【ICOレビュー】MoneyToken-ロジャー・バーが顧問を務める暗号資産に裏付けされたスマートローンプラットフォーム

    今回は5月のICO野中でも比較的私が期待している分野のプロジェクトです   マネートークンのプロジェクト概要 マネートークンは暗号資産に裏付けされたスマートローンプラットフォームです。 暗号通貨は依然として投機対象であることが多い: 暗号通貨は支払い手段とし て非常に賢明であると証明されおらず、それ らの価値の成長は、通貨としてというよりも資産のように行動しているので、投資家と鉱夫は 商品やサービスを購入せずに、暗号通貨を保有したままです。 一度取引されると、所有者は 投資ポジションを失うため、ユーザーは取引や 販売のインセンティブを持ちません。 担保としては適していない: 個々の貸し手と借り手との間で暗号通貨にバックアップされた貸出を中間的に試みるプラットフォームは、通常、顧客に適切なリスク管理の サービスを提供することができません。 担保 の価格変動は、借り手と貸し手の両方にとって負担となるリスクを生じさせる。 一方では 、確立された貸出チャネルの場合のほとんどは 、担保としての暗号通貨などの揮発性資産を一 切受け入れたくありません。 マネートークンはこれらの問題を解決し、クライアントのリスクを管理し、暗号通貨を保証金として使用して安定した貸出モデルを作成する ことを目指しています。 同社のモデルは、ブロックチェーン技術のセキュリティと透明性 基づいて、新しいクレジット市場を構築しながら、クレジットへのアクセスを容易にすることを目的としています。 プラットフォームの特徴 簡単な特徴です。 数秒または数分以内にローンの自動確認。 クレジットスコアリングまたは資産の検証の必要なし 顧客は、プラットフォームの条項の規定の範囲内で、貸出条件を独自に規制できる 担保の一般的な流動を安定させ、金利上昇圧力を下げるために、いくつかの暗号化資産に担保を預け入 れるオプションがある 保証金の譲渡と保管の両方の間の操作の透明性。 担保評価の透明性と両者の時間の経過に伴う価値の変動。 ローン形態 ローン通貨の引き出し 事前ローン返済 ローンの部分返済 ローン延長 他の代替通貨での返済 などが可能であり、借り手が契約書に定められた期間内にローンを払い戻し、ローン・ファンドを返済した場合、保証金は解約さ れ、借り手のアドレスに移されなければなりません。 取引中に借り手の担保が減価償却され、その推定価値が貸出金の価値に近づいた場合、契約条項によって規定 されていた場合、借り手は追加担保を預金またはローンの一部を返済する。担保の負担を軽減します。 借り手がこれを行わず、借り手の担保価値が引き続き低下している場合、返済額に相当する担保付預金の一部 をアンロックし、プラットフォームのアドレスに転送する必要があります。プラットフォームは、借り手によ る契約条件の不履行による損害賠償のために担保の一部を解放することができます。借り手は担保の残りを返 還します。 担保通貨 初期プラットフォームでは、BTC ETHであり、徐々に主要通貨(DASH LTCなど)が追加されます。 ローン通貨 マネートークンの顧客の目的は、外貨(例えばUSD)または商品やサービスの購入(安定取引)に適した安定 した暗号化通貨のいずれかで流動資金を取得することです 安定した資産と流動性という顧客の目的に合うような通貨を提供します。 Tether 現時点で最も便利なオプションはUSD Tetherです。 USDTの為替レートは、Bitcoinと比較して安定しており、既にドルで担保されているので、ドルで簡単に交換されます。暗号化ブローカのボードの大多数の取引で受け入れられています。 テザーの時価総額は、2017年4月の約5500万ドルから2018年5月時点で、20億ドルまで伸びています。   MTC MTCはマネートークンの独自トークンであり、ERC-20 トークンで、マネートークンプラットフォーム上の安定通として融資のための信用通貨として使用されたり、金銭の交換を行ったりします。  1 MTC = 1USドル。 発行されたMTCの金額は、CDP(Crypto Collateralized Debt Positions)またはプラットフォームの銀行口座での米ドルの均等残高によってカバーされます。   DAI(MakerDAO) 現在、MakerDAOのDaiなど、いくつかの分散型の安定したまたは暗号化された暗号化プロジェクトがあります。  このような暗号化通貨は、将来の決済手段となり、金銭の代わりになる可能性があります。つまり、民間の暗号化通貨に裏打ちされた貸付に有利になります。 これらのプラットフォームがうまく立ち上げられ、市場に信頼性が確立されれば、これらの暗号化された通貨は、マ ネートークンプラットフォーム上でクレジット通貨として利用できるようになります。 StablecoinsとUSDの交換性    MTCトークンのプロパティはUSDTに似ていますが、MTCは内部のマネートークン交換ポイントで直接USDに 変換できます。 これにより、ユーザーにとって通貨交換が簡単になります。  注:融資通貨としてのMTCは、2019年第1四半期のリリースの第3段階でプラットフォームに統合される予 定です。     フィアットファンドは、銀行カード、SEPA、SWIFT、その他の決済ネットワークを通じ、様々な方法でリリースすることができ ます。 支払い方法は、借り手の所在地によって異なる場合があります。 また、MTCおよびUSDTは、ブローカーのプラットフォームお よび交換サービスを通じて、通貨および暗号資産をフィアットファンドに交換する資格があります。   暗号資産とトークンセールストークンの購入に使用する ユーザーは、暗号化された通貨と有望なトークン販売のポートフォリオを構築することができる マネートークンデビットカードを使用する ユーザーは、サービス内にローンファンドを保管し、必要に応じてマネートークンデビットカード経由で利用することができる   注:マネートークンデビットカードは、2019年第4四半期にプラットフォームの2番目のリリースでプラ ットフォームに統合されます。  ストップロスのためのオプション ローンを申請する際、担保に対する信用の比率を30%に設定し、RtCの成長リスクを臨界値ま で引き下げることができます。 担保市場価値の下落に伴い、ストップロスが発生する可能性がありま す。ストップロスになる前に、借り手には以下のオプションがあります:  追加の暗号化通貨で担保の金額を増やす 事前にローン債務の一部を返済する。 担保の一部を現在の市場価格で流動化(売却)することにより、ローンを支払う。 残りの部分はユーザーのアカウントに返されます。 ユーザーは、ローン対バリュー比率(LtV)を30.0~70.0%に設定できます。つまり、ローンは42-233%の超過担保であり、ローン対バリュー比を低く設定すると、担保資産比率が低下した場合のマージンコールのリスクが軽減されます。BitcoinとEtherの交換レートの変動の遡及的分析に基づいて、LtV 50%が推奨されます。 マージンコールについて マージンコールは、LtVが95%になると発生します。 これを回避するために、ユーザーは、担保に追加の資金を入金するか、またはローンを事前に部分的に返済することができ、LtVを許容レベルに戻すことができます。   技術特徴 この記事では主に四つの技術開発について説明しています。詳しくは白書をご覧ください。 イーサリアムスマートコントラクト Blockchainベースの資産の所有権は検証可能であり、その価値は市場に透過的であるため、侵入的で不必要なクレジットチェックを受ける必要はありません。クレジット履歴や公的なクレジットファイルには何も追加されません。同様に、融資の決定はほぼ即時に行うことができます。MoneyTokenは資産の市場価値を広範囲に評価する必要はありません(例えば、住宅ローンを借りる場合に起こるように)。   マルチシグウォレットとデビットカード すべての融資の詳細は、スマート契約と従来の法的契約で定められています。 担保は、安全なマルチ署名ストレージアドレスで保持されます。 担保通貨の交換レートが低下した場合、貸出金額よりも大きなクレジットカード通貨でクレジットが超過担保されます。ユーザーは、Loan-Value比率自体(LtV)を選択することができます。 ユーザーは、ボラティリティをバランスさせるために、いくつかの暗号化通貨で担保を同時に預金することができ、マージンコールの確率を低下させます。 ローンが完全に返済された後、担保の値が増えると、ユーザーは担保を取り戻し、追加の利益を得る機会を得ることになります。 人工知能アシスタントアマンダ Amandaは人工知能アシスタント であり、自動化されたローンオペ レーションを提供して、同プラッ トフォームの発売前の MoneyTokenのプラットフォーム 機能を紹介します。 このアマンダは、暗号資産に裏打ちされたローンを取得するにはもう一つのステップとして必要であり、驚異的なプラットフォームを作り、ローン承認をスピードアップするために、MoneyTokenチームは人工知能システム - アマンダを作成しました。 彼女は、暗号通貨資産に基づくローン登録と承認サービスを担保として、また安定した通貨でのローンとして提供する予定です。 アマンダは、ローン申請から自動ステータスチェック、返済まで、借り手を歩き回り、すべてのプロセスを監督し、マージンコールを警告します。 アマンダは次のことも可能になります: プラットフォームのユーザーとの相談 MoneyTokenのトークン生成イベント中のヘルプ 登録ユーザーと投資家のニュースと情報の更新 マルチチェーン取引プラットフォーム マネートークン APIが開発されます。 主要な暗号化交換およびウォレットサービスは、サイト上のマネートークンウィジェットを使用して、顧客に対するローンを仲裁することができます。  マネートークンの交換サービスでは、ユーザーは暗号化資産と法定資産を購入し交換することができます。 担保通貨の価格下落の場合、自動化担保清算にマネートークン取引所が使用されます。 分散型取引所のローンチ MoneyToken分散型取引所はプラットフ ォームの4番目のリリースで実装されます。 また、マネートークン取引所は、担保通貨の価格下落の場合の自動担保清算にも使用されます。 WIPOにローン技術の特許出願中 マネートークンがWIPO(世界知的所有権機関)に暗号技術を適用した新しいローン技術の特許出願を提出しています。 特許出願日:2017年12月21日 登録された発明者:Jerome MacGillivray 特許資料は、2019年6月/ 7月頃にWIPOウェブサイトに掲載される予定です。ソーシャルメディアを通して最新情報を掲載します。 チームは、ブロックチェーン担保貸出モデルを開発するプロジェクトが数多くあり、実際にはこの概念を特許保護して保護したいと考えています。暗号化された貸し出しのアイデアを集中的に独占しようとする試みから保護する予定です。 「現在、ブロックチェーンバックアップされた貸出モデルを開発している暗号化とブロックチェーンの分野には、多くのプロジェクトが存在することが認識されています。このテクノロジーの特許を申請するMoneyTokenのアプリケーションは、競争を激減させたり、地域内で類似のソリューションを開発する自由を制限することではなく、これらの概念やプロジェクトを一元化された独占から守ることです。 私たちの目的は、すべての友人や愛好家のための概念として、暗号化された貸し出しを保つことです。市場が完璧なモデルを開発したいのです。これは、コミュニティがすべての生態系として成長できる必要があると信じているからです。 MacGillivray、MoneyToken.comの共同設立者 と述べており、多くの個人が現在資産を保有していることを考え、需要の増大と鉱業難易度の増加だけでなく、暗号化エコシステムの開発を通じて、資産を所有者のために働かせたいと考えています。 MoneyToken独自の技術ソリューションにより、暗号ホルダーは、暗号投資資産のポジションを維持する一方で、安定した支出資金を受け取り、投資を抑えることができます。 以上のように、MoneyTokenエコシステムには次のものが含まれます。 暗号化された貸出プラットフォーム。 MoneyToken stablecoin。 MoneyToken交換サービス。 技術ロードマップとしては、MoneyTokenの打ち上げは2018年初頭に設定され、トークン生成イベントはプラットフォームの開始日と同時に開始されるように任命されました。 市場と競合分析 貸出市場の簡単な市場分析と傾向です。まず貸出につきものなのが信用問題です。 伝統的な信用サービスのいくつかの課題 伝統的な信用サービスには依然として様々な課題が残っています。 個人信用情報が限られている、または認識されていないため、信用サービスに対する障壁が高い 複雑なKYC手続き、長い処理時間、低いアプリケーションの透明性、および世界の10%以上の高 借り入れコスト(世界銀行)による不満足な融資経験 クロスボーダー、クロス・カレンシー、クロス・タイム・ゾーン・レンディングの難しい デジタルに精通した世代の伝統的な記録がないために融資が困難になった 未取得のデジタルに精通した市場セグメントの機会費用 特に往来の伝統的な問題に加えて、デジタル資産へ移行している傾向から融資の困難さと障壁の高さが問題となっています。 暗号通貨市場の問題点 流動性の欠如と金融金融サービスの統合への統合 デジタル資産と従来の資産(金、株式、債券、不動産など)間の変換が難しい 一般的な支払方法/資産クラスとしての認識と適用の欠如 資産の裏付けがほとんどまたはまったくない、高いボラティリティと投機   貸出市場は今後5年間で14%成長する見込み MIX Marketの調査によると、2016年のマイクロファイナンス・ローンは米国で推計された1,020億ドルサービス利用者数は1億3200万人でした。 特にラテンアメリカ、アフリカ、南および東のアジアのマイクロファイナンスが増加しており、減少は東ヨーロッパと中央アジアでのみ認められます。   2015年から2016年にかけて、借り手と融資の数の中で最も高い成長率は南アジアで発見されました。 2016年、マイクロファイナンスユーザー数の増加は13.4%増の7,830万人(全参加者の59%)。 借入の増加は23.5%に達し、最大23.5百万米ドルとなった。 (世界全体の17.8%) ラテンアメリカは引き続き資金調達水準のリーダーです(世界全体の32.2%)。 世界中に20億人以上の需要が残っている 世界196 か国中100の国で、銀行口座を持たない人々が20億人います。彼らは現金しか使えず、信用履歴もなく、金融サービスにアクセスできません。これらの人々の大部分が、定期的にスマートフォンやソーシャルネットワークを使用していることに注目することが重要です。これは膨大な量の新しいデータであり、彼らはかなりの数の新しい潜在顧客となります。 金融機関は、これらの顧客と信用度について情報を持っていないため、これらの人々に提供するリスクを冒したくないと考えています。 直接的な競合プロジェクト Everex ETHlend Salt LibraCredit Everexの主なアイデアは、ブロックチェーンの信頼性を備えた即時クロスボーダーマネー取引を実行するグ ローバルプラットフォームを構築することです。 Everexは自身を「財務的包含ブロックチェーンの送金会社」として特徴づけています。...
error: Content is protected !!