ホーム ICO TokenBox(トークンボックス)

TokenBox(トークンボックス)

    TokenBoxのトークンセールが開始。新たにCindicator ,Bancorと戦略的パートナーシップを結ぶ

      こんにちは。今回は、TokenBoxについてです。 いよいよトークン生成イベントが開催され、開始15分以内で、6人の投資家から108万$を調達しました。 参加の方法を詳しく説明します。 TokenBoxについて TokenBox は、投資管理プラットフォームであり投資家・トレーダー・マネージャーを透明性の高いエコシステムに統合します。 また、同プロジェクトはイーサリアムスマートコントラクト開発に特化しているZerion チームが仕掛けている案件でもあります。 詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 https://bab-global.net/ico/tokenbox   有数のブロックチェーンプロジェクトとパートナーシップを結ぶ TokenBoxからICOでも成功を収めたBancor、そしてCindicator と戦略的なパートナーシップを結んだことが発表されました。 Bancorとの提携 TokenBoxはトークン生成イベントに先駆けて、Bancorプロトコルを統合しました。 Bancor プロトコルの開発と普及を促進するために、Bprotocol 財団は2017年に設立され、1つ以上の他のトークンをスマートな契約で保持できる「スマートトークン™」の作成を標準化し、すべての準拠トークンの流動性ネットワークへの「コネクタ」を作成します。2017年6月、Bancorプロジェクトはトークン生成イベントで1億5000万ドル以上を調達し、ブロックチェーン業界で最大の資金調達キャンペーンの1つになっています。 Bancorとの提携により、TBXトークン保有者にウェブ3.0ウォレットから直接的な価格の継続的流動性を提供することができます。  Tokenbox.ioはトークン販売が成功裏に完了した後、1か月以内にTBX循環供給の5%まで保有するBancor準拠の「Token Relay™」を作成します。このトークンリレーに関しては以下のように説明があります。 TokenRlayについて トークンリレーは、Bancorが推進しているユニークな種類の「スマートトークン™」ですBNT(Bancor ネットワークプロトコル)に1つと、TBXなどの既存のERC20標準トークンに1つずつ、2つの「コネクタ」トークン残高を同時に保持します。トークンリレーは、コネクタートークンのいずれかのスマートコントラクトを介して直接購入または販売することができ、Bancor ネットワーク™のトークンの残りの部分との間に変換コンジットを作成します。トークンボックストークンリレーは、BNTとTBXの両方を保持し、誰でもBNT、ETH、および他のメンバトークンのためのTBXをネットワーク上で容易に購入および販売できるようにします。価格は、オープンソースの非営利のフォーミュラに基づいて決定され、売買量のバランスを取って、仲介者へのスプレッドとコミッションを排除します。トークンリレーには設定可能な料金もあり、各コンバージョンごとにコネクタ残高に累積することができます。 したがって、トークンリレーは、トレーダー、投資家、ポートフォリオマネージャーなど、Tokenbox.ioプラットフォームのTBX保有者やユーザーは継続的に利用できる自動販売機的な役割として機能し、さまざまな恩恵を受けることができます。 トークンの種類をネットワーク上の簡単なBancorウェブアプリケーションを介して簡単かつ直接変換することができます。 TokenBoxの共同設立者は今回の提携に関して以下のように述べています。 Viktor Shpakovsky、Tokenboxの共同設立者: "私たちは、交換やコミッションだけに頼ることなく、TBXトークンを変換するための拡大機会をユーザーに提供できることを嬉しく思っています。 Cindicatorとの提携 2017年11月14日にTokenbox.ioプラットフォームは、暗号通貨プロジェクトであるCindicatorと統合することが発表されました。 Cindicatorの製品は、NLPなどの大規模な集団情報データを処理する機械学習モデルやその他の方法からなる、数千人のアナリストやAIの集団知能のユニークなシナジーです。 TokenBoxチームはCindicatorプラットフォームでの集団的および人工的なインテリジェンスによって作成された貴重な予測的財務分析へのアクセスを提供することで、トレーダー、資金、投資家とポートフォリオマネージャーを結ぶエコシステムを発展させます。 以下のような説明がありました。 トレーダーとアナリストは、さまざまな投資ツールを提供し、後でCindicatorの群衆予測プラットフォームに追加する最も興味深い企業、ケース、および問題の短いリストに投票します。生成された指標および予測分析へのアクセスは、CND例えばCNDトークンを支払うこと、または関連する金額をCNDトークンの形でウォレットにに入れることによって可能になります。次に、Tokenbox.ioのユーザーはCindicatorの一部として、分析スキルを向上させ、さまざまな投資案件をテストするのに役立ちます。 Cindicator との提携により、投資家やトレーダー、マネージャーは分析がしやすくなり、より専門的な効率のいいポートフォリオ管理が可能になることが予想されます。 そして、ブロックチェーンプロジェクトとの提携はこららだけではなく、その他の提携としてはWaves、Humaniqが含まれています。 こうした提携はすでに多数ある投資管理分野の競合プロジェクト(Genesis Vision ,Bkackmoonなど)との差別化を計る意味でも大きなメリットになるでしょう。 トークンセール参加方法 トークンセールは11月14日12:00UTC~11月28日まで行われます。 こちらから参加できます。 Participateをクリックします。 But Tokensをクリックします。 参加するのは、Zerionのエスクローサービスに登録する必要があります。こちらの画面からできます。 メールを確認します。 Confirm email addressをクリックします。 メール認証したら、ホームページに戻ってログインします。 トークン購入をクリックします。 最初に、受け取りアドレスを入力します。 ウォレットタイプを選択します。取引所のものはNGです。 最後に、PURCHASEで完了です。 よくある質問 トークン価格はいくらですか? →1TBX=1USDドルです。 受け入れ通貨は? →BTC ETHです。 関連リンク 公式サイト:https://tokenbox.io/ 白書:https://tokenbox.io/docs/TBX-WhitePaper-Eng.pdf Twitter :https://twitter.com/tokenbox Facebook:https://www.facebook.com/Tokenbox/ Telegram:https://t.me/Tokenbox My profile 0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833 https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

    TokenBoxと競合プロジェクトの比較まとめ

      こんにちは。今回は資産運用業におけるブロックチェーンプロジェクトであるTokenBoxと競合プロジェクトを比較したいと思います。 TokenBoxについて TokenBoxは資産運用業界において投資家・トレーダー・マネージャーにとってメリットのある新しい投資管理プラットフォームを構築するプロジェクトです。 詳しくはこちらの記事で https://bab-global.net/ico/tokenbox TokenBoxの競合プロジェクト 資産運用業界のプロジェクトとして今回は以下の暗号通貨プロジェクトを比較します。 Blackmoon Genesis Vision Melonport Iconomi 比較する上でのポイントとしては資産運用業界が直面している課題に対するソリューションとなるいくつかの項目です。 資産運用業界の課題に関してはこちら プロジェクト内容 TokenBox:投資家・トレーダー・ファンドマネージャーを一つのプラットフォームに集結してそれぞれに資産運用ソリューションを提供する Blackmoon:暗号通貨界と伝統的な投資市場の橋渡しとして現実世界の投資ファンドをトークン化するシームレスな方法とツールを提供する Genesis Vision:プライベートな分散型の投資信託プラットフォーム Melonport:技術的に規制されたデジタル投資資金を設定、管理、投資することを可能にするブロックチェーンソフトウェア Iconomi:デジタルアセットマネジメントプラットフォームであり、初心者から専門家がデジタル資産に投資して管理することを可能にする、新しくユニークな技術サービス プロジェクト自体はGenesis Visionと非常に似た内容になっており、TokenBoxは資産運用の中でも投資信託市場をメインにしています。 一方で、Blackmoonは暗号通貨と法定通貨との橋渡しがメインであり、資産のトークン化に重きを置いています。明確にはTokenBpxの競合としてはあげられないかもしれません。 トークンの特性 TokenBox:ユーティリティトークン(プラットフォームへのアクセス機能) Blackmoon:プラットフォームで機能するユーティリティトークン Genesis Vision:プラットフォームで機能するユーティリティトークン Melonport:プラットフォームへのアクセストークン Iconomi:週の収益分配権利と投票権 TokenBoxのトークンはプラットフォームで機能するユーティリティトークンです。議決権や配当権利は一切ありませんが、トレーダーの収益のうち10%が収益として投資家に分配されることは言及する必要があります。 通貨管理ウォレット TokenBox:あり(マルチ通貨対応のライトウォレットとプロフェッショナルウォレット) Blackmoon:あり Genesis Vision:あり Melonport:なし Iconomi:あり(コールドウォレット) TokenBoxは暗号通貨とトークンの基本的なタイプを格納できるウォレットが存在します。タイプはライトウォレットとより安全性が確保されたプロフェッショナルウォレットの二つです。 ファンド・トレーダーの登録 TokenBox:同社と第三者のデューデリジェンスを介した登録 Melonport:Melonportのオーナーのみがファンドを作成できる Iconomi:Iconomiによって登録が決定される TokenBoxの登録に関しては、TokenBoxと第三者のサービスプロバイダのデューデリジェンスを介して行われ、結果はデジタル文書化されます。他社に比べて、管理体制は透明的です。 ファンド・トレーダーのトークンの存在 TokenBox:あり(トレーダー特有のトークンとの交換取引) Blackmoon:あり(標準化されたトークン化ファンド) Genesis Vision:あり(GVTトークンとマネージャーのコインの交換取引) Melonport:なし Iconomi:あり(Digital Asset Arrays) TokenBoxの場合は投資家はトレーダー特有のトークンを暗号通貨やトークンで購入してファンドに投資することができます。 トークンの価格は、投資家の数にかかわらず、ポートフォリオの資本化の成長に基づきます。 トークンの発行と交換のプロセスは全体Ethereum プラットフォームのスマートコントラクトに基づいて構成されています。 法定通貨へのアクセス TokenBox:あり(法定通貨での支払い) Blackmoon:あり Genesis Vision:なし Melonport:なし Iconomi:なし TokenBoxでは、銀行システムに統合された安全なゲートウェイを介して4種類以上の法定通貨での支払いが可能です。また、法定通貨から暗号通貨へ、暗号通貨から法定通貨への交換も可能です。 法的な接続(コンプライアンスの集中) TokenBox:高い(TokenBoxによる法的な傘下ファンドの存在) Blackmoon:高い(法的に完全に準拠したトークン化資産) Genesis Vision:標準 Melonport:標準 Iconomi:標準(EUの法令に準拠し、規制された事業者により提供される) 法的なコンプライアンスに関してはBlackmoonが優秀です。TokenBoxに関しても法的な枠組み対策はされており、比較的優秀です。 マーケットプレイス TokenBox:あり Blackmoon:あり(Blackmoon Lending Marketplace) Genesis Vision:TBA Melonport:TBA Iconomi:TBA プロトタイプやプロダクトの存在 TokenBox:トークン化資金(The Token Fund) Blackmoon:あり(Blackmoon代替貸付商品) Genesis Vision:明確なものはなし(α版デモアプリ) Melonport:ユーザーインターフェース(Melon ipfs-frontendv0.4) Iconomi:Iconomiアプリ TokenBoxではプラットフォームのプロトタイプとしてトークン化された資金のプロジェクトが存在します。 TokenBoxはこれまでに実績のあるチームで構成されており、特にZerionの人材は注目すべき点です。トークン化ファンドに加えて投資戦略ツールのアプリ開発なども行ってきています。 また。主要なプラットホームのためのウェブインターフェイス及び最適化アプリケーション: PC、Mac、iOS、Android、VRも予定されています。 資金と報酬の透明性 TokenBox:KYCやAMCシステム。支払いは国際的な情報セキュリティに準拠した第三者サービスによって行われます。 Blackmoon:KYCシステム Genesis Vision:Zerion,SmartDecなどの第三者委員会による監査、支払の自動化、Changellyのエスクローサービス Melonport:TBA Iconomi:大半の資産はマルチ署名システムでコールドウォレットに永久保存 TokenBoxではKYCシステムとマネーロンダリング法(AMC)による安全性保証がされ、登録から支払いまですべて第三者のサービスプロバイダを介して行われます。 評価・分析システム(顧客の信頼確保) TokenBox:トレーダーの格付けと内部リスク管理システム、レポーティングシステム Blackmoon:細かいレポーティングシステム Genesis Vision:信頼できる取引履歴と統計 Melonport:評判システム Iconomi:なし 投資管理市場において評価と分析システムは重要であり欠かせないものです。そのため大半のプロジェクトは存在します。 TokenBoxに関して特筆すべき点としては、トレーダーのランク付けが行われることで、これにより投資家はより実績のある信頼性の高いトレーダーを選択できるメリットがあります。 スケーリング拡大とマーケティング戦略(新たな顧客確保) TokenBox:30%の準備初期ファンドによるプラットフォームの拡張戦略 Blackmoon:ダウンサイドプロテクション Genesis Vision:AIによる無制限のトレーディング戦略スケーリング、400人以上のブローカーと50以上のマネジメント会社の参加 Melonport:既に企業が1000人のユーザーを持つベータ版に取り組んでいる スケーリング拡大においてはGenesis Visionが非常に優れています。TokenBoxに関しては、プラットフォームのα版の時点で初期のファンドとして準備プールを生成するためのものであり、準備プールは専門的なパートナーとユーザーの誘致活動には重要です。 結論 こうして競合プロジェクトと比較してみると、TokenBoxは同分野でもバランスの取れたプロジェクトであることが一目でわかります。BlackmoonやGenesis...

    TokenBox(トークンボックス)は投資家・トレーダーのための最善の資産運用ソリューションを提供する

      こんにちは。今回はTokenBoxについてです。 分野としては競合の存在が多い投資管理分野のプロジェクトです。 TokenBoxとは? Tokenboxは、プロフェッショナル・ポートフォリオ・マネージャーとトレーダーの管理下にある暗号化通貨ファンドと一方では投資家を組み合わせたエコシステムです。 資産運用業界へのソリューションとして、投資家・トレーダー・マナージャーを1つのプラットフォームに集結させます。 https://youtu.be/1YTLvqZNW_4 投資管理業界の課題 同分野のプロジェクトとしては、BlackmoonやGenesis Visionが挙げられますがこれらの投資管理業界では投資家の資金の透明性と信頼性が特に大きな課題として残っており、この問題に対するブロックチェーンソリューションも続々とあらわれはじめています。 特に最近のPWCによる資産運用業界に関する報告書には注目すべき点がいくつもあります。 アセットマネジメント2020-資産運用業界の展望 報告書で取り上げられている課題としては、以下です。 規制遵守によるコストの増加 人材不足 規制強化によるアクセス制限 透明性の欠如 スケールメリットの拡大とブランド力 高い情報技術の必要性 こうした課題が残る資産運用業界において、TokenBoxがどのようなソリューションを提示しているのか、詳しく見てみましょう。 TokenBoxのソリューション 前述した課題において、TokenBoxのソリューションは以下の原則に基づきます。 投資家は、投資管理のプロセスにおいて高度の安全性を備えた暗号市場で資金を管理するための最善の戦略にアクセスすることが認められるべきである。 Tokenboxが提供する技術的ソリューションは、資金管理プロセスとその開発を確実かつ安全な方法で可能にします。したがって、投資家は、リスクとリターンの固有の比率に応じて、異なる法的ファンドと監査ファンドの間で選択を行うことができます。 具体的には以下のようなソリューションが提示してあります。 投資家向けソリューション マルチ通貨暗号ウォレット → 暗号化デジタル資産を安全に保管するための普遍的な単一の暗号通貨ウォレットでは暗号通貨とトークンのすべての基本的なタイプを格納することができます。ユーザの便宜のために、キーをシステムの内外の両方に格納する機能を含むとライトウォレットとキーがユーザーに管理されるプロウォレットが含まれます。 プロフェッショナルな資産管理 →プラットフォームの参加者は慎重に選択し、検証されたトレーダーやファンドであり、Tokenboxは専門家向けのプラットフォームです。すべてのトレーダーのデューデリジェンスは必要で、ファンドは顧客のアカウントから資金が下せません。また、評価システムおよびマーケティングサービスは、投資家の信頼性を勝ち取り、製品に注目を引くメリットがあります。 クレジットや銀行カード、法定通貨による支払い →銀行システムに統合された安全なゲートウェイにより、法定通貨(USD、EUR、CHY、CHFなど)と古典的な支払いシステムを使用して分散型経済にアクセスできます。法定通貨の暗号化通貨とトークンへの変換、および逆のオペレーションが、プラットフォームの向こう側で可能になります。 クロスプラットフォーム →主要なプラットホームのためのウェブインターフェイス及び最適化アプリケーション( PC、Mac、iOS、Android、VR)を提供します。 トレーダーとファンド向けソリューション  法的な活動拡大   →Tokenboxは法律上のリスクを抑え、ファンドおよびトレーダーは活動に関する法的行為にかかる費用を最小にします。Tokenboxはまた、投資家であるユーザーのKYC/AML分野における作業の組織を引き継ぎ、必要なデータ検証システムの接続します。 プロフェッショナルなソフトウェア →トレーダーに便利かつ強力な貿易ターミナルとファンド管理システムにより、あらゆるデバイスからファンドのポートフォリオ管理ができる  ファンドのトークン化 →自らのトークン化されたファンドを作成する機会を取得し、独自のトークンを使用し、スマートな契約により投資家との交渉を行います。ファンドのトークンは、株の類似であり、そのコストは、ポートフォリオ資本化における変化および収益性に依存するものです。投資家は、ファンドのトークンを購入し、それを格納し、返済することができます。さらに、ファンドのトークンは組織的市場、つまり取引所での交換が可能です。 以上のようなソリューションに加えて、プロのポートフォリオ・マネージャーやトレーダー、チームは、透過的かつ法的な枠組みの中で、専門的に動作し、独自のトークン化基金の創設のための既製のボックスソリューションを受け取ることができます。 TokenBoxプラットフォームについて Tokenboxプラットフォームの重要な特徴は、他の開発者のためのAPIへのアクセスを提供し、「透明性」を維持することにあります。 エコシステムパートナーは、内部APIとその構造要素とモジュールの相互作用の操作を追跡することができ、セキュリティ監査を行った後、クライアントコードはオープンソースで利用できるようになります。 エコシステムモジュール エコシステムについては簡潔に説明します。詳しくは白書をご覧ください。 プラットフォームの顧客である投資家は外部統合に接続された共通APIを介して動作し、オープンAPIはTokenbox顧客ベースに基づいてアプリケーションを構築するために利用できます。 KYC / AML手順 秘密鍵を安全にバックアップする機能 PCおよびラップトップソフトウェア、モバイルおよびウェブプラットフォームを介した登録 サードパーティのソースからのユーザー登録データは、暗号化された通信チャネルを介してプラットフォームに転送される 資金とトレーダーにとってプラットフォームへのアクセスは、ウェブインターフェースと、WindowsとMac OS用に実装された既存の取引端末を通じて行われます。 そして、プラットフォームのエコシステムには以下のような動作が含まれます。 デューデリジェンス デューデリジェンスはトークンボックスとサービスプロバイダによって実行され、機密情報は開示されませんが、結果のみがエコシステムで一般公開されます。検証プロセスはまだ明確に確立されていません。更新され、その後文書化されます。  支払い処理 PCI DSS標準に準拠した異なる暗号化通貨の支払い処理装置の開発とカード受付用ゲートウェイの開発フィアット通貨およびトークン取引処理は、国際的な情報セキュリティ基準に準拠した第三者サービスによって処理されます。 取引API プラットフォームには、さまざまなエクスチェンジでの作業を可能にする統一されたAPIがあります。内部取引所で行われた取引に対しては清算が利用可能です。トレーディングロボットは、システム内でレーダーを使用して独自のAPIを持っています。 分析とリスク管理 プラットフォームにはSnowPlowに基づくエンジンが搭載されています。すべてのトランザクションが記録され、ブロックチェーンに定期的に記録されます。ビルトインアナリティクスモジュールは、トレーダーを記述する多くの要因に基づいてトレーダーのランク付けを可能にします。 リスク管理システムを開発し、それを補完するための研究が行われています。 以上のようなシステムにより、内部および外部の流動性へのアクセスを容易にします。 •取引コストの削減: 資産の売却と購入のための別々の操作を行う必要がある場合は、資金やトレーダーは、外部の取引プラットフォームに内部口座から資金の入出金のための手数料を支払う必要はありません。また、内部の流動性は、サードパーティのサービスによってより小さな手数料で済みます。 •セキュリティレベルの向上: 内部流動の使用を一時的に外部サービス(交換)によって制御される暗号資産の量を最小限に抑え、技術がクラッシュし、取引期間中のロック・ネットの動作の遅れのリスクが軽減されます。外部流動性が増加した取引限度額を提供し、ファンドの取り込み機能の結果として利用可能な企業のアカウントを使用して組織化市場(取引所)へのアクセスを介して提供されます。 また、エコシステムにおいては、特に投資家はファンドマナージャー特有のトークンを購入することで、投資管理を委託する形になることに言及する必要があります。 トレーダー特有のトークンの例え 例えば、トレーダーは、「マーク&ロバート・コイン・ファンド(MRCF)」という名前のファンドを立ち上げることにしました。この場合、スマート契約はイーサリアムプラットフォーム上ERC-20標準を発行し、その資金のために作成されます。 トレーダーは、トークンがティッカーシンボルとして「MRCF」を持つべきであると判断し、このトークンは、ファンドのユニットの類似体となります。そのトークンの値は、利益とポートフォリオ評価の変化ではなく、投資家の数と購入されたトークンの数に依存します。 投資家は、MRCFトークンを購入し、それを保存し、それを転送し、収益が出た時にそれを提示することができます。また、トークンは組織的市場、つまり取引所へアクセスすることもでき、交換ができます。   TokenBoxの競合上の強み 資産運用市場は競争率が激しく、2020年には101兆ドルの市場規模になると予測されています。同分野には様々な競合的プロジェクトが既に存在しするため、競合上の優位性はより重要視されるべきです。 PUW報告書より そこで、資産運用市場での課題に対するソリューションとしては 法的およびライセンス 投資家向け広報 情報とサイバーセキュリティ ビッグデータと機械学習 顧客データのVERI Fiのカチオン(KYC&AML) これらの要素が特に重要であると一般的には述べられており、同社も注目しています。 プロジェクトチームの強固な背景 Tokenboxチームは暗号資産投資管理の分野でのプロジェクトを立ち上げた成功している経験を持っています。 その代表的プロジェクトがZerionです。 スマートコントラクトの作成に特化した急成長しているフィンテック企業であり、ブロックチェーンに基づくアプリケーション開発が有名です。 特にZerionチームはイーサリアムプラットフォーム上でスマート契約の開発におけるプログラミングと経験の分野で豊富な知識を持っています。 現時点までのチームの活動としてはトークン基金とCryptoTrader( Zerionからの人気のアプリ)が象徴的です。 詳細はZerionチームページより確認できます。 トークン基金 トークン基金はブロックチェーンとスマートコントラクトによる最初の暗号通貨とトークンへの投資を可能にトークン化された投資ファンドのことです。 このトークン基金は、投資家の一部にポートフォリオ・マネージャーの動作を制御するシステムと相互作用するブロックチェーン技術とスマート契約の技術を使用して管理されています。 ファンド内のすべてのプロセスは透明であり、かつイーサリアムプラットフォーム上でスマート契約、一般に入手可能となっているソ ースコードだけでなく、特別なソフトウェアの提供を通じて監査することができます。 参加者は、投資と株式の受信時にスマート契約により発行されたトークンを購入することで、ファンドに参加でき、ファンド自体は暗号資産の広い範囲に投資し、この投資に対するリターンは、自動化される仕組みです。 トークン基金は正式に2017年3月24日に発足し、ファンドの運用資産の総額は第1四半期には227%を超え、米ドルの収率で、$ 2万ドルを超えました。 ファンドの顧客の大半は、ヨーロッパ、中東だけでなく、世界中の地域からであり、現在、法律上米国からの顧客はアクセスできません。 CryptoTrader App これはZerion(旧EtherionLab)のAndroid用またはiOS用アプリであり、リアルタイムでデジタル通貨とトークンの見積もりを表示します。これまでに最も人気のある暗号通貨のうち、十数以上サポートされており、更新されています。 また、チームは次のプロジェクトに技術的、組織的支援を成功裏に提供しています。 Waves TrueFlip Humaniq Po.et こうしたチームの実績のあるプロジェクトの存在は大きな強みです。 技術とインフラ 同社のプラットフォームは、Python...
    error: Content is protected !!