こんにちは。今回は、取引所情報です。暗号通貨は中国マナーの存在が大きいことはご存知ですよね?中国取引所は、取り扱い通貨の需要も多く、中国マナーが動くため価値の上昇期待も高いのが特徴です。そこで今回ご紹介するのはそんな中国取引所の1つであるBinance(バイナンス)という取引所です

登録から操作方法、取り扱いアルトコイン、そして今回お話ししたい上場予定のアルトコイン情報もお届けします。

今回の記事は要チェックです!

Binance(バイナンス)とは?

中国上海の暗号通貨取引所であり、日本では認知度は低めですが、中国では、国内のビットフライヤー、コインチェックのような大手の取引所です。

また、取引所の名前と同じアルトコインであるBinance/BNB(バイナンス)を取り扱う唯一の取引所であります。

特に中国マネーが多く集まる点もあり、この取引所に上場したコインは急騰する可能祭が高めです。特にその辺の情報は張っておくと、良いかもしれませんね。

Binanceの簡単な経緯

Binanceは、上海を拠点としておりChangpeng Zhaoと彼の会社Beiji Technologyが率いてます。処理速度が速いことで認知度が高まりました。

2017年8月、取引所はOKCoinの共同設立者であるYi Heがこのプラットフォームに加わったと発表(李氏は、中国のオンライン経済において最も尊敬され、影響力のある人の一人であり、2015年末にOKCoinを去った後、YiはYixia Technologyに副社長として入社)

Binance(バイナンス)の特徴

中国産の暗号通貨をメインに取り扱い、ビットコインはもちろん、イーサリアムやライトコインも売買可能。中国マナーが集まるため、上場した新興アルトコインは、急騰する傾向がある。

取引高もそこそこで、操作もしやすく、開設しておきたいところです。後述しますが、上場コインには、厳格な選定基準を儲けているため、そこらへんの草コインと違ってプロジェクトがしっかりした高品質なアルトコインが多いのが特徴的です。

そして、公式サイトの情報によると以下が強みのようです。

  • 安全性と安定性:Binanceは、マルチティアとマルチクラスタのシステムアーキテクチャを採用
  • マルチデバイスサポート:Web, Android, Html5, Wechat, PCなどのプラットフォームサポート
  • 高い取引パフォーマンス:1秒間に1,400,000 ものの注文処理が可能
  • 多言語サポート機能:中国語、韓国語、英語、日本語
  • 高い流動性:Binanceは、多数の暗号化対のペアで強力な流動性を提供します。
  • 複数のコインサポート:Binanceは、BTC、ETH、LTC、BNBなどのさまざまなコインでの取引を受け入れます。
  • 強力なチーム:バイナンスはChangpeng Zhaoが率いる。全体として、同社はウォールストリートと暗号化ファイナンスに深い経験を持ち、成功したスタートアップの実績もあると主張しています。
  • 実績のある製品:基盤となるBinanceプラットフォームはすでに30以上のエクスチェンジに導入されています。プラットフォームはすべてのデバイスと複数の言語をサポートし、シームレスなユーザーエクスペリエンスを提供します。
  • 優れたテクノロジー:Binanceは、1秒間に140万件の注文を処理できる認定マッチングエンジンを使用しています。「今日、市場で最も速い交換の1つです」と公式サイトで説明されています。

まとめると、Binanceは、処理速度が速く、毎秒膨大な数のトランザクション(140万件)を処理する能力で知られている暗号化交換であり、暗号化の市場シェアを急速に高めており、現在24時間の取引量で17位になっている。

個人的には流動性も高く、操作もしやすく、ここでしか購入できないコインもあるため、開設しておくメリットは大きいと思います。

Binance(バイナンス)登録方法

新規開設方法

下の公式リンクから登録ページへ進みます。

http://www.binance.com/

  • メールアドレス
  • パスワード 

のみ入力します。

すると、メールアドレスに認証の案内が届きますので、リンクをクリックして認証確認します。

これだけです。簡単ですね。次に、ログインします。

ログイン方法

トップページからログイン画面へ進む。

メールアドレス・パスワードを入力して、認証記号を入力します。

2段階認証設定

これは、必ずやりましょう。 ハッキング被害は絶えないため、パスワード強化、2段階認証は最低限必要です。

ダッシュボードのアカウント設定から以下の画面に移ります。

【各画面の説明はこちら】

2段階認証は、Googleアプリがオススメです。簡単に設定できます。

 まず、Google Authenticator というアプリをダウンロードします。次に、下の2段階認証キーを設定して、そこで表示される6桁の認証コードを覚えて入力しましょう。

サクセスの文字が出たら、成功です。
Yes 

※特に海外取引所は、セキュリティが甘い部分もあるため、パスワードの強化と2段階認証は何があっても設定しておきましょう。パスワードは、小文字・大文字英数字、記号、特殊記号(%、-、{}、#など)を織り交ぜてください。ちなみに私は、60文字以上で全てちがうパスワードで設定しております。パスワードを管理できるアプリもありますので、また記事にて説明します。

Binance(バイナンス)の各種操作説明

パソコン版

パソコン版の全体的な見方は以下です。チャートも観やすく扱いやすい印象ですね。チャートの下の方で売買が可能です。

【売買画面】

【トレード履歴画面】

Last priceは最終価格

【チャット機能画面】

チャット機能は銘柄に関するリアルタイムな反応が知れるので、観てると面白いです。

スマホ版

スマホ版が簡易的で観やすいので、しっかりトレードする時間がないときはこちらでも簡単にできます。

ダッシュボードの見方】

上から

  • Exchange 売買取引
  • Trade History トレード履歴
  • Funds 資産
  • Depisit/Withdrawals 入出金
  • Transaction History トランザクション履歴
  • Account アカウント管理

【銘柄の値動き】

 

入出金の仕方

まず、入金ですが当然日本円は対応してませんので各取引所からビットコインやその他アルトコインを送金する必要があります。

FundからDeposits Withdrawalsを選択します。


デポジットしたい通貨を選択して、デポジットをクリック。

すると、送金宛アドレスが表示されるので送金します。

※対象通貨のみの送金します。対象通貨以外だと資金を失います。

Binance(バイナンス)取り扱い銘柄一覧

取り扱い銘柄は以下の種類。

  • BTC(ビットコイン)
  • BNB(バイナンス)
  • NEO(ネオ)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
  • QTUM(クォンタム)
  • EOS(イーオス)
  • SNT(ステータス)
  • BNT(バンカー)
  • GAS(ガス)
  • USDT(ティザー)
  • HSR(Hシェア)
  • HCC(ヘルスケアチェーン)
  • BCC/BCH(ビットコインキャッシュ)
  • BTM(バイト)

主に中国メインの通貨が多く、最近でも注目を浴びたネオや、ビットコインキャッシュも取り扱ってます。また、有名なICO通貨も取り扱われてます。

ここで少し主要銘柄を簡単に説明しますと、

ネオは、中国のイーサリアム的存在であり、主軸通貨です。8月ごろから急騰した銘柄です。明確なプロジェクトがあり、時価総額ランキングも上位に食い込み、主軸通貨の一員と言って良いでしょう。

そして、ガス、ネオのプラットフォーム上の通貨であり、ネオ保有者に配布されます。値動きもネオに関連して動くため、こちらも注目です。

バイナンスは、その名の通り取引所のシンボル通貨であり、

イーサリアムもビットコイン、ネオ同様にメジャーな強いアルトコインです。ICOプラットフォームに使われることが多く、技術部分でも好材料が出て来てるので、注目です。

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分岐したアルトコインですが、誕生した当初は賛否両論の声から価値変動も激しく、0.06btc-0.4btcと一時は、10万円を超えました。しかし、ここ最近で採掘難易度が引き上げられたことにより、マイナーの報酬も倍近く上がったため、ビットコインキャッシュの価値もそれとともに上昇してますね。今現在は、BTCとBTHメインでアルトコインも吸収されており、今後この両者の立ち位置がかなり重要になって来ます。

Binance(バイナンス)に上場予定の通貨

そして、今回この記事で一番特筆したかったのがここです。前述した通り、バイナンスは中国の主要取引所なので巨大なチャイナマネーが動く場所でもあり、その効果は価値にも直接的に影響して来ます。

そして、ちょうどこの記事を書いてるから(8月19-20日)新たにあるとコインの取り扱い情報が更新されました。

以下正式アナウンスです。

Dear all,

We will add OAX/ETH、DNT/ETH, MCO/ETH、ICN/ETH trading pairs on Binance exchange.

The trading time and date will be as follows:

OAX/ETH will be traded at 12pm, Aug 21, 2017 (Monday) Beijing Time.
DNT/ETH will be traded at 12pm, Aug 22, 2017 (Tuesday) Beijing Time.
MCO/ETH and ICN/ETH trading pairs will be traded at 12pm, Aug 23, 2017 (Wednesday) Beijing Time.
The deposits and withdrawals of OAX, DNT, MCO, ICN will open at Aug 18, 2017 (Friday) Beijing Time. Click here to start deposit and withdrawal your token.

1.About OpenANX(OAX), District0x(DNT), MONACO(MCO), ICONOMI(ICN)

2.Fees

3.Rule

Risk warning:

Cryprocurreny investment is subject to high market risk. Please make your investments very cautiously. Binance will chose high quality coins, but will not be responsible for your investment losses.

Binance will add more tokens over time. If you have a coin that you wish to list on Binance, please refer the guide of listing a coin on Binance.com .

Thank you for your support!

Binance Team,August 18, 2017

Binance公式サイト

要約するとこんな感じです。

  • バイナンス取引所にOAX / ETH、DNT / ETH、MCO / ETH、ICN / ETH取引ペアが追加。
  • OAX / ETHは、北京時間2017年8月21日(月曜日)午後12時に取引開始
  • DNT / ETHは、北京時間2017年8月22日午後12時に取引開始
  • MCO / ETHとICN / ETHの取引ペアは、北京時間2017年8月23日午後12時に取引開始
  • OAX、DNT、MCO、ICNの入出金は、2017年8月18日(金)北京時間に開始される。

新たに上場する通貨は以下です。

Binanceの上場基準

Binanceは基本的に上場コインを厳選しており、高品質なコインのみを取り扱ってます。公式サイトにもある通り、

Cryprocurreny投資は、高い市場リスクの対象となります。あなたの投資は非常に慎重にしてください。 Binanceは高品質のコインを選択しますが、投資損失には責任を負いません。
Binanceは、時間の経過とともにトークンを追加します。 Binanceに記載したいコインがある場合は、Binance.comのコインのリストを参照してください。

とあり、明確な条件は以下です。

何が基準になってるかをまとめると、

  • 公式サイトの存在
  • コインの価値:どんな問題を解決するのか?なぜ、価値を持つのか?なぜ今後価値が上がる可能性があるのか?
  • チーム構成:どんなチームで何人いるか
  • 開発部分:開発の戦略は?githubで利用可能なソースコードについて
  • ICO:ICOを経ているか?どんなプラットフォームを使っているかなど
  • ホワイトペーパー提示
  • コミュニティの人数と参加方法
  • 時価総額情報(MarketCap)
  • 流動性:他の取引所で扱っているか、日々の取引高はどれくらいか
  • ポラリティ:コインの価値の推移、チャートどこで見れるか
  • 他の要素:できるだけ多くのコインに関する情報を提供すること
  • ウォレットに関して
  • ブロックチェーンエクスプローラはどこにあるか
  • ウォレットのフォーマットについて。Linixウォレットはあるか
  • 膨大な数のアドレスをどうやって作成するか
  • 膨大な数のアドレスへのデポジット機能をどう試すか
  • トランザクションオフラインにどう署名するのか

以上です。こうして見てみると、これだけの情報を提供して(当然ですが)吟味されるわけですから、高品質なコインしか認めてないことがわかりますね。

Binance(バイナンス)を利用する際の注意点

これはどこの取引所もそうですが、特に海外はハッキング被害が多いため、注意が必要です。セキュリティ管理はまず最低限のことを設定しておきましょう。

そして、取引所間の送金の際も、アドレスのうち間違えなどないよう正確に入力しましょう。

以上、Binance取引所に関してでした。次回はBinanceの主要通貨について記事を書こうかと思います。