暗号通貨(アルトコイン)トレードで、稼ぐ。オススメの取引所は?

こんにちは。 今回は暗号通貨トレードを行う上で前提となる取引所について解説します。 参考にしてくださいませ。 オススメのアルトコイン取引所 Poloniex(ポロニエックス) 一番人気の海外大手取引所です。 使いやすさはもちろん、銘柄も多く時価総額ランキング上位の銘柄は大抵取り扱ってます。 トレードには欠かさない取引所になるので使い方はマスターしておきましょう。 メリット 取り扱い銘柄が多い ユーザーが多く流動性が高いため売買が成立しやすい アプリもあり、取引の様子が見やすい デメリット サーバーエラーがよく起こる パソコンでないと不向き 公式サイト bittrex(ビットトレックス) Poloniexに次いで大手取引所です。 Poloniexには上場していないコインもあるため、穴場コインを買えることがあります。 上がりそうな銘柄情報をキャッチしてBittrexでしか扱ってなかったということも多々ありますので、こちらも欠かさず開設しておきましょう。 Poloniexに上場しておらず最近話題になったBittrex取扱銘柄は以下です。 Sngls NMR BAT(Basic Attention Token) DTB Poloniexに上場した時点でさらに価値が上がる可能性もありますので、ぜひ買っておきたい通貨です。 Yobit(ヨービット) 認知度は高い方ではありませんが、取扱銘柄は多い印象です。 私はPoloniexやBittrexなも上場していない価値が極端に低いマイナーコインのために開設しました。 最近話題になったコインでは LDOGE DOGEETH STAR などのコインが購入できます。 Coinexchnge(コインエクスチェンジ) Yobit同様にまだ認知度は低い取引所ですが、マイナーコインをこちらでも購入できます。 最近話題になった通貨では(特に海外) 1337 ESP などです。 トレードの心得・注意点 暗号通貨市場は乱高下が当たり前です。 急激な急騰で一気に資産が増えることもあれば、急落で一気に資産が減ることも起こり得ます。 そこで、いくつか最低限心得ておくべき点をご紹介しておきます。 トレードは余剰資金&分散で これは投資の世界では基本ですが、トレードでも当てはまることです。 資産のうち保有ぶんとトレードぶんの比率を決めておきましょう。 そして、アルトコインは様々ありますが、1つの銘柄に集中投資してしまうと、身動きが取れなくなってしまうのでいくつかに絞り、分散投資しておくことも大切です。 基軸通貨との関連を意識する アルトコインは基本的にビットコインを基軸に(イーサリアムに変わりつつもありますが)動きますので、相対相場もある程度理解しておくとやりやすいです。 マインドコントロール 初心者にありがちなのが、相場が変動している時(急騰・急落開始時点)に焦って売買をしてしまうことです。 これだと高値で買ったり、大幅な損切りをしてしまう恐れがあります。 何事も焦りは禁物です。価値が落ちればまた上がる機会は訪れるので、我慢強く待つことも大切です。 銘柄選びについて 各種取引所には、かなり多くのアルトコインが取引されてます。 正直、どの銘柄に投資すれば良いのかわからない方も多いと思います。 一番簡単なのは世間的に見ても、価値が上がる要素が多くなおかつ価値がまだ低いコインを選ぶと利益も大きく得られる場合があります。 また、長期保有ぶんのメジャー通貨も日によっては数10%の利益が取れることもあります。 チャートや板を読み込む チャートのチェックは基本です。 各通貨のレンジ相場(一定の価格帯でうようよしているところ)を把握しておくだけでこちら側の動き方も想定できます。 役立つシグナル配信 やはり、独力だけでは安定して毎日トレードだけで利益を得るのも難しいものです。 最近特にライン@やツイッターでシグナル配信を行う方々も増えて来ましたが、鵜呑みにせず参考程度に情報を取り、自己判断ができるようにしましょう。
error: Content is protected !!