ソーシャルでつながる

837フォロワーフォロー

Latest article

Sparksterが開発している技術スタックと開発計画について

  前回ご紹介したSparkster プロジェクトですが、今回は技術的な部分について詳しく触れてみたいと思います。 主に白書が情報ソースです。 テクノロジースタックの構成要素 上記に示すSparksterテクノロジスタックは、分散型クラウドコンピューティングを促進するために特別に設計された一連の技術を表しています。 特にコア技術となるスマートソフトウェアは、スマートコントラクトの進化であり、ソフトウェア開発に関する事前知識がなく、根本的な分散アーキテクチャを構築できます。 技術要素は大きく4つに分けられるかと思います。 シャーディング 連合コンセンサスアルゴリズム 分散型取引所 Sparksterプラットフォーム   詳しく見ていきます。 シャーディング/Sharding シャーディングは、簡単にいうと、複数のノードにデータを分散化させることです。 複数のノードに渡って異なるデータを保存することで、読み取りや書き込みのパフォーマンスのための水平方向のスケーラビリティが実現します。 この技術によって、スケーラビリティを改善するためのブロックチェーンプロジェクトも増えてきました。 Ethereum  Ziliqa QuarkChain  Usechain  などなど。シャーディング技術を利用するプロジェクトもかなり増えてきましたね。しかし、この手のアイデアはユーザーに興味を持たれやすく、注目度は比較的高くなっています。 Sparkster のシャーディングの特徴 では、Sparkster のシャーディングの特徴はいくつか見てみましょう。 一貫したハッシング ハッシュ関数 あるいは要約関数とは、あるデータが与えられた場合にそのデータを代表する数値を得る操作、または、その様な数値を得るための関数のこと。ハッシュ関数から得られた数値のことを要約値やハッシュ値または単にハッシュという。  集中型コーディネーターがなく、グローバルな状態がない場合、ノードの計算は、クライアントのデータがどのセルに格納されているかを認識するのは困難です。 その解決策が一貫したハッシングというスマートなアルゴリズムです。 流れは以下です。 このアルゴリズムは、クライアントのIDをハッシュし、境界のある番号を抽出する 円上の点を表す境界を想像し、すべてのセル(ノードのクラスタ)がこの円を等距離で分割する これで、一貫したハッシングリズムを使用して、クライアントにセルを割り当て、そのセルを簡単に識別できるようになります。 最も重要なことは、どのコンピューティングノードでも、中央の機関とのやりとりや中央データベースの必要なしに、クライアントのデータがどこにあるかを個別に判断できます。 したがって、完全に分散されたネットワークを構築できます。 クラスタの分離 スパークスターのシャーディングはクラスタ分離によるハッシュの分割に基づいています。 クライアントグループごとに分散ハッシュテーブルを分割できるため、重要です。 そのうち最も重要なことは、Sparkster分散クラウドが特化したブロックチェーンであるため、1つのシャードが他のシャードを意識する必要がないことです。 実際にどのように機能するのか白書の例を参照します。 具体例-顧客が2人の場合 例えば、GE(エンジニア)とGM(マネージャー)がSparkster 分散型クラウドでソフトウェアを構築して実行したかったとします。  GEは従業員だけでなく、自身の顧客でも、GEのデータにアクセスすることは決して望まないため、GEのソフトウェアアプリケーションは自分のデータと対話する必要があります。 しかし、セルを分離することで、GEのデータに関係する分散ハッシュテーブルには、GMのデータが必要なくなり、 GE(赤いノード)の分散ハッシュテーブル(DHT)のデータを複製するピアを、GM®(黄色のノード)のデータを複製するピアから完全に分離することができるため、 結果的にGEとGMのデータを平行で処理できます。   これが、基本的にブロックチェーンのパフォーマンスが大幅に向上する方法です。 結果的に以下のようなメリットが生まれます。 並行して2つの異なるセル(この場合は2倍のスループット -  1秒あたりのトランザクション)でトランザクションを受信して​​処理できる 各セルが他のすべてのセルから隔離されているため、通信のオーバーヘッドがなくなり、セル間で一貫した分散型ハッシュテーブルを維持できる 1つのセルのパフォーマンスに影響を与えることなく、必要な数のセルを追加できる 各セルが追加されるたびにシステム全体のスループットが向上する この例は2人の顧客しかいませんが、実際には1台のセルは数千の顧客で構成されます。UberやAirbnbなどの数百万の顧客ケースがそうですね。 そのような企業は、顧客をセルに分散させることを選択し、毎秒数百万回のトランザクションでスループットの恩恵を受ける必要性が出てきます。 Sparksterの白書では、理論的には、作成できるセルの数に制限はなく、実現可能なTPSには制限がないものとしています。 ただし、制限要因として、Sparkster分散クラウドに参加できる鉱業参加者の数があります。これは、マイニングの項目で説明します。 これが、高スループットを可能にするための必須技術であり、テストネットでは高いパフォーマンスを見せました。 コンセンサスの連合/Federated Consensus コンセンサスに関しては、ビザンチン将軍問題があります。 ビザンチン将軍問題(ビザンチンしょうぐんもんだい、英語: Byzantine Generals Problem)とは、相互に通信しあう何らかのオブジェクト群において、通信および個々のオブジェクトが故障または故意によって偽の情報を伝達する可能性がある場合に、全体として正しい合意を形成できるかを問う問題である。フォールトトレラントシステムでの多数決の妥当性や分散コンピューティングの処理の妥当性に関わる問題と言え、二人の将軍問題を一般化したものと言える。 引用元 このビザンチン将軍問題を解決し、最終的に信頼できない当事者間のコンセンサスに到達するための多くの異なるアプローチが存在します。 BitcoinやEthereumの異なるコンセンサスアプローチの解決例 Bitcoinは最大のハッシング能力を持つ者を信頼しますが、EthereumはStake Proof Proofプロトコル(PoS)に依存して最もお金を持っている人を信頼します。 しかし、両者は現時点ではオフチェーン取引を使用せずに、商用アプリケーションでは実用的でないことになる大きな確認時間に苦しんでいます。 Stellar Networkが提案したFederated Byzantine Agreement System(FBAS)連合ビザンチン合意システムは、1,000回/秒のトランザクションを容易に実行できることが証明されています。 バークレイズ・アフリカのケースでは、毎秒10,000トランザクションを達成し、1時間に3,600万トランザクションを処理できると主張しています。 これは、ネットワーク全体ではなく、クォーラムスライスとして知られているネットワーク内の全参加者の一部の間でコンセンサスを形成することによって達成されます。 SparksterはStellarプロトコルのSCPを実装する コンセンサスは連合することで、パーティAはパーティBを信頼し、パーティBがトランザクションを承認すると、パーティAは必ずトランザクションを承認するため、コンセンサスに非常に早く到着します。 したがって、分散型ソフトウェア実行ネットワークのスループットとレイテンシのニーズを満たすコンセンサスアルゴリズムの作成に力を注ぐのではなく、FBASの商用実装であるステラコンセンサスプロトコル(SCP)を実装することを選択しています。 しかし注意点として、ステラールコンセンサス議定書(SCP)には、欠点があります。 良好な行動のためのインセンティブの欠如 コンセンサススライスを形成する際に信頼する人を決定するための正式な方法論の欠如 そこで、SCPのこれらの2つの制限を解決し、すべてのユーザーを正直に保つインセンティブを持つ自治ネットワークを作り、ソフトウェアの実行のための分散クラウドを生み出すことが大きな視点です。 我々は、ネットワーク上の当事者間のコンセンサスに達するためのStellar Consensus Protocol(SCP)を使用することを提案し、タスクがどのように割り当てられるかを決定するための追加のレイヤーを提案する。このレイヤーは、各参加者の収益を管理します。そうすることで、すべての関係者を誠実に保ち、ネットワーク上の攻撃のリスクを最小限に抑え、ネットワーク上の参加者が行う無駄な作業を最小限に抑えるインセンティブシステムを構築することを目指しています。 このように述べられています。 プライバシーとセキュリティ 法人顧客に代わって取引を処理するには、プライバシーとセキュリティが絶対に必要です。 プライバシーや顧客データで重要な視点としてヨーロッパが定めたデータ保護規制のGDPRがあります スパークスターはもう1つの視点を指摘しています。 企業は、EUの一般データ保護規制(GDPR)などの管轄および法的規制に拘束されることがあります。しかし、公的なブロックチェーンを採用する場合、企業がデータのプライバシーを要求する唯一の理由は法的な制限ではありません。 もう1つの理由が顧客またはサプライヤーのデータが競合他社から盗まれるのを防ぐことにあります。 そこでスパークスターは次のソリューションを採用します。 ゼロ知識証明(ZKP) 本質的に、パブリックなブロックチェーンインフラストラクチャを企業が採用するのを見るとすれば、パブリッククラウドを採用しているので、データのプライバシーが重要視されます。 プライバシーを提供するために、ゼロ知識証明(ZKP)を使用し、Sparkster分散クラウド上に保存されたすべてのデータを暗号化することを提案しています。 ゼロ知識証明(ZPK)とは ゼロ・ナレッジ・プルーフは、機密情報または特権データと相互作用している当事者の数を、検証者に特権または機密データを明らかにする必要がないトランザクションを実行することによって可能にすることによって制限するものです。 ZPKを使用すると、公開されているすべてのデータを常に暗号化した状態に保つことができます。 現在使用されているZKPのいくつかの例があります。その例の1つは、ゼロ知識暗号の一形態であるzk-SNARKを実装したZCashです。   ZCashが開発した「zk-SNARK」と呼ばれるゼロ知識証明技術によって支えられています。ZCashは、このzk-SNARKsを用いて、トランザクションのアドレスや送金額といったプライバシーにかかわる重要な情報を隠したまま、トランザクションの正当性を証明することができます。 引用元 具体例-パスフレーズの証明と確認 ペギー(紫色)がビクター(緑色)に洞窟内のドアへのパスフレーズを知っていることを証明する場合、ペギーはパスフレーズを知っていることを証明したいが、パスフレーズを明らかにしたくはありません。 ペギーはAかBのどちらかを選択する場合、この実験を20回繰り返し、ペギーが成功裏に出現するたびに、 ペギーがパスフレーズを知らなくてもこれをうまく引き出すことができる確率は、100万分の1です。 上記の例では、ペギーとビクターは、ペギーが実際にパスフレーズを知っているという十分な確信を得るために、何度も前後にやり取りする必要がありました。 しかし、ZK-SNARKは、それらが簡潔で非対話的であるという点で進化しており、証明者が証明者から検証者に送信されたただ1つのメッセージで構成されていることを意味します。さらに、これらのメッセージは非常に軽量で、通常は数百バイトにすぎず、ミリ秒単位で確認できます。   顧客の機密データがSparkster分散クラウド上で実行されたときに安全であることを保証するために、Sparksterモバイルアプリの改ざんから保護するための対策を講じなければなりません。 以下のような不正行為防止と改ざん検出のアプローチを採用しています。 アプリに署名するために使用された公開鍵を比較:実際にSparksterの開発秘密鍵で署名されたことを確認します。この比較が失敗すると、アプリが改ざんされたことがわかり、Sparkster分散クラウドに参加できなくなります。 デジタル署名と確認:ファイルの改ざんを検出できます。改ざんが検出されると、メモリ内のすべてのものが保護の問題としてアプリケーションによって直ちに削除されます。 アプリケーションファイル、ライブラリなどの暗号化:これは改ざんのリスクを大幅に制限するためです。 攻撃のリスクを制限する入力検証。 サードパーティツールによる検出:サードパーティツールを使用して、メモリ、スレッド内で実行されている悪意のあるインジェクションペイロードを検出する トークンの使用:XSRFトークンを使用した安全なPOSTを使用して、すべてのデータがデバイスに送信されるようにします。 キャッシュしない:アプリケーションデータはキャッシュされません。すべてのトランザクションは完全にメモリ内で実行されます。 データ削除:安全にデータを削除し、各トランザクションの完了後にメモリを無効にします。さらに、各トランザクション後に強制的にゴミ収集を実行します。 データの暗号化:デバイスとの間でやりとりされるすべてのデータは暗号化されます SSL/TLS保護:デバイス間のすべての通信がSSL / TLSで保護されるようにします。 インセンティブ:取引がどの顧客に属しているかの知識をなくし、アプリケーションをハッキングしてデータを掘り起こすインセンティブ マイニングインセンティブ インセンティブ制度は重要な要素であり、従来のクラウドコンピューティングよりも大幅に安価な分散型クラウドを提供するには、参加者に支払う必要があります。 SCPコンセンサスには適切なインセンティブ制度がない スパークスターが採用しているステラーコンセンサス議定書(SCP)には、広い範囲で使用するためには取り組まなければならない限界があります。 SCPは参加者を正直に保つインセンティブ制度がなく、合意形成の際に誰を信頼するかを決定する解決策を提示していない ためです。 したがって、十分なネットワーク参加を確保するためには、インセンティブのシステムが必要です。Sparksterのインセンティブシステムは独特です。 スパークスターでは、参加者が自らのリソースの使用料金をどれくらい支払うべきかを独立して決定する自由市場を設計している(Sparksterマーケットプレイス) 参加者にネットワーク上の参加者を適切に行動させる仕組みを提供する(付加的な正の副作用) 具体的には以下の機能があります。 Compute(計算)ノードとStorage(ストレージ)ノードによる貢献度評価 ComputeノードとStorageノードは、SPARKトークンでネットワークへの貢献度を評価します。 ノードを計算することで、有料クライアントの代わりにソフトウェアコンポーネントをリモートで実行する目的で、モバイル、タブレット、ノートブックのCPUとメモリが提供される ストレージノードは、有料クライアントに代わって暗号化されたデータを格納および検索する目的で、ストレージスペースとネットワーク帯域幅を提供する このような形で、クライアントは、ソフトウェアの実行とデータの格納のためにネットワーク参加者にインセンティブを支払います。 Sparkster分散クラウドのComputeノードでは、動作あたりの限界コストはごくわずかですが、AmazonやMicrosoftなどの従来のクラウドコンピューティングよりも大幅に安価なクライアントのコストをすばやく収束させます。 これにより、クライアントはSparkster分散クラウドを採用する大きなインセンティブとなり、ネットワーク負荷の増大に伴いネットワーク参加者に利益をもたらします。 その他の機能です。  デバイス使用のための機能ごとの価格操作設定 デバイス所有者は、デバイスの使用のために、「機能ごとの価格操作」を設定することができます。 各ステートメントまたはアクションには、デバイス所有者によって設定されたこの「機能ごとの価格操作」が請求されます。 したがって、多くの操作で定義された関数は、ほんの少数の操作しかないものよりも実行にコストがかかります。 このシステムが必要な理由は、クライアントによって定義された機能の中で、永遠に実行される操作、つまり無限ループとも呼ばれる操作を作成するための阻害要因を提供することです。 ガス制限と関数 最大「ガス制限」が設定されており、これは、機能が合法的に実行できる操作の最大数です。 関数がこの制限に達すると、関数の実行は自動的に終了します。 これは、関数が正しく設計されていること、すなわち小さな実行単位を保証し、無限ループがネットワークの可用性に影響を与えないことを保証するために必要です。 この価格は、クライアントまたは顧客に代わって機能を実行するためにノードが選択されるたびに、機能ごとにデバイスがどれだけ報酬を受け取るかを管理します。 鉱山者は自由に自らの価格を設定することができ、顧客はどれくらいの支払いを自由に選ぶことができます。 インセンティブの配分方法 執行への作業の配分は、ステークの確率分布によって支配されます。   Stakeの証明は、ComputeノードとStorageノードがネットワーク上で正直に動作するようにインセンティブを与えるために使用されます。 不正行為は、そのような誤動作を検出する検証ノードによってこのステークが押収される結果になります。 具体例ー検証ノード 例えば、ノードがタスクを実行したと主張し、実際にはそうではないと主張する場合、それらのステークは検証ノードによって取得される。したがって、コンピューティングノードとストレージノードの両方が正直に動作するように強いインセンティブがあります。 ここでは、検証ノードに対する自然なインセンティブが存在する。彼らは、悪意のある行動をする人々からステークを奪い取ろうと、ネットワークを監査する。 コンピューティングノードとストレージノードはステークに比例した収入を得ていますが、検証ノードは実行している作業、つまりトランザクションの検証に比例した収入を得ます。 ここでは、Bitcoinの場合のように無駄な努力の代わりに、Sparkster分散クラウドの検証ノードが有用な作業証明を実行します。 検出ノードがその報酬を受け取るためには、検証ノードの定足数が必要であり、これらの参加者は、共謀のリスクを避けるためにランダムに選択されます。トークンを持たない人にとっては、CPUとメモリの使用から利益を得て、検証ノードとしてSparkster分散クラウドに参加することができます。   保存期間の選択 クライアントは、データをSparkster分散クラウドに保存する期間を選択することができます。この時間枠が経過すると、検証ノードはデータの永続性を検証しなくなり、ストレージノードは自由にステークを失うことなくこのデータを削除することができます。価格設定は、ストレージノードの所有者がレコードを月単位で個別に設定します。 ストレージノード参加者の信頼性をさらに高めるために、これらの参加者はストレージ契約のために一括して支払われません。むしろ、彼らはパフォーマンスベースで支払われます。 すなわち、彼らは1週間前のデータの保管のために毎週報酬を受けることができます。 分散型の取引/Decentralized...

SparkSter(スパークスター),100倍高速な分散型クラウドを構築するICOプロジェクト

  はじめに 今回ご紹介するのは、新たなブロックチェーンサービスのICOプロジェクトです。 最近特に多い分野で増えてきたのが、スケーラビリティ改善のプロジェクトですが、 技術も進歩しており、様々な解決策(ライトニングネットワーク、シャーディング、DAGなど)が出てきているため、こうした技術を採用または応用するものも増えてきました。 Ethereumが現在シャーディングに積極的に取り組んでいる中で、ZiliqaやQuarkChain などの有望なプロジェクトも誕生しています。 今回ご紹介するのはこれらよりもはるかに高いスループットを実現して主にクラウドにおいて無限のスケーラビリティ提供することを提唱したプロジェクトになります。 今回は、白書の内容から噛み砕いて、簡単にレビューしたいと思います。 全体概要-Sparksterとは? スパークスタープロジェクトは、スマート・ソフトウェア用の世界最速の分散クラウドを構築するプロジェクトです。 往来のクラウドコンピューティングに代わるものとして特別に設計された分散型のブロックチェーンで、1秒間に何千万ものトランザクションを実行します。 大きな特徴として、コードを書かずにソフトウェアを構築できるようにすることで、ユーザーのアイデアを現実のものにすることを可能にします。その後、1000万台以上のTPSをサポートできる(予定)特別なブロックチェーンであるSparkster 分散型クラウドでそのソフトウェアを実行できます。 プラットフォームの大きな特徴 同社は、従来のソフトウェア開発よりも100倍高速で安価なプラットフォームを開発しています。 クラウド界に混乱を起こす まず、Sparksterの革新的なクラウドソリューションは、AWS(登録商標)、Microsoft(登録商標)、Google(登録商標)およびIBM(登録商標)のような集中型クラウドプロバイダによって設定された2億ドル市場規模のクラウドコンピューティング産業に混乱を起こすことに起因します。 ソフトウェア開発に関して問題点としてあるのが以下の点です。 参入障壁(開発の複雑さによる) 高い費用 スパークスターでは、これらを改善することに視点を当てています。  IoTと分散型クラウド 市場参加者によると、IOT業界は2025年までに20兆ドルの機会を抱えています。 https://hackernoon.com/how-iot-is-fueling-industrial-digitalization-a128ca8a5c7d 上の記事はハッカソンのレポートですが、この記事によれば 2020年までに、専門家は世界に500億以上の接続デバイスがあると予測しています。 最近のある研究では、米国の製造業者の約35%が、工場、物流および/または最終製品のスマートセンサーからの何らかの収集データをすでに使用していると推定しています。 この報告書では、北米の工業企業の200人を対象に行った調査では、 企業のビジネスインテリジェンスのためにIoTデータを使用する可能性が高く、サービスレベルの合意に対してパフォーマンスを監視する可能性が3倍もありました。また、企業資産管理ソフトウェアのIoTデータにアクセスする方法の可能性が4倍以上あり、資産価値管理ソフトウェアでIoTデータにアクセスする可能性は2倍でした。 IoTはデジタル産業には欠かせないものであり、以下の要件があります。 人材確保の需要性 特定のプロジェクトに視点を当てる セキュリティリスクとコントロール 人材確保の次に、第2の優先順位としてあるのが、特定のプロジェクトに焦点を当てることです。IoTの主な欠点は、それがほとんどすべてに適用できる点であり、一度に多くの問題に取り組もうとするのではなく、すぐに運用上または安全上の問題に取り組むためのソリューションを選択するか、投資収益率が最大になるソリューションを選択する必要があります。 さらに適切なセキュリティプロトコルがないと、ハッキングや悪用のリスクが非常に高くなる可能性があります。企業がIoTの技術に投資した結果、繁栄したい場合、工場の枠を越えてデータを共有できることは絶対に不可欠です。 この変革技術は、既存のビジネスプロセスとテクノロジーが物理的な世界のデバイスから情報を取り込むように設計されておらず、これらのビジネスプロセスを実行したりすることができます。 したがってIoTが未来の分散型クラウドであるとの声もあります。 大幅なコスト削減 コスト削減は、構築に要した時間を大幅に短縮し、ソフトウェアを改良し、ソフトウェアを実行するコストを削減することによって達成されます。 1ノードあたりではなく、1トランザクションごとのコストに移行する これは、コスト削減のためのソリューションです。 AmazonやMicrosoftなどの従来の集中型クラウドプロバイダは、クラウドサーバを、クラウドサーバごとに予測可能なコストで追加しますが、1ノードあたりのコストです。 一方でスパークスターでは、1トランザクションあたりのコストに移行することで、企業はバックミラーを見ながら需要の急増を予測したり、将来の需要に対応したりせずにソフトウェアを実行できます。 これによって、分散型ネットワーク上のSparksterプラットフォームで定義されたソフトウェアを実行することにより、アプリケーションを大規模に実行するコストを大幅に削減できます。 革新的なツールを使用して、従来のアプリケーション開発と比べて100分の1の時間でアプリケーションを構築できることを実証しました。さらに、特殊なプログラミング言語の知識が不要なので、熟練ソフトウェア開発者を使用するコストを大幅に削減することができます シンプルで直感的なユーザーインターフェース ユーザーインターフェースはアプリ開発にとっては重要な要素であり、多くのブロックチェーンがその向上に専念します。 スパークスターでは、我々ユーザーは自身のアイデアを、簡潔に実現できます。 No-learning : 学ぶ必要なし No-code : コードを書く必要なし Fast : わずかなクリックで数分で実行できる Drag&Drop : 項目をドラッグして、ドロップするだけ 何も学ぶことなく、わずかなクリックで、さらに短時間で完全なソフトウェアにドラッグアンドドロップできます。 ドラッグ&ドロップの様子 さらにSparkster プラットフォームを使用すると、簡単な英語のブロックをドラッグアンドドロップするだけで、コードを書くことなくソフトウェアを構築できます。 ソフトウェア開発の大きな障壁を取り除くことで、可能性が広がり、さらなる野心に繋がります。 アイデアを販売するためのマーケットプレイス   アイデアを持つユーザーは、Sparkster Marketplaceで販売できます。 例えば、革新的な作家は、他の人が使用するために高レベルの作品を公開することができるだけでなく、マーケットプレイスにおいて作品を販売することによってインセンティブを得ることができます。 ユーザーのエンゲージメントを向上させる プラットフォームにユーザーが提供する価値が指数関数的に増加するモデルを提示する より高いレベルのコンストラクトの消費者は、新しいビジネスを生み出す 公表する意思のある人に収益創出の機会を提供するアプリケーションにそれらを組み込む このアイデアを売ることに加えて、将来的には、無コードのプラットフォームで構築されたソフトウェアの分散実行を促進することを目指しているようです。 これらの機能を実行するために必要なのが、今回トークン販売で購入できるSPARKトークンでもあります。 このマーケットプレイスのおかげで、我々は顧客やファンを探して、解決策提示して、持続的にインセンティブを貰ったり、与えることができます。 分散型のクラウドである ブロックチェーンを利用する利点の1つが分散型であることです。 Amazon、Microsoft®、Google®などの従来の集中型のクラウドプロバイダは、物理的なサーバーコスト、バックアップ電源、管理スタッフ、物理的なセキュリティ、冷却などの避けられないオーバーヘッドが存在しますので その分費用も高くなります。 クラウドコンピューティングを分散化させることで、これらのオーバーヘッドを削減できます。 スパークスターの分散型プラットフォームはさらなる利点もあり、 モバイルデバイス上で小さなソフトウェアコンポーネントを実行することはコストが比較的ゼロであるため、Sparkster分散クラウドプラットフォームに参加する鉱夫が増えるほど安くなります。 分散型のクラウドコンピューティングの未来の形と言えるでしょう。   ウイルス性の成長とネットワーク効果 Sparksterプラットフォームは個人向けに自由に使用できますが、取引数量の制限が設けられています。 個人的な使用制限の増加は、友人を私たちのプラットフォームに紹介することによって達成することができるようになっているため、ウイルス的なマーケティング効果が期待できます。 これはUberのフリーライドやDropboxのストレージスペースの増加と同様です。 さらに、ネットワーク効果に関しては、基本的な要素ではなく、高いレベルの構成要素(すなわち販売税計算機)を作成する重要な機会を提供しています。 これによって、コミュニティが、他のメンバーによって利用されることで、高レベルのアプリケーションを構築できます。  規模と収益拡大戦略 スケーリングと収益性の拡大なために戦略を提示しています。 Sparksterは自らのプラットフォームを個人的な容量で自由に使用できるようにします。 これは月に一定のトランザクション数に制限されますが、個人的な容量では、他のユーザーをプラットフォームに紹介することによってこの制限を解除することができます。 したがって、 プラットフォームの商用利用は、ユーザーライセンス、取引手数料、デバイス料金、ストレージ費用などの形で進行中の手数料の対象となります。 ユーザーを関与させ、フィードバックを聞くことでコミュニティ構築にも役立つと考えています。 技術要素-ビジョン達成のためのコア技術 プラットフォームの特徴で少し触れましたが、コスト削減と、高スループットのために様々な技術を採用します。   簡単に説明してますが、詳しくはこちらの記事を参照ください。 https://bab-global.net/ico/sparkster-dev   ゼロ知識証明に基づくプライバシーセキュリティ技術 Sparkster分散クラウドに格納されアクセスされたデータは、トランザクション・フラグメントに分解され、暗号化され、ノード・ネットワーク全体に分散されます。 Sparksterパブリックブロックチェーンから観測されたデータが意味のある値になることを防ぎます。 Sparksterの分散化クラウド、もともとZcashによって委託されたzk-SNARKを実装しており、他のネットワーク参加者からのクライアントデータも難読化されていないことを保証しています。 Zcashの強力なプライバシー保証は、Zcashのシールドされたトランザクションがブロックチェーン上で完全に暗号化され、zk-SNARKプルーフを使用してネットワークのコンセンサスルールの下で有効であると検証されるという事実に由来します。 エンタープライズ向けの自律的水平スケーリングによるハイスループットシステム スループットを高める技術として水平スケーリングがありますが、Horizontal scalabilityといいます。 水平スケーラビリティとは 水平スケーラビリティは複数のハードウェアまたはソフトウェアエンティティを接続して単一の論理単位として機能させることによって、容量を増やす能力であり、サーバーがクラスタ化されると、元のサーバーは水平方向にスケールアウトされます。 容量を即時に拡大できる いくつのエンティティが正常に接続できるかによってのみ制限される     Sparkster分散クラウドは、スマートソフトウェアの実行にのみ使用できる特殊なブロックチェーンとして設計されているため、他のブロックチェーンに課せられた制約のいくつかを排除できます。 Quarkchainも水平スケーラビリティに基づいてクロスシャード技術を用いていますが、   クライアントが自社のデータを非公開にしたいと考えると、グローバルステートを維持する必要性を排除することができます。 スパークスターの場合は、クライアントグループごとに分散ハッシュテーブルを分割できることが、重要です。 前述した通り、Sparkster分散クラウドが特化したブロックチェーンであるため、1つのシャードが他のシャードを意識する必要がないことです。 具体的には、ハイスループットシステムを構築する上で重要な要素であるクライアントの分離が行われている点です。 白書では、ひとの細胞分裂のような仕組みが例として取り上げられており、細胞は成熟巣につれて分裂しますが、これと同様に、ノードのブロックチェーンクラスタをセル/細胞と考えます。 特定の細胞(クラスタ)内に十分な数のノードが存在する場合に、細胞分裂を誘導することができます。 例えば、クラスのノード間で毎秒1,000トランザクションの場合、細胞分裂が誘導されると、取引レートは2倍になって1秒あたり2,000回の取引になります。同様に、十分なノードがあれば細胞分裂を続けることができ、制限速度なしに直線的に増加させることができます。 さらに1つ1つのセルは、他のセルと完全に隔離されているため、継続的な細胞分裂に伴うパフォーマンス上のペナルティまたはオーバーヘッドは無くなります。 このノードクラスタの分離は、高スループットシステムを構築するための基本原則の1つです。 この分離にの特性より、並列性と並行性がもたらされますが、オーバーヘッドを抑制するパフォーマンスはありません。 クラウドの原則に基づいて設計され、管理され監視されたDockerコンテナを使用することで、プラットフォームは自律的に水平にスケーリングされ、ユーザーやデバイスからの無制限のスループットをサポートします。 エンタープライズグレードのセキュリティ プラットフォームのコアセキュリティは、すべての相互作用とOAUTH 2.0の認証の間にAES 256ビットの暗号化を実装して、ソフトウェア設計やアーキテクチャー意識の必要性に関わらずエンタープライズグレードのソフトウェアを生成します。 そのほかにも以下の侵入を検出するセキュリティ層があります。 コードインジェクション、スレッドハイジャック、メモリ改ざんなどの不正操作を検出するSparkster 分散型マイニングアプリ 一度検出されると、Sparksterネットワークへのアクセスキーとともに、すべてのクライアントデータがメモリから即座に削除されます。 マルチチェーン相互運用性 マルチチェーンもサポートします。 Sparksterプラットフォームで設計されたソフトウェアは、今日のEthereumおよびIOTAとネイティブに相互作用できます。将来的には、NEO、Cardano、Stellerなどの新興通貨をサポートします。 透明的なアーキテクチャ Sparkster分散クラウドは、すべての配管を抽象化して、達成したいことだけに集中し、最も理にかなった環境を選択する柔軟性を提供します。 Sparkster Platformによって生成されるソフトウェアは、アーキテクチャ上独立しているため、Sparksterプラットフォームで生成されたソフトウェアは、Sparkster分散クラウドのアーキテクチャと互換性があります。クライアントはソフトウェアをどこで実行するかを選択します。しかし、長期的には、Sparkster分散クラウドはSparkster Platformよりも実行環境としてはるかに安いことが証明されます。 視覚的な設計、簡単な英語定義と配置 既存の手作業または紙ベースのプロセスや厄介なスプレッドシートを、数カ月ではなく数分で社内で構築できるカスタムソフトウェアアプリケーションに置き換えることができます。 アプリケーションを視覚的に設計でき、すべてのビジネスロジックを簡単な英語で定義できます。 また、単一のボタンをクリックするだけで配置を行うことができます。 ビジネスプロセスを改善する力とツールを提供し、組織に有意義なプラスのインパクトをもたらします。 自動化 ペーパーレスでGoogleのプラットフォームを使用して、最も平凡なタスク用のアプリケーションを数分で構築できます。コードを作成する必要はありません。ただドラッグアンドドロップするだけで、あなたの予定リストが完全に変換されます。 これは2018年ないに行われ、Sparksterは、日々のプロセスを合理化し、自動化し、より大きな画像の開発を可能にします。不必要な書類は30分以内に永久に排除できます。購入注文は簡単に行えます。   トークン経済 トークン 様々なメリットをもたらします。 企業はSPARKトークンを使用して取引を行い、鉱夫はSPARKトークンと引き換えに自社のデバイスをSparkster分散クラウドのリソースとして利用できるようにします。 Sparkster Platformで生成されるソフトウェアは、大量の分散アプリケーション向けに特別に設計されています。水平方向にスケーラブルで、ストリーミングパイプラインを実装するプラットフォームは、IOTおよびAI環境の激しい要求をサポートするように設計されています。 ビジネスモデル-2つの大きな視点 当社は、成長の可能性の評価とそのような垂直市場がコミュニティに貢献する可能性のある価値に基づいて、特定の垂直市場向けのターゲットを絞ったソリューションを開発しています。 以下の2つの垂直市場です: IOT(Internet of...

Xbrick取引所の登録方法、XBCトークン購入方法、エアードロップについて

  XBrick とは? 大きな特徴としてはダイナミックな流動性エンジンが搭載された取引所であることです。 詳しくはこちらの記事で メリットとしては、 バージョン1.0が稼働している 新規取引所バージョン2.0のトークンが獲得できる トークンは割引機能があるため取引所の活性化とともに需要が上がる 点が考えられます。 登録方法 プラットフォームの1.0版が機能しており、ウェブサイトは以下のような感じ。現在日本語、中国語、英語に対応しています。 登録はこちらからできます。 Xbrick登録 登録ページに移りますので、以下の情報を入力します。 メール認証コードを入力します。 登録はひとまず完了です。 登録後やること 個人認証 セキュリティ設定 セキュリティ実行 ログインパスワード変更 トレードパスワード変更 ログイン履歴 api設定 まずは個人認証をする必要があります。 以下の個人情報を提出します。 次に、パスポートなどの資料を提出します。 セキュリティ設定から以下三項目を設定できます。全て行いましょう。 トレードパスワードはログインパスワードとは異なる強いパスワード設定を推奨します。Google2段階認証も必ず設定しておきましょう。 セキュリティ設定をしましたら、実行確認します。 ログインパスワードは必要に応じて変更できます。そのつど変更することを推奨します。 トレードパスワードも変更できます     紹介プログラム 紹介プログラムでは、紹介者の取引から半年間50%の利益がもらえます。 是非、この機会に紹介してください。 取り扱い通貨 バージョン1.0では、以下の通貨が取引可能です。 ETHペア     AE BTO BTS CAN DBTC EOS HLC HOT SEER SMTH MBTCペア AE BTS CAN EOS ETH XAS BTCNYペア ETH MBTC USDT ETH MBTC 最近ICOから7倍近くまで高騰したHoloのようなマイナー通貨も取り扱ってるので、Wowooが上場したbit-zのように有名通貨がいち早く上場すると、取引所の活性化につながる可能性があります。   アンドロイド、iPhone版のアプリもある 入出金およびトークン購入方法 トークン購入の前に資産をデポジットする必要があります。 ダッシュボードからAssetをクリックします。 Real name verificationを行う必要があります。 デポジットタブをクリックすると、通貨一覧が出ますので、この場合はETHを入金します。 アドレスを生成したら、そちらに送金してください。 トークンセールページについて Xbrickでは複数のトークンセールをサポートしています。   activeをクリックすると、開催中のトークンセールに参加できます。 XbrickのXBCプレセールです.   Buy Nowをクリックします。 Confirm&Acceptをクリックします。 Buy Productから購入できます エアードロップも開催中 エアードロップポータルのiXBCから参加できます。 はじめに携帯認証が必要で、続いてパスワード設定します。   タスクは③項目 友人紹介 テレグラム参加:20XBC KYC完了:50XBC トレーダーのためのXBCトークンエアードロップも開始 上記のエアードロップに加えてXBrickでトレードすることで、無料のXBCトークンを手に入れることもできます。(期間限定) 以下の要素に依存します。 1.イベント中のすべての取引セクションにおける各ユーザーのトランザクションの累積量。USDTとして計算されます。 2.イベント後の99USDT毎にエアドロップ1XBC 3. 2018年5月17日19:00から2018年5月27日19:00まで(GMT + 8)、すべての取引セクションで累積取引量が上位20に達したKYCのユーザーXBrick.comに以下の賞が授与されます: 1位:100,000 XBC 2位:50,000 XBC 3位:25,000 XBC 4位-5位:10,000 XBC 6〜10位:6,000 XBC 11〜15位:2,000 XBC 16〜20位:888 XBC 取引活性化キャンペーンですね。 まとめ Xbrickプロジェクトはオーストラリアのチームですが、binanceやhuobi okexのような自社トークン割引を利用しています。 XBCトークンは現在、プレセールで購入でき、プラットフォームv1.0ではマイナー通貨も取引が可能です。 最近では、BTO HOTなどのICOトークンも早々に上場しており、有望銘柄のトークンの取り扱いが早期に行われるとユーザーも増えてくるかと思います。 早いタイミングですので、開設しておいても損はないかと思います。 関連リンク 公式サイト 白書 twitter facebook telegram Author BABbit43 For...
error: Content is protected !!