THEKEYプロジェクトのよくある質問まとめ

  THEKEYとは 中国発のICOプロジェクトであるTHEKEY は、IDV、つまり識別認証技術に優れたチームからなり、ブロックチェーンとの統合を目指しています。 https://bab-global.net/ico/thekey https://bab-global.net/ico/thekey-mvp よくある質問集 THEKEYはどのような問題を解決しますか? THEKEYプロジェクトは現在、BDMI技術を介してインターネット用の第二世代IDVソリューションを開発中です。 BDMIは、「ブロックチェーンベースの動的複数次元識別」技術の略です。そのようなソリューションは、デジタル世界でお互いを識別するための主な要件を完全に反映しています。これは、現実世界からオンライン世界に人々を移行させるための「鍵」です。 BDMIは、その名称として、Dynamic Multi-Dimension Identification(DMI)技術とブロックチェーン技術を相乗的に組み合わせています。 インターネット上で開発され、適用されている既存のIDV技術から生成された結果は、拒否され変更される可能性がありますが、 ブロックチェーンは、非対称暗号アルゴリズムを使用して、データ伝送および安全性を確保できます。 特に、スマートコントラクトはプログラム可能なスクリプトによって実現され、ブロックチェーンの実用性を向上させます。これらの機能により、アイデンティティ検証技術のアプリケーションのジレンマが克服されます。 BDMIから生成された結果は否定できず、変更できません。 プロジェクトチームはどのような経験を持っていますか? THEKEYチームは、IDV、ブロックチェーン技術、研究開発、マーケティング、データモデリングなどの専門家と専門家で構成されています。 このチームは、2015年以来、Hyperledger社とのコンソーシアムブロックチェーンの業界ソリューション設計とPOCに取り組み、プロジェクト。ブロックチェーン技術を使って政府のデータを企業で使用することは非常に経験があります。 THEKEYの設立者兼CEO、Catherine(Xueli)Li、今年の中国で最も優れた女性起業家(中華人民共和国女性連盟、2017年) 動的多次元識別技術の創始者。彼女は最初にDMIにブロックチェーンを導入し、ブロックチェーンの業界適用を深く理解しています ケン・フアン(Chief Blockchain)とTHEKEYのIDV科学者は、国際的なブロックチェーンとアイデンティティ検証の専門家であるCISSPです。 CGIフェデラル・アイデンティティ管理プラクティスの創設者、サイバー・セキュリティ・コンピテンス・センターなどがあります。 これまでのチームの成果を教えてください チームの主な成果は以下の通りです: 23件の著作権が取得され、15件の特許がSIPO(P.R.Cの国家知的財産事務所)によって承認され、アテステーションプロセスが開始されました。 THEKEYの第1世代IDVソリューションは、現在、人々が年金の支払いや医療保険の払い戻しを受けることができる2つのパイロット都市で、モバイル社会保険料の支払いに使用されています。 IDVソリューションは現在、1億3,000万人を超える41の都市に展開されています。 関連する政府機関によって認証された66都市の2億1,100万人の個人識別データがリアルタイムで接続されています。これはIDVの強固な基盤を構成します。 世界をリードする企業との商用契約とIDV製品のビジネスモデルはすでに部分的に証明されています。 THEKEYの開発計画は何ですか? 白書に示されているように、BDMIはDMIとブロックチェーン技術の統合に相当します。 BDMIはまだ開発されておらず、DMIは開発されており、政府、銀行、保険会社によって広く受け入れられている。同社の立場は今ロードマップに固執することであり、 BDMIは2018年6月までに開発され、テストされ、2018年から2019年の間に製品が準備されます。そして、2020年にBDMIが実現され、世界中に展開されます。 THEKEYプロジェクトチームはBlockchainにDMIテクノロジを組み合わせることで、次のことが実現できるようにしています。 個々のユーザーはPII情報を完全に管理し、各業界のKYC標準をスマート契約の一部として追跡する必要があり、IDV要求を処理する。 PII関連のデータ収集および使用のすべての記録は、今後の監査のためにブロックチェーンに保存され、誤用を避けるために使用されます。 IDV結果が変更されず、壊滅的な内訳が発生しないようにするため、現在、さまざまな組織の中央サーバーに保存されている関連データは、それに対応してIDデータブロックで索引付けされ、 Blockchainのストレージサイズの制限のため、代替オプションとして、PKEデータをTHEKEYエコシステムのValidatorのETLデータベースに保存し、基礎となるデータのハッシュ値をBlockchainに保存することもできます。 BDMIフレームワークは、以下に示すように、プロトコル、インタフェース、アプリケーションという3つの異なるレイヤーに分けることができます。 プロトコルレイヤーは、ETH、EOS、NEOなどのBDMI技術選択に適用可能なブロックチェーンに基づいて設定されます。このレイヤーは、安全レベル、データ権限、並行処理およびフロー処理を設定します。インタフェース層は、プロトコル層をアプリケーションと接続し、データ標準化、不正防止モデリングおよびスマートコントラクトトリガなどを実現するための識別データモデリングを提供する。アプリケーション層は、識別および使用が可能なシナリオを実現する。 (ソフトウェア開発キット)を提供しなければならない。 シビックのようなブロックチェーンプロジェクトとの比較は? IDV業界の他の企業と比較して、IDVをブロックチェーンに適用しているBDMIには、次の3つの利点があります。 より信頼性の高い結果 サポートデータはリアルタイムで収集され、包括的で正確で信頼性があります。データは、政府機関または他の公共機関によって事前に検証されています。 低コスト 既存のデータソースをフルに活用し、データの収集、処理、認証のための重複作業の回避により削減されます。 ユーザーエクスペリエンスの向上 個々のユーザーがアプリケーションをインストールしたり、情報をアップロードしたりする必要はありません。 https://bab-global.net/ico/thekey-civic  なぜNEOプラットフォームを利用するのか? NEOはTHEKEYに技術サポートを提供します。 NEOが提唱するスマートな経済は、デジタル資産、スマート契約、デジタルアイデンティティ(生態系全体)から構成されています。 デジタルアイデンティティは、NEOスマート経済の不可欠な要素であり、THEKEYはこの考え方を共有し、NEOと一緒にデジタルアイデンティティシステムを共同で構築するために、NEOエコシステムのデジタルアイデンティティアプリケーションを提供するという意図があります。 また、将来NEOにデジタルアイデンティティアプリケーションを提供することもできます。 TKYトークンのメリットは? THEKEYエコシステムは、分散型の自治コミュニティであり、参加者(検証者、サービスプロバイダ、個人ユーザー)のスマートコントラクトとTKYトークンの3つのコンポーネントで構成されます。 THEKEYトークン(「TKYトークン」)は、エコシステムの主要コンポーネントとして、THEKEYエコシステムの参加者間で締結されたスマート契約を解決する唯一の方法です。人生のあらゆる側面は、セキュリティチェック、アクセス許可、医療、ショッピングなどの身元確認が必要なので、TKYトークンの有用性は非常に高くなります。 TKYトークンの流通方法は? 次世代のIDVソリューションの開発とTHEKEYエコシステムの拡張を促進するために、TKYトークンが導入され、流通に利用可能になっています。 流通計画には事前流通段階と民間流通段階があり、トークンセールでトークンを持つことができます。 2018年2月までにTKY配布(ICO)を開催する予定です。 登録とKYCはこちらからからできます。   まとめ THEKEY プロジェクトの簡単な質問でしたが、競合プロジェクトに比べて、既存のIDVソリューションが実用化されている点(著作権や特許取得済み)は非常にメリットが大きいと考えられます。 同分野では、2018年に期待されているCivicとの異なる点もまたまたいと思います。 Thanks 関連リンク Website: https://www.thekey.vip Telegram group: https://t.me/THEKEYOFFICIAL Twitter: https://twitter.com/thekeyvip Medium: https://medium.com/@thekeyvip Facebook: https://www.facebook.com/TheKey-1439094662870680

TheKEYプロジェクトのMVP開発計画が発表される

  THEKEYとは THEKEYは、国家ビッグデータとブロックチェーンを使用した地方自治体のアイデンティティ検証ツールです。 THEKEYチームは現在、第2世代のオンライン識別検証技術を開発中です。 詳細については、 https://bab-global.net/ico/thekey 公式サイトwww.thekey.vip THEKEY電報グループ:https://t.me/THEKEYOFFICIAL MVPの開発計画に関する発表 投資家の皆様の約束を果たすため、同社は、12月25日にMVP開発計画を発表しています。 スケジュールはこちら https://medium.com/@thekeyvip/ceo-catherine-announces-release-of-thekey-mvp-development-plan-e0c85ada912f 先に発表したように、当社の製品開発が大幅に進歩したため、2017年12月30日にレビュー用にDMIプロトタイプのコードを公開する予定です。 公開されたコードに関するAMAは、THEKEY Redditチャンネルで、2018年1月4日午後9時に北京時間(1:00 pm 1月4日2018 GMT)午後9時に2時間続く予定です。 AMAのホストは以下です。 Catherine Li(会長兼CEO)2017年の中国で最も優秀な女性起業家、そして「今年の上位10人の影響力のある中国女性」でもある Ken Huang(ブロックチェーンとアイデンティティ検証社長)世界的に知られているブロックチェーンとアイデンティティ検証の専門家であるCISSP Guochun Xu(CTO)BDMIのR&Dおよび政府のブロックチェーンプロジェクトの技術的展開を担当する プロトタイプの内容 THEKEYのモバイル社会保険料を例にとると、DMI(Dynamic Multi Dimension Identification Technology)のプロトタイプは、生成する技術的実現可能性を明確に証明することです。 プロトタイプの技術構成要素 DMIのプロトタイプのコード公開は、主に、技術の6つの要素を実証することである 適用される6つの要素は以下のとおりです。 a)ユニークな人間の顔のデータは、オンラインIDVの基礎となる b)政府が検証した顔認識データが参照として使用される c)ユーザーの医療記録は、医療保険代理店の請求処理自動化の要求を満たすために使用さらる d)IDVの信頼性を保証するために、IDV中に、政府が検証したIDデータと同じユーザの行動データとシーンデータとの間のクロスチェックが常に行われる e)IDV結果の確実性を保証するために、THEKEYは、IDVが実行された瞬間までに更新されたデータを常に使用して、最新の変更があれば取​​得する f ) IDVが完了すると、結果は適切に文書化され、医療保険代理店の不正行為、不正行為および廃棄ポリシーの基準に照らして監査される DMIプロトタイプのビジネスプロセスに関しては、以下を参照 病院のトリガー ヘルスケア保険代理のユーザーを認識する顔認証データ間の比較 政府のIDと行動、状況データ間のクロスチェック 評価データベースに対する直接的なデータ確認 医療関連の記録データの確認 処理の自動化 ヘルスケア保険代理における不正防止、詐欺、腐敗に対するデータ管理 BDMIプロトタイプとTheKEY エコシステム そして、ブロックチェーンベースのBDMIのプロトタイプのコード公開は、THEKEYエコシステムの3つの要素を主に説明するものであり、THEKEYのIDVソリューションと高度に分散したコミュニティのDMIが連携しています。 説明する3つの要素は、以下のとおりです。 a)THEKEYエコシステムの参加者 THEKEYのエコシステム系の参加者には、THEKEYだけでなく、バ​​リデータとしての電気通信会社。ユーザー、および病院、診療所、ドラッグストアなどのサービスプロバイダが含まれる b)スマート契約 スマート契約は、THEKEYエコシステムで非常に重要な役割を果たします。 PIIが適切に使用され、同時に保護される健全な環境の開発 エコシステムの参加者全員に対する財政的インセンティブ付与の目的に直接役立つ そして、スマートコントラクトにおけるBDMIプロトタイプのコード公開では、以下の5つの機能を実証する必要があります。 個人識別可能な情報保護 国内の機密情報保護 その他の適用される法律および規制への準拠 スマートKYCチェック スマートな支払い c)トークンの循環 トークンの流通もコード公開で以下のようにテストされ実証されます。 病院からTHEKEYへの自動トークン転送。 ユーザーからTHEKEYへの自動トークン転送 THEKEYから他のValへの自動トークン転送 そして、BDMIのビジネスモデルは以下です。DMIと異なるのは4つの点です。 異なる点は THEKEY APIを通したユーザー顔認証によるIDV要求の受け入れとTHEKEY エコシステム系(ヘルスケア保険代理、ユーティリティ会社、病院など)間のスマートコントラクトによるサインオフ KYCポリシーに対するIDV要求 CPAの結果は、IDVを開始した病院が医療用請求に対してお金を受け取ることが利用できるように、認証としてブロックチェーンの承認の形で打ち切られる IDVサービスが配達された後にスマートコントラクトが設定される 上記の点です。 BDMIのモジュール構造は以下の通り。 DMIと異なるのは、スマートコントラクト・適合性承認モジュールがある点です。 なぜブロックチェーンによるBDMIなのか 以上のようなBDMI導入の最大の利点は、データの収集、処理、認証のための重複作業の回避のためです。 異なる都市に配備されたDMIシステムは、集中管理されたデータの処理に重点を置いており、主に以下に示す5つのモジュールを含みます。 データ収集モジュール これはETL技術に基づいており、異なるデータ・リソースから抽出されたデータを統一フォーマットに変換し、中央サイトにアップロードすることができます。既存のデータに基づくIDVは、データ収集、データ処理、分析、データ検証にかかるコストを避けることができます。 データ標準化モジュール データが収集されたら、適切に使用する前に標準化する必要があります。データ標準化モジュールでは、以下に示すように、2つのサブモジュールが重要です。 1)通信プロトコル標準化モジュール このモジュールは、異なるデータシステム間で情報をインタラクティブに伝送します。異なるシステム間で情報交換が行われる場合、モジュールは標準化された通信プロトコルによる情報の訪問と交換を実行します。 2)用語標準化モジュール 各業界には独自の用語があり異なる地域で使用されている同じ用語であっても、異なるものを指すことがあります。このモジュールは、この問題を解決し、多様なシナリオでさまざまな目的に役立つデータアプリケーションの基盤を構築するために、オントロジー、NLP(自然言語処理)、AI(人工的干渉)の3つの柱に基づいています。下の表は、このモジュールで用語がどのように標準化されているかを示しています。 プライマリユーザーインデックスモジュール このモジュールは、すべての個人のすべての関連ファイルを簡単に見つけるために使用できる検索辞書を構築することです。特定の個人のすべてのPIIはID / SSNごとに収集され、モジュールはデータを時間ベースの招待ファイルとして編成します。...

TheKEY(TKY)中国産NEOプラットフォーム上のID検証(IDV)プロジェクト

  NEOプラットフォームベースのICOであるTheKEYプロジェクトは、中国産のブロックチェーンによるID認証ツールプロジェクトです。 TheKEYとは THEKEYプロジェクトチームは現在、政府当局のみが認める個人識別情報(PII)を使用して、ブロックチェーンベースの動的多次元識別(BDMI)を使用したID検証ツールを開発中です。 THEKEYは、国家ビッグデータとブロックチェーンを使用した地方自治体のアイデンティティ検証ツールです。 https://youtu.be/2__oB0B9-CA   問題点とソリューション 現実の世界からオンラインの世界へのサービスと社交の変化がますます増していくにつれ、お互いをデジタルで識別することが重要なテーマになっています。 アイデンティティ検証(IDV)技術の開発は、デジタル経済に重大な影響を及ぼす最も重要なトレンドの1つです。しかし、既存のオンラインIDV技術は、2つの基本的な要件に対処していません。オンラインIDVから生成される結果は、否定できない変更不可能なものでなければなりません。 第2世代のIDVツールを開発する THEKEYプロジェクトは現在、BDMI技術を介してインターネット用の第二世代IDVソリューションを開発中です。 BDMIは、「ブロックチェーンベースの動的複数次元識別」技術の略です。そのようなソリューションは、デジタル世界でお互いを識別するための主な要件を完全に反映しています。これは、現実世界からオンライン世界に人々を移行させるための「鍵」となります。 BDMIは、その名称として、Dynamic Multi-Dimension Identification(DMI)技術とブロックチェーン技術を相乗的に組み合わせています。 DMIはすでに開発段階を経ており、BDKEの成功を保証するための非常に確かな基礎作業を行っているTHEKEYの既存の第1世代のIDVソリューションに現在適用されています。 政府のPIIおよびブロックチェーン技術を活用することにより、IDVから生成された結果が拒否されたり改ざんされたりすることなく、既存の他のIDV製品と比較して3つの利点があります。 より信頼性の高いデータ サポートデータはリアルタイムで収集され、包括的で正確で信頼性があります。データは、政府機関または他の公共機関によって事前に検証されています。 より低いコスト 既存のデータソースをフル活用し、データの収集、処理、認証のための重複作業を回避することでコスト削減します。 ユーザーエクスペリエンスの向上 個々のユーザーがアプリケーションをインストールしたり、情報をアップロードしたりする必要はありません。 TheKEYのビジネスモデルと展望 モバイルペイメントが盛んになるにつれて、アイデンティティ検証の必要性がますます高まっています。 ケース1:保険 ブロックチェーンは、個人のライフサイクルの医療記録、財産情報、さらには両親の医療記録を記録することができます。個人の認可では、保険契約締結、保険引受、保険請求の迅速な決済まで、個人が一人で健康保険サービスを完了することができます。プロセス全体のセルフサービスおよび個人の健康データにより、保険料は大幅に削減されます。反対に、個人の医療データを共有していない被保険者にとって、保険料は増加します。 ケース2:マイクロトランザクション モバイルや銀行カードでの支払いは十分安全ではありません。そのため、将来的には、支払いの安全性は、顔認証、指紋、指静脈および虹彩による識別などの生体認証および個人行動識別に大きく依存することになると考えられています。 ケース3:個人データの商品化 個人情報は、もはやデータセンター(当局、病院、銀行、Alipayなど)に属することなく、個人認証では、個人データはブロックチェーンに格納され、スマートコントラクトと非対称暗号化システムを介して取引することができます。 すべての利害関係者(保険会社、銀行、医療機関、自動車業界、不動産業界など)は、ブロックチェーンを通じて関心のある個人データを購入することができます。  THEKEYは、以上のようなさまざまなシナリオでブロックチェーンに基づいて信頼性が高く、効率的なIDVソリューションを提供することで、ビジネス構造を変え、大きなビッグデータを生み出します。 TheKEYの展望 個人識別情報(PII)の応用と開発に焦点を当てた専門家チームであるTHEKEYは、プロジェクトの技術的および商業的テストの完了を発表しました。 チームは、業界間の大きなデータを統合するための基本となり、将来の人工知能(AI)、機械学習、ニューラルネットワークの重要なサポートとなると考えています。 スマート契約とは、特定の条件が満たされたときにコンピュータシステム上で自動的に実行できる契約のことです。 THEKEYプロジェクトの展望の1つは、このスマートコントラクトを通じて統合されたネットワーク環境でのデータトランザクションを管理し、政府、医療機関などの組織が機密情報を共有できる透明で安全な組織間ネットワークを構築することです。 これにより、ユーザーは個人データ資産を利用するのに役立ちます。個人の認可を通じて、個人は医療機関、製薬会社、保険会社と個人データを共有することで利益を得ることができますが、これらの機関は個人データに基づいてより質の高い正確な医療サービスを提供できます。 THEKEYプロジェクトは、ブロックチェーンベースのDynamic Multi-Dimension Identification(BDMI)をコアとして、独自のデジタルIDとそれに対応する公開鍵と秘密鍵をユーザに提供します。その後、ブロックチェーン上のローカル・ノードは、データの非感作およびデータ階層ルールに従ってPIIを抽出します。 機密データは暗号化され、減感したデータはサーバーに送信され、ブロックチェーンに記録されます。 製薬会社と保険会社がTHEKEYシステムを通じて要求を送信した後、ユーザーは自分の個人データに関する長期または一時的な許可を実行し、システムはスマート契約をトリガーして実装し、スマート契約します。 THEKEYチームは、長年にわたる人材や社会保障、医療業界での経験を活かして、ブロックチェーンのエコシステム系に全く新しいイメージをもたらすオンラインアイデンティティ検証ソリューションを開発してます。 (これは、THEKEYプロジェクトのスマート契約に人事・社会保障(HRSS)データが適用されるシナリオです) TheKEYのメリット アイデンティティ検証に関連する20以上のブロックチェーンベースのプロジェクトがあります。  競合プロジェクトを意識する上で欠かせない要素はどこでしょうか? どのように製品が競合他社と比較して機能するか 独自の利点を生かした独自のテクノロジーを使用しているか 最終製品なのか、それとも単なるプロトタイプなのか  ざっとこれだけの重要要素があります。 注目すべき製品の存在-第一世代IDVソリューション THEKEYは23の著作権と15の特許を持ち、2都市でテストされており、明確な勝者として、ラインナップの最前線に立っています。 THEKEYは、既存の2億1,100万人の政府データを利用できる唯一の製品です。データ収集とデータ処理にかなりの時間と労力を要しません。手元に膨大な量のデータがあるため、THEKEYは他のソリューションと比較してより信頼性の高い結果を生成することができます。 さらに、ユーザーは便利なユーザーエクスペリエンスを確保するために、アプリケーションをインストールしたり、そのテクノロジーを使用するためにデータをアップロードする必要はありません。 プロジェクトチームの背景 IDVシステムから生成された結果は変更不可能であり、チームは、個々のビッグデータの処理および開発に関する20年以上の経験を取り入れています。 現在、THEKEYは、関係当局によって認証された66都市の2億1,000万人の個人識別データをリアルタイムで接続しています。 チームは既に23件の関連する著作権を取得しており、15件の特許はSIPO(P.R.Cの知的財産局)によって承認され、アテステーションのプロセスを開始しています。 また、2017年に中国全国女性連盟(All-China Women's Federation)が中国で最も優秀な女性起業家として、Catherine Li(THEKEYの創設者兼CEO)を、「The Year of Infinential China Women of the Year」に選出しました。 この選択は、社会や国家に大きな貢献をした中国女性キャラクターの間で行われ、それぞれの業界で優れた業績を上げているか、中国外の影響力のあるメディアに注目され、大きな社会的影響をもたらしました。 ...
error: Content is protected !!