限界を最小化し、福祉の共有のための新しい経済圏を創出するという目的があるようです。BZは、サードパーティのデータ公開機関を利用して、リアルタイムでグローバルパートナーとデータを共有します。

そしてマイニングの内容は以下。

要点をまとめると

  • 期間:2018/6/25〜
  • 対象取引:ETH/BTC、BTC,ETH/USDT、BTC,ETH,VTC/DKK
  • 還元トークン:BZトークン
  • 還元率:フェーズ1(100%)、フェーズ2(97%)
  • BZトークン上限:フェーズごとに1000万BZ
  • 上場前レート:1BZ=0.158USDT、1BZ = 1DKKT

注意点として認証レベルを3まで引き上げる必要があります。

取引マイニングのやり方

対象通貨を取引した場合の手数料分が、BZ トークンで還元されます。いわば、トレードして手数料としてBTC又はETHを取引所に還元する代わりにBZトークンがもらえますので、ICO的な要素があるとの意見もあります。

試しにやって見ました。1時間、1BTC回転で300-400BZ程度でした。

回す枚数増やしたり、bot使えばもっと効率よく回収はできそうです。

登録方法

登録方法は簡単です。

以下から登録画面に移ります。

Bit-Zの公式サイト

登録後行うこと

2段階認証をしましょう。

次に、取引マイニングするにはレベル3の認証をクリアする必要があります。以下の手順で行います。

個人情報入力

ID認証

書類提出(パスポートおよびセルフィー提示)

入金画面

出金画面

BZトークンの価値は上がるのか?

取引量ランキングを見てもわかる通り、現状、取引マイニング効果もあり、取引所自体はかなり活性化している状態です。

元々取引量はそこそこある取引所でさいきんはWWBやなど人気の通貨の取り扱いもあり、

価格はわずか0.158USDTなので取引マイニングによって取引ペアが追加されれば、自ずと価格も上がるんではないでしょうか。

ふたを開けてみないとわかりませんが資金や時間に余力のある方は取引マイニングしてBZトークンを掘ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はBit-Zに関する記事でした。

私はボリュームが圧倒的に大きなETH/BTC又はBTC/USDTで掘りたいと思います。

BCH基軸取引所で自社トークンを掘りたい方はこちら参照

CoinEx(CET)取引マイニングが開始するBCH主軸取引所。配当率は80%!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here