VERIMEの市場と競合分析レポート

  記事の要点 VERIMEプロジェクトが参入するID認証の市場および、競合プロジェクト分析です。 市場分析 VERIMEはID認証プロジェクトです。 ID認証の需要拡大予測 アイデンティティの検証は、銀行、テレコム、クレジット会社などの多くの公共および民間組織にとって避けがたいプロセスです。 そして、このプロセスは、デジタル化によって補完されているにもかかわらず、やりがいのある複雑なものになり続けます。 アイ・ティ・アール(ITR)は10日、「ITR Market View:アイデンティティ/アクセス管理市場2014」を発行した。これによると、アイデンティティ(ID)/アクセス管理市場は前年度比9.1%増の成長を維持し、2017年度までの年平均成長率(CAGR)は7.8%になると予測した。 この予測では、クラウド環境との連携拡大によるアイデンティティの統合的な管理や、SSOによる運用面での効率化などで一定の需要があることが要因となっていると指摘しています。 クラウド環境の拡大 モバイルデバイスのアクセス需要拡大 これらの要因から、同市場の2012年度から2017年度までの年平均成長率(CAGR)は7.8%と予測しています。 しかしながら、需要が伸びているにもかかわらず、依然として問題点は多々あります。 既存の問題点 問題としてはオフライン・オンラインでさまざまあります。 選択肢がない 会社のルールに従うことに拘束されている 企業は顧客の身元を確認するポリシーに縛られている 時間がかかる 上記はオフラインの問題ですが、オンラインでの本人確認により、時間と紙の節約にもなりますが、このオンラインでも問題点はあります。 信頼の問題です。 この苦境に苦しんでいる主な理由の1つは、サービスプロバイダー、企業、および大部分の組織が、私たちのアイデンティティをオンラインで管理および維持するための中心的な当事者に依存しているためです。 デジタルアイデンティティの検証と認証の歴史では、オンラインで情報を効率よく共有するものはありませんでした。 以上の問題から歴史的な事件も起きています。 最初に約10年前に目撃された時間は、デジタルアイデンティティ盗難です。この事件以来、猛烈な火のように広がっています。この犯罪が拡大する恐れのある警戒率は、2017年だけで1,500万人の犠牲者があることを考慮すると、はっきりと目に見えます。 これまでのところ、米国だけで4000万人以上の犠牲者を抱えていたアイデンティティ・セフト(ID Theft)という、より大きな問題が生じました。 少なくとも、これは2016年にEquifaxで起こったことであり、何十億というユーザーにプライバシーが損なわれています。 Equifaxの事件 約4億2千万ドルの登録ユーザーの情報を漏洩したため、信用調査会社が約40億ドルを失った あなたはウェブ上の第三者とあなたの個人情報を共有しており、常に第三者は悪用される危険性が蔓延っています。 これらの問題は、KYCのプロセスを完全にデジタル化することで、時間とリソースの無駄という問題を大幅に解決することができましたが、これまでのところIDの盗難の問題を効果的に解決することはできませんでした。 個人情報を保護するための最良の方法は、この情報を自分の管理下に置くことです。 ブロックチェーンによる解決案 解決策は、分散されていない認証メカニズムに従って、安全でない中央サーバーモデルに従うのではなく、システムを設計することです。 あなたの情報を検証するためにミドルウェア/オンラインサーバーに依存しないシステムは、あらゆる種類の検証が必要な場合はいつでも、どこにでも直接リンクを確立します。 ブロックチェーンはソリューションです。デジタル個人情報盗難を排除する可能性を秘めており、そのレベルはすでに新しい高点に達しています。 この技術が正しく実装されていれば、自己ソブリンのアイデンティティの概念を生かすことができ、ユーザーは必要な情報だけを共有することができます。 このようにして、個人情報を常に管理しているだけでなく、あなたの身元を確認するためにあらゆる場所を移動する必要はありません。 このアイデアに取り組むのは、ベトナムの起業家グループで 、ブロックチェーン上で動作するデジタルID検証プラットフォームであるVeriMEです。 このプラットフォームは、お客様のデジタルKYCを実行します。ブロックチェイン、AI、機械学習を活用することにより、KYCプロセスをシームレスかつ安全に完了します。 顧客は、公式ドキュメントのスキャンされたコピーを提出することにより、VeriMEアプリケーションでプロファイルを作成する必要があります。このプロファイルがVeriMEによって検証されると、オンライン加盟店や保険プロバイダーなどのVeriMEのサービスプロバイダーとのシームレスな検証と認証を行うことができます。 検証が必要になるたびにサービスプロバイダの場所にアクセスする必要がないため、ユーザーは時間を節約できます。一方、サービスプロバイダーは、VeriMEのサービスを使用してお金、リソース、人材を節約します。 このようにして、VeriMEは、物理的な会議や文書検証の必要なしに、商人と顧客の両方がビジネスを実行できる、安全で安全な身元確認と認証のエコシステムを構築します。 VeriMEでは、VeriME社のCEO、Nguyen Huu Phu氏は次のように述べています。 「ID盗難は過去のことです。ブロックチェーンでは、情報を保護するために第三者に頼る必要がなくなりました。私たち自身がそれを担当します。 ブロックチェーンに頼るべきではないという声もある ブロックチェーンは、ID管理と検証の問題の解決策ではないと信じている少数の専門家もいます。 しかしこれは、VeriMEのような企業の動きは大胆だが、ブロックチェーンを使ったアイデンティティ管理は信用を取り除き、匿名性を確立するという考え方を理解すると、無知であると捉えることもできます。 コンステレーション・リサーチのアナリスト、スティーブ・ウィルソン氏は、 「パブリック・ブロックチェーンは、意図的かつ誇らしげに第三者をシャークしているが、あなたのアイデンティティは、何らかの形であなたに保証する第三者がない限り、何もない。ブロックチェーンはいくつかの点で素晴​​らしいですが、それは魔法ではなく、IDMの問題空間用に設計されたものではありません。 しかし、可能性はあります。 これらの専門家は、ブロックチェーンは問題の実行可能な解決策になると信じていますが、克服する必要がある重大な障害に直面します。 これらの障害の第1は、大衆にこの検証システムを採用するよう説得することです。 というのは、分散元帳システムの価値は、それを使用している人の数に基づいているからです。 人口がブロックチェーンに基づくアイデンティティ管理ソリューションに参加するのに十分な動機がないと考える人もいます。 この状況で、検証サービス(VaaS)を提供しているVeriMeのような企業はすでに視聴者を魅了している段階にあり、事態がうまくいくと、すぐにIDの盗難から解放されるソリューションを提供できます。 ブロックチェーンはまだ未熟な技術ですが、それは世紀の救世主とみなす人々がいますし、懐疑的に見ている人もいます。 最終的に問題となるのは、VeriMEなどの企業が効果的に開発し、それをデジタルID検証と関連した問題に利用できるかどうかです。 競合分析 ID認証プロジェクトはブロックチェーン企業も積極的に参入しています。 以下、競合となるプロジェクトです。 SelfKey SelfKeyは、ユーザーをID管理プロセスの中心に置きます。概念はSelf-Sovereign IDと呼ばれ、トークン「KEY」を使用してユーザーが参加者間で価値を移転できるアイデンティティ・エコシステムを実現します。 TheKEY THEKEYプロジェクトチームは、政府当局によって独占的に承認された個人識別情報(PII)を使用してブロックチェーンベースの動的多次元識別(BDMI)を使用したID検証ツールを開発中です。 Decentralized ID Decentralized ID(またはDID)はソフトウェアスキーマであり、ブロックチェーン上のIDを保護するためのものです。 DIDはIDをあなたがコントロールできるために分散します。 2017年9月に起動したDIDは、モバイルウォレットとイーサリアムネットワークに基づいたソフトウェアスキーマがあり、ブロックチェインでのID検証の実行方法を示しています。 DIDはこれを達成するための提案を提出し、IDが暗号世界でどのように使用/転送されているかを監督する基盤を開始することを推奨しています。 このプロジェクトは、政府機関と緊密に協力して、ナショナルIDカードをブロックチェーンに保存するパイロットスタディを実施しています。 TheKEYは中国のチームであり、ICOはハードキャップを数分で調達し、無事成功しました。こちらも、政府とも提携する有力企業の一つです。 このような競合プロジェクトと比較した場合の利点を次に述べます。 VERIMEの競合上の優位性 VeriMEが類似のサービスを提供している他のプレイヤーとどのように異なっているかは、頻繁に聞かれる質問です。それは、ただ一つではなく、VeriMEをユニークなものにする多くの差別化要因があります。 VaaSエコシステムの構築を視野に入れる はじめに、VeriMEは、KYC(Know Your Customer)サービスプロバイダだけでなく、完全に分散したブロックチェーンベースのVaaS(Verification-as-a-Service)エコシステムです。 この分野の伝統的なプレーヤーは、しばしば仕事の範囲によって制限され、すべてのデータが集中管理された場所に保管されるという事実によって制限されます。したがって、収集する個人データの安全性を確保するために、高価なデータセキュリティシステムに頼らざるを得ません。この貴重なデータは、盗難や違反の傾向があり、ハッカーによる個人情報の盗難の標的になることがよくあります。  2.既存の製品 KYCと認証スペースには、すでに市場に出回っている製品があり、一般的なモバイルオペレーティングシステム、Android、iOS上のアプリケーションとしてダウンロードできます。 この製品は、ベトナムの4つの主要パートナーが指揮を執る3万人以上のユーザーが使用していますが、KYC空間の他のBブロックチェーンベースのプレーヤーはまだコミュニティの評価用のソフトウェアAPIをリリースしていません。  この点で、優位性が高いです。   VeriMEを使用することのもう一つの利点は、MitM(Man-in-the-Middle)攻撃とMitB(Man-in-the-Browser)攻撃から生じるセキュリティ上の脅威を排除することです。ブラウザーがショッピングカートから支払いゲートウェイにリダイレクトされ戻ったとき、顧客はそのような攻撃に対して最も脆弱です。 VeriMEは主要なショッピングポータルやオンライン決済ゲートウェイと提携しているため、すでにVeriMEアカウントを持っている顧客が別の第三者認証システムにリダイレクトされる必要はありません。これにより、第三者の依存関係が解消され、機密データを販売サイクルの一部として取り込み、保管または転送するリスクがなくなり、加盟店および当社パートナーのコストが削減されます。 3.パートナー   最も重要な優位点の一つとしてあるのが、豊富なパートナー提携です。   前に述べた、信頼を確保して、広く認知されることでこれは非常に役立ちます。                                VeriMEは、ベトナム最大の支払いプロバイダであるNganLuongをはじめ、アジアの主要国境を越える小売輸入購入促進ブランド、韓国のブロックチェーンを拠点とする国境を越えた送金サービスプロバイダーであるMoinと提携しました。 当社のパートナーには、eBay.vn、グローバル巨大eBayのベトナム、TrakInvest、MC Payments、CFCも含まれています。   これまでのVeriMEは、アジア太平洋地域だけで25カ国以上のパートナーと提携しており、立ち上げ時(2018年8月)にパートナー数を50以上に増やす予定です。   4.コミュニティ支持 比較的高いコミュニティ支持を得ています。 その要因は、やはり豊富なパートナーと製品の存在でしょう。 5.データプライバシーとコンプライアンス VeriMEはユーザーのデータをデバイスに保存しているだけなので、ユーザーがVeriMEを使用してKYCおよび支払い認証の要件を満たす場合には問題になりません。 また、KYCおよび支払い認証処理中にPCI...

VeriMEはブロックチェーンベースのID認証保護のためのVaaSエコシステムを構築する

  近年の高度なインターネット社会において、IDの保護と認証技術は高いものが求められています。 VeriMEは、ブロックチェーンによるID認証保護ソリューションです。 VeriMEとは VeriMEは、最先端のバイオメトリック技術と機械学習ツールを使用して、商品やサービスの購入時に顧客を特定し、認証する、Blockchainと顧客のモバイルアプリケーション上で動作する分散型Verification-as-a-Service(VaaS)エコシステムです。 VeriMEのパートナーであるサービスプロバイダー(オンライン/オフライン、ブロックチェーンと従来のアプリケーションの両方)を数秒で電子的に確認し、サービスプロバイダーのコストを削減し、顧客体験を向上させることができます。 https://youtu.be/Vl29ZOYgl58 既存の問題点 KYCプロセスの課題 手作業によるKYCプロセスは遅く、時代遅れであり、サービスプロバイダと顧客との間の摩擦が増大するばかりです。KYCチェックを必要とするすべての組織にアイデンティティを証明するという仕事は退屈であり、顧客は、サービスプロバイダが要求するあらゆる場所で、同じセットの文書を運ぶ不便さがあります。 さらにこのプロセスは通常高価であり、検証中に提出されたあなたの身分証明書は、オンラインまたはオフラインで常に身元盗難の影響を受けます。あなたが提供した個人情報がサイバー犯罪者の手に渡された場合、それを操作して悪意のある目的に使用することができます。 このような既存のアイデンティティ検証方法は、顧客の落ち込み率を上昇させ、サービス提供者に多くの潜在的収益をもたらしています。 ソリューション - D-KYC 上記のすべての問題を解決するために、VeriMEは誰の検証ニーズにも応えるデジタルID検証プラットフォームであるD-KYCを開発しました。 KYCプロセスは、顧客が出席したり、フォームに記入したり、文書を提出したりすることなく、リモートで完全にオンラインで実行されます。 VeriMEは、最高クラスの顧客オンボーディング機能を顧客に提供することで、数秒で完了する身元確認サービスを提供しています。 顔と顔との相互作用は必要なし 書式または書類の提出は必要なし 暗号化によるデータ保護 サードパーティの依存関係はなし 数秒の操作 費用対効果の高い 認証の課題 2因子/ 3因子認証などの現在の支払い認証方法は、MitM(Man-in-the-Middle)攻撃やMitB(Man-in-the-Browser)攻撃のような多くのセキュリティ上の脅威を受けやすく、安全とは言い難いです。 また、現在の支払い認証方法は、多くのプレーヤーを必要とし、例えばクレジット/デビットカード決済に提供される3Dセキュア認証には、発行銀行、銀行獲得、決済スキーム、ACS(アクセス制御サーバー)およびMPI(マーチャントプラグイン)プロバイダなどがあり、商人にとっては非常に高価なプロセスとなります。 さらに、現在の認証方法は、SMSを介してセキュリティコードを送信することに大きく依存しており、これらのSMSは、ネットワークエラーや、使用していない携帯電話番号のために配信されない可能性があります。このようなシナリオは、顧客が時間内に購入を完了できないため、深刻な問題を引き起こします。柔軟性がありません。 2因子/ 3因子認証では、顧客を新しいページにリダイレクトしたり、ページの妥当性に関するエラーを表示することがあり、これらの不便性の問題により、顧客は購入を中止し、バスケット放棄率を上昇させることにつながります。 ソリューション - D-SECURE 商人とパートナーがシームレスで安全な認証を実現するため、VeriMEはVeriMEユーザーの認証を数秒で可能にするD-Secureサービスを提供し、顧客の離脱率を最小限に抑えます。このソリューションは、顧客を認証するだけでなく、VeriMEパートナーおよびその商人に完全なチャージバック/紛争保護を提供します。 支払い認証のための分散システム すべての取引を保護する不変の元帳 ミリ秒単位の認証 100%チャージバック保護 費用対効果の高い すべての取引のインセンティブ なぜブロックチェーンか 業界に変革をもたらす ⇨アイデンティティ検証プロセスは過去40年間は変わりません。 VeriMEでは、ブロックチェインベースの簡単で高速かつ安全な方法でデジタルIDの検証と認証を導入することで、変化をもたらしています。 プロセスの簡素化と安全化 ⇨VeriMEを使用すると、家の安心して検証と認証プロセスを完了できます。過度の文書はコピーを作成せず、提出する文書も提出しない。 消費者に心の平和を与える ⇨VeriMEでは、個人データが間違っていることを心配する必要はありません。お客様の個人情報または文書のコピーはすべて暗号化された形式で保存され、第三者と共有されることはありません。 最高水準の認証を達成する ⇨VeriMEは、機械学習、ブロックチェーン、クラウドコンピューティング、人工知能の総合的な知識を使用して、伝統的な人間の方法による精度よりも正確な検証を提供します。 ロードマップ 2017年11月 - 2018年3月  ICO ...
error: Content is protected !!