ホーム ICO Medical/Healthcare(医療/ヘルスケア)

Medical/Healthcare(医療/ヘルスケア)

【ICOレビュー】Shivom-ブロックチェーン、人工知能、機械学習による次世代のゲノミクスとヘルスケア

  Shivomは、アイデンティティを保護し、医療をパーソナライズし、人生を変えることによって、ブロックチェーン技術を通じてゲノミクスの次世代に力を入れています。 焦点は、グローバルなスケーラビリティを備えた安全でパーソナライズされた医療を可能にする、ブロックチェーン、人工知能および機械学習を伴うOMICSテクノロジーの変革的なコンバージェンスです。 Shivomプロジェクトの全体概要 シボムは、ブロックチェイン、ゲノムDNAシークエンシング、人工知能および暗号を組み合わせて安全かつパーソナライズされた医薬品を供給することにより、世界最大のゲノムおよび健康データハブを構築しています。  特徴は以下です。 誰もがゲノムをシーケンシングして安全に保存できる エコシステムはプロバイダーが先進的なデータ分析と一緒にアプリやサービスを追加できるオープンなウェブ市場を提供する SHIVOMプラットフォームは、コラボレーションと完全性の原則に基づいており、人々がゲノミクスや健康データを所有、管理、収益化することができる グローバル・ヘルスケアの生態系を構築するにあたり、これまで利用できなかった低所得国や低所得国にも到達する 同社のソリューションは、個人、非営利団体、政府、営利団体に共通の価値を創造する トップデベロッパーおよびヘルスケア組織と提携しており、テクノロジー企業および大手製薬会社は、独自のゲノミクスおよびヘルスケアのアプローチを活用するために既に並んでいる Shivomの規模が拡大しグローバル化するにつれ、すでに多くのパートナーシップを開発中である このプラットフォームは、ドナーのDNAデータを保護し、安全にし、収益化し、精密な医学とヘルスケアを推進するために、ブロックチェーン技術を活用する方法を真に先駆けている プラットフォームおよびエコシステムの特徴 Shivomはブロックチェーン上にゲノミクス生態系を作り出しています。ヘルスケアプロバイダーがゲノムデータ分析とパーソナライズド・メディケーションとともに、アプリやサービスを追加できるオープンマーケットを提供します。 ゲノムデータを利用可能な情報に変換する データサイロを分解する 臨床試験の迅速化 医薬品の研究開発を促進する 関連するデータにアクセスするためのプロジェクトの後援 採用技術 ブロックチェーン ブロックチェーンテクノロジは、患者の同意、不明なデータ所有権、データ整合性、ユーザー認証などのほとんどの信頼問題に対処するのに理想的です。複雑なデータ権限管理とスマートな契約を使用したきめ細かなアクセスが可能です。 最先端のブロックチェイン技術を使用することで、データセキュリティの向上、データ共有の容易化、患者エンゲージメントの向上、品質に関する大規模なデータ分析、強化された研究開発プロセス、人工知能に基づく診断がすべての参加者に提供されます。私たちのビジョンは、Shivomが地球上で最大のゲノムデータハブになることです。そうすることで、この新しい大規模な生態系は、個人、非営利団体、政府、営利団体の価値を創造します。 公開鍵暗号: 暗号鍵生成器は、非対称鍵アルゴリズムによる使用に適した一対の鍵の生成を開始するために使用される。公開鍵を使用して誰でもデータ(例えば私的ゲノムまたは健康データ)を暗号化することができるが、患者の同意が解読され、ゲノムデータへのアクセスが可能になった後に、例えば、研究者または患者の医師、は利用できるようになります。 レコードの保存とデータの保存とアクセス(クラウドに格納されアクセスされるデータのための安全で分散化された仮名ファイル構造)の普遍的なモデルの形でのブロックチェーン技術は、工業化された次の段階に移行するために必要な技術です。 ゲノム配列決定でShivomはこの現実作りに向けて取り組んでいます。私たちは、データセキュリティと暗号化の最前線を目指しています。私たちのチームは、主要な暗号化技術者と密接に協力して、地方分権のためのブロックチェーンを超えたセキュリティレベルをプラットフォームに追加しています。 マルチレベル暗号化: セキュリティとプライバシーをITプラットフォームの設計(予防措置)に統合することは、開発されたビジネスソリューションの追加として認識するのではなく、必要です。  例えば、次のようなセキュリティとデータの出所がいくつかあります。 取引の全当事者に対するセキュリティは、ソリューションの所有者とそのユーザーに厳密に必要とされ、交渉されていない限り、ユーザーの記憶された情報は物理的なアイデンティティに直接帰されるべきではない  プラットフォームを使用するサービスプロバイダは、ユーザの身元について知らされずに有効なユーザ情報のみを受信します また、詐欺行為(例えば、他者からのデータのアップロード)を試みるなど、プレイルールに従わないユーザーを特定することを可能にする、いわゆる義務証明を実装するためのアルゴリズムに取り組む予定です。 要約すると、高度なブロックチェーンベースのアーキテクチャは、以下を可能にすることを目的としています: ユーザーの必要な医療情報のみが開示されること ユーザーの明示的な制御下で開示されること ユーザーはユーザが厳密に必要/望む場合を除いて識別される これにより、Shivomは世界で最も安全で、最も堅牢なヘルスケアとゲノムデータ記録およびストレージインフラストラクチャとなり、ヘルスケアシステム全体で共同研究開発と精密医療が可能になります。 機械学習や人工知能 遺伝子コードには、間違った手で抱かれていると妥協する可能性がある、複数の種類の機密データが埋め込まれています。そのため、Shivomデータベースは、プライバシー、セキュリティ、透過性を保証する最先端の暗号技術などの技術を使用し、ブロックチェーンはデータの完全性とストレージへの非集中的なアプローチを保証します。ブロックチェーン技術を使用すると、従来のデータベースシステムと比較して、現在のところ、ハッキングする実行可能な方法はありません。 ロードマップ 2018年4月 プロジェクトガイア始動 医療センター提携 プラットフォームのアルファ版リリース 2018年Q3-Q4 データ分析会社と提携 製薬会社と提携 世界規模拡大 ゲノミクスサービス開始 2019年Q1 AIプラットフォーム統合 トークンについて トークンセールは4月16日からですが、プラベートセールが行われています。 トークン:OMX 1 ETH = 7000 OMX プラットフォーム:イーサリアム 受け入れ:ETH、BTC、フィアット ソフトキャップ:15,000 ETH 硬質キャップ:75,000 ETH 国:マン島 ホワイトリスト/ KYC:KYC&ホワイトリスト 制限されたエリア:アメリカ合衆国   市場分析 近年、ブロックチェーン技術は数多くの業界を変革し、一般の人々がその利益を受け入れるにつれて、さらに革命を起こす可能性があります。 医療業界へのブロックチェーンの導入 医療業界でもブロックチェーンの可能性は絶大です。 ビットコインなどの仮想通貨を支える技術を、医療に応用しようという機運が高まっており、ブロックチェーンと呼ばれる技術がまさにそれです。電子カルテやPersonal Health Record(PHR)などの医療・健康情報記録をさまざまな医療機関で共有できるようにする仕組みのほか、医薬品のサプライチェーン管理、医療従事者の資格認定など、期待される用途は幅広いです。 データの正確な記録 それに基づく認証、安全な情報共有 低コストでのシステム運用 など、ブロックチェーンは医療分野で求められる要件の多くを満たすため、これまで、正確性や安全性を保証するプロセスに多くの手間やコストを要していた医療業務を、システムに委ねることで効率的で安全にこなせる仕組みが期待されています。フットワーク軽く、さまざまな情報連携の仕組みを構築していくことを可能にします。 「おそらくいまは、ヘルスケアのデータ共有にまったく新しい手法で取り組める歴史的なチャンスです」   と語るのは、ボストンにあるベス・イスラエル・ディーコネス・メディカルセンター(BIDMC)の最高情報責任者(CIO)であるジョン・ハラムカです。   DNAシーケンシングの新傾向 個人のDNAシーケンシングが普及するにつれて、各企業がこのデータから個々の利益を最大化するように見えるにつれて、データはサイロ化されています。 また、DNAシーケンシングのコストは大幅に下落しており、2010年までには、$ 100未満のため、人の全ゲノムを生成することが可能になることが予想されます。     先にさらに見ると、ゲノム解析サービス のために劇的に低いコストが表示されます。これは、世界中のほぼすべての個人にパーソナライズされ た医療洞察にアクセスできるようになります。   最近、2017年1月に、世界をリードするシーケンシング ・プロバイダーイルミナは、会社の報告書として、最終的に$ 100未満のコストで全ゲノムを提供できる新しいシーケンサー、NovaSeqを発表しました。   地球規模でのパーソナライズと精度医療へのアクセスのための新たな夜明けを提示しており、技術の進歩は急速に発展しています。   医療業界における人工知能市場の拡大   さらに、IBMは、医療分野における人工知能市場が数年で2000億ドルに達すると予測しています。 競合分析 ブロックチェーンによる医療またはヘルスケアソリューションのプロジェクトは近年増加傾向にあり、昨年、今年だけでも数十以上が誕生しています。 Shivomの他に中でも有力なプロジェクトとして期待されているのが次です。 Luna DNA ブロックチェーンによって強化され、そのコミュニティが所有する最初の唯一のゲノムおよび医学研究データベースです。Luna DNAは、Public Benefit Corporationによって、コミュニティや医学研究のより良い利益のためにゲノム情報を所有して共有することができます。同社はカリフォルニア州サンディエゴに本拠を置き、2017年に設立されました。ルナDNAには、イルミナの退役軍人、業界の学者、財務幹部など、堅実な経営幹部チームと諮問委員会が含まれています。元イルミナ・ボブ・ケインの最高技術責任者(CIO)がCEOと共同設立者を務めています   MedicalChain Medicalchainは医療データの安全で迅速な利用を可能にする分散プラットフォームです。患者の健康記録を保存し、患者のデータの統一バージョンを維持するためにブロックチェーン技術を利用します。Medicalchainは医師、病院、研究所、薬剤師、保険会社などのさまざまな医療機関が医療記録にアクセスして対話することを可能にします。各対話は監視可能、透明で、安全にMedicalchainの元帳にトランザクションとして記録されます。 MediChain MediChainは患者に自分の医療データの所有権を与えます。 MediChainは、患者の医療データのための分散元帳です。 患者は安全な方法で自分のデータを保管することができ、支払人ネットワークやEMR(Electronic Medical Record)に関係なく、どこにいても専門家にアクセスすることができます。 SolveCare 保険会社、政府機関、病院、プロバイダーネットワーク、雇用者、給付管理者は、独自のケア管理ネットワークを構築できます SimpleVital health HealthNexus、私たちのブロックチェーンエコシステムは価値ベースケアのための燃料です。...

Dentacoin(デンタコイン)の最新アップデート情報。EU企業の決済手段に?

  こんちには。今回はdentacoin(デンタコイン)に関してです。ICOが開始しており、すでに上場もしていますが新たに更新情報が発表されましたので共有します。 Dentacoin(デンタコイン)とは? Dentacoin 財団は、2017年第1四半期に設立された組織で、現在の歯科医療の品質面、信頼面、そして収入面に着目して今回ICOで様々なソリューションを提供します。 Dentacoin財団は、歯科業界、金融、マーケティング、ブロックチェーン、保険、銀行部門から数百人を集め、当社のプラットフォームを開発するために協力しています。 詳しくはこちらの記事を確認ください。 https://bab-global.net/ico/dentacoin/dentacoin そして、いくつかニュースです。 EU企業のCruisAIDerが決済手段としてDentacoinを受け入れる これは大きなニュースです。 ドイツ、オーストリア、スイスの歯科医院のデジタル化を専門とするヨーロッパの企業CruisAIDerは、Dentacoinを自社製品のPowercart for Intra-Oralスキャンの支払い手段として受け入れています。 「2017年10月9日(月)現在、CruisAIDerはPowercartの支払いとしてDentacoinを受け付けていますが、Dentacoin技術をCruisAIDerのワークフロー、製品、サービスに統合するための他の方法と可能性を検討しています。 部品の国際的な取得をより効率的にすることは、サプライチェーンがより迅速に動くように価格を引き下げることを意味します。」 とCruisAIDerのCEO、Simon Sostmannは述べています。 コスト面で安い支払いが可能になるようです。 さらに、 「歯科産業は、部品や材料に関して非常に分散化されています。私たちは、生産性を向上させるための効果的な資金移転に頼り、顧客の急速な要求に応えます。今まで、私たちはクルアイア内視鏡用パワーカートを製造するために必要な資料を入手するために、通貨間を変更する必要がありました。私の意見では、Dentacoinは歯科産業全体の未来であるだけでなく、関連するすべての補完産業にとって前にあることです。私たちが始めたときにこのツールを手元に置いて欲しいと思っています。部品の国際的な取得をより効率的にすることは、我々が価格を削減できることを意味する」 と、述べておりDentacoinのビジネスモデルが既存の歯科医療業界の現在の状態をどのように改善していくのかなソリューション面について言及してあります。 さらに、Dentacoin Foundationの共同設立者でビジネス開発者のPhilipp Grenzebach氏は、以下のように述べています。 「これは私たちのより大きな使命に向けた大きなステップです。 Dentacoinは短期間の間、ヨーロッパの歯科診療所であるSWISS DentaprimeとF3T Londonの支払い手段として受け入れられ、現在では革新的な製品の支払い方法として受け入れられています。 CruisAIDer Powercartは、歯科医、歯科矯正医、顎顔面外科医にとって、診療所や診療における日々のルーチンのあらゆる側面を最適化し、その間に患者の治療経験を改善するために不可欠です。デジタル化と効率性を強く意識している欧州の企業と提携することは、Dentacoinに先駆けて大きな可能性と機会を提供するに過ぎません」 既に、ヨーロッパでは診療所の二ヶ所、そして今回の企業と提携したことが第一歩として発展を生み出したようです。   Trusted Review Platformのアップデート DentacoinのはパイロットツールのTrusted Review Platformの更新版が発表されました。 具体的には、プラットフォームの登録者数の増加と完全な支払い自動化機能が実装により、より幅広いプラットフォームの採用を目指した新機能が追加されました。 Trusted Review Platformとは? Dentacoin Trusted Review Platformは、患者が実際の歯科治療について詳細なレビューを残すことができる場所です。そのレビューのもと、自身の求める最適な医療サービスを探すことができます。 貴重な市場調査データであり、サービス品質を向上させるために使用できる歯科医/歯科医院への直接フ​​ィードバックでもあり、 そのの貢献として、患者はDentacoinのカスタムトークンであるDCNトークンで報酬を受けられま。このトークンは、すでにヨーロッパの歯科医院で支払いの手段として受け入れられています。  事実としての一歩 BlockchainベースのTrusted Review Platformのテストネットは、2017年8月17日にリリースされ、Dentacoin Foundationのパイロットツールです。 それと共に、世界的に優れた歯科医療の未来へのロードマップに関する最初の大きなマイルストーンでもあり、そのプラットフォーム上で報酬として支払われるDCNトークンの世界的な流通の鍵ともなります。 「より多くのユーザーが各Dentacoin保有者にとってより多くの利益をもたらし、したがって価値の増加のためのより多くの前提条件が得られます。...

Dentacoin(デンタコイン)のICO参加方法について

  こんにちは。今回はDentacoin(デンタコイン)のICO参加方法についてです。 詳しく見ていきます。 Dentacoinとは? ブロックチェーン技術により、歯科産業全体を改造する可能性のあるこの偉大なプロジェクトする。 詳細はこちらで確認してください。 https://bab-global.net/ico/dentacoin/dentacoin   ICOについて まずは、ICOの概要です。正式に発表されました。 ICO開始:2017年10月1日、GMTの午後2時※ICO開始中以外にETHを契約書に送付しないでください。取引は戻ってきますが、依然としてETHの取引手数料を支払うことになります。 ICOページ:https://dentacoin.com/ico/ FAQペー : https://www.dentacoin.com/ico-faq/ 特別ICO価格:1 ETH = 2 500 000 DCN(または0.0000004 ETH / DCN),1 BTC = 33 000 000 DCN(または0.00000003 BTC / DCN) ハードキャップ:240億DCN 主な支払い方法:Ether(ETH)、Bitcoin(BTC)、インドルピー(INR) また、異例ではありますが、プレ終了後にいくつかの取引所に上場しています。 HitBTC、Etherdelta、Coinexchange.ioの3つです。 価格はおよそICO価格と同等ですが、板が薄いので購入できない可能性もあります。 参加方法 ICOはすでに始まっています。 まずは、公式サイトのICOページにアクセスします。 こちらのページに飛びますので、BUY NOWをクリックします。 利用規約を読んで、SIGN&AGREEをクリックします。 注意書きを読みます。 スマート契約住所:0x08d32b0da63e2C3bcF8019c9c5d849d7a9d791e6 推奨ウォレット(ETH):MyEtherWallet、MetaMask、ImToken、Coinomi、Mist 推奨ガス制限:200 000 取引所プラットフォーム(ETH / BTC):Cryptopia、CoinExchange、Mercatox、HitBTC 取引所プラットフォーム(INR):BuyUcoin ※資産が失われる可能性があるため、交換プラットフォームからEther(ETH)を契約に送ってDentacoin(DCN)を購入しようとしないでください。 以上の内容を確認したらREADY...

【解読】Dentacoin(デンタコイン)のホワイトペーパーを要約。

  こんにちは。今回はDentacoin(デンタコイン)のホワイトペーパー中心に見ていきます。 既存の歯科医療業界に一体どんなメリットがあり、意図する部分はどこなのか詳しく見ていきたいと思います。 https://bab-global.net/ico/dentacoin Dentacoinの定義 ホワイトペーパーによると、以下のように定義されています。 Dentacoinはスマートコントラクトによって規制されるEthereumベースのブロックチェーンプラットフォームであり、プラットフォームは、世界中の歯科医療の質を向上させるためのソリューションを構築し、作成することで、歯科共同体をサポートします。またブロックチェーンはDentacoinに世界をより良く変える力を与えます。 Dentacoinは、歯科産業を発展させるだけでなく、コミュニティ全体への参加を促す暗号通貨の報奨制度を通じてマーケットインテリジェンスを作り出しています。 分散されたレビュープラットフォームを使用し、コミュニティに利益をもたらす貢献をする患者と歯科医に透明な報酬を与える最初の暗号通貨です。 Dentacoinは歯科医療の質の向上と患者と医師の関係性を改善することに重きを置き、既存の歯科業界の発展だけでなく、共通の暗号通貨Dentacoin(DCN)を支払い手段として用いることで、分散化された透明性の高いプラットフォームを構築しようという目標があります。 ホワイトペーパーの意図と目的 ホワイトペーパーの目的は、Dentacoinの組織目的のために歯科産業内で使用される新しい概念的枠組みを徹底的に説明することにあります。 最近の技術革新を活用して、歯科産業の大きな制約を克服する能力を備えたモデルを作成し、さらに、歯科技工の効率を大幅に向上させる様々な手段を提案し、患者の歯のレベルを改善することを目的としています。 Dentacoin財団のコアミッション 財団のミッションの中心核は以下のように書かれてあります。 Dentacoin Foundationsのコアミッションは、世界中の歯科医療の質を向上させ、治療コストを削減し、歯科共同体を創造することです。 Dentacoin Tokenは、Dentacoin Foundationが上記の任務を果たすのを助けるために作成され、Dentacoinは、歯科産業のさまざまな分野をターゲットにした多数のツールの開発に重点を置いています。 これらのツールを使用して実装する個人は、報酬としてDentacoinトークンを受け取ることができ、後で歯科治療のための支払いや歯科用製品の購入に使用できます。 コアミッションとして、歯科医療の質の向上・治療費用の削減・共同コミュニティの作成の3つを果たすために様々なツールを駆使するとともに、支払い手段としてDentacoinを流通させる意図があります。 また、財団の目標は他の暗号通貨と競合するのではなく、むしろブロックチェーンを通じた医療業界のソリューションとサポートを提供することにあり Dentacoin 財団は、すべての個人の健康状態を表す通貨(Dentacoin)で作成できる実際の物質と価値を評価することに関心があるようです。 Dentacoinの長期的なビジョン Dentacoinによる長期的な考えは以下です。共同体としての意識が強く印象づけされています。 長期的な成功を目指すすべてのサービス産業は、顧客からのフィードバックによって推進されています。医療業界も例外ではありません。規制当局、中央機関、強力な組織や個人は、患者のコミュニティよりも業界をより良くコントロールすることはできません。人々は人々を信頼します。したがって、患者からの絶え間ない信頼できるフィードバックよりも、業界のプレーヤーにとって価値のあるものはありません。しかし、これを達成するためにコミュニティが存在する必要があり、これはDentacoinは業界の課題を強調し、歯科プラクティスの効率を高めるためのソリューションを明らかにする。 そして、Dentacoinの長期ビジョンには4つの要素があります。以下です。 トラステッド・レビュー・プラットフォーム アフターケアモバイルアプリケーションと教育用ウェブサイト 歯科保険コンセプト ヘルスケアデータベース トラステッド・レビュー・プラットフォーム Dentacoinは、患者が歯科医に評価を付けることができるレビューベースのシステムを確立することにより、社会的証拠の重要性がますます高まっていくことを計画しています。 ブロックチェーン上でこれを管理する利点は、すべてのユーザーがすべてのレビューにアクセスでき、否定的なものも決して削除できない透明性の高さにあります。 真の信頼できるレビュープラットフォームを目指そうということです。   さらに、時間の経過とともに充実していくプラットフォームにより、往来の歯科医療で生まれる情報や技術格差から解放され、だれもが真の歯科医療を選択できるメリットがあると考えられます。 アフターケアモバイルアプリケーションと教育用ウェブサイト 教育やウェブサイトは、Answer-Learn-Earnと呼ばれています。 Dentacoinのビジネスモデルに加入している歯科医の患者は、さまざまな歯の問題を防ぐ方法について質問するアプリとウェブサイトにアクセスできここでも、対価として患者が正しい答えを得ると、少量のDentacoinが得られます。 このプロセスの繰り返しにより、理論的には、患者はより健康的な習慣付けを行うことができます。 同じ思考や身体的行動の繰り返しは、頻繁に繰り返される自動習慣になる癖に発展する もちろん、知識がそのまま習慣化され、健康に反映されるかはここで異なりますが、少なくとも相関関係はあるはずです。 そして、アフターケアモバイルアプリは、長続きする歯科ケアの習慣を形成することを目指しています。習慣は個人の日課に永久に統合されるまで66日間かかり、通知とリマインダーを通じて、ユーザー(大人と子供)が歯科衛生を改善し、健康な習慣をつくる方法を見つけるように教え、ナビゲートします。 これもまた、歯の健康と全体的な健康を改善し、子供にとって、歯科衛生習慣を形成することは、より深い歯の問題の形成を防止することにつながります。 歯科保険コンセプト Dentacoinは、上記の目的を達成するために、個人とそれに対応する歯科医との間に存在する独自の歯科保険スマート契約を作成しました。両当事者が合意した場合、契約はブロックチェーン内で取引可能となり、契約によって保有される価値の創造が可能になります。 すべてのスマートな契約は、「スーパースマート契約」の一部を形成し、これは倒産や死亡の場合に患者が補償されることを保証します。 Dentacoinのスマート契約は、健康な歯と全体的な口腔衛生を維持するために、両当事者の主な関心を調整することに焦点を当てています。 スマート契約を締結することで、歯科医と患者の両方が職務と義務を負うことになり、品質と満足度が一致する場合にのみ、金銭的報酬がDentacoinの形で発行されます。 契約の目的は、患者と歯科医の目標を一致させることであり、 この金銭的動機づけの方法は、共通の目標に達することを実行している間に両当事者が歯科医からの高品質のパフォーマンスと同様に、高いレベルの個人的健康状態が同時に達成される環境を作り出すことができます。 ヘルスケアデータベース Dentacoinは分散型の制御メカニズムであるブロックチェーンを使用してデータベースを作成し、歯科医がアクセスしてお互いに転送する方法で医療情報を保存することを計画しています。 メリットとして、患者と記録の間での第三者からのデータ損失の問題はなく、 医者と患者だけが情報にアクセスできるプライバシーに焦点を当てたブロックチェーンを作ることは、目指しています。 これまでの実績とロードマップ 2月14日に行われたDentacoinトークンの解除後の最初の重要なステップは、2017年3月3日にマーストリヒト、オランダのDentacoin財団の設立と登録です。 この真に革新的なステップは、すべてのコインホルダーが投票に参加し、財団に関する重要な決定についてDentacoinの経営陣に助言を与えることができます。 DCNは金額に制限があり、インフレで保護されているため、その価値は時間とともに増加すると予想され、関係当事者はさらなる利益を得ることができます。 その後、Dentacoinチームは投資家に最初の歯科医院の計画への参加方法を知らせました。 SWISS Dentaprimeはブルガリアのバルナにあり、「診療所の経営陣は、モバイルのDentacareアプリもすぐに実装することを熱望しているとのこと(これは、9月末にベータ版で開始する予定) 2番目の例はロンドンのF3T歯科医院であり、すでに、Dentacoinを支払い方法と顧客報酬プログラムとして使用し始めています。また、発売時にTrusted ReviewプラットフォームとDentacareアプリに切り替える予定とのこと。 最終的かつ最も重要な例は、2017年7月にDentacoinが既存の歯科医院を購入したことです。ロンドンのDentaprime International Plcであり、この取引は9,000万ドル相当のDCNトークンにより、調達済みです。 このようにICOの前であっても、DCNはM&A分野の専門家によって高い価値を見出されています。 そして、プレセールは、2017年7月1日(その間に16177500000 DCNが配布された)に開始され、収集された資金は、Trusted Review Platform Testnetのフロントエンドおよびバックエンド開発者チームを作成するために使用されています。 アフターケアモバイルアプリケーションおよび教育ウェブサイトであるTrusted Review Platform(testnet)とそのサポートツールの開発、プログラミング、および立ち上げを担当しています。 公開プレセールに続いて、レビュープラットフォームのテストネット版は、2017年8月8日に開始され、2017年10月1日、最初のトークンセールが公開され、DCN総額の3%が配布されます。 トラステッド・レビュー・ネットワークのテスト・フェーズから必要なデータがすべて収集され、分析されると、収集されたデータに基づいてテスト・ネットに必要な変更が加えられ、テスト・ネットの変更が完了すると、Trusted...

【まとめ】Dentacoin(デンタコイン)を無料で獲得する方法のまとめ

  こんにちは。今回は、Dentacoin(デンタコイン)を無料で獲得する方法をまとめましたので、参考にしてください Dentacoinを無料で獲得する方法は2つ Dentacoinのレビュープラットフォームで、特定の歯医者のレビューを投稿して、貢献する こちらに関しては、別記事で参加の仕方を確認してください https://bab-global.net/ico/trustedreviewplatform バウンティプログラムに参加する いわゆる賞金プログラムのことですが、今回はこちらを説明したいと思います。 バウンティプログラム DentaCoin Projectは、BitcoinTalkサポーターに報いるため、公式のBountyプログラムを開始しています。 バウンティキャンペーンには総額48億枚のDentaCoinが予約されています。 合計賞与プールは以下のように分割されます: 20%:ソーシャルメディアキャンペーン 15%:翻訳と管理 20%:署名キャンペーン 20%:ブログキャンペーン 5%:スラックキャンペーン 10%:その他の賞金 Twitterプログラム Twitterキャンペーンに参加し、Dentacoinに関することを広めることで、貢献度に応じて、トークンを獲得することができます。 配分: Total Bountyの20%はTwitterに割り当てられます Tier 3:フォロワー250人以上:5ステークス/週 Tier 2:750人以上のフォロワーを持つ:10ステークス/週 Tier 1:1500人以上のフォロワーを持つ:25ステークス/週 参加する方法: まずは公式サイトをクリックします 週に少なくとも5回リツイート/つぶやきを行います 終わったら、このフォームに登録します: あなたの週間ツイート/リツイートを以下の形式で投稿してください: 第1週:https://goo.gl/forms/Of7qVjg6MUad2uru2 2週目:https://goo.gl/forms/y5GhBJXCYdIJWs4y1 3週目:https://goo.gl/forms/8DfaxWbhnAMUI0wZ2 第4週:https://goo.gl/forms/DbyTC71NIdfwkf742 第5週:https://goo.gl/forms/buucHNZVAgoncOjS2 6週目:https://goo.gl/forms/UedtgMnLsMDHNG6H2 7週目:https://goo.gl/forms/GN9dzkESchKdv9wf2 8週目:https://goo.gl/forms/d1JHvbUySyxfUffm2 スプレッドシートを確認する 条件: ジュニアメンバーである必要があります。 フォロワーは85%以上でなければならない 週に5本以上のツイートやリツイートをプロジェクトごとに作成する必要があります。 1日ですべてを投稿せずに、ツイートを建設的で、単にスパムではない必要があります 支払先アドレスの変更はありませんので、正しいことを確認してください。 ブログ/メディアプログラム DentaCoinは、質の高いレビューを書いた経験豊かな作家に報酬を与えます。 これには、プロジェクトに関する記事、ICOクラウドデールに関する情報、ブログ、ウェブサイト、フォーラム、ソースへの投資に関する説明が含まれてます。 DentaCoinは、プロジェクトとそのICO Crowdsaleに関する質の高いビデオレビュー、プレゼンテーション、インベストメントインストラクションを作成した経験豊富なビデオ編集者に報酬を与えます。 配分:トータルバウンティプールの20%は、ブログとメディアバウンティの参加者に割り当てられます。 すべてのビデオとブログ/記事を3つのカテゴリーに分け、次のように報酬を与えます 高品質:250ステークス 良質:100ステークス 通常品質:50ステークス より質がいいほど、もちろんステークスも高くなり、もらえるトークン数が多くなります。 ...

【テスト】Dentacoin(デンタコイン)のレビュープラットフォームを試してみた。概要や使い方について

  こんにちは。今回は、前回ご紹介したDentacoin(デンタコイン)のプラットフォームである Trusted Reviews  Patformについてです。 使い方や概要部分を見ていきます。 Dentacoinって何? という方は以下の記事を参考にしてください。 歯科医療における世界的なブロックチェーンソリューションのDentacoinについて https://bab-global.net/ico/dentacoin   Dentacoin Trusted Reviews Plarformについて https://reviews.dentacoin.com/en Dentacoin Trusted Review Platformは、Dentacoinの使命を果たすために発明された価値創造ツールの1つです。 最終目標として、世界中の歯科医療を改善し、歯科医療を手頃な価格にすることです これは、信頼できる歯科治療レビューのための最初のブロックチェーンベースのプラットフォームであり、患者が自分の声を上げて、業界全体の治療品質に強い影響を与えることを可能にします。 それと、同時に、歯科医は最新の非常に貴重な市場調査データと適格な患者のフィードバック(サービス品質を向上させ、忠実な患者ベースを確立する最も強力なツール)にアクセスすることができます。 さらに個人と歯科医の両方がDentacoinsによる報酬を獲得することができます。この報酬は両社が直接入力した価値に相当し、これらのDentacoinsは、世界経済の一部として、流通することになります。 このコミュニティの目的とメリット ✓透明性と信頼性: このプラットフォームでは異なる歯科医の間の信頼性の高い情報源と、フィルタリングされていないフィードバックを得られる可能性を与えます。 Dentacoin Review Platformは、このBlockchainベースのソリューションの透明性、インセンティブベースおよび検閲性に基づいて、最も機能的なレビューおよび市場調査システムを目指しています。 自己実行型のスマートスマートコントラクトを通じて最適な自律性、信頼性、スピード、安全性を保証します。 ✓Dentacoinとしての報酬の存在: 患者は、開かれた複数の選択肢の質問に基づいてレビューを作成し、オプションで市場調査の質問に答えるために、自分の歯科医を見つけることができます。 この詳細なフィードバックは歯科業界において貴重な情報として高く評価され、それに応じて報酬が獲得できます。 各調査はEthereumブロックチェーンにリンクされ、スマート契約によってDentacoinsで支払われ、その代わりに、獲得額は、歯科医療サービス、歯科医療製品または保険の支払いに使用することができます。 ✓信頼できるレビュー: さらに信頼できる顧客レビューを提供するために、「Trusted Reviews」という新しい概念が実装されています。 標準レビュー(一般に誰でも書ける)と実際の患者だけが書くことができる信頼できるレビューとの間には大きな相違点があり、治療前のフィードバックとして各歯科医は、レビュー要求リンクを含む電子メールを介して患者を招待することができます。 ✓グローバルコミュニティ: Dentacoinsの収益と支出方法を提供するために業界全体で歯科通貨としてのDentacoinsを販売しています。 さらに優れているのは、業界の優れた深い知識を集め、歯科医や患者が世界中の強力なコミュニティを形成し相互利益を得ることができるような仕組みがあることです。 信頼できるフィードバックに強力な価値があり、規制当局、中央機関、強力な組織や個人よりも、集められた群衆の声が最大であることに価値を見出しています。 プラットフォームの使い方 まずは、ユーザー登録をしましょう。 こちらからプラットフォームにアクセスします。 Create profileをクリック あなたが歯科医であれば左側、患者であれば右側をクリックします 必要情報の入力 メールアドレスにて確認します すると、以下のメールが届きますので、確認します。   あなたのメールを確認した後、あなたのEthereumウォレット住所をこのメールに返信してください。そうすれば、最初の数のDentacoinsを「ありがとう」プレゼントとして受け取ることができます。 ATTN:完全にアクセスできるアドレス(秘密鍵へのアクセスを含む)のみを送信してください。このようなウォレットを作成するには、たとえばMyEtherWallet:https://dentacoin.com/presale-faq/tuttorials/How%20to%20create%20a%20Wallet.pdf。交換プラットフォーム(取引所のこと)で生成された住所を送信すると、コインを受け取ることができなくなります。 続行する前に、ここをクリックしてあなたのメールアドレスを確認してください との内容のメールが来ますので、まずはメールを認証します 認証確認した後にアドレスを返信して見ましょう。私も送ってみました。 Dentacoin(デンタコイン)獲得までの流れ 大まかなプラットフォームの流れは以下です ①レビューを書くために歯科医を見つける Find dentistをクリックします 歯科医の名前 ジャンル 場所 これで探します 日本では一件該当しました。 日本の佐賀県の歯医者のようですね。 歯科医が見つからない場合は、Add dentist から追加します ※通知を受けることができるようにあなたの歯科医の右の電子メールを入力することを確認してください 歯科医の名前 ジャンル 住所 電話番号 ウェブサイト メールアドレス で探します ...

既に上場済みのICO、Dentacoin(デンタコイン)は世界的な歯科医療のためのブロックチェーンソリューションを提供する

  こんにちは。今回ご紹介するICOは、メインセールを前にしてすでに上場済みのDentacoin(デンタコイン)という暗号通貨です。 分野も歯科医療という珍しめなもので、穴場的な存在でもあるので今回取り上げました。詳しく見ていきます。 Dentacoin とは? Dentacoinは、世界の歯科医療産業向けに設計された最初のブロックチェーンソリューションです。 Dentacoinは、世界中の歯科医療を改善し、群衆の力でそれを手頃な価格にすることを目指しています。今後、この業界では数多くのブロックチェーンベースのツールが開発され、実装される予定です。 https://m.youtube.com/watch?v=GntlhUrzqSw Dentacoinの特徴 Dentacoinの特徴は以下です 患者レビューのための信頼できるプラットフォーム 患者が声を上げて世界の歯科産業に影響を与えることを可能にする信頼できる歯科治療レビューのための最初のブロックチェーンプラットフォームを提供します。 これが歯科医療への変化の大きな原動力となります。 歯科保険 自分の健康に対する責任を分かち合い、歯科医と患者の間で利益が釣り合っている革新的なブロックチェーンベースの歯科保険コンセプトを目指します。 ヘルスケアデータベース ブロックチェーン技術により、データが高度に保護され、かつ更新可能であり、患者または歯科医師のみが特定の許可を得た場合にのみアクセス可能な、患者全体の医療記録の分散データベースを作成します。 アフターケアモバイルアプリ 子供と大人の両方で持続的な口腔衛生習慣を目指して、治療後のフォローが必要な段階の患者を支援するためのアフターケアアプリを提供します。 DentaVox(デンタボックス) DentVoxはアンケートや報酬を通じて最新の市場調査データとして機能する、集合的な顧客の知恵のためのウェブアプリケーションであり、歯科医はこの貴重な情報にアクセスし、改善するためにこの「知恵」を適用することができます。 取引プラットフォーム 世界中でDCNとの取引を可能にします。 歯科医療製品、歯科用材料および機器を提供するための分散型取引プラットフォームにより、製造業者、歯科医および患者と直接接続します。 長いサプライチェーンがなく、国際的な取引が可能です。 Dentcoinロードマップ 2017年2月14日:Dentacoinトークンのリリース 2017年3月:Dentacoin財団の創設 2017年5月20日:Dentacoin.comのv0.1リリース 2017年6月14日:DentaプライムPLCのDCN購入 2017年7月1日:トークンプレセール(1%) 2017年8月:信頼レビュープラットファームのlaunch(テストネット) 2017年10月1日:最初のトークンセール(3%) 2017年Q4:信頼レビュープラットフォームのlaunch(メインネット) 2018年Q1:レビューアプリのリリース 2018年Q3:市場リサーチ 2018年10月1日:2回目のトークンセール 2018年Q4:Dentacoinの保険テストネットlaunch 2019年Q3:ヘルスケアデータベース 特徴的なのがトークンセールが総発行枚数のうち9割以上はロックされ、残りのほんの一部がプレ、メイン合わせて三回に分けてクラウドセールで販売されます。 また、Dentacoin の中心核となるTrusted Review Platformはテスト段階ですでに試すことができます。今年中に、メインリリースを予定しており、来年初めには、レビューアプリもリリー予定です。 Dentacoinの獲得方法 現在、Dentacoinsを入手するには3つの方法があります。 無料で獲得する: Googleの信頼できるレビュープラットフォーム上で、パートナークリニックの患者として、患者ロイヤリティプログラムに参加することによって無料で獲得することができます。 https://reviews.dentacoin.com/en レビュープラットフォームの使い方 ※こちらの使い方は、まとめ次第別記事で共有します 市場で購入する: DentacoinはCoinmarketcapに既に、プレセールが終了した段階でいくつかの取引所に登録されており、Cryptopia、EtherDelta、Mercatox、Coinexchangeの国際取引プラットフォームで自由に取引されています。 ICOで購入する: 2017年10月1日から、ICOでDentacoinsを購入することもできます。市場よりも安く提供する予定なので、こちらでの購入をお勧めします。 ニュースレターに登録しておくと、最新情報を受け取れます。 公式サイトにアクセスします https://dentacoin.com/ 以下の情報を入力します メールアドレス 名前 ロボットでないことを確認して、 メールアドレスに届いたリンクをクリックして登録完了です。 ニュースレター登録者は、現在30000人ほどです。注目度も高めですね。 DentacoinのICO概要 総発行枚数のうち96%はロックされ、残りの4%がプレ、メインセール販売されます。 この供給についてですが、公式側のブログによると、 Dentacoinは一般的に2042年まで小規模な手順で配布されます。販売前に流通しなかったコインは、現在の需要に応じて2042年後に市場に提供され、安定した安全な価格をさらに確実にすることが目的です。 また、ICO中のDentacoinの価格は、DCNあたり0,00011723 USDに相当し、ETHとBTCの正確な価値はすぐに解放されます。(2017年9月25日月曜日) なので、現在の取引所での高価な価格から離れてください。 フィリップ・グレンツバッハ 共同設立者およびビジネス開発者 ...

ソーシャルでつながる

837フォロワーフォロー

Latest article

Xbrick取引所の登録方法、XBCトークン購入方法、エアードロップについて

  XBrick とは? 大きな特徴としてはダイナミックな流動性エンジンが搭載された取引所であることです。 詳しくはこちらの記事で メリットとしては、 バージョン1.0が稼働している 新規取引所バージョン2.0のトークンが獲得できる トークンは割引機能があるため取引所の活性化とともに需要が上がる 点が考えられます。 登録方法 プラットフォームの1.0版が機能しており、ウェブサイトは以下のような感じ。現在日本語、中国語、英語に対応しています。 登録はこちらからできます。 Xbrick登録 登録ページに移りますので、以下の情報を入力します。 メール認証コードを入力します。 登録はひとまず完了です。 登録後やること 個人認証 セキュリティ設定 セキュリティ実行 ログインパスワード変更 トレードパスワード変更 ログイン履歴 api設定 まずは個人認証をする必要があります。 以下の個人情報を提出します。 次に、パスポートなどの資料を提出します。 セキュリティ設定から以下三項目を設定できます。全て行いましょう。 トレードパスワードはログインパスワードとは異なる強いパスワード設定を推奨します。Google2段階認証も必ず設定しておきましょう。 セキュリティ設定をしましたら、実行確認します。 ログインパスワードは必要に応じて変更できます。そのつど変更することを推奨します。 トレードパスワードも変更できます     紹介プログラム 紹介プログラムでは、紹介者の取引から半年間50%の利益がもらえます。 是非、この機会に紹介してください。 取り扱い通貨 バージョン1.0では、以下の通貨が取引可能です。 ETHペア     AE BTO BTS CAN DBTC EOS HLC HOT SEER SMTH MBTCペア AE BTS CAN EOS ETH XAS BTCNYペア ETH MBTC USDT ETH MBTC 最近ICOから7倍近くまで高騰したHoloのようなマイナー通貨も取り扱ってるので、Wowooが上場したbit-zのように有名通貨がいち早く上場すると、取引所の活性化につながる可能性があります。   アンドロイド、iPhone版のアプリもある 入出金およびトークン購入方法 トークン購入の前に資産をデポジットする必要があります。 ダッシュボードからAssetをクリックします。 Real name verificationを行う必要があります。 デポジットタブをクリックすると、通貨一覧が出ますので、この場合はETHを入金します。 アドレスを生成したら、そちらに送金してください。 トークンセールページについて Xbrickでは複数のトークンセールをサポートしています。   activeをクリックすると、開催中のトークンセールに参加できます。 XbrickのXBCプレセールです.   Buy Nowをクリックします。 Confirm&Acceptをクリックします。 Buy Productから購入できます エアードロップも開催中 エアードロップポータルのiXBCから参加できます。 はじめに携帯認証が必要で、続いてパスワード設定します。   タスクは③項目 友人紹介 テレグラム参加:20XBC KYC完了:50XBC トレーダーのためのXBCトークンエアードロップも開始 上記のエアードロップに加えてXBrickでトレードすることで、無料のXBCトークンを手に入れることもできます。(期間限定) 以下の要素に依存します。 1.イベント中のすべての取引セクションにおける各ユーザーのトランザクションの累積量。USDTとして計算されます。 2.イベント後の99USDT毎にエアドロップ1XBC 3. 2018年5月17日19:00から2018年5月27日19:00まで(GMT + 8)、すべての取引セクションで累積取引量が上位20に達したKYCのユーザーXBrick.comに以下の賞が授与されます: 1位:100,000 XBC 2位:50,000 XBC 3位:25,000 XBC 4位-5位:10,000 XBC 6〜10位:6,000 XBC 11〜15位:2,000 XBC 16〜20位:888 XBC 取引活性化キャンペーンですね。 まとめ Xbrickプロジェクトはオーストラリアのチームですが、binanceやhuobi okexのような自社トークン割引を利用しています。 XBCトークンは現在、プレセールで購入でき、プラットフォームv1.0ではマイナー通貨も取引が可能です。 最近では、BTO HOTなどのICOトークンも早々に上場しており、有望銘柄のトークンの取り扱いが早期に行われるとユーザーも増えてくるかと思います。 早いタイミングですので、開設しておいても損はないかと思います。 関連リンク 公式サイト 白書 twitter facebook telegram Author BABbit43 For...

Essentiaの開発計画について

  Essentiaの技術ロードマップと進捗状況(執筆時点) ロードマップでは、2018年第1四半期から2020年までのEssentiaの開発について概説しました。 簡素化のため、すべての変更と計画は、ソフトウェア(SW)開発、ハードウェア(HW)開発、およびパブリック(PUB)の3つの部分に分かれています。 詳しくは白書をご覧ください。 現在完了している開発は以下です。 フレームワークの基本要素(実装済み) Essentia製品のログインページのデモが公開されました。今すぐ簡単な登録プロセスを経て、ウェブサイト上であなた自身のためにフレームワークを試すことができます。 Essentiaデモの登録プロセスは、より迅速かつ便利になり、登録時にすぐにシードとキーストアファイルを保存する必要はなく、後で設定を行うことができます。 実装済みのツールは以下です。 シード ○  ストレージ ○  dApps △ eLogin ○  Etherdelta ○  サポートフォーム ○  ガイドライン ○ 自動ログアウト ○   ウォレット 財布は実装されており、通貨は以下の12の通貨に対応しています。 タイプ ERC20 サポート通貨 BTC ETH BCH LTC NEO Aragon FlypMe Misterium Status EOS Tron Golem Tether  コールド財布  ○  QRコード  ○  オフラインアクセス  ○  ハードウェアアクセス  ○   ユーザーのセキュリティへのコミットメントに合わせて、Essentiaのコールドウォレットも実装しました。これから、ユーザーはフレームワークの機能をオフラインモードで使用することができます。 オフラインで作成したトランザクションは、ファイルとして保存されます。後で、この取引は任意のデバイスからいつでも便利にいつでも開始することができます。また、ウォレットがサポートする通貨の一覧を引き続き拡大しています。 フレームワークへのアクセス方法としてはいかが追加済みです。 ハードウォレットによるアクセス(Digital、Bitbox、Trezor、レジャーnano) JAXX、Trezor、MetaMask、Exodus、imTokenなどの他のウォレット MyEtherWalletへのアクセス(ESSトークンを使用) 秘密鍵を紛失した場合(または盗まれた場合や盗難された場合)、ETHへのアクセスのみが失われ、残りのコインは安全のままになります。 Essentiaでは、ユーザーのセキュリティを向上させるという目的をさらに高めるために、ハードウェア財布を使用して当社のフレームワークにログインすることが可能になったことを報告しています。 ストレージ(セキュリティ層の追加) ストレージ実装済み Storj IPFS Siacoin アップロード/ダウンロード ○ 自動保存 ○ ドラッグ&ドロップ機能 ○ 追加の設定ファイルストレージとしてStorJ、IPFS、Siacoinを実装し、Essentiaに別のセキュリティ層を追加しました。 また、統合されたストレージに異なるファイルタイプをアップロード/ダウンロードすることも可能にしました。比較として、このアップデートの前にユーザーはテキスト文書のみをアップロードすることができました。 設定ファイルの保存構造を変更しました。現時点では、ユーザーが設定を変更したり、ランチパッドからdAppを追加または削除したりするたびに、これは自動的に設定ファイルに保存されます。サイズ制限が増えたため、ユーザーは大きなファイルをストレージにアップロードすることができます。 ユーザーの利便性を考慮して、ストレージのドラッグ&ドロップ機能を追加しました。効率性と利便性が向上し、以前よりも簡単にファイルをアップロードできます。   dApps 現在9つのツールに対応しています。 eLoginの基本バージョンが実装されました。これは、crypto-signを使用してすべての統合dAppに認可を付与する手段です。6種類のアクセスが可能です。   実装済みdApps  9つ eLogin 基本バージョン Aragon、IOTA、OmiseGo、Status、NEO、Ethereum     ウェブサイト 多言語 ✔ ホワイトリスト ✔ KYC ✔ トークン購入ポータル ✔   多言語に関しては英語と韓国語が利用可能でほかの言語も追加されます。 トークン購入およびホワイトリストに関してはこちらの記事をご覧ください。 https://bab-global.net/ico/essentia-register 開発中のモジュール構造について Essentiaは多数のモジュール構造を備えたフレームワークです。以下簡単に説明します。(かなりありますので暇な時間にでも読んでください) ESS-BASE ESS-COREに接続してRoot-IDを作成/管理/復元/使用する機能 ESS-CORE ESS-IDが基本的な操作を実行できるようにするソフトウェアまたはハードウェア実装のコアモジュール ESS-HOME ESS-BASEとCORE機能を、他のすべてのモジュールとコンポーネントに接続するメインモジュール ESS-PAY 暗号化ウォレットへのアクセスを管理するためのモジュール ESS-Auth/Groups IDおよび制御された、または参加している(複数の)グループに関連付けられている認証の作成/編集/削除を管理するモジュール。 ESS-FUEL システム内のESSトークン・レイヤーを処理するモジュール ESS-Talk/Docs/Stamp 他のIDおよび第三者と交換されたデータ/ドキュメント/メッセージを署名/暗号化/復号化/検証するメッセージング(pgp-style)モジュール ESS-DNS 発見可能/到達可能なIDの公開鍵(ユーザーのアドレスまたはアカウント)をトップレベル/人間が読めるWebドメインまたはブロックチェーンリソースに変換して変換するモジュール ESS-DATA コアデータインフラストラクチャを管理するモジュール ESS-META IDまたはサブIDを追加のメタデータレイヤーに接続するモジュール。 ESS-PingPong 限られたデータ/帯域幅で簡単なデータ通信プロトコルを運ぶモジュール。 ESS-Bridge 分権化されたリソースと従来の集中リソースの両方をEssentiaと接続するオフライン、ハイブリッド、またはオンチェーンのモジュール ESS-CONFIG すべての構成データを処理するモジュール。 ESS-AUTOMATE スタンドアロンまたはコンステレーションのフレームワークのインスタンスの配置、自動化またはオーケストレーションを処理するモジュール。 ESS-ORACLEs Essentia Frameworkの中でオラクルとして機能するモジュール ESS-DEL all-configs、all-media、all-Sub-ID、delete-everything機能やplatform-resetなどのデータの削除/リセットを処理するモジュール ESS-CLOCK ブロックチェーン相対時間を考慮して処理するためのモジュール。 ESS-TOOls Essentia Frameworkとのスムーズな接続と相互作用を可能にするためのモジュール ESS-SYNC ESS-Home / OS、外部サービスなどとのモジュール/ OS /マルチデバイス間のデータの同期を特に管理するモジュール ESS-INIT 構成、データ、ファイルなどの再初期化を担当するモジュール。 ESS-PROC 他のモジュールの状態と健全性をチェックするモジュール ESS-KEYRING s / v / e / d /特定のデータ/ファイルに使用される追加のキーペア(Root-IDによって直接制御され、その拡張キーによって制御される)を格納/管理/アクセス/使用するためのモジュール ESS-dGPS ノードからのデータフローを、分散型リソース(on / cross-chain)に接続して利用できるようにするモジュール ESS-OS-DATA ESS-DATAモジュールで管理/含まれていないデータのモジュール ESS-Crypto ブロックチェーンベースの特定のコード/ソフトウェアをそのサブモジュールで実行できるようにするモジュール。 ESS-NET ESS-Home / OS用の特定のネットワーク層を可能にするモジュール ESS-OS-Config ESS-Configに接続し、ユーザーが希望する構成をESS-OSにデプロイするモジュール ESS-REPO ESS-OSのリポジトリおよびEssentiaプラットフォームの他のコンポーネントとモジュールの更新を管理し、リポジトリを管理するモジュール。 ESS-MAKE/SMITH ESS-OSまたはESS-Moduleのビルドスクリプト/イメージ/ ISO / etcを作成し、最終的にESS-ID、ESS-Config、ESS-DATAに接続することによってユーザー設定に合わせて構成するOS-Makerモジュールその他の関連モジュール   簡単に説明します。 ESS-BASE はいくつかの言語/ライブラリで書かれているので、既存のフレームワークやオペレーティングシステムに適応するために、ブラウザのメモリ内モジュール、専用のハードウェア、アプリケーション、Dappまたはプラグインに適合することができます。ユーザーデータやキーは保存されませんが、ユーザーはESS-COREにロードされて管理されているルートIDとサブIDキーを使用してトップレベルで操作できます。   ESS-COREはESS-IDが基本的な操作を実行できるようにするソフトウェアまたはハードウェア実装のコアモジュールです。 ESS-IDはルート-ID(シード)であり、まったく同じ特性を有するサブIDを/署名/暗号化を検証/データを復号化し、生成/破壊/管理することができます。また、複数署名の作成/管理機能も備えています。 ESS-HOME は信頼できるサードパーティと接続/統合するモジュールをホストします。 ESS-Auth /...

【ICOレビュー】Xbrickーゴールドマンサックスや上場企業を歴任したオーストラリアの企業は新たな暗号通貨取引所を立ち上げる

    XBrickプロジェクトの背景と概要 暗号通貨世界はユーザーの採用や政府の規制の進展に伴い、最先端の暗号の交換を実行するには、完全性、高度なテクノロジ、先見性、および競争性が不可欠です。 中でも重要なのが、ユーザーエクスペリエンスとサイバーセキュリティの向上です。 XBrick.ioは、暗号通貨とブロックチェーン技術に豊富な経験を持つ技術チームによって独自に開発されました。  XBrickは世界中のユーザーに多言語を提供し、自動KYC ID照合手順をサポートし、銀行標準のSSL暗号化データ転送とマルチクラスタシステムアーキテクチャを採用し、コールドストレージシステムを暗号化ウォレット管理に適用します。  プラットフォームを通じて、ユーザーはグローバルな暗号化市場にアクセスし、最高の買い買い価格で取引することができ、暗号価格を売ることができます。 プラットフォームと技術特徴 高性能秩序マッチングシステム 機能は次のとおりです。 1)マッチするエンジン順序信頼性の高いマルチキャストと全体的な順序付けを解決するためのアトミックマルチキャスト 2)ロックされていない注文シーケンス・キューに基づくフローライン・マッチング技術。 3)データベースとのやりとりを実現する非同期化技術 4)マッチングエンジングループの状態を監視し、システムのフォールトトレランス機能を保証するためのフェールオーバー技術 5)故障したエンジンを回収したり、新しいマッチングエンジンを追加するための進捗状況追跡技術 XBrickは、このメモリマッチングエンジン技術と200万回/秒の高性能秩序マッチングシステムに基づいて、取引注文が遅れなく処理されることを保証し、超高速かつスムーズな取引経験を提供します。 システム1.0は、2017年11月11日以降稼動しています。 システム2.0は、ダイナミック流動性供給エンジンによって提供された当社独自のR&Dedグローバル連結オーダーブックで市場に打ち切られる予定です。  完成様子は以下です。 ウェブサイト 取引プラットフォーム      安全なウォレット管理 XBrickは、銀行標準のSSL暗号化データ転送とマルチクラスタシステムアーキテクチャを採用し、暗号化ウォレット管理にコールドストレージシステムを適用しています。 取引所は、ユーザーにとって安全な取引環境を創造することを全面的に担い、他のすべてのビジネス要素よりもセキュリティの優先順位付けに全力を尽くしていると考えています。ユーザーの暗号化資産を保護することについては、トレードオフはありません ダイナミック流動性プロバイダ 同社の戦略的パートナーであるLiquidAlphaは流動性エンジンである流動性供給エンジン(DLPE)を独自に開発しており、このシステムは、流動性ゼロの状況で顧客注文と取引するように構成されており、数秒ごとに特定の条件で注文を実行する高度なアルゴリズムを備えています。  10年以上のマーケットメイキングと高頻度取引経験を持つ経験豊富なトレーダーと開発者のチームによって設計されたDynamic Liquidity Providing Engine(DLPE)を使用しています。 DLPEは、複数の暗号化交換の市場の深さから中間参照価格(MRP)を計算します。 ロジックは、ユーザーの買い注文または売り注文がこのMRPから一定のパーセンテージを超え、60秒を超えて他のXBrickユーザーと一致しない場合、注文は非流動状態であるとみなされます。 DLPEが非流動状態の注文を特定すると、その注文を実行してユーザーに最高のエクスペリエンスを提供するのに役立ちます。 ウォール・ストリート標準の進化した注文方法 Xbrickはウォールストリートの標準注文型を暗号化通貨市場に持ち込み、ユーザーには時間加重平均価格(TWAP)、量加重平均価格(VWAP)、氷山注文タイプを導入しています。 これらの高度なオーダー・タイプとオートメーションを統合することで、ユーザーの実行時間を節約し、市場への影響を最小限に抑え、最適なフィルを得ることができます。 高速取引 XBrickは毎秒200万件以上の注文を処理することができます。 また、KYCシステムは自動化され、グローバルな実名データベースに接続されており、ローカルID文書を使用してオンラインでリアルタイム検証を実行できます。 登録と検証プロセス全体には約5分しかかかりません。あなたが私達と一緒にいるときは、プロセスに関わるすべてのものを世話している間に、暗号取引に専念することができます。 価格保護機能 XBrickの取引システムは、独自のチームによって社内で開発されています。  取引システムには、制限注文、停止注文、バッチ注文という3種類の取引注文があります。  XBrickユーザーは、価格保護機能を有効にすることができます。これにより、異常な価格が提出されるたびに警告が表示されます。 この機能は、ほぼすべての暗号交換で共通していた価格の誤植による損失を保護します。  mBTC-BTC取引をさらに民主化する(世界初) XBrickは、Bitcoinを千パーツ単位でmBTCと称する世界で初めての取引所です。 mBTCはBTCを1000で除算したもので、新しい暗号通貨ではありません。 XBrickでは、mBTCの入出金により通常のBTCアドレスが使用され、ユーザーはBTCの新しいユニットを柔軟に体験できます。 信頼できるデューデリジェンスパートナー XBrickはトークン販売プロジェクトを事前にスクリーンし、配布のために申請されたプロジェクトの3%未満で動作します。 潜在的な指数成長要因だけでなく、チームの完全性、プロジェクトの持続可能性、法的要因も見ています。 オーストラリアのマネー・ローンダリング対策や対テロ資金規制によって規制されていないにもかかわらず、XBrickは潜在的な規制を準備するための先進的なマネーロンダリングID検証システムを開拓してきました。 利用されているID検証システムは、XBrickがソース国のローカル識別文書を考慮して適切なIDチェックを設計しているため、最先端のものです。 現在リストされている暗号通貨 XBrickは、ETH、mBTC、BITCNY、USDTの4つのマーケットプレイスを運営しています。 これらのマーケットプレイスで取引できる暗号通貨は、BTC、ETH、EOS、AE、CAN、XAS、HLC、BTS、BTO、SEERです。 XBrickは、リストアップ可能なトークンを選択し、より高品質のトークンのためのプラットフォームを作成しています。 XBrickは時折、BITCNYマーケットプレイスでトークン投票キャンペーンを実行しています。BITCNYマーケットプレイスでは、お気に入りのトークンをすべてのユーザーが指名できます。 多言語対応 XBrickは、システムのインフラストラクチャを表示言語から分離し、プロの言語チームを使用して各言語を校正します。 この構造により、さまざまな表示言語を効率的にサポートするXBrickの機能が保証されます。 交換は現在英語と中国語で行われており、XBrickは今後、ロシア語、韓国語などを提供する予定です。 XBrickは可能な限り母国語のコミュニケーションをサポートすることを目指しています。 複数のユーザインタフェース XBrickは、以下を含む複数のユーザーインターフェイスをサポートしています。 WEBエクスプローラ Androidインターフェイス IOSインターフェイス H5 Mobile Explorer PCインターフェイス 技術ロードマップです。 2017年7月:XBrickシステム1.0の完成、内部テスト 9月:ベンチャーラウンドの資本調達完了 11月:XBrick交換(Webベース)の正式発売 XBrickトレーディングアプリ(Android)の正式発売 2017年12月:XBrickのトレーディングアプリ(iOS)の正式発売 グローバル連結オーダーブックプログラム開始 2018年2月:XBrick交換チャートシステムのアップグレード(Webベース) 2018年5月11日:XBC事前販売ラウンドオープン Q3 2018ターゲット ダイナミック流動性提供エンジンによるExchange System2.0の開始 XBrickでXBC Public-Sale&Listingを開始 ウェルカムマーケットメーカー Q4 2018 新しい取引インタフェース 継続的なシステムと技術のアップグレードとなるR&D 第1層のCRYPTOCURRENCIES EXCHANGE 市場と競合分析 チームは、白書で市場分析を行なっています。現在の取引市場での問題点をあげます。 セキュリティ上のリスク:MTGOXの事件に始まり、 2016年に、Bitfinexから12万のBitcoinsがハッキングされ、盗まれた。他の多くのハッキング事件が取引を破産しています。監督不足のために、さまざまなプラットフォームが内部盗難事件の犠牲者となっています。 不十分な取引市場の深さ:ほとんどの場合、個々の暗号通貨は複数の取引所で取引されます。これは、各取引所の市場の深さを薄め、価格の不一致を引き起こし、トレーダーにすべての取引を最良の価格で監視させる。 貧弱な取引システム/低機能秩序整合エンジン:2017年を通じて、暗号通貨の取引量は10倍以上に増加しました。迅速にオンラインに移行するために、実行可能な最小限の製品と効率的ではない取引システムの枠組みで多くの取引所が開始されました。このような取引は、取引量と頻度の指数関数的な増加を満たすことができませんでした。その結果、トレーダーは視覚的な遅れやサーバーの渋滞に苦しんだり、機能していないフロントエンドのWebページに直面したりしていました。 サービスとユーザーエクスペリエンスの低下:多くの取引所では、ユーザーを確認するための複雑なプロセスと長い登録承認プロセスがあります。その多くは、顧客の問い合わせや重要な問題に迅速に対応することができません。たとえば、2017年の後半には、世界最大の取引所の一部が、圧倒的な受注残により新規ユーザーの登録を中止しました。  時代遅れで馴染みのないエクスチェンジ機能:現在、多くのエクスチェンジは、複雑なユーザ操作プロトコルと古くなった機能を提供する非常に単純なインフラストラクチャを持っています。 これらの取引所の多くは、アウトソーシングを通じて開発されたものであるか、旧式のプラットフォームコードを利用して開発されたものです。...
error: Content is protected !!