VERIMEの市場と競合分析レポート

  記事の要点 VERIMEプロジェクトが参入するID認証の市場および、競合プロジェクト分析です。 市場分析 VERIMEはID認証プロジェクトです。 ID認証の需要拡大予測 アイデンティティの検証は、銀行、テレコム、クレジット会社などの多くの公共および民間組織にとって避けがたいプロセスです。 そして、このプロセスは、デジタル化によって補完されているにもかかわらず、やりがいのある複雑なものになり続けます。 アイ・ティ・アール(ITR)は10日、「ITR Market View:アイデンティティ/アクセス管理市場2014」を発行した。これによると、アイデンティティ(ID)/アクセス管理市場は前年度比9.1%増の成長を維持し、2017年度までの年平均成長率(CAGR)は7.8%になると予測した。 この予測では、クラウド環境との連携拡大によるアイデンティティの統合的な管理や、SSOによる運用面での効率化などで一定の需要があることが要因となっていると指摘しています。 クラウド環境の拡大 モバイルデバイスのアクセス需要拡大 これらの要因から、同市場の2012年度から2017年度までの年平均成長率(CAGR)は7.8%と予測しています。 しかしながら、需要が伸びているにもかかわらず、依然として問題点は多々あります。 既存の問題点 問題としてはオフライン・オンラインでさまざまあります。 選択肢がない 会社のルールに従うことに拘束されている 企業は顧客の身元を確認するポリシーに縛られている 時間がかかる 上記はオフラインの問題ですが、オンラインでの本人確認により、時間と紙の節約にもなりますが、このオンラインでも問題点はあります。 信頼の問題です。 この苦境に苦しんでいる主な理由の1つは、サービスプロバイダー、企業、および大部分の組織が、私たちのアイデンティティをオンラインで管理および維持するための中心的な当事者に依存しているためです。 デジタルアイデンティティの検証と認証の歴史では、オンラインで情報を効率よく共有するものはありませんでした。 以上の問題から歴史的な事件も起きています。 最初に約10年前に目撃された時間は、デジタルアイデンティティ盗難です。この事件以来、猛烈な火のように広がっています。この犯罪が拡大する恐れのある警戒率は、2017年だけで1,500万人の犠牲者があることを考慮すると、はっきりと目に見えます。 これまでのところ、米国だけで4000万人以上の犠牲者を抱えていたアイデンティティ・セフト(ID Theft)という、より大きな問題が生じました。 少なくとも、これは2016年にEquifaxで起こったことであり、何十億というユーザーにプライバシーが損なわれています。 Equifaxの事件 約4億2千万ドルの登録ユーザーの情報を漏洩したため、信用調査会社が約40億ドルを失った あなたはウェブ上の第三者とあなたの個人情報を共有しており、常に第三者は悪用される危険性が蔓延っています。 これらの問題は、KYCのプロセスを完全にデジタル化することで、時間とリソースの無駄という問題を大幅に解決することができましたが、これまでのところIDの盗難の問題を効果的に解決することはできませんでした。 個人情報を保護するための最良の方法は、この情報を自分の管理下に置くことです。 ブロックチェーンによる解決案 解決策は、分散されていない認証メカニズムに従って、安全でない中央サーバーモデルに従うのではなく、システムを設計することです。 あなたの情報を検証するためにミドルウェア/オンラインサーバーに依存しないシステムは、あらゆる種類の検証が必要な場合はいつでも、どこにでも直接リンクを確立します。 ブロックチェーンはソリューションです。デジタル個人情報盗難を排除する可能性を秘めており、そのレベルはすでに新しい高点に達しています。 この技術が正しく実装されていれば、自己ソブリンのアイデンティティの概念を生かすことができ、ユーザーは必要な情報だけを共有することができます。 このようにして、個人情報を常に管理しているだけでなく、あなたの身元を確認するためにあらゆる場所を移動する必要はありません。 このアイデアに取り組むのは、ベトナムの起業家グループで 、ブロックチェーン上で動作するデジタルID検証プラットフォームであるVeriMEです。 このプラットフォームは、お客様のデジタルKYCを実行します。ブロックチェイン、AI、機械学習を活用することにより、KYCプロセスをシームレスかつ安全に完了します。 顧客は、公式ドキュメントのスキャンされたコピーを提出することにより、VeriMEアプリケーションでプロファイルを作成する必要があります。このプロファイルがVeriMEによって検証されると、オンライン加盟店や保険プロバイダーなどのVeriMEのサービスプロバイダーとのシームレスな検証と認証を行うことができます。 検証が必要になるたびにサービスプロバイダの場所にアクセスする必要がないため、ユーザーは時間を節約できます。一方、サービスプロバイダーは、VeriMEのサービスを使用してお金、リソース、人材を節約します。 このようにして、VeriMEは、物理的な会議や文書検証の必要なしに、商人と顧客の両方がビジネスを実行できる、安全で安全な身元確認と認証のエコシステムを構築します。 VeriMEでは、VeriME社のCEO、Nguyen Huu Phu氏は次のように述べています。 「ID盗難は過去のことです。ブロックチェーンでは、情報を保護するために第三者に頼る必要がなくなりました。私たち自身がそれを担当します。 ブロックチェーンに頼るべきではないという声もある ブロックチェーンは、ID管理と検証の問題の解決策ではないと信じている少数の専門家もいます。 しかしこれは、VeriMEのような企業の動きは大胆だが、ブロックチェーンを使ったアイデンティティ管理は信用を取り除き、匿名性を確立するという考え方を理解すると、無知であると捉えることもできます。 コンステレーション・リサーチのアナリスト、スティーブ・ウィルソン氏は、 「パブリック・ブロックチェーンは、意図的かつ誇らしげに第三者をシャークしているが、あなたのアイデンティティは、何らかの形であなたに保証する第三者がない限り、何もない。ブロックチェーンはいくつかの点で素晴​​らしいですが、それは魔法ではなく、IDMの問題空間用に設計されたものではありません。 しかし、可能性はあります。 これらの専門家は、ブロックチェーンは問題の実行可能な解決策になると信じていますが、克服する必要がある重大な障害に直面します。 これらの障害の第1は、大衆にこの検証システムを採用するよう説得することです。 というのは、分散元帳システムの価値は、それを使用している人の数に基づいているからです。 人口がブロックチェーンに基づくアイデンティティ管理ソリューションに参加するのに十分な動機がないと考える人もいます。 この状況で、検証サービス(VaaS)を提供しているVeriMeのような企業はすでに視聴者を魅了している段階にあり、事態がうまくいくと、すぐにIDの盗難から解放されるソリューションを提供できます。 ブロックチェーンはまだ未熟な技術ですが、それは世紀の救世主とみなす人々がいますし、懐疑的に見ている人もいます。 最終的に問題となるのは、VeriMEなどの企業が効果的に開発し、それをデジタルID検証と関連した問題に利用できるかどうかです。 競合分析 ID認証プロジェクトはブロックチェーン企業も積極的に参入しています。 以下、競合となるプロジェクトです。 SelfKey SelfKeyは、ユーザーをID管理プロセスの中心に置きます。概念はSelf-Sovereign IDと呼ばれ、トークン「KEY」を使用してユーザーが参加者間で価値を移転できるアイデンティティ・エコシステムを実現します。 TheKEY THEKEYプロジェクトチームは、政府当局によって独占的に承認された個人識別情報(PII)を使用してブロックチェーンベースの動的多次元識別(BDMI)を使用したID検証ツールを開発中です。 Decentralized ID Decentralized ID(またはDID)はソフトウェアスキーマであり、ブロックチェーン上のIDを保護するためのものです。 DIDはIDをあなたがコントロールできるために分散します。 2017年9月に起動したDIDは、モバイルウォレットとイーサリアムネットワークに基づいたソフトウェアスキーマがあり、ブロックチェインでのID検証の実行方法を示しています。 DIDはこれを達成するための提案を提出し、IDが暗号世界でどのように使用/転送されているかを監督する基盤を開始することを推奨しています。 このプロジェクトは、政府機関と緊密に協力して、ナショナルIDカードをブロックチェーンに保存するパイロットスタディを実施しています。 TheKEYは中国のチームであり、ICOはハードキャップを数分で調達し、無事成功しました。こちらも、政府とも提携する有力企業の一つです。 このような競合プロジェクトと比較した場合の利点を次に述べます。 VERIMEの競合上の優位性 VeriMEが類似のサービスを提供している他のプレイヤーとどのように異なっているかは、頻繁に聞かれる質問です。それは、ただ一つではなく、VeriMEをユニークなものにする多くの差別化要因があります。 VaaSエコシステムの構築を視野に入れる はじめに、VeriMEは、KYC(Know Your Customer)サービスプロバイダだけでなく、完全に分散したブロックチェーンベースのVaaS(Verification-as-a-Service)エコシステムです。 この分野の伝統的なプレーヤーは、しばしば仕事の範囲によって制限され、すべてのデータが集中管理された場所に保管されるという事実によって制限されます。したがって、収集する個人データの安全性を確保するために、高価なデータセキュリティシステムに頼らざるを得ません。この貴重なデータは、盗難や違反の傾向があり、ハッカーによる個人情報の盗難の標的になることがよくあります。  2.既存の製品 KYCと認証スペースには、すでに市場に出回っている製品があり、一般的なモバイルオペレーティングシステム、Android、iOS上のアプリケーションとしてダウンロードできます。 この製品は、ベトナムの4つの主要パートナーが指揮を執る3万人以上のユーザーが使用していますが、KYC空間の他のBブロックチェーンベースのプレーヤーはまだコミュニティの評価用のソフトウェアAPIをリリースしていません。  この点で、優位性が高いです。   VeriMEを使用することのもう一つの利点は、MitM(Man-in-the-Middle)攻撃とMitB(Man-in-the-Browser)攻撃から生じるセキュリティ上の脅威を排除することです。ブラウザーがショッピングカートから支払いゲートウェイにリダイレクトされ戻ったとき、顧客はそのような攻撃に対して最も脆弱です。 VeriMEは主要なショッピングポータルやオンライン決済ゲートウェイと提携しているため、すでにVeriMEアカウントを持っている顧客が別の第三者認証システムにリダイレクトされる必要はありません。これにより、第三者の依存関係が解消され、機密データを販売サイクルの一部として取り込み、保管または転送するリスクがなくなり、加盟店および当社パートナーのコストが削減されます。 3.パートナー   最も重要な優位点の一つとしてあるのが、豊富なパートナー提携です。   前に述べた、信頼を確保して、広く認知されることでこれは非常に役立ちます。                                VeriMEは、ベトナム最大の支払いプロバイダであるNganLuongをはじめ、アジアの主要国境を越える小売輸入購入促進ブランド、韓国のブロックチェーンを拠点とする国境を越えた送金サービスプロバイダーであるMoinと提携しました。 当社のパートナーには、eBay.vn、グローバル巨大eBayのベトナム、TrakInvest、MC Payments、CFCも含まれています。   これまでのVeriMEは、アジア太平洋地域だけで25カ国以上のパートナーと提携しており、立ち上げ時(2018年8月)にパートナー数を50以上に増やす予定です。   4.コミュニティ支持 比較的高いコミュニティ支持を得ています。 その要因は、やはり豊富なパートナーと製品の存在でしょう。 5.データプライバシーとコンプライアンス VeriMEはユーザーのデータをデバイスに保存しているだけなので、ユーザーがVeriMEを使用してKYCおよび支払い認証の要件を満たす場合には問題になりません。 また、KYCおよび支払い認証処理中にPCI...

VeriMEはブロックチェーンベースのID認証保護のためのVaaSエコシステムを構築する

  近年の高度なインターネット社会において、IDの保護と認証技術は高いものが求められています。 VeriMEは、ブロックチェーンによるID認証保護ソリューションです。 VeriMEとは VeriMEは、最先端のバイオメトリック技術と機械学習ツールを使用して、商品やサービスの購入時に顧客を特定し、認証する、Blockchainと顧客のモバイルアプリケーション上で動作する分散型Verification-as-a-Service(VaaS)エコシステムです。 VeriMEのパートナーであるサービスプロバイダー(オンライン/オフライン、ブロックチェーンと従来のアプリケーションの両方)を数秒で電子的に確認し、サービスプロバイダーのコストを削減し、顧客体験を向上させることができます。 https://youtu.be/Vl29ZOYgl58 既存の問題点 KYCプロセスの課題 手作業によるKYCプロセスは遅く、時代遅れであり、サービスプロバイダと顧客との間の摩擦が増大するばかりです。KYCチェックを必要とするすべての組織にアイデンティティを証明するという仕事は退屈であり、顧客は、サービスプロバイダが要求するあらゆる場所で、同じセットの文書を運ぶ不便さがあります。 さらにこのプロセスは通常高価であり、検証中に提出されたあなたの身分証明書は、オンラインまたはオフラインで常に身元盗難の影響を受けます。あなたが提供した個人情報がサイバー犯罪者の手に渡された場合、それを操作して悪意のある目的に使用することができます。 このような既存のアイデンティティ検証方法は、顧客の落ち込み率を上昇させ、サービス提供者に多くの潜在的収益をもたらしています。 ソリューション - D-KYC 上記のすべての問題を解決するために、VeriMEは誰の検証ニーズにも応えるデジタルID検証プラットフォームであるD-KYCを開発しました。 KYCプロセスは、顧客が出席したり、フォームに記入したり、文書を提出したりすることなく、リモートで完全にオンラインで実行されます。 VeriMEは、最高クラスの顧客オンボーディング機能を顧客に提供することで、数秒で完了する身元確認サービスを提供しています。 顔と顔との相互作用は必要なし 書式または書類の提出は必要なし 暗号化によるデータ保護 サードパーティの依存関係はなし 数秒の操作 費用対効果の高い 認証の課題 2因子/ 3因子認証などの現在の支払い認証方法は、MitM(Man-in-the-Middle)攻撃やMitB(Man-in-the-Browser)攻撃のような多くのセキュリティ上の脅威を受けやすく、安全とは言い難いです。 また、現在の支払い認証方法は、多くのプレーヤーを必要とし、例えばクレジット/デビットカード決済に提供される3Dセキュア認証には、発行銀行、銀行獲得、決済スキーム、ACS(アクセス制御サーバー)およびMPI(マーチャントプラグイン)プロバイダなどがあり、商人にとっては非常に高価なプロセスとなります。 さらに、現在の認証方法は、SMSを介してセキュリティコードを送信することに大きく依存しており、これらのSMSは、ネットワークエラーや、使用していない携帯電話番号のために配信されない可能性があります。このようなシナリオは、顧客が時間内に購入を完了できないため、深刻な問題を引き起こします。柔軟性がありません。 2因子/ 3因子認証では、顧客を新しいページにリダイレクトしたり、ページの妥当性に関するエラーを表示することがあり、これらの不便性の問題により、顧客は購入を中止し、バスケット放棄率を上昇させることにつながります。 ソリューション - D-SECURE 商人とパートナーがシームレスで安全な認証を実現するため、VeriMEはVeriMEユーザーの認証を数秒で可能にするD-Secureサービスを提供し、顧客の離脱率を最小限に抑えます。このソリューションは、顧客を認証するだけでなく、VeriMEパートナーおよびその商人に完全なチャージバック/紛争保護を提供します。 支払い認証のための分散システム すべての取引を保護する不変の元帳 ミリ秒単位の認証 100%チャージバック保護 費用対効果の高い すべての取引のインセンティブ なぜブロックチェーンか 業界に変革をもたらす ⇨アイデンティティ検証プロセスは過去40年間は変わりません。 VeriMEでは、ブロックチェインベースの簡単で高速かつ安全な方法でデジタルIDの検証と認証を導入することで、変化をもたらしています。 プロセスの簡素化と安全化 ⇨VeriMEを使用すると、家の安心して検証と認証プロセスを完了できます。過度の文書はコピーを作成せず、提出する文書も提出しない。 消費者に心の平和を与える ⇨VeriMEでは、個人データが間違っていることを心配する必要はありません。お客様の個人情報または文書のコピーはすべて暗号化された形式で保存され、第三者と共有されることはありません。 最高水準の認証を達成する ⇨VeriMEは、機械学習、ブロックチェーン、クラウドコンピューティング、人工知能の総合的な知識を使用して、伝統的な人間の方法による精度よりも正確な検証を提供します。 ロードマップ 2017年11月 - 2018年3月  ICO ...

ソーシャルでつながる

814フォロワーフォロー

Latest article

【ICOレビュー】WorldopolyーブロックチェーンとDAG上のiOS/AndroidのARゲームプロジェクト

    Worldopolyプロジェクトの概要 Worldopolyは、魅力的な経済シミュレーションと戦略的なマルチプレイヤーゲームの中で、拡張現実感、地理位置、ブロックチェーン、人工知能を組み合わせた世界初のモバイルゲームです。 プロジェクト名 Worldopoly 分野 ゲーム、AR 技術 ブロックチェーン、AI、AR、ジオロケーション プロダクト プロトタイプ(ゲームエンジンと主要な機能) トークン経済 WPTトークン     プラットフォームの特徴 Worldopolyは、プレーヤーをブロックチェーンにしっかりと保存し、財産を作り、所有し、売買するプラットフォームを提供します。  革新的な新しいアプローチは、WPTを経済シミュレーションの基盤として使用することです。 これは、プレイするときにリアルマネーを得ることができるため、これまでに一度も見たことのないリアルなレイヤーをゲームにもたらします。  ARとGeolocation技術によりリアルなゲーム体験ができる ARの追加により、プレイヤーは仮想空間が現実世界で実際に起こってるかのように見ることを可能にします。  さらにジオロケーションという技術によってGoogleマップと連動したゲーム体験が可能です。ポケモンGoを例にするとわかりやすいでしょう。ユーザーエクスペリエンスの向上には画期的な技術です。 デモ版が公開されています。 プレイヤーは、最終的にはモバイルデバイスの画面の制限から解放されます。  Augmented Reality(AR)とGeolocationを使用することで、実際にゲーム内の進行状況を見て、他のプレイヤーと対話することが可能になります。 専用AI(Artificial Intelligence)を導入することにより、大型オブジェクトの位置決めがこれまで以上に正確になります。 リアリズム ゲームの世界の基盤としてGoogleマップを使用することで、プレーヤーは世界中の通りにアクセスできます。 独自の暗号通貨 WPTと取引特性のプラットフォームの導入により、Worldopolyは複雑な経済シミュレーションにもなります。 最後に、プレー中にリアルマネーを獲得することができます。  プレーヤのインタラクション  プレイヤーは、一族を結成したり、ユニークなプロジェクトに融資したり、他のプレイヤーを襲撃したり、物件を売買したり、ストリートや住宅、他のプレイヤーのアイテムを購入することができます。  150以上の異なる機能が、モバイルゲームでユニークなWorldopolyを実現します。  その他の特典 -擬似マイニング ブロックチェーンのおかげで、ゲームの経済性は、あなたが実際のもののようなあなたの仮想成果を使用し、誰が何を所有しているかを透過的に監視しながら、セキュリティや透明性の問題に気を配らずに済むようにします。 ゲームでWPTを取得することは、仮想実証の代替案として、現実世界のマイニングと比較することができます。 要点は以下です。 リアルタイムプレイ- 現実の世界 •プレイヤーは実際の都市で実際の通りを購入することができます(基礎技術:Google Maps / openstreetmaps) •ゲームはGoogle Mapsベースで行われます RTS + AR +ブロックチェーン/ DAG =無限の機会 •Worldopolyは、魅力的なゲームプレイでBlockchain / DAGテクノロジを実装した最初のモバイルゲームであるため、Blockchain / DAGについての洞察を深めています。 •拡張現実感は、実際にゲームの進行を「見る」ことができます。 内部トークン経済の存在: •プレイヤーは遊んで収益を得ることができ、WPTの収入を実際の暗号通貨に統合することができます •WPTの導入に伴い、ゲームをプレイするための実質のお金があります。 cryptocurrenciesへのリスクフリー導入。 •WPTのゲーム内アイテムごとに取引できる可能性があるため、プレイヤーはリアルマネーを投資することなく暗号化を獲得することができます。 •これは、財務上のリスクを伴わずにプレーヤーをcryptocurrenciesの世界に紹介する素晴らしい方法です。 ワールドワイド: •再生可能なイノベーション AR、Blockchain /...

【ICOレビュー】CryptalDash:複数の取引所と接続する機関投資家向けの取引所が自社トークンCRDを発行する

  暗号通貨のための取引プラットフォームの革命は2018年にブロックチェーン技術が飛躍的な進歩を遂げる可能性があることを考えると、必須の課題でもあります。 現時点では、信頼の必要のない分散型、流動性に極めて優れた取引所はいまだ存在しません。 今回ご紹介するのは往来よりも優れた取引所を目指す新たなプロジェクトです。 CryptalDashのプロジェクト概要 CryptalDashは堅牢な暗号通貨および取引プラットフォームです。 機関グレードのマッチングエンジンと第三者の仮想通貨取引の注文ルーティング機能を備えています。 交換取引サービスに革命を起こす ブロックチェーンエコシステムは、暗号通貨支払いシステム、財布、集中/分散/ハイブリッド取引所、ピアツーピア融資、送金サービス、および期待される様々なアプリケーションなど、従来の銀行商品を置き換える、補完するアプリケーションが現在の金融サービス環境を混乱させています。 このようなアプリケーションは、幅広いリーチを可能にする分散型元帳技術に基づくフレームワークによってサポートされており、初期段階のエコシステムとして、現在の環境はさまざまなプラットフォームに分散しており、それぞれが非常に低いレベルの変換と合成で独立したサービスを実行しています。 今日では、簡単な交換取引(BTC/USD BTC/ALTなど)を行うために、3~4つのインターフェースを混乱させる必要があります。 したがって、現在では優れたアプリケーションを持つことに加えて、エコシステムには情報の集約と意思決定のサポートを可能にするソリューションが必要であると考えられています。 CryptalDashは、さまざまなプラットフォームでダッシュボードと金融商品の比較体験を可能にする一連のツールです。 人工知能とツールを使用して、従来の銀行が提供するユーザーエクスペリエンスを、集約価格フィードと比較から人工知能によってサポートされる意思決定に至るまで拡張されたサービスで実現する予定です。 CryptalDashプラットフォームの特徴 プラットフォームの主な特徴です。 第三者機関へのアクセス   CryptalDash Exchangeは、サードパーティの暗号交換注文ルーティング機能に統一されたアクセスを提供し、複数の取引所間のシームレスなナビゲーションをもたらし、より良い価格発見を実現します。 特にETH、BTC、Dash、XEM、XRPなどの5つの主流の暗号化市場で、Binance Bitfinex Bittrex などの巨大な取引所とユーザーを接続します。 これにより、トレーダーは一度にさまざまな市場を閲覧する機会を得ることができ、内部取引により、取引もできます。 そして他のどこかでより良い価格が見つかると、第三者のプラットフォームにアクセスして、取引ができます。  簡単なナビゲーションとインスタントアクセスは、他のマルチトレーディングプラットフォームとは異なり、ゼロエラーを意味します。 ブルームバーグデータとの統合   機関投資家とリテール向けの流動性プールを集約することを目指す新しい暗号市場の抱える課題の1つは、ソフトウェアベンダーが投資を行って取引所や市場に接続する方法です。 CryptalDashは、Bloomberg、MetaTrader5、Trading Technologies、ORC、SUNGARD、CQGなどの主流市場アナリストやソフトウェアベンダーに複数の接続を既に統合しているため、この問題を解決します。 その結果、機関投資家の取引スペースが素早く導入されます。 TradingViewとの統合によるワールドクラスのチャート作成 CryptalDash Exchangeは、先進的な金融ビジュアライゼーションプラットフォームであるTradingViewを統合することにより、トレーダーと投資家にとって取引の決定をより簡単かつ迅速に行います。 CryptalDashは、基本的な価格表を探している場合でも、オーバーレイ戦略バックテストを使用して複雑なスプレッドシンボルをプロットしている場合でも、この統合によって必要な豊富なツールとデータを提供します。トレーダーは、世界中の数百万人のトレーダーとつながり、取引のアイデアを議論し、ライブオーダーを開始することができます。 クロスマーケットの実行とビュー すべてのアカウントは、複数レベルのリレーションシップモデル内で動作し、会場、メンバー/ブローカー、およびエンドクライアントレベルでサポートされます。したがって、どのレベルでも未処理のポジションとコミットメントを総計することができます。分別された住宅および顧客口座、オンライン小売取引口座など、特定の規制または制限が適用される特定のグループの口座を自由に作成することができます。注文が受け取られると、取引口座はその口座に使用可能な口座と照合されます。 クロスマーケット裁定執行 今年の四半期は、CryptalDashエクスチェンジ取引と裁定取引のボットが目に見えて、取引所間の市場の非効率性をリアルタイムで享受し、クロスマーケット裁定取引を可能にします。 CryptalDash Exchangeは機械学習アルゴリズムや大量のデータに基づいてパフォーマンスを向上させているため、トレーディングシステムのコード化や複数のエクスチェンジとの統合が不要です。 AIベースの意思決定に裏打ちされた裁定取引の機会は、プラットフォーム間で簡単に決定し、ワンクリックでアクセスすることができます。 機関間取引ツール統合(MetaTrader) MetaTrader 5は、MetaTrader 5によって提供される機関取引ツールを統合したCryptalDash Exchangeのような、Cryptocurrency Exchangesと同様に、主流市場における小売ブローカーの焦点となっています。 MetaTrader 5は、追加のソフトウェアを必要とせずに包括的な仲介サービスを提供するために企業が必要とするすべての要素を含むフルサイクルプラットフォームです。 MetaTrader 5プラットフォームはホワイトレーベルライセンスをサポートし、バックエンド機能の強化、取引所の接続ゲートウェイ、流動性プロバイダ、Webサイト、取引およびポストトレーディングシステムとの統合のためのさまざまなAPIを提供します。 低い遅延で毎秒1,000,000回の取引を可能にする 高頻度取引において、生じる問題の一つは遅延です。情報がトレーダーのコンピュータに到達し、その情報に応じて注文し、注文が取引所によって受け取られるためにかかる時間のことです。 CryptalDashは、1秒間に1,000,000件の取引が発生するという低遅延を利用しています。 CryptalDashシステムの最初のリリースでは、ユーザーに1,000,000件/秒の大量取引が提供され、毎秒1,500,000件の処理が可能です。 2018年に統合される100の新しいアルトコイン CryptalDashチームは最近、CryptalDash Exchangeに掲載されている主流のコインの数に制限はないと発表しました。 2018年には、新コイン・リスティング・コンペティション(すでに2つの競技会が発表されており、こことここで確認しています)と統合され、トレーダーと投資家に投票の機会が与えられます。 その他にも以下のようなメリットがあります。 取引を容易にし、流動性を高めるために、複数の取引所からの入札とオファーを照合する、高性能、低遅延マッチングエンジン 小売および制度流動性プールを効果的に集約する アービトラージ機会を活用するためのロボットアドバイザリアプリケーション 低い手数料 CryptalDashトークンを使用してCryptalDashエクスチェンジを大幅に割引する FIXおよびREST APIを備えた機関学習の取引ツール サードパーティの交換注文ルーティング機能 ユニークなダッシュボード 取引所間の裁定取引機会の効率的な実行を可能にする統合 堅牢な収益モデル 実際の作業成果物(ICO空間で活動する他の多くの企業とは異なり) 1,000,000以上のトークンを保持すると、生涯会員となり、毎月の利益の50%を共有することができる 市場と競合分析 取引所のソリューション系のICOは様々です。特にBinanceに始まる自社割引トークンは画期的な開発であり、現在多くの取引所が採用しています。 Binance COSS Kucoin Huobi Bibox 2017年7月 -...

Shivomのトークンセールが開催中- 私が投資したいくつかの理由

  Project Shivomについて 世界最大のゲノムデータ・ハブになるという目標を掲げたブロックチェーン・プロジェクトは、ブロックチェーンと暗号解読の分野で注目を集めており、引き続きプレセールが継続中です。 ドナーは、データファイルをSHIVOMプラットフォームにアップロードすることで、23andmeやAncestry.comなどの他のサードパーティのWebサイトからデータセットをアップロードすることができます。これを行うには費用はかかりません。 最終的に、ユーザーはSHIVOMからDNAキットを直接注文することができます。このようにして、ドナーはDNAサンプルを提供することができ、私たちやパートナーラボで配列決定され、プラットフォームにアップロードされます。   Project Shivomが投資対象になるいくつかの理由 今回はオープンソースの情報や個人的な観点から投資対象になるいくつかの要因を見て見たいと思います。   ①プロジェクトや視点が新しく明確である 消費者向けゲノミクス事業をよりオープンで、公正に、そしてすべてのユーザーにとって有益なものにするために、Shivomプラットフォームはブロックチェーンテクノロジーを使用して、革新的なゲノミクスエコシステムを作ります。 それは、データがデータ提供者自身によって所有されることを保証します。 チームはそのデータの使用に関心を持つ組織にとって、透明で安全な橋渡しが保証されるような¥複数のサービスを1つの相互接続されたエコシステムに統合するという目標を掲げて、完全にグローバルなビジョンを持っています。 コラボレーションとパートナーシップを活用して、これをオープンかつトランスペアレントな方法で実現することを目指しており、ブロックチェイン技術が提供する一連の利点を真に活用しています。 これは壮大なビジョンですが、それは完全に手の届かないものではなく、グローバル規模でこれを実行できるビジネスプランとチームをまとめていることが大きな裏付けです。   ②業界では著名人から注目されている Shivomは、暗号通貨の指導者、インドやヨーロッパの政府機関、人工知能科学者、デジタルデータセキュリティの専門家などの注目を集めています。  のちに説明しますパートナー先もベンチャーキャピタルばかりです。 ③専門的なチーム構成 Shivomは独自のブロック鎖技術を使用しており、DNAデータの保存と分析に革命をもたらし、精密医学とバイオテクノロジー研究の指導と改善に努めています。 そして何よりチームメンバーは豪華なメンバーばかりです。遺伝子業界では20年以上の経験があります。 Co-founder,COOのGourish氏はデジタルヘルス分野で3社の成功企業を創立した人物で投資銀行業務の背景を持つビジネスリーダー、投資家、起業家です。 Co-founder,CMOのSally氏は技術革新、デジタル交換、緊急技術、特にブロックチェーン、人工知能、機械学習、ロボット工学などの分野で賞を受賞しており、Forbes Technology Councilの一員でもあります。 Co-founder,CTOのAkash氏はブロックチェーン起業家であり、世界で最も影響力のあるブロックチェーン企業100社のAuxesis Groupを設立しました。インドのブロックチェーンラボも設立しCashaaプロジェクトの諮問委員会にも就任しています。 彼女はブロックチェーン、ソーシャルメディアへのインフルエンサートップ10にもランクイン。 ShivomのCo−founderはIOTA財団のメンバーです。IOTAは現在時価総額ランキング9位の通貨であり、ICOから500倍近くになった通貨です。そのほかにも暗号通貨やフィンテックでは強力なインフルエンサーや専門家の存在があります。 このようにShivomは、遺伝学者、科学者、デジタル通貨の専門家、そして熟練したビジネス開発者のチームによって率いられています。 このプロジェクトは、近い将来に最も期待されているブロックチェーンプロジェクトの1つであり、高度な暗号化を使用してゲノムデータを管理する機能、医学研究のためのデータを寄付するボランティアにインセンティブを提供する機能、地方分権市場では、ゲノミクスの過程だけでなく、全体としてのグローバルヘルスケアに革命を起こすことになります。 ④3つの政府機関を含む強力なパートナーシップ   最も印象的な提携として、Shivomは最近、アンドラ・プラデーシュ州の政府とインドの州で最大6,000万人の人を繋ぐものを含む多くのエキサイティングなパートナーシップを発表しています。 ガンの予防医学に関する提携は トークンの販売終了後、提携先のNasdaqの会社Genetic Technologies Limitedは、予測的遺伝子検査の開発と認定ラボの使用を制限しています。 ゲノムデータに関しての提携は以下です。 Oceanprotocolは管理、監査、透明性などかんれんなど関連する全てのアクターのコンプライアンスを保証しながらデータ共有し収益化するための分散型でデータ交換プロトコルです。 SpherityはShivomの巨大なゲノムデータを保護するための分散型プラットフォームプロバイダとして提携しています。 ICOに関しては以下のようなマーケティング企業と提携しました。 ICObox Amazix FoxtailMarkething ICOrating 暗号通貨財布に関しては以下。 Coinomi Jaxx また、エストニアの元首相、TaaviRõivas、欧州議員Antanas Guoga、トップクラスの科学者など多くの影響力のある当局者が、同社の成長と発展の取り組みを指導するためにShivom Innovation Councilに参加しました。 TaaviRoavas-Rõivas氏は、2014年から2016年にかけてエストニア共和国首相を務めた。彼は11番目のメンバーであり、現在はエストニア議会第12期のメンバーであり、欧州連合問題委員会委員長を務めており 議会の社会問題財政委員会の議長を務めた。 Rõivas氏は、デジタルインフルエンサーとして世界的に知られており、政府およびビジネス部門のデジタル化、デジタル市民権、e-市民権、e-投票などの革新的かつ進歩的な取り組みを促進しています。 ジェイ・サンダース博士は遠隔医療の父であり、ハーバード大学医学部を卒業しています。サンダーズ博士は米国の遠隔医療イニシアチブをG8諸国に指示し、アメリカ遠隔医療協会の創設メンバーです。遠隔医療の分野におけるパイオニア擁護者と活動家として、サンダーズ博士は、医師と医療従事者のための新しいフロンティアを歩んできました。 Scripps Translational Science Instituteのチーフ・データ・サイエンティスト、ラ・ホーヤ、カリフォルニア州。以前は、ゲノミクス会社のHuman Longevity Inc.のチーフ・サイエンティフィック・オフィサーでした。 Telenti博士は、ヒトの全ゲノム配列の深い配列決定に関する現在までの最大の研究を完了しました。彼の現在の研究は、残りの2%(タンパク質コードゲノム)の規制と人生に不可欠なヒト遺伝子の特徴の分析に専念しているヒトゲノムの98%の理解を進めることに焦点を当てています。 リトアニアの欧州議会議員であるAntanas Guoga(TonyG)は、起業家であり、ベンチャーキャピタリストであり、デジタル分野の創業者と慈善事業者に投資しています。起業家精神のより良い気候を促進し、ビジネスチャンスの条件を改善するための彼の努力で知られています。彼はよく知られたプロモーターであり、ブロックチェーン技術と暗号通貨の提唱者です。 デビッド・オーバンの起業家としての成果は、Network Society...
error: Content is protected !!